FC2ブログ

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

「年金? 破綻してますよ。 100年安心詐欺? そんなホントのこと・・選挙前に言う麻生、いやアホいるんですか?」 二階幹事長

過ぎたるは・・
なお及ばざるが如し

言わずと知れた・・
論語の教えです。 (笑)

笑 最高 11

ナニをするにも・・
やり過ぎたり、行き過ぎたリするくらいなら?
むしろ不足してたり
不満足な状態と変わらない。

過度になるくらいなら?
控えめにしたほうが
かえって良い。

こうした暗示が込められている・・。
こう
解釈する人もいらっしゃいます。

何で、この教えを思い出したのかと申しますと・・
今朝、地上波で見てたニュースの合間に見せられたCM。
BMWの新型車のコマーシャルです。

ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能

こう呼ぶのですか?
ハンドルから手を離しても
車が自動運転してくれる。

「随分とテクノロジーが進歩したなぁ・・」
こんなクルマがあったら?
本読みながら、クルマが目的地まで連れてってくれるし・・
ルームラミラーずらして、髭も剃れる。
そう思って見てたら・・
笑っちゃいました。

"絶えず前方に注意してください"
"直ちにハンドル操作ができる状態を保ってください"

何のことありません。
ハンドルから少し手を離しても車は動く。
だけど、
直ぐにハンドル操作が出来る状態保ってね。
その上、前方は・・
常に見ていること。

笑 また

こんなことするくらいなら?
自分で運転したほうが
楽なんじゃないですか? (苦笑)

車両販売価格に
ほとんど上乗せされないのなら?
まぁ付いていても
良いかも知れませんが
こんな機能でも、
20万くらいは上乗せしてくるのでしょう?
要りませんね、こんな機能。

笑 ばれたか

まったく余計な・・
機能です。

常日頃から
言わなきゃ良いようなことを
クチにし・・
「何でそんなことするの?」
慌てふためくと・・
思いもよらぬ
奇抜な行動をとる。

バカなんですか?

p1_201906141535495a2.jpg

いいえ・・
アホぅです!
で御馴染みの・・このかた。 (笑)

初出馬したときの
「下々の皆さんっ!」
以来、延々と続く伝統芸。

自民党が下野した2009年総選挙では
「自民党の誤算は・・」
こう言おうとして・・
「自民党のご破算は!」
満座の前で、
堂々と言ってのけたのは
ご記憶に新しいでしょう。

正直者はバカを見る
この言葉は・・
この人を見た正直者が
発した言葉。

笑 なるほど

九州地方の一部では
まことしやかに・・
伝えられております。 (大笑)

さて、このたびの・・
老後は、2000万円用意してね・・発言。

もしかすると・・?
眠れる有権者を
叩き起こしてくれた・・。
かも知れません。 (大笑)

それでは、本日は・・
金融審議会事務局に放つ!
草の者に
ご登場戴きましょう! (笑)

笑 なんとか

「金融審議会の報告書が公的年金制度の破綻を認めた?」

「少子高齢化や非正規雇用の増加で、将来的に・・」
「現在の給付水準での年金支給が困難になることが予想されるので」
「そうなった場合に国民に自助を求める」

「こうした内容だよ。 これの何が問題なのよ?」

笑 ダメ 無理

「そもそも、前回5年前に出した財政検証の見通しが・・」
「甘かったんだよ!」

「平均寿命まで生きれば?」
「生涯収支で払い損は出ないって内容でしょ」
「ホントはね。 8つ出したシュミレーションのうち・・」
「最悪の試算。 ケースHだよ」

「2055年には、積立金が枯渇し、以降、所得代替率を・・」
「35%にしなければ?」
年金制度を維持出来ない」

「ケースHが最も可能性高いシュミレーションなのに?」
「ほとんどあり得ない・・みたいな説明しちゃった」

笑 判ってるが、オレには出来ない 19

「だいたいね。 モデル世帯の設定がおかしいんだよ」
「終身雇用のサラリーマンの夫と・・専業主婦?」
「いまどき、働いていない奥さんなんて? いるかよ?」

「試算根拠となる数値予測だって・・」
「経済成長率は勿論。 物価上昇率や・・賃金上昇率だって」
「どの試算根拠も・・現実には、あり得ない数字」

「あり得ない数値で試算する理由?」
「結論から逆算して・・」
「つじつま合わせてるからに決まってるでしょ」

笑 怒 23

「あり得ない数値を前提にしなきゃ?」
「生涯収支がプラスにならないってことは?」

「妥当な数値使って試算しちゃうと?」
「収支がマイナスになるってこと」

笑 何だと

「もうね? 現役世代の保険料を上げたうえで」
「受給世代の年金支給額を減らす」
「今後、年金制度を維持するには・・」
「これしか解決方法ないんだよ」

「ヘンな学者が適当なこと言ってるでしょ?」
「20年後には、現在の給付水準の2割減になる?」
「とんでもないよ! 現在の運用状況が続く場合・・」

日銀 黒田 4

「早けりゃ、10年後にも2割カットせざるを得ない」

「財政検証の発表?」
「いつでも発表出来るんだよ」

「再検証してるなんて言ってるけど・・」
「もう何十回も再計算して再検証繰り返してる」

「もうこの期に及んだら・・」
「政府も国民に本当のことを伝えるべきだよ」

年金だけでは・・」
老後は、満足な生活水準を満たせない。 このことをね」

「こんな状態続けてたら・・」
「政府が年金破綻のシュミレーションを隠してる」
「野党に攻め立てられて」
2008年参院選の・・二の前になるよ

さぁいよいよ!
参院選の火蓋が切られます。

阿呆センセの・・

麻生 6

ひん曲がった口から
発せられた爆弾により
目が覚めた有権者も
大勢いるでしょう。

「あれがダメだ!」
「これがダメだ!」
野党陣営も
政府批判を繰り返すばかりでは・・
選挙に勝利することは出来ません。

野党陣営が・・
公約に付け加えるべきは・・
まず、国会のケジメとして
議員年金の即時廃止
これを打ち出すべきです。

笑 パチパチ 拍手

そのうえで・・
公的年金制度は
何れ近い将来破綻する!


このことを
明確に国民に知らせた上で
破綻に至らしめた
霞ヶ関や
このオトコに・・

日銀 黒田はクロだ

キッチリと!
明確な責任をとらせること。
これも約束すべきです。

例えば霞ヶ関などは
現在の各省庁の規模を
一律半分にすべきです。

そのなことが出来るのかって?
考えても見てください?

人口はどんどん減って行くのに?
各省庁の規模は
高度成長期と同じって?
おかしいと思いませんか?

笑 その通り そう思う 3

人口減少に合わせて
省庁の規模も
縮小すべきです。

あのオトコたちへの責任の取らせ方?
手が後ろに廻らないことには
国民の怒りを静めることは
出来ないでしょう。

そのうえで・・
ホントにやるかどうかは別として・・(笑)
私財没収も可能なように
法改正すべきです。
法で定められるだけで・・
役人という人種は
震え上がります。 (大笑)

笑 やっちまった

そして、更に大事なことは
野党勢力が
新年金安心プランを
速やかに策定し、
国民に示すこと
です。

この国の
多くの人達は
自分の懐に影響することには
敏感に
素早く反応します。 (苦笑)

この機を逸してはいけません。
ワーワー騒ぐだけでは
参院選に勝利することなど
不可能です。

公的年金を廃止して
ベーシックインカムを導入し、
同時に
霞ヶ関が半分になるくらいの
大改革の青写真を
国民に示す
のです。

これは・・
明治維新以来の
大改革に
なりますよ。 (笑)

笑 3-98

重苦しい・・
閉塞感が支配する
今のニッポン。
打開するには?
人々の気分や
考え方を
一新するよりほか
ございません!

社会の姿を
一新する・・
このプラン。
多分・・
多くの国民・・
特に若い世代は
支持してくれる
はずです。

お年寄りが多い
グルメブログのレギュラーは?
「オレたちゃどうすりゃ良いんだ!?」
おっしゃるかも知れませんが・・(笑)
大丈夫!
気弱な地上げ屋に・・
任せてください!(大笑)

政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 気弱な地上げ屋 グルメブログ 年金 麻生

「不信任案出せば解散? やりましょう! ボクも考え改めました。 野党間選挙協力実現し・・一気に、政権交代します!」 枝野幸男

本人、自覚は
まったく無いのですが・・
人から言われることが多いのが・・
「地上げ屋さん? アンタって? 人の好き嫌いが・・激しいよね?」

笑 キョロキョロ

これは、
1人や2人から言われたのではなく・・
かなり大勢の人から
いろんな場面で
言われてることなので
多分・・
その通りなのでしょう。 (苦笑)

なぜこうも?
簡単に理解されちゃうのでしょうか?
理由は簡単です。

口調や態度に・・
モロに出ちゃうから・・
に、ほかなりません。 (笑)

とっても素直で
直ぐに感情を露見させちゃう
気弱な地上げ屋に対して・・
ナニ言うにも
仏頂面。

笑顔なんて見せるのは?
その辺の子供達から
「あっ! 令和おじさんだ!」

菅 作者 ハマープロさん <アイコラ提供; © ハマープロ>

こんなときくらいな・・
このオトコ。

「これまで以上に・・丁寧な説明に心掛けたい」
「充分、説明を尽くしたい」
こう言った先から・・
「アナタの質問には答えません!」
平然と言ってのける。

典型的な・・
言行不一致です。 (苦笑)

気弱な地上げ屋が最も嫌うタイプが、
この・・
言ってることと・・
やってることが
真逆な人間
です。

笑 越後屋 2

もうだいぶ以前の
エントリー。

ツカミネタに
書いた事がありますが
グルメブログのレギュラーは
年寄りが多いので・・
皆さん、
忘れちゃってるでしょう?

お詫び

街宣右翼をおちょくった・・
あのツカミです。 (笑)

新宿駅の
西口で待ち合わせをしてる時。
少し早く、
待ち合わせ場所に着いたので
右翼の街宣を眺めてました。

「いい加減なこと言ってやがるぜ」
こう思って、笑ってたら?
演説に共感して
微笑んでると
勘違いされちゃったようで・・(苦笑)

笑い2

街宣終わり、引揚げるため
片付け始めた右翼少年が
ツカツカと近づいてきて・・
「熱心に聴いてくださり有難うございました!」

皆さん、ご承知のとおり・・
コッチは別に・・
熱心に
聞き入ってたワケではございません。

単に、待ち合わせ場所で、
時間潰しするために
立ってただけなのですが・・
まぁ良いでしょう。 (笑)

更に微笑んで見てると、
今度は・・
「何か質問がおありで・・ありますですかっ?」
妙な日本語で尋ねてきました。 (苦笑)

あまり、
学校で勉強しなかったせいでしょう。

笑 12 どうなってんの

無理に敬語使おうとすると?
こうした
妙な日本語に
なっちゃうのですね。 (苦笑)

でも折角なので、
尋ねてみました。
「質問ってほどのことはないけどね」
「さっきから北方領土奪還叫んでたじゃない?」

「そうでありますですっ!」
また、妙な日本で返してきました。
無視して、先に進めましょう。(笑)

「アタシが聞きたいのはね?」
北方領土奪還を叫ぶ貴方がたが?」
「何で、奪還しに行かないのかってことなのよ?」

「歯舞群島までは・・4キロくらいしか距離ないのよ?」
「波が穏やかな夏だったら?」
「手漕ぎボートでも・・渡れる距離じゃない?」

笑 その通り 2

この質問に
その少年右翼は
かなり驚いた様子でしたが・・
気弱な地上げ屋が驚いたのは
その少年右翼の回答でした。

「そんなことをしたら・・」
「ソビエトと戦争になってしまうではありませんか!?」

何のことありません。
北方領土奪還だなんて
勇ましいこと叫んでる連中のホンネは
「ワタシ以外の誰かが奪還してね」
こういうことなのですね。 (苦笑)

そもそもが、この国の
自称愛国者達は
勘違いしています。

ソ連が、相互不可侵条約を突如破棄して
北方領土を
不法占拠したことを
彼らは、問題視してます。

事実関係は、
それで間違いございませんが・・

笑 21-3

問題は、
どうしてソ連がそのような行動に出たのか
ってこと。

ソ連に対し、
対日参戦を
執拗に迫ったのは?
アメリカですよ。

日露戦争で、
日本に奪われた
南樺太と千島列島を
ソ連が領土化しても
アメリカは黙認する。
だから、ソビエトは・・
対日参戦して欲しい。

ポツダムでの会談で、
こうした密約があったことが
アメリカ公文書館の資料で
明らかになっています。

つまり、簡単に申し上げれば?
北方領土問題が
こじれるキッカケを作ったのは・・?
アメリカなワケです。

そして、この右翼と
似たようなことやって
大恥かいたのが

丸山穂高

このオトコなわけでして・・
気弱な地上げ屋
極右を忌み嫌う理由の一つがこの
言行の不一致
なワケです。

この人の場合は・・
言行不一致?

この一言では
充分とは
言えないでしょう。 (苦笑)

トランプ5

つい先頃には
支持者を繋ぎとめるための
目玉政策。
中東和平プロセスについて。

トランプの前に出ると?
YESサー以外の英語を忘れちゃう。
NYTに、こう笑われてる
ポンペオ国務長官にまで
「実現性はまったくない」
断言されちゃって
まったく・・
お気の毒なことです。 (笑)

米中貿易戦争にしても・・
何の成果もあげられないまま
手打ちに
持ち込まれるでしょう。

なぜ なんでだろう 笑

そもそもこのオトコは
中国という国への理解が
まったく足りません。

ファーウェイにしましても
一時的には、大打撃になるでしょうが・・
結果的には、
アメリカに頼らぬ技術を開発し、
世界に通信技術を
リードする存在になるかも知れません。

ところで・・
気弱な地上げ屋が驚いたのは
「関税コストを負担するのは中国であり、米企業や消費者ではない」
このオトコが
こう言い出したことです。

はぁ? 笑 ダメ

関税というのは
輸入品に課税されるもので
通常、輸入者が負担するのですよ? (笑)

このオトコが
こうしたことを知らないというのは
勿論、理解の範囲内ですが (苦笑)
周りで尻尾振る誰もが?
こうした
間違った考え方や知識を
正そうとしない。

・・・驚くべきことです。

驚く・・と言えば?
皆さん?
久々に・・
グルメブログの予測が・・
当りましたでしょ? (大笑)

野党五党 参院選一人区 30選挙区で候補者一本化に合意

鹿児島で
まだ少し揉めてますが・・(苦笑)
ここ数週間のうちに
纏まるでしょう。

笑 大変良く出来ました

ただ・・
まだまだ問題も
数多く積み残されて・・
おります。

本日も前回に引き続き!
立憲民主党に放つ!
草の者に
状況と見通しを
伝えてもらいましょう。 (笑)

「参院選 32ある一人区のうち、30選挙区で一本化に成功?」
「今日、宮崎も決まったから・・残るは、鹿児島だけだよ」

「でもね、これって・・候補者を1人に絞ったってだけのこと」
「考えても見てよ? 3年前の前回選挙だって、ほぼ全選挙区で」
「一本化されたんだよ?」

「それでも三分の一しか取れなかった」
「要するにね」
「この前の大阪補選と同じ。 候補者1人に絞るだけじゃ・・」
「勝てないんだよ」
選挙態勢を一本化しなきゃ・・勝てない」

笑 一理ある

衆参同日選? このあと、自民党の草の者が出るんでしょ?」
「そいつに訊きなよ?」

「だけど、一つ言える事がある」
「それは・・」
枝野さんは、考えを変えたってこと」

「衆議院の289ある小選挙区で、ウチの候補が決まってる選挙区」
「いくつなのか知ってる?」
たったの67だよ?」

「この前、枝野さんは・・次の次で政権取れりゃ良い」
「そう考えてるって言ったでしょ」
「でもこんな調子で、この夏、同日選打たれたら?」
「次の次どころか?」
「その次の次だって・・危ういよ」

笑 クソ

「この前、党本部で・・今衆院選が行われた場合の」
「シュミレーションデータを出した」
「その結果に衝撃受けたんだろうね」

「外から見ると? 考え改めたようには見えない?」
「当たり前じゃない? そんな手の内晒すほど愚かじゃない」

「外向けには、考え変えたようには・・振舞ってないけど」
「少なくとも執行部内の共通認識として」
「同日選があることを前提に、選挙戦略を組み立てる」

「バラバラに候補擁立などという選挙戦術の誤りで」
「投票する前に負けが判るような状況には・・絶対にしない!」

解散が決まった直後に!」
「野党第一党の責任として、政権構想を明らかにし・・」
「他の野党に協力を呼びかけ、私の責任で野党を纏める
「安倍政権に対し、堂々と政権選択選挙を挑む

笑 口先 口だけ

「もう時間も無いし・・この方針は揺るがないと思うよ」

さぁ皆さん!?
これで態勢は整った!
後は戦いの火蓋を・・
と思ったら?

思いもよらぬ情報が
舞い込みました。

自民党本部に放つ!
臭の者に
ご登場願います。

衆参同日選?」
「情勢は・・二転三転してる」
「ハッキリしてるのは・・」
安倍さんはまだ決めてないってこと」

「でも・・衆参同日選に踏み切る可能性は」
「この前話した時に比べると、かなり後退したよ」
「その理由?」

「野党の選挙協力態勢が、思いのほか、早く進んでるでしょ」
「きっとこの人が・・動かしてるんだろうね」

一ちゃん

「同日選仕掛けて? 政権まで失うリスクが」
「1割でもあったら? 安倍さんは、仕掛けないよ」
「見方変えると・・勝てる自信が9割あって初めて」
「衆議院解散仕掛けるってこと」

「参議院は、野党が纏まっちゃったでしょ」
「衆議院は遅れてるみたいだけど・・」
「この前の希望の党騒動見て判るとおり・・」
「3日もあれば? 風向きはガラツと変わっちゃう」

「立憲執行部の動きが怪しいってことは」
「官邸も掴んでるんだよ」

「さっきのあの人が仕掛けて・・」
「野党がしっかり握ってるなんてことがあったら?」
衆参同日選仕掛けるなんて・・自殺行為でしょ」

笑 24-1

「幹部連中も足並み揃えてる」

「参議院は減っても10議席」
「安定多数維持出来るんだから・・誰にも文句言わせない!」
「甘利にもいい加減な人が言って廻ってるよね」

甘利 関係ない

「与党で、改選過半数維持出来れば・・御の字」
「この人は、自民党の議席より」
「自分の・・幹事長の椅子のほうが大事だからね」

二階 苦いセンセ

「選挙後にどうやって・・」
「自分の椅子維持するかを・・考えてるのでしょ」

「でもね。 与党で過半数ってことは? 公明は堅いから・・」
「ウチは、改選議席を20減らしたって維持出来るんだよ?」

「ここまで勝敗ライン下げるってことは・・」
「参院選単独派のほうが・・優勢ってこと」

「まぁここまで来たら? 会期を延長するかどうかで・・」
衆参同日選に踏み切るかどうかは・・」
「ハッキリするわけだから」

「もうこの2週間のうちに・・姿形は見えるだろうね」

安倍 3-2

今、このオトコも
迷いに・・
迷って・・
いるのでしょう。 (笑)

この人が・・
考えを改めた・・。

枝野18

と言うのであれば?
衆参同日選
望むところです。 (笑)

長期にわたる安倍政権で
この国の
貧富の格差は
益々拡がりました。

アベノミクスというレトリックは
一部の資本家に
富を独占させる政策です。
何もオマケをつけないと
批判を浴びると考えたのでしょう。
トリクルダウン理論なるものを持ち出して来ました。

富裕層を
更に豊かにすれば?
吸収しきれない富が?
富裕層以外の皆さんへ?
流れ落ち、
国民全体が豊かになる?

笑 ありえない

驚いたのは、
こんな与太話を信じる国民が
大勢居たということです。 (苦笑)

グルメブログのレギュラーの皆さんなら?
驚き、呆れ・・
笑ったのでしょうが・・
もうここまで来ると?
笑って済ませられる段階では
ございません。

次回更新の頃は・・
永田町で吹き荒れる解散風。

更に吹き荒れるのか・・?
或いは、
吹き止んでしまうのか?
かなりハッキリするでしょう。

明確なことは・・
衆議院が解散されず、
7月21日投開票の
参院選だけが行われる場合でも・・
自民党の議席を
大幅削減させることが出来さえすれば?
安倍政権は
退陣せざるを得ない。

と、こういうことです。

笑 その通り

このデタラメな政権を
一刻も早く終わらせる時です。

そして・・
荒唐無稽な
お伽噺を
終わらせる時が
もう直ぐやって来る。
と、こういうことです。 (大笑)


政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 衆参同日選 気弱な地上げ屋 グルメブログ 立憲民主党 トランプ

「丸山の暴言? 危なかった。 選挙前にして支持率暴落の瀬戸際でした。 でも、辻元さんのおかげで・・助かったよ」 維新 松井一郎

グルメブログでは常日頃から・・
人を観る目・・
この大切さを説いております。

その人の
本当の人間性・・。
これを見抜くのは・・
対象者が
余程単純な人でもなければ・・

笑 オマエが言うな

通常は
相当、困難でしょう。

そして
性格の悪い人というのは?
自分の
性格の悪さと
その性格をモロに出した場合の
周囲への悪影響を
自分自身で自覚しているケースが
ほとんどですので
ご自分の本当の性格を
隠そうとします。

よく言う・・ところの
上辺面だけの人。
外面が良い人。
これらが・・
性格の悪い人の
共通点です。

対して、人間性の良い人。
性格の良い人に共通するのは
とても簡単。
性格の良い人というのは・・
良い人生を送る
ということです。

笑 なるほど 3

良い人生だったかどうか?

勿論、
ご本人が判断する問題ではありますが
その人の人生での
最後の場面。
その死に際で
ある程度想像出来ます。

これは以前、書いたことが・・
あるかも知れません。
なんせ・・
10年もやってると・・(苦笑)
以前ナニ書いたかなんて
調べる気にも
なりゃしません。 (笑)

気弱な地上げ屋
母方のお婆ちゃん。
もうだいぶ前に、
102歳で亡くなったのですが・・
その最後。

就寝前に
大好きなメロンを出され
「美味しい・・メロンだねぇ」
「じゃぁ・・おやすみ」
こう言って床に入り・・
翌朝、
家人が起こしに行くと・・

天国

亡くなっていました。

これまで気弱な地上げ屋が目にしたなかでも
最高の・・
最後です。 (笑)

これに対し、次のケース。
この人の性格や
その人間性が悪かったのかどうかは
定かでありません。

気弱な地上げ屋が自治会長務める
タワーマンションの
ある部屋で
このほど孤独死
発見されました。

まだ、
それほど暑くもないのに

笑 ハエ

バルコニーに
異常発生する
ハエに
隣人が気付き・・
「もしかしたら、隣の部屋が原因なのでは?」
こう考え
バルコニー越しに隣室を覗き込むと?

透明なはずの
サッシのガラスが
黒く変色し・・
しかも、ガラス自体が
揺れてるように
見えました。

これを見た隣人は、
とても驚き

笑 18-2

腰抜かしそうになったそうです。

「これは・・異常事態だ」
こう考え
その隣人は、直ぐさま管理人に連絡しました。

管理人が
その部屋の住民に
電話しても・・
誰も出ないので
部屋を訪ね、ベルを押しました。
しかし・・
まったくの無反応。
また、夕方に
出直そうかとも考えました。

そのとき・・
なんとなく・・
ヘンな臭いが・・
したそうです。

そして・・
何か
そうさせたのかも知れません。
ドアポストを開け
部屋を覗き込むと・・

臭い 笑

思わずむせ返るような
強烈な
腐敗臭が
鼻を襲いました。

「これは! かなりの異常事態だ!」
ということで、
直ぐさま警察に連絡。

気弱な地上げ屋は、
管理人が落ち着いた時に話を聞いたのですが・・
「今思うと、警察も慣れてたのでしょうね」
「いきなり最初から、鑑識も同行して来ましたから」

現場に到着した
鑑識含めた警察官数人。

セキュリティ もしもし 警察

ドアポストを開けた瞬間!

「こりゃ・・だいぶ、時間経っちゃってるね」
呟き、
顔にマスクを着けながら・・
管理人に向かって
「部屋の中まで立ち会いますか?」
「部屋には入らないほうが良いと思いますが・・」

管理人もそのときには既に
その部屋に住む住民が
どうなってるかは
ある程度想像出来ました。
なので、
ある程度覚悟もあり
「職責上、立ち合わせてください」
言ってしまったそうです。

その部屋で
お亡くなりになっていたかたの
お姿は・・
イラストでも
アイコラでも
言葉でも
表すことが出来ないくらいの
惨状でした。

故人の体をむさぼるように・・

ゴキブリ

無数の虫が
うごめいていたのです。

その管理人は、
事件から10日以上経ってから
このことを
気弱な地上げ屋に話したのですが
10日以上も経ってるというのに
話をする間中
顔色は悪くなり、
言葉も打ち震え
恐怖に
打ちのめされていました。

葬式 葬儀 告別式 三角 白い布

サッシ窓が
黒く動いているように見えたのは、
大量のハエが
窓のところで
飛び回っていた
せいだそうです。

お亡くなりになったこのかたは
自治会にも入会していませんでしたので
どんな人なのか?
気弱な地上げ屋
まったく知り得ません。

そういうことですので・・
このかたが
どういう人生を歩んで来られたのか?
知る由も
ございませんが・・
どうなんでしょうかね?
こういう最後は?
ゴキブリやハエ。
蛆虫・・ですよ?

グルメブログのレギュラーは
絶対に!
こういう最後だけは
迎えないように
してくださいね!

涙 笑

悲惨という言葉
一言では
片付けられないほど・・
本当に悲惨です。

気を取り直して・・
本文に入りましょう! (笑)

このオトコの・・
性格が良いのか?
或いは、悪いのか?

ほとんど・・
議論の余地は
ございませんでしょう。

丸山穂高

悲惨な戦争が原因で
故郷を追われた
人たちに向かって
「戦争で取り返すしか・・ないでしょ?」

冗談でも
思いつかない・・
センスの悪さと申しますか
多分、
本質的には、
アタマが悪いのでしょう。 (苦笑)

そして・・
アタマが悪いのかどうかは
知りませんが
政治センスが悪いことだけは
確かなのが・・

辻元センセ 2

このオバチャンです。 (苦笑)

世論の・・
「一刻も早く辞職しろ!」
「国会から去れ!」
大合唱みて
「これはイケる! 」
「そうだ!辞職勧告決議案だ!」

このオッサンが
仕掛けた罠に

松井マズイイチロー

まんまと
嵌ってしまいました。

立憲民主党に放つ!
草の者が・・
嘆きます。 (苦笑)

「ウチの党の弱点はね」
「枝野代表のアタマの硬さと・・」
「このオバチャンのアタマの悪さ」

「いったい何年国会議員やってんだよ? 辞職勧告決議なんて・・」
「可決したって・・辞めた議員なんて、一人もいないんだよ?」

「自公に反対させ、否決されたら世論が益々盛り上がる?」
「そこが浅はかなんだよ」
「あそこまで居直ったら? 放っておけば」
「維新のイメージダウンがボディーブローとなって効いてくるのに」

「松井さんに煽られて・・つい乗っちゃった」

福山

「福山さんのところには・・」

「辻元じゃ国会は廻らない」
「コロコロ廻ってるのは、辻元の方針だけ。 」
「何回方針転換したんだよ?」
「立憲の支持率下落の立役者だよ、あのオバサンは」

「福山さんも・・枝野さんに言ったらしいよ」
国対委員長を交代させるべきだって」

「でも枝野さんは・・庇うんだよね、あのオバサンを」
「立憲立ち上げた時に真っ先に馳せ参じたから?」
「単に、他に行くとこ無かったってこと。 遺された選択肢が・・」
「ウチしかなかったのでしょ」

「古い関係だからね。 本人が自発的に辞めるって言い出さない限り」
「ウチの国対は・・変わらないよ」

笑 24-1

野党第一党の国対というのは
他の野党を代表し、
与党との
交渉窓口の
役割を担います。

つまり・・
政府与党に対する
野党の対応や方針は
実質的に
このオバチャンの方針に
足並み揃えなければ
なりません。

こうしたことの結果が・・
「ナニやってんだよ? 野党は!」
「野党が・・弱過ぎよね」

有権者の
こうした態度に
繋がり・・
政権支持率が
高止まりしてる
原因にも
なってるワケです。 (苦笑)

笑 うセールスマン もぐろふくぞう

続けて・・
更に、衝撃的な情報が
この草の者より
もたらされました。

「これから話すオハナシは・・」
「大きな選挙を前にして、支持者がズルッと来る話だから」
「あちこち、世間に言い触らすなよ!」

言い触らすな・・
ということですので、
グルメブログに書く分には
草の者も
許してくれるでしょう。 (笑)

「枝野さんはね。 次の選挙で・・」
政権獲ろうとは・・考えてないんだよ」

最初、これ聞いたとき
気弱な地上げ屋は
言ってる意味が
理解出来ませんでした。

「もしかして? 最初から負けるって思ってるのですか?」
「それとも? 負けてもいいや・・ってこと?」

「言い難いけどね・・どちらかと言うと」
「後者のほうだね」

笑 33-5

「枝野さんや長妻さんは・・」
「万が一、2009年のような大風が吹いて、今の野党勢力が増加し」
「政権が転がり込んだとしても」

「今の野党勢力の連合では」
「民主党政権の失敗の二の前になるって考えてる」

笑 ヤバい

「古タヌキが多い野党勢力糾合するより」
「自分達の政策を忠実に守れる・・」
「若くてフレッシュな1年生議員を増やしたい」

「そのためには、多少時間がかかっても仕方無い」
「次の総選挙ではなく」
「その次の総選挙でも・・良い」

「そう考えてるんだよ」

笑 ばれたか

「だから、参院選単独だったら?」
「1人区の統一候補には協力するだろうけど」

「ダブル打たれたら?」
「衆議院の小選挙区の候補者調整は・・」
「多分、間に合わない」

「ただ、それでも仕方が無いって考えてるなら」
「支持者は・・シラケちゃうよね」

笑 OMG 21-4

自民党が嫌い・・。
自公の政策をこのまま続けていたら?
この先、
この国は立ち直れないくらいの
大きな打撃を受ける。

こう・・
お考えの有権者は
全国各地に、大勢いらっしゃいます。

ただ・・
その大勢の有権者は
「今の野党に? 政権任せて大丈夫なの?」
「こんな調子じゃ・・また、民主党政権の繰り返し」
こうお考えになってるのです。

失敗を繰り返さないためには?
過去に犯した失敗は
「なぜ失敗したのか?」
この原因を明確にしなきゃ・・
対応のしようが・・
ないでしょ。

立憲民主党のなかに・・
次の選挙で政権獲りに行くのではなく
その次・・。
つまり、次の次・・
3年後か、4年後・・
或いは5年後に
政権を獲れれば
それで良い。

枝野1

残念なことに・・
こう考えてる人間が
いるようです。 (苦笑)

とんでもないことです!

常に、次の選挙で
政権獲りに行こうとしてこそ!
野党であり・・
「今政権獲っても・・また、失敗しちゃうから」
「次の次くらいがちょうど良い」

こんな考え方の政党なんて
真の意味での野党ではありませんし
本当にその考えを実行しようとしてるのなら?

いっそのこと
自民党にアタマ下げて

前原

末席に座らせてもらったほうが
国民にとって判りやすいですし・・
結果として、有益でしょう。

野党のリーダーたる人間が
今のまま考え方を変えずに
この夏、ダブル選挙打たれ、
大敗北喫するようなことが・・
もし起きたとしたら?

その政治家の
政治生命を終わらせるほうが
多くの有権者にとって有益ですし
国益に叶う。

グルメブログは今・・
本気でこう・・
考えております。

政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 気弱な地上げ屋 グルメブログ 立憲民主党

「支持率上げるため? トランプにも頼み込みました。 北朝鮮? 拉致被害者戻るなら? いくらでもカネ積みますよ」 安倍晋三

一度も失敗を
したことがない人は・・
何も新しいことに・・
挑戦したことがない人である

かの・・
アインシュタインが遺した
言葉です。

これを・・
へそが曲がった・・(笑)
グルメブログ風に解釈しますと?

何度も
失敗を繰り返す人は
その失敗を誤魔化すため
手当たり次第に
新たな試みに
手出し
するものである。

この言葉が
最も相応しい人に・・

日銀 黒田 4

このオトコがいます。

やるべきことを
やらずして・・
放置し続けたりすると・・
解決を遅らせることは勿論、
かえって、事態を複雑にして
状況を悪化させ、
制御不能に陥ることに
なります。

このオトコが始めた
大博打。
異次元金融緩和政策。
自分の懐のカネでバクチ打つなら?
勝手にやってくれ!

笑 39 その通り

で済みますが・・
このオトコのタネ銭は・・
国民の生命と
財産です。

6年前・・。
始めた当初・・。

「2年でデフレ脱却し、日本経済は蘇ります!」
こう胸張ってましたが・・
経済が・・
蘇ったのではなく
読み違えたということは
グルメブログのレギュラーなら誰しも・・
ご理解なさってるでしょう。

笑 オマエ 3

しかし、皆さん?
このオトコの
三文芝居も
いよいよ幕を降ろすときです。

でも・・
幕が降りた後?
いったいこの国は・・
どうなるのでしょうか?
事態は・・
相当切迫しているようです。 (苦笑)

いよいよ間近に迫った
経済破綻の
散々たる見通しを
本日は・・
日銀に放つ!

笑 17 苦笑

草の者に・・
語って戴きましょう! (笑)

異次元金融緩和? いったいどうすんのカネ?」
「黒田さん? 余程、鈍いのか? 想像以上の狸なのか?」
「心配のそぶりも見せてない」

「最近の口癖は・・」
「過去、日銀総裁を2期務めたのは・・井上、新木の2名だけ。 そして」
「2人とも日銀プロパー」
「大蔵の天皇とまで呼ばれた森永さんだって・・1期しかやってない」
「ということは? オレは森永さん、大蔵の天皇をも越えたってこと」

「歴史に名を残すことになる」

笑 なに言ってんの

「だってよ? いい気なもんだよ」
「正気の沙汰じゃない」

「出口戦略? そんなの・・何もないよ!」

「出口のデの字でもクチにした途端・・」
「株価は暴落する」
「ヘッジファンドが・・空売りするタイミングを」
「いまか今かと・・手薬煉引いて待ち構えてる」

「GPIFが四半期ベースで14兆超える損失出したでしょ?」
「150兆円の国民資産の1割近くが・・海の藻屑と消えてしまった」
「あれだって、日銀が買い支えたから・・あの程度で済んだんだよ?」

「現在、日銀が保有するETFは、簿価ベースでも24兆円に迫る」
「マーケットシェアは・・75%だよ!?」
「何社もの大企業の筆頭株主になってる」
「こんな国は・・日本だけだろ?」

笑 参ったな

「国債は・・更に深刻」
「市中流通額の4割を日銀が保有する状況となると?」
「長期金利が1%上がったら? 評価損は、23兆円」
「現段階だって・・含み損は、10兆円超えてる」

「報道規制してるのか? ほとんど、報じられてないけど・・」
「日銀の自己資本を既に・・2兆円以上超過してんだよ」

「日銀は、近い将来・・」
「90%以上の確率で債務超過に陥る」

「この時点で・・大きな地殻変動が起きるだろうね」
「ETFを飛ばし・・いや、受け皿機関に移し、80年かけて売却?」
「こんな馬鹿げたプランを・・真剣に検討するほど」
「追い詰められてるってことだよ」

笑 冗談

「さっき、出口政策のデの字も言えないって言っただろ?」
「言えないどころか・・出口に向かうそぶりでも見せようものなら?」
財政破綻へまっしぐら・・さ」

「戦後の混乱期と同様・・もしかすると? あれ以上の」
「想定をはるかに超える負担を国民が背負うことになると思う」
「日本の政府債務比率はGDP比250%」

「だけど大丈夫。 国民金融資産が・・」
「1800兆円あるから財政破綻しないって連中が居るでしょ?」

「あれって・・」
「巨額課税して、全部召し上げますって言ってるのと同じこと」
「預金封鎖は勿論、財産税、資本移動の禁止など」
「国民資産を召し上げるため、あらゆる手段が用いられるだろう」
「でもこれって? ホンの70年前に」
実際この国で起きたことなんだよ」

笑 ふーん

「不況下で大増税など不可能だから・・取り得る政策としては」
「社会保障の大幅削減しかないだろう」
「ハイパーインフレで、実質手取りが目減りする年金生活者に」
「極めて深刻な悪影響が及ぶことになる」

「異次元緩和の行き着く先に・・」
「軟着陸なんてあり得ない」
「普通に考えれば墜落・・上手く行っても?」
「岩がゴロゴロしてる荒地への・・胴体着陸ということ」

笑 クソ

「もう時限爆弾の導火線に・・火が点けられたんだよ」

「後は? いつ爆発するかってことだけ」
「国民の生活水準は・・目に見えて悪化するだろうね」
「まさに・・戦後の焼け野原の風景だよ」

「これと似た風景が・・」
「第一次大戦に破れたドイツにある」
「朝買ったパン一切れの値段が、夕方には3倍になるくらい」
「激しいインフレに見舞われたドイツが、その後どうなったか?」

石原ヒットラー

「歴史を見れば? 判るよね?」

異次元金融緩和の行き着く先は・・
予想以上に・・
多くの国民があえぎ苦しむ
地獄の一丁目・・のようです。

多分、この大不況・・
大恐慌は
戦後の混乱期と同様
5年から7年は続く
でしょう。

「なぁんだ? 7年耐えりゃ? 良いんだろ?」
こうお考えの皆さん?
グルメブログが指摘したいのは・・
この大混乱の後に起きる
国家のあり方

についてです。

声高に・・
国民の怒りを煽り
火をつける

橋下2

ポピュリストが
躍り出てくるでしょう。

ポピュリストは
過去の失政
失敗を隠すため
国民の目を
他に向けさせようとします。

例えば?
「韓国が悪い! 中国が悪い!」
「竹島を武力で取り戻せ! 尖閣に自衛隊基地を作れ!」
多分・・
国民の怒りを静めるため
スケープゴートとして

日銀 黒田はクロだ

このオトコを
国策捜査の
的に
かけてくるかも?
知れません。

こうした極端な主張
政策に
多くの国民は
喝采を送ります。
まぁあのオッサンを監獄送りすることには・・
グルメブログ
大賛成
ですがね。 (大笑)

更に、この場面で登場する
ポピュリストは・・
もしかすると?
核武装論まで
持ち出して来るかも知れません。

ここまで来ちゃうと・・
もうこの国は・・

東條 戦争責任

引き返せないところまで
行ってしまうかも?
戦前の
あの暗黒の時代に
逆戻りしてしまうかも
知れません。

そうさせないためには?
夏の選挙で

Xにボコられる安倍総統1 <アイコラ提供; © ハマープロ>

このオトコを
退陣させなきゃ
ならないワケです。

そしてその後には
国民の生活が第一!
これを実践出来る・・
ホンモノの救国政権を樹立する
のが
グルメブログ
究極の願いです。

消費税を5%に戻し!
時給最低賃金を1000円に
財源?
富裕層への課税強化で賄います。 (笑)

ホンモノの救国政権は
富の再分配
最重要政策の柱にします。

原発ゼロ?
当たり前です。 (笑)

勤労者世帯と
子育て世帯への支援を手厚くし、
役所の規模と
権限を小さくします。 (大笑)

笑 パチパチ 拍手

これらの政策を実現させるため・・
そして
この先、焼け野原寸前にまで
追い詰められるであろう
我が国存亡の危機を
乗り越えるため・・
今年の選挙は
本当に・・
本当に重要な
選挙
なのですよ。

政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 異次元金融緩和 グルメブログ 気弱な地上げ屋 財政破綻

「令和解散? やるよ。 参院選で大敗したら? 一気にアベ降ろし。 座して退陣待つのなら、打って出るのは当然さ」 安倍晋三

前回のエントリー。

「随分と、ウラコメが賑わってるな・・」
と思って見たら?
久々に・・
苦情が
殺到しておりました。 (苦笑)

その原因はと
申しますと・・

石破 8

このオトコ。 (苦笑)

可能性なんて・・
1%もありませんよ?
皆さん?
グルメブログの・・
グルめ!な話題
ですからね?
こう書いてるのに・・

「石破だとっ? 地上げ屋! オマエ・・モグラだったのか?」
「なんだ・・石バカよ?」

レギュラーの皆さんより
手厳しいお叱り
頂戴してしまいました。 (笑)
これで・・
イレギュラー
通りがけサン辺りまで参戦されちゃったら?
ホント、参っちゃうところ
でした。 (苦笑)

でもまぁ・・
モグラかよって?
よく見てください?
モグラなのは・・
石破のほうです。 (苦笑)

いいですか? 皆さん?
グルメブログが言いたいのは・・
良い猫だの・・
悪い猫だの・・
皆さん、勝手気ままにおっしゃいますが
ネズミを捕る猫は・・

笑 それを言っちゃ

良い猫なんですっ! (大笑)

しかし!
これだけご批判が
殺到すると言うことは?
気弱な地上げ屋の考えは
間違ってる。
と、こういうこと・・
なのかも知れません。

ここは、素直に・・
反省しなければ
いけません。

笑 口先 口だけ

ここで登場するのが・・
過ちてを改むるに憚ることなかれ
あまりにも有名な・・
論語の教えです。

また・・
同じく論語には・・
過ちて改めざる これを過ちという
こうした教えも
ございます。

過ちや
失敗を犯したとき。
謝罪や反省をしない人が
もしいるとしたら?
それ自体が過ちなのだ。

こうした教えです。

笑 ふーん

失敗した時。
まず最初に対応すべきことは
速やかに、失敗した原因を究明し
次は
同様の失敗を繰り返さぬよう
方針や行動を
改めることです。

賢者は、
間違いを晒し・・
愚者は・・
間違いを隠そうとします。

器量が小さな人物は
間違いを起こすと・・
自己保身のため、
その場を取り繕い、誤魔化そうとします。

笑 ナニ言ってんの?

失敗したと気付いた瞬間!
器量の小さな人ほど
誰かに責任を転嫁しようとしたり
謝罪より言い訳を言い出したり
するものです。

失敗した時に
速やかにすべきことは
謝るべき人に
素直に謝ることです。

このことが
失敗して失ったものを
少しでも早く
取り戻す・・
最善の方法です。

本日のエントリーは・・
数多くの失敗を
繰り返した
人たちの
オハナシです。 (笑)

失敗と言えば?
ナニが失敗なのか?
あまりに多過ぎて・・
区別のつけようが無いのが・・

検察 1

この人たちの組織です。 (笑)

ゴーンさんの再々逮捕。
国策捜査が露見すると?
自分達の身に危険が及ぶ。
そう考えてるのでしょう。

最高裁で確定するまで
軽く10年はかかる。
こう言われてるこのたびの逮捕劇。

本日、保釈決定が出ましたが・・
もしかしたら?
この先、事態は
劇的な変化を
見せるかも?
知れません。

日産に放つ!
草の者が
解説します。

笑 ビックリ

「特別背任っていうのは、会社への損害を立証しなきゃ」
「罪に問えないんだよ?」

「購入した不動産は会社名義。 それを私的流用したって・・」
「検察は言うけど」
「会社の代表が、その会社の資産利用するってことの・・」
「どこに問題あんの?」

「有報への巨額報酬虚偽記載だって・・」
「ゴーンさんがやったというならまだ罪に問えるだろうけど」
「92億もの費用計上したのは・・」
「西川なんだよ?」

笑 江頭

「更に問題なのは、この費用の支払い条件だよ」

「支払時にコンサル契約結ぶことと・・」
「競合他社に再就職しない」
「この2条件が必須要件なんだ」

「この必須要件を・・当然のことながらクリアしてないでしょ」
「なのに、何で? 今期に役員報酬を一括計上すんのよ?」
「有報の責任者である、西川が刑事責任問われないのは・・」
「おかしいでしょ?」

笑 オマエ 3

「刑事責任問われないってコトで・・」
「西川も司法取引したってことがバレバレだよ」

「でもね? 考えても見てよ?」
「こんな理由で会社のトップが逮捕されちゃうって言うなら?」
「社内の権力争いで、相手を陥れたいヤツは・・」
「みんなこの手使っちゃうよ、これから」

笑 越後屋 2

「西川は・・」
「内部通報を受けて社内調査を行った結果を検察に報告し・・」
「こんな説明してたでしょ?」

「でもこんなの大嘘だよ」
「西川が最初に・・年内にも社内的に重大な事案が」
「表面化すると言って相談に行ったのは・・」
「経産省」
「昨夏時点で、まず最初に経産省に行ってたんだ」

笑 クソ

「つまりね」

「ゴーンさんが日産とルノーの経営統合進めようとするのを」
「西川が経産省と相談・・いや実際は、指示されたんだと思うけど」
「ルノーとの経営統合を阻止しようと動いてたってこと」

「その証拠となるメールが暴露されたでしょ?」
「日産の最高幹部にも・・今回のゴーンさん逮捕は、おかしい」
「そう考える人がいるんだよ」

「今回、ゴーンさんを陥れたのは・・」
「経産省が描いた画を・・」
「ヘボ役者の西川が必死に演じ」
「振り付けは、特捜部が担当したってことなんだよ」

笑 ばれたか

話題を変えて・・
次の失敗。

大阪12区の・・
補選です。 (苦笑)

前回のエントリーで
2番手取れれば・・?
御の字。
グルメブログがこう書くということは?
3番手取れれば?
ホントは御の字。

アンタ 迷惑 笑 評判悪

と、こういうことです。 (苦笑)

しかし・・
結果は、皆さんご承知のとおり
ビリビリ痺れちゃうくらいの・・
ビリ。

共産党が
これまでこの選挙区で
獲得してきた票すら
確保出来なかったことに
気弱な地上げ屋も一瞬
眩暈を覚えましたが・・
いつものように
直ぐに回復しました。 (笑)

笑い えらい

今回の
大阪12区の選挙結果は
失敗ばかりでは
ございません。

失敗だったことに
間違いございませんが
視点を変えれば?
大きな大きな
収穫があったことに
皆さん?
お気付きになりませんでしたか?

それは・・
野党が共闘して
統一候補立てる場合でも
遅過ぎちゃダメ
だということです。

そして・・
いくら無所属にお化粧しても
違和感満載のお化粧には
古くからの

共産党 3

この党の支援者の皆さんだって
気味悪がって引いちゃいますし
「安倍は嫌だけど・・」
「共産党も・・」
という
少し右寄りの
野党支援者の方々も
この作戦には乗れない
ということです。

今回の
票の出かたは
そのことを
如実に
現してるでしょ?

今回の野党勢力の大敗北。

志位センセ 共産

賢明な
このかたのことです。

「ウチが神輿に乗って闘うより・・」
「名を捨て、神輿担ぎに専念し・・」
「実を取ったほうが、結局は得」
教訓としたことでしょう。

このかたが・・
仕掛けると・・

一ちゃん

ナニからナニまで
メチャクチャになる。

前回のエントリー。
ウラコメントは・・
これらの苦情で
埋め尽くされました。 (苦笑)

しかしですよ?
皆さん?
もしかしたら?

「一人で500万票集められる・・オトコ」
の狙いは・・
「野党勢力を・・ただ結集させれば良いってもんじゃない」
「1日も早く擁立しなきゃ浸透しないし・・」
「共産党には申し訳ないが、縁の下の力持ちを担当してもらい・・」
「必ず出てくる野合批判に備える布陣にする

こういうことだったのかも?
知れませんよ。 (笑)

この人たちも・・

連合 立憲 国民

このままじゃ
相当マズいことになる。
ようやく・・
気付いたようです。

この期に及んで
小事にこだわり・・
ゴチャゴチャ言ってますが・・
通常国会会期末までには
ほぼ全国で
自公との
一対一の
最終決戦の準備が整う
見通しです。 (笑)

問題は・・
このオトコが・・

安倍 3-2

ダブル選に
打って出るか?
どうかということ。

それでは、本日は最後に・・
自民党に放つ!
臭の者に
ご登場戴きましょう! (笑)

「この夏、ダブル選に打って出るか?」
「安倍さんの胸一つだけど・・読むのは、難しいね」

「参議院選だけを戦うか?」
「ダブルにするかどうかは・・」
「メリット、デメリットが相当複雑に入り組んでる」

「打って出る、最大のデメリット?」
「政権失う危険があるってことだよね」

「公明党の猛反対? あまり関係ない」
「あの人たちは・・結局は、コッチの決定に従うから」

「大阪と沖縄の補選連敗で、ダブルの可能性が上がった?」
「二階さんは、反省したフリしてたけど・・」
「あの・・北川さんの甥っ子は、出来が悪過ぎるよ」

「沖縄は、勝てるわけないし・・大阪も」
「上手く行けば・・という程度」
「つまり、連敗自体は、言われてるほどショックではない」

「むしろ、注意すべきは・・選挙後、この人が」

菅 4

「衆議院の解散ですか?」
「総理がヤルと言ったらやる。 やらないと言ったら? やらない」
「記者会見でこんなこと言ったでしょ?」

「ホンの2週間前には・・」
「夏の衆参ダブル選挙? 90%・・ありません!」
「言ってることに変化ないと思う?」

「シロウトならそう思うだろうけど・・」
「あの発言は、言葉以上の意味合いがあるよ」

「安倍さんはね。 参院選で惨敗して」
「直後に、惨めな退陣したでしょ?」
「あれは、皆さんが思う以上に・・大きなトラウマなんだよ」
「参院選で敗北する。 3Kなんか・・」
「自民、過半数割れ・・なんて報道出したでしょ?」
「言い換えると・・」

負けることに対する恐怖は・・」
「我々の想像以上のものがあるワケ」

「こちらの調査じゃ・・衆議院は、減っても単独過半数は維持出来る」
「何で数減らす選挙やるんだって批判も党内に相当あるけど・・」
「オレの読みじゃ・・」

「五分五分以上の確率で・・」
「安倍さんは、打って出ると思う」

笑 33-5

グルメブログの見通しも・・
ズバリ!
この夏は・・
衆参ダブル選挙・・です。

コッチは・・
キッチリ準備を整えます!
皆さんのほうは・・?
・・・、大丈夫でしょうね?


政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 気弱な地上げ屋 グルメブログ 衆参ダブル

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ