FC2ブログ

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

だまされているんだよ、バカだから。週刊新潮

あまりにマイナーで「ど~でも良いニュース」なので、
スルーなさったかたも多いと思います。
岐阜地裁の40歳の裁判官が言った言葉。
「だまされているんだよ、バカだから」です。

20歳の被告は大麻が欲しいがため、
2日間で229冊の(よくそんなに万引きしたもんだな)単行本などを万引きしたそうです。
公判で裁判官が「大麻は体に悪いという認識は持っているのか」などと質問すると「体に悪いと思っていない」と反論。
さらに「インターネットによると酒やたばこより良い」などと話した。
裁判官はこれらの発言に対し
だまされているんだよ、ばかだから」と発言したという。以上、47NEWS

正直な裁判官ですね、この人。
「気弱な地上げ屋」も、コイツのアタマのなか、どうなっているのだろ~ってのに、たまに出会います。

でもって、週刊新潮の大誤報問題です。
毎度のことながら、でっかい空振りしましたよね、週刊新潮も。
4週間にわたる大(誤報)キャンペーン記事の掲載から2ヶ月も経ってようやく出しました、謝罪記事。
どんな内容かと思い、書店に沢山売れ残っていたので(笑)、
「立ち読み」しました。

謝罪記事のタイトルは
「『週刊新潮』はこうして『ニセ実行犯』に騙された」ですって。
驚きました。
被害者なんですか?週刊新潮って。

誤報の最大の原因は「裏付け取材の不足」にあったとのことですが、そんなこといちいち書かなくても誰にでも判ること。

それどころか、「ありもしない証言を捏造したわけではない」とか、
「報道機関が誤報から100%免れることは不可能」なんてことも書いている。
もっとも驚いたのは、
「週刊誌の使命は、真偽がはっきりしない事象や疑惑に踏み込んで取材すること」と書かれていた部分。「(裏付け)取材が足りない」ってカミングアウトしたばっかじゃん。
どっちなんだよ?取材するのか、しないのか。

「真偽のはっきりしない記事を、裏付け取材なんて適当にやって掲載」
するのは、
週刊新潮の使命」であって、週刊誌(全体)の使命じゃない!って他誌の記者が怒ってたぞ(笑)。

週刊新潮ってのは、ここ10年で判明しているだけでも、主に名誉毀損訴訟で30件もの(実質)敗訴があるのだそうです。これだけ賠償金払ってもまだ廃刊にせず続けるのだから、週刊誌事業って、そんなに「美味しい」のですかね(笑)。

普段は、批判や反論は一切無視し、声高に説明責任を叫んでおきながら、
自身の説明責任を問われると、「誌面を見て」で終わらせる。
誌面を見て判らないから、説明を求めてるんだよ、みんな。

「だまされた」って、被害者面してるけど、おまえが「バカだから、だまされてんだよ」。



みんなに知ってもらいたい">みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

tag : 週刊新潮 誤報

| ホーム |


 ホーム