FC2ブログ

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

「個人保証」ってヘンでは

先日、融資担当者のあまりの対応の悪さに、「銀行国有化」をアップしましたが、書き忘れたことがあります。
それは融資の際の個人連帯保証について。
私の知る限り、こんな制度が融資慣行としてまかり通っているのは、世界でも日本だけではないでしょうか。勿論、USAやほかの先進国にも個人保証に似た制度があり、利用する人もいますが、それは借入金利やその他諸事情によるもので、日本のように融資慣行とはなっていません。
日本では、この10年、毎日90人を超す人が自殺していますが、こうした異常事態の原因の一つに、この個人保証制度があるのではないでしょうか。
「気弱な地上げ屋」の知人にも不動産会社経営者が何人かいます。
彼らは例外無く個人保証でがんじがらめにされています。
融資返済が3回でも滞れば、債権をサービサーに譲渡され、その後は身ぐるみ剥がされるハメとなります。有限保証とか出資の範囲内で、と言うのは建前に過ぎません。これについては、悲惨な話がありますので、別の機会に改めて記したいと思います。

次に、話は変わりますがこの記事
あの泥酔中川(ご一行6名)の渡航費用が4100万!?
ほかの日銀関係者11人の費用合計が1300万だから、いかに高いかがわかる。
わざわざチャーター便を仕立てて、このザマなんだから、この人には議員でなく別な道を歩んでいただくよう、帯広市民の皆さんには次期衆院選での賢明な選択をお願いしたいですね。

ところで、例の記者会見前のイタリアンレストランでの合コン
では無くてランチ。あれって読売とかブルンバーグの女性記者も呼ばれて一緒に飲み食いしたのでしょ。
代金は誰が払ったのかね。まさかとは思うけど、税金が原資じゃないよね。


思ったこと・感じたこと">思ったこと・感じたこと - ジャンル : 日記

tag : 個人保証 銀行融資 サービサー 合コン ブルンバーグ

「公取委のセブンイレブン調査」報道に思うこと

このところ、お役所(役人)の仕事に対する賞賛が続いていたのだけど、 今朝のニュースで少し戻してしまった。 <公正取引委員会(略称:公取委)>による、セブンイレブンへの <値引不当制限容疑>での調査報道がそれ。 生鮮食料品を扱う加盟店が、「売れ残り」を回避するため、「値引販売」をするのを 「優越的地位」を利用して、不当に制限していた、というもの。 本来、値引は個人事業主である加盟店が自由に決められるはずなのに、「フランチャイズ契約を打ち切るぞ」とか「契約違反だ」などと圧力を 掛けてきたらしい。 ここで問題なのは、売れ残った生鮮食料品類はすべて「廃棄」されるってこと。 つまり、ゴミとして捨てられるわけ。 更に問題なのは、ゴミとして捨てられた「元商品」、つまり損失となった商品の ロイヤリティまでセブンは徴収してたんだって! 恐るべきセブンイレブン商法。 良くまあ、こんな「不平等契約」を結んだものだと感心するけど、 こうした行為をするフランチャイズオーナーの多くは、収益向上だけが目的ではなく まだ食べられるものを「ゴミとして捨てる」のを防ぐ意図もあったという。 私はフランチャイズオーナーの行為に賛同ですね。 セブンイレブンはホームページではこんなこと言ってるくせに、 「社会に向けて言ってること」と「実際やっていること」が今流行のブレてませんかー? でも、私が最も注目し、怒っている点は......公取委2002年にこういう行為は「優越的地位の乱用」に当るとして 業界団体に改善を促していたっていう点。 .....今、2009年だよ。 6年以上経っても指導を徹底できない公取委って?いったいどういう役所? ほかに所管する役所があるなら、まだ話はわかるけど、 この国にゃ公取委しか無いんだよね。 まあ、自分のやるべき仕事が出来ない役人には、転職願うしかないかも。 こういう社会を変えるためにも政権交代ってのは、 必要だよね。

ニュース">ニュース - ジャンル : ニュース

tag : セブンイレブン 公取委 フランチャイズ ブレ

頑張っている都営地下鉄

昨日は税務署職員の感じの良さについてコメントしましたが、
都営地下鉄も負けてはいません。
海外のサービス業(しっかり、サービスをしないとチップが貰えません)並みと言ってもいいでしょう。
私はある路線を使ってオフィスまで通っているのですが、車内が大変暑苦しいことに不満でした。
周りを見ると、汗を拭っている人、暑そうにコートやジャケットを持っている人、
など結構不快に感じている人が多いのに気がつきました。
そこで!一発東京都交通局へ苦情!いや提案です。
電話を使うと、私は仕事柄(~_~;)迫力があり過ぎて....ではなく、効果があまり無いと察して
メールを出しました。
すると...その日の帰りから、ナント!快適じゃん!
このほかにも、そのラインは全線定期がvending machineで買えず、いちいち定期発売所まで
行って購入していたのですが、これも苦情、いや失礼!提案をしたところ、
1ヵ月後には、買えるようにシステムを変更してくれました!
good job!
お役人には厳しい目を向けることが多い私ですが、しっかりやっているお役所
も結構あるのですね。

| ホーム |


前のページ «  ホーム