FC2ブログ

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

都民の金はオレのもの! オレの失敗 都民のせい・・・ひかえぃ! 天下の都知事 石原慎太郎だ!

昨日は、納税者のことを "民間人" と蔑み、公金を扱う行政執行官公僕としての職務のことなどこれっぽっちも顧みず、納税者の支払った尊い税金を "自分のカネ" と勘違いしちゃって "冷や汗" かいた小役人の "小話" をお伝えしました。
この小役人が毎日通う建物には、通常週に2日、例外的に、議会が開催されている期間は、仕方なく週に5日ほどですが、トヨタセンチュリーと言うヤクザの幹部クラスが好んで乗る車に乗り、昼前に到着して、3時間ほど滞在したら料亭に "ただ飯" 食べに出かけちゃうオトコも現れますが、このオトコのハナシは後ほどするとして、本日はまずこのニュースから。

平野博文官房長官「内閣官房機密費 1億2000万円を請求」 その使途は公表せず
のニュースです。

・・・、不愉快です。
・・・・・誠に不愉快です。
今日は "オチ" もナニもありません、f2cさん (笑)、 ホントに不愉快なハナシです。

ヒラの傍観長官は、国政に必要な経費として内閣官房長官の "その日の気分" で自由にフトコロに入れることができる内閣官房機密費報償費) について、ゆっきー鳩山政権発足後の9月、10月の2ヶ月で、合計 1億2000万円を内閣府に請求し、受領していたことを明らかにしました。

これは皆さんご承知のとおり、民主党は法案まで出して、その "情報公開" を迫ったものです。
"オバマさんの抹茶アイスクリーム代に使いました" でも、ヒラのセンセイの国対副委員長時代に、自民党国対との折衝を料亭で行ったときの費用が・・・・良く見ると "これでした" でも (笑)。
良いじゃないですか、"後悔" ではなくて、公開したって (笑)。

これは、一定期間をおいて原則公開する方向で "調整中" と聞いておりますので、近いうちに内閣としての方針が示されると思いますが・・・・・、ハッキリ決まるまでは、有権者の怒りを買うような "麻生な" (笑) 発言は慎むべきです。
ご本人としては、自民党時代には1ヶ月 1億チョットだったので、自分は "その半分だ" って言いたいようですが、まったく見当違いってもんです。

こういう事やってると、折角概ね支持されてる、行政刷新会議の "事業仕分け" 作業も色眼鏡で見られてしまいかねません。
気弱な地上げ屋」 のように "財務省に踊らされてるな" って見解の人間でも、この作業自体は画期的なことだと考えています。
だって、今まで密室で "5分や10分" で決まっていたことを、公開で行っていることだけ見ても、政権交代の大きな成果と言えるでしょう。
まあ、3000からある政府予算事業のうちの447事業ってトコが "ミソ" なんですが、まだ官僚どもの主となって2ヶ月です。

"慣らし運転" としては、80点は差し上げられませんが、65点は文句無しにつけられます。

勿論、447もの仕分け事業のうち、財務省管轄は内閣府管轄よりも更に少ない僅か "8事業" だってことは、幹事長室としては "気が付かないフリ" して、気付いているので、皆さんご心配なさらないでくださいね (笑)。

話題を変えます。
最近では、政治部ではなく、社会部記者やスポーツ紙記者からの取材が多いこの人。
日本サイクリング協会会長にして日本ソムリエ協会 ソムリエ・ドヌール
ダメ垣2
このかたに関する驚くべきウワサを耳にしました (笑)。
あくまで "ウワサ" ですからね、ストレンジャーサン (笑)。

このオトコがいくらボンクラでも、晴れた日の見通しの良い道で、そりゃ多少はスピード出てたにせよ、衝突するまで対向車に気が付かなかったのは、あまりに "不自然" です。

そして、たかが数針 "泣きっ面に針" 刺しただけでの精密検査。
いくら "顔面ガーゼ" 状態で "恥ずかしい" からって、カメラの前にまったく出て来ない隠密行動。
まあ、もっともこれは "入院" してるわけではなくて、家に居るらしいですが・・・・。

いつもの (笑) スポーツ紙ではなく、全国紙に放った "草のモノ" の報告によれば、国民に知られたくない病気の "気配" があるそうです。
ヨミの鋭いうめサンあたりはお気付きだと思います。

彼は、うつ病の気があるそうです。
野党の党首がなんで "うつ" になるんだよ、って?(笑)
そりゃ、人にはわからないプレッシャーがあるのでしょう。
気弱な地上げ屋」 には、少々思いたるフシがあります。
なんせ彼とは (嫌々ながらも) ワインを酌み交わした仲 (笑) です。

彼には "宏池会の呪縛" が取り付いているのではないでしょうか。
この伝統ある宏池会には、革新や社会改革を旗印として、やもすれば右翼的とも言われてきた自民党の中でも社会民主主義的な位置づけとある程度の "品格" を誇ってきました。

もともと政治家を志していたわけではない、このオトコが、"行きがかり上" 総裁となり、
「保守だ!本家本元の保守はおれたちだ! みんなでやろうぜ!」 なんて、心にもないセリフを吐かざる得ないのは、精神的にも相当苦痛であったはずです。

そんな葛藤のなか、事件直前の週末には、加藤紘一古賀誠武部勤中川秀直伊吹文明細田博之歴代のどうしようもない幹事長経験者どもから "懇談会" と称してつるし上げられ、「総裁のメッセージが弱い。戦う姿勢を示してくれ」 なんて言われちゃいました。
気弱な地上げ屋」 から見たって、 "オマエ達には言われたくね~よ" ってメンバーです (笑)。
この "草の者" からもたらされた情報が "ガセ" であることを祈っています。
このオトコには、こういう滅び方ではなく、 "負けっぷり良く" 完敗してもらうのが、心からの願いです (笑)。

それでは昨日予告しておりますネタ。
これを今日やらないと大奥の "レギュラーメンバー" にナニ言われるかわかったもんではありません (笑)。

石原慎太郎4

ニューバージョンでお届けしております (笑)。
くどいようですが・・・無断転載可です (笑)。

議会がある一時期を除き、週2日か3日の登庁日は大抵昼前後の到着です。
先ほど、感じの悪いトヨタセンチュリーとお伝えしましたが、皆さん驚いてはいけません。
こう書くと、1台しかないと考えるのが普通の感覚のかたです。

ところが、このオトコくらい "都民のカネ" と "自分のカネ" の見境が付かなくなると違うのですね。
知事専用車は、なんと3台あります。
残りの2台は、オフロード車戦車だろ?ですって?
・・・、都内は、公道の未舗装道路はほとんどございません・・・。

ふざけたオトコです。
知事は1人しか居ないのに、車は3台。
その経費だけで、年間2億です。
ほうっておいたら、ヨットでも買いかねません、このオトコ。

この程度で腰抜かしてはいけません。

157億もの血税を平気でドブに捨て、更に 「カネの使途については第三者を含めた公明正大な方法で速やかに明らかにする」 と広言して、ホントにそうなったら困ることが発覚すると、誤魔化すために 「次もアプライします」 なんてことを平然と言い募ります。
多少英語を混ぜれば、誤魔化せると勘違いするところが、このオトコの浅はかなところです。
この程度の単語、今時小学生でも判ります (笑)。

"臀痛の法王" からの悪魔の囁きと、自身の "趣味は万円" からオリンピック再挑戦を表明した事はお伝えしたとおりですが、更に笑える理由が発覚しております。
今回の招致活動での億単位のノベルティの数々。

発注したは良いのですが、運動する都職員のヤル気の無さも手伝って、山のような在庫があるそうです。
都内某所にある東京都所有の倉庫には、それこそ床から天井に届かんばかりのノベルティ・ポスター類が "ゴミの山" となっています。
これがまずゴミに知れて表沙汰になると、また叩かれる。
どうすりゃ良いか・・・・。
また使えば良いじゃない!(笑)
となったワケです。

ふざけたオトコです。
でも、こうしたオトコにも年貢の納め時がもう直ぐ到来します。
東京都議会 2008年度 一般会計 決算、初の不認定へ 「新銀行の追及、不十分」
の方針が決定されました!

誠に喜ばしいニュースです。
この「決算案」 が否決されるってことは、不信任案可決の一歩手前という事です。
気弱な地上げ屋」 は、夏の都議選大勝後、一貫してこの強行作戦を主張してきましたが、都議会民主党にも "問題" ある人が何人かいらっしゃいまして・・・・・(笑)。
でも、ようやく "まとまり" ました。
こうなると、来年度の東京都予算案
このオトコが余程の "手" を打たない限り、可決されません、否決です。
こうなると、その先は・・・・・(笑)。

来年の "桜の花が散る頃" には、この見苦しいイラストを掲載する必要も無くなるかもしれません。
でも、そのあとの・・・・・こちらの候補者? ですか?
それは皆さんで "押し出して" ください (笑)!
どなたがヨロシイでしょうかね? レギュラーの皆さん!(笑)
本日は、大変喜ばしいニュースを最後にお伝えすることが出来ました。

みんなに知ってもらいたい">みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

| ホーム |


 ホーム