FC2ブログ

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

私のことを・・・選挙狂い・・と言う人がいます。 でも、民主主義の基本は選挙なんです! 小沢一郎

今日は、先に報道された日刊ゲンダイによる小沢一郎独占インタビューをお届けします。



国民の方々はそれを見た時に、これこそが政権交代だと、実感される。
2010年はそんな年になると思います。
政権交代を実現した民主党の政権は早速、事業仕分けで予算編成の過程をオープンにしました。

事業仕分けを経て、編成した来年度予算案は、国民と約束した「コンクリートから人へ」、つまり、人にやさしい政治を反映した予算案になっています。

自民党や専門家、メディアがバラマキだと批判した子ども手当、農家への戸別所得補償、高速道路無料化など、官僚任せの政治では絶対できなかったことが始まります。

もちろん、これらも政権交代の成果ですが、もうひとつ、大きなメディアでさえ、ほとんど理解していないのが国会の改革、政治改革です。

通常国会では冒頭に国会法など改正案を通したいと思います。
官僚の答弁がなくなり、国会審議は様変わりします。

政治主導を貫くために副大臣、政務官も増やさないといけない。
戸別訪問の解禁をはじめ選挙運動の自由化政治資金の透明化も進めたい。

僕がずっとやってきたのは、国民主導の政治を機能させる仕組みづくりなのです。
これまでの日本にはそれがなかった。
国民が政権交代を望んでも、政治のシステムが阻害してきた。
日本は今まで、大まかな、いい時代だったのです。

順調に経済が成長し、格差のない社会だった。
だから、国民は官僚支配の政治を肯定し、それを変えることに躊躇(ちゅうちょ)、ためらいがあった。

しかし、いわゆる「小泉改革」以来、格差はどんどん広がるし、年末のボーナスの減り方は過去最高でしょう。ここ10年くらいで日本はめちゃくちゃになった。
これからはもっと危ない。
もう我慢できないということで、政権交代が実現したのです。

国民の皆さんには、自分たちが政権を変えたのだという自覚を持って欲しい。
政治主導とは国民主導です。

官僚任せ、お上任せの政治ではなく、自分たちが監視し、自分たちが政治を変える。
そうした意識を持って欲しい。
僕たちも政治主導がきちんと機能するように政治改革、国会改革をやっているのです。
もし我々が国民の期待に応えられないようであれば、より良い政党を選べばいい。

そういうシステムにするのが僕の長年の夢であり、ようやくその第一歩を踏み出した。
日本の政治は間違いなく変わっていきます。

国民が政権選択をするためには野党も重要です。
みんなが勘違いをしているのですが、日本では国会の第1党が政府をつくるから、その意味では完全な三権分立ではないんです。

政府・与党が行政と立法を押さえている。
僕は15年間野党暮らしをしてきたから、よく分かりますが、野党には何の情報もないのです。
だから、我々が議会の多数を取っている間に、国会の機能を充実させたい。

国会の情報収集能力を強化させ、野党もしっかりとした情報を取れるようにしたい。
そうすれば、国会で与野党がより活発な議論ができるわけです。

それこそが政治主導なのに、さっぱり分かっていないのが自民党自身なんです。
自民党は、次の時代を背負って立つ人が出てこないとダメです。
旧態依然の感覚では再生できない。

僕は自民党を否定しているわけではありません。

自民党は日本的なモラルのある政党で、いいところがあったけれども、長年、権力を握っていたせいで、その政治権力そのものを自分たちのものにしようとして、堕落した。
だから、国民からノーを突き付けられた。

自民党は今度の参院選で負けると、本当に壊滅的になってしまう。

でも、一度、徹底的にやられないとダメなんです。
再生はそれからです。
だから僕は参院選の準備は一生懸命やっています。
目標は民主党の単独過半数獲得。
そのためには60議席以上取らなければなりません。

一っちゃん


民主党だって、まだまだ成熟していません、完璧な政党ではありません。
民主党をしっかりとしたものにして、一方で自民党の再生・再建に期待したい。
そうなれば、2大政党制が本当に機能する。

僕がもう少し若ければ、その両方をやる余裕があるけれども、この年だからムリ。
まずは民主党をしっかりさせることで精いっぱいです。

いずれにしても、政府、内閣、そして、政治のあり方を決めるのは国民自身です。

民主主義の基本は選挙であり、
主権者が主権を行使する機会は選挙しかない
その意味で、これまでのように選挙を軽視する風潮は非常に危険です。
民主主義を否定することになる。

国民が自分でよりよい政治を選択する。
それによって、国民の側にも責任が生じる。これからはそういう時代になるのです。



このハナシの趣旨はご本人の口から直接お聞きしたことがございます。
もう数年前になりますが、まだ子鼠が

子鼠純一郎

こんなことしてたり、

子鼠2

こんなことやって、調子に乗ってる頃のことです。

先のかたが・・・「小泉に長く政権をやらせたら・・・日本はとんでもない国になる・・」
とおっしゃったことがありました。
そのかたは、「だから・・・我々野党が・・・しっかり政府を監視しなけりゃ・・国民が不幸になる・・」
ともおっしゃったのですが、「気弱な地上げ屋」 は、珍しく反論しました。

「党首(筆者注:当時)! そうじゃありません! 小泉にやりたいようにやってもらうのが一番なんです! この国の国民は落ちるところまで落ちないと気がつきません。気持ち良く、湯に浸かるカエルと同じなんです。 何とか良くしよう! なんて言っても、我々野党にできることなんて、そうはありません! 逆なんです! 小泉に好き勝手やって焼け野原になって初めて・・・我々の出番が来るんです!」

彼は黙って聞いてました。

苦情が殺到しそうな・・(笑)、エピソード・・・でした。


このままで、いいのか日本">このままで、いいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

| ホーム |


 ホーム