FC2ブログ

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

西松事件公判延期? 樋渡いじゃないか! いつまで待たせんだ 佐久間! I 菅 do it!

"能ある鷹は爪を隠す" という言葉がございます。
優れた能力や才能の持ち主は、そのことを世間や他人にひけらかしたりはしないということ・・・
で、読者の皆様には "オレのことだな・・・フフフ" って人もなかにはいらっしゃるでしょう (笑)。
本当に能力のある人は、爪を隠して "終り" なんですが・・・、能力があると "思い込んでいる" 人は隠したつもりでもバレちゃうことがございます。
鳩山邦夫
このかたの場合、間違いなくご本人は、"オレのことだな・・・フフフ" ってタイプですので、さしづめ "爪も隠さずカネも隠さず" と言ったところでしょうか。
お母さんからのお小遣いの10億がバレちゃいました (笑)


多少 (笑)、事情を知る者としては、なぜこのかたが、「兄が国会で、真相が全く分からないと言ったわけですよね。
本当に分からないのかなと思った・・・」などと言い募る "真相が全く" 分かりませんでした (笑)。
"人ごと" の如く、「昨日までは、兄さんはうらやましいなと、新聞報道を読んでいたんです」とおっしゃっていました (笑)。
仰々しく "正義" を振りかざし、カメラを向けられると熱く語る姿が常だったのですが、昨日は暑くもないのに額に汗びっしょりで (笑)、「寝耳に水・・・。アニキと同じ状況」と強調してました。

「母からそういうお金が流れてきているとしたら、そのお金は見たことも触ったこともない。分からんのです」
こう言うご対応には失笑すら起きませんでした。
兄は政治に使ったようですが、ボクは・・・大好きな蝶の標本に化けちゃいました・・・ってほうが、ウケたと思うんですが (笑)。

昨日ですか。
盟友卵かけごはんサンとこの東京サバイバルが、このかたにとりましては・・・とっても "痛いトコ" 突いちゃっうエントリーあげちゃってました。
卵かけごはんサンも知ってて書いてるのかなぁ (笑)。
まあ、近々会うので (笑)、ご本人に確かめますわ。
ナンのことかって?
そう言ったことは・・・・、皆さんご自身でお確かめになってください (笑)。

チャイナドレスが大好きなOさん (笑)。
「気弱な地上げ屋」 が日本に居ない間に肝臓を悪くなさったとお聞きしていたのですが、帰国してご挨拶もせず、ずいぶんご無沙汰しちゃいました。
でも、久しぶりに卵かけごはんサンとこでお名前を拝見し、お元気でご活躍であることを確信 (笑) 致しました。
Oさんの会社が、次々と "図書館事務民間委託業務" を受注しだした頃の総務大臣は・・たぶん "正義感" がたっぷりで蝶を愛する心優しき人だと思います (笑)。

福島瑞穂

福島センセイ。
大変、お美しいお姿です。
写真が "小さい" せいもあるのでしょう (笑)。
普段より更にお美しく見えます。

彼女と 「気弱な地上げ屋」 の "ご縁" は、皆さんご存知ですよね。

彼女が今居るあのポスト。
あのポストを得た貢献度のホンの少しは担っているでしょう (笑)。
なんせ、"発狂" するのを未然に防いだのですから (笑)。

先日、年間賃料8億のビルってどんなに快適なのか、確かめたくて、ご挨拶でもしようと立ち寄らせて戴きました。
センセイは不在で、代わりに出て来た内閣府の事務次官やってたんですか? あのオトコ。
「気弱な地上げ屋」 のことを、 "どなたか"(笑) の "使い" の者だと勘違いして出てきちゃったようです (笑)。
出てきちゃってから、間違えたことに気がついちゃったようですが、後の祭り (笑) です。
聞くところによると、福島センセイは普段、このビルにはいらっしゃらないようです。
官邸横にある、内閣府ビル。
あそこの大臣室にこもり、千客万来の "大臣ご就任! おめでとうございます!" って来客の応対で一日終わっちゃうそうです (笑)。

大臣室を埋め尽くす胡蝶蘭に囲まれ、組閣以来楽しい毎日を送っていた福島センセイですが、ここへ来て足元が燃え上がりだしました (笑)。
在日米軍再編:普天間移設 現行案なら「重大決意」 社民党首、連立離脱を示唆
のニュースです。
予想はしておりましたが、見立てより少々早い "重大決意" ですね。
ヨウさんが大喜びする姿が目に浮かびます。
良かったですね!ヨウさん!(笑)

浮かれてる場合じゃ場合ではありません! 福島センセイ。
コレまでの彼女の "我関せず" 的な態度や、こんなドレス着ちゃう神経に "筋金入り" の社民党支持者は激怒しております。
社民党も小さいとは言え、"全部で300万票集める" 政党です。
ゆっきー鳩山総理としても無視できません。
献金去って、また一難。
ピンチです・・・・。
年明け早々には、際どい選択を迫られる事となります。

ちょっとビックリしたんで、このニュース (でもないか) にも触れておきます。
政党支持率 民主党が39.7% VS 自民党 17.3%
のニュースです。
・・・こんなに開いちゃってるんですか!? (笑)
ダメ垣さん?
ダメ垣

最近は、政治欄を飾るのはこちらのかたばかりで
大島理森 自民幹事長
もともと薄い、ご本人の存在感は更に薄くなっていたのですが、数字に裏付けられたようです。
政治面ではなく、社会面を大きく飾った、あの衝撃的な (笑)、自転車正面衝突事故の影響もあるのでしょう。

このお二人。
もともと、近い存在ではなく、むしろ "なんだ? この「組み合わせ」 は?" との受け止められ方が大半でした。
連日、"お見苦しい写真" を掲載するわけにはいきませんので (笑)、本日は自粛しますが、そう!・・・あのかたです。
昨日のあのかたの影響でこう言うことになっちゃたんですね。
ダメ垣センセイ。
今ごろ後悔してますが、すっかり手遅れです。

側近で、ホントは自分がその席に座りたかった川崎センセイからは、 "大島なんかが幹事長やってるから、ナニやっても上手くいかないんだ!" と突き上げられ、大島センセイからは、"国対がしっかり機能してないから、民主党にナメられるんだよ!" なんて言われてます。

"みんなでやろうぜ!" と掛け声かけても誰もやろうとしません (笑)。
一人でボンヤリ自転車こぎたくなる気持ちも分かります (笑)。
悪い時には悪いことが重なります。
「1人で自転車もこげないヤツが、"みんなでやろうぜ" たって、そりゃ無理だよ」 なんて陰口叩かれてます。
ここは一つ、拙ブログ レギュラー! 天下の天敵 ストレンジャーさんのご提案。
党名変更?
民主自由党」に決まっている。
『一緒にやろうぜ』と使えるし、
鳩さんにしがみ付いて『あんたが大将だから』と殺し台詞もある・・・
コレでいくしかないかも知れません (笑)。

さて、本日のタイトル。

昨日お伝えした、西松献金でっち上げ事件。
政治資金規正法違反容疑で起訴したは良いが、待てど暮らせど公判が開かれません。
12月18日に予定されていた初公判。

コレの延期は十中八九決まりのようです。

来週、9日に何回目かの公判前整理手続が東京地裁で行われるのですが、たぶん合意に至らないとの見通しです。

この制度。
争点を絞り込み、迅速な審理を目指して制度化されたものなのですが、その争点整理に際しては十分に当事者が証拠の開示を受ける必要があります。
そこで、検察官や弁護人に一定の証拠開示義務が定められているのですが、検察のヤツラ。
開示義務がある証明予定事実、所謂証拠をしっかり開示しないそうです。

出せ!
いや!出す必要はない!
何でだ?出せ?
ナンでもない!出す必要はない!
とこんな、笑天での円楽さんと山田君の掛け合いみたいなことやってます (笑)。

こんな調子だと、樋渡さんも本心では早く辞めて三菱重工とか臀痛あたりの顧問でもやってたほうが気が楽でしょう。
身から出たクソとは言え・・・・ご愁傷さまです。

さて、このかた。
カンナ音センセイ

先週、そのお姿は遠目に拝見しましたがお元気そうでした。

一言、 "副総理! 充電中ですか?" と声かけましたら、チラッとコッチを見て、ニコッと笑いました。
ニヤッではありませんヨ (笑)。
「分かってるじゃないか・・・」 って雰囲気です (笑)。

カンナ音と言われるくらい、キーキー騒がしかった菅センセイが "カンナ音無し" なのは、ロードマップがハッキリとしてるからなんですね。

早く菅を働かせろ!
というお声を拙ブログにも数多くお寄せ戴くのですが、まだ早いです・・・。

民主党の政権運営にイラだってる皆さん。
この国の官僚組織はものすごく巨大なんです。
巨額の埋蔵金はまだまだありますし、アメリカにも莫大な "へそくり" (笑) があることは昨日ご紹介したとおりです。
普天間の問題も微妙にリンクしてます。
それは徐々に明らかになってゆくと思います。

どなたのお言葉だか失念してしまいましたが、こんな言葉がございます。
至上の処世術、それは妥協することなく適応することである

それでいいのか日本国民">それでいいのか日本国民 - ジャンル : 政治・経済

| ホーム |


 ホーム