FC2ブログ

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

「定額給付金」。お代は、一人さま「12万円」です

民主党の代表選は大接戦のようです。
「国民の声」と称して「だメディア」が出す「世論調査」に踊らされる議員も議員ですが、人材不足も甚だしいですね、民主党も。
個人的には、酒を飲むと「お茶目」なゆっきー(鳩山)も、800円の蕎麦代まで割勘で会計するほど「原理原則」が徹底している岡田さんも双方好きな議員さんですが、もう少し何とかならなかったのでしょうかね。

長妻さんを推す声もあったようですが、何しろご本人に「その気が無い」。
彼は「聡明」なかたですから、こんな「大変な乱世」に代表なんてやりたくないし、「務まらない」ことを自覚しているのでしょう。
ゆっきー(鳩山)がなるにせよ、岡田さんにせよ、就任翌日から「だメディア」の「叩き」は始まると思いますよ。
やれ「院政」だの「傀儡」だの、とやられるでしょうし、「政策財源を明確にせよ」と迫られれば、岡田さんなんか素直だから「消費税増税をマニュフェストに!」とやっちゃうでしょうね。

選挙に「増税」を掲げて、勝てると思いますか。
「増税しない」といって選挙やって、選挙後、増税した政党はありますがね(笑)。

お叱りを覚悟で申し上げますと(笑)、もうこうなったら「だメディア」戦略として蓮舫さんでも出てもらえませんかね(笑)。
郵政選挙で子鼠に投票した有権者の「5%」がこっちに来てくれれば、勝てるのですから、もう笑っちゃうような(蓮舫さん、すいません!)人が代表になっても、「5%」の有権者に「ウケれば」良いと思いますね。
まあ、10%失っちゃうかも知れませんが(笑)。

という事で、何ら関連性の無い今日のエントリー。
「定額給付金」の給付が全国で始まってるそうです。
昨日、「振り込まれてた」って喜んでいた人がいたので、「そのお代は12万だよ」って言ったらキョトンとしてました。
気弱な地上げ屋」がしつこく追求している「史上最悪の補正予算案」の国民一人当たりの負担額が12万円だそうです。

これほどひどい予算案なのに、いまいち国民に怒りに火がつかないのは追求が手ぬるい野党にも責任の一端があるかも知れません。
予算関連法案は、参議院で60日かけ、ことごとく葬り去って良いと思います。
また、「だメディア」が「国民(生活)不在の不毛な国会」などと騒ぐでしょうけど。

この予算案の編成。
14兆7000億円にも及ぶ補正予算の編成を、僅か10日で取りまとめました。たったの10日間ですよ。
因みに、本予算の編成作業は5ヶ月以上かかります。
これがいかに「やっつけ仕事」かと言うことがわかりますでしょ。

その中身は更にひどい内容です。
東京新聞も、<箱モノ丸のみ?3兆円 『補正』衆院通過 『初めて要望』の施設もOKに>と題し、批判しています。
全部問題ですが、その中でも特筆すべきは、使途がハッキリしない46もの基金への予算付けです。
4兆3600億円も予算付けされています。
史上最悪の補正予算案は14兆7000億円ですから、その30%が基金への予算付けということになります。
基金というのをご承知でないかたも多いと思いますが、、これは、取りあえず予算付け(お金をあげておいて)しておいて、その後必要に応じて費用(お金)を引き出していく方式です。

この問題点は数多くありますが、最大の問題は、「複数年度予算」だと言うことです。
平たく言うと、一度あげた予算(お金)を何年かかけて消費していくことです。
何故、問題なのかって?
この秋、民主党が政権を取ったとしても、政策を変更し辛い、あるいは出来なくなっちゃうでしょ。
これが「自公、官僚どもの狙い」という見方も出来ます。
政権をとっても、ロクな予算編成が出来ずに民意を失うわけです。

自公の野党攻撃の常套手段に「財源があいまいだ」と言うのがあります。
たけしさんの番組などで、選挙も政策も弱そうなのが自公のヤツらにやられてるでしょ。
なんで、「あなた方は、赤字国債増発して予算編成してるだけじゃないか」って言えないのでしょうかね。
「借金し続けて生活してるやつら」に「どうやって稼ぐんだ(財源は?)」なんて、言われたく無いですよね。

この問題は、参議院でこれから審議が始まりますので、しつこく追求していくつもりです。



みんなに知ってもらいたい">みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

| ホーム |


 ホーム