FC2ブログ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

「晋三ちゃん? 10月総選挙しかないよ!野党の準備が整わないうちにね。 勝利の方程式さ。 ところで方程式ってナニ?」 麻生太郎

本日の掴みネタのテーマは・・
「勘違い」

誤解や
勘違いに気付かぬままでいると・・
程度の差はあるにせよ
思わぬトラブルに巻き込まれたり
とんだ災難に遭うことは
避けられません。

しかし
勘違いの多くや
誤解は
ほんの少しの注意を
しさえすれば?
防げるケースが
ほとんどのはず・・
です。

笑 オイオイ 2

先日・・
近所の大型靴店に行ったときのこと。

その靴屋は
いつもサンダルの安売りセールをやっていて
重宝してます。 (笑)

この日もサンダル買いに行ったのですが
店舗入口脇に設置された
ワゴン一杯のサンダルを物色し始めたら?
店の中から
大声が聞こえてきました。
しかも、相当怒気を含んでいます。
これは・・
尋常ではありません。

様子を窺いに
店の中に入ると・・
近所の顔見知り
熊蔵さんが
店長相手に、
凄い剣幕で怒鳴りつけてます。

なぜ なんでだろう 笑

この店は
店長のSとも
顔見知りです。

こういうときは
揉めてる双方の顔見知りが
間に入るのが
最も早い解決法です。 (笑)

「まぁまぁお二人とも落ち着いて・・」
「どうしたっていうのよ? 熊蔵さん?」

「おぉ! 気弱な地上げ屋さんじゃねぇか?」
「聞いてくれよ!」
「この店ったら・・人をバカにしやがって!」

高血圧症の持病がある熊蔵さん。
気弱な地上げ屋の顔を見ても
気が収まりません。
血圧は多分・・
200をゆうに超えてるでしょう。
こんなところで倒れられたら?

葬式 葬儀 告別式 三角 白い布

こっちが困ります。 (笑)

「よぉよぉ熊蔵さん? そんなに興奮しちゃぁ?」
「体に悪いよ」
こうしたときは
あまり興奮してない方から
ハナシを聞いたほうが良いでしょう。
「で、Sさん? いったいどうしたって言うのよ?」

少々ふてくされた顔した
S店長。
「このお客さん・・気弱な地上げ屋さんのお知り合いですか?」
「このお客さんが勘違い・・」

「なんだと!?」
「まだオマエ! このオレが悪いって言うのか!?」
熊蔵さんが
横から声を荒げます。

「まぁまぁ熊蔵さん? 落ち着いて・・」
「まずは、ここに腰下ろしなよ」
「ここはアタシに任せなって」

「判ったよ・・」
ようやく熊蔵さんを落ち着かせ
店長にハナシを聞きました。

「ですからね? 気弱な地上げ屋さん」
「ウチが店先に出したこの・・のぼり旗」
「書いてあるでしょ?」
「靴 下取り放題! 超拡大してます!」

「これをね? このお客さんが・・」
「靴下はどこにあるんだ? 取り放題なんだろ?」

笑 オイオイ 2

「これじゃ・・」
「イチャモンですよ」

事の次第を悟った気弱な地上げ屋
固まってしまいました。 (苦笑)

「靴下取り放題! 超拡大してます」
こう書かれたのぼり旗を・・
熊蔵さん。
「靴下 取り放題! 超拡大してます」
勘違い・・
しちゃったようです。 (苦笑)

靴屋なんだから?
靴下なんか売ってるワケないだろ?
考えりゃ分かるようなもんですが・・
靴下買いに行こうとして
店の前通りかかった
熊蔵さんにとっては
「ラッキー!」
勘違いしちゃったようです。 (苦笑)

でも勘違いが明らかになった後の
熊蔵さんの態度は
「Sさん? このアタシが悪かった! このとおりだ!」
生粋の江戸っ子らしい
スジの通ったものでした。

笑 1

熊蔵さんのように・・
ご自身の間違いや
勘違いに気付いたら
直ぐに過ちを認め
迷惑かけた相手に謝罪する。

軽微な紛争における
自身への
被害を最小限に留めるコツです。

しかし
世の中には
これとは真逆の対応・・。
つまり、自身が
間違っていたことに
気付いても?
誤りを正すどころか
間違いを正当化し
言い訳ばかりを言い募る。
こうした人も
大勢います。

特に
こうした人が多いのが・・

安倍 2-3

この人を始めとする
この人の
周囲の人々ですが
我々野党の側にも
残念ながら
少なからず
こうした人達が
居ります。 (苦笑)

代表的な人たちに・・

前原 15 口先野田8菅99

この人達がいますよね。 (笑)

とっても罪深き
罪多き人たちですが
この人達の
最大の大罪は
消費税増税を主導した
ことです。

今回の
コロナ禍に於いても
罪務省は
良い仕事をしました。

ここで気を付けて戴きたいのは
この「良い仕事」というのは

笑 驚き ぎょっとする

罪務省や霞が関にとって良い仕事
であって
決して!
多くの国民にとっての
良い仕事ではございません。

今回のコロナ禍。
奴らの最大の成果は
消費税減税
議論を持って行かなかったこと
です。

自民党内でも
若手を中心に
消費税減税
生活支援の中心に据えるべし

こう唱える人たちも
ある程度いました。
しかし
暫くすると?
こうした声は
まったく聞こえなくなったでしょ?
全て・・
罪務省を中心とする霞が関に
鎮圧されたからです。

そして鎮圧された政治家のなかには

枝野 演説

この人もいました。

エッ?
小さ過ぎて・・
誰だか分かんない?
分からないままで・・
良いですよ。 (笑)

都知事選に於いても?
野党統一候補が実現しなかった
理由は
関係する人それぞれに
少しづつ
責任があるのですが
それはそれとして
なぜ?
この人が・・

山本太郎 れいわ

都知事選挙だと言うのに?
消費税減税での野党合意
拘ったのか?
このことに
注目すべきです。

それではここで!
れいわ新選組の内情をよく知る人物に
今回・・
なんで出ちゃったの?
について (苦笑)
語って戴きましょう。

「太郎が野党統一候補の条件として・・」
「消費税5%への減税公約を条件にした理由」
「衆院選を見据えてのものだよ、勿論」

都知事選に?」
「消費税は関係ないだろ?」
「確かに関係ないよ」

笑 ずっこける ズル

「だけどね。 野党統一候補として出馬したとしても?」
「2月以来、連日テレビのスポットライト浴びてる小池さんに?」
「勝てるわけないじゃない?」

「要するに・・負け戦に出陣してくれ?」
「特攻隊に志願してくれ!」
「そう言ってるのと・・同じことよ?」

「だったら・・都知事選の後に控える」
「総選挙でも? れいわの公約の一丁目一番地」
消費税減税で? 野党がしっかり連携出来るのか?」
「見極めるのは?」
「当然じゃない?」

笑 そりゃ そうだ

「ところが・・玉木は玉木で」
「実質小池支援だし・・」
「枝野は乗って来ると思ったけどね」

「枝野が乗れなかった理由」
「れいわの公約に乗っかるということは」
「野党の盟主の座も譲ることになる」
「そう思ったのだろう」
「小っちゃいヤツだよ、まったく」

「とてもじゃないけど、なんの見返りも無しに?」
「討ち死にしてくれ?」
「ハイ結構ですよ・・」
「そんなヤツいるわけないでしょ?」

「もう・・罪務省の洗脳が説けない人たちを相手にしたって」
「埒明かないってことですよ」

「宇都宮さんには敬意表してますよ、太郎は」
「選挙の邪魔する気もサラサラありません」
「だったらなぜ? 党内にも出馬断念を求める声が充満してるなか」
「敢えて出馬したのかって?」

「1つ目は・・」
「連合東京が、小池支援で表立って動くとなったから」
「2番手取れる可能性があるってこと」
「2番取ったからって? それがどうしたって?」
「どうもしないよ!」

真っ逆さま 笑

「出馬を決断した最大の理由は・・」
「党の金庫なんだよ」

「金庫の風通しが」
「良くなり過ぎてる」

「去年の参院選のときは・・」
「実質3ヶ月間にだよっ?」
「33000人ほどの支援者から」
「4億もの寄付が集まったんだ」

「党本部の賃料は・・諸経費入れて月300万弱」
「人件費なども入れると?」
「毎月、息しているだけでも500万は出て行くんです」
「参院選後、もう1年近く・・」
「収支の赤字が続いてる」

「顔と名前を・・」
「メディア通じて売り込んで」
「山本太郎ここにあり!」
「しっかりやるから寄付してね!」
「これを示す必要があったんですよ」

気弱な地上げ屋さん? アンタも言ってたじゃない?」
「本丸の衆院選のために・・都知事選に出るべき!って」
「結果的に・・そうしたってこと」
「実際、寄付も飛躍的に増えてるしね」

カネ 金

結局のところ・・
カネのためってとこが
イマイチですが (苦笑)
綺麗事言ってても
政治なんて出来ないことも事実ですし
選挙やるには?
カネがかかるってことも事実。

ここは・・
強い批判は
避けることと
致します。 (苦笑)

勘違いには
やむを得ない側面もございます。
ただ、政治家には
一秒でも早く
勘違いに気付いてもらわないと?
困るのは・・
そんな人物を支援してきた
支援者であり
多くの国民です。

笑 だろ そうだろ

勘違いを
勘違いだと気付かず
或いは
気付いていたとしても?
しらばっくれて?
勘違いしたまま
前に進もうとする。

こんな政治家には
いくら期待しても
時間を無駄にするだけ
です。

欠点は多くても・・
霞が関を
根本から作り変える。
この大事業をやり遂げられる
可能性が少しでもある政治家

山本 太郎ちゃん 3

グルメブログでは
全力で支援することと致します。

理想的な政治家など
この国には存在しないのですから・・
よりマシな政治家を
選ぶより他・・
ございません。 (苦笑)

因みに・・
気弱な地上げ屋は
仁義を固く守る
ことを
旨としております。 (笑)

今回の都知事選

宇都宮センセ

このかたの・・
陣営を代表し
開票立会人を務めることを
皆様に
報告申し上げます。 (笑)

スジを間違えることは
誰しも
あるかも知れません。
しかし
スジを曲げることは
決してしては
いけません。


政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 気弱な地上げ屋 グルメブログ 都知事選 消費税減税

「前田ハウスの家賃? 臀痛さん持ちです。 1日15万ですよ? 私が配るカネから見りゃ端金です」 血税にたかるシロアリはお前田

多少なりとも
アメリカ史を学んだかたなら・・
名前くらい聞いたことがあるでしょう。
セオドア・ルーズベルト

合衆国第25代副大統領にして
第26代の大統領です。

日本では
日露戦争終結の仲介者としてのほうが
有名かもしれません。
彼は、この功績により
アメリカ人としては初めて
ノーベル賞(平和賞)を受賞しております。

笑 ふーん

彼は
大統領を2期務めた後
当時からあった
3選禁止規定に従い
自身の後任に
当時、盟友で友人でもあった
タフトを推薦し
支援した結果
タフトは大統領の座を射止めました。

ところが、タフトは
大統領に就任した途端
ルーズベルトの政策や業績を
次々とないがしろにしたため
我慢の限界を超えたルーズベルトは
タフトを大統領の座から引き摺り下ろすため・・

笑 江頭

自ら
大統領選に立候補したのです。

これが世に言う
現職、元職大統領が並び立つ
1912年のアメリカ大統領選挙です。

この選挙戦の最中。
こんなことが
起きたそうです。

ルーズベルト選対では、
ルーズベルトの「写真付きビラ」を作ることを決め、
300万枚制作しました。
出来上がったビラを眺めていた選対責任者が
ハタと気が付きました。
「写真の使用許諾を取ってないっ!」

当時アメリカの著作権法では
写真の場合
撮影者は
写真使用者に対し
1枚につき
最大1ドルの著作権料を
請求出来ることになっていました。

1枚につき1ドルだとして?
300万枚ということは・・?

300万ドル!?
この金額の現在価値を
日本円で換算すると・・
約60億円です。
選対スタッフは皆・・青ざめました。

笑 寒い

連日連夜の選対会議の結果
ある知恵者の妙案を
試してみることになりました。

著作権持つ写真家に
次のような手紙を送ったのです。

「私達ルーズベルト陣営は、写真付ビラを300万部配布する計画がある。 掲載される写真家にとっては、格好の宣伝機会だと思われる。ついては、貴殿の写真を使用した場合、いくらなら払う用意があるか? 至急連絡されたし」

返ってきた手紙には
こう書かれていたそうです。
「有難い機会ですが・・私は250ドルまでしか払えません」

60億円近い損失が発生しかねない状況を
損失ゼロどころか
僅かとはいえプラスにする。
ハーバード流 交渉の達人で描かれた
交渉術の極意・・
だそうです。

まぁ気弱な地上げ屋にしてみれば・・
こんなこと当たり前過ぎて・・(笑)
なんでこれが交渉の達人なのか?
さっぱり理解出来ませんが・・
交渉の達人なんだ!
そうです。 (大笑)

ところで、本日エントリーのツカミに?
どうして
こんなハナシを持って来たのかと
申しますと・・
先日行われた

サービスデザイン推進協議会 電通

この連中の記者会見。

あれを見ていて
「ピンチをチャンスに変えちゃってるよ、コイツら・・」
強くこう
感じたからです。 (苦笑)

それでは、本日はまず・・
あの会見で
ヘラヘラと嘘八百並べてた
平川さんや
大久保さんの大先輩に当たる・・(笑)
電通に放つ!
草の者に・・
今回、日頃の悪行
ほんの一部
バレちゃったことについて・・
言い訳を
伝えてもらいましょう!

給付金

「この前の記者会見? 3人共良く知ってるよ」

「榑谷は、副社長にまでなったんだ?」
「昔から・・」
「デタラメ言わんでクレタニ
「こう呼ばれてたくらい」
「ナニ言ってんだか? さっぱり分からない」

「業務を円滑に遂行するために? 再委託行った?」
「それは、御社じゃ円滑に業務遂行出来ないって意味ですか?」
「誰一人として突っ込まないところが・・」
「臀痛主催の記者会見ならでは・・だよね」

「経理上の理由から? 巨額の公金を直接受けられなかった?」
「これに至っては・・」
「いったいどんな? 経理上の理由あんのよ?」

「大久保も・・」
「深く反省している?」
「努力をしていく?」
「相変わらず・・当たらず触らずの優等生答弁だよ」

「でも初めて聞いたよ」
「孫請けや・・ひ孫請けまでは知ってたけど」
「その下請けに再委託することを・・やしゃご請けって言うんだ?」

「平川とは一緒に仕事したこともある」
「昔から・・立て板に水だよ、あいつは」
「だけど、上手の手から水・・じゃないけど」
「不味いこと言っちゃってるよね」
「それについては後で・・」
「この後、経産省に放つ臭のモンも登場すんでしょ?」

前田ハウス

前田ハウス?」
「多分、電通の現地法人関係者が用意したんだよ」
「こういうノウハウは・・」
「賄賂や裏金飛び交うオリンピック誘致で培ったもの」
「やることなすこと抜かりが無いんだよ、電通って会社は」

「まぁだけど、誰が?」
「こんな情報、文春にリークしたんだろうね?」
「この後登場する、計算省に放つ臭のモンのネタが」
「楽しみだね」

「でもね、身内を庇うようだけど・・」
「今回の・・一種の公共事業費の中抜き」
「電通と霞が関は、数え切れないくらいやってきてるけど」
「電通の方から持ちかけた案件は」
「一つとして無いはず」

「全部・・霞が関の側から持ちかけられたもんだからね」
「間違いない!断言出来るわ」

笑 それが どうした

「給付金にしろ、補助金にせよ」
「原資は全部税金なんだよね」

「だから、霞が関の高級官僚たちは」
「消費税上げろ! 増税大賛成!叫び」
「庶民から税金毟り取ろうとするワケ」

「財政危機克服だとか、財政再建なんて」
「もっともらしいこと言ってるけど・・」
「全然関係ない」

「本音は・・」
「自分たちが良い生活したい」
「懐を豊かにしたい」
「ただそれだけなんじゃないの?」

笑 その通り

引き続きまして・・
経済産業省に放つ! 草の者に・・
省内の様子を
伝えてもらいましょう! (笑)

「あの記者会見に戻リますよ」
「言い訳上手なはずの平川さんが・・」
「唯一ドジ踏んだ場面があったことに?」
「気が付きましたか?」

サービスデザイン推進協議会の定款について」
「質問に答える場面です」

「定款のテンプレートのプロパティの」
「作成者が情報システム厚生課となってることと」
「法人名が補助金執行一般社団法人ってなってる部分についてです」

「情報システム厚生課ってのは・・」
「ウチの大臣官房の内局です」
「こんなヘンな名称の部局・・普通の組織は作りませんよ」

笑 その通り そう思う 3

「更に! 補助金執行一般社団法人?」
「補助金もらう社団法人は山ほどありますけど」
「補助金執行する? 社団法人なんて?」
「この国に1つもありません」

「平川さんは、このテンプレを・・」
ネットで拾ったって言っちゃったでしょ?」
「法人の登記記録ってのは・・ずーっと残るんです」
「こんな名称の社団法人が過去に存在しないことなんて」
「調べりゃ直ぐに明らかになっちゃいます」

「更に・・来週辺りの文春で出て来るでしょうけど」
「この当時の情報システム厚生課を管轄する審議官は」
「今をときめく・・」
「前田ハウスの前田さんなんです」

「そしてね、決定的なのは」
「この・・情報システム厚生課が作ったテンプレファイル」
「ウチの省内で・・」
「まだ保管されてんですよ!」
「これが世に出ちゃったら?」

「平川さんが言ってた・・」
サービスデザイン推進協議会の設立に」
「経産省の関与はなかった」
「このロジックが真っ赤な嘘だってことが」
「完全にバレちゃいますよね」

笑 オマエ 3

「そもそも前田さんはやり過ぎたんですよ」
「この電通のダミー法人に流した税金」
「4年間で・・1500億超えてんですよ?」

「そして私が一番気になるのが・・」
「誰がこのネタを? 文春にリークしたのかってことです」

「前田さんは、官邸の経産マフィアに連なってます」
「この経産マフィアのボスは?」
「言わずと知れた・・」
今井尚哉 総理秘書官ですよ」

「官邸の経産マフィアのチカラを削いで・・」
「利を得るのは?」

菅 作者 ハマープロさん <アイコラ提供; © ハマープロ>

「誰でしょうかね?」

無礼はオレだ?
誰だか・・
さっぱり分かりませんね? (大笑)

安倍政権内の
内ゲバなら
いくらやって戴いても
大歓迎です! (笑)

笑 ざまぁみろ

本日冒頭ご紹介した
セオドア・ルーズベルト
アメリカでの人気は今でも高く
最も偉大な大統領ランキングでは
常に
トップ5に名を連ねております。

100年以上に渡って
高い人気を維持しているのには
理由があります。

彼の代表的な政策に
スクエア・ディール・・というのがございます。

100年前。
当時の国内鉄道網を支配していた
モルガン・・.。
今のモルガン・スタンレーの始祖です。
この独占企業に対し、
反トラスト法を制定し、市場へのその支配力を弱めました。

この流れで
独占禁止法も制定し、
マーケットを支配し価格を思いのままにして
利益を貪る。
こうした企業への規制を増やしたのです。

この政策の目的は
企業が不当な利益を得ることを防ぎ
国民が
公平な政策のもとで
公正な利益を得られるようにする

こうしたものです。

今の日本にも・・
似たようなことを発言する政治家が
いますよね?

山本 太郎ちゃん 3

この人のことを
持ち上げたり
褒めたりすると?
お叱りのメールや
ウラコメが殺到するのですが・・(苦笑)
Nさん、Sさん、Tセンセ!
落ち着いて下さい?

まぁ今頃・・
都知事選への立候補模索する処なんざぁ?
この人の
イマイチなところではありますが・・. (苦笑)

しかしですよ!
皆さん?
好きや嫌い・・
グルメブログが、あぁ言ったから?
こんなことで政治家を選ぶと?
我が国のような
悲惨な政治状況になるのです。

政治家の本質は何ですか?
多くの国民のために
何をするか?
最大多数の幸福に向けて・・
どう国民を導くか?
でしょ?
ならば?

多くの国民のためになる政策を
真面目に訴える人を
押し上げていくべき
ではないですか?
1人でも多くの人々が
こうした考えでまとまり
集中してくれれば?
・・・今よりは
マトモな国になることは
間違いありません。


政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

「黒川の処分が甘い? 退職金5900万は口止め料です。 ベラベラ喋られたら・・困ることだらけですからね」 安倍晋三

気が弱いだけでなく
暑さと寒さ
湿気と乾燥にも弱い
気弱な地上げ屋にとって
最も過酷な季節が
もう直ぐやって参ります。

しかし、
この季節の移り変わり。

新型コロナウィルスに取りましても
過酷な環境・・
なのかもしれません。

ようやく・・
新型コロナウィルス蔓延の勢いに
陰りが見え始めました。

新規感染者激減の流れ
どうやら
本物のようです。

笑 ヤレヤレ

レギュラーの皆さんも
新型コロナウィルス感染に関しては
無事なご様子で
「ヤレヤレ・・一段落したな」
こうお感じの方も
大勢いらっしゃるでしょう。

しかしですね、皆さん!
一旦収束したように見えるのは
多分・・
季節のせいです。

空気が乾燥し
気温が下がり始める
秋から冬にかけて再び・・
ウィルスが猛威を振るう可能性。
第二波が我々を襲う可能性は
極めて高いと見ております。

気分を休め
安心するのは結構ですが
常に警戒を疎かにせず
気を緩めることだけは
決してせぬよう!
伏してお願い申し上げます。

笑 説教

気弱な地上げ屋がどのくらい?
警戒を緩めない人間かと申しますと・・
気弱な地上げ屋の事務所が入居する
ビルの管理人と
先ごろ雑談した時のこと。

当然のことながら
互いに距離を取り
マスク越しの会話だったのですが
気弱な地上げ屋の声が聞き取り難かったのでしょうか。
「えっ? ナニ?」
管理人が、近づく仕草を見せたので・・
とっさに!

「アタシが感染者かもしれないじゃない? 近づいちゃダメよ」
近づかないよう注意したら
その管理人が一言。

「気弱な地上げ屋さん? アンタは大丈夫! 感染しませんよ!」
こんなこと言うじゃないですか。

笑 なに言ってんの

「なぜよ? なんでそう思うの?」
当然、こう尋ねましたよ。

そしたら・・
「アンタほど気をつけてる人って? 見たことないよ」
「どうしてそう思ったの?」
更に尋ねると・・
「ウチの建物は死角ないでしょ?」
「エレベータホール、エレベータ内・・エントランスと」
「全部丸見えじゃない?」

「エレベータ待ってるときだって・・」
「不自然なほど・・人と距離取ってるし」
「エレベータのボタンだって・・」
「手で触れないようにしてんでしょ?」

「更に・・」
「この人、こんなことまでやるんだぁ?」
「感心したことがあってね」

「気弱な地上げ屋さん? アンタ? エレベータ内で・・」
「息してないでしょ? 呼吸止めてない?」

笑 キョロキョロ

なんで?
息してないこと
呼吸止めてることに気付いたのでしょうか?

このビルのエレベータ。
胸部エックス線カメラでも
ついてんの? (苦笑)

息してないことバレちゃったことに
少々・・
恥じらい感じながら (笑)
尋ねました。
「なんで、息してないって思ったのよ?」

「なんでって・・」
「カメラで見てると・・」
「アンタ・・エレベータ降りた途端」
「肩で息してんじゃない?」

口先 前原 蓮舫

「最初、ナニやってんだか分かんなかったけど」
「あぁこの人・・?」
「エレベータの中で息してないんだな?」
「気が付いたんだよ」

いやぁ・・
まったく・・
ヒマな管理人には
くれぐれも皆さんも
お気をつけくださいね。 (笑)

暇な・・
と言えば?
「徐々に経済活動を引き上げて行く・・」
「緊急事態宣言を解除・・」
こんなこと言っときながら・・

西村

「各地で気の緩みが見られる」
上から目線で言い放つ・・
このオトコ。

緊急事態を解除するってことは?
「緩める」ってことと
同じ意味でしょ?

「緩めますよ」
こう言っておきながら・・
緩んでるのをみるなり
「緩めちゃダメよ」
逆のことを言い出す。

この政権の
デタラメぶりを
象徴してますね、このオトコは。 (笑)

デタラメと言えば?
このオトコのデタラメぶり
国民を舐めきった行動には
少々驚きました。

笑 安倍大サーカス1 <アイコラ提供; ©ハマープロ>

3人共そうなんで?
誰のこと言ってるのか?
分からない?
黒川・・
元東京高検検事長・・
のことですよ! (笑)

ある者は・・
そのネジ曲がった人間性を評して
腹黒川・・と呼び、
またある者は・・
先程まで、陰口叩いてたくせに
面と向かって対峙した途端
千切れんばかりに
必死に尻尾振る姿を見て
変わり身・・と呼ぶ。 (笑)

花道飾る予定だった
今後の余生が・・
茨の道を歩むこととなった・・
このオトコ。

笑 参ったな

それでは、本日は・・
東京地検刑事部に放つ!
草の者に
東京地検時代からの
このオトコの
驚くべき行状について
伝えてもらいましょう。 (笑)

「黒川さん?」
「上手の手から・・水が漏れる、とはこのことですね」

「裏工作で事件をもみ消してきたり」
「火の気のないところに・・」
「火の手を上げたりする職人が・・」
「普段は、虫けらのように扱ってた人間の・・」
「一刺しに・・倒されたのですから」

「黒川さんの口癖で有名なのは・・」
「この案件は・・本省マタ-にしときますから」
「このセリフに尽きます」

「永田町で、黒川さんがこのセリフ言ったときは」
「この事案は、闇から闇へ葬り去りますから」
「と、こういう意味です」

小渕ワイン

「この人は・・」
「黒川さんに足向けて寝れないでしょうね」

「データの入ったハードディスクを」
「電動ドリルで破壊して証拠隠滅するなど」
「悪質のかぎりを尽くしたのに?」
「捜査は秘書止まり」

「刑事部が取り扱う」
「地方議員クラスの公職選挙法違反事件だったら?」
「議員本人の立件まで進んだでしょう」

「このもみ消し工作のご褒美なんでしょう」
「数カ月後・・」
「法務省事務次官への昇格人事が発表されました」

「その後の・・」
「この人の斡旋利得処罰法違反事件なんて・・」

甘利 関係ない

「更に露骨でしたね」

「家宅捜索すらせず・・」
「議員本人は勿論」
「容疑をほぼ認めてた・・2人の秘書までも」
「不起訴にしちゃいました」

「あれには・・」
「刑事部の検事たちは・・皆」
「クチあんぐりって感じ・・でしたよ」

「今回のリークだって」
「本人にしてみれば」
「マスゴミの連中が? オレを刺すわけがない」
「こう思ってたんじゃないですか?」

「3Kってのは・・」
「検察や警察に尻尾振るというより・・」
「反対に、歯向かう記者の方が」
「昔は多かったですよ」

笑 最高 11

「宮本さんとか石塚さんに代表される」
「尻尾振らない潔さ持った記者が・・」
「大勢いて、好感持てましたね」

「尻尾は振るわ・・ゴマは摺るわ」
「わざとマージャン負けるわ・・」
「ハイヤー呼ぶわ・・」
「こうした記者が多いのは・・」
「朝日とNHK・・」
「日経ですね」

「政界捜査で・・」
「世間じゃスクープなんて呼んでますけど」
「実際は、検察がわざとリークした情報を垂れ流してるだけ」
「こうした記事が多いのは」
「さっき挙げた3社がダントツでしょ?」

「あのときの・・」
「朝日の・・」

一ちゃん2

「小沢叩きは・・」
「忘れてませんよね?」

「西松事件は・・」
「黒川さんは絡んでませんでしたが」
「西松が事件化出来ず」
「特捜部が窮地に陥った時」

「陸山会の政治資金終始法違反で」
「小沢を潰せ」
「号令かけたのは」
「誰あろう、黒川さんです」

「ここで? 何かに気が付きませんか?」
「西松に着手したときは」
「黒川さんが取り入ってたのは」
「麻生さんです」

「でも、陸山会事件の本格捜査が始まったのは?」
「2009年の・・」

ユッキー41

「民主党への」
「政権交代後のことですよ?」

「民主党が飛ぶ鳥落とす勢いのなか・・」
「政権与党の大幹部相手に?」

「権力に尻尾降るのが趣味とまで言える」
「あの黒川さんが?」
「堂々と捜査出来たのには」
「理由があると思いませんか?」

「そうです」
「政権与党か政権の・・」
「小沢さんほどでないにせよ」
「実力者の誰かが?」
「黒川さんをバックアップした」

「その誰かって? いったい誰なのか?」
「もうこの世に居ないから言いますけど・・」
「この人です」

仙谷 7

「小沢さん?」
「勿論、知ってたでしょうね」

「今回の甘甘な処分?」
「ウチの幹部も」
「赤レンガの幹部も」
「今回は珍しく一致して」
「懲戒処分妥当」
「でした」

「でも結果は、いつも通り・・」
「官邸の差配ですよ」

「これは、ほとんど知られてませんが・・」
黒川の手帖って聞いたことあります?」
「黒革の手帖じゃありません!」

「私も現物は見たことありませんが・・」
「詳細に記録されてるそうですよ」

「どの政治家が・・」
「いつ、どういった案件のもみ消しを」
「依頼してきたか」

「あうんの呼吸で、上手くコトを収めますからね」
「黒川さんは」

笑 うセールスマン もぐろふくぞう

「10人くらい?」
「とんでもありません!」
「今政権にいる閣僚だけでも・・」
「2人や・・3人じゃききません」

「政権与党だけでも・・」
「軽く20人や30人はいるでしょう」
「野党にも?」
「勿論、野党にも大勢います」

「流石に、先程話した仙谷さんほど」
「付き合いが深い政治家はいませんが」
「黒川さんに、痛い処握られてる政治家は」
「野党にも10数人はいるでしょうね」

「だからね」
「退職金の5900万は・・」
「口止め料なんですよ」

「黒川の手帳は・・」
「墓場まで持って行ってくれって」
「こうしたメーッセージです」

笑 それは言えない

まったく・・
困ったもんです。 (苦笑)

さて!
本日最後に・・
皆さん、ご無事のようですので
申し上げますが・・
このたびの
新型コロナウィルス禍。

私達に
多くの教訓を与えてくれました。

いえ・・
「トイレットペーパーは買い置きしとけ!」
「マスクも多めに買わなくちゃ!」
「納豆やヨーグルトも忘れずにね!」
こんなことでは
ありません!

ごく少数の人が発した
真偽不明の事柄でも
触発され
慌てて行動する人を見て
自身もそれに倣う。
そして・・
その小さな流れが
すぐさま大きな流れとなる。

「一人で500万票集められる・・オトコ」
から昔・・
聞いたことがございます。
「選挙はね。 有権者の5%が同じ方向に動くだけで・・」
「結果が真逆になるんだよ」

であるならば?
この5%に動いてもらうための
運動をしましょうよ!(笑)

良いですか皆さん?
5%がこっちに来てくれれば・・
自公政権を
ふっ飛ばすことだって
可能なのです。

具体的にお伝えしましょう。 (笑)
選挙に行く気がない人を
5人引っ張ってくれば?
自公支持者の場合は・・
5人ではなくて
3人を
こっちに寝返ってもらえば?
この方程式は成立します。 (笑)

この方程式を早速・・
7月の
都知事選に
活かしてください!

宇都宮センセ

「もう・・選挙には出ない!」
こう言っていた
この方が・・
君子豹変!
してくれました。 (笑)

グルメブログも以前
このかたのことを・・
ウツの身や・・
などと書いてしまったことを
深く深く!

詫び 笑 34

反省しております!

今度書きますが
某通信社の調査では・・
小池300万票!
との数字も出てきております。

勿論、宇都宮センセもこの数字は
ご存知でしょう。
損ななかでの・・
このたびのご出馬です。

大義の前に
過去は水に流し
野党を挙げて・・
一致団結して!
200万票獲得を目指すべきです!

もう・・
こんなどうしようもない政権は
こりごりです。

動かなければ?
何も変わりませんが
皆さんが一斉に動いてくれれば・・

安倍 28-1

大きな地殻変動が
起きますよ。

新型コロナウィルス禍に引き続き
地震の多発も心配ですが
今年必ずあるのが・・
選挙です。
頼りにしてますよ!
皆さん! (大笑)


政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

新型コロナ 「小池は嘘つき? 無症状感染者が、都内だけでも推定87万人いるかも・・なんて? 言えるわけないでしょ」 小池百合子

この処・・
お詫びばかりしている・・
グルメブログですが
本日は、特に!
伏して,皆様に・・
お詫びしなければなりません。

詫び 笑 34-1

更新催促が400どころか・・
500を超えて
更新出来ず
多くのお叱り
頂戴してしまいました。 (苦笑)

こうした不始末は・・
あと1回か2回しかやらないつもりですので (笑)
何卒ご容赦のほど・・
お願い申し上げます。

さて!
心臓強い・・
ではなく、辛抱強い
気弱な地上げ屋でも・・
そろそろ飽きてきました。 (苦笑)

新型コロナウィルス

新型コロナウィルス 3

いまが最悪の時期。
こうお考えの方も
いらっしゃるかと思いますが・・
残念ながら・・
日本にとっての最悪は
もう少し・・
先です。

なんせ、こうした状況にも係わらず・・
危機意識・・
危機管理能力に
著しく欠けるかたが・・
あまりにも多い。

「そういうお前はどうなんだ?」

以前書いたことがございますが
気弱な地上げ屋というのは?
例えば、街を歩いていて?
風で煽られた
立て看板が?
バタンッ!
音立て
倒れた途端!

「スナイパーだ! 伏せろ!」
地面に伏せる人間ですよ? (笑)

笑 ウソ 嘘 嘘だろ

まぁもっとも・・
この前、これやったときは
近くを歩いてたジイサンに・・
「映画かなにかの・・撮影ですか? カメラどこにあんの?」
言われ
笑って誤魔化すしか
ございませんでしたが・・(苦笑)
こうした人間が・・
この時期、電車に乗る場合
窓が開いていないと、どうするか?

すぐさま開けちゃうワケです。 (笑)

1日最低でも
2回は電車の窓を開けてますが
この3週間・・
気弱な地上げ屋が窓開けた後に続き
気がついたかのように窓開けた人間は・・
たったの一人だけ。 (苦笑)

笑 だからどうした

皆さん
換気の重要性
理解してないのでしょうかね?(苦笑)

防護服にゴーグル。
中古とはいえ・・
N95マスクつけてる医療関係者が
次々と感染している事実
過小評価してはいけません。

くしゃみや咳の
飛沫だけではないことは
先にお伝えした
某特定機能病院に放つ草の者の
証言を引くまでも無いでしょう。

空気中に浮遊するウィルスが
体内に侵入し、感染発病する。
実質的に
空気感染がパンデミックを拡大していることを

パチンコ屋 混雑

こういう人たちにも
理解させるべきです。

まぁ仮に・・
理解させることに成功したとしても?
「自分だけは大丈夫!」
これで終わっちゃうでしょうがね。 (苦笑)

気弱な地上げ屋のクライアントにも
パチンコ屋のオーナーが居ますけど
様子を聞きに連絡すると・・
「ウチは休業してるけど・・」
「本音は営業したいよ」

「だって・・」
「釘をガチガチに締めたって・・」
「玉全然出さなくたって・・」
「朝から行列作ってくれるんだよ?」

笑 バカ

「カモがネギ背負ってやって来るってのは・・」
「まさにこのことだよ」

さて、こんな連中は放っておいて・・
次行きましょ! (笑)

本日は・・
東京都新型コロナウイルス感染症対策本部に放つ!
草の者に
最新の状況を
伝えてもらいます。 (笑)

「声が疲れてる?」
「当たり前でしょ!」
「4月は、家に帰宅出来た日なんて・・]
「5日間しかないのですよ?」

「ほとんどの職員が、近くのホテルで寝起きしてます」
「都だけで、相談の電話が・・」
「どのくらいあるか知ってます?」

「朝から晩までやってるコールセンターと」
「24時間体制で電話受付してる・・」
「新型コロナ受診相談窓口合わせ」
「3000件以上です」

「週の累計じゃありませんよ?」
「1日の合計数ですっ!」

笑 33-5 嘘だろ ホント

「あとで、話しますけど・・」
「コロナビールが効くって聞いたのですが・・」
「どこで売ってんですか?」
「 こんな相談じゃないですよ」
「全てみんな・・深刻な相談ばかりです」

「なんで、こんな事態になっちゃたのか?」
「初期対応が悪かったから以外・・」
「理由なんてありませんよ」

「肺炎症状が明らかな人・・」
「明らかにコロナの症状示す人しか・・」
「検査してこなかったツケが」
「今、まわって来てるのです」

「イタリアの16分の1ですよ? 韓国と比べても・・」
「6分の1しかPCR検査してません、日本は」

「専門家会議の尾美さんでしたっけ?」
「見苦しいほどの無責任、自己保身ですよね」
「いくら名前が尾美だと言ったって」
「そんなに御身大事なのですかねぇ?」

笑 江頭

「検査体制の拡充を求める声が?」
「起こらなかったから?」
「検査数を増やせなかった」

「こんなふうに言ってましたが・・」
「気は確かなんですか? あの人?」

「今でこそ、東京では・・」
PCR検査人数が2万人越しましたけど・・」
「2万人って言ったって・・」
「4月6日に、安倍さんが言った・・」
「1日2万件じゃありませんよ」

「1月15日からの累計検査数です」

笑 ダメ 無理

「そのうち、4000人ちょっとが陽性です」

「陽性率は40%?」
「ところが・・そうじゃないのです」

「この検査人数や検査件数の集計には・・」
「ウィルス治療中の感染者が退院するための」
「退院基準となる」
「2回のPCR検査、言い換えれば・・」

「快復したかどうか判断するため」
「退院させても良いかどうか判断するための」
PCR検査数も含まれるのです」


笑 オマエ 3

「これが、何を意味するかと言いますと・・」
「感染したかどうかを判定するための」
「純粋な新規PCR検査数というのは」
「都の発表数より相当少ない」
と、こういうことなのです

「私は、数字に触れませんから・・」
「推定でしか言えませんが・・」

「少なくとも都の新規陽性率は」
「40%なんてレヴェルじゃありません!」

「4月下旬の多い日には・・」
「純粋な新規陽性率は・・」
「7割近い日もあったはずです」

「この数字は世界的にみても突出してます」

「こんな状況にも係わらず、相変わらず厚労省などは・・」
「陽性率は、9.6%だなんて発表してるのですから」
「能天気なのか、ホントにアホなのか?」
「どちらかなのでしょうね」

笑 一理ある

「ニューヨーク州が行った3000人規模の抗体検査」
「慶応病院が実施した、他の病気で来院した」
「無症状患者67人に対するPCR検査

「ニューヨークでは、14%弱が陽性」
「慶応病院では、6%が陽性でした」
「特に慶応病院のデータは衝撃的で・・」

「院外での感染は間違いなく」
「全て市中感染したってことなのですよ」
「東京都の感染者は・・」
「楽観的にみても20万人以上」

「悲観的にみたら?」
「既に400万人超す人が感染してる」

笑 参ったな

「こう推測する研究者もいますよね」

「北大の西浦先生だって」
「市中感染者数は、判明している感染者数の10倍はいる」
「クチ滑らせちゃったのでしょ?」

「今、都内では・・約700人のコロナ感染者が」
「自宅療養してます」
「特に、世田谷区、新宿区、港区民に多いですね」

「都が用意した軽症者向けのホテルで療養している人は」
「200人ちょっとです」
「この事実が何を意味するか? 想像出来ます?」

笑 34-1

「ここから先は、私の想像ですが・・」
「もしかしたら? 小池さんは・・」
「東京の感染封じ込めは諦め」

「多くの人をウィルスに晒し、多数を感染させるという」
「スウェーデンが実施している・・」
集団免疫獲得を・・」
「そうなっても仕方ないって思い始めた?」
「そう思ってます」

「ただここで重要なのは・・」
集団免疫というのは」
「ほぼ全員が感染するということ・・です」

「最近の小池さん・・やけに表情明るいと思いません?」
「都庁職員の感染が判明した先月などは・・」
「顔色が青ざめてましたよ」

「この状況じゃ、自民党は勿論」
「野党陣営だって・・」
「都知事選の候補者すら擁立出来ないですよね」
「ヘタすりゃ、無投票で再選ということになりかねません」

集団免疫の獲得
あの人なら
確かに、やりかねません。

笑 ヤバい

ただ皆さん?
この恐ろしい社会実験をしている
スウェーデンでは、
感染者死亡率が12%を越し
世界最悪の状況なのですよ。

3月23日時点。
厳しい外出制限措置が講じられたイギリス。
新型コロナウィルスによる死者数は・・
335人でした。
現在の日本とほぼ同数です。

それが・・
1ヶ月後には
56倍の18736人

にまで
膨れ上がったのです。

新型コロナウィルスとの戦いは
長期戦です。

7月の都知事選。
グルメブログとしては・・

文科省 前川 元次官

年初あたりは・
この人を擁立出来れば・・
良い勝負出来ると
睨んでおりましたが
これは平時でのオハナシ

非常時の今は・・
本人にその気はないでしょうし
仮に、擁立出来ても
全く歯が立ちません。

ただ・・
無投票ってのは
いくらなんでも
やめてもらいたい!

自民党都議団の
反小池派も乗っかれる候補者。
これも上手く行かない場合

山本 太郎ちゃん 3

いよいよこの人に
出馬してもらわねばなりません。

「勝てないだろ?」
勝つのは
相当困難でしょう。

しかし、グルメブログの視点は
都知事選の後
見据えております。 (笑)

仮に勝てなくても
良いところまで
寄せられれば?

その後の政局に
大きな影響力を
発揮出来るでしょう。

負けて・・
勝つ!
負けるが・・
勝ち!

また、うるさ型・・
古株レギュラーの皆様の
お怒りを買いそうですが・・(苦笑)
こうした戦略があることも
お忘れなく。

皆様、くれぐれも・・
お体を大切に・・
人との接触を
最大限控えてくださいね!


政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 集団免疫 PCR検査 新型コロナウィルス パンデミック 気弱な地上げ屋 グルメブログ

「とても不味いとは思ってますが、軽症者は・・帰宅させてます。 小池さんはなぜ・・発表しないのですかね?」都内拠点病院 幹部

本日のツカミは・・
また・・
アレです。 (苦笑)

笑 またかよ

一向に衰えを見せない
どころか
益々、勢いを増す・・
新型コロナウィルス

先が見えない不安が
そうさせるのでしょうか。
トイレットペーパーに続き
一週間あまり前は・・
納豆
スーパーの陳列棚から姿を消しました。

マネジャーが陳列棚消毒してたので・・
「なんで、どの店も納豆売れ切れなの?」
尋ねると・・
「納豆が新型コロナウィルス感染防止に役立つ」
「そんなデマが、、SNSで、一斉に拡散したらしいっすよ」

「効くわけないじゃないですか? 納豆で治るなら?」
「アメリア人もイタリア人も・・み~んな納豆食べるでしょ?」

笑 そりゃ そうだ

LINEを通じて・・
拡散したそうです。

気弱な地上げ屋は勿論利用してませんが
この会社のサービスも
lie・・ん?
名称変更したら?
いかがでしょうか。 (笑)

こんなこと書いて
デマを批判する気弱な地上げ屋ですが・・
人のこと
言ってる場合じゃございません。 (苦笑)

もう一月くらい
前のハナシですが・・
自宅マンションのエレベータホールで
顔見知りのバアサンと
立ち話した時のこと。

一月くらい前なので
まだこの人が

安倍 32-1

こんな感じで
体を揺らしながら
「我が国の水際対策は効果を上げています!」
カメラを前にして
叫んでた頃です。

オバサンに尋ねられました。
「ねぇ会長さん?」
「安倍さんが水際対策で万全だから・・」
「大丈夫って言ってますから・・」
「コロナウィルスには感染しませんよね?」

レギュラーお皆さんは
ご承知でしょうが・・
気弱な地上げ屋
住まいのタワーマンションにある
自治会の
会長を務めております。 (笑)

気弱な地上げ屋 3

何を申し上げたいか・・
と申しますと?

ネットでは、ほとんど・・
信用がない気弱な地上げ屋ですが・・(笑)
リアルな世界では?
絶大な信用と
信頼がある!

ということです。 (大笑)

このオバサンとの会話を
再現しましょう。

「奥さん? 安倍さんが言うから大丈夫っておっしゃいますが・・」
「安倍さんが言うから・・心配なんですよ」

「そもそもね、奥さん? 水際対策って?」
「字が違うんですよ!」

「あれはね?」
水着は対策・・と言ってね」

「まだ朝晩寒いこの時期、部屋にいる時・・」
「室内を水着で過ごし、肌を鍛えれば・・」
「感染予防に役立つ!」
「そういう意味なんですよっ」

アンタ 迷惑 笑 評判悪

「ふーん」
そのオバサン。
ほとんど反応示さず、
高層階専用エレベータに乗っちゃったので
「今回のジョークは・・」
「まったくウケなかったな?」 (苦笑)

そして・・
こんなハナシ
すっかり忘れちゃって・・
1週間位経った頃ですか。
今度は・・
このオバサンの旦那さんと道端で会った時。
気弱な地上げ屋の顔を見るなり・・
この旦那。

「会長さん! ウチのに・・ヘンなこと吹き込んだでしょ!?」
「おかげで・・この一週間」
「部屋の中で・・」
「こんな格好で歩き回って・・」

地上げ 婆ールズ 水着

「アタマが可怪しくなったなったのかと・・」
「水着は対策・・だなんて?」
「ヘンなこと吹き込まないでくださいっ!」
怒られちゃいました。 (大笑)

いつも以上に輪をかけて・・
しょうもない本日のツカミですが・・(苦笑)
良いですか、皆さん?
いま、我が国で不足しているのは・・
マスクとワクチンと・・
笑顔
なんです! (笑)
無理をしてでも・・
笑いましょう!(大笑)

笑 ヤレヤレ

ストレスが
健康に悪影響を与えることは
皆さん、
経験的にご存知でしょう?
そして、
笑いが
健康に良い影響を与えることは
科学的根拠は乏しいものの
医療関係者の間でも
広く、
経験的に知られています。

その医療関係者の間で
まったく笑えないのが
このたびの
新型コロナウィルスです。

本日はまず・・
都内某区にある・・
某保健所に放つ! 草の者に
PCR検査・・あんたらホント」
「ヤル気あんの?」
これについて
問い質しました。

「さいたま市保健所の西田所長でしたっけ?」
「病院が感染者で溢れるのが嫌だから?」
PCR検査数を増やさなかった」
「こうした主旨の発言しちゃったでしょ」

「正直な人ですよねぇ」
PCR検査希望者の97%以上を?」
「保健所が検査しなかった」
「そんな民間調査データがあるんですか?」

「残念ながら・・」
「ほぼ正確なデータです」

笑 バレた

「国の方針として・・」
「感染者と接触した人たちを追跡調査して、感染を封じ込める」
「クラスター戦略があるからです」

「ただ・・感染疑う4項目全てに該当して」
「検査してもらいたいって人を」
「追い払うようにして、機械的に・・」
「病院行って診てもらってくださいって対応は」
「個人的には・・どうかと思いますね」

「確かに・・ただの風邪かも知れませんよ」
「でも、コロナに感染してるかも知れないじゃないですか?」
「それなのに・・」
「どの病院行けば良いのか具体的に指示するわけでもないし・・」
「そんな調子で、あちらこちらの病院を・・」
「一週間たらい回しにされた挙げ句に・・」
「結局陽性でした」

「こんな例は、ウチの区だけでも1人や2人じゃありませんよ」

「検査対象者の8割が陽性?」
「ウチの区はもう少し低いですが・・ほぼその通りです」

「そんな状況だってのに・・」
「未だに専門家会議の座長は・・」
「都市封鎖やロックダウンは不要」
「行動制限すれば感染者は減らせる」
「こんなこと言ってんですからね」

笑 アホか

「最初打ち出した戦略を」
「間違ってるかも知れないと思いつつ」
「作戦変更せず、固執し、やり続ける」
「結局、責任取らされたくないんでしょ?」
「インパール作戦の頃と・・発想が変わっていないことに」
「愕然としますよ」

「クラスター戦略って言うのは・・」
「例えれば、モグラ叩きのようなもの」
「出てきた点をポンポンと潰していく戦略」

「出てくるモグラが1つや2つなら?」
「叩けますよ」
「でも・・一度に、3つや4つ」
「出てきたら? どうやって2つの手で叩くんですか?」

「今の保健所の状況はまさにそれです」
「実質100人もいない組織が」
「連日、何百もの問い合わせ・・相談を受けてるんです」
「決定的に、マンパワーが欠如してます」
「他の区も同様だそうです」
「このままだと・・間違いなく、保健所職員に」
「過労死が出ますよ」

うつ病 苦笑

本日は続きまして・・
都内屈指の
感染症指定医療機関最高幹部に
野戦病院さながらの
治療最前線の模様を
伝えてもらいます。

「体調悪くなり、PCR検査を希望しても?」
「検査してもらえず」
「高熱発してから検査したら・・陽性だった」
「こんな例は・・何件も目にしています」

「でもこれって?」
「どういうことだか・・分かります?」

「コロナウィルスが体内で増殖し・・」
「繁殖するまで放置されてるということ」
「なんですよ」

「まだ体は動きますから、その間に家族や友人に感染させてしまう」
「こうした感染者が続出しています」

「ここで怖いのは・・」
「陽性反応出て、感染してることが明らかなのに」
「入院希望者全員を入院させることが出来ないということ」
入院待機者と呼びますが・・」
「厚労省は、今日の時点でも全国で77人しか待機者はいない」
「こんなデタラメ発表してます」

笑 33-5

「埼玉県だけで100人越してるって」
「知事が認めてるのに・・です」

「ウチの病院だけでも・・20人以上入院待機者がいます」
「そういう人たちは、東横インに行くだろって?」
「あれは症状が収まり、退院間近だけど陰性が出ない人」
「極めて軽症だけど、もうすでに入院してた人」
「そうした人たちで、ベッド空かすために移動するのであって・・」
入院待機者ではありません」

「陽性だった入院待機者は?」
「どこへ行く?」
「そこが問題で・・」
「ほとんどの人が・・」
「自宅へ戻るのです」

「これは・・」
「その人からの感染拡大起こしてください」
「こう言ってるのと・・ほぼ同じことです」


笑 ヤバい

「消去法で、それしか方法取り得ないからそうしてるのですが・・」
「これは推定ですが、ウチの病院だけでも」
「20人以上いるということは?」
「都内全体では?」
「200人はゆうに超す数だと思いますよ」

「政治・・行政の怠慢が」
「こうした状況生んだと言っても過言ではないと思いますよ」

「もう一つ重要なことがあります」
「気弱な地上げ屋さん。 多分、あなたも勘違いしてると思います」

「感染者の8割が軽症だからって」
「この病気の重症患者は・・かなり重篤だけど」
「軽症者は、大したことない・・」
「こう思ってませんか?」

「ウチの若い20台の入院患者さんも」
「入院当初は、室内歩き回ってた人が」
「翌日から40度近い高熱発し」
「足は鉛のように重くなり」
「自力でトイレに行くことも出来ず」
「おむつ付けたままの患者さんもいます」

「そんな状態が・・」
「10日から2週間続くのですよ」

笑 ダメ 無理

「その辛さと言ったら」
「インフルエンザの比ではないと思います」

「この病気を甘くみないほうが良いです」
「毒性が強く、重症化すると症状が一気に進みます」

「ウチではまだ院内感染起こしてませんが」
「このウィルスは、空気感染することを前提に、対応してます」
「体外に出たウィルスは、3時間程度は空気中を漂う」
「こうした研究結果もありますが・・」
「多分もっと長時間、空気中を漂ってる」
「そう見てます」

「今からでも遅くありありません」
「手遅れになる前に、安倍さんや小池さんは」
「国民に真実を伝えるべきです」

「この新型コロナウィルスの感染力は・・
「インフルエ10倍かそれ位以上!」
人との距離を1.5mは空ける理由は・・

「空気感染するからなんだよ!」

笑 OMG

背筋が寒くなる・・
レポートです。

読んでる皆さんも・・
疲れちゃったでしょう?
書いてるほうも・・
疲れてきました。 (笑)

大事なことは・・
この3点です。

1つ目は・・
行政に対し、正確な情報・・
事実を
包み隠さず公開させる。

「記者にしかできんだろ?」
そんなことありません。

「事実を全て情報公開しろ!」
こうした声が
ネットで拡まれば?
記者会見で
何人かの
マトモな記者が追求するより
よっぽど大きな効果があります。

笑 なるほど

そして、2つ目。
これは皆さん大賛成でしょう?

消費税の撤廃です!

これは・・
永久に撤廃だぁ
これをやろうとすると?
罪無省は
あらゆる手段を用いて
死にものぐるいで抵抗してきます。

ヤツらを騙す
いえ、説得する手段として
2年間・・
最悪でも
1年間の時限立法で妥協すべきです。

これについても・・
今の永田町でバッジ付けてる連中に
これを
言えるだけの度胸と器量のある政治家
ほとんど皆無。
罪無省に歯向かうと・・
なぜか突然、税務調査が入ったり・・
検察がウロウロし出したり・・
しますからね。 (笑)

そんな脅しには
まったく動じないグルメブログでは (大笑)
#消費税ゼロ
この運動の先陣を切るつもりです。

最後に・・
これが一番大事なことですが・・

小池百合子1安倍 アベノマスク 新型コロナウィルス

この二人に
左の人には
この夏に・・
右の人には
遅くとも年末までに
ご退場戴く・・ということです。

この3点をしっかりやれれば
今の真っ暗なトンネルの・・
このトンネルの先の灯りは
大きく
明るいものとなります。

皆さんの
一致団結した!
ご協力が・・
カギを握ります。 (笑)

政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : パンデミック 新型コロナウィルス PCR検査 入院待機者 気弱な地上げ屋

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ