FC2ブログ

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

麻生さん、神風特攻隊の一番機にはあなたが乗ってね!

どうにも我慢ならないので、昨日の続き。
巨額の「赤字国債」を発行しての「異例な人」による「異例な補正予算」案です。
本予算成立直後に、これだけ巨額の補正予算案を出すなんて、過去にありましたかね。
自分で出し、成立させた予算に「瑕疵がある」ってことを自ら認めてますね。

それでなくても、日本の財政は破綻状態。
こうした国にしてしまった責任の大半は、「官僚の下僕」として仕えてきた自民党政治にあるのだけど、
そういう政治体制を支持してきた、と言うか歓迎している国民は、「気弱な地上げ屋」の推定では、まだ2000万人くらいはいます。
この人たちは、お金(お仕事)で繋がっている人々。
だから、お金がなくなれば、それこそ「金の切れ目が縁の切れ目」。
次の金主が見つかれば、まったく正反対の意見でも「実は、前からそう思っていたのですよ」とばかりに寝返ります。
ビジネスでもそうだけど、「カネで動く人間」ほど扱いやすものはありません。

話を戻します。
この巨額の赤字国債発行案。
Wall Street Journalから、「Kamikaze Spending」(自殺行為:筆者意訳) と題して、「気違い扱い」され、笑われていることは、昨日記しましたが、WJSの記者は「その中身」も理解していたから、こういう記事配信になったわけです。
民主党案のように、「社会保障」、「子育て(教育)」、「雇用」、「農林漁業」、「中小企業」への重点配分なら話はわかりますが、政府案は以前小渕が7兆円くらいでしたっけ?かけてやって大失敗した旧来型の公共事業への重点配分でしょ。
「円」が信認を失い、大暴落しないのがとても不思議です。

昨年度税収は40兆円チョイしかありません。
でも、使っているのは(補正分あわせ)約100兆円。
60兆円の赤字です。
年収400万円の家庭が、1000万円を1年で使い切る生活をしているわけです。

ショートした分は街金から借りてきています。
街金への返済も、その街金が「とても素直で親切で大人しいから」
返済財源まで貸してくれます。
「借入金利」まで希望通りにしてくれる街金なので、
「何も無ければ」問題は露見しませんね。
問題は、この「借入金利」です。
この国がこの10年、世界でも例のない低金利(無金利)を維持してきた理由のひとつがこの問題です。
この低金利が、今の世界経済恐慌を招いた一因ともなっているのですが、その点を指摘するマスコミはあまりないようです。

このまま行くと、もう数年も持たないのでは、と懸念しております。
なにがって?国家財政の破綻です。
預金封鎖ハイパーインフレ(大増税)、年金カットが現実のものとなる日が近いかもしれません。

「気弱な地上げ屋」は、もう10年くらい前から野党政治家と話すたびにこう言っています。
「政権をとりたいなら、日本がもっと暮らしにくい国になるのが早道。夜道を歩いていると、強盗に遇うのが当たり前、って国になれば、国民も「替えなきゃ」って自覚する」

そうならなきゃ、判らない人が多ければそれはそれで「是非に及ばず」ってことでしょう。

みんなに知ってもらいたい">みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

tag : 財政破綻 赤字国債 補正予算 官僚の下僕 自民党政治 預金封鎖 ハイパーインフレ

| ホーム |


 ホーム