カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

「えぇ、トランプさんに会いましたよ。 外国首脳として初です! 何しに? 貢物届けて、あと・・靴も舐めておきました」 安倍晋三

先日・・
レギュラーのなかの・・レギュラー
グルメブログ最古参の・・
レギュラーのお一人。 (笑)

レレレのオジサンこと・・

神さま 笑

浮高亭瓢箪センセと・・
一杯ヤル機会がございました。

瓢箪センセとは・・
年に2~3回・・
一杯ヤルのですが・・
今回は・・
あるときは?
官邸に放つ! 草のモノ・・
そしてまた、ある時は?
罪務省に放つ! 臭の者・・
として・・
グルメブログに勝手に登場させられてる
気の毒な・・ (苦笑)
某氏もご一緒でした。 (笑)

もう1名のかたと合わせ・・
4人で呑んだのですが・・
このときは、
あまりにも酔っ払い過ぎてしまい・・(笑)
ネタ集めるのを・・
忘れてしまいました。 (苦笑)

笑 29

しか~し! 瓢箪センセ?
瓢箪名乗るだけのことはあって
転んでも
タダでは起きません。 (笑)
とても重要なアドヴァイスを・・
気弱な地上げ屋にしてくれました。

「このところ、なんだ? 自慢話多過ぎるんじゃないの? 前から多かったけど・・ここんとこ、ホント多いよ!」

驚いちゃいましたね。
書いているほうとしては・・
自慢してるつもりなど・・
まったくないのですが (苦笑)
見てるほうからすると・・?
自慢話してるように
見えちゃうのですね。

それでは、本日も!
自慢話聞くのが大嫌いな!
瓢箪センセに怒られること覚悟で・・(苦笑)
自慢話を・・(大笑)
いえ、ツカミを
始めましょう!

瓢箪センセ?
良いことお教えしましょう!
こうすれば・・?
最後から・・
読んでけば・・?
良いのですよ。

笑 28

気弱な地上げ屋の家の近所に・・
度々テレビなどでも紹介される
焼肉店がございます。

この焼肉店の社長は
とても良い人で・・
月に一回・・。
日頃のご愛顧に応え
商品を原価販売するための・・
朝市を開催します。

気弱な地上げ屋は、この店のカクテキが大好物で・・
しょっちゅう買いに行きます。

夏の間は、
大根も品質が悪いので、
カクテキはあまり美味しくありません。
なので・・
6月から9月までは
朝市は開催してますが、
気弱な地上げ屋は買いに行きません。

先月・・
久々に、カクテキ買いに行った時のことです。

いつものキムチ売り場に行ったら・・
突然!
売り場のバアサンから声掛けられました。

「あっ! ニイチャン? やっと来たわ! アンタ? この前・・○○ショッピングセンターで・・見かけたわよ!」

気弱な地上げ屋
グルめ!
なんて言うだけあって・・
しょっちゅう・・
食品の
買い出しに行きます。

「気弱な地上げ屋」

そのうえ・・
これだけ目立つ・・
ナリです。 (笑)

見かけたとしても・・?
それほど・・
珍しいことでは
ございません。 (苦笑)

「な~んだ? 見かけたなら? 声掛けてくれれば・・良かったのに?」
「声掛けたも何も・・アンタ、あの時は・・ありがとね。」
「・・・ん???」
「ショッピングカート押したまま、倒れちゃったアタシを・・助けてくれたじゃない!?」

笑 オイオイ 2

その程度の親切は
日常茶飯事の気弱な地上げ屋にとりまして・・(笑)
えっ?
そんなことも・・?
あったかな?
こんな感じです。 (笑)

どうやら・・
カートに満載した荷物を
整理しようとしたら?
カートが動き出しちゃって・・
バランス崩して倒れちゃったところを
たまたま・・
通りがかった気弱な地上げ屋が
手助けしてあげた。
まぁ・・
そう言われて見れば・・?
5月頃に、
そういうことも・・
ございました。 (笑)

「世の中に、こんな親切な人もいるんだなぁって・・感心して、顔見たら? どっかで見たことある人じゃない? アンタはさっさと行っちゃったけど・・帰り道で・・あの人誰だったかな? 悪そうな顔してたけど・・確かにどこかで会ったことあるよな? 考えてたら・・ぱっと! 思い出したのよ! アンタだって。 それ以来・・朝市の度に、買いに来ないかな・・って思ってたのよ! 会ったら・・お礼言おうって!」

笑 大変良く出来ました

その日は・・
カクテキは・・
大盛になってました。 (笑)

今後は・・
いつも・・
通常料金で、カクテキは大盛になりそうです。 (笑)
そのうえ・・
試食の各種キムチを・・
腹一杯・・
ご馳走に・・。 (苦笑)

まさに・・
情けは人のため・・ならず
・・です。
皆さんも・・
少しは・・
マネしてくださいね!
美味しいカクテキが・・
安く手に入る・・
かもしれません。 (笑)

なんで、こんな他愛無い・・
自慢話したかと申しますと・・(笑)
つい先日・・
これとまったく逆の・・
場面に
遭遇しちゃったからなのです。

電車に乗ってるときの
気弱な地上げ屋は・・

電車内 2

寝てるか・・?
本読んでるか?
そのどちらかなのですが・・
この日は、
寝てました。

気持ちよく寝てたのですが・・
ある駅に着いたとき・・
なんとなく、胸騒ぎがして
目を醒ましたのです。

目を醒ましたついでに
乗り込んできた乗客を
眺めてたら・・
老夫婦が乗り込んで来ました。
ジイサンのほうは、元気そうですが・・
バアサンのほうは・・?
足が不自由で・・
杖ついてました。

気弱な地上げ屋の目の前で
こういう老夫婦が来たら?
直ぐに腰掛させます。
ところがこの日は・・
座ってるのは、座席のちょうど真ん中・・。 (苦笑)

電車 9

まさに、このイラストの・・
一番左で音楽聴いてるヤツの
更に左に・・
気弱な地上げ屋はいたのです。

バアサンは・・?
ジイサンと二人で・・
手すりに必死でしがみついてます。 (苦笑)

イラスト同様・・
腰掛けてるのは
20代から30台の
ニイチャンたちです。

3人もいりゃ・・
1人くらい・・?
マトモなのがいて、
席譲る・・。
こう思うでしょ?
ところが・・
停車時間の数十秒間。
この3人・・
全員、知らん振りです。 (苦笑)

文句あんの 笑い 2

呆れると共に・・
とても驚きました。
杖・・ついてるバアサン
ですよ?

結局・・
電車が動いてる間は、
ヘタに動いちゃ危ないので
次の駅に着いて停車した途端
ジイサンに手招きして
気弱な地上げ屋が腰掛けてた座席に
バアサンを座らせました。 (苦笑)

まったく!
モラルも何も・・ありません。
こんな連中のほうが
多いのです、この国は・・。 (苦笑)

こんなことに驚いてたら・・
更に・・
モラルの欠片もない
連中がいることを
最近、知りました。

原発マフィア 経済産業省 経産省 役人 霞ヶ関

原発マフィアの・・
面々です。 (苦笑)

皆さん?
ご存知ですか?
世界一高い
日本の住宅用電気料金。
この・・
電気料金がまた値上げ・・
されるのですよ?

経産省に放つ!
草のモノが・・
伝えます。

「あぁこの前の? 有識者会議のことね? オレたちだって、あの会議は・・有識者会議なんかじゃなくて・・ゆゆしき会議・・そう呼んでるよ。 まだ大部分の国民は、ことの真相知らんから・・文句の一つも出て来ないけど・・今回の政府方針。 中身を全て理解したら? 怒らない人なんて・・いないと思うよ。」

「復興増税もしたし、電気料金も跳ね上がった。 どれもこれも・・福島原発事故の賠償や廃炉のためって説明だったでしょ? それが、まだ5年しか経ってないってのに、もうあと8兆円足りなくなりましたってハナシ。 理解しろってほうが・・無理よ。 更に今回衝撃的なのは・・逃電がイヤで新電力に乗り換えた人たちにまで? 逃電などの廃炉費用を負担させようとしてる。 なんだったっけ言い訳は? 最近、新電力に乗り換えた人達だって、過去には原発の電気使ってたのだから? その原発の・・廃炉費用の負担無しで、その分安い電気使ってたから・・そのとき払うべき費用を? 今から払え? こんな言い訳で良い訳ないでしょ? もうメチャクチャだよね」

笑 怒 驚 バカ

「これ聞いた時は・・原発組・・ウチの省の原発関連部署の連中のことを・・こう呼ぶんだけど、あの連中もついに狂ったかと思ったよ。 昔、貰い損ねた料金だから? 今払え? ハイ判りましたって人・・いるの? これだから・・自分たちのことを原発組・・だなんて格好つけてるあの連中。 オレたちから見りゃ・・ありゃ、原発組じゃなくて現バツ組だよ・・なんて言われるんだよ。 なかには・・厳罰組に名称変更しろってヤツまでいる。」

「汚染水対策だって・・酷いもんだよ。 オレは・・廃炉の前に、この汚染水の問題で日本はダメになると思ってる。 」

「だいたいなんだよ? あの凍土壁って? 土を凍らせ? 海への汚染水流出を防ぐ? あそこは・・1日1000トンもの地下水が山から染み出てくる場所だよ? 案の定・・1年経っても凍ってないでしょ? 地下水の流れが速過ぎる・・土壌の隙間の水分が足りないから充分固まらない? いろんな言い訳してるけど・・どれもこれも当初から想定されてたことでしょ? 」

「そもそも何で? 凍土壁なんてことになったか? 覚えてる? 原発事故直後から・・高濃度汚染水は大きな問題だったよね? 」

菅1818

「そうそう! コイツのときだったね? 思い出すねぇ・・このイラスト。」

「あの時・・汚染水止める手立てとして、遮水壁作るって事になって・・四つの工法が検討された。 凍土壁ってのは・・あの時、真っ先に落とされた工法だよ。 採用されたのは・・鉛直バリア工法。 総理のGOも出て、対策チームのリーダー・・誰だっけ?」

馬淵

「そうそうこの人・・。 この人が・・翌日、記者会見して発表する手筈が整ってたんだよ。」

「 それが・・1日でひっくり返っちゃった。 」

「なんでも・・逃電の最高幹部が・・泣き入れたんだよ。 鉛直バリアが採用されたら、逃電は1000億円もの負担が生じる。 もしそうなれば・・債務超過に陥り、逃電は破綻する。 で、その後は? 事故収拾だけでなく、賠償も・・出来なくなる。 だから・・鉛直バリアだけは・・やめてください。 頼み込んだんだ。 えっ、誰に?」

海江田 5 悔江田センセ

「この・・大バカ野郎だよ。」

「 所管大臣が?生殺与奪の権を握る民間企業の副社長と? しかもこんな非常事態のときに・・二人っきりで料理屋なんかで会うか普通? これは、オレが見たわけじゃないし、ただのウワサかも知れないけど・・料理屋に入って行く、副社長が・・」

逃電3

「入るときは・・重そうな黒いカバン抱えてたくせに?」
帰るときは、手ぶら。 」
「何だったんだろうね? あのカバン? 悔江田センセ?」

「結局、この遮水壁は・・今の安倍さんが政権復帰してから決めたんだけど・・なんで? 四つある中から・・わざわざ一番最初に落とした案を採用したのか? 問題は・・そこだよ。 」

「ポイントは・・鉛直バリアだと、逃電は1000億円もの負担が生じるけど・・凍土壁だと? いくらだと思う? ほぼゼロだよ、ゼロ! ほとんど・・ぜ~んぶ国費、つまり税金。 国の先進開発事業として・・研究の一環としてやるって理屈にしたんだよ。 それもこれも・・全て、逃電を助けるためさ。 このハナシにゃ更にオマケがついて・・この事業を受注したのは・・原発マフィアの武闘派・・汚れ仕事は全部やる、あの・・馬鹿島建設。 」

「原発作って利権貪るだけでなく・・事故起こしてもなお・・利権作っちゃうんだから・・まったくマフィアと呼ぶに相応しいよ。 まぁ今になってあれこれ言ったって・・この仕組み作ったの誰? アンタたち民主党の面々でしょ? そう言われちゃ? 返す言葉もないだろ? 」

笑 しょんぼり

確かに・・
痛いです・・。 (苦笑)

この・・
原発事故賠償や
廃炉に関する
原子力損害賠償・廃炉支援機構。
その原型や枠組みは・・
民主党政権の時に
作ったものです。

だから・・
民主党・・
民進党は・・
未だに国民から許されないのです。
これを・・
少しでも良い方向へと導くには・・
どうすれば・・良いか?

それは・・
心から・・

お詫び

心の底から・・
自分たちの失敗・・
大失政を・・
真摯に認めることです。

消費税の問題と
原発事故問題。
この二つの問題は
一秒でも早く
失政であることを認めなければ・・
いつまで経っても
国民から許されることはないでしょう。

巷では・・
年明け解散のセンは消えた。
こんなムードになってますが
とんでもないと思いますよ。

安倍 6

12月15日のプーチンさんとの首脳会談で
北方領土問題解決へ・・
直ぐに返って来なくても道をつけ
平和条約締結の目処がついたら?
支持率は一気に急上昇すること・・
確実です。

もう99%不可能となったTPP
「まだ諦めてない・・。」
こんなこと言っときながら・・
北方領土交渉となると?
「極めて難しい・・。」
「簡単に行く話じゃない・・」
広言する。
相当、怪しい・・
です。 (苦笑)

簡単に行かないことを・・
とっても難しいことを・・
このオレ様が・・
解決したんだよ。
12月15日の夕方・・
ドヤ顔で
言い出すかもしれません。

グルメブログでは
年明け・・
早春解散の可能性は
50%以上・・
あると見てます。

公明党だって・・
都議選がある7月に
なるべく被らせたくないと思ってます。

1秒でも早く・・
総選挙態勢を
敷くべきです。

共産党も含めた野党で
手を携え・・
協力し・・

岩手県知事選 たっそサン 野党共闘 一ちゃん

三分の二を
九分の五・・
くらいにまで詰める。 (苦笑)

向こうが・・
今さえ良ければいい!
将来世代に・・
負担を押し付ける政治を
数を頼りに押し通すのであれば?
こちらは・・
将来のことを考えた政治を目指す。
このことを
地道に訴えるのです。

民進党が
心の底から
有権者に謝罪し
ある程度でもいいから・・
少しでも
許しを得られれば?

少しでも良い勝負が・・
出来る・・
かも知れません。

政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 気弱な地上げ屋 グルメブログ 原発マフィア 凍土壁

「イスラム教徒の入国禁止? メキシコ国境に壁? あんたねぇ? 冗談と公約の・・区別もつかないの?」 困ルド・トランプ

知らぬが仏・・
という言葉がございます。

その事実を知ることによって・・
思い悩んだり、
迷ったり・・
するくらいなら?
事実を知らないほうが・・
いいこともある。

知らぬとなぜ言えぬ 苦笑

知らなければ・・?
思い悩むこともございませんし・・
第一、知らないのですから・・
迷いようもございません。

だから・・
物事によっては・・
"知らないほうがいいんだよ・・"
出典不明の言い伝え・・
ですね。

ネガティヴな情報ほど
早く知りたがる・・
気弱な地上げ屋にとりましては・・
知らぬは・・?
ほっとけ!
同じ言葉でも・・
ちょっと言い方変えたほうが
しっくり来ますが・・。 (苦笑)

さて本日は・・
この話題を外すワケには・・
参りません。 (笑)

このかたは、いま・・

ヒラリーさん

どういうご心境でしょうか。

少なくとも・・
イラストのような
ルンルン気分でないことだけは・・
間違いございません。 (苦笑)

このかたは・・
自分にとって不都合な情報は・・
知りたがらない・・
聞きたがらない人・・
だそうです。

そういう性格もあったせいでしょう。
自分がどのくらい・・
多くの有権者から嫌われてるか?
正確な情報伝える側近など
いなかったでしょうし・・
ご本人も・・
すっかり潮目を・・
読み誤ったようです。

当初の圧勝ムードに水をかけ・・
潮目を変えてしまった
FBIによる・・
私用メールの捜査再開問題。

絶妙の・・
タイミングでしたね。 (苦笑)
あれでトランプさんの票が
増えたとは思えませんが・・
ヒラリーさんの票は・・
控えめに見ても・・
期日前投票分は
かなり減ったと思いますよ。

陰謀を・・
いえ、
陣頭指揮とった・・
ジェームズ・コミーFBI長官
約30年前ですかね・・。
当時、連邦検事だったこの人の・・
上司は誰だったか?
ご存知ですか?

この人です。

ジュリアーニさん

松井さんじゃぁ・・
ありませんよ。 (苦笑)

向かい側に
いらっしゃる・・
ジュリアーニ・・次期司法長官です! (笑)

なんでこのこと・・?
アメリカのマスゴミは伝えないのでしょうかね?
30年も前だから関係ない?
少し前まで・・
マンハッタンの最高級イタリアンで・・
食事をご一緒する仲だった
のですがね。 (笑)
ワシントンの闇は・・
とっても深そうです。 (苦笑)

勝利宣言スピーチの時・・。
トランプさんに
わざわざ壇上に呼び上げられ・・
全世界に中継されたカメラの前で
高々と手を上げた・・
ジュリアーニさん。
これだけの功績を挙げたのです。
国務長官あたり要求しても
良いと思いますが・・。 (苦笑)

今更ですが・・
ヒラリーさん。
3年前にコミーさんが
FBI長官に就任した時に・・
気付くべきでした。

ウォッチすべき人でしたし・・
大統領候補になってからは
もっとプレッシャーかけとくべきでした。

取り巻きのオヤブンには
ポデスタさんという人をつけてましたが・・
このポデスタさんというかた。
ホントに
ボ~っとしたかたで・・
ハリボテのような
軽薄なオッサン。 (苦笑)

ビル・クリントン政権のときは
補佐官として・・

President オバマ

無能ぶりを
如何なく発揮した人ですが・・
なんと、オバマ政権でも・・
上級顧問として
ホワイトハウスに自由に出入りする人物です。

趣味は日和見で・・
特技はゴマすり。 (笑)
一見、マトモなこと言いますが
実行力が伴わず・・
ハリポテ・・スターと呼ぶ人も
いるとか・・
いないとか・・。 (笑)

まぁ無能な側近を
周りにはべらせてた
ヒラリーさんに
責任の・・
大半あるワケですが
これ見て思い出すのが・・
我らが!

一ちゃん7

「一人で500万票集められる・・オトコ」 。

陸山会事件が
ケチのつけ始めだったのは・・
ご承知の通り。

あれだって・・
最初に、週間現代
土地取得の経緯を報じた時
気弱な地上げ屋ある側近に・・
言ったのですよ。

「これは火の手が上がる可能性があるから・・ボヤのうちにキッチリ消しておいたほうが良い。 あの取引した不動産屋は良く知ってるから・・今のうちに、あとでナニ言われても抗弁出来るよう・・書類整備しといたほうがいいよ。 オレがやろうか?」

折角、申し出てるってのに・・
その後、ウンとも
スンとも言って来ませんでした。 (苦笑)
で・・
その結果どうなったか?
小沢政権に手が届くところまで来た途端!
ワーっと火の手が上がり?
あとになって、
慌てて、つじつま合わせの書類作ったりして・・
それがまた、
3日前に作った書類だってバレちゃって・・
「3年前の日付ですが・・なんで? 3日前に作ったのですか?」
独走部に法廷で晒されちゃってたでしょ? (苦笑)

こんなこと・・
パソコン調べりゃ・・
ものの数分で
判っちゃう。
こんなことすら・・
知らないのです。 (苦笑)

不正確な情報と
見当ハズレのアドヴァイスしか出来ず
ゴマするのは得意でも
苦言含めた
マトモな意見を言える人を
傍に置きませんでした。

これじゃぁ
的確な戦略など
立てようが・・
ございません。

両者に共通する・・
致命的な弱点でした。 (苦笑)

こんなこと書きながらも・・
このたびは・・
心の底から・・
驚きました。

トランプ大統領

トランプさんが・・
第45代アメリカ大統領に
当選しちゃたのです。

予想が当たったのは・・?
中国のサルと・・
マイケル・ムーア監督・・
だけでしょ? (苦笑)

投票前日に・・
ウィスコンシンやペンシルベニア。
ノースカロライナなど・・
ヒラリーさん有利とされてた5州
駆け巡っちゃって・・。

そのうち
4州で勝つなんて・・
なんか相当・・
匂いますが・・(笑)
どなたがが・・
相当、入れ知恵・・

プーチン

したのでしょう・・。
(挿入写真と本文は一切関係ございません(笑))

ドイツ政府の高官ですか・・
トランプさん自身は判ってると思いますが・・この当選は、自分への支持ではなく、ワシントン政治への不信が・・大波となったもの」
こんなコメントしてましたが、
そうかも知れません。

全米各地で・・
大統領就任に抗議するデモが
続いてるそうですが・・
来年1月の就任まで・・
トランプ拒否の皆さんの抗議活動は
続くでしょう。

そして・・
1月20日の就任後は・・?
今度は、
トランプ支持者の皆さんが・・
「言ったこと一つくらい実行しろ!」
「選挙公約をなんだと思ってんだ?」
「オレたちを騙したな!」
抗議デモが始まります。 (笑)

前からも・・
後ろからも弾飛んでくるなんて・・
羨ましいくらいの人気者ですね。 (大笑)

今回、不満を爆発させた皆さんの
期待が
失望に変わるのに
そう時間は
かからないと思いますし・・(苦笑)
取り返しのつかない選択・・
してしまったことに
気づいた時は
手遅れとなるでしょうが・・・
アメリカが咳をすれば・・?
肺炎起こしちゃう国の国民からしますと・・
アメリカの衰退や
弱体化は・・
望むものではありません。

核ミサイル発射の・・
最終判断する人に・・?
直ぐにカーッとなって、いきり立ち・・
釣られちゃう・・

トランプ マスク 2

こういう人を選んじゃう。

国民の半分は
忌み嫌ってるようですが・・
少なくとも・・
半分を超す人々は
「たとえそうなっても良い・・」
「なにしろ既得権層ををぶち壊して欲しい!」
こう考えているのでしょ? (苦笑)
凄いですよね。

でもまぁ・・
当選しちゃったものは
仕方ありません。 (苦笑)
あとは・・
起こり得る
未来予想図に
どう対応していくか・・でしょう。

先ほどご登場戴いた
ロシアの元スパイのかたも含め・・

中国 習主席

中国のこのかた。

皆さんに共通するのは・・
独裁者だってこと。
これは・・
世界はこの先・・
相当な乱世になる・・。
そんな予感・・
しませんか? (苦笑)

あと・・
改めて感じたのは・・
アメリカの有権者の皆さん。
特に・・
トランプさんを支持する
有権者の皆さんの・・
マスゴミの世論操作に動じない
確固たる行動力です。

これが日本だったら?
あれだけマスゴミで叩かれ・・
メディアの世論操作で
常に、後塵を拝してたら?
勝ち馬に乗ろうとする人が
我も我もと・・
殺到します。

判っちゃいるけど 笑 やめられない

勝ち馬に乗っかったって・・?
何の利益もない人たちまで
乗ろうとするもんですから・・
更に・・
大勝しちゃいます。 (苦笑)

ところがアメリカでは・・?
負けると言われ続けながら・・
自分が信じた候補を・・
支援し続ける。

トランプ勝利を予想したメディアが皆無のなか
堂々たる勝利です。

まさに・・
負けるといわれた選挙に
敢えて参加し、
自らの強い意思と行動で
社会を創っていこうとしてる
ワケです。
日本じゃ、こうはいかないでしょ?
羨ましいですね。

トランプさんを支持・投票した皆さんは
多少・・
足りない部分はあるかも知れませんが (苦笑)
それを補う強い意志と
行動力を持った・・
ホンモノの有権者なのです。
まぁ、そうは言っても・・
結果的には間違うワケですが・・(苦笑)
それでも、気弱な地上げ屋
こういう国は
羨ましいと思ってます。

そして・・
トランプさんが支持を得た・・
その背景に目を凝らすべきです。
日本が抱える・・
今後更に大きくなる問題と・・
瓜二つでしょ?

アメリカで起きたことは
好むと
好まざるに係らず・・
何れこの日本でも
必ず起きます。
日本でも・・
国民の不満が爆発する時が
きっとくるでしょう。

さて・・
火を点けてくれるのは・・ ?
どなたなのでしょうか。 (苦笑)

気弱な地上げ屋の直感ですと・・

小泉元総理2

このかた・・ですね。

どんな良い政策作ったって・・?
国民に理解され
信用されるには
時間がかかります。
手っ取り早いのは・・
発信力のある人に
一気に
発信してもらうことです。
この・・
発信力のある人・・
というのが・・
なかなかいませんでしょ?

人間・・
人生の最後が近づくと・・
今までやってた
悪事を反省し・・(笑)

天国

天国へ行く準備として・・
「何か良いことをして・・終わりたい」
こう思うものです。

原発ゼロで野党がまとまれば?
この人は・・
乗ってきますよ。 (笑)

有権者にとって
一番関心のあること
というのは・・?
おカネのことと
身の安全・・
なのです。
どちらも
将来にかかわることでしょ?

「最大の争点が原発だと分かっていない!」
「野党がだらしないから与党は楽だよ・・」
まったくその通り・・です。 (苦笑)

原発ゼロを訴えたら・・?
支援をやめる?
離党する?
こんな支援団体・・

連合 神津 りぇきを

議員とは
さっさと
オサラバすることです。

先ほどのかたも
おっしゃってましたが
50万票のために
500万票逃がしてることに
早く・・
気付いてもらいたいものです。

理想的な姿としては・・
アタマ下げてでも・・

一ちゃん 子鼠 小泉

これを
実現すべきです。

左のかたが・・
政策を整え、
志ある野党議員を・・
少数でも良いからまとめ上げ・・
右のかたが・・
広く国民に発信する。

野党が統一候補を擁立し・・
原発ゼロを争点にまとまれば・・?
次の総選挙で
自民党は敗北を喫するでしょう。

もしかしたら・・?
日本も・・
トランプさんを大統領にした
アメリカに
学ばなければ
いけないかもしれません。

政治に
真の変革を求める人が
多数になれば?
この国だって
確実に変わり得るということを・・
です。


笑 その通り


最後に・・
ヒラリーさんの最後の晴れ舞台・・。
敗戦報告でのスピーチ。
政治家としての・・
最後のスピーチ・・
感動的な一節を・・
ご紹介します。

私は・・
自分が信じるもののために
生涯をかけて戦ってきました。
勝ったことも・・
負けたこともあります。
辛い思いもしました。
あなたたちも、勝つこともあれば・・
負けることもあるでしょう。
負けることは辛い。
でも・・
決して信じることをやめないでください。

正しいことのために・・
戦うことは・・
価値のあることです。


正しいことのために・・
戦うことは・・
やるべき価値の・・
あることなのです。


奮い立たせてくれる・・
素晴らしいスピーチです!
正しいことのために・・
一緒に闘いましょう! (笑)


政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 気弱な地上げ屋 グルメブログ 原発ゼロ ヒラリー トランプ

民進党 蓮舫代表に新たなスキャンダル? 「台湾総統選挙? 現地にいましたよ。 何してた? テレビ取材とあとは・・」

いよいよ
アメリカ大統領選挙の投票まで・・
あと・・
1週間を切りました。

ヒラリーさんトランプさん

どうなりますかね・・。 (笑)

先週ですか。
オーストラリア最大都市
シドニーがあるNSW州の上院。
なんと!?
トランプさんのことを
revolting slug” なんて表現する動議を
可決しちゃいました。 (大笑)

これって・・?
気味悪いナメクジって・・
意味ですよ。 (苦笑)

いくらなんでも、
アメリカ大統領選の候補者を
州議会とはいえ、
同盟国の議会上院が・・?
気味悪いナメクジなんて呼ぶということは・・?
政府の状況分析で
ヒラリーさんの圧勝が確実と判断された。
こう思った矢先です。

例の・・
私用メール問題が再燃しました。

日本でも・・

口先誠司2

ニセメールで
政治生命失いかけた誠治家が
いましたが・・(苦笑)
普通の人は、
「なんで? こんな問題が・・? そんな大ごとなの?」
こうした感覚でしょう。

ヒラリーさんのことだから
ひらりとかわせる・・。
こう思った人も・・
多いかも知れません。 (苦笑)

気弱な地上げ屋
感覚としては・・
トランプ大学なんて・・
ジョーカー養成するような学校作って
州政府にまで
訴えられてる・・
トランプさんのほうが・・

笑 17 苦笑

大いに問題・・
だと思いますが・・
あちらの皆さんとしては、
危機管理能力もありますが・・
むしろ、
ヒラリーさんの性格や
メール問題への対応の仕方に
批判が集まってるようです。

このクラスになりますと・・
こうした行動・・
つまり、仕事で使うメールを
自分の家のサーバー使って
送受信管理するなんて聞いたら?
直ぐさま!
止めるよう進言する人が
必ずいるものです。

だって・・
国務長官といったら・・?
実質的には、
政権ナンバー2ですよ? (苦笑)

自分で任命した側近の
忠告を
受け入れなかったのですね?

笑 12-3

ヒラリーさんは・・。 (苦笑)

更に言うと・・
周りに・・
ロクな友人・知人がいなかった
こういうことでしょう。

仮に・・ですよ。 (笑)
気弱な地上げ屋
ヒラリーさんから
この私設サーバー使ったメール貰って
その内容に国政に関する記述見つけたら?
「こりゃ不味いよ」
直ぐに指摘してあげます。
何度言っても改めなかったら?
そういう愚かな人だったら・・
世界最強の権力者になる資格は
無いってことです。 (苦笑)

何れにせよ、このメール問題。
ヒラリーさんが優勢と伝えられる
形勢が
逆転するようなことにでもなったら?

ダメだこりゃ 苦笑

世界中が・・
滅入るくらいじゃ
済みませんよ? (苦笑)

ところで・・
滅入る・・
と言えば・・?

このかたにも・・
二重国籍に続いて・・
更なる・・
スキャンダルの・・
火の手が・・
迫りつつあります。

蓮舫さん 5

HKさ~ん?
出番ですよぉ!(笑)

もう15年以上前の
キャスター時代。

台湾総統選挙の取材で
現地入りした際の
発言が・・
蒸し返されつつ・・あります。

ネットでは・・
「台湾総統選挙の投票に行ってくる・・」
なんてのから始まって
「投票? 済ませました・・」
こんなのまで・・。 (笑)

皆さん、
いい加減なことおっしゃってますが (苦笑)
ご本人は周囲に・・
「映像でも音声でも出せば良いのよ! 全然大丈夫だから!」

驚くほど・・

笑 12-1

強気だそうです。 (笑)

ここは・・
ヘタに足引っ張っちゃ・・
いけません。 (笑)

こんなことで
代表辞任なんてことになったら・・?
党内に
更なる混乱が起こるバカりでなく
数少ない支援者からも
見放されちゃうでしょう? (苦笑)

ただ、この党には
見放されたくない
支援者もいれば・・
見放してもらって結構・・
自民党支持に寝返ってもらいたい。
損な支援者も・・
います。 (苦笑)

誰のことだか判らない?

連合

この組織の・・
現執行部の
皆さんです。

まずご登場戴くのは・・
妙齢の女性と連れ立って
池袋北口の・・
ラブホ街を散歩するのがご趣味・・。
変わったご趣味を・・お持ちですねぇ? (笑)
連合の副会長にして、
日教組委員長です。

終刊新潮が報じるスキャンダル報道というは
そのネタの8割以上が
ネタ元は
内調か警視庁、
或いは霞ヶ関なので・・
多分今回も・・
警視庁公暗部か・・
内調のリークでしょう。 (笑)

このオッサンの脇の甘さは
驚異的です。
皆さん、覚えてるでしょ?
公安に・・
隠しカメラで撮られてた・・
当事者ですよ、この人。 (苦笑)

笑 怒

あんなことが
露見したというのに・・?
当の責任者が・・
ラブホ街で散歩?

こんなことって・・
あり得ます? (笑)

しかもあの・・?
なんですか、あの言い訳は?
小学校の教師だって言ってますが・・
小学校の生徒だって
あんなヘタな言い訳しないものです。 (大笑)

でもね、皆さん・・。
多いのですよ・・。
組合の幹部には
ああいう人が・・。
未だに・・
辞めてないでしょ? あのオッサン。
そういう・・連中なんですよ。 (苦笑)

でも、この組織で
一番問題なのは・・

連合 神津 りぇきを

このオッサンです。 (苦笑)

このオッサンの
共産党嫌い・・
本籍 自民党ぶりは・・
会長就任前・・。
事務局長時代から
有名でしたので・・
心配してたのですが・・
心配してた以上の・・
混乱ぶりです。

Hn. Hirofumiサンでしたっけ?
レギュラーのかたから・・
「連合と手を切れないのですか?」
こうしたご趣旨の
コメント頂戴しましたが・・
結論申しますと・・
連合の運動員さん無しで
選挙出来るのは・・
民進党のなかでは・・

野田888

コイツくらいじゃ
ないですかね?

コイツにしても・・
普段から
選挙は、自民党の連中が仕切ってくれますが・・
それでも、半分近くを占める
連合の運動員さんがいなきゃ・・
相当厳しいと思いますよ。

民進党の議員や新人候補者のなかで
選挙事務所に
連合の運動員がいない人は
1人もいないと思います。 (苦笑)

そのくらい・・
連合というのは
選挙に精通してますし・・
選挙慣れしてます。
ただし・・
選挙の見通しは・・?
全然ダメ・・ですけどね。 (笑)

メディアにも報道されたでしょ?
東京10区の補選
最終盤・・
投票2日前に・・
事務所に詰めさせてた
10数人の運動員を
全員引揚げげちゃったのですよ。
引揚げた理由が
笑っちゃいます。

"選挙事務所に・・共産党員が出入りしてた"

共産党は
候補者降ろしてくれたのに・・
これです。 (苦笑)
選挙協力してるのですから
選挙事務所に
他党の支援者が出入りするなんて
当たり前じゃありませんか?

連合の運動員さんというのは・・
10秒もあれば・・
直ぐに分かります。
どうするかって?

「組合のかたですか?」

笑 こける ひっくり返る

尋ねるのです。 (笑)

こう聞くと・・
8割の人は・・
「そうですよ・・」
「えぇ、○○労連です」
答えてくれます。

でも、2割程度の運動員さんは・・
自分が労組出身で、
動員だということを・・
なぜか・・?
言いたがりません。

「まぁいろいろですよ・・」
「いろんな縁がありまして・・」
ワケの分からないこと言って・・
誤魔化そうとします。

「ワタシは建設業者じゃないし、悪いことなんてしませんよ!」
こう言って怒り出す人は
連合のことを・・
談合と勘違いしてる人ですし、
「人気があって良いよね? 支持率も上がるんじゃない?」
こんな答えをする人は・・?
こっちは
連合のこと聞いてるのに・・
蓮舫さんと

蓮舫4

聞き間違えちゃってる人です。 (苦笑)

つまりは・・
動員ではない・・
純粋な支援者ってことです。

先ほどご紹介した・・
フルスイングで行こう!
なんて言って
大きな空振りしまくってる人。

「総理に・・官邸に呼ばれた」
「この前なんて、二階サンが酒注いでくれたんだよ」
こんな・・
恥ずかしいハナシを
自慢話にしてるのですから
本籍がどこにあるのか?
どっち向いて旗振ってるのか?
お判りでしょ?

因みにこの組織・・。
ナンバー2の
事務局長も・・
このオッサンと似たり寄ったりの
ガチガチの右翼です。

つまりは・・
今の連合執行部に頼ってては・・
選挙で大負けするのは・・
必然だ
ってことです。

だからと言って・・
先ほどお伝えした通り
連合の支援なしには
選挙になりません。
ではどうすれば良いか?

この人が・・

一ちゃん2

「一人で500万票集められる・・オトコ」
がとった行動を・・
思い出してください?

ガチガチの
自民党支持・・
資金面でも・・
票でも・・
最大級の支援組織だった
日本医師会
一時ですが・・
民主党支持に変わった時期が
ございましたでしょ?

トップを変えるか?
トップの考え方を変えるか?
どちらかしか・・
ないのです。

笑 その通り

2期4年やるのが通例の
連合会長を
1期目途中で
引き摺り下ろすのは・・
至難の業です。

なら?
考え方変えてもらうしか・・
ないでしょ? (笑)

本籍の・・
自民党嗜好は・・
変わるわけありません。
変えるためには・・
"考え方を変えたほうが、自分にとって得だ"
こう思わせるしか・・
ないワケです。

連合が・・
組織として、
自民党に乗っかるなんてことは
組織の存在意義にも係る問題で
とてもじゃありませんが
やれません。
この・・
本音と建前の・・
建前の部分を・・
突くのです。

「一人で500万票集められる・・オトコ」は・・
連合の
態度を改めさせるために・・

野田なんてnoだ 3

こんな気味悪い生き物とも
会ってます。 (苦笑)

詳しい内容までは
窺い知ることは出来ませんが・・
「なんで? アンタの選挙事務所に? 自民党の人がいっぱいいるの?」
相当・・
脅してる・・(笑)
いや、説得してる・・はずです。

やはり・・
もうひと働き・・

岩手県知事選 たっそサン 野党共闘 一ちゃん

してもらわなければ
なりませんし・・
ご本人も・・
ヤル気満々の・・
ご様子です。 (笑)

勝負どころには・・
真打の登場が・・
欠かせません。

政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 気弱な地上げ屋 グルメブログ 自民党 民進党

「来夏の都議選? 圧勝でしょう。 このあと・・豊洲の官製談合暴きます。 支持率? 8割越すわね、ホホホ」 小池 東京都知事

先日・・
いま話題の・・
豊洲に行って参りました。 (笑)

豊洲と申しましても・・
猛毒満載の
豊洲市場では・・ございません。 (苦笑)

以前、何度か・・
仕事をしたことがある同業者から
「ちょっと相談したいことがあるんで・・家まで来てくれないか?」
言われまして・・。

この不動産屋とは・・
年に1回か2回は・・
一杯やる仲で・・
年初に会った時も・・

ヤクザ 暴力団

この通り・・
堂々たる地上げ屋ぶりでしたので・・(苦笑)
「ナニかあったのかな?」
不思議に思いながら・・
訪問致しました。

この人の家には・・
数回、お邪魔したことがございます。
もう10年ちょっとになるでしょうか・・。
当時、1億円くらいで購入した・・(苦笑)

増田 赤坂自宅

タワーマンション

その最上階にお住いの
この不動産屋。
とってもバブリーな・・
不動産屋そのもの・・でした。 (笑)

まったく付き合いきれない人でして・・。
買った当時・・
家の中で、
ライオン飼ってたのですよ、この人。 (苦笑)
案内された時・・
滅多なことでは驚かない気弱な地上げ屋ですが
腰抜かしかけました・・。 (笑)

「猛獣飼育許可取ってるんですか?」
尋ねたら・・
「飼育許可? いらない要らない。 まだ生まれたてだから・・猫と間違えるんだよ、みんな」

文句あんの 笑

いい加減な人です。
いくら小さいって言ったって・・
ライオンの子供と
猫の子供を
間違える人なんて・・
いるわけありません。 (笑)

しかもこの人。
檻で育てずに
赤ちゃん用の
ベビーベッドみたいなものに
ライオン載せて育ててました。 (苦笑)

まぁ
生後30日くらいですから・・
当時は・・
なんとかなりましたね。
でも・・
皆さんご存知ですか?
ライオンって・・
ものすごく
成長が早いのですよ。 (笑)

3ヵ月後くらいに行ったときには
相当大きくなっちゃって・・(苦笑)
流石に
ベビーベッドじゃ
まずいと思ったのでしょう。
どうしたのかと言いますと・・?
大きな鳥かご
の中に入れられちゃって・・

笑 困った

身動き出来ずに・・
じーっとしてました。 (苦笑)

「社長? これじゃぁ動物虐待ですよ・・」
忠告したのですが
それから1ヵ月後くらいですかね。
会ったとき・・
腕に包帯グルグル巻きにしてたのです。

「どうしたんですか?」
なんとなく・・
ヤな予感がしてたのですが・・(笑)
「あのキングの野郎・・!」

この不動産屋。
飼ってたライオンに
キングって名をつけてたのですね。
ライオンだからキング。
不動産屋の発想なんて・・
所詮こんなものです。 (苦笑)

「キングがな! このオレの腕に・・噛み付きやがったんだ!」
よく見ると・・
巻かれた包帯に
薄っすらと血が滲んでます。 (笑)

「キングは言うこと聞かないから仲介業者に引き取らせた。 代わりに飼い始めたのが・・」

プラルク

「コレ。 名前はゴールド。 シルバーのボディにゴールド。 オレらしい・・センスの良さだろ?」

センスの良さ・・
ではなく、
センスの無さ・・
なのですが・・
ご本人、まったく気付いてません。 (笑)

で、このたびの訪問。
長寿で知られる
ピラルクのゴールドは・・
どのくらい大きくなってるかな?
楽しみにして行ってみると・・
ゴールドどころか・・
ゴールドを飼ってた巨大な水槽も
綺麗に無くなってます。

「社長? ゴールドは? 死んじゃったんですか?」
「それがな・・・」
ボソボソと話し始めました。

「ちょっと投資に失敗しちゃってな・・。 億の単位で背負っちゃったんだ。 最近じゃ・・呑み代にも事欠く始末さ。 今日呼んだのはな・・ほかでもない。 オマエ・・このマンション、買わないか?」

FXで失敗して
数億円の負債を抱えてしまったそうです。 (苦笑)

「ゴールドも? 売っちゃったのですか?」
「ゴールド? とうの昔に・・食べちゃったよ」

驚 笑 オイオイ

食べちゃった・・?

呆れました・・。
ゴールドなんて名付けて
可愛がってたピラルク
自分で捌いて・・
食べちゃったそうです。 (苦笑)

「刺身で食べたんだけど・・20人分はあったかな? 毎日食べたけど・・20日分だろ。 最後のほうはなんか・漬物みたいな酸っぱい匂いがして・・刺身だと思うと、食べられないから・・漬物だと思って、食べたよ。 人間、落ち目にゃなりたくないよな・・」

落ち目の不動産屋の
心配より・・・
ヤな目に遭ったゴールドに
同情すべきです。 (笑)

落ち目のグルメブログが言うのもなんですが・・(苦笑)
高いところにいた人が
階段を転げ落ちると・・
勢いがつく
と申しますか・・
奈落の底まで
落ちちゃうようです。

豊洲市場の半径3キロ圏内には
30棟を超えるタワーマンションがございます。
更に、この先2年以内に
1500戸を超える分譲計画が・・。
どう見たって
供給過剰です。 (苦笑)

そして・・
売れ行きが
鈍ってきた時に・・
降って沸いたのが・・

エゴユリ2 小池 百合子

このたびの
有毒物質問題です。

豊洲の土壌・・。
盛り土がない、豊洲市場の
近隣地盤は
有毒物質がてんこ盛り。
こうした風評が知れ渡り・・
いまや相場は下落・・
どころか、暴落状態だそうです。

まぁ・・
悪銭身につかず
を地で行くようなオハナシですが、
ホンモノのプロなら・・
このエリアに生活拠点を置くようなことは
決してしません。 (苦笑)
土壌汚染だけでなく
地盤自体に
問題があるエリアです。

しかし
この人にとりましては・・

小池百合子2

無限の可能性を秘めたエリア・・
なのかもしれません。 (苦笑)

この人にとりまして
豊洲市場は・・
建物建設費の
官製談合を暴いて
ドンをお縄にする良いキッカケ。
当初、こうしたシナリオでした。
しかし、
降って沸いた盛り土問題で
思わぬ追い風が・
吹いたと言うワケです。

この追い風に
恐れおののいたのでしょう。
都議会自民党も
ひれ伏して・・
恭順の意を示してますので (苦笑)
豊洲市場の
利権の解明は
日の目を見ることは
無いかも・・しれません。

しかし、皆さん?
東京地検が動かなくても・・
グルメブログは動きますので・・(笑)
スーパーゼネコンに放つ! 草のモノ!
からの情報を
お楽しみになさっていてください。
ホントは・・
今週会う予定だったのですが・・
コッチはヒマなんですけど
向こうが多忙で・・
来月になっちゃいました。 (苦笑)

さて!
豊洲の利権も・・
そりゃ大きな利権ですが
この国には
更に巨大な利権が
まかり通ってる。
このことを
ご存知でしょうか?

そうです!

逃電3

原発利権・・です。

このたびの
新潟知事選
誠に・・
喜ばしい勝利です。 (笑)

原発利権に守られた
分厚い・・
分厚い壁を
お一人お一人の
市民の・・
真摯な思いが
突き破ったのです。
画期的な出来事です。

このかた・・。

阿藤快さん 米山隆一せんせ 新潟県知事

よく似てるので
使わせて戴きましたが・・
このかたは
昨年、お亡くなりになった
名優 阿藤快さん・・ですね。

グルメブログが言いたかったのは・・
阿藤さんによく似てらっしゃる・・
米山隆一さん
新潟県知事・・です。

「元は自民だろ? 信用できるのかよ?」
「少し前まで、原発は再稼動すべきって言ってたよ。 大丈夫?」

心配する向きもいらっしゃいますが・・
あれだけ分厚い民意を
突きつけられたのです。
そう簡単には
裏切らないでしょう。 (苦笑)

画期的な快挙の影で・・
「お前ら、それでも政治家かよ? 民意・・ちゃんと見えてる?」
お尋ねしたしたいのが・・

野田 NOだ 9 蓮舫さん 8

この・・
お二方・・。 (苦笑)
確かに・・
全然、見えてないようですね。(笑)

原発再稼動に熱心な
対立候補を応援する
逃電を中心とした電力総連

そして・・
この電力総連が主力を成す連合新潟
「有力支持母体の連合が対立候補を支援する以上・・米山は推せない」
こうした判断ですが・・
まったく!
・・判断を誤っております。

実際・・
どのメディアの出口調査見ても
民進支持層の
8割から9割近くが
米山さんに投票してます。
つまり・・
全国でも指折りの
電力総連の牙城である
新潟でさえ?
連合の組織票は・・?
1割から
多く見ても・・2割なのです。

こんな連中が・・
"2030年代 原発ゼロを実現!"
こんなこと言ってるのですから・・

笑 口先 口だけ

有権者を
いったいなんだと思ってるのでしょうか。

この党が主張する
脱原発は
足す原発だということ。
数少ない・・
この党の支援者のなかでも・・
8割以上もの人たちが
見抜いているのです。

原発推進の自公と
似たようなことやってたのでは・・
党の再生など
おぼつかないということ。
なんで・・?
判らないのでしょうかね? (苦笑)

民進党という党は・・
自民党から公認して欲しかったのだが
公認が貰えず
仕方ないからコッチに来た。

長島 昭久センセ 東京21区 口先 前原55 野田なんてnoだ 3

こういう連中が
ウヨウヨしている・・
損な・・政党です。 (笑)

政治家としての
質が
悪過ぎますね。
だって・・
補欠バカり・・
集めたチームなら?
レギュラーが揃った
自民党のほうが良いや・・。
有権者が
こう考えるのは
ごく自然なことでしょ。

こうなると
心の底から悔やまれるのは・・

一ちゃん

この人が・・
影響力を
発揮出来ない現状です。

誰かの・・
影武者
になってでも・・
「一人で500万票集められる・・オトコ」 は
国家国民のために
もうひと働き
すべきだと思うのですが・・
皆さんも
そう思いませんか?

やはり・・
自民党のぬるま湯から
自ら飛び出してでも!
「国のあり方を変えよう!」
高い志と
確かな実行力。
この二つを兼ね備えた人物に
リーダシップを発揮してもらわないことには・・
もう・・
どうにもなりません。

原発というのは
極めて危険で・・
クリーンとは程遠く・・
更に・・
天文学的コストのかかる粗大ごみ
明確にこう・・
主張しない限り
この党の再浮上は・・
無理です。

国民の多くが
願っていることを
実現出来ない政党に・・
期待が集まらないのは・・
残念ながら・・
当然のことです。
いま、なんとかしなければ・・
本当に・・
本当に手遅れになります。


政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 気弱な地上げ屋 グルメブログ 豊洲 タワーマンション

「築地市場の豊洲移転? もちろん白紙です。 跡地? 流れのなか空気のなかで、当然・・カジノでしょうね」 小池百合子 東京都知事

このところ、ロクなニュースがない
我が国ですが・・
久々に、
明るいニュースが飛び込んで来ました。

大隈教授の
ノーベル賞受賞です。

会見のライブ中継拝見しましたが
記者からの質問中、
祝福の電話でしょうか?
あちこちから
電話がかかってきてました。
なかには・・
電話に出た途端、
「えっ? 誰?」
こんな言葉まで飛び出しちゃって・・
微笑ましいシーンでした。 (苦笑)

いままで疎遠だった人たちとも
久々にお話が出来て・・
嬉しそうでしたね。 (笑)

大隈教授のノーベル賞受賞で
思い出したことがございます。

気弱な地上げ屋は以前・・

田中耕一さん

ある席で、
このかたと、ご一緒する機会がございました。

短時間ですが、
お話することが出来まして・・
人柄なのでしょう。
今までの人生について
率直なお話を聞くことが出来ました。

「ボクは期待されてなかったんですよ、全然・・」
会社の業績に貢献出来ない・・
だけでなく、
説明しても
理解出来ないような研究続ける
田中さんに・・
上司や・・
同僚の向ける目は
かなり厳しいものがあったそうです。

気弱な地上げ屋が見たところ
かなり鈍い感じのする人が (苦笑)
感じるほどのプレッシャーです。
受けるそれは・・
相当のものだったのでしょう。

メインの研究所からは、追い出され・・。
少し離れた
倉庫のような場所で
研究してた時期もあったそうで・・
そんな頃は、
へんぴな場所からでしょう。
田中と呼ばれず・・
田舎・・
こんなふうに呼ぶ人もいたようです。 (笑)

しかし・・

神さま 笑

神様は見捨てませんでした。

突然のノーベル賞受賞です。 (笑)
受賞が決まった途端!
田中さんの人生は
一変しました。

それまで、
田舎・・なんて呼んでいた人間が
田中さん・・。
掌返したように・・
態度が変わる。

何十年も会ってないような・・
小学生時代の・・
しかも、同じ塾に通ってた
なんてヤツから
突然・・
自宅に電話かかってくる。 (笑)
そんなことまであったそうです。

「そんな・・カネにもならない研究。 倉庫でやってろ!」
こんなこと言ってた会社も
ノーベル賞が決まった途端、
対応が一変。 (苦笑)
今では・・
ご自身の名前を冠した研究所まで
造ってくれたそうです。
現金なもんですね。 (笑)

笑 15 苦笑

肩書きで・・
友になる人間は数多いが
人柄で・・
友になる人間は少ない。

どなたがおっしゃった言葉かは・・
失念しましたが・・
真理です。 (苦笑)

地位や肩書き、
身なりや見た目で
近づいてくる人間・・
友となろうとする人間は
大勢います。

しかし、
人の本質・・
生き様や人柄で
その人と付き合おうとする人は・・
あまりいない。
こういうことです。

このかたも・・

エゴユリ2 小池 百合子

こんな身なりにも係らず・・(笑)
知事に当選した途端!
寄って来るわ・・来るわ。 (苦笑)
美味しい蜜に
群がるアリのように・・
群がってきております。

利権ファーストで知られる・・このかた。
最近は・・
利権と言うべきところを
都民ファーストなんて言い間違えちゃって・・(笑)
お茶目な人です。
利権というのは
かくも人の態度を変えてしまうものなのか・・?
おカネが好きな人は
世の中に
大勢いるってことですね。 (苦笑)

このたびの・・
豊洲 盛り土問題。

お気付きのかたも
大勢いらっしゃると思いますが・・
グルメブログというのは、
予想がハズレ・・(苦笑)
「またかよ~?」
「やっぱりハズレ?」
「たまには予想と逆書いたら?」
指弾されることに
快感を覚える。 (笑)

「気弱な地上げ屋」

ヘンタイ・・
いや、変わり者です。 (大笑)

ですから・・
今回のように・・
予想したこと・・
書いたことが
ピタッ! と当たっちゃうと・・
ホントに不愉快。 (苦笑)

なんですか? あれは?
「聞いていなかった・・知らなかったと、歴代の都庁の当事者たちがテレビカメラに答える姿に・・多くの都民は嘆息をもらしたことでありましょう」
「誰が?いつ ? どこで? 何を決めたのか? 何を隠したのか? 原因を探求する義務が私にはあります!」

あれほど自信満々に?
ぶちかましてましたから
期待しちゃった人も
かなりいらしたでしょう?

それが、一週間後には・・?
「責任者を特定には至りませんでした。 それぞれの段階で流れの中、空気の中で進んでいった・・」

はぁ? 笑 ダメ

早くも・・
握ってしまいました、エゴユリせんせ。 (笑)

巨大組織
都庁を牛耳る
都議会自民党と
ハナシがついたようです。 (苦笑)

「知事、職員が馴れ合いや根回しで事を丸く収めるのではなく、都民の皆様の前でその決定過程を詳らかにご覧戴く・・」
人間なんて、そう簡単に・・
変わるもんじゃないのですね。
言ってることと
やることが・・
アベコベなのは
昔と変わりません。

「無責任の連鎖!」
こんなこと言って
怒ったフリしてましたが・・
参っちゃうことに、
この連鎖の終点には・・
ご自身がいるわけです。 (笑)

「キッチリとした議事録が見当たらない・・」
すっかり他人事のように話してましたが・・
都庁の公式会議というのは
必ず会議記録を作成します。

ですから・・
キッチリとした議事録は、無いのかも知れませんが
キッチリしてない議事録は必ずありますし (笑)
議事録と名付けなくても・・
会議録や速記録などの呼び方で
必ず記録は存在します。
見つけようと思えば
簡単に見つかりますが・・
ヤル気がないのは・・

小池百合子1

これ見れば、明らかですね。 (苦笑)

こんな調子です。
先日・・。
30名ほどの・・
来夏の都議選で
小池新党から立候補を希望してる連中集めましたが・・。
「心に百合子グリーンを刻みながら、共に前に進んでいきましょう!」
こんな
ワケの分からない訓示垂れてましたね。 (苦笑)
でも、こんな調子ですと・・
来夏の選挙どころか
松が明ける頃には
賞味期限が切れちゃうかも?
知れません。 (苦笑)

既に1名潜入させてる
草のモノには
なんとしても都議会に潜り込ませたいので
なんとかそれまで
賞味期限を持たせてもらいたいものです。 (笑)

そうそう!
これだけ猛毒モリモリなのに・・
まだ豊洲に・・?
市場が移転すると思ってる人が
いるようですが・・(苦笑)
九分九厘、市場の移転は白紙になるでしょう。

「墓地にどうだ?」
こんなこと言って回ってる利権屋がいますが、
冗談じゃありません。
猛毒物質モリモリの地盤に?
墓地?
ご先祖さまに祟られるのがボチ・・
いえ、オチです。 (笑)

カジノを含めた
リゾート施設にしちゃえば?
こんなハナシもチラホラしてますが・・
中国系のシンガポールファンド
2000億円でのオファー
を水面下で打診してる。
業界では、こんなウワサも出ております。 (苦笑)

笑 怒

利権ファーストのオバサンですから・・
大損したことを
都民に悟らせないように
上手く、誤魔化すことでしょう。

ウワサと言えば・・?
巷間、出尽くしてるウワサの
真偽を問う・・。
そんなラッキーな場面に
先日出くわしました。 (笑)

なんと!?
当時、東京ガスで
豊洲工場の
東京都への売却を担当した人物
先日、一杯やる機会がございました。

今では・・
子会社の役員に納まっている
このかた。
最初はクチが重かったのですが・・
呑むにつれて・・
重いクチを・・
開いてくれました。 (笑)

「豊洲市場? あぁそうだよ。 ウチのガス工場だった土地を東京都に売ったんだ。 オレは当時・・売却交渉の担当者。 ん? 驚かないの? アンタ変わってるねぇ? 普通の人は・・こう言うと、大抵驚くもんだ。 白い目で見るヤツもいるけどね・・」

当時の交渉経過を
つぶさに知る人物ということで
紹介者に頼んで、会ってるワケで・・
何も知らずに、こんなジイサンと一杯やるワケありません。 (笑)
でもここは・・
知らなかったフリするって手もありましたが・・
知ってたから会った。
正直に話して
核心をインタビューしたほうが得でしょう。 (笑)

笑 12 アタマ抱える

「猛毒満載の? 売ることも使うことも出来ない? 三文土地を? 破格の価格で都に売りつけた? 一般的には、こう思ってる人が多いでしょ? とんでもないよ! ウチは売りたくなかったんだ。 オレ達は・・やれる限りの抵抗したよ」

売りたくなかった?
やれる限りの抵抗?
これは・・
担当者ならではの
生々しい告白です。
このまま気持ち良く・・
唄わせましょう。 (笑)

「最初交渉に来た人は・・築地市場の代替地だなんて言わなかったんだ。 将来の湾岸開発用地として・・なんて言ってたな。 勿論断ったさ。 ウチは、ここの再開発計画は既に・・図面まで作って具体化してたし・・大学誘致もほぼ決まっててさ。 そんな状況だし、これだけの大規模開発だろ? 一部署でやれる仕事じゃないんで、再開発専門の新会社まで作ったんだよ。 そう・・東京ガス豊洲開発だよ。 」
「最初の役人は・・1年くらい通ったかな? コッチも開発計画があったから・・諦めさせようってことで、そろそろ打ち切りましょうって時さ。 出て来たんだよ。 あの・・半分ヤクザみたいなのが」

浜渦

「そう! 確かに、このオトコだ。 凄かったねぇ。 天下の東京都相手に? 本気でケンカするんですか? 脅したと思ったら・・? 日本の中枢となる・・首都の新市場ですよ? この社会的使命が判らないのですか? くすぐってくる。 それでもコッチは・・頑として譲らなかったよ。 」
「だって、あの土地に食品市場造るなんて・・狂気の沙汰。 あの工場は、石炭でガス作ってたんだ。 石炭って言うのは効率悪くてね。 燃やしたうちの四分の一しか・・ガスにならない。 今では考えられない収率だけど・・当時は、それしか方法なかったし・・首都圏に都市ガスを安定供給する。 社会的使命もあったから・・作り続けたってワケ。 さっき、四分の一しかガスにならないって言ったよね? と言うことは? 残った四分の三は? ナニになるのかってハナシでしょ? 」
「まずは・・コークス。 これはまぁ再利用できるからまだマシ・・。 問題は、そのほか。 タール硫黄ベンゼンシアン化合物ヒ素水銀六価クロムカドミウム。 有毒物質のオンパレード。 実際は・・ガス作るってより、有害物質作ってたって言ったほうが・・正確だよね。 食品より先に、人間がおかしくなっちゃうよ。 で、これら有毒物質をどうするか? その辺に置いといたら、俺たちが死んじゃうだろ? かといって、海に垂れ流すなんて言語道断。 結果として敷地内に埋めるしかない。 買収諦めさせる最後の手段として・・この事実を全て明らかにしたよ。 猛毒の捨て場だったんですよ、ここはってね。 当然、これで諦めると思ったよ、正直なところ。 それがビックリ仰天だよ。 」

笑 29

「一応、希望価格出せって言うから・・諦めさせようと、吹っかけたんだ。 535億さ! 貨幣単位は違うけど・・簿価のウン千倍だよ。 そしたら・・? この希望価格の更に3倍! 1860億で買おうって言い出した。 あの、さっきのヤクザ崩れと・・都庁の当時の責任者がだよ。 その人? 今は・・東京のどこかの区で区長やってる。 この2人が揃って・・私達2人の約束は・・東京都の約束です! これで売って下さい! 除染費用の負担分も含まれてるにしても・・そんなのは、せいぜい80億程度。 どう見たって、腰抜かしかねないオファーだよ。 もうこうなると・・当時のウチの役員たちも抵抗できないよね。 吹っかけた530億に・・更に1800億円も乗っけてくるんだから。 オレたち現場の人間はみんな・・これ聞いたときは・・唖然としたけど・・同時に、怒りも沸いたよ。 だって・・あいつら、簡単に100億とか1000億なんて言うけど・・原資は血税だろ? オレ? 役員がやれって言うもんを・・一担当者がひっくり返せるわけないでしょ? でも、これだけはハッキリしてる。 あの土地はね? 東京都に無理矢理売らされた。 これが真実だよ。」

東京カスの皆さん?
いえ、東京ガスの皆さん?
東京カス・・なんて言ってゴメンなさい。 (笑)
東京ガスには・・
ほとんど責任ありません。
しかしなぜこれほどまでに?
東京都は・・?
この土地を欲しがったのでしょうか?
その理由については・・
次回・・(笑)
スーパーゼネコンに放つ! 臭のモノに!
ご出演戴くことにしましょう。 (苦笑)

それにしても・・
都知事のバアサンは・・
「歴代の市場長を処分する!」
なんて息巻いてましたが・・
処分すべきなのは・・
このようなヤツらです。

笑 39

厄人のやりたい放題は・・
見過ごせる限界を
ゆうに超えております。

こんな調子で
血税のムダ使いを続けてゆけば?
税金なんて
いくら払ったって
私たちの生活は
ちっとも向上しません。

厄人たちのムダ遣いを放置して
増税することだけは
カラダ張ってでも
阻止しなければなりません!

この国に
不公平や
格差を更に拡大させるのか?
それとも・・
社会の公正と
正義の実現を目指す社会に・・
作り変えるのか?

年明けには総選挙もありそうですが
ここは・・
本当に・・
本当に、勝負どころなんです。

多くの利権ではなく、
小さな幸せを望む庶民が
この国の中枢な
のです。

仕事をしない厄人や
利権にまみれた連中がいて・・
そんなヤツらが
利権を・・
血税をむさぼる。
これらは全て・・
私たち・・
庶民の犠牲の上に成り立ってる
のですよ。

笑い 怒り

こんな連中・・
シロアリが・・
ますますのさばる社会には・・
もうウンサリです!

政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 気弱な地上げ屋 グルメブログ ノーベル賞

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ