fc2ブログ

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

「期限付減税で選挙は圧勝です。 期限切れたら? 勿論、増税ですが・・朝三暮四に気付きませんよ、国民の皆さんは」 危機だ文雄

先日どこかの媒体で
こんな記事を目にしました。

なぜ満員電車で「中ほどまで進まないマン」が多いのか

このタイトルだけ見ると・・
気弱な地上げ屋などは
「満員なんだから・・」
「中ほどまで行きたくても・・行けないんじゃいの?」
こう考えちゃいますが
この記事の言わんとしているのは?

電車ドアから
離れたエリアには
スペース空いてるのに?

その空いてるスペースへは向かわず
ドア付近で
タムロしている連中が多いのは
どういう心理によるものなのか?
ということです。

笑 なんで

この手の記事は
いくつか出てますので
電車の
ドア付近に滞留している人たちを
不快に感じる人は
世の中に相当数いるのでしょう。

都内では・・
朝晩の混雑時、
どの電車に乗っても
「ドア付近に立ち止まらず、中ほどまでお進み下さい」
このアナウンスが流されます。

気弱な地上げ屋
人混みが嫌いなので
ドア付近が
空いていようが
混み合っていようが
中程の
空いたスペースへ向かいます。

ですから
混雑する
ドア付近に溜まる人たちを見ても?
「この人たちは、そこに居なきゃいけない・・」
「それなりの理由があるのだろう?」

こう思って
さほど気に留めてませんでした。

ところがこの記事では
ドア付近に立ち止まる人たちを
「気が利かない人たち」

しっかり烙印
押しちゃっいました。 (笑)

笑 27-2

まぁ確かに・・
気が利かない・・
と申しますか
気が回らない、配慮することが出来ない
周囲が見えていない人

このエリアには
このような人が多いのでしょうが、
中には
白杖持った人もいれば?

足に怪我して
中ほどまで進みたくても
向かえない人も
居るわけです。

「次の駅で降りるから」
という人もいるでしょう。

ただ相対的に
こうした事情を持つ人は
ごく少数です。

次の駅で降りた人が居たスペースには
すぐさま
同じ場所に立ち止まる人が
新たに滞留します。 (苦笑)

記事では
気が利かない人
状況判断力に乏しい人
などと断罪していますが
気弱な地上げ屋の見立てですと・・
特に事情もなく、
ドア付近に立ち止まり
そのエリアの
混雑を発生させている人たち

というのは?
ただ単に・・

自分のことにしか関心のない人たち
だと思いますよ。

笑 良く考えろ

自分がそこに居たいから・・
そこに居る。

通路を塞いでいる自分が
移動すれば?
少しは混雑が緩和されるでしょうし
乗車出来る人数も増えるのですが・・
「アタシにゃ関係ない」

周囲の状況がどうであろうと?
どうなろうと?

こうした人達は
自分の都合や
利害にしか関心がありませんから・・
自分が動けば?
全体の利益に繋がる
こうした発想は・・

そもそも
持ち合わせておりません。 (苦笑)


笑 知らねぇよ

別の記事では、
こうした人たちは総じて・・
リーダーには相応しくない人
との分析もなされていましたが
分析が浅い上、足りません。 (笑)

ドア付近に
立ち止まる人たちの中には
大企業で
管理職やってる人も居るでしょうし
組織の
マネジャークラスも居るはずです。

リーダーに相応しくない人たちがこのエリアに居座る
ことが問題なのではなく
リーダーに相応しくない人たちが大勢居ること
こそ大問題でしょう?

笑 アンタだよ

問題の本質は・・
マネジメント能力・・
状況判判断力に問題ある人が?
リーダーを務めたり
全体の利益を考えない人が
マネジャーやってたりすることなのです。

そして
いまこの国で最も問題なことは
不適材・・不適所が
連合の会長さんや
野党第一党代表など
アチラコチラに発生していることです。

そして・・
最も適さない人が
最も・・
不適切な地位に
留まっていることが

岸田 5

この国の問題を
更に複雑にしております。 (苦笑)

本日はこの
暗愚の総理大臣が犯した
歴史に残る愚策!

福島第一原発汚染水の
海洋放出について・・
逃電に放つ!
草の者の
内部告発です。

「今日は、福島第一原発の」
「汚染水について話すよ」

「この世紀の愚策は・・」
「近い将来、日本や周辺国への悪影響だけでなく」
「数十年後には、地球をも滅ぼしかねない」
「恐るべき愚策・・こう呼ばれると思うよ」

「岸田さんが・・」
「ALPS処理水と呼んでいる廃棄物は」
「一定程度、放射能無害化処理されてるが」
「多くの有害放射能物質が残留し、汚染されてる水」
「こう呼ぶのが正確だよ」

笑 なるほど そうなんだ

「何年か前・・」
「汚染水処理で生じる二次廃棄物を保管する容器から」
「廃棄物が溢れ出るトラブルがあったよね」

「あれは、ストロンチウムが出す放射線で」
「水素の泡が発生して起きた事故」

「安全に処理した水を廃棄しますって言ったって」
「日々増え続ける・・」
「こうした二次廃棄物はどうすんだよ?」

「この事故受けて、民間調査期間がやったよね」
「あるタンクから滴り落ちる」
「結露水を調べてみたら?」

「国際安全基準の2万倍」

「もの放射性物質が検出された」

「無害化処理しましたなんて言っておきながら・・」
「ぜんぜん無害化してないじゃないか」

「ウチの会社が、安全だ! 無害だ! とこう叫んでる水は」
「1046基ある処理水汚染タンクの」
「ほんの3%ほどのタンクにある」
「処理水のデータなんだよ」

笑 33-5 嘘だろ ホント

「保管タンクによって、放射能汚染濃度には、ばらつきがある」
「そんななかで・・」
「なんで、その3%のタンクを選んだのかってことだろ、問題は?」

「会社は知ってるんだよ」
「そのタンクの保管処理水は、比較的、汚染濃度が薄いってことをね」

「いま盛んに宣伝してる」
「海洋放出や汚染濃度調査なんて」
「まるで茶番劇なんだ」

「元々、放射能汚染濃度が低いタンクの処理水を」
「1200倍に薄めてよ」
「1キロ沖合の海に放出してんだよ?」

「1200倍に薄めた水を」
「更に海水で薄められたものを調べて」
「安全だぁ! 無害だぁ」
「喜んでるんだよ」

笑 ダメ 無理

「安全なら良いじゃないかって?」

「1回や2回なら・・」
「まだ許せるよ」

「この海洋放出は」
「最低でも30年かけてやるんだよ?」

「総量で、どの放射性物質を?」
「どのくらい海に流すんだよ?」
「問題はここだろ?」

「海藻や、それを食べる魚」
「海底を住処にする貝類など」
「みんな人間が食べるものなんだよ?」

「生物濃縮による人体への悪影響は」
「水俣病のように・・」
「発症して初めて・・」
「過ちに気付くんだ」

笑 越後屋 2

「今回の海洋放出はね」
「会社と政府の仕掛けなんだよ」

「なんで、30年かけて海洋放出するのよ?」
「安全だと言うなら?」
「一気に全部捨てちゃえば良いじゃない?」

「今月から少しずつ始めた海洋放出」
「まだ1ヶ月ほどしか経っていないのに?」
「報道も・・めっきり減ったでしょ?」

「1ヶ月でこの調子なら?」
「1年経ち・・2年経ち」
「5年後・・10年後はどうなる?」

「誰も関心寄せなくなる」

「会社や自公政権の狙いは、まさにここさ」
「誰も関心示さない時だったら?」
「何を放出しちゃったって」
「誰も目を向けない」

「保管タンクは、廃炉のときには」
「全部無くして更地にしなきゃならない」
「ここが大きなポイントなんだよ」

「一気にやったらいろんな問題が噴出するけど」
「徐々に・・」

茹で蛙 笑 カエル

「まさにこんな調子で捨て続けたら・・」
「誰にも気付かれずに」
「厄介払いが出来るってことさ」

「この・・海洋放出の本当の狙いを知ってる人間は」
「社内でも・・何百人といるよ」

「だけど・・」
「誰一人として、このことをクチにしない」

「毎月の給料のこと考えて言わないヤツもいれば」
「また会社が批判されるのを避けたいヤツいる」

「お偉いさんたちは・・」
「会社が無くなっちゃうと困るからね」

「政治家たちも・・」
「自分の責任にしたくないから」
「知ってても・・クチにしない」

「こんなことやってて・・」
「どうなっちゃうんだろうね、この国は」

笑 その通り 2

IAEAのお墨付きには
「計画どおりに実行することできれば」
との
前提条件がついていることを
忘れてはなりません。

こんな
都合の悪いことを隠蔽し続ける会社や
その場しのぎの悪政強いる政府が?
30年以上に渡り
計画どおりにコトを進めるなど
あり得ないハナシです。

汚染水の
海洋放出は直にでも中止し
地下水の流入阻止強化と
モルタル固化処理を目指すべきでしょう。

勘違いなさっている方もいらっしゃる
かも知れませんが・・
汚染水を海洋放出しても?
保管し続ける汚染水が
減るわけではないのですよ?
むしろどんどん増えていってるのです。

放射能を無害にする力は人類にはありません。
お金のために・・
自己保身のために・・
人類を危険に晒す
逃電と
自公政権の愚行は・・
すぐに止めるべきです!

政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 気弱な地上げ屋グルメブログワイン

「総理補佐官に矢田さん? 打ち合わせ通りよ。 私はね、メーデーなんかより、麻生さんと一杯やる方が好きなのよ!」 連合 芳野友子

本日はツカミに入る前に一言・・
皆様に、心より・・
厚く御礼・・

お詫び

申し上げねばなりません。

HN ワッパーJRさんから
戴いたコメント
「それにしても凄い拍手ですね。」
「私のブログなんて毎回1あるかないか・・」

レギュラーの皆さんはご承知ですが・・
グルメブログで言うこのボタンは・・
拍手ではなく
更新催促ボタン
としております。 (笑)

これが400超すと?
「そろそろエントリーアップしますね」
とこういう意味なのですが・・
気付くと
1000超すエントリーも! (大笑)

本当に・・
グルメブログのレギュラーは・・
しつこい!
ではなく・・
固くて・・強い!
ですね。 (笑)

有難いことです。
HN 元上司のように・・
自分の会社にある
数台のパソコンいちいち起動させ
このボタン押しまくってくれてる人も・・
いらっしゃいます。

笑 ありがとう 2

まぁ余程ヒマなんでしょうが・・(笑)
いや、冗談ですよ! I大社長! (大笑)

面と向かっては
とてもじゃありませんがクチに出せませんので
ここでお伝えしておきます

「有難うございますっ!」

さて・・
どうでも良い話はこれくらいにして (笑)
ツカミに入りましょう!

本日も・・
毎度、お馴染みの・・
グルメブログの準レギュラー!
このかたの・・
遺した名言から

富と貴とは、是れ人の欲する所なり
その道を以ってせざれば
之を得とも処らざるなり


貧と賎とは、是れ人の悪む所なり
その道を以ってせざれば
之を得とも去らざるなり


2論語 孔子

経済的な豊かさや
肩書などの
社会的地位の高さというのは
ほとんどの人が欲しがるもの

しかし、もしそれが
人の道や
道理に反する手段で得たものなら?
私(孔子)はそれを捨てます

経済的な貧しさや
地位の低さは
大抵の人は望まないでしょう

しかし
仮に、道理に外れた方法でしか
そこから抜け出せない!
としたら?

私なら
抜け出そうとせず
そのまま受け入れます


うーん・・深い!
実に・・
深い言葉です。

そして
この言葉への理解が
この世で最も浅いのが

岸田 矢田稚子

この
お二人でしょう。 (苦笑)

それでは本日は久々に・・
自民党本部に放つ!
臭の者に
ご登場戴きましょう! (笑)

「この前の内閣改造は・・」
「酷かったねぇ」

「普通は内閣改造すると?」
「どんなに酷くても支持率5%はアップする」
「それが下がっちゃうって言うんだから」
「岸田じゃ~なくて、危機だよ、ホント」

「官邸も党本部も皆渋い顔してる中で・・」
「一人高笑いしてる人がいるんだよね」

麻生は阿呆 2

「麻生さん」
「彼は・・大満足だろうね」

「国民民主から・・」
矢田稚子を一本釣りしたんだから」

「玉木さんとは・・」
「随分前から打ち合わせしてたみたいよ」
「人選に苦労した?」

「榛葉さんは、是非とも入閣したかったみたいだけど」
「流石に入閣までさせるメリットは」
「こちらには無い」

「連合出身の」
「元議員を総理秘書官に任命するってのは」
「こちらにとっちゃぁ・・最高の出来だよね」

「マトモな政治感覚持った人間なら?」
「まず受けるはずが無い」

「こっちとしたって・・」
「まぁ・・断ってくると見ての打診だったのだけど」

連合 芳野友子会長

「この人なんて・・」
「ホイホイ乗っかって来たもんね」

「今回の人事に・・」
「連合は関与してません?」

「記者会見でこんなこと言ったそうだけど」
「嘘じゃないよね」
「連合が関与していないってことは」

「自分が関与してたんだから」

笑 怒

「まぁこのおばさんは・・」
「こっちにとっちゃぁ・・使い勝手が良いよ」

「権力の甘い汁を・・」
「ちょこっと一口舐めさせると・・」
「途端に転ぶ」

「期待通り・・どころか」
「期待以上に踊ってくれる」

「いま・・自民党と連合は」
「過去にない、最高の関係じゃないかな」
「なんせ・・」
「自民党支持者が会長やってる」
「のだからね」

「だけど驚くのは」
「これだけじゃない」

「この前、顔見知りの・・」
「連合産別幹部とある席で遭った時・・」

「ウチの友子も良いけど・・」
「オタクのユウコも・・」
「悪くないね」
「なんて言い出すから」

「ウチのユウコって?」
「いったい誰なんだ? と思ったら・・」

小渕ワイン

「小渕優子だったんだよ」

「茂木さんの特命で」
「産別幹部のドスケベじじい連中の」
「接待係仰せつかって」

「見事に籠絡しまくったご褒美が」
「今回の入閣ってワケ」

「酒好きが高じて・・」
「こんなワイン配っちゃうくらいだから」
「爺さん連中の籠絡なんて」
「わけ無いことさ」

「まぁ自民党のオレが言うのもなんだけど・・」
「気の毒なのは、連合の組織労働者たちだよね」
「自分たちが払ってる組合費が」
「自民党との関係維持に使われてるんだから」

「もう連合産別も」
「トヨタ労連みたいに」
「自民党支持を明確にして」
「組織労働者に説明してあげたほうが」
「良いんじゃないの?」

笑 27-2

今から1500年以上前
ある人から
孔子は尋ねられました。

「政治とは・・何でしょうか?」
孔子は答えます。

「政とは・・正のことです」
「人々を正しい道へと導き・・」
「平穏で豊かな生活が叶う世に治める」
「これが政治です」

この国では今・・
道理に外れた政治が
日常的に行われ
それと気付かぬ人が
大勢います。

全ての物価が高騰する
狂乱物価は、日銀が主導する
狂気のゼロ金利政策が主原因ですし・・
次回エントリーで書く予定ですが、
「他に方法無いから・・」
との理由で行われている
福島第一原発の汚染水海洋放出。
環境破壊を平然と行う
本当の理由
を国民は知らされておりません。

気弱な地上げ屋
1000の拍手で大喜びしていますが (苦笑)
これを投票に例えると?
1000票・・。

笑 それを言っちゃ

小さな村の
村会議員に当選出来るか・・出来ないか
のレヴェルでしょう。

天下を穫るには?
あと・・
1999万・・9000票足りません。 (苦笑)
でもね、皆さん?

政治とは・・
正しい行いをすること

なんですよ。

多くの人が諦めて
手を緩めてしまえば?
向こうの思う壺
となります。

この
青臭いことを
息絶えるまで・・
やめる気など・・
さらさらありません!
気弱な地上げ屋はね。 (大笑)


政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 気弱な地上げ屋グルメブログ矢田稚子

「原発処理汚染水をなぜ海洋放出するのかって? 汚染濃度が高過ぎて、大気放出したくても・・出来ねぇんだよっ!」 危機だ文雄

気弱な地上げ屋
都内某所にそびえる (笑)
タワマン
自治会役員を務めていることは
古いレギュラーなら・・
ご存じでしょう。

笑い3

このタワマンで先日
驚くことが
起きました。

気弱な地上げ屋の携帯に
高層階にお住まいの自治会員から
電話が入ったのは・・
週末の夕方のことです。

「会長さん? 非常用ベルが鳴り止まないのだけど・・」
「どうすりゃ良いの?」

シャワーも浴びて
スッキリしたし・・
「さぁワインでも呑むか!」
という時に・・

笑 なんで 参ったな

ほんと参っちゃいますが・・
週末の夕方で
管理事務所の人間は帰っちゃってますし
緊急対応センターの人間呼ぶと
1時間以上待つことになります。

仕方ありません・・。
出動です。 (苦笑)

このタワマンの非常用ベルは
火災が発生した時には全フロアが・・
そして
避難用通路の扉を開けた時
その扉があるフロアだけが鳴るよう
設定されています。

この避難用通路というのは
火災などの非常事態が発生した際
エレベータが使えなくなり
その上、内部非常階段が
煙などで使用出来なくなることを想定し
緊急避難用の
外部バルコニから
階下へ降りるための
脱出用梯子へ通じる通路です。

この通路の扉を開けちゃうと?
そのフロアの
非常用ベルが鳴り響くわけです。

笑 なるほど

エレベータに乗り
ベルが鳴り響くフロアに到着すると・・
Aさんが待ち構えてました。

非常用ベルを止めるのは簡単な作業です。
エレベータホールにある
ベルの電源ボックスを開け
スイッチを切れば鳴り止みます。 (笑)

気弱な地上げ屋がフロアに到着して
20秒ほどで
非常用ベルは鳴り止みました。

この扉のドアノブは
簡単に開かないよう
ドアノブカバーが取り付けられていますが
「この扉・・どこへ通じるのだろう」
事情を知らない
興味を持った子供が
開けちゃって
ベルを鳴らしてしまう
こうしたトラブルが
年に数回発生します。 (苦笑)

治まったところでAさんに尋ねました。
「誰が避難用通路扉開けちゃったのですかね?」
「子供が間違って開けちゃった?」

ところがAさんの答えは・・
驚くものでした。
「これ・・ボクが開けちゃったんです」

笑 やっちまった

「今朝、仕事帰り・・6時頃ですかね」
「ドアノブカバーが落ちてたんで」
「取り付けようと・・いじってたら」
「ドアが開いちゃって・・」

「リンリン鳴り響いてたのですが」
「眠かったので・・」
「家に帰って一眠りしたのです」

「その後、昼過ぎに・・」
「出かけるときも」

「まだ鳴ってたんですが・・」
「急いでたし・・誰かが止めてくれるだろう」
「そう思ってそのまま出かけちゃって・・」

「そして、さっき帰ってきたら?」
「まだ鳴ってるんで・・」
「怒られると思いましたが」
「会長さんに電話したってワケです」

笑 コノヤロー

気弱な地上げ屋がベルを止めたのは・・
夕方6時半過ぎです。

つまりこの・・
非常用ベルは
12時間以上鳴り続けていた
ことになります。 (苦笑)

これには驚きました。
メーター確認したら・・
そのフロアの全住戸が在宅してました。

朝から在宅している人などは
12時間以上も
非常用ベルが
鳴り響いているのに
普段と何ら変わらぬ生活続けてた
ことになります。

因みに、この非常ベル。
大音響が鳴り響くだけでなく
「緊急事態が発生しました。 避難して下さい」
アナウンスも流れます。

このアナウンスを?
12時間以上聞き続けてた人って?
辛抱強い人?

笑 違うだろ

そりゃ・・
辛抱強いとも・・言えますが。 (苦笑)

そもそも問題の本質は
非常用ベルを
どうやって止めるか?
ではなくて
何が原因で鳴ってるのか?
鳴ってる原因の究明でしょ? (苦笑)

本当に緊急事態だったとしたら?
そのフロア全員・・
◯◯です。

多くの人は・・
自分の思い込みを信じ
経験したことのないことは・・
「大事に至ることはない」
過小評価しがちです。

心理学的に申しますと・・
「こんな迷惑な音を住民が我慢し続けるわけは無い」
「だから誰かが止めてくれるだろう」

こう考えたAさんは
正常性バイアスがかかった状態。

大音響でベルが鳴り響き
「避難しろ!」
こうしたアナウンスが聞こえるのに?
普段通りの生活をし続けた
このフロアの皆さんは・・
「どうせいつもの誤作動だろ?」

こうした心理状態を
楽観バイアス・・

笑 ふーん

というそうです。

また
自分の思い込みを裏付ける
都合の良い情報だけを集める心理傾向を
確証バイアス
と言うそうです。

何れも
この国の皆さんには
多く存在する
心理傾向だそうですよ。 (苦笑)

そして
これらの心理傾向に陥ってしますと?
判断を誤る
結果となります。

判断力というのは
最も重要な能力の一つです。

常日頃から・・
自分自身の思い込みを疑うこと
が重要です。

さて本日のエントリーは
支援者の
世話を焼くより
卵を焼くほうが得意!

そして
キチンと政治を行うことより・・

維新 馬場

キッチンで
掃除するほうが得意な
このオトコの
行状を
「詳しく書いてくれ!」

こうしたリクエストを
何件か頂戴しておりますが (苦笑)
この件は・・
もう少しボロが出てから
やりましょう! (笑)

そして、福島第一原発の
逃電による
汚染水海洋放出。

先日、驚くような情報が入りましたが
これは
いくらグルメブログと言えども
噂の段階で書けるようなネタではございません。

驚 驚愕 オイオイ 笑

逃電に放つ草の者に
もう少し詳しく情報を伺ってから・・
もうその頃には
報道されているかも知れませんが (苦笑)
皆さんにお届けする予定です。

さて!ガソリン価格が
過去最高を更新し続けております。

その結果、輸送コストを圧迫し
結果として、あらゆる物価上昇に繋がってゆくのですが
岸田政権は、相も変わらぬ愚策
巨額の補助金で価格抑制を図っています。

もう6兆円超す血税を!?
こんな愚策に費やしているのですよ。
これだけでも驚きなのに
更にこれを続けようって言うのですから
正気の沙汰とは思えません。

トリガー条項を発動すりゃ済むハナシなのですが・・
恒常的な実質減税に繋がる政策は
罪務省ベッタリの
岸田政権にとって
選択の余地ありません。

プーチン

そもそも・・
ガソリン価格が上昇し続けるのは
なにも
このオトコのせいだけではありません。

最も大きな原因は
円安です

つまり・・
こうなった原因を作ったのは
むしろ
このオトコの所業によるところが
大きいのです。

黒田 4

諸外国は
4%とか5%で運用している金利が
この国では、ほぼゼロ。
まったく
勝負にならない
のです。

政治もダメ!
行政もダメ!

まさにダメ押し状態の
この国ですが・・
更にダメなのが・・
この人たちです。

連合 芳野友子会長

やるべきことをやらず
やらなくても良いことを
率先してやっております。

こうしたことを考慮すると・・
最も罪深い人たちは
この組織の
幹部連中
かも知れません。

自民党が
野党分断のパートナーとして
国民民主を迎えてるのも
この人たちの
暗黙の了解
あってのことなのですよ。 (苦笑)

野党共闘を阻む
最大の障壁は
この人たちに他なりません。

仮に・・ですが
立憲民主党が立ち直れるとしたら?
この人たちとの決別を宣言したとき
でしょう。

立憲は立ち行かなくなる?
まったく見当違いです。

決別宣言されて困るのは・・
連合の方です。

泉 ま健太

だから連合は
決して
決別宣言などする余地のない
このオトコを
代表に据え続けているのです。

このオトコはですね・・
連合の後ろ盾があるから
いつまで経っても
どんなに・・
批判浴びようと
連合にとって
都合の良い操り人形でいる限り・・
居座り続けられるのです。

笑 なるほど

本日のエントリーは・・
相当愚痴っぽくなっちゃいましたが・・(苦笑)
世の中の暮らしが
益々
暮らし難くなってゆくのは
政治がダメ
だからです。

ここで間違ってはいけないのは
政治がダメ
というのは?
自公政権だけが悪い
ということではありません。

原発事故の収拾失敗には
当時の
民主党政権に大きな責任がありますし
トリガー条項なんて
中途半端な政策行わずに
政権担ってる・・あの時
ガソリン諸税を整理統合し減税行えば?

拍手喝采したのは
我々支援者だけではなかったでしょう。

笑 その通り

政治は
国民を写す鏡です。

この国の政治がダメなのは・・
選挙権という
民主主義の根幹を成す権利を
行使しようとしない有権者が
余りに多いことの結果なのです。

「自分の一票じゃ何も変わらない」
多くの国民に
こう思い込ませる
自公政権の策略に
3000万人超える有権者が
まんまと乗せられちゃっている

のです。

なぜ、ホタテ支援策に?
207億円もの血税
注ぎ込まねばならないのか?

答えは簡単で・・
この人たちは選挙の時
必ず投票に行ってくれるからです。 (苦笑)

では、我々はどうすれば良いのか?

皆さんの周りに
大勢いる
正常性バイアスに陥りやすい人
楽観バイアスで判断しちゃう人
こうした人達に
間違いに気付かせてあげる
ことです。

100人声掛けて
5人が応じてくれたなら?
何が起こるか?

投票率が
5%上昇すると?
皆さんがいま見ている
世の中の風景が・・
一変します。
本当ですよ。 (笑)

高くそびえる山々も
地道に一歩一歩・・
歩みを進めれば
やがて頂へと到達するのです。


政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 気弱な地上げ屋グルメブログタワマン正常性バイアス同調性バイアスタワーマンション楽観バイアス確証バイアス

「9月の内閣改造で入閣します。 連合? 芳野さん始め役員みな外面と逆に自民党が大好き!大賛成ですよ」 国見ぬ主 玉木雄一郎

人間関係を表したり・・
周囲の環境との状態を表す表現に
共依存」という言葉がございます。

耳にしたことのある人も
多くいらっしゃるでしょう。

笑 知らねぇよ

よく似た言葉に
相互依存」という表現がございますが
この2つの
よく似た表現は
まったく異なる状態を表します。

相互依存状態というのは
互いに相手に依存し合う状態であり
多くは・・
互いにとって
利益になる状態です。
決して悪いことではありません。

翻って共依存

笑 それがどうした

ここでの依存とは
自分以外の何かに
頼って依存する状態であり
一種の
病的な状態とも言え
好ましいことではありません。

自分に対する
他人の評価を
異様なまでに気にする人

承認欲求が、極めて強い人
他人の顔色を伺い
自らの気持ちや考えを・・
クチに出せない人

つまり、分かりやすく言いますと・・
気弱な地上げ屋
真逆の人
というのは?

共依存状態に
陥りやすい人
と言えるでしょう。 (笑)

笑 なワケねーだろ

共依存状態の
何が一番問題かと言いますと?

共依存状態の人は
ストレス過多になりやすく
疲れも溜まり
その結果、精神状態も
不安定になりやすい傾向が多く見られます。

自立心の欠如が顕著となり
自尊心も
徐々に失っていきます。

特にこの自尊心というのは重要で
自尊心を失っていくと
極めて深刻な
体調悪化の原因となる場合があります。

あるデータによると
うつ病を患った患者さんの
90%以上が
自尊心がほとんど無いか
あるいは、ほぼ喪失している状態
だそうです。

笑 眉唾

気弱な地上げ屋とは
まったく関係ございませんが (笑)
怖いですねぇ・・
共依存

因みに先程・・
相互依存
決して悪いことではない
と、こう申しあげましたが
相互依存状態が破綻すると?
当然のことながら
困ったことが起きます。

夫婦で言うと・・
離婚 (苦笑)
共同経営や
提携関係などの
共同作業の場合は・・
仲間割れ
を起こします。 (笑)

もう随分
以前のことのようにも感じますが
グルメブログ
コメント!?
寄せて戴いたこともある! (笑)

玉木 希望

このかた。 (笑)

最近・・
自民党への露骨なすり寄りを
隠そうともしない
このかた。

自民党との本当のご関係は?
共依存でしょうか?
それとも?
相互依存
なのでしょうか?

答えは・・
どちらでもありません。

今日から依存
だからです。 (笑)

それでは本日はまず・・
国民を見ぬ・・
ではなく
国民民主に放つ!
臭の者に
盛り上がっているのか?
盛り下がってるのか?
さっぱり分からないこの党の
状況を
伝えてもらいましょう! (笑)

笑 やる気あんの

「玉木さん?」
プロジェクトABCなんて言ってた頃に比べりゃ?」
「だいぶマシになったんじゃない?」

「新春の頃だね・・」
「折角、政府予算案に賛成し」
「連立与党入りの毒まんじゅう食らったのに」
「自民党から袖にされた時は、しょげ返ってたけど」

「統一地方選で、まずまずの結果になって」
「随分と元気になった」

「そりゃ、あのくらいの結果は出せるでしょ?」
「腐ったって一応・・」
「680万人いる組織の」
「半分以上が応援したんだから」

「玉木さんは、自民党からニンジン」
「大臣ポスト匂わされてた頃は」
「そりゃ、はしゃいでたよ」

「岸田総理自ら! このオレに」
「大臣ポストを約束してくれた」


「正気を疑うくらい浮かれてたけど・・」
「はしゃぎ過ぎだよね、ありゃ」

笑 その通り そう思う 3

「自民党にしてみりゃ・・」
「下手に与党入りさせて」
「自公議員と選挙区で揉めるよりは」

「野党で居たまま」
「引っ掻き回してくれてたほうが」
「好都合」

「そこらへんが・・」
「分かんないだね、あの人は」

「代表選?」
「前原さんの後ろに? 小沢さんが?」
「そりゃ深読みし過ぎだよ」

笑 そりゃ そうだ

「前原さんの狙いは・・」
「仲の良い維新の連中と組んで」
「勢力伸ばし」
「自民党の一部と連立組んで」
「自分が総理に収まること」

「いまの国民民主じゃ」
「この勢力で連立したって」
「雑巾掛けから始めなきゃならないでしょ」

「ウチの代表選は、ポイント制で」
「合計111ポイントのうち、56ポイント獲得したほうが」
「次期代表となる」

「玉木さんの圧勝?」
「そんな大差はつかないよ」
「そりゃ玉木さんが勝つだろうけど・・」
「下手すりゃ、60vs51ポイントなんてこともあるだろう」

口先 前原 蓮舫

「前原さんは・・」
「やっぱりまだ、希望の党大失敗の残像が残ってるからね」
「今のこの・・多弱野党状況を作った責任者だから」

「玉木さんは」
「政策抜きで一つに纏めようとすることは」
「国家・国益にならない」
「なんて言ってるけど・・」

「提案型野党なんて言ったって?」
「長続きした政党なんてあるの? この国に」

「今あるどの野党だってね」
「単独で政権取れる野党なんて無いんだよ」
「だったら?」
「共闘するしか・・手段ないでしょ?」

「確かにね」
「前回衆院選で、289ある小選挙区のうち」
「213選挙区で候補者一本化したけど」
「選挙区で勝利したのは、65」

「だけど、負けた選挙区のうち」
「33もの選挙区では、惜敗率95%以内だったんだよ」
「一本化出来なかったら?」
「もっと負けてただろう」

笑 良く考えろ

「いまの野党に対して」
「善良な有権者が求めているのは?」

「自公政権の問題点を正すことだけじゃなくて」
「自分たちが目指す社会を」
「誰もが理解出来るよう、分かりやすく示すことだよ」

「えっ? ウチの代表選のハナシ?」
「要するにね」
「玉木さんが代表になっても?」
「前原さんが勝ったとしても?」
「自民党との距離感が」
「1ミリと2ミリの違い程しかない」

「それもこれもあの・・」
「女狐のせいだよ」

連合 芳野友子会長

「高木さんや」
「笹森さんが健在だったら?」
「こうした混乱は起きなかった」

「思い出しても仕方ないけど」
「やれやれ・・って感じだよね」

なんでこうも
自民の勢力が強大になりすぎて
どいつもこいつも?
すり寄りたがるのでしょうか?
理由は簡単です。

自民党に入ったり
自民党と一緒にやったほうが
この国では
楽が出来るからです。 (苦笑)

国民民主 玉木 前原

何事も、成し遂げるまでは・・
常に不可能に見える

かのネルソン・マンデラさんの遺した言葉です。

マンデラさんは続けて・・
こうも仰ってます。

途中で諦めてはいけません
なぜならば?
途中で諦めてしまったら?
得るものより
失うものの方が・・
ずっと多くなってしまう
からです

目標を見失い
途中で諦めてしまったら?
自公政権や
彼らを操る
霞が関の皆さんの
思うツボ・・
ということです。


政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 共依存相互依存グルメブログ気弱な地上げ屋

「オレたちはね? 自民党の補完勢力じゃなくて第2自民党なんだよ。 あっ!コレ言っちゃマズかった?」 日本維新の会 馬場伸幸

なんだか最近・・
年寄りの
昔話のような
ツカミが多くて・・
大変恐縮しております。

とこんなこと言いながら本日も・・
なのですが
人として持つべき能力で
最も重要で
必要なものとは?

レギュラーの皆さんなら?
良くご存知でしょう。

笑 またかよ

そう! (笑)

判断力
です!

少し前のエントリーのツカミでも
使いましたね。

「運が良い」
「不運だった」
いろんなことで
ぬか喜びしたり
お悩みの方もいらっしゃるかも
知れませんが

運の良し悪しというものは・・
世の中に存在せず
良い結果も
悪い結果も
ご本人が
そうなるように判断し
行動した結果


グルメブログでは
このように考えております。

なんで、こんなツカミを
本日持ってきたか?

それは・・
致命的な判断ミスをした人を
目の当たりにしたからです。

ビックモーター

この会社の
今回の一連の
驚くような行動は
今更ご説明する必要も無いでしょう。

♪ 車を売るならビッグモーター ♫
あの・・
とても
プロが作曲したとは思えないメロディー。 (苦笑)
一度は耳にしたことが
ありますよね。 (笑)

先頃行われた
記者会見では否定していましたが
社長のもとには
1年以上前に
自身の甥っ子から直接!?
組織的不正を告発する
情報が届けられていたようです。

しかし、是正するどころか
調査すらしなかったのです。

笑 怒 驚 バカ

ここに
致命的な判断ミスがございました。

「社外にバレやしないだろう」
たか括ってたのでしょう。 (苦笑)

そして、この会社と同様に・・もう一社
判断を誤った会社がございます。

本日はまず・・
ビックモーター保険幹事会社にして
今後
金融庁から厳しい追求を受けることとなる
損保ジャパンに放つ!
草の者のご報告を伺いましょう。 (笑)

ビックモーターは・・」
「社内でもアンタッチャブル案件の略で」
「A案件って呼ばれてる会社」
「全然、えーワケないのだけどね」

「37人も出向社員送ってて?」
「不正に気付かぬワケない?」

「37人というのは、これまで出向した社員の合計」
「ここ数年は・・5人くらいだよ」

「でもその中に、保険請求担当部署の責任者もいるから」
「まったく気付かなかったってのは」
「相当苦しいよね」

笑 そりゃ そうだ

「問題は・・」
「保険金請求される側の保険会社が?」
「なんで、不正請求を?」
「見て見ぬふりしてきたか? ということ」

「分からない?」
「答えは簡単だよ」

「見て見ぬふりして」
「やらせておいたほうが・・」
「こっちの利益になるからさ」

「不正請求で・・」
「多少、上乗せされたって」
「事故起こすようなやつらは」
「保険契約継続するでしょ?」

「事故によって保険等級が下がれば?」
「契約者が支払う保険料は上がる」

「保険会社が得することはないけど」
「行って来いで・・トントン」

「もっと大きいのが・・」
「保険代理店としてのビックモーターが持ってくる」
「保険契約」
「その額たるや・・いくらだと思う?」

「ウチだけで・・」
「自賠責保険料入れてだけど」

「年間100億円近くに上る」

笑 23 ビックリ

ビックモーターはね」

「国内有数の」
「保険代理店なんだよ」

「だけど今回不正が発覚したことで・・」
「見込み客からは、損をジャパンとか」
「損よ!ジャパンなんて」
「言われるだろうね」

「この件、最終的には・・」
「経営責任にまで行くんじゃないの」

笑 39 その通り

損よジャパン? でしたっけ? (笑)

何を隠そう
気弱な地上げ屋は何年か前。
この会社と裁判した経験がございます。 (笑)

結果?
勿論勝ちましたよ。 (大笑)

「個人客? ゴミみたいなもんよ」
「裁判? やれるもんなら? やってみな?」

こうした対応
露骨にしてきたものですから
即座に提訴!
してあげたわけです。 (笑)

他の関係保険会社からも
白い目で見られ
すっかり
そっぽジャパン状態。
この会社も
多分・・
社長辞任にまで
行くと見ております。 (笑)

さて本日は
グルメブログの不変のテーマ

このまま自公政権が続くと?
「大変な事態になりますよ!」


この秋から運用開始される
インボイス制度について
霞が関に放つ!
草の者に
解説してもらいます。 (笑)

「この秋から始めるインボイス制度」
「良くまぁこんな大きな制度変更を」
「やったもんだよねぇ」

「消費税の軽減税率導入を咽む代わりに・・」
インボイス制度を紛れ込ませ、法案成立させた」
「罪務省の悪賢さを」
「象徴するような制度だよ、これは」

笑い 怒り

「消費税納税事業者の申告ミスが多数発生し・・」
「申告ミスをなくすことを目的として」
「なんてのは、表向きの理由で」

「本当の理由は」
「事業者収入を正確に捕捉し」
「徴収漏れをが起こらぬよう」
「毟り取る」

「消費税の免税事業者を無くす」
「これだよ」

「年間売上が300万円程度の」
「零細事業者の年間増税額は」
「約14万円弱」

「零細事業者を・・」
「狙い撃ちにした増税でしょ、これは?」

「そしてね」
「罪務省は決して認めないけど」
インボイス制度導入によって」
「課税対象事業者の拡大というのは」
「将来の消費税増税に備えた布石」
「こう見るのが、霞が関では常識だよ」

「何と言っても消費税というのは」
「税収の柱! だからね」

「今や、年間22兆円超す・・最大の税収減」
「国民が息絶えるまで・・」
「引き上げたいと考えてるのだろうね」
「罪務省は」

日を追うごとに
格差が拡がり続ける
この国の現状で
更に
大増税など行えば、どういうことが起きるか?

火を見るより
明らかでしょう。

小林センセ 国民怒りの声

良いですか、皆さん?

自公政権というのは
16兆円!
という信じられない規模のコロナ予算のうち
数兆円という
気が遠くなるようなお金を
使徒がはっきりしないことに
支出しちゃって
知らんぷりしてるのです。

こんな連中が
「お金が足りなくなったから増税します」
こんなこと言ったって
誰が納得するのですか?

まさか冗談だと思って聞いてたのが・・
このかた達の

維新 4

次の総選挙で
野党第一党となるための戦略。

現在の
野党第一党の
議席を減らすこと
を目標とした戦術を
用いるそうです。

流石は・・
第2自民党です。

具体的に
どんな選挙戦術かと申しますと・・

前回総選挙で、
与野党一騎打ちした選挙区のうち
立憲候補が勝利したか
選挙区で落選はしたが
惜敗率で復活当選した選挙区に
重点的に候補を擁立する
というやり方。

つまり・・早いハナシ。
野党系の得票を減らし、落選させ
自民党候補者を勝たせる
こととなります。

自民党からしたら
こんな喜ばしい戦術は
願ったって
叶うもんじゃないでしょう。

驚きました。
維新を支持するのは、個人の自由でしょうが
支持者の皆さんは?
こうした戦術が
結果として、与党を利することとなる
このことに・・
お気付きなのでしょうか? (苦笑)

笑 知らねぇよ

人のことは
あまり言えた義理ではございませんが・・
この政党の戦術が
見事成功するようなことが
もし仮に起こったとすると?
この国の混乱と荒廃は
この先、益々進むことでしょう。

次の選挙は
個々の有権者の・・
そして、日本人全体の
判断力
これが試される場と
なるでしょう。

しかし、このことに気付いてるかたは・・
どれほどいらっしゃるでしょうか?

1人でも多くの有権者に
気付いてもらわないことには
この国は
本当に・・
取り返しのつかない
どうしようもない国へと
突き進むことになります。

政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : ビックモーターインボイスグルメブログ気弱な地上げ屋

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ