FC2ブログ

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

自分が「どう見られているか」を気にする日本人

週末恒例の「秀逸なるコラム」。
本日は、ソフトブレーン 宋さんの「論長論短」です。
題して「人は比較に頼る」。
周囲と比較して自己を計る。
その滑稽さと、「本質」はどこにあるかを考えさせられました。

神が人々を幸せにするために、天界から降りてきました。
失明した人は神に「私は、愛する家族の顔も綺麗な夕日も見たことがありません」と訴えました。
神が彼に視力を与えると、彼は幸せになりました。

「私は凍土の上でも炎天下でも労働を厭いませんが、働くための土地が洪水で流されました」と訴えた農民に神は農地を与えました。
農民は幸せになりました。

貧乏な青年がやって来て言いました。
「神様、私にはお金がなく家族も持てません」と。
神は彼にお金と美しい妻、可愛い子供を与えましたが、青年は暗い顔で「神様、私には才能もありません」とさらに訴えました。すると神は彼に才能も与えました。

数日後、青年はまたやってきてとうとう言いました。
「神様、私には幸せがありません。ください」と。
神は少々躊躇された後、「(幸せを)与えよう」と言って、これまでに与えたすべてのものを取り消しました。
その結果、青年は一人ぼっちのホームレスになり、飢餓と悲しみと孤独に暮れる日々を送ることになりました。

2年後、神は青年に家族だけを返しました。
すると青年は「私は幸せだ!」と号泣しながら妻と子供を抱きしめました。・・・・・・

以上の言い伝えは小さい頃に大人達から聞いた話ですが、年を重ねるたびにこ
れを思い出し、その都度異なる感想を見出してきました。

人は不幸に思うことがあって当然です。
しかし、人が不幸に思うことは100%自分のせいです。
年収600万円の人は年収1000万円の人を羨む。
1000万円になると3000万円の人を羨む。
3000万円になると1億円の人を羨む。年収1億円になると資産10億円の人を羨む。
資産10億円になると100億円、100億円になっても1兆円の人もいることに気付きます。

「俺はそんな貪欲じゃないから大丈夫」と思う方が多いかもしれませんが、お金の話はあくまでも例えです。
出世、持ち物、住まい、名誉・・・人が欲しがるものはお金だけではありません。
欲しいだけならまたいいですが、いくら欲しいか自分も分からないから困ってしまいます。
だから人は人と比較するのです。
年収600万円の人が周辺を見回しても他の人が皆500万円以下であれば、きっと幸せになれるのです。

人の最大な弱みは比較に頼ることです。
比較しないと価値が分かりません。
スーパーの売り場でたくさん人が溜まっているところについつい人が寄ってしまい、欲しくもないものを買ってしまいます。皆に「良い」と言われることに自分だけが「悪い」となかなか言えません。
これらの群れる行為は全部比較に頼る結果です。

人の上に行きたいことは比較の結果です。人と同じようになりたいことも比較の結果です。
どちらも自分が決めていないので切りがありません。
いつまでも心の平和が得られないのです。

現代社会はなぜこれだけ物質的に豊かなのに人々は少しも幸せになれないか。
答えはこの比較心理です。
人類は比較を使って進歩してきましたが、その行き過ぎて無駄な働きを増やし、地球と自分の心に過剰な負荷をかけているのです。

「不況」は素晴らしい「先生」です。
「人が買うから買うのではない。人が売るから売るのではない。
3年前の状況が本当は良かった。売上げは毎年伸びる決まりがない」。
こんなことを教えてくれるのは「不況先生」だけです。

私も例外ではありませんが、ついつい比較してしまいます。
これを克服しないと真の幸福がないと思う今日この頃です。


自分自身の「価値観」を持つことが、いかに大切かは「気弱な地上げ屋」も感じるところがあります。

ご感想があるかたは、来週宋さんにお会いしますので、お届けします。






ひとりごと">ひとりごと - ジャンル : 日記

| ホーム |


 ホーム