FC2ブログ

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

麻生の優柔不断が民主党を救う

我らが阿呆
「気弱な地上げ屋」は、その優柔不断で決断できない「中途半端な性格」に、「政権交代」への勝機を見出します。
政権交代、すなわち「第45回衆議院選挙」における「与野党逆転」ですが、
その実現に向け、最も困難な時期が「今」です。
明日27日には、かなりの確度で政府予算案が成立します。
週明けに、各社世論調査が出ますが、民主党支持率が
「どれだけ下がるか」の調査結果となるでしょう。
自民党支持率が上昇するにしても、誤差の範囲でしょうが、
阿呆にとっての最後のチャンスはこの時期をおいてほかに無い、と思います。

そのことが判っている「お友達」は、4月~5月上旬の解散総選挙を奨めているようです。

しかし、「北陸のサメ」のように、自分の選挙態勢が整わない連中は「任期満了」をぶち上げています。
ここで、冒頭申し上げた、
彼の「中途半端な性格」が我々政権交代を目指すものたちを利する結果となります。
解散への決断が出来ないのです。
7月の都議選での「そうか」への配慮から、6月~7月は解散できません。
明日から5月上旬までは、自公にとっては、最後のチャンスなのです。

なぜかって?
連日行われている「小沢バッシング」。この先も連日報道し続けられますか。
そりゃ、「ゴミ売り」とか「3K」とかはやるかもしれません。
でも、選挙へのカギを握る、「B層」って言うのですか?世耕さん
彼らは、TVとマンガしか見ないのですよね(笑)。
TVで同じネタを数ヶ月続けることは、不可能です。
いくら、今回のバッシングの後ろに「電痛」がいたとしても、ちょっと無理ですよね、漆間さん
3ヶ月もすれば「世論も落ち着き」ます。
だって、「簡保の宿」だって、もう忘れかけてる人も多いのでは(苦笑)。
そんなもんなんですよ。

「風に乗って飛んできた票」で当選した、一部の民主党議員の
「次の自分の選挙を心配する姿」や
世論の動揺ぶりを見ると、2005年の郵政選挙を思い出しますね。
マスコミの世論誘導を見ると、あの時をフラッシュバックします。

当時は、子鼠さんのような「歌舞伎役者」がシナリオライターと主演を兼ねたからこそ
成功したのです。
今回は、主演役者が絵に描いたような「大根」であることに異論は無いと思いますが、
シナリオライターは超一流です。

代表の早期辞任がなかったのは、ある程度の誤算でしょうが、
概ねシナリオどおりの展開ですね。
二階さんやゴミには、捜査の「そ」の字も無いのですから。
20数名の記者団の前でおっしゃったとおりの展開じゃありませんか(笑)。

だが、その超一流のシナリオライターにも誤算がありました。
阿呆の優柔不断です。

8月以降の社会経済情勢はどうでしょうか。
景気も回復して、社会不安もなくなっていますかね。
「気弱な地上げ屋」は、更なる悪化を予想します。

社会不安が増大すると、今まで政治に無関心な連中も
「変えたほうが、自分にとって都合が良いのでは」と考えます。

政権交代ってのは、平時(好景気時)には起こりにくいものです。





みんなに知ってもらいたい">みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

tag : 政権交代 小沢 衆議院選挙 民主党 麻生 優柔不断

| ホーム |


 ホーム