fc2ブログ

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

「野党が政権奪取? 30年は無理じゃねぇの? 連合に尻尾振ってるうちは怖くねぇよ! ヤツらこっちの味方だからな」 麻生太郎

本日はまず・・
皆様に・・

詫び 笑 34

お詫びから
入らねばなりません。

前回のエントリー。

全然ダメな
野党陣営への
ホワイトナイト (笑) として・・
この人の
お名前を挙げました。

北尾吉孝さん

そして・・
思い付いたら直ぐ動く!
気弱な地上げ屋。 (笑)

早速、某大作家のセンセに連絡取り
「北尾さんと野党指導者との橋渡しを・・」
依頼したのです。

返事は・・
その日のうちに来ました。

大作家センセ曰く・・
北尾さんは
「オレは自民党員だよ?」
「そのうえ、菅さんの後援者!」
「なんでこのアタシが?」
「見込み無い連中(野党のこと)の?」
「面倒見なきゃならんのよ?」



あまりのことに
歌い出したかどうかは
定かでありませんが
ケンもホロロ・・
とは、このことだったそうです。 (苦笑)

このかたの著作を数冊読み
「日本にも二大政党制が必要!」
「政権交代が当たり前の政治を!」
「誰もが幸せを実感できる社会の実現!」

何のことありません。
どれもこれも
綺麗事・・だった
ようです。 (苦笑)

笑 帰れ

誤って(笑)バカりの・・
グルメブログですが
最近ちょっと・・
多過ぎますね。 (苦笑)

まったく・・
この処参っちゃう毎日ですが・・
悪いときには
悪いことが
重なるものです。

先日・・
取引先の社長の紹介で
ある弁護士交え
3人で一杯ヤル機会がございました。

気弱な地上げ屋好みの
イケイケな弁護士で (笑)
いま
東京地裁で係争中の (苦笑)
未払い報酬請求訴訟について
助言してもらう
という目的もございます。 (大笑)

笑 笑顔

のっけから
イケイケぶりを
発揮してましたよ、この弁護士。 (笑)

挨拶代わりの乾杯した後・・
「仕事は・・相当お忙しいのでしょ?」
尋ねると・・
「週に3日くらいは・・9時5時ですよ」
なんて
答えるもんですから・・

「週5日勤務のうちの3日が?」
「お役所みたいに?」
「朝の9時から始まって?」
「夕方5時に? 帰れるのですか?」

少々驚き交え
尋ねると・・
「いえ、それは通常業務時間です」
「朝9時から夕方5時ではなく・・」
「残業は・・」

「夜の9時から朝9時頃まで」
「と、こういうことです」

笑 22 いい加減に

この弁護士と食事をするのは
初めてなので、事前に
「ワインはどんな味わいがお好きなんですか?」
尋ねる気弱な地上げ屋に
「ワイン? まぁ何でも呑みますよ」

こう言うもんですから
2000円程度のワイン持って
行きつけの日本料理屋で出迎えました。

このお店は・・
マイワインのお持ち込みは勿論 (笑)
地上げ屋専用のワイングラスまでも (苦笑)
キープしてあるほど
お気に入りのお店です。

仕事の話は簡単に終わり (笑)
ワイン談義に移ったときのこと。

スワリングなどの立ち振舞を見て
「あれっ? この弁護士? 結構ワインに詳しいのでは?」
そう思い・・
「○○さん? ワイン・・結構お好きなのでは?」
尋ねると
「好きですよ。 1日一本は言い過ぎかも知れませんが」
「1週間で4~5本はボトル空けてます」

驚 笑

「家呑みだとしても?」
「ワイン代で、弁護士報酬半分くらい使っちゃてんじゃないの?」

冗談のつもりで言うと
「半分は言い過ぎですけど・・」
「年間で300万はワインにカネかけてます!」

驚 笑 オイオイ

「300万・・って?」
「今流行のルーブルじゃないよね?」

「1年間で?「300万円を?」
「ワイン代に費やしてる?」

「ほぼ・・1本1万円のワインってこと?」
「そうですね」


笑 12 アタマ抱える

「弁護士って・・?」
「そんなに儲かるの?」

驚き尋ねると・・
「ウチの受任事件はほぼ全て・・」
「離婚案件なんてす」

皆さん、良くご存知の数字。
3組結婚したら?
そのうち1組は離婚する。
こう言われてますが・・
この数字は
離婚届を出してる件数です。

この弁護士の手掛けてる事件のように
離婚届を出すための争い
この件数を入れると
とてもじゃありませんが
3組中1組
なんて数字じゃ
収まらないそうですよ。 (苦笑)

笑 ふーん

世の中・・
揉めてるご家庭が
多いのですね。

この弁護士が言ってました。

「なんでこの人達・・結婚したのだろう?」
「どう見たって・・上手くいかないだろ?」
世のカップルには・・
こうしたケースが
とても多いそうです。

そして
こうした関係は・・
単に夫婦関係
だけではありません。

大組織同士にも
言えることです。

連合立憲

今の
こんな関係を?
いったいいつまで?
続けるつもりなんでしょうか?

不思議に感じてるのは
気弱な地上げ屋だけでは
ないはずです。 (苦笑)

それではここで・・
連合東京に放つ!
草の者にお尋ねしましょう。 (笑)

「この前、都内で行われた・・」
「○○区長選挙は・・随分と頑張ったねぇ」
「投票箱閉じたあと、選挙事務所へ行ったのだけど」

「遅くとも9時には・・ダルマの目玉入れしますから」
「なんて言ってた・・あの区長」
「10時過ぎても引き離せない状況見て」

笑 ざまぁみろ

「見るみる・・」
「顔色青ざめてたよ」

「でもあそこまで追い詰めるとは・・」
「そっちも想定外だったんでしょ?」

笑 違うだろ

「オレたちの支援無しで」
「あそこまで戦えたってことは」
「相当自信になったんじゃないの?」

「連合東京は・・」
「元々オカシイ組織だったけど」
「最近の本部のおかしさは」
「尋常じゃないよ」

連合 芳野友子会長

「ウチの出身なんで・・」
「恥ずかしくて仕方ないのだけど・・」
「何なの? あのオバサン?」

「自民党の最高幹部連中と?」
「差しで食事・・だよ?」

「気は確かなのか? ってハナシだよ」
「麻生さんとの会食のときなんて・・」
「報じられて無いけど・・」
「2次会にまで付いて行ったらしい」

「山岸さんが生きてたら・・」

連合 山岸会長

「脳卒中起こして倒れてるよ」

「山岸さんや・・」
「高木さんは・・」
「自民党の幹部と食事どころか」

「議員と並んで・・」
「写真撮られるのだって」
「嫌がってたし」

「自分の立場や・・」
「組合員や支援者から」
「どう見られてるか?」
「しっかり理解してたよね」

連合 高木会長

「あの人達にとっては・・」
「自民党政権打倒が」
「骨の髄まで」
「染み付いてたから」

「それが今ではナニ?」
「同じ打倒でも・・」
「自民党妥当・・でしょ?」
「ん? あまり・・面白くなかった?」
「まぁいいや」

「なにしろね」
「あんなことやってるオバサンが?」
「会長やってるうちは・・」
「野党はジリ貧・・し続けるだろうね」

「泉もさ・・腹括れば良いんだよ」
「元々、中小企業の課長のレヴェルで」
「周りの誰も・・期待なんてしてないのだから」

「大きく動いて失敗したって?」
「あぁやっぱりダメだったのね」
「誰も驚かないでしょ?」

「それに引き替え・・」

玉木 雄一郎 香川2区

「軽いねぇ・・この人」
「鳥の羽根より・・」
「軽い」

「ホント、飛んでいっちゃいそうだよ」
「自民党本部に向かって・・だろうけど」

「いくら・・」
「いい加減な政党同士だからって」
「政党同士の正式な合意が?」
「ほんの数日でひっくり返っちゃう」

「政治は一寸先は闇」
「なんて言葉は」
「この人のためにあるんじゃないの?」

前原 15 口先

「前原との対立が?」
「抜き差しならぬところにまで来てる?」

「まぁご両人共に」
「詰めの甘さじゃ・・」
「政界で一二を争う間柄」

「適当なところで手打ち・・と言うか」
「揉めてたことすら・・」
「少し経てば忘れちゃうよ、あいつらは」

「そんなことより、オタクらも」
「もうそろそろ・・」
「ウチの・・」
「半分、自民党員みたいな連中と」
「手を切らないと?」

「自民党の掌で踊らされ」
「潰されるよ」

笑 その通り

政党というのは
旗色を鮮明にしなければ!
支持を引き寄せることなど
出来ません。


どっちを向いてるのか?
判らない。
どこへ向かおうとしてるのか?
も判らない。
こんなのは
政党じゃありません!

この春
都内某所で行われた首長選。
この選挙区は、
全国でも珍しい
野党が完全に一体となって
与党に挑んでいる
選挙区です。

あの!?
連合東京でさえも
与党陣営の一角。

こうした・・
連合の支援も一切無い!
与野党一騎打ちの選挙において
気弱な地上げ屋も全力支援した
新人候補は・・
現職3期目を目指す首長に対し
得票率1%差
にまで迫りました。

現職首長の3期目の選挙というのは
最も強い! と言われる選挙です。

そうした選挙で・・
開票率95%を超えても決着がつかず (笑)
これまでで最も盤石な選挙
と言われた
3期目目指す現職の爺さんは
開票日の日付が変わる頃まで
ダルマに目玉入れることが出来ませんでした。 (大笑)

笑 最高だぜ

この選挙見てもお分かりの通り
有権者に分かり易い選挙
をやれば?

たとえ
投票率が低くても?
因みに先の選挙の投票率は
僅か31%でした。 (苦笑)
良い勝負が出来るのです。 (笑)

これが投票率が
5%でも上昇したら?
上昇した投票率の有権者と言うのは
その多くが
現体制批判
与党批判票です。

ひっくり返すことも
充分可能なのです! (笑)

この夏行われる
参院選は・・
戦い方さえ間違えなければ?
本来戦いやすい選挙の筈なのです。

だってそうでしょ?
次回エントリーで書こうと思ってますが
この円安に起因する
物価高
ハイパーインフレは
もう既に始まっています。

この責任は・・

黒田 4

このオトコに・・
そのほぼすべての責任が
ございます。

今このときこそ!
消費税の大幅減税が必要
なのです!

安倍のミクソで潤ったのは・・
極々一握りの国民だけです!

その他大勢の市井の民は・・
上がらない給料
上がり続ける物価

苦しみを強いられています!

今多くの国民が抱えている
生活不安
その元凶は
自民党公明党が行った政策
そして
黒田日銀が断行した
あの超金融緩和政策にあるのです!

笑 だろ そうだろ

物価高騰の責任は
誰にあるのか?
自公政権がこれまで行ってきた政策でしょ?
これを問う選挙に
するべきなのです。

でも・・肝心の
野党陣営がこんな調子じゃ
とてもじゃありませんが・・
期待薄です。 (苦笑)

こんな連中に
政治やらせるくらいなら?
いっそ
気弱な地上げ屋がやったほうが・・(笑)
余程マシかも?
知れません。 (苦笑)

先日、ごく短時間でしたが・・

山本 太郎ちゃん 3

このかたと
話す機会がございました。

「この国の政治は・・良い方向へと向かいますか?」
尋ねる気弱な地上げ屋に・・
「向かいます! 但し・・」
「途方もなく長い道のりです」

楽天的な彼でさえ (苦笑)
長く険しい道程だということを
痛感しているのでしょう。

我々の陣営が抱える問題は
山のように
ございます。 (苦笑)

山のように問題が山積するのですから
解決するにに
時間がかかるのは
当たり前のことです。

今ここで諦めてしまえば?
これまでの苦労は
何一つ報われません。

レギュラーの皆さん始めとする・・
心ある人々が
少しずつでもチカラを合わせ
前進し続けなければならない!

グルメブログが強く訴えたいのは
ここの処・・
なんですね。

政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

「大量虐殺? フェイクだよ、フェイク。 カティンの森みたいに・・・40年はバレないから大丈夫さ!」 ウラミシミ~ル・プーチン

吐き気を催すような・・
悲惨な光景です。

プーチン 5

このアイコラのことでは・・
ございません。

ウクライナ キーウ周辺の都市
イルピンホストメリ
ブチャなどで
ロシア軍が行ったとされる
残虐行為の数々です。

ロシア軍が
この地域を占領していた時期に
撮影された
衛星画像などの「動かぬ証拠」もあり
ロシア軍による戦争犯罪
の疑いが
極めて濃厚でしょう。

ウクライナ 1

自転車に乗って
逃げようとしていた途中なのでしょうか。
銃撃され
死亡した女性の姿もあります。

激しい憤りを感じるのは
横たわり、息絶えているのは
兵士などでなく
罪の無い
一般市民だということ。

民間人が
理由もなく拷問され
殺されたのです。

プーチン 6

尊敬するジャーナリスト。
佐藤和孝さん。
そして
グルメブログお不快で・・
チビチビと
ワイン飲む姿からは想像出来ませんが・・
連日、臨場感溢れる写真を
現地から届けてくれる
我らが、田中龍作さんなど
大勢の日本人ジャーナリストも
現地入りして
命がけで取材を続けています。

いったいぜんたい・・
この落とし前を
プーチン
どうつけるつもりなんでしょうかね。

本当に
ど~しよ~もないヤツだと思ってたら・・
彼の国だけでなく
この国にも
居ましたね、こうした輩が。 (苦笑)

宗男さん

「話し合いを断ったのはウクライナのゼレンスキー大統領」
「原因を作った側にも責任」

ここまで尻尾振られちゃいますと
哀れと言うか・・
気の毒になります。 (笑)

宗男さんも
現金な生き方する人だとは
以前から承知してましたが
この状況のなか
こんなこと言ってるようじゃ?
そろそろ
引退なさったほうが
宜しいのでは? (苦笑)

そしてつい数日前。
気弱な地上げ屋の面前に
驚く人物が現れました。

ある不動産業者が・・
これから始める
仕事の打ち合わせのために
気弱な地上げ屋の事務所へやって来ました。
この業者。
昨日今日の付き合いの業者じゃありませんよ。

もう・・
相当長く付き合ってる業者です。
仕事も・・
数本ですが成約した間柄です。

2年ぶりくらいの再会だったので
世間話から入ったのですが・・
自然な成り行きで
ウクライナ問題に話題が移ったときです。

気弱な地上げ屋さん? ウクライナ問題の本質!」
「知ってますか?」
「あれはね。 アメリカが仕組んだものなんです」
ロシアは・・被害者なんですよ!」
「ジェノサイド? ウクライナの・・自作自演です!」

気弱な地上げ屋のリアクションですか?

笑 OMG

こうだった・・
ですかねぇ?

いや!
多分・・
こうだったように・・
記憶しております。 (苦笑)

笑 OMG 21-4

この手の人たち
と言うのは?
欧米嫌い
なのですかね?

それとも?
陰謀論好き?

或いは?
ただ単に?
体のどこかが?
悪いだけ?
なのでしょうか。 (苦笑)

道端に
無惨に打ち捨てられたご遺体は・・
誰かの父であり
母であり、祖母、祖父であったはずです。
どうしてこうしたことが
分からないのでしょうか。
こんなこと・・
「自作自演でヤルわけね~だろ~が!」


何れにせよ・・

笑 帰れ

この人とはこうなった
と言う事だけは
報告させてください。 (笑)

不思議なことですが・・
人間の本質
本性というのは
ふとしたキッカケで
判るものです。

一事を以て、万事を計ることなかれ
と言いますが・・
一事が万事
とも言いますし
神は
細部に宿る

ものです。

この人が・・
衆議院副議長に就任なさったので
昨年末あたりですかね?

海江田 5 悔江田センセ

「来春辺りに・・桜を観る会を」
「衆議院副議長公邸で」
「開催しよう!」

計画し、東京1区・・
選挙区にお住まいの支援者
友人・知己の皆様に
声かけて回りました。

20名くらいの支援者が集まれそうなので
悔江田センセに
ハナシ持って行った処
「分かった」
なんて言うもんですから
てっきり、開催出来るものだと理解し
準備してたら?
年が明けて
いつまで待っても
テンで音沙汰なし。

流石です・・.
悔江田センセ。 (苦笑)

「ナニやってんのよ?」
「桜・・散っちゃうじゃない!」
事務所へネジ込んだら
「もうちょっと・・待ってください」
そんなことこんなやってるうちに・・
すっかり桜は散ってしまいました。 (苦笑)

次回選挙には立候補せず
政治屋引退を予定している
悔江田センセ。
もう支援者の接待など
する必要ないと思ってるのでしょう。

この小事を以てしても・・
どうしてこの人が?
これほどまでに選挙に弱く
政局にも弱いのか?
充分ご理解戴けるエピソード
ですね。 (苦笑)

お次にご紹介する政治屋
参っちゃう人・・です。

玉木 希望

一時の気の迷いとは言え
こんな人物を
「次代のリーダーに!」
などと叫んでたことを
心から恥じております。 (苦笑)

やはり・・
霞が関から
下心満載で政界に出てくる
ような人物は
ロクなもんじゃない
とうことでしょう。

もうずいぶん前のことですが・・(苦笑)
極めてマイナーな (笑)
グルメブログにも
温かい
コメント寄せて戴いたかたですが・・

ご冥福 笑い

と、こういうことです。

自民党へ行けば、楽園が待ってる
こう思ってるのでしょうが
行けば・・判ります。 (笑)

入った途端!
冷たくあしらわれる我が身に
選択の間違い・・
判断の誤りに気付くのでしょうが
気付いたときは?
手遅れ・・ということです。

本日のエントリーは・・
いつにも増して?
愚痴っぽいでしょ? (笑)

何故か?
良いですか、皆さん?
弱ってるときに?
ヘンに強がっても?
良い結果など得られません。

笑 そりゃ そうだ

弱ってるときというのは・・
虎視眈々と
死んだフリしてでも・・
チャンスが訪れるのを
待つべきでなのです。

「でも・・そんな事して待ってたら?」
「ホントに死んじゃうよ!」
グルメブログの場合・・
こうしたかたも
いらっしゃるかもしれません。 (苦笑)

「一人で500万票集められる・・オトコ」 が
神通力を失い

中村喜四郎センセ 2

喜四郎センセが
地元に張り付かねばならない状況の中
次の一手を
どう打つか?

ゼレンスキーさんの手腕を見るまでもありません。
「政治の素人だからダメ」
「政治実績がないからリーダーは務まらない」
こんなことは
迷信です。

ズバリ行きましょう! (笑)
グルメブログの一押しは・・

北尾吉孝さん

このかたです。

「一党独裁的な政権が続くのは望ましくなく」
「日本でも二大政党制が形作れたら」

自民党支持であるにも係わらず
極めて
真っ当なことをおっしゃいますし・・
2009年の政権交代についても
「民主党の体たらくで、その芽は潰え・・大失敗」
ご認識も・・
確かなようです。 (笑)

気弱な地上げ屋
このかたの著作は数冊読んだことございますが
面識はございません。

ただ・・
古株のレギュラーなら覚えていらっしゃるでしょうが
以前開催したお不快の・・
2次会。

笑 1

10名弱の
レギュラーとご一緒に向かった先。

銀座の某クラブで待ち構えていた
某・・大作家のセンセ。 (笑)
彼は
この方とは
20年来の
お付き合いだそうです。

皆さんのご賛同が得られれば?
早速その・・
大作家のセンセに
頼みに行きましょう!

ナニを頼むのかって?
決まってるじゃないですか?
新党結成です!(大笑)

但し、この
北尾さんには
問題点が3つほど・・
ございます。 (苦笑)

まず一つ目は
「口先だけじゃない。 ここ一番で勝負ができる人物」

竹中平蔵

こんなヘンな人が
ベタ褒めしてるということ。
縁起が悪いハナシ・・です。 (苦笑)

そして
次なる問題点は・・
このオトコの
有力な後援者
だということです。

菅 22-1

これは・・
1つ目の問題点と比べると
かなり痛い
ポイントです。

そして3つ目。
最大の問題は・・
この人は

共産党 1

この人達のことが
大嫌い
だということです。

この人達との共闘は
互いの支援者の一部に
強度のアレルギーがあるので
目に見える形での共闘は
互いにとって得策とは言えません。


ではどうするか?
簡単です。
ウラで握れば・・良い
のです。 (笑)

例えて言うと

笑 怒 驚 バカ

プロレスです。 (笑)

北尾さんがその気になれば?
新党結成のスポンサーになることなど
容易いことでしょう。

肝心なのは・・
「厳しい時代を生き抜ける力を身につけたリーダーでなければ!」
「この難しい時代の日本を任せられません!」
この言葉が
どれほど本気か?
ということでしょう。

こちらの
人材の払底は
目を覆うバカりです。

このまま
成り行きに任せていたら?
目を覆うばかりの惨状が
待ち受けているでしょう。 (苦笑)

戦いとは・・
正攻法を用いて敵と対峙し・・
奇策を巡らせ・・
勝つ
ものである

笑 意味 判らない

本日のエンディングは
孫子の兵法から引きました。

立憲は腹を固め!
国民民主とも
そして
連合の一部とも
縁を切った方が良いでしょう。

そうしたほうが
今のズルズルとどっちつかずの状態よりは
有権者の目からすると
よっぽど分かり易いですし
理解も得られると見ております。

野党勢力は
選挙に行かなくなった
2000万人を
投票所に呼び戻す方策を
考えるべきです。

ウクライナには
1日も早く平和な空を
日本には
一刻も早くマトモな政治を
グルメブログの・・
熱い願いです。

政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 気弱な地上げ屋グルメブログウクライナロシアプーチン

「得意なのは、騙しと裏切り。 好きなのは? テロと暗殺さ。 侵攻の狙い? ヒットラーと同じだよ」 ウラギッテミル・プーチン

信用と信頼
グルメブログが言うのもなんですが・・(苦笑)
社会生活する上で
とても重要な要素です。

そして・・
日頃から気弱な地上げ屋
この2つの要素を
とっても大事にしております。 (笑)

笑 オマエが言うな

困難に直面したとき
危機に陥ったとき
どういう行動を取るかで
その人が
どういう人間なのかが・・
判ります。

この処
エントリーの更新どころか
コメントの掲載承認すら
しっかり毎日チェックしてないことから
随分とお叱りを戴いておりますが・・
それには
理由がございます。

かれこれもう
15年以上付き合っている人間から
この度・・
手痛い裏切りに遭ってしまいました。 (苦笑)

具体的には、どういうことかと申しますと・・
一昨年の暮れに
その人物から仕事の依頼を受け
昨春から・・
その仕事をしていたのですが
昨年暮れに突然!
仕事の打ち切りを通告されてしまったのです。

その結果
約定していた残報酬の
請求権を反故にされてしまいました。 (苦笑)

金額?
契約途中で
仕事を取りやめるときの約定報酬は
200万円です。

笑 ガーン

「残報酬と言うからには? 既に受け取ってるカネもあるの?」
その通りです。
昨年初頭に
報酬半金として
300万円受領しております。

相手方の言い分は・・
「オマエには300万払ってる。 この程度の仕事の報酬なんて・・」
「それで充分だ!」

気弱な地上げ屋の言い分は?
「アタシがドジ踏んだってなら判るけど・・」
「そんなワケじゃなく・・単に気に食わないから?」
「約束した報酬払わない?」
「アンタそれで? タダで済むと思ってんの?」
とまぁ・・
こんな調子です。 (苦笑)

普段の気弱な地上げ屋でしたら
こうした大掛かりな仕事を受ける際は
必ず!
万全な契約書を作るのですが
このオトコが・・
「オレはゼッタイにオマエを裏切らない!」
「約束したことは、キッチリ守る!」
3回も確認し
その都度、同じこと言ったので
すっかり信用し
契約書を作成せず
口約束だけで・・
仕事に取り掛かってしまったのです。

・・・失敗しました。 (苦笑)

笑 忘れろ

それでもこのオトコ。
自分に非があることを
承知しているので
「もう少しマケてくれたら・・」
とか
「慰労金なら払うけど?」
なんとか懐柔にかかってきました。

まぁ要するに・・
値切ってきてるワケです。
益々・・
気分の悪いヤツです。

こうした事態に陥ったとき?
最善の選択とは?
相手に
自分が間違っていることを気付かせる
ことでしょう。

早速
昨年の夏頃・・
このオトコに紹介し
その後、3人で一杯やった
弁護士の名前を出し
「××さん? 以前紹介した・・○○弁護士」
「彼に相談してみなよ?」

気弱な地上げ屋さんと・・」
「こんなことでトラブルになってるって」
「どうすりゃ良いか? 教えてくれると思うよ」

笑 説教

ここでこのオトコが
親切な気弱な地上げ屋の助言に
素直に従ってれば?

問題が複雑化する前に
解決することが出来たでしょう。

ところがこのオトコは
気弱な地上げ屋が薦めた
○○弁護士ではなく
悪徳で知られる・・
××弁護士のところへ相談に行ってしまったのです。
救いようのない・・
愚かなオトコです。 (苦笑)

まぁ、こんなオトコと組んでしまった気弱な地上げ屋も
人を見る眼が無かったワケですが・・.
このトラブルは現在
東京地裁で審理が始まっております。

ここで皆さん?
「オマエの災難なんて・・関心ねぇよ」
こんなかたにもお役に立つのが・・
グルメブログです。 (笑)

悪徳弁護士と
そうでない弁護士を
簡単に見分ける方法を
お教えしましょう。

笑 オイオイ 2

弁護士には・・
大きく分けて、3種類の弁護士がいます。

まず、一番多いのが
司法試験には受かったと言うだけで・・
問題解決・紛争解決に
ほとんど役に立たない弁護士。

この手の弁護士に依頼すると?
余程運が良いか・・
相当強い証拠持ってないと・・
損します。

次に多いのが
お金が大好きで、かつ
性格の悪い弁護士。
別名、悪徳弁護士・・とも言います。

優先すべきは
自身の報酬ですので
お金のためなら?
立証されない程度に
平然とウソもつきますし
裁判に勝つためなら?
裁判官も騙しにかかります。

この手の弁護士に引っかかると?
稀に、得することもありますが・・
結局、損することのほうが
多くなります。

最後に
数から言うと最も少ないケースですが
お金は好きだが
正義感もあり
その上、依頼人の利益を最優先に考える弁護士。
気弱な地上げ屋が付き合ってる弁護士は
皆、このカテゴリーに収まる人たちです。 (笑)

ご要望があれば?
喜んでご紹介しますので
遠慮なくお知らせ下さいね。 (大笑)

笑 口先 口だけ

さて、話を戻しましょう。

この悪徳弁護士。
裏切ったヤツに対し
報酬請求書訴訟起こした
気弱な地上げ屋に対し
反訴
して来たのです。

なんと!? 報酬として受領した
300万円を?
「返さんかぃ! ゴラァ!」
返せ・・と言う反訴をしてきたのです。
もう・・
笑っちゃいます。

こんな反訴など・・
認められるはずなど・・ありません。
弁護士なら?
そんなことは百も承知の筈。
ではなぜ、損な無駄なことをしたのか?
理由は簡単。
悪徳弁護士・・だからです。 (笑)

笑 こける ひっくり返る

提訴された、被告側の弁護士が
原告に対し、反訴する
ということは?
その訴訟に
勝っても?
負けても?
どちらにしても?
経時的利益に対する
成功報酬が得られるのです。

だって、そうでしょ?
訴えられたほうで負ける
ということは?
訴えたほう・・つまり反訴の方で
勝つ・・ということ。

悪徳弁護士は
こうして
勝っても負けても成功報酬を発生させ
依頼人から
毟り取るワケです。 (笑)

それにしましても・・
まったく参っちゃいます。
これで
通算・・11回目の裁判です。 (苦笑)

笑 やっちまった

どうしてこう・・
気弱な地上げ屋の身の回りには
揉め事が
多いのでしょうかね。

まぁ・・
スジを通すときは
キッチリ白黒けじめをつける性分
ですので
揉め始めると?
このように・・
酷いことになるワケです。

さて!
裏切り・・
揉め事・・
そして・・
揉め始めると?
酷いことになっちゃう
と言いますと・・

プーチン 4

今、この人から
目が離せません。

ウクライナにある
射撃練習場では
射撃の的として
絶大な人気を誇る
ウラギッテミルプーチンです。

本日は
この紛争終結のカギを握る
とも言われる
中国。

駐日中国大使館に放つ!
草の者に
ご登場戴きます。

笑 またかよ

この草の者。
知り合って以来、お付き合いは
6年ほどになりますが
この6年間ずぅ~っと・・
元麻布にある大使館勤務で、
領事館の経験はまったくありません。

通常、6年も駐在してると?
その間、1~2年は
日本各地の領事館へ飛ばすのですが
一貫しての大使館勤務。

「アタシなんて、大使館の門番ですよ」
こんなヘンな日本語使って
謙遜してますが
安全保障問題への深い造詣を聞くと
単なる門番などではなく
情報管理部門の
高位の職席であることが
伺えます。 (笑)

笑 聞き耳

それでは!
人民解放軍参謀2部に放つ!
ではなく (笑)
中国大使館に放つ!
草の者に
今回のウクライナ紛争について
お聞きしましょう。

「今回のウクライナ侵攻?」
プーチンさん・・だいぶ分が悪いアルヨ」
「ナニ? 普通に話せって? 判ったよ」

「戦争って言うのはね? 始め方より」
「終わらせ方のほうが・・よっぽど難しい」

「世界中から非難や制裁受けることは」
「覚悟してた・・だろうけど」
「相当誤算もあるだろう」

驚 驚愕 オイオイ 笑

「ロシア国内での、市民生活への悪影響が」
「想定以上だから」
「この状況を・・3ヶ月以上続けるのは」
「無理だと思うよ」
「どこかで・・幕引き図るしかない」

「特に、プーチンさんにとって誤算だったのは」
「スイス銀行が、金融制裁に加わったことじゃないの」

「今回、スイス銀行がロシアに課した」
「資産凍結の総額は・・」
「約17兆円にも及ぶ」
「全部、ロシア指導部などの個人資産だよ?」

「スイス銀行は、詳細まで明かしてないが」
「17兆円のうち、プーチンさんの個人資産は」
「9兆円くらいあるだろう」

驚 笑 オイオイ

「大きいよね?」
「と言うか・・大き過ぎるだろ?」
「精神状態がおかしくなるのは・・」
「当然なんじゃないの?」

「その上、軍事作戦も」
「当初の作戦通りに進んでないことは」
「軍事専門家でなくても判るハナシ」

「気化爆弾まで使い出したってことで」
「ロシアの焦りは歴然だよ」

「この分じゃ、下手すりゃ?」
「得意の」
「生物化学兵器だって」
「使いかねないよ」

「米英始め、世界中の情報機関が」
「必死に分析してるのが」
プーチンさんの精神状態」
「海外個人資産の大半を凍結されて? じゃないよ」

文句あんの 笑

「上手くいくと信じてた軍事作戦が」
「上手く行ってない」

「もしかすると彼は?」
「流石に核攻撃はしないだろうけど」
「それと同じ効果」
「どういうことか?」

ウクライナ国内の原発などから」
「故意に放射能漏れを起こして」
ウクライナを核汚染してしまおうってこと」
「そうすれば? 半永久的に緩衝地帯が作れるでしょ」

プーチン 3

「恐ろしいことに」
「これが、冗談じゃ済まないところに」
「彼の狂気が見える・・ということ」

故意に核汚染を?
もう・・
狂ってるとしか
言いようがありません。

笑 その通り

奮闘する
ゼレンスキーさんを見ていて感じたのは
まったく政治経験が無くても?
政治家になる前
まったく異なる職業に就いてたとしても?

才能と
ヤル気と
根性さえあれば?
立派に政治は出来るってこと
です。

低迷する野党陣営と
ほとんど期待が持てない・・

泉健太 2

この人。 (苦笑)

参院選で終わり
ってことは
ほとんど見えてますが・・
「野党でいいや」
この人始め、
こうした考えの議員が大勢いる
野党陣営から
希望の光を
見出だせる人の出現を期待するのは
至難の技です。

政治とは無縁の世界からでも
才能とヤル気
そして、腹の据わった
根性のある人を押し立てたほうが
結局近道かもしれませんょ。 (笑)

推薦したい人がもしいたら?
ウラでもメールでも結構ですので
お名前を教えて下さい。
あらゆる手段を使って
アプローチ致します!(大笑)

笑 33-5 嘘だろ ホント

グルメブログは今後
プーチンを
まったく信用しませんし
一切、支持することはありません。

一日も早く、ウクライナ
平和な日々が・・

ウクライナ ゼレンスキー大統領

戻ってくることを・・
切に願うより
他にございません。


政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 気弱な地上げ屋グルメブログウクライナプーチン

「ステイホームなんて不要です。 岸田に相談したかって? 政府はね・・ボクらの言う通りしてりゃ良いんですよ」 尾身しょげる

新型コロナウィルス
オミクロン株の蔓延が収まらないなか
皆様、いかがお過ごしでしょうか。
気弱な地上げ屋

昔から・・
憎まれっ子・・ナントカって?
申しますでしょ?
至って・・
現金です。 (笑)

少し前に
tweetもしたのですが・・
気弱な地上げ屋は相変わらず
電車に乗るとき
自分の乗車位置付近の窓が開いていないと?
すぐさま開けちゃうのですが

笑 またかよ

この半年間。
電車内で
窓を開けてる人を見たのは?

たったの・・
1回だけです。

毎日最低でも
2回は電車に乗ってて?
これですよ? (苦笑)

窓開けてる人・・
見たことが無い
どころか・・
窓開けてる
気弱な地上げ屋を見て?
「ナニやってんの? アンタ?」

笑 白い目

こんな目で見られちゃうことすら!
ございます。 (苦笑)

皆さん? この後・・
草の者にも伝えてもらいますが
換気の重要性
これには
最新の注意を
払うべきでしょう。

充分な換気環境の整っている中では
仮に同室内に
ウィルスキャリアがいて
ウィルスを拡散させていたとしても?

感染リスクは
最小限に抑えられます。

そんななか・・
こうした考えとは
真逆のお考えのかたが
騒動を
引き起こしたようです。

搭乗する飛行機の機内で
マスクをせず
機内から降ろされちゃった
谷本誠一さんです。

谷本誠一

以前にも
似たようなことした人が居ましたが・・
あの人は?

その後
別件の微罪で?
逮捕されちゃったのでしたっけ?(笑)

今回、谷本センセの
マスク拒否が
全国的なニュースになっちゃったのは
谷本センセが
広島県呉市の
市議会議員であること。

そして・・
この案内にもある通り
新型コロナウィルス パンデミックなど存在しない!
政府もマスゴミも!
ユダヤ金融資本に操られている!

これら毒得の・・(笑)
見解を拡めるため
全国各地を
講演して回っていたことが
騒動を大きくしたようです。

今回の騒動も
北海道講演の
帰り道での出来事だったようです。

一定程度の需要があるのですね?
こうした
毒得の見解にも。 (笑)

因みに、この谷本センセ。
選挙には滅法強く
もう6期も!?
市会議員を
お務めなのだそうです。

これは
グルメブログが言うのもなんですが・・
ウソのような
ホントの話で
谷本センセは

中川秀直センセ

元はと言うと
このかたの子分で
中川後援会をしっかり引き継いだ
ということのようです。

グルメブログとは
まったく話が合いそうに無い
谷本センセですが
一点だけ。 (笑)

政府は、危険なワクチンを接種している
少しだけ
似た考えをお持ちのようです。 (苦笑)

まぁグルメブログのほうは
危険とまでは・・
主張しておりません。
安全性の確証がない
こう申し上げてる
ワケですね。 (笑)

笑 違うだろ

さて、皆さん・・。

皆さんは?
専門家とは?
どのような人たちのことだと?
お考えでしょうか?

非常に狭い分野において
ありとあらゆる失敗を
重ねてきた人物のことである


有名な
ニールス・ボーアの言葉もございますし
貴方の知らないことには?
やたらと詳しく
貴方の知ってることは
何も知らない人のこと
との表現も
ございます。

そのどちらも
このかたについては
的確な表現だと
言えるかも?
知れません。

尾身クロン 1

気弱な地上げ屋が暮らすマンションには
様々な分野のスペシャリストが
お住まいですが
その中のお一人。

グルメブログにも
度々ご登場戴いております
都内基幹病院の最高幹部。

気弱な地上げ屋のワイン友達でもある彼と
先日、最寄り駅までご一緒しましたので
その時お聞きした話を
ご紹介しましょう。

それでは行きます。 (笑)
都内拠点病院に放つ!
草の者が・・
お伝えします。

尾身クロン 2

「尾身先生? 酷いねぇ・・」
「ステイホームは必要ない・・なんて」
「経済優先という・・政府方針の代弁者だろ? あれじゃ」

「そもそも、みなし陽性ってなんだよ?」
「いくら検査キットが不足してるからって」
「検査しないで?」
「熱がある? じゃああなたは・・」
「コロナに感染してますよって診断下すの?」

笑 1029

「厚労省の登録システム変えるのが先だろ?」
「みなし陽性診断された人は・・」
「公的支援受けられないんだよ?」
「システム変更した後で発表するのが当然じゃない?」

「東京の重症者病棟の使用率がまだ25%程度?」
「7割以上の病床が空いてるって言いたいの?」
「東京都基準の重症者ってのはね?」
「もう瀕死の状態の患者さんなのよ?」

「もう小池さんも」
「数字で、都民誤解させるのは」
「やめた方が良いよ!」

小池 42

「日本の病床数は、世界でもトップクラス?」
「これも誤解を招く数字だよ」

「確かに、ベッドの数だけ比べりゃ?」
「世界でもトップだよ」
「人口あたりの医師の数も」
「主要各国と変わらない」
「但し、決定的に違う点があるんだ」

「病床数に対する医師の数だよ」

「これを比べると一目瞭然」
「イギリスやアメリカの9分の1程度」
「つまり・・」
「無駄にベッドだけが多いってこと」

「ベッドだけあったって?」
「治療出来るスタッフがいなきゃ?」
「患者さんは、ただ寝てるだけだろ?」

笑 大丈夫

「ワクチン?」
「アンタなに? 打ってないの?」
「まぁ気持ちは判るよ」

「ボクらは・・半ば強制だからね」
「3回目打ったよ」
「だけどね、本音言うと・・」
「あんなワクチン・・打ちたくないよ」

「効き目?」
「効果は確かにあるよ」
「重症化を防ぐ効果は、ほぼ間違いなくある」

「だた問題だと思うのは」
「このワクチンには、発症抑制効果もあるでしょ?」
「これって? 感染しても発症しない」
「つまり、無症状感染者ってことなのよ?」

「この無症状感染者が」
「街中でウィルス拡散させてる結果」
「だと思うよ。 オミクロンの世界的パンデミックは」
「誰だって・・」
「体調悪きゃ? 外出しないだろ?」

「ワクチンについてはね」
「11歳以下に・・」
「接種させるのは」
「ボクは断固反対だね」

「19歳以下への接種だって」
「重篤な副作用が400人近く出たし」
「接種後の死亡者も・・少なくとも5人は出てる」

笑 なんじゃ こりゃ

「厚労省は・・」
「ワクチン接種との関連が評価出来ない」
「なんて発表してるけど」
「誤魔化しもいいところだよ」
「わかりません・・って意味なんだよ、これって」

「効果が期待されるから接種する」
「なんて言ってるけど」
「安全性を証明してから・・言うべきだろ?」

「本当のこと言うとね」
「この病気は」
「多くの人が感染し」
「集団免疫が出来るまで収まらない」

「これまで人類が経験したウィルス感染症で」
「収束しなかった感染症は無い」
「多くの犠牲者が出たが、スペイン風邪だってそうだし」
「SARSやMARSだって収束した」

ボリス ジョンソン

「この人がやってるコロナ対策?」

「コロナ対応を順次止めましょって言ってるのでしょ?」
「集団免疫つけて、弱毒化させようってこと」

「でもあの人のやってることは」
「コロナに耐えられない・・」
「弱者や高齢者は・・」
「お亡くなりになっても仕方ありませんよ」
「こういうことだよ」


笑 バカ

「アンタが発症しちゃったら?」
「ウチの病院に?」
「入れてあげられるかは・・約束出来ないよ」

「症状が軽かったら?」
「自宅で、自分で直したほうが良い」

「こまめに水分補給し」
「食べられるときは、なるべく栄養価の高いものを食べ」
「部屋の換気は勿論」
「家全体も寒過ぎるくらいに換気をすること!」

「必ず発熱するから」
「5日経っても熱が下がらないときは」
「市販の解熱剤でも良いから、飲むこと」
「まぁお大事にね」

なるほど 笑

もしかしたら?
今回のコロナ禍は・・
国民の生命と財産を守る。
こうした
当たり前のことが
出来る政府を選ばないと・・
自分自身や周りの人々の
生命と財産さえも失いかねない。

そんな教訓を・・
私達に
与えてくれているのかも・・
知れません。

皆さん、くれぐれも・・
この災難を乗り切って下さいね!

政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 新型コロナウィルスオミクロン株気弱な地上げ屋グルメブログ

「国民民主との合流? 互いに損得勘定合うからよ。 新党名? 国民バースト&連合・・なんて、どうかしら?ホホホ」 小池百合子

本日は・・
2022年初のエントリーです。
皆様・・
本年も宜しく
イジくって戴けますよう (笑)

お詫び

伏してお願い・・
申し上げます。 (大笑)

さて
2022年最初のエントリー
ツカミに何を持ってくるか?

3秒位考えましたが・・(笑)
グルめ! ブログと言えば・・?
やはり・・

ワイン ソムリエ

ワインでしょう? (笑)

実は・・
昨年末。

もう随分長く
お付き合い戴いている
古株の (失礼!)
レギュラーが
グルメなお品物を届けて下さり
「合わせるワインは? どれにしようか?」

笑 1029

ワインより
ワインのほうが合うお品物だったものですから・・
「これは! 来年の運気を占う上でも?」

「今まで呑んだことの無いワインを試そう!」
ということで・・
出入りの酒屋に
「今までアタシに売ったことの無い」
「とびっきりの白ワイン!」
「探してちょーだい」

「但~し!」
「3,000円でお釣りが来るようにね!」

アンタ 迷惑 笑 評判悪

酒屋も・・
参っちゃうでしょうね
気弱な地上げ屋のような客には。 (笑)

何社か
インポーターに掛け合ったそうです。

「うるさい客なんですよ」
「臭いくらいにスモーキーなシャルドネが好みなんですって」
「臭いワインなんて・・普通飲めませんよね」
「でもヘンなワイン出そうものなら?」
「ナニされるか分からないんで・・」
「なんとか好みに合うワイン」
「出してもらえませんかね?」

「3000円未満で・・」

まぁ
こんなやり取りがあったかどうかは
知りませんが (笑)
出てきたワインが・・
これ。

ナーリー・ヘッド ”スコッチ・バレル” シャルドネ カリフォルニア

ナーリーヘッド スコッチバレル シャルドネ カリフォルニア
です。

シャルドネが88%。
シュナンブランが9%。
そしてなぜか?
ブドウ品種が明らかでない(苦笑)
ワケの分からないブドウを
3%ほど使っています。
日本で言うところの・・
隠し味
ってヤツなのでしょう。 (笑)

アルコール濃度は・・
14.5%。
アル中の皆さんにとっては
堪えられない数字ですね? (笑)

数年前のエントリーでもご紹介してますが
このワインを生産している
デリカートファミリーはこれまで
USワイン生産者・オブ・ザ・イヤーに・・
3回!
アメリカンワイナリー・オブ・ザ・イヤーにも・・
3回選ばれた
アメリカでも指折りの
トップヴィンヤードです。

笑 パチパチ 拍手

テイスティンノートは・・
香りは・・キャラメル?
いや、蜂蜜のような濃厚な甘み
トーストしたアーモンドの香ばしさも
感じます。

そして何より
このワインの最大の特徴は?
フレンチオークでの
12ヶ月熟成の後の2ヶ月間
スコッチ樽で熟成させることです。

この製法により
スコッチ由来の複雑な風味と共に
フレンチオークのニュアンスも感じる
力強く・・
濃厚なシャルドネに仕上がってます。

スコッチ樽の
鼻に突き刺すような
スモーキーな香りが・・
舌で味わう前の貴方を・・
酔わせることでしょう。

もうこれだけ読まされると?
アル中の皆さん?
我慢出来ないでしょ?(笑)

笑 最高だぜ

この白ワインは
白ワインがお好きでない人にも
是非お試し戴きたい逸品です。

このワインを
一言で表現するとしたら?
全盛期のコント・ラ・フォンが作った・・
失敗作

と言えます。 (笑)

えっ?
意味が分からない?
グルメブログはですね?
深いんですよ!(大笑)

ブルゴーニュの巨匠からすると
失敗作でも?
世間の評価からすると?
良い出来であり
失敗作には?
高値は付けられないでしょ?

つまり・・
最高のコスパワイン
ということです!

笑 なに言ってんの

因みに、この
デリカートファミリーが作る
赤ワインの代表作。

何年か前の
グルメブログでもご紹介しております・・
ナーリーヘッド・ジンファンデル

このワインは
ここ10年以上に渡り
アメリカ国内 銘柄別ワイン販売本数で
常にトップ5に入る
実力派です。

笑 GJ グッジョブ 良くやった

気弱な地上げ屋のセラーには
常に常備されている
これまた
正真正銘の
コスパワインです。

まだお試しになったことがないかたは
是非!
お試しになることを
お勧めします。

いやぁ本日のツカミは・・
何年かぶりに
バッチリ決まりましたね。 (笑)

バッチリ決まる・・
と言えば?
この人達が
またくっつくとか?
くっつかないとか?

玉木 希望エゴユリ 小池 百合子

気を揉んでる人が
いるそうですが・・
本当に?
気になるのですか? (笑)

気弱な地上げ屋なんて・・
気になるどころか
最近知って
大笑いしちゃったのですが (大笑)
永田町じゃ
今一番の
トピックス
だそうです。 (苦笑)

それではここで・・
国民民主党の・・
唯一!(笑)
最大の支持母体である
連合傘下
連合東京に放つ!
草の者に
ご登場戴きましょう。

「国民とトイチの合流?」
「どうなるのかねぇ?」
「お互い計算高い・・」

「罪務省でカネ勘定してたニイチャンと・・」
「三度のメシよりお金が大好きっていう・・バアサンだからね」

エゴユリ2 小池 百合子

「希望の党の時みたいに?」
「くっついた途端バーン!と瓦解したり」
「くっつく前に壊れちゃうことだって」
「あると思うよ」

「そもそも参院選で統一候補擁立なんて言ったって」
「出せるのは・・東京だけ」
「線香花火に終わる可能性が」
「高いんじゃない?」

「そんなことより・・」
「オタクら立憲も・・大変だよね」

「正月明けに、日暮里のホテルラングウッドで行われた」
「連合主催の新年交歓会での一幕」
「聞いてる?」

岸田センセ 2

「このひとには・・」
「壇上で挨拶させたのに?」

「泉も玉木も」
「紹介しただけで、マイク持たせなかった」
「しかもだよ?」
「挨拶の内容が凄い」

「来たる参院選は大変重要な選挙」
「与党にも・・」
「貴重なご理解とご協力を賜りますよう!」
「心からお願い申し上げる」


「会場のあちこちで」
「皆ズッコケてたよ」

「玉木は、嬉しそうに岸田さんと握手してたけど」
「可哀想に・・泉は」
「顔が引きつってたね」

「それもこれも・・」
「あのオバサンのせいだよ」

連合 芳野友子会長

「随分と・・昔の写真だな」
「まったく・・運の良いオバサンだよ」

「高校出た後、ミシン会社に就職して」
「倉庫番として働いてたのが」

「当時の上司が」
「とっても嫌なヤツで」
「そのことを別の上司に相談したら」
「組合専従に引き抜かれちゃった」

「そのイヤな上司ってのがねぇ」
「共産党のシンパだったことが」
「今でも尾を引いてんだろうね」
「共産党の共の字聞いただけで?」
「青筋立てちゃう」

「でも表向き・・感じの良い人だよ」
「連合東京にいた時」
「何度か呑んだことがあるけど」
「酒は滅法強いし・・」
「付き合いも良い」

「俺は経験無いけど・・」
「友子ってことで・・」
「お供ちゃん・・こうあだ名が付いてた」
「なんでも・・最後までお供する」
「そういう意味らしいよ」

笑 忘れろ

「今回の会長昇格だって」
「棚ぼた・・だよね」

「既定路線で言ったら?」
「事務局長だった・・相原さんでしょ?」
「でも相原さんは、出身の自動車総連に反対されちゃってボツ」
「自動車総連に・・横槍入れさせたのは?」
「官邸筋・・らしいよ」

「これ見てビビッたんだろうね」
UAゼンセンの松浦さん」
「運輸労連の難波さん」
「ご両人とも逃げちゃって」

「結局、期限までに決められなかったでしょ」
「こんなこと・・連合始まって以来」
「初めてのことだよ」

「就任以来・・」
「泉や玉木に会う回数より」
「官邸や自民党本部に出向く回数のほうが」
「多いんじゃないの?」

「泉もしっかり性根据えてかからないと」
「結局どっちつかずで・・」
「野党全滅ってことにも」
「なりかねないよね」

「そんなことになったら?」
「結局そのツケは? 国民に返ってきちゃうワケだから」
「地上げ屋サン? アンタも戦略見直したほうが・・」
「良いんじゃないの?」

笑 22 いい加減に

「今の政治家は・・小粒になった」
「小物が多いよね」

こうした声をよく耳にします。
しかし
グルメブログが考える処・・
今の
主だった政治家に最も足りないのは?
それは・・
覚悟

だと思いますよ。

泉も・・
もうどうせ
参院選で負けたら・・
サヨナラなんですから

泉健太

覚悟決めて
連合に
分裂働きかける
くらいの仕掛けしたほうが
良いと思いますよ。

旧同盟系労組で
自民党に尻尾振りたいところだって
あからさまに
自民党色べったりになったら?
困るのは
向こうの方です。

自民党と
対決してるフリして?
尻尾振り続ける
のが、彼らにとっての
理想的な労働運動。 (笑)

自民党べったりが
バレたりしたら?
脱退する組合員は
続出するでしょう。

笑 39 その通り

政治家として
「この国をこうしたい!」
「暮らしやすい国造りのために・・こう導きたい!」
揺るぎない理念が無いから
覚悟を決められないのです。

正月休みは
ゆっくり考える時間があったのですが
当面・・目先の?
選挙に勝つこと
考えるより?

この・・
しっかりとした
揺るぎない覚悟を持った政治家を一から作る
或いは・・
揺るぎない覚悟を持った政治家に・・
生まれ変わってもらう
このほうが
「結局のところ・・近道なんじゃないの?」
考えてたのですが・・
どうでしょうかね?
この考えは。 (笑)

政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 気弱な地上げ屋グルメブログコスパワインワイン

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ