FC2ブログ

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

鳩山更迭!阿呆はやっぱり 「アホ」 だった

オープンスタイルのブログを始めたのが2月ですから、もうすぐ4ヶ月になります。
趣味の燻製造りやワイン関係の情報交換のつもりで始めたのですけど、いつの間にやら、すっかり 「政治ブログ」化してしまいました(笑)。

インターネットのチカラって 「ものすごい」 と思いますよ。
ミーティングが終わった途端、 「○○さん、もしかしてブログやってません?」 と尋ねられたこともあります。
電話してきて、「この「気弱な地上げ屋」って、おまえだろ!」って言われたこともありまして、匿名のつもりなのですが(笑)、知ってる人には 「すぐにバレる」 ということも判りました。
でも、なぜすぐバレるかって?
それは、「気弱な地上げ屋」の普段の言動がこのブログ 「そのまま」 なんですね(笑)。

しかし、ブログを始めて得た 「大きな収穫」 もたくさんあります。
それは、多くの人と知り合えた、という事です。
東京サバイバル情報卵かけごはんさん。
ジョディーは友達ぶるうさん。
狐と狸とカラスどもに怒りをyamameさん。
互いの意見の 「噛み合わなさ(笑)」 が可笑しいろーりんぐそばっとの「ため口」さん。
ふじふじのフィルターふじふじさん。
最初は、互いの誤解から 「お付き合い」 が始まった大脇道場友さん
皆さん、快く 「相互リンク」 して下さっています、と思っています(笑)。

ただ一つ残念なのが、その全てが「気弱な地上げ屋」からの申出で、相手先から 「相互リンクしましょ」ってお声がまったくかからないことです(苦笑)。
これをお読みになりましたブログオーナーさんで、「お気持ち」 がございましたら、是非お声掛けください。
メールフォームでも結構ですし、非公開コメントへ投稿戴いても構いません。
特に、 「イザブログ」 をやっていらっしゃるかたには、相互リンクをお願いしたいかたが何人かいらっしゃるのですよね。 でも、。イザブログって、コメント投稿できないじゃありませんか、ユーザー登録しないと。
連絡したくても、連絡出来ない(苦笑)のですよ。
udonenogureさん。 いつも、トラックバックを送信戴き、ありがとうございます。
いっそのこと、「相互リンク」 しませんか(笑)。
宜しかったら、お声をかけてください。

また、ブログオーナーさんばかりでなく、拙い文章を読んで、 「お便り」 を戴くことも多いです。
なるべく、お返事を書くようにしているのですが、 「受領確認」 に近い返信になってしまうことも多々あります。
折角、お便りを戴いた皆様にはこの場を借りて御礼申し上げます。
そうしたなかで、ご縁があって、 「一緒にビジネス」 をすることになりそうなかたもいらっしゃいます。
インターネットの威力を思い知る今日この頃です。
Nさん、来週一杯やりましょう! って、そんなこと、メールでやれ、って?
そのとおりです(笑)。

という事で、本日のエントリー。
2009インフルエンザの 「フェーズ6」で、先日 「ネタ」 を仕入れたばかりなので、早速 「バラそう」 と思っていたのですが、後回しにします。
また、国民に 「正確な情報」 を意図的に公開しなった官僚の皆さん。
「タイミング」 をみて、ブログでバラしますので、お楽しみにしていてください(笑)。

今日はなんと言ってもこのニュースですね。
鳩山総務相が辞表提出です。
これには、昨日の 「阿呆の昼寝」と同じくらい驚きました。
正直に言うと、 「落ちる (辞める)」 のは西川のほうだと思っていました。

子鼠だったら、西川を切って 「解散」 したでしょうね。
阿呆は、漢字が読めないのは世界中に知れ渡っていますが、政局を読む 「勘」 が致命的に弱いですね。

最後の最後まで、ポッポの説得に 「賭けた」 ようですが、相手は既に 「見切りをつけている」 のです。
沈みゆくタイタニックから、早く脱出したいのですが、選対本部長を2回3回もやっている身です。
静かに去ったのでは、「裏切り者」 の汚名を着せられます。
国民の 「同情」 と、出来れば 「喝采」 も得ながら 「逃げる」 にはどうすれば良いか、を考えたとき、出て来たのが 「西川」 問題です。
ポッポは、子分の面倒見の悪さは折り紙つきですが、今度ばかりは 「世論の同情と支持」 があります。
もしかしたら、10人近く連れての 「離党」 もあり得ますね。
それは、都議選での自民党惨敗のときかもしれませんし、解散を決めた瞬間かもしれません。
総選挙での 「趨勢」 を見極めたあとかもしれませんが、それでは 「頂点」 を掴むことは無理でしょう。
政治家として一世一代の大勝負を賭けるなら、都議選前の離党です。
野党勢力の躍進への功績が大きければ大きいほど、彼の野望の実現は現実的になると思います。

それにつけても、情けないのはこのオトコ。

ついに、選対本部長にまで見捨てられて(笑)、どうするつもりなのでしょう。
損得を考えたつもりで、ポッポを切り、自民党内の 「麻生下し」を 回避したつもりなのでしょう。
自民党内郵政利権派の 「麻生おろし」を回避できても、さらに強力で圧倒的な国民の 「麻生おろし」 には抵抗できず、討ち死にするのは目に見えています。

考えさせるニュース">考えさせるニュース - ジャンル : ニュース

| ホーム |


 ホーム