FC2ブログ

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

「天下り」 で優雅な余生? あ~まぁ下り・・・坂な余生です・・・。 石原慎太郎

いや~参りました (苦笑)!
ナニが参ったって、頂戴しましたコメントへの 「返信」 作業です。
「ブログ本文」 書くより時間かかっちゃって・・・・(苦笑)。

そんなの大したことないだろ! って?
そうでもないのです。
Hn ストレンジャーさんのように、1行か2行くらいしか書かず、 "ナニ言ってんだ?" って、コッチに考え込ませるかたもいらっしゃいます (苦笑)。
もうこうなると、キツネとタヌキの・・・・ではなくて、"地上げ屋" と "ストレンジャー" の "化かし合い" という、出来損ないのハリウッド映画のような様相を呈してきます。
また調子に乗られると困るので (笑) このくらいにしておきま(笑)。

予定投稿を除くと、4日ぶりのブログ更新となります。
なにしろ、急な 「出張」 が入ってしまったもので・・・・・・。
こんなこと書くと、またHn ストレンジャーさん辺りから 「箱根だな・・・・・」 などと書かれてしまいます。
確かに近くにゃいましたけど、箱根小涌園ではありません (苦笑)。

気弱な地上げ屋」 が東京にいない間に、この愚か者がご活躍なさったようです。
意地張る 死んだろ?

石原ヒットラー

これはこれは(笑)!
ファイルを間違えました。
性格は似通ってますが、まったくの別人です。
でも・・・・世が世において、お会いしていれば・・・・意気投合していたことでしょう、タブン。

意地張る 死んだろう

「あ~おいし~総会」 は終わったというのに、まだ目をパチパチさせています。
森消えろ~センセイとJAL ファーストクラスで 「肩を抱き合い泣いていた」 というのは、もう直ぐ消え行くJAL史に残る "笑い話" として語り草となりつつありますが、都庁じゃ通じる "最後っ屁" も、世界では通じません。

AP通信を通じて全政界に愚か者の愚かぶりをバラされちゃいました。

The Rio committee said in a statement they were "surprised by the disappointing behavior" of Ishihara and would send a formal note to the IOC.

「ビックリするほど愚かな対応」 なんて書かれちゃってます (笑)。

見苦しいほどの "負け惜しみ" を堂々と記者の前で言っちゃうなんて、この人らしい対応です。
しかもこの人。
総会の会場、現地では、こういった発言はしません。
外国人記者は、こういう愚か者には容赦しないことを良く知ってますから (笑)。
日本に "帰国してから言う"、と言うのが彼の作法です。

「目に見えない政治的な動きがある。昔の自民党総裁選のようなもの」
「ブラジルのルラ大統領が来て、聞くところ、かなり思い切った約束をアフリカの諸君としたようだ」
「サルコジ(仏大統領)が、ブラジルに『フランスの戦闘機を買ってくれるならブラジルを支持する』と伝えたそうだ」
など、日本では "見苦しい負け惜しみ" で済みますが、世界では、オリンピック招致に失敗したgovernorがこういう発言をするなんて、まさに 「ビックリするほど愚かな対応」 です。

先のAP通信の記事には、
「東京が落選しオリンピック招致に失敗したのは、IOC総会において "舞台裏の取引" があったからだ」
などとした発言まで全世界に向け発信されちゃいました。

JOCの役員も、
「報道では知っているが、どの発言についての批判なのかなど、内容が確認できない。情報を集めたい」
などとほざいています。
この人。
あまりに、 "愚かな対応" が多すぎて、どれについての批判なのか判らないそうです・・・(笑)。

せめてもの救いは、人格者で知られる猪谷千春副会長の、
「僕も言いたいことはいろいろあるが、ぐっとこらえている。そうしないと次に(招致に)立つ時に影響する。ここはグッド・ルーザー(潔い敗者)にならないといけない」と話したことくらいですね。

もう、この人の老害も国益を損なう段階まで到達しつつあります。
早いとこ、 "石原?・・・・死んだろ?" となってほしいものです。
あっ! こんなこと書くと・・・ホントに死んじゃう場合もありますので (汗)、訂正しときます。
希望はしておりません。・・・・単なる願望です。

最後に記者クラブの件を少し書いときます。

既得権の死守に奔走する "まずゴミ" の皆さんの姿が徐々に明らかにされつつあります。
東京や毎日など、比較的先進的なメディアは、「もうこの流れは変えられない」 と、現場の空気を報じ始めるとともに、記者クラブ開放へ明確に賛成方針を示しています。
ダメなのは、予想通り、天下の "ゴミ売り"、 "時事い通信"、そして "不治 3K"グループ程度でしょうか。
取材する記者たちが "記者クラブ" という任意団体を結成するのは憲法で保障された権利です。
勝手にやってください。

問題は、その任意団体がですね。
税金で建てられ、維持管理されている建物の "一室" を数十年にわたり無償使用していて、官僚どもが配ったコピーを重ねて製本したものを "ニュース" と称して "新聞" という名で押し売りしていることです。

どこかの公園や海辺で "取材机"と椅子を置いて、朝晩役所や政治家に取材に出向き、地べたを這いつくばって得た情報を "売る" なら誰も文句言わないでしょう。

ホントのトコ言いますと、自称 "フリージャーナリスト" ってのも、問題ある人が多いのも事実です。
取材したって、キチンと毎日 "報道" しない場合もあるでしょう。
"安定した継続性のある報道" というのは、国民の利益に適うものです。

彼ら記者クラブ継続派の言い分は、ここらあたりのようです。

しかし、彼ら既得権に安住する連中の言い分を斟酌したとしても、記者クラブは解放すべきです。
中川さんがお亡くなりになりましたが、彼の死に対しても 「気弱な地上げ屋」 は、 "記者クラブにも責任の一端あり" と考えております。

例の泥酔会見
財政研究会」 (財務省の記者クラブ) や内閣記者会のダメ記者連中は、誰一人としてあの泥酔状態を質問しませんでしたね。
会見中、大笑いしてたのは、 "質問を許されていない" 外国人記者でした。
大笑いして、一種の "抗議の意思" を表したのでしょう。
あの時、身内とも言うべき日本人記者に厳しく指弾され、日本メディアが先陣を切って報じていれば、本人の反省も、もう少し深く、もう少し真摯だったかもしれません。

栄養価も高く、「気弱な地上げ屋」 のようなアル中患者の頼もしい味方でもある、鰯。
鰯ってのは、食物連鎖の下のほうに位置します。
捕獲されて、水槽に入れられても直ぐに死んでしまうことが多いのですね。
でも、長く活きさせる方法があります。
ナント、天敵の魚を同じ水槽に少量入れると、そうでないときに比べ、2倍以上長生きするそうです。

記者を鰯に例えて、恐縮ですが (笑)、活性化のためには "刺激" が必要です。
自分たちで活性化出来ないなら・・・・無理やり "やる" より方法ありません。

みんなに知ってもらいたい">みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

| ホーム |


 ホーム