FC2ブログ

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

創造的『ソーシャル・ビジネス』の建設

以前の「秀逸なるコラム」のご紹介で、「グラミン銀行にみる、新たな資本主義への希望」を掲載させて戴きました。
SAM16様に「おちょくられ」(笑)ながらも、恥ずかしげも無く第2弾です。

前回同様、一橋大学の米倉教授のコラムです。
こういう事業こそ発展する社会が「理想」なんですけどね。


前回は、2006年にノーベル平和賞を受けたムハメド・ユヌス博士とグラミン銀行について書いてきたが、今回は彼らが模索する新しい資本主義について考えてみたい。

僅か27ドルを42人に貸し付けて始まったグラミン銀行は、800万人に毎年10億ドルを貸し付ける大成功をおさめ、さまざまな独自事業・合弁企業を立ち上げてきている。
そうした経験をもとに、ユヌス博士は、ビジネスとして成功しながらも利益は社会還元するという「ソーシャル・ビジネス」という概念を提唱しているのだ。

彼らによれば、ソーシャル・ビジネスには2種類ある。ひとつは、先進諸国の大企業とグラミンとの間に設立される社会的事業を目的とした合弁企業形態である。
こうした企業は、普通企業と同様に利潤追求を行うが、利益は経営効率化やさらなる事業拡大に向けられ、配当は行なわない。

もう一つのタイプは、地元の貧しい人々によって所有される株式会社形態である。
グラミン銀行がまさにその形態で、同行の借り手たちは僅かなお金でグラミン銀行の株を買っている。同行の借り手以外に株式を譲渡することは出来ないが、利益が出れば配当を得ることが出来る。

この発想が素晴らしいのは、国際援助に使われている何千億ドルという支援金や企業のCSR資金をこうした企業に投資すべきだという主張である。
例えば、途上国で橋梁建設を行う場合、政府や国際機関は資金をその国の政府や公共機関に手渡してきた。
しかし、その多くは汚職や無駄な事業費に消えていった。

そこで、地元の貧しい人たちに所有させる橋梁建設企業を設立し、国際的資金を投資するというアイデアである。もちろん、経営を担うのは優れたプロ経営者で、事業によって利益を上げたうえで貧しい人々に配当を行い、さらに内部留保して事業拡大していく、すなわち、一度きりの国際援助と違いより多くの橋梁建設を実行することができるのである。

このアイデアの応用範囲は、道路、港湾、上下水道など社会基盤整備事業に拡大できる。
さて、ユヌス博士と話していて強く感じるのは、彼が資本主義を、さらには人間の能力を本当に信じていることである。
最近、資本主義や構造改革論は分が悪いが、僕は心の底から資本主義と構造改革の信奉者である。したがって、簡単に懺悔などすることはできない。
この世界をより快適でエキサイティングなものにしてきたのは、資本主義体制の中でイノベーションを創造し続けてきた才能ある企業家(アントルプルヌア)たちと確信しているからだ。

サッチャーリズム=レーガノミックスが提唱したように、こうした才能ある人々の創造性や野心を存分に発揮させる規制緩和や既得権益打破は絶対に必要なのである。
その意味で構造改革だ。ただ、僕自身が反省するとすれば、こうした才能ある人々を解放して経済全体を牽引する成長モデルだけしか視野に入れていなかったことだ。

ユヌス博士も才能ある人々の創造性や可能性を信じて疑わない。
しかし、彼が信じて疑わないのはトップリーダーたちの能力だけではなく、最下層にいる人々の創造性でありビジネス能力なのである。

彼は「成長と発展」は違うという。「成長」とはまさにトップ10パーセントの人々に大きなインセンティブを与えて、経済全体を牽引させることである。例えば、中国の成長を見ればいい。
毎年10パーセント近い成長を重ねてきたが、豊かになった沿岸部と貧しいままの内陸部との格差は放置されている。
こうした格差拡大は、サーチャー女史の「強者は弱者を救えるが、弱者は強者を救えない」という名言で正当化されてきた。

しかし、ユヌス博士のいう「発展」とは社会の最下層にいる25パーセントの人々を豊かにすることなのだ。
最下層の人々もチャンスさえ与えれば、きわめて創造的で企業家的なのだと。
確かに、グラミン銀行は乞食にでさえ資金供与をしている。
彼らは正規の教育を受けたことさえないのに、実にさまざまな工夫をはじめて自立していくという。博士の人間に対する信頼は並大抵ではないのだ。
これは僕が反省すべき点であった。

この話を聞いて、僕の頭に浮かんだのは、先頭機関車が牽引する旧来型鉄道モデルではなく、先頭から最後部まですべての車両がモーターをもつ新幹線モデルだった。
そしてこの日本のイノベーションの原型は、まさに戦後日本の発展そのものだと思い至ったのである。



ウーン、考えさせられますな。







みんなに知ってもらいたい">みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

| ホーム |


 ホーム