カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

藤井財務大臣吠える!ナニやってんんだ! 前原! 「JAL再生 タスクフォース」 に、まさかの「報酬」

人生とは難しいものです。
どんな人の "人生" にも "山あり谷あり" は、当たり前のハナシですが、少し前、 "小さなネズミ" のようなオトコ が、面白いハナシをしていました。
「人生山あり、谷ありだ!どんな人生にも "上り坂" もあれば、"下り坂" もある。 ただ、この政界にはもう一つ "まさか" という坂がある。 だから、常に用心しなければならない!」
その昔、2700万人もの "騙されやすい人" を、物の見事に術中に嵌めた彼にしては珍しく真実を申しております。

子鼠2

かの有名な酩酊会見に勝るとも劣らぬ国辱写真です。
しかし、見方によっては、彼はその実 "政治家" などではなく、 "芸人" だった、という証左である、と主張する人もいます。

懐かしいですね。
今は、テキサスの農場で農作業に忙しい老人も、その家族とともに写真に納まっています。
この写真が世界中に配信され、さぞかし "恥ずかしかった" ことでしょう (笑)。
あの "引きつった笑顔" は忘れることが出来ません (笑)。

ハナシを戻します。
この政界に潜む "まさか!" 。
この人にとっては、思いのほか早く、そのことを思い知る結果となりました。

口先誠司2

JAL再生タスクフォース
仰々しい名前です。
いくら右翼にかぶれ、軍事オタク石破さんと仲良しだからといって、こんな今時 "アメリカ陸軍" でも恥ずかしがってつけないようなネーミングを誇らしげに記者に発表するのですから、この人の感性は「気弱な地上げ屋」 など、遠く及ばぬところにあります。

"魔除け" として重宝してます! とのご報告は各方面から頂戴しておりましたが、いまやこのかた。
udonenogureさんや、ふじふじサンを始めとする、有識ブロガーの皆様の予想を遥かに超えた、驚くべきスピードで "内閣のお荷物" と化しています。

失敗することは予測しておりましたが、「気弱な地上げ屋」 の予想より1ヶ月ほど早く、しかも随分派手にズッコケました (笑)。

予想通り "タックスだ~す" 作戦で行く予定が、このかたの激怒でストップかけられたばかりか、記者どものに胸を張って発表したチーム自体も解散を余儀なくされてしまいました。

藤井裕久財務相

藤井オヤブン。
人によっては、「スジ井オヤブン」 と呼ぶ人もいるくらい、この人は "スジ" を通す人です。
曲がった事が大嫌いな、その一本気な性格は、時に 「一人で500万票集めるオトコ」 でさえも "持て余す" ほどの迫力があります。

商売道具である "機体の売却" と、 "クビ切り" だなんて、別に専門家でなくても誰でも考え付きそうな "アイデア" 持って来て、最も問題な年金債務削減や、高額な職員給与に一切触れず "タックスだ~す" してください!財務大臣! なんて言ってきたもんですから、 「怒鳴りつけた」 そうです。
当然ですね。

確かに、「盗人にも五分の理」 の例えにあるとおり、JALにも多少は気の毒な面もございます。
地元の 「そうかな建設業者や土建屋」 を総動員して地方空港を建設しては、採算度外視でJALに就航を押し付けた 「そうか国土交通大臣」 。
彼ら 「そうかな人々」 が国土交通省ポストに執着したのは、利権のためなんですね。

また、まったく料金払うそぶりも見せず、当然の如くファーストクラスを利用する国土交通省の役人どもなんてのもいます。
本社だけでなく、500とも1000とも言われる関連下請け業者に "天下りの術" を駆使して、役員に納まり、高額な給料や退職金をせしめたのもヤツら役人どもです。

平たく言うと、歴代自民党政権国土交通省を中心とした中央官庁の官僚ども、そうかな人々。
ヤツらのお財布足代わりだったんですね、JALって会社は。

ただ、忘れてならないのは、この会社自体の "甘ちゃん体質" です。
赤坂に住むスッチーにも黒塗りのハイヤーで成田へ送迎するなんて序の口です。
27歳の副操縦士に1300万も払っています。
数年前に退職した、元部長は57万の年金貰っています。
年額じゃありませんよ、皆さん。 月額です・・・・・。
こんな調子で大盤振る舞いしている年金債務が8000億もあります。

失敗が予想され、予想通り寸分違わず失敗した 「JAL再生タスクフォース」。
それはそれで良いのですが、許せない事実があります。

皆さん、彼らは "ボランティア" でやっていたと勘違いしている人はいませんか?
とんでもありません!
日刊ゲンダイなどは "10億使った" なんて書いてるようですが、さすがに1ヶ月でそこまでは使っていません。
このことを知ってる人間は国内に、少なくとも200人以上いるはずなのに、誰も書かないから 「気弱な地上げ屋」 が書いちゃいます。

この "バカども" が、この1ヶ月でやってきたことは、前原に言わせると 「タスクフォースの案を公表することは意味がない」 そうですが、それならその "意味の無い仕事" をやっていくら "カネがかかった" のかを公表すべきです。

"草の者" の報告によれば驚くべき報酬が支払われています。

80名を越す、公認会計士、税理士、弁護士には時給換算で2万。
1日10時間を超える "労働" をした人もいて、そのかたの場合、日給20万です。
半日しか来れなかった人もいるようですが、平均すると、この1ヶ月で、少ない人で200万。
多い人は600万だそうです。

そのうえ! 問題の 「JAL再生タスクフォース」 の5人。
彼らには数百万の "月給" が支払われる見通しです。
流石に良識ある高木センセイは、 「その額じゃ多すぎる」 とおっしゃったそうですが、実際辞退したか、受領したかは定かでありません。

これじゃ、藤井オヤブンでなくても怒って当然でしょう。
"意味の無い仕事" やって月給500万なら・・・・やりたい人は、国内に1億2000万人くらい居るのでは (笑)?

前原は、日本の航空輸送の6割を担うJAL経営破綻すれば、 「国民生活や経済活動にも大きな影響が出る」。
だから、 「公的資金を含めた国の支援はやむを得ない」 という論法のようですが、こんな解決方法じゃ自民党時代と何ら変わらないじゃないですか。
JALなんか潰れたって、困らない人のほうが圧倒的に多いと思いますよ。

国民に正々堂々と説明責任を果たすには、第一に法的整理
百歩譲ったとしても、高木センセイが主張したとおり、私的整理の一種である「事業再生ADR」と日本政策投資銀行による危機対応融資の併用でしょう。
高木センセイは、「金融機関と企業の自助努力を迫るべき」と、主張したそうです。
正論です。

これに対し、冨山は企業再生支援機構の活用を主張したそうです。
企業再生支援機構には1兆6千億円の公的資金枠、平たく言えば国民の血税があり、これを意のまま操ればJALへの出資や融資。
それに、金融機関からの債権買い取りなど、やりたい放題やれます。
更に、このオトコは自らが企業再生支援機構に乗り込み、日航再建を自分の意のままにリードするつもりだったそうです。
ふざけたオトコです。
冨山

こういう "誠司" をしてもらうために民主党政権樹立に力を貸したわけではないですよね、皆さん。
しかし、"選んだ責任" もございます。
まだ我慢しますが・・・・、
この口先誠司が "内閣のお荷物" から、 "内閣の爆弾" だと宣言する日も、残念ながら近いかもしれません。


みんなに知ってもらいたい">みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ