FC2ブログ

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

殿!風が嵐となりつつあります!そりゃ、タイフーンだな 鳩山由紀夫

今日のタイトルはチョット 「苦しい」(笑) ですね。 昨日の高速の渋滞に「気弱な地上げ屋」は、すっかり体が弱っております。
日本での車の運転ってのは、かったるいですね。
海外生活中、フリーウェイは 「オートドライブ」 にして半分眠りながら(笑)の、快適なドライブでしたので、日本の渋滞には辟易します。

辟易と言えばこのオトコ。
阿呆
最後の最後で 「自分の思ったこと」 をやれましたね。
それが、例え 「自爆テロ」 だったとしても、このオトコにしてみれば、バカにされ続けながらの9ヶ月。
シングルモルトとシガーで良く堪えましたよ(笑)。
通常、総理大臣ってのは、 「昼間の仕事」 がニュースになるのですが、このオトコほど 「どこのバーで飲んでた」 など 「夜の行動」 で話題になる総理大臣も、記憶にありません。
こういう 「全世界への恥さらし」 は、金輪際最後にしてもらいたいものです。

実を申しますと、このオトコと 「気弱な地上げ屋」 は、 「立ち回り先」 が一部 「かぶり」ます。
この数ヶ月、顔を合わせるのが不愉快なので、立ち寄らないよう心掛けていたのですが、9月以降はJANJAN行こうかと、考えております。
同席したら、シングルモルトでも奢って貰いますわ。
その場合、この9ヶ月の 「苦悩」 を必ず取材しますので、皆さん期待しないで (笑) お待ち願います。

なんでこんなこと言うのかと申しますと、ゆっきー鳩山
この9月に 「総理就任」 は、ほぼ確実な情勢です。
この人。 大富豪なのに庶民的。 アルマーニの 「ど派手なネクタイ」 締めて (街) 宣車に乗っかっちゃう、という 「広いお心」 をお持ちのかたですが、一つ心配なのは、その 「サービス精神」 です。

以前、鮨屋での 「ガリ」 の追加に 「しょうが無いな~」 なんてのは可愛いものなのですが、どんな場面でも、余程ご自身の体調が悪い場合を除き(笑)、こういった 「サービス精神」 を発揮してしまいます。
あまりのくだらなさに、すっかり忘れていましたが、この人、ビールが大好きです。
ある日の会合で、ピッチャーに入れられたビールを見て、「お~来たきた。でも....俺ならもっとモルッツ」 などと 「飛ばして」しまい、周囲を悪酔いさせてしまったこともありましたね。

もう既に選挙戦は始まっていますが、 「舌禍」 には充分お気をつけて戴くことを心からお祈りしております。
今吹き荒れている 「タイフーン」 など、 「一言」 で逆風に変ることを肝にお銘じください。

これからの40日間は、週刊誌・主要 (一部、主要ではない) マスコミ記者からの 「情報」 も適当にデフォルメしながらお伝えしようかと思います。
1000円のクオカードで「気弱な地上げ屋」に取材しようとした週刊誌記者もいましたが、 「あ~、俺の言ったことが掲載された」 などと喜ぶタイプではないので、この場を借りて 「通告」 申し上げます(笑)。

まず、先日もお伝えした 「サメの森」 。
13回連続当選で、短期間ながら首相も務めたこともある、自称 「政界の黒幕」 です。
先日もお伝えしたとおり、今までやったことも無い 「ドブ板」 選挙で必死ですが、あのハナシには続きがあります。

ようやく、自称 「政界の黒幕」 の 「初めての来訪」 であることを理解した主婦。
つい、口走ってしまったそうです。
「先程、田中美恵子さんがおみえになりましたよ」
そうしたら、暫く返事がないので、どうしたのか?と思い、玄関先を覗くと、呆然と立ち尽くす 「象の巨体に、ノミの心臓」 がそこにいたそうです。

この選挙区。
数ポイントでサメがリードしているそうですが、河村さんも、自身の 「これ」 の選挙で(笑)、市政そっちのけで「大逆転を目指している」 との情報もあり、大接戦となるでしょう。

ハナシは飛んで、東京です。
都議選で突風が吹いたので、さぞ楽な選挙戦かと思っていましたら、意外な展開です。

東京都第5区
(目黒・世田谷)。
実質的、手塚よしおさんと佐藤ゆかりさんの一騎打ちの選挙区です。
あの 「突風」 に、この 「厚化粧」 でしょ?
手塚よしおさんの圧勝では? と思うでしょ?
でも、意外なことに、佐藤さんが数ポイントリードの情勢だそうです。
これには、「気弱な地上げ屋」も 「思い当たるふし」 がございます。
手塚さんは落選経験も数回あり、それなりの苦労もしてきてるはずなのですが、何しろご本人が 「選挙が嫌い」 。
地元をまったく歩きません。
名前を出すと、少々問題なので伏せますが、ある民主党幹部は、 「アイツは後ろから風が吹けば飛び上がるけど、前から風を受けると、すぐに後ろに転ぶ」 と言っていました。
要は、風次第ってことです。
自分に投票してくれた有権者の1割も「顔と名前が一致」 しないと思います。
この選挙区には 「草の者」 が何名かいますので(笑)、逐一情勢をお伝えしようと思います。

解散は決まりましたが、この政党、自分党はいまだにマニュフェストも完成しておりません(笑)。

政界の鼠男」 がまたパフォーマンスを繰り広げているようです。

「政調会長の号令も聞いたことがない。幹事長が党をまとめていない。
執行部のガバナンス(統治)が欠けている」と批判した上で、
「政策作りを公開しないのは開かれた政党ではない。 猛省を促したい」と述べたそうです。 

鼠男さながら、政権交代を見越し、しきりに 「某民主党大幹部」 に 「極秘裏にお目にかかりたい」 などと伝えているようですが、キミの出番は秋以降 「当分無い」 でしょう。
今秋以降、ゆっくりお体を休めてください(笑)。

解散の時期というのは、時の政権にとって最も勝ちやすいタイミングが選ばれるのが通常です。
この 「物差し」 としては、 「内閣支持率」 と 「政党支持率」 の相関関係があります。
これまでは、サメのように内閣支持率が低くても、ある程度政党支持率が高く、負けることは負けましたが、 「大負け」 ではありませんでした。
でも、今回は内閣支持率はご存知のとおり。
政党支持率でも各統計データを比較しても、民主党が自分党を10ポイント以上引き離しています。

言ってみれば、 「最も勝ち難いタイミング」 での解散です。
しかし、自分党ってのは 「ヌエ」 の如き政党です。
崖っぷちに追い込まれたときは 「何でも」 仕掛けてきます。

この40日間に 「ナニか」 起こるような気がしますね。
「それ」 が起きたときに、どう反応するのか?
まさに 「国の行く末」 を占う選挙であると共に、 国民の 「民度」 が問われる選挙だと思います。

みんなに知ってもらいたい">みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

| ホーム |


 ホーム