FC2ブログ

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

私を 「劇薬」 と呼ぶ人もいますが 「喜 劇薬 者」 の間違いです 麻生派の河野太郎

有言実行」 という言葉があります。
「字」 として書くのは容易いことですが、この言葉通りに 「行動」 するのは、大変な努力と実行力が必要です。

第1次鳩山内閣
自衛隊の海外派遣問題や沖縄基地問題を抱える、岡田さんや北沢センセイが大変困難な問題を処理しなければならないことはご承知のとおりですが、内政面で 「力仕事」 をしなければならないのは、国土交通省厚生労働省です。
長妻センセイは、そこそこ 「やる」 と思います。
副大臣、政務官の政務3役も実力者を揃え、ご自身も、拍手がなかろうと、花束貰えなくても、総務課が、送迎車両に覆面パトカーの先導を手配しなくても、全て 「おりこみ済み」 です。

ご本人の気力が充実していることは勿論ですが、なんせこの人の言う事は 「スジ」 が通っていますから、
高級官僚どもとしても、早めに自ら仕掛けた 「落し穴」 を埋め戻して、恭順の意を示さないと、ご自身がハローワークに 「相談者」 として訪れる羽目となるでしょう。

就任当夜に、赤坂某所で 「長妻が大臣!? アイツのハナシはべらべらと "長くて妻らん!"」 なんて、部下の前で言っちゃった某幹部。
あなたの発言はしっかりチクられてます (笑)。
長妻センセイも微笑みながら報告を受けていたようです。
年末の異動を楽しみにしていてください。

問題なのは国土交通省です。

ここは 「厄介な問題」 をたくさん抱えています。
ここの大臣に前原さんを据えたのは、岡田さんの強い推薦だけではありません。
"イラ菅" とも、最近では "イヤ菅" なんて言い出す国民新党の幹部もいるようですが、その政治力を完全復活させた我らが菅センセイの大攻勢を 「党内バランスと融和」 を大義名分にゆっきーの威を借る 「ヒラの官房長官」 の意外とも思える粘り腰で押し返し、就任にこぎつけた経緯があります。
"ヒラの官房長官" がどうしてこれだけ粘れたのか?
それは、ゆっきー総理と並ぶ与党の最高実力者の 「OK」 と申しますか、むしろ 「アイツにやらせろ」 との指令を受けていたからです。
「気弱な地上げ屋」 も当初、なんでこんな "口先誠司" を祭り上げるのか? 不思議でした。
最近になって、ようやく理解しました。
成果を上げられれば鳩山政権の功績ですし、逆の場合でも・・・・・。
大政治家っていうのは、思いもよらぬ "深読み" をするものです (笑)。

民主党さんの思うとおりにはさせないぜ」 の3Kさんが、必死に新政権の "閣内不一致" を報じていますが、野党担当の3Kさんの報道です。
与党のことはあまり良く判らないようです (笑)。
今更申し上げるまでもありませんが、この "まずゴミ"。
記事の99%は、"想像"と "記者の期待・空想" によるもので事実の報道では無いことを皆様にお伝えします。

一人で500万票集めるオトコ」 が、今まで自民を支えてきた各種団体の切り崩しに動いていることは先日お伝えしたとおりです。
早速、歯科医師連盟が寝返りましたね。
今後、各地のJA、医師連盟、業界団体がこぞって寝返ることとなるでしょう。
しかし、どうにもならない愚か者を会長に擁く団体は、最後の最後まで抵抗を続け、解体への道を辿ることになるかも知れません。

日本経団連
この団体の現会長や前会長が "子鼠どっぷり" なことは、皆様ご承知のとおりです。
諮問会議やら審議会などを通じて、官僚どもとグルになり、政策を左右し、自分の関係する会社だけが儲かれば良い、という悪行の限りを尽くしたわけですが、この団体は我が国最強の団体であることは疑う余地がありません。
日本経団連なんて名乗っているのですが、やってることと言えば、国家や地方の経済政策を意のままに操るだけでなく、「道州制の導入 (利権の発掘) 」 やら 「国家安全保障の推進 (軍備増強) 」、挙句の果てには、何の関係があるのか 「憲法改正」まで求めています。
ご存知でしたか?

ここは、「一人で500万票集めるオトコ」 としても相当手強い相手です。
先ほど、 "子鼠どっぷり" と書きましたが、実際は "清和会" どっぷりなのです。
福田派から脈々と通じる政界と経済界の利権のパイプってのは、清和会と経団連のズブズブの関係なんですね。
この件は、日を改めて書くとします。

自分党の相殺選がニュースの付け足しのように報道されています。
笑えることに、テーマは 「再生」 だそうです。
自分たちが "瀕死の状態" であることは自覚しているようです。
毎度のことですが、各地で "公開討論会" と称する "三文芝居" と、"演説会" と称する "政治漫談" が行われています。

安物のタキシードと、オーラのかけらも無く風采のあがらないその風体で、主賓の一人のくせにワインパーティーでホテルのボーイさんと間違われてしまった、「みんなで清和会事務所のある赤坂プリンスに謝りに行きましょうよ」 のダメ垣こと谷垣禎一センセイ。

派閥を否定しながら麻生派を離脱する気配なんて更々無い河野太郎さん。

モリオチロー先生のかばん持ちだと思ってたら、アベコベのかばんも持っていた、西村康稔センセイの3人でお芝居を繰り広げております (笑)。

ネズミ男や風車のお百合は?って。
ネズミ男っていうのは、道理ではなく損得で動く人間です。
野党暮らしが長続きする人間ではありません。
東京都痴事選か、来年新党を立上げキャスティングボードを握って大臣復活を睨んでいるようです。
風車のお百合
こちらも、東京都痴事選をご希望のようですが、まったく可能性有りません。
新聞記者に 「私のこと記事にしてよ!」 って頼んでる始末です (笑)。

お三方、それぞれのスローガンがまた笑えます。

ダメ垣センセイは 「みんなでやろう自民党再生
いちいち、こんなこと言わなくたって、これだけ少なくなっちゃったらみんなで力合わせなきゃ、党役員も決められません (笑)。
ここは一つ、 「みんなでやろう自民党民事再生」とすべきでしょう。

かばん持ちの西村センセイは 「出直そう自民党」
普通です。
あまりにも普通。
初めからダメなんで、ダメ出しのしようがありません (笑)。
「出直そう! 自民倒産!」のほうがインパクトがあると思います。

最後に、この人。

このバカ太郎

"こ~の!バカ太郎" センセイは 「自由民主党を抜本的に改革」。
この人、初当選から同じこと言っています。
この人の "中途半端ぶり" は、挙げたらキリがありません。

最近では、「核持ち込み密約」 問題で、衆議院外務委員会に 「密約はあった」 とする元官僚を証人喚問する!なんて勇ましいこと言ってたのに、自分の派閥の親分に一喝されると、無しのつぶて。
記者から (このことを) 質問されても完全無視です。

笑えるのは国営マンガ喫茶です。
このマンガ喫茶を造る予算措置を決める補正予算案に何の躊躇もなく賛成しておきながら、世論で批判が高まると、「造るべきでない!」 なんて言い出す。

要するに、この人。
自己矛盾のかたまり」 なんですね。

泣き虫のダメ垣センセイが、議員票でも地方票でも優位なようで、この人の圧勝でこの茶番劇の幕は下ろされるのでしょうが、「気弱な地上げ屋」 の希望としては、この!バカタロー2世に最後の自民党総裁に就任してもらいたかったですね。

お父さんは結構立派な政治家でしたが、自民党で唯一 "総理になれなかった総裁" でしたよね。
悲劇のイメージが似合う政治家です。
そう言った意味では、自民党最後の総裁としてこの人が "自民党の歴史に幕を下ろす" お役目にもっとも相応しいと思うのは・・・・「気弱な地上げ屋」 だけでしょうか。


みんなに知ってもらいたい">みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

| ホーム |


 ホーム