FC2ブログ

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

「野党はさっさと不信任案出せよ? 腰引けてんのか? こっちは・・明日にでも選挙やりたいんだよ!」 二害俊博

ある日の夕刻
自宅近くにある
大型スーパーでの出来事です。

仕事帰りに
卵と牛乳買うため、やって来た気弱な地上げ屋
売り場へ向かおうとして、ふと脇に目をやると・・
気弱な地上げ屋が代表務める自治会の
会員である
顔見知りのNさんの姿が見えました。

Nさんの姿を見かけるのは
この日が初めてでは
ありません。

月に2回か3回
この時間帯
この店を訪れる気弱な地上げ屋ですが
そのうちの半分近くですか
と言うことは・・
かなりの頻度で
Nさんのことをお見かけしてました。

笑 ふーん

ただ、この時間帯のスーパーというのは
家路を急ぐ人でごった返し
暇そうに
立ち話などする人は
皆無です。

気弱な地上げ屋もその一人で
これまで、Nさんを見かけても
わざわざ近づいて行って挨拶する
までのことはせず
擦れ違うような場面でのみ
「こんばんは」
挨拶を交わしていました。

でも・・
少し気になったのは
Nさんはいつも
ほぼ同じ売場付近で
誰か・・
或いは何かを待っているかのような
風情だったということ。

笑 なんで

ただこれまでは
気弱な地上げ屋も急いでいたという事情もあり
深く考えることはありませんでした。

しかしこの日
時間に余裕があったので
「Nさん・・いつもあの辺でナニしてるのかな?」
少し観察することにしました。 (笑)

するとNさんは・・
近くを通る店員さんを
次々と
目で追っているように見えました。

どう見ても?
買物を物色してる素振りはありません。
「ん? いったいナニやってんの?」
声掛けてみることにしました。 (笑)

「Nさん、こんばんは!」

驚 笑 オイオイ

「あっ! 気弱な地上げ屋さん」

少々うろたえた様子のNさん。
まぁ・・
突然、気弱な地上げ屋に
声掛けられると
うろたえる人が多いので (苦笑)
気にせず、先に進みましょう。

「Nさん? この売場の辺りで良くお見かけしますが・・」
「いったいナニをお探しなんですか?」

するとNさん。
少し恥ずかしそうな素振りで・・
「実は・・」
「この時間になると、商品の値引き販売が始まるのです」

「見ての通り、私も年金暮らしでしょ?」
「このところ・・物価は上がるのに」
「年金は・・」
「手取り額下がってます」
「だからね。 少しでも生活費を浮かせるため」
「こうして毎日・・値引きされるのを待ってるのです」

「だけど、毎日のように来る・・」
「私のこうした買物の仕方を」
「店員さんも覚えちゃったのでしょうね」
「意地悪ではないのでしょうが・・」
「なかなか値引きシール貼ってくれないんですよ」

文句あんの 笑

こういうことを聞くと
黙ってないのが
気弱な地上げ屋です。 (笑)

直ぐ隣の売り場で、
黙々と値引きシール貼ってる店員さんに・・
「ちょっとちょっと・・そこのアナタ? コッチ来て」
「そこは良いからさ。 そのシール・・こっち先に貼って」

店員さんも・・
店長のような (苦笑)
偉そうな態度で接する気弱な地上げ屋に
腑に落ちない顔してましたが
揉めると?
不味い相手だと判断したのでしょう。 (笑)
こっちに来てくれました。

こうした場面で
更に・・ダメを押すのが
気弱な地上げ屋の特徴です。 (大笑)

Nさんが
安く買いたいと言ってた刺し身に
2割引のシール貼ろうとしてたので
「ちょっとちょっと! そっちに3割引のシールあるじゃない?」
「2割じゃなくて、3割引のほう貼って!」

そんなやり取りしてたら
売り場の周りを
お客さんが集まってきました。
コロナ対策に万全期してる
気弱な地上げ屋としては
とってもマズイ展開です。 (笑)
さっさと切り上げましょう。

「ほら、こんなに集まって来たじゃない?」
「密になったら困るから・・」
「じゃんじゃん売っちゃおう!」
「そこのシール全部・・貼っちゃいなよ!」

笑 持ってけ泥棒

「忙しそうだから・・なんなら?」
「割引シール貼るの・・手伝おうか?」 (笑)

この後・・
値引きシールを何枚か貰おうとしましたが
店員さんもキレかけてたので
早々に諦め
退散しました。 (笑)

「本当に自治会って・・役に立つのですね!?」
Nさんからは
何度も感謝されたことは
お伝えするまでもございません。 (大笑)

笑 違うだろ

こうした
微笑ましい風景とは裏腹に
人々の暮らしは
日に日に
悪化の一途を
辿っております。

そして、本当の危機は
ワクチンが行き渡った頃に
やってきます。

本日ツカミでご紹介したNさんなどは
まだ恵まれたほうです。
65歳以上の高齢者世帯のうちの・・
約3割が
現役時代の半分以下の収入
での生活を
強いられています。

その反面
巨額の財政出動によるカネ余りで
行き場を失った資金は
日銀が株価を下支えしている
官製市場に流れ込みます。

日々の生活に追われる
庶民とは裏腹に
株式市場で
資産を運用している富裕層は
その資産を
倍々ゲームで増やし続けているのです。

笑 怒 23

こうして
経済格差は
更に拡大していきます。

公正な競争の結果
格差が生じているのであれば?
グルメブログ
とやかく言いません。

しかし、今この国で起こっているのは
日銀が演出し、
発生させた金融バブルの結果
ごく少数の
元々持てる者と
大多数の
そうでない人々との格差を
拡大させ続けてるのです。

グルメブログ
冗談などではなく
本心から

日銀 黒田はクロだ

このオトコには
臭いメシ食わせることを含めて
相応の責任を負わせるべき
こう考えてますよ。

今後始まる大惨事について
"このオトコに大きな責任がある"
こう考える
良識ある日銀マンは
相当数います。
そんななかの一人。
日銀に放つ!
草の者が
苦々しげに語ります。

「日銀演出による金融バブル?」
「的を射た表現だね」

「この8年に亘る金融緩和」
「殆どの国民は気付いていないんじゃないの?」
「この金融緩和政策というのは・・」
「国民生活の犠牲の上に成り立ってる」
「ということをだよ」

笑 ヤレヤレ

「2年で達成します!」
「なんて言って、記者会見で胸張ってから」
「もう8年経つのに?」
「未だに・・見通しすら立ってない」

「特に、岩田副総裁なんて酷いもんだよ」
「目標が達成出来なかったときには・・」
「辞任するって明言してたでしょ? 記者会見で」
「こうも言ってたよね」
「想定外の要因によるもの・・だとか」
「自分たちのせいではない」
「など、こうした言い訳するつもりもない」

「黒田さん自身」
「いろんな原因がある・・などと言って」
「中央銀行の責任が阻却されるわけではない」
「堂々と言ってたじゃない?」

「あの人たちにとって」
「責任取るってことは」
「いったいどういう行動なのかね?」

「黒田さんは、財務省退官時に」
「退職金含めて、5億円近いカネ手にしてる」
「その上、その後天下りした」
「アジア開発銀行総裁を8年務め」
「このときは、退職金含め約4億円超すカネ手にしたはず」

「合わせて10億近くだよ?」
「経済がどうなろうと?」
「自分の余生は安泰ってこと」

笑 バレた

「国民に怒りが拡がらない理由として」
「マスゴミって言うの?」
「あの連中が」
「本当の話を書かない。 真実を記事にしない」
「こうした点があると思うよ」

「呆れる話を聞かせてあげるよ」
「金融記事を担当する記者クラブ」
「所謂、日銀クラブ」

「日銀クラブに所属する報道各社記者が使うパソコン」
「あれって・・記事書いてデスクに送った後」
「パソコンを日銀に預けるんだよ」

笑 嘘だろ

「管理者権限も日銀が持つ」
「つまり、アンタらが普段目にする」
「日銀に関する記事は」
「全部、日銀が事前チェックしたもの」
「と言うこと」

「その上、ご丁寧に・・」
「パソコン渡す時・・いや、返す時」
「デスクトップに・・」

「貴社の書いたコレコレの記事について・・」
「行内には・・○☓な意見がありました」
「こんなメモ残す時もある」
「こんな調子じゃ?」
「そのうち・・記事の下書きも日銀が作るんじゃないの?」

笑 ゴメン 詫び

「こんな嘘みたいなホントの話」
「中国やロシアではあるかも知れないけど」
「西側諸国では・・」
「聞いたことないでしょ?」

「だからね」
「日銀にとって都合悪い記事なんて」
「出てくるわけないってこと」

「日銀と主要紙経済部の記者連中は」
「完全に癒着してる」
「こんな国は世界でも珍しいよ」

「だけど・・こんな狂気じみた金融緩和も」
「いつまでも・・続けられるわけじゃない」

「2008年に起きたリーマンショックは」
「その前の年に発生した」
「住宅バブルの崩壊が原因だったよね」

「発生した当初」
「火の手はそれほど拡がらない」
「ほとんどのウォール街の住民はそう言ってた」
「ところが結果は?」
「知っての通り」

「それと似たような事態が」
「今アメリカで起こってる」

笑 冗談

アルケゴスの破綻は知ってるよね?」

「ファミリーオフィスなんてカテゴリーの」
「投資会社なんだけど・・」
「ヘッジファンドじゃない」

「やってることは、ヘッジファンドと同じだけどね」
「つまりは、規制逃れして・・」
「稼いでいた会社ということ」

「野村の現法が2200億円以上!」
「クレディ・スイスは更に大きく・・」
「5000億円超える損失を・・今後計上するだろう」

アルケゴスが扱ってた金融商品と言うのは」
「中身が複雑過ぎて」
「どれだけリスクがあるのか? 理解出来る者は僅か」

「問題なのは・・この先でね」
「第2第3のアルケゴスが・・」
「今後発生しないと」
「誰も断言出来ないでしょ?」

笑 その通り そう思う 3

「むしろ・・」
「信用リスクが表面化する可能性のほうが」
「断然高い」
「時間の問題だって公言する人もいるよね」

「資金貸し元のマージンコールが今後厳格化して」
「新たなファンドの破綻が起こるかも知れないし」
「新たなファンド破綻が、別の貸し手の損失を生むかも知れない」

「空前の世界的超低金利のなか」
「資産の数倍投資しているファンドはゴマンとある」
アルケゴスのように・・」
「一気に行き詰まるファンドが今後次々と現れ」
「それがスパイラルとなったら?」

「売りが売りを呼び・・」
「金融機関による損切りが連鎖して信用が崩壊すれば?」
「リーマン・ショック級の金融危機が起こる可能性は?」
「小さいと言えるかい?」

笑 NO

「いま、金融バブルが崩壊したら?」
「マーケットは、修羅場と化し収拾つかなくなる」

「何故かって?」
「日本の場合、巨額の財政赤字、債務抱えた政府と」
「最後の手段である量的緩和と言うカードを・・」
「使い切ってしまった日銀に」
「崩壊を止める手立ては無いかも知れないってこと」

「それもこれも・・」
「日銀が金融政策を間違えたことを」
「延々と認めず、今日まで来たってことが大きいよ」

「遠からず起きるインフレは」
「いま居る国民の誰もが経験したことがない」
「極端なインフレ」

「きっかけは・・」
「さっき話したような・・ファンドの崩壊かも知れないし」
「途上国の経済破綻かも知れない」
「でも多分」
「金利の上昇が」
「その引き金引くことになると思う」

「何れにせよ・・」
「黒田さんは・・罪深い人だよ」

笑 参ったな

この話は・・
空想小説ではありませんし・・
他人事でもありません。

コロナウィルス感染の再拡大だけでなく
この上、
金融危機にまで見舞われたら?

日増しに貧困格差が拡がっているこの国の
本当に困ってる人たちは
生活の糧すら失いかねません。

今の野党は・・
確かに非力です。

しかし!
非力だからといって
無能で
有害とは限りません。

為政者は・・
少しでもマシな方を
選ぶこと
が大切なのです。

グルメブログが・・
「自民党でダメだ」
「霞が関は一旦更地にして作り直すべき!」

こう訴え続ける理由は
ここにあります。





政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : アルケゴス 気弱な地上げ屋 グルメブログ

「7万のステーキに12万のワイン? 当然でしょ? アタシのさじ加減一つで・・ウン億単位で儲けが変わるのよ」 山田 前内閣広報官

早いもので・・
あれから10年が経ちました。

東日本大震災。

涙 笑

誰もが
心に大きな傷跡を残した
あの出来事のなかで
気弱な地上げ屋にとって
忘れられない人が・・
います。

宮城県北東部の南三陸町。
この小さな町の役場で
危機管理課に勤務していた
遠藤未希さん(享年24歳)です。

海に近い・・
3階建ての防災庁舎が仕事場だった遠藤さん。

東日本大震災が襲ったその時!


最大6mの大津波警報が発令された直後
2階にある放送室へと駆け込み
「津波が予想されますので、直ちに高台に避難して下さい」
防災放送を始めたのです。

間もなく津波は・・
庁舎をも襲い始めました。
しかし、遠藤さんは
庁舎の1階が水没しても避難せず
アナウンンスを・・
し続けたのです。



未希さんの声に
重なるように・・

「未希ちゃん上がって! もう上がって!」
「もう良いから! こっちに上がって!」


先に避難した
何人かの男性職員が
必死に避難を呼びかける音声も
ここには記録されています。

最後の数回のアナウンスは
「只今10m超える津波が押し寄せています!」

このときの
24歳の女性とは思えぬ
落ち着いたアナウンスには・・
数々の修羅場をくぐり抜けて来た
気弱な地上げ屋ですら驚き・・
その冷静さに驚嘆し
心を揺さぶられました。

笑い えらい

この時、未希さんは
屋上まで避難しても?
やがて津波に飲み込まれることを
分かっていたのでしょう。

この・・
未希さんのアナウンスを聞いて
数千人を超える町民が
高台へと避難し
命を救われた。
こう伝えられております。

この
最後のアナウンスの直後
屋上床の
更にその上
2mを超える津波が襲来し
未希さんを始めとする
職員たちが
津波の犠牲となりました。

生きていれば・・
これから楽しいことが沢山あったであろう
若い命。
最後の最後まで
故郷の人々を救うために
その尊い・・
自らの命を犠牲にしたのです。

笑 クソ

常々感じることですが
公務員という仕事は
その職位が
低い人のほうが
公共への
奉仕の精神に
溢れています。

そして
職位が上がれば上がるほど?
公共の利益?

笑 知らねぇよ

こうした連中で
溢れかえるものです。

この姿勢が
顕著に現れたのが
このたびの
総務省による
接待に・・
いや、ゼッタイに行政が歪められたオハナシ。 (笑)

「行政の公正さを歪める?」
「ゼッタイにやってません!」
なんて言ったって?
接待やってるに
決まってるわけですね。

それでは本日はここで・・
満を持して・・
総務省外郭団体に放つ!
草の者に
ご登場戴きましょう! (笑)

「接待に?」
「行政が歪められた事実はない?」
「なかなか面白いじゃない」

アンタ 迷惑 笑 評判悪

「まぁ、行政を歪めてもらうために」
「接待するんだからね、普通」

「利害関係者だとは思わなかった」
「とか・・」
「放送事業に関する話は出なかった」
「なんて、白々しいこと言ってるけど」
「あんな言い訳で? 納得する人なんて」
「居ると思ってるのかね? 本気で」

笑 ないよ

「出世街道の」
「ど真ん中歩んできた人たちだからね」
「あの人達は」

「谷脇さんなんてのは・・」
「菅さんが大臣の時、頻繁にやってた」
「若手集めた勉強会の・・」
「幹事だよ」

「いつものことだけど・・野党の追求も」
「相変わらず甘いんだよ」

「あの人達が、接待された時期」
「奴らが出席してた」
「審議会や有識者会議を調べてみなよ?」

「ほとんど全部に」
「東北新社が絡んでるんだよ?」

「なんで、ここを突かないのかねぇ?」
「指摘されたら」
「一番痛いとこなのに・・」

笑 バカ

「総理の長男が役員だった東北新社の子会社」
「接待攻勢の翌年」
「2018年にCS放送事業認可受けたでしょ」

「あの認可の審査基準はね」
「ハイビジョン化を進めるための基準だったんだ」
「なのに?」
「ハイビジョン化してなかった東北新社子会社の番組がだよ?」
「審査に通っちゃった」
「ハイビジョン化されてる他会社の番組を差し置いてね」

「そのうえだよ?」
「「いま問題となってる・・」
「東北新社のBS4Kの事業承継の政府承認決めた」
「当時の責任者が誰か?」
「あの・・」
「山田さんだよ! 内閣広報官やってた」
「あの・・」
「飲み会断らないオンナだよっ!」

「もうこれだけでも充分」
「行政の公平さは損なわれてるでしょ」

菅 43

「自助なんて言っちゃってさ!」
「困窮する国民に自己責任強いておきながら?」
「自分のバカ息子には美味しい思いさせてんだから」
「大したもんだよ、菅さんって人は」

「だけどね」
「不思議に思わない?」
「なんでこんなことが?」
「外部の・・」
「特に文春なんかに漏れるのよ?」

「接待されたレストランの」
「予約日時まで把握してたんだよ?」

「多分これはね」
「この人に反感持つ」

菅正剛

「ウチの・・」
「少なくとも」
「課長クラスより上だよね」
「リークしたのは」

「官邸の今井さんが・・」
「いま必死に探ってるよ」

「接待日時まで特定出来るということは?」
「あのクラスの・・」
「スケジュールを正確に把握出来る人間というのは」
「かなり限られるからね」

「まぁオレたちだったら」
「3人にまで絞り込めるけど」
「あの今井さんじゃ?」
「犯人探しに協力しようって人は」
「省内には居ないんじゃないの?」

「今井ってのは・・」
「忌々しい奴だってのは」
「大勢いるけどね」

笑 やっちまった

「でも、谷脇さんたちを庇う気は無いけど・・」
「霞が関じゃ」
「あの程度の接待は当たり前」

「昔、居酒屋タクシーとか」
「ノーパンしゃぶしゃぶなんてので」
「世間に叩かれたけど」
「反省してる人間?」
「ほとんど居ないんじゃないの?」

「財務省だって、銀行・証券とやってるし」
「経産省なんて、電通始め利害関係者から」
「毎晩のように接待されてる」

「厚労省は、相変わらず薬品関係とズブズブだし」
「国交省に至っては」
「こんなにあからさまで良いの? ってくらい」
「大成筆頭に、ゼネコンと飲み歩いてる」

「霞が関にいる人間ってのはね」
「みんな自分が有能だと勘違いしてるから」
「反省って概念が無いんですよ」

笑 ヤレヤレ

やはり・・
霞が関は
スクラップ&ビルド

して、創り替えたほうが
この国の将来や
多くの国民の利益に
適うでしょう。

グルメブログの
一貫した理念でもある
こうした大事業は
自公政権では
成し遂げるどころか
思いつきもしない
大計画です。

「政権獲っても? オマエラ野党に・・やれるのかよ?」
こうした声も聞こえてきそうですが
あの熱狂した
政権交代から
もう・・
干支が一回りしてるのですよ?

12年間も
反省し続けて?
更にまた?
同じ失敗繰り返すようなら?
もうこの仕事には
向いていない
と、こういうことです。 (苦笑)

例えば・・
最近、選挙区に
刺客を送り込まれた
このオトコ。

安住3

「あんな女性タレント? 票集められないでしょ?」
「安住の脅威には・・ならないよ」

こうお考えのかたも・・
いらっしゃるでしょうが
あの女性タレントは
一般有権者の票を集めるために
スカウトされたんじゃありません。

実は
このオトコの選挙を支えてるのは
地元の自民党員の皆さんなのです。
なかには・・
自民党籍持つ
市議会議員などもいます。 (笑)

選挙となれば?
安住選対に集結する
こうした
鼻の下が長い
爺さん連中を
寝返らせるために送り込まれた
のが
あの女性タレントなんですね。 (苦笑)

さすがは老練で
陰険な

二階

苦いセンセの
思いつきそうな
嫌がらせです。 (笑)

でもって問題は
何で? 苦いセンセを?
そこまで怒らせたのか・・
ということ。

このオトコは
少し前からですが・・
自民党に
ガチンコの勝負を
挑んでいるのです。

野党第一党の
国対委員長と言えば
社会党に代表される通り
自民党接待攻勢の
最大のターゲット。

国会開催中は
連日連夜の
飲めや歌えやの
大接待攻勢に晒され
美味しい思いをするのが常です。

そして、綱引きに例えるなら?
綱を引くフリして・・
敵のために、綱を押す。
こうした猿芝居を
繰り広げてきたわけです。 (苦笑)

ところがこのオトコ。
自民党国対委員長の誘いは勿論
苦いセンセのお誘いまで
きっぱりと断り! (笑)
今や本気で
政権交代を
実現しようと決意しているのです。

笑 素晴らしい

今の野党陣営には
「下手に与党になんてなって、責任負わされるなら?」
「野党のほうが・・気が楽」
「文句言ってりゃ・・有権者は喜び、票を投じるし」
「歳費も入って来る」
「政権交代なんて実現しちゃったら?」
「エライことだ!」
「野党こそが最高だぁ!」

本心では
こう思ってる連中が
少なからずいるのです。 (苦笑)

少し前までは
このオトコも
こうした考えの
一人だった・・はずです。

ところが・・

一ちゃん7中村喜四郎センセ 2

どなたかが・・
何らかの知恵をつけ・・
影響及ぼしたのでしょうね。 (笑)

今のこの状況からすると
決戦は
秋になるでしょう。

しかし、その
秋の決戦の
妨げになるかも知れない
大きな懸念が
ございます。

新型コロナウィルス 3

新型コロナウィルスの
さらなる変異型です。

誠に残念なことに
気弱な地上げ屋が自治会長務める
タワーマンションでも
複数のコロナウィルス感染が発生しました。

こんなこともあり
最近、バタバタしてるのですが
先だって・・
完治したというので
3mほど離れて
話しを聞きました。 (笑)

その・・
元患者さんがおっしゃるには
この病気は
今まで経験したことがないほどの
恐怖の大病
だそうです。

この
体験記の詳細は
別の機会に譲りますが
問題なのは

菅 スガーリン 21

こオトコが
緊急事態宣言の解除に
踏み切ろうとしていることです。

緊急事態宣言自体には
もう既に
ほとんど意味はありませんが
宣言解除となれば?
国民の緩み
今の比では無いでしょう。

今でも
エレベータでは
息止めてる
気弱な地上げ屋からすると・・(笑)

笑 34-1 意味

こんな心境ですが・・(苦笑)
皆さん?
この病気には
決して感染しないよう
最大限の注意と忍耐で
乗り切って下さいね!
でないと・・
「選挙にも行けない」
こんな事態にも
なりかねません。

くれぐれも皆さん・・
健康にご留意戴き
ご自愛のほどお祈り申し上げます
私利私欲のための政治に・・
終止符を打つときのために・・
です。

政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

「キマグレンのメンバーだったことが自慢です。 総務省が特別扱い? 当然です。 役人は忖度してくれますから」 東北新社 菅正剛

その人が・・
善人なのか?
或いは、悪人なのか?
他人と
お付き合いする上で
とても大切な要素です。

では・・
外見上、見分けがつかない
この両極端。
いったい、どう見分ければ良いのでしょうか?

グルメブログの隠れたレギュラー (笑)

孔子 論語

孔子の教え・・
論語の一節に・・
そのヒントがございます。

その人が
善人なのか、悪人なのか?
それを知るには・・
その人が
過去に
どのような行動をしてきたか?

そして今
その人は
これから
どのような行動をしようとしてるか?

その人がこれまで成した行動を
つぶさに見ることの大切さと
これから取る行動の重要性を
孔子は教えます。

その行動が
明らかに悪い行いであるなら?
その人は
悪人である可能性が高いでしょう。 (苦笑)

笑 12 どうなってんの

しかし
その人が、善い行いしていたとしたら?

たとえ、その人が
善い行いとしてたとしても?
これを以て
善人だと断定するのは
早計です。

そうした行動をしたその
動機を探求し、知るべき。
孔子は説きます。

そして
その行動の動機も
好ましく、善い動機だとしたら?

最後に・・
その人が、その行動を
楽しんでいるか?
或いは
不満タラタラなのか?
これを確かめましょう。

善い動機で
善い行動を
楽しそうに行っている人は善人
です。

それでは・・
いきなりですが
ここで問題です!

この人は・・
善人でしょうか?
或いは
悪人なのでしょうか?

森落ちろー

この笑顔を見ると?
楽しそうにやってることは
明らかですし
好き好んで
こんな格好してるということは?

見る人を
笑わせようとしてるのですね?

つまり・・
動機も?
悪くありません。

最後に検討すべきは?
善い行動か・・どうかです。
気弱な地上げ屋としましては・・
「いやぁ・・とっても善い行動ですよ!」
言い切れます! (笑)
と言うことは・・?

それでは皆さん
答え合わせの時間です。

模範解答は・・
もちろん悪人です。 (大笑)

グルメブログのレギュラーなら?
多分、正答率は
99%を超えることでしょう。 (笑)

笑 意味 判らない

ただ・・ここで皆さん?
グルメブログ
この人を悪人だと決めつける理由は・・
この人の
首から上のハナシです。

あまり言いたくありませんが・・(苦笑)
この人の
首から下は?
それほど悪くはありません。

しかし
いかんせん残念なことに
首から上については
とびっきり!
・・悪いのですね。

ついでにお伝えしますが・・
このオトコが・・

菅 作者 ハマープロさん

青筋立てて邁進する
社会主義的政策
民間企業への業務介入
携帯電話料金の強制引き下げ。
これはどうでしょう?

善行か
悪行かと言うと?
これは、明らかに・・
善行ですね。 (笑)

ただし、このオトコの場合・・
二つ目・・
動機の部分で
直ぐにメッキが剥がれ落ちます。

選挙直前の人気取り。
今頃言い出すんだったら?
何で、今まで?
言い出さなかったんだよ?
アンタ?
所管の総務大臣もやってたんでしょ?

笑 知らねぇよ

ミエミエの
利益誘導ですね。

このオトコの長男通じた
総務省贈収賄疑惑。
現段階ではボヤ状態のこの問題。
今後、またたく間に
燃え広がります。

ただ・・
グルメブログとしましては
皆さんにお伝えするには
まだネタ不足の状態です。 (苦笑)
この件は
もう少し・・
ネタを集めてから
お伝えしましょう! (笑)

本日は久々に
何年か前までは
毎回のようにご登場戴いてた
このかた。

森オチローセンセイ

森オチロ~せんせいの
近況について
お伝えしましょう! (笑)

オリンピック組織委員会の会長を辞任し
「隠居生活に入るのか?」
こう思ってらっしゃるかたも
いるかも知れません。

しかし・・
落ちても?
すぐまた森返すのが
オチローせんせです。 (笑)

今でも
20を超す
スポーツ・政治団体の
名誉会長・最高顧問などを務めておりますが
余生は?
どのように・・
お過ごしになるでしょうか? (笑)

都庁に放つ!
草の者に
その辺りの事情を
お尋ねしましょう!

「森せんせの余生の過ごし方?」
「アンタいったいナニ言ってんの?」
「組織委員会の後任会長は誰よ?」

橋本聖子

「森せんせを・・堂々と、政治の父と呼ぶ」
橋本聖子だよ」

「透明性ある選考過程を経て・・」
「なんて言ってたけど」
「チャンチャラ可笑しいよね」

「コロナでこんな状況なんだから・・」
「オリンピックは中止すべきなんだよ」
「海外から観光客受け入れたら」
「第4波の襲来となりかねないでしょ」

「無観客での開催?」
「IOCは、放映権料さえ入れば・・」
「OKなんだから無観客でも文句言わない」

笑 怒 23

「日本側の? 利権に群がる人たち?」
日本スポーツレガシーコミッション ?」
「この前、国会でも取り上げられてたね」

「でも、あの組織は・・」
「オリンピック終わって、余ったカネを・・」
「皆で分けましょ」
「そういう組織」
「言ってみれば、これから・・入るカネ」

「これまで森せんせが吸い寄せた利権に比べりゃ?」
「微々たるもんですよ」

「そもそもね、何で予算が? 3倍にまで膨らむのよ?」
「2兆円超えちゃうんですよ?」
「当初予算はいったいなんだったの? ってハナシ」

JOCが入るビル。 Japan Sport Olympic Squareビル見てよ」
「元々、風致地区だった場所に」
「高さ制限を5倍にして建てたんですよ?」
「あの容積率だけでも・・億の単位の利権」

笑 怒 26

「新国立競技場にしても・・」
「2回の入札の両方とも大成建設が受注したのは?」
「なぜかって考えてよ?」
「森せんせとの関係しかないでしょ」

「大成建設って会社はね」
「森せんせの政治資金パーティーがあれば・・」
「ほかのゼネコンは、ヒラの役員クラスが行くけど」
「大成は、副社長クラスが行く」

「森せんせの後援会機関紙への広告料なんて・・」
「1ページにつき、100万円ですよ!」

笑 怒 35

「他の企業は、1ページのお付き合いですが」
「大成は、毎回見開きの4ページ買ってる」

「パーティー券含めて・・」
「常に、他のゼネコン・企業の4倍から5倍」
「政治献金してた」

「その成果でしょう」
「ボート会場となる、海の森水上競技場」
「あの入札は・・飛び抜けて酷かったね」

「予定価格の99.9%での受注ですよ?」
「偶然起こる数字じゃありません」

「更に凄いのは」
「受注価格は69億円だったのに」
「実施見積額は・・1038億円に膨らんじゃった」

「予定価格の・・7倍以上だよ?」

笑 怒

「流石に組織委員会もヤリ過ぎだと気付いたのでしょ」

「結果として、発注額は半分に」
「まぁそれでも異常ですけどね」
「だってそうでしょ?」
「何で? 1000億かかるって言ってたのが?」
「突然、490億になるんですか?」
「もう・・メチャクチャですよ」

「極めつけは」
「セガからの35000万の寄付金」

「嘉納治五郎記念国際スポーツ研究・交流センターですよ」
「特にこれと言った活動してない組織に?」
「何で、それほど巨額の寄付するのよ?」

「この寄付のあと、セガサミーは・・」
「オリンピック公式ゲームソフトの」
「開発・販売ライセンスを独占取得」
「もう・・分かり易すぎじゃ・・ありませんカネ」

笑 怒 驚 バカ

今後、火の手が
燃え広がる予定の・・
菅長男の
総務省接待疑惑。

ジリ貧の
内閣支持率にとりまして
さらなる追い打ちとなるでしょう。

ただ皆さん?
内閣支持率は落ちても?
政党支持率は
さほど変化しておりません。

各野党の支持率も
ほとんど上昇せず。

これは
何を意味するかと申しますと・・
これまで、自民党を支持してきた
無党派層が
支持を止め始めたことが最大要因で
あとは
自公支持者の間で
菅への期待が
薄れてきた
とこういうことです。

こうした人達は
目先が変われば
また直ぐ、元の木阿弥に
戻ります。 (苦笑)
つまり・・
内閣の顔が変われば?

河野太郎2

「自民党バンザーイ!」
こうなる人たちです。

この度の
コロナ関連の各種給付金。
財務省が
何も抵抗せず、これだけ巨額の財政出動容認するには
理由がございます。

これだけ財政を傷つけちゃうと?
消費税を下げろ!

与党はもちろん
野党でさえ・・
消費税減税を言えなくする。
こうした陰謀・・
戦略があるのです。

財務官僚たちによる
肉を切らせて・・
骨を断つ!
高度な政治戦略です。 (苦笑)

笑い 怒り

秋に控える総選挙。
ここでまた
自民党一強政治を許すようなことがあったら?
もう・・
お先真っ暗です。

自公政権を追い詰め
少しでも
政権交代に近づけるため
各野党指導者たちが
一致結束して行うべきは・・
有権者を引きつける政策を打ち立てる
ことであり
そのための智慧がないのなら?

智慧も
経験も豊富な
賢人に

中村喜四郎センセ 2一ちゃん

教えを請うことでは・・
ないでしょうか?

最後に・・
各野党指導者に聞かせたい・・
孔子が遺した言葉・・
真理をご紹介します。

政治とは・・
誤りを正すこと
指導者が正しくあれば・・
民が間違えることは・・
ありません

政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 気弱な地上げ屋 グルメブログ

コロナバブル!「445万円貰えます。 感染者には悪いけど、本音言うと・・コロナがずっと続いて欲しいです」 都内某所の定食屋

信用と信頼。
どちらも
快適な
社会生活を送るうえで
必要不可欠な要素です。

レギュラーの皆さんから
絶大な信頼が・・

笑 ないよ

まったくない・・ (笑)

気弱な地上げ屋が言うのも
ナンですが・・
信用もなく
信頼も失った人は・・
世間から

アンタ 迷惑 笑 評判悪

このように見られます。

そして・・
他人に言われて?
最も不快に感じることは?

ある調査によると・・
何かと言い訳を言い募ったり
言い逃れに終始された時
人は
不快に感じます。

つまり
自分の責任なのに?
その責任を認めなかったり
責任を回避しようとする人は
信用を失い
信頼されなくなるわけです。

この典型例であり
我が国で
最も有名な人間が

安倍内閣 無能

このオトコであり・・
このオトコの次に
有名なのが
このオトコの
後釜である
この人です。

スガーリン 2

最近の
ジェットコースターのような
支持率の急降下。
相当堪えているようです。 (笑)

「権力って凄いんですよ。 役所の人間飛ばすことだって・・」
「簡単に出来るんです!」
「国民生活が大事?」
「そんなこと言ってる政治家は・・万年野党ですよ」

少し前まで
大っぴらに
こんなこと豪語してた人間と
同一人物とは思えないほどの
弱り目に
祟り目です。 (笑)

「丁寧な説明をしていきたい」
こう言った直後に
「いま所管大臣が答弁したとおりです」
こう言って質問者を怒らせる。

「仮定のことは・・考えていません」
これに至っては・・
未来に起こることは
ほぼ全てが
仮定でしかないのですから
考えてないなら?
「政治家なんて辞めろよ」
ってハナシです。

挙句の果て・・
この人から

蓮舫4

「そんなメッセージだから国民に危機感が伝わらないっ!」
「あなたには総理としての自覚や責任感!」
「それを言葉で伝えようとする・・そういう思いはあんですかっ?」

激しく詰め寄られ
逆ギレしちゃう。 (笑)

こんな調子ですから・・
「菅さんには、懐の深さがない。 だから周りににイエスマンか太鼓持ちしかいなくなる。 批判する者、異論唱える者は、即排除。 その器の小ささ、狭量さが、これまでの全ての失策に繋がっている」

自民党幹部
大臣経験者からでさえ
こんなふうに
言われちゃうわけです。 (笑)

器量の小ささは
隠しようがないのですが
この人の
最大の特徴は
そのアタマの悪さ
あります。

一例挙げると・・
この度閣議決定された
第3次補正予算案。

19兆円超える
巨額補正なのですが・・
その6割が
コロナが収束した後に使う予定の予算です。

良いですか? 皆さん?
補正予算というのは・・
年度内
つまり、来月3月末までの予算ですよ?

これだけ
市中感染が蔓延してるなか
今後1ヶ月やそこらで
感染拡大が収束する?
そしてまた!
「Go to イートだ!」
「Go to トラベルだぁ!」
こう考えてるのですから

枝野1

この人をして・・
「ズレてるというか・・ピント外しまくってる」
こう考えてる人の多さが
支持率低下に繋がってるわけです。

グルメブログとしましては
この人相手に
選挙戦うほうが好都合ですから (笑)
公示日までは・・
「菅頑張れ!」
のスタンスですが
どう見ても?
自民党が
「そうは問屋が卸すかい!」
で行くようです。

グルメブログは当初・・

野田聖子

このオバサンが
二階級特進 (笑)
するもんだと思ってましたが
最近
対抗馬として
頭角現して来たのが
このオトコ。

河野バカ太郎

レギュラーの皆さんのなかにも
このオトコを
評価なさる向きもあるようですが (苦笑)
お忘れでは無いでしょう?
気弱な地上げ屋
このオトコの本性を
とっても良く知っています。 (笑)

自分が発表するより先に
ワクチン接種スケジュール報じたNHKのことを
フェイクニュース扱いしたことは
ご記憶に新しいでしょう?

スポットライト浴びるのが大好き
批判されると?
すぐさまヘソ曲げちゃう。

こういう人間は、全てにおいて・・
自分の都合が最優先。

笑 オマエが言うな

外相時代。
どこで、聞きかじってきたのか・・
ある日突然!
「サハラの岩塩食べてみたい!」

「今週末に行くから準備しろ!」
月曜夕方に突然言い出し
金曜夕方に出発
翌週、月曜未明に帰国する
こんな強行軍
しかも、全行程ファーストクラスです。
その上・・
全ての費用は、税金。 (苦笑)
・・・やりたい放題です。

世間知らずの象徴として
グルメブログに度々ご登場戴く (笑)
この人でさえ?

麻生 6

「河野太郎? アイツは・・一人で横断歩道渡れるのか?」

周囲の状況などお構いなし。
自分の進む道しか見ず
自分のことしか考えない。

常識というものを
まったく持ち合わせていない
このオトコのことを
あの? (笑)
阿呆センセからでさえ?
心配されちゃう。 (苦笑)

直ぐにボロ出すことは目に見えてますが
選挙直前に神輿に担ぎ上げられると?
騙されちゃう有権者は
大勢いることでしょう。 (苦笑)
ほんの少しですが・・
心配です。 (笑)

さて本日は・・
普段はツカミで使うようなネタを
メインに持って参ります。 (笑)

入院先が見つからず
自宅療養を強いられてる人が
3万5000人を越し
そのうち
この1ヶ月だけで
30名ものかたが
自宅療養中にお亡くなりになる。

コロナ蔓延が猛威振るうなか
菅政権のアホな政策
税金のバラマキで・・
そして
都議選で議席失いたくない

小池 希望 細野 若狭 長島

この人の野心と
政治的野心のため
都庁金庫のカネを使い果たす。

デタラメなバラマキで・・
コロナ以前より
遥かに潤ってる人々がいます。

つい先ごろ。
たまに・・
仕事出してあげてる
個人事業主のSクンと会う機会がございました。

SクンはIT技術者。
そのSクンから・・
気弱な地上げ屋さん? いつもお世話になってますから」
「ランチでもご一緒しませんか?」
「臨時収入が入ったんで・・ご馳走します」
こんな殊勝なこと言ってきたので
お言葉に甘えました。 (笑)

街中華でビール飲みながら・・
「で? Sクン? 臨時収入って何よ?」
「銀行強盗じゃないでしょ? 宝くじにでも当たったの?」
尋ねると・・
語り始めました。

笑い1

「ほとんど毎日行ってる小料理屋のM。 知ってるでしょ?」
日頃から
Sクンが、
「肉豆腐が最高に美味いから行きましょう!」
こう言ってた
近所にある
定食屋みたいな・・小料理屋です。 (笑)

場所は知ってますが・・
こ汚い店なので (苦笑)
行きたいと思わず・・
誘われても、毎回断ってた店です。

「ワタシは、ほぼ毎日行ってます」
「なんせ、腹一杯食べても500円で食べれる店ですからね」
「昼と夜。 1日2回行くことだって・・ザラですよ」
随分と・・
贔屓のお店のようです。 (苦笑)

笑 1

「昨年春頃ですかね?」
「店行った時、Mの女将さんから頼まれたんですよ」

東京都の感染拡大防止協力金って?」
「あれって? ウチでも貰えるのかしら?」

「アタシ良く分かんないから・・Sクン?」
「聞いてみてくれない?」

「面倒臭いなぁって思いましたが・・」
「美味しいカレイの煮付けサービスしてくれたんで・・」
「つい・・OKって言っちゃったんです」

「ネットで調べたら?」
「あれ? これもしかしたら? お金貰えるかも?」
「と分かりました」
「でも・・間違えちゃいけないと思い」
「都庁に電話して再確認しました」
「そしたら?」

「エエ、貰えますよって返事なんです」

笑い3

「やりましたよ・・申請」
「最初は・・昨年の4月です」

「申請したら? 直ぐに振り込まれました」
「50万です」

「言っときますけどね?」
「Mってのは・・」
「お店は、あのボロ家の・・」
「自宅の1F使ってるから」
「家賃はかかりません」

「売上だって・・多い日でも1万超すってことはない店」
「通常は1日8000円くらいです」
「だから・・50万貰えると?」
時短営業したほうが得するんですよ」

「それが第一回申請」
「直ぐ翌日から第2回の申請が始まりました」

「違和感ありましたし・・」
「罪悪感もありましたよ」
「でもワタシみたいな貧乏人は・・」
「カレイの煮つけで動いちゃうんです」

ダメだこりゃ 2 笑

「結局やりましたよ・・第2回申請も」

「それだけじゃありません!」
「第3回も・・第4回も」
「これまで全部の申請やりました!」

「合計すると・・6回です」
「貰ったお金の合計?」
「まだ振り込まれてない分のありますが」
「合計175万です!」

「更に・・」
「これから第7回申請もあるんです」

「これなんて? 上手く申請すれば・・」
「186万貰えるんですよ?」

「Mってのは、自宅の1階が店で、夜なんて」
「一応暖簾は出しますが」
「来るのは、ワタシ含め常連数人ですよ」

「ワタシへの謝礼?」
「流石にカレイの煮つけだけじゃ・・」
「無理だと思ったんでしょ?」

「10万円くれました」

はぁ? 笑 ダメ

「渡す時・・」
「これは口止め料だからね・・って」
「良い女将さんだと思ってましたが」
「お金の魔力には」
「勝てないのですね」

「これらのお金は、もとを質せば?」
「税金じゃないですか?」
「Mに普段の利益の3倍以上ものカネ

「ただバラ撒くのでしたら?」
「もっと本当に困ってる人に」
「支援の手を差し伸べるべきですよ」
「そう思いませんか? 地上げ屋さん?」

これらの支援。
全てが無駄・・
とまでは申しません。
損失を
最小限に抑えられ
命拾いした人も
大勢いるでしょう。

しかし!
必要なところに
支援が届かず
「こんなに貰っちゃって・・良いの?」
こうした人に・・
必要としている分を
遥かに超える支援が
届いてしまう。

グルメブログ
最も忌み嫌う
不公正と不平等
です。

笑 その通り 2

間違いなく言えることは・・
この国の行政が
期待されている仕事を
しっかり行っていない

ということです。

税金・・
公金を
注ぎ込むべきところに
届けず
注ぎ込まなくても良いところに
バラ撒く。
そして・・
「しっかりやってるでしょ」
役割果たしたかのように
任務達成したかのように振る舞う。

本日ご紹介した実例は
このほんの・・
一例に過ぎません。

「この国の制度・官僚組織を根本から変えなければ」
「やがて目を覆うほどの衰退が現実となる」
10年ほど前から続く
グルメブログの主張です。

もう本当の時間切れ
手遅れが
目前に迫っていることに
気付いている人は
どれほどいらっしゃるのでしょうか。

この国は
深刻な
ピンチに陥っています。

ますます闘志が・・
湧いてきました。 (笑)
やはり・・
この国は
政治を大きく変えなければ・・
いけません!

政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 気弱な地上げ屋 グルメブログ 新型コロナウィルス

「スガーリンは嫌そうだったけど、 緊急事態宣言はアタシが言ったからこそ! また・・総理の椅子目指すことにするわ」 小池百合子

今年最初のエントリーです。
皆様、本年も宜しく・・
ご抗議のほど・・(笑)
お待ち申し上げます。

それでは
今年も現金に
始めましょう!(大笑)

今年は丑年。

アンタ 迷惑 笑 評判悪

根が正直で
素直な気弱な地上げ屋

幼少の頃から
親から受けた教えは
忠実に・・
素直に信じ込んでおりました。

今からよく考えてみると・・
「よくまぁこんなデタラメ? 教えたもんだな」
そんななかに・・
食べて直ぐ寝ると? 牛になる
というのがございました。
聞かされた人も
大勢いらっしゃるでしょう。

しかし、こうした大勢の人と
気弱な地上げ屋
明らかに異なる点がございます。

これ聞かされた時
気弱な地上げ屋は・・
「牛になるって? すげぇな!」
「一度くらいなら・・牛になってみたい!」

牛

こう考えることです。 (笑)

それからというもの・・
一週間位ですかね?
毎晩・・
夕食終わった直後に
布団に入ってました。 (苦笑)

流石に
5日目くらいになると・・
怪訝に思った両親から
「オマエ? なんで毎晩、ご飯食べたら直ぐに寝るんだよ?」
問い詰められ
「牛になってみたい!」
白状した途端!
大爆笑の嵐となり (大笑)
人に笑われるのと・・
人を笑わせることの違い

身を持って
体験したワケです。 (苦笑)

笑 ナニ言ってんの 3

因みにこの
食べて直ぐ寝ると? 牛になる

医学的には・・
食べた後、一時的に横になって休むことは
正しい!
こうした見解も・・
一部にあるようです。

食べた直後は
軽めの運動をしたほうが健康に良い。
食後は
血糖値も上昇するし・・
そんな状況のなか
体を動かさないと?

摂取した糖が
脂肪として蓄積され
結果として太る。

多くの人は
こう信じているでしょう。

笑 ナニ言ってんの?

ところが最近の研究では
食後に体を動かすと?

筋肉に血液が集中してしまい
胃腸の血流が減って
かえって消化能力が
落ちるそうです

効率的に消化するためには?
食後は少し横になって体を休め
胃腸の働きを助けたほうが
体にとっては良い
との見解です。

ただ、ここで・・
勘違いしてはいけないのが
食後直ぐに
眠ってしまうことです。

本当に眠ってしまうと?
胃腸の動きが鈍くなり
消化に時間がかかり
胃腸の負担を増やします。

夜寝る前に
食事を摂ると?
太る・・というのは、
本当のハナシ・・
だそうです。 (苦笑)

こうした時期ですので
皆様、どうか健康には
ご留意願います!

笑 詫び ご協力

さて本日は・・
あれほど?

緊急事態宣言?」
「今は発出する時期ではないと考えてます」
「いまやるべきは、感染を抑え・・」
こんなこと言っておきながら?

追い込まれ
押し切られる形で出した
緊急事態宣言について。

菅 103

都庁に放つ!
草の者に
生々しい
現場の状況を
伝えてもらいましょう。

緊急事態宣言? やっと出したね」
「遅いよ・・遅すぎる!」

「ウチの知事が、派手な仕掛けで追い込まなかったら?」
「あと1週間・・。 下手すりゃ?」
「2週間以上先になったんじゃないの?」

「そもそもね」
「「医療崩壊間近・・とか」
「感染爆発の瀬戸際・・など」
「伝え方が紛らわしいうえに」
「余計なんだよ」

「間近とか瀬戸際なんて言うと?」
「まだ医療崩壊してないじゃないか?」
「とか・・」
「まだ感染爆発までは・・そこまでは行ってない」
「こう理解しちゃう人が大勢いるわけですよ」

「ハッキリ言えば良いんだよ」
「感染爆発してます」
「医療崩壊してますってね」

笑 その通り そう思う 3

「そりゃ、中国の武漢みたいに・・」
「2ヶ月以上都市封鎖した上で」
「1000万市民全員に、PCR検査受けさせ」
「陽性反応出次第、即強制隔離」

「こんなことすりゃ」
「感染者数をゼロにすることも可能ですよ」
「実際、武漢じゃ・・」
「昨年9月以降、完全に以前の市民生活に戻った」

「中国と日本の最大の違いは・・」
「中国は、経済を無視してでも・・」
「ウィルスゼロを目指した点ですよ」

「ウィルスを抑え込む道を徹底的に突き進んだってこと」
「日本みたいに中途半端なやり方だと・・」
「この先、余程の幸運でも起こらない限り」
「更に悪い結果になるのは・・間違いないんじゃないの」

笑 嘘だろ

「日本がやれるとしたら?」
「オーストラリア方式」
「これなら? やれるだろうし、やったら必ず効果はあると思う」

「陽性が判明した人に対し・・即刻隔離した上」
「判明直後から・・24時間以内に」
「トレースチームが接触し」
「覚えてる範囲の限界まで」
「過去2週間遡って、行動と接触者を割り出す」

「濃厚接触者には、自主隔離を求め」
「感染者の立ち寄り先は・・」
「飲食店だろうが、図書館だろうが・・」
「学校だってすべて」
「所在地と名前を公表するんだ」

笑 無理 そりゃ無理

「それだけじゃない」

「感染者が乗った電車やバス」
「路線や、日時だけじゃなく」
「どの車両に乗ったか?」
「車両番号に至るまで公表し」
「乗り合わせた人全員に・・全員にだよ?」
「PCR検査と自主隔離を求めた」

「飲食店や施設には」
「来訪者全員の住所と連絡先の記録を保管するよう義務付け」

「その結果」
「昨年秋以降は、感染者ゼロの日も珍しくない」
「やるなら? ここまで、やるべきじゃないの?」

「それに、これなら?」
「日本だって真似することは可能だろうし」
「自公政権は尻込みするだろうから」
「野党の共通政策で発表すれば?」
大きな支持集めるんじゃないの?」

笑 やってみる

「昨年1年間。 都庁福祉保険局での退職者数は知ってる?」
「福祉保健局というのは、コロナ対策担う部署」

「こともあろうに、コロナ対策で新設した担当局長は」
「2ヶ月で退職」
「その部下の部長も・・後を追うように退職」

「そんな調子で、1年間で総勢80人が退職した」
「言っとくけど・・この数には、定年などは含まれないからね」
「自己都合退職だけで年間80人だよ」

「あの部署ではね」
「知事のことを・・」
「小池百合子とは呼ばずに」
小池揺れ子と呼んでる」

「朝言ったことが・・夕方には、逆のこと言い出す」
「朝出した作業目標が」
「ランチ終わって席に戻ったら? 倍になってた」
「こんなことは、日常茶飯事」

小池 42

「職員は・・」
「感染症への恐怖と」
「上司からのプレッシャーで」
「疲弊しまくってるよ」

「あの人にはね」
「この冷やしタヌキみたいに・・」
「冷たさは充分過ぎるくらい感じるけど」
「温かみなんて・・まったく感じないよね」

「部下への思いやりなんて・・」
「これっぽっちも無いんじゃないの?」

「懲りずにまた国政に打って出るなんて噂もあるけど」
「知事辞めてもらうのは大歓迎だけど」
「総理大臣目指す?」
「目指すのは自由だけど、なってもらいたくはないよね」

笑 だろ そうだろ

あの婆さんに・・
いま以上に
しゃしゃり出て来られるのは
グルメブログとしましても・・
もう懲り懲りです。 (苦笑)

昨年末・・
ある・・
4人以下ではありませんでしたが (笑)
会合で

枝野る

このかたに
お目にかかる機会がございました。

思いっきり!
飛沫飛ばしながら (笑)
叫んでましたよ。

「来年必ず行われる選挙では、議席を大幅に増やします!」
「自民党を下野に追い込む!」
「次の選挙で・・」
「政権を取りに行く!」
力強かったですねぇ。 (笑)

ただ惜しむらくは・・
「取りに行く!」
あまりに
チカラ強く言うもんですから・・
良く聞き取れなくて・・
「トイレに行く」
こう聞こえちゃいました。 (苦笑)

なんで、トイレが?
政権と関係あるのか?
不思議に思いましたが (苦笑)
「枝野さん? トイレ行きたいのでしたら?」
「ドア出て右、突き当り左に行った右側にありますよ」
こう言っちゃって
場を凍りつかせてしまったことです。 (大笑)

笑 ゴメン 詫び

なにはともあれ・・
野党第一党の代表が
クローズな場であったにせよ
政権奪取を目指すことを
力強く宣言したことは
陣営を奮い立たせました。 (笑)

まだ発表はされてませんが
全国の小選挙区。
勿論、維新は除いたハナシですが
野党候補の一本化が
未だまとまって無い選挙区は
4選挙区しか残っていません。
この4つも
近いうちに纏まるでしょう。

4月末には
2つの補選が行われます。

長野は

羽田

このかたの弔い選挙。

元々、強い地盤を持っている上
長野県人というのは
とっても義理堅い人が多い土地柄です。 (笑)

候補者選びで
余程のドジ踏まない限りは・・
勝てるでしょう。

問題であり・・
勝負どころでもあるのが
北海道です。

ここで立つのは・・

松木センセ

我らが!
松木センセです。

松木センセというのは
お金は一杯持ってますが
票は?
全然持ってない人です。 (苦笑)

赤坂で
昼間っから?
10人近く人集めて
焼き肉奢るくらいなら?
後援会の拡充に
「お金使えば良いのに・・」
そう思いますが (苦笑)
今からドブ板やるには
時間が足りません。

政権批判の波に
上手く乗って
票かき集めるしか
ないでしょう。

この選挙区は
相手が仮に?
カカシを立ててきたとしても?
大接戦となる選挙区です。 (苦笑)

こうした意味では
ここで勝ち抜くということの
意義と価値は
小さくありません。
与野党ともに
総力戦で臨むことでしょう。

今年は・・
この4月の補選。
7月の都議選。
そして・・多分 (苦笑)
10月に総選挙・・だとみております。

選挙ばっかりですが・・

蟻 アリ

皆さんの!
多大なる!
多大なる・・お力添えを
宜しくお願いします!

見かけだけではなく
本当に・・
本質的な意味で
野党が纏まれば?

必ずや・・
選挙は勝てます!

本年も宜しく・・
ご厚誼のほど・・(笑)
お願い申し上げます。

政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 気弱な地上げ屋 グルメブログ 緊急事態宣言 スガーリン

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ