FC2ブログ

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

竹中平蔵吠える「阿呆、おまえはバカ」

昨日のエントリーは、久々に苦情の嵐でした(笑)。午前中はメールの返信、電話の対応だけで終わってしまった感じです。世の中には、ネガティブなコメントの嵐で「心が折れちゃう(笑)」ブログ主さんもいるようですが、「気弱な地上げ屋」は、修羅場が主戦場なので(苦笑)、ど~ってことありませんね~。
いろいろありましたが、「竹中の失言だ!もっと問題にしろ」ってのが多かったですね。
別に彼のかたを持つわけではありませんが、失言とは思いませんね。
「感染しても、ほとんどが軽症なので過度の反応は不要。免疫を得ることを考慮すると、失うものばかりではない」という彼一流の「損得勘定」からの発言だと理解しております。

あと、「八角」は、どうやって食べるんだ」との質問もありました。
料理やったこと無い人間はこれだから困るんだよ、Iさん。
あんなもの、硬いし、香りはきついし(所謂、ハッカですわ)、とても食べられる代物ではありません。
料理の味付けに使うものです。

タミフルより効果あるか、って?
タミフル自体が、ウイルス増殖への抑止効果しかないのだから、推して知るべしでしょう。
タミフルリレンザを「インフルエンザの特効薬」だと勘違いしている人もいるようですが、病気を治す薬ではありません。
症状の悪化を防ぐ薬です。
人間が本来持っている「自然治癒」の力、免疫力でなおしていくよりほかはありません。

という事で、本日のエントリー。
竹中平蔵さん。お目にかかるのは、確か、彼が総務大臣をやっていた頃ですから、6年ぶりですかね。
大臣やってる頃に比べ、随分「老け込んだ」印象でしたが、その弁は、相も変らぬ「ああ言えば上祐」って感じです。
子鼠のことは、褒めちぎっていましたね。
彼には本当に心酔しているようです。
ヒトラーに最後まで付き従うゲッペルスのようで、「敵ながら天晴れ」な振る舞いです。

しかし、阿呆については......ボロクソ(笑)ですわ。
特に、政府のもっとも大事な仕事。予算編成については、「バカ扱い」です。
「こんなバカげた予算を組んで」、「見ていて馬鹿バカしくなる」などバカ連発です。
「15兆円以上もの巨額の補正組むなら、減税したほうが効果があるのは明々白々」
「予算措置の8割が痛み止めのカンフル剤。不況対策として解決効果があるのは2割だけ。直ぐに効果は出るが、なくなるのも早い」
「農水省は5ヶ月かけて、年間予算の1兆5000億円を獲得する。今度の補正は10日で1兆円獲得。使いきれない予算だ」等々、言いたい放題で、聞いてるこっちは「民主党政権への猟官活動」かな、と勘繰ってしまいかねない剣幕でした。
笑えたのは、「やることが7ヶ月遅い!致命的だ」ってところ。
要は、就任した瞬間から「ダメ」ってことです。

聞いていて楽しかったのですが、気になることも言っていました。
「今年度は100兆円の予算を組む。来年度は最低でも20兆円以上の緊縮予算を組まざる得なくなる。2割以上削減するってことは、
相当な覚悟が必要です」

これは実際、大きな問題ですよ。
秋(晩夏)の選挙で過半数とっても、とらなくても「安定政権」実現のためには来年の参議院選挙が極めて重要です。
超緊縮予算組んで選挙に臨めますかね。

「サメの脳みそ」や園田(与謝野)さんが余裕綽々なのは、こういった事情があるからかも知れません。





みんなに知ってもらいたい">みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

| ホーム |


 ホーム