FC2ブログ

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

雪印みたいなこと・・聞かないでください! アタシら・・寝てないんですよ!? 真新しい防災服が似合う・・そのまんま東

昨日のエントリー。前編、後編にわたる・・2日かかりの大作 (笑) だって言うのに・・皆さんに、軽くスルーされちゃいました。(苦笑)
retweetしてほしかったのですがね・・(苦笑)。
いやナニ・・官房機密費のハナシです。
匿名希望の・・(笑)・・気弱な記者サンからは・・・
「バカ野郎! 機密費1億も貰ってる記者なんて・・いるワケね~だろ~が!」 なんて、お便りまで頂戴しました。
羊飼いの少年ってのは・・つらいものです・・。(笑)
ついには・・親愛なる・・(笑)・・shirayuki de S・・サンからも・・・
「フィクションがお好きな・・お茶目な地上げ屋ちゃん・・(笑)。カワイイ・・フフフ」 なんて、子ども扱いです。 (苦笑)

ヒラノ3

困ったもんです・・。(笑)
皆さん、アレがフィクションだとお思いのようです・・。
仕方がありません・・。
もう少し具体的な・・客観的証拠フィクションをお伝えすることにします。

某大新聞社・・役員・・クラス (笑) の・・仮にWサンとしましょう。
Wさんに、直接的に渡った機密費は・・出版した、数冊の著作の大量購入のほかは・・飲み食いのあとに出される、お車代と・・・
盆暮れに届けられる、ミカン箱の一番下に目立たぬように置かれた・・・
背広の仕立て券・・その程度です。
コレですと・・仮に、40年続いたとしても・・1億を超えるようなことはありません。
では、どういう方法で・・利益供与が行われてきたのでしょうか?
Wさんには、コレ・・・のほかに、戸籍上の配偶者がいらっしゃいます。
ある日、内閣調査室のメンバーと・・いつものように酒席を共にしたとき・・その内調の人間が言いました。
「Wさん・・。今度、霞ヶ関近くのボロボロビルに空き室が出るんだ・・。滅多にでない好立地なんで・・どうだろう? 借りないか?」
Wさん・・。 驚いて聞き返します。
「そんなこと言われても・・。ワタシは、誤報新聞政治部の花形記者ですよ・・。 原稿執筆するのに・・そんな良い場所は不要だし・・・。 第一、家賃だって・・・」
「Wさん・・。 そんなことに使うんじゃないんだよ・・。 アンタの奥さん・・。 奥さんたって・・普段、アンタが "奥さん"・・って呼んでる・・・アレじゃないよ! 戸籍上の・・ホントの奥さんだ・・。 その奥さんを社長にした会社を創って・・そこに本社登記しとけば良いんだよ・・。」
「会社・・たって・・ナニするんですか・・・?」
「会社創るなんざぁ・・大した手間掛からん・・。来週あたりに、通産省の課長補佐から連絡入れさせるから、彼に任せてくれ。 アンタは・・用意された書類に・・奥さん名義でサインして・・実印押せば・・それで良い・・。」
「でも・・家賃も高いでしょ・・・?」
「家賃? アッハッハッ! あの、ボロボロビルは、実際は通産省の天下り団体が所有してるんだ。 コレが家賃?ってくらい・・ビックリするような安さだよ!今日の飲み代のほうが・・高いんじゃないか?」
「何しろ・・Wさん・・。 アンタのことは・・官房長官も高く評価してるんだ! 誤報新聞の・・将来を担う人材・・だってな・・。 期待してるよ!」

塩川センセイ@無断転載大歓迎! 記事とイラストは何の関係もありません(笑)

こうして創業した、Wさんの・・正確には、奥さんの会社。
どんなお仕事をなさっているのでしょうか?
だだっ広いオフィスには、事務員もいません。
応接セットと電話があるだけ・・。
だけど、立地は・・一流です。

ある日・・ある官庁から・・電話が入りました。
ある川に橋をつくるので・・その建設効果などについての調査業務を頼む・・って仕事です。
でも・・Wさんには・・そんな業務はチンプンカンプンです。
そしたら・・その電話を寄越した・・課長さん。
コレコレ・・この会社が・・こうした業務に精通してるから・・
その・・デタラメコンサルタント会社の出鱈目課長に・・ワタシの名前を出して・・電話してみてください・・・
と、指示してきました。
素直なWさん・・。 言われたとおりに実行しました・・。
出来てきた・・調査報告書と工事設計書には・・なんと!Wさんの会社の名前が載ってます。
Wさんがした仕事・・というのは、その出来てきた・・自分の会社の名前が入った・・・
他所の会社が作った報告書と設計書を・・某官庁に届けるだけ・・。
後日・・Wさんの会社には・・総工事費の2%に相当する・・数百万のコンサルタントフィーが振り込まれました・・。
こんな "仕事" を・・1年に1回か2回・・・20年近く続けていると・・・(笑)。

皆さん・・。
この国の・・病巣と言うか・・闇・・って、相当深いでしょ?(笑)

そのまんま東2

真新しい防災服が・・我が国で最も似合うオトコ・・。
3週間遅れの非常事態宣言を今頃出し・・行政手腕がこれっぽっちもないことを天下に晒してしまった・・
誰がどう見ても・・知く事った・・そのまんま東サンです。
気弱な地上げ屋」は・・このかたのことは・・良く存じていること・・
皆さん、ご承知ですね!(笑)

東国原知事、声荒らげ「ケンカ売っているのは…」
などと・・記者会見で逆切れしたそうです。
このかたが・・夜にお強いことは、存じておりましたが・・夜通し仕事をなさっていたとは、知りませんでした。
雪印の社長さんのようですね。(笑)

そもそも、この口蹄疫の感染拡大は、このオトコが・・3月下旬に発生した第一号の時点で・・直ぐに国に報告していれば・・もっと早く対応できたハナシです。
それを・・約10年前に宮崎で起きた・・当時の口蹄疫感染のことなど露知らず・・
口蹄疫? ユンケル飲ませりゃ治るだろ? なんてノリで・・真面目に対応しなかったことが感染拡大の最大の原因です。
それが・・今になって・・責任を国になすり付けようとしたり・・
挙句の果てには、ハエやネズミのせいにしようとしています。
見苦しい限りです。
ハエの行動範囲ってのは、皆さんご存知ですか?
せいぜい400mか500mです。
ネズミに至っては・・50m以内・・と言われております。
感染連鎖を指摘なさるかたもいらっしゃるでしょう。
昨日も報じたとおり・・なぜ "鳥" がでてくるのか?
鳥や人間は、口蹄疫は発病しません。
でも・・ウィルスってのは、突然変異するのですね。
それは・・鳥インフルエンザと交配することもあるかもしれませんし・・狂牛病の原因となるかもしれません。
要するに・・良く判っていないのです。

この件は・・また明日にでも・・書くこととします。

ここで・・
24日の "お不快" に来たくて仕方なかったのだけど・・どうしても来れないので・・
その代わり・・寄稿文を寄せてくださった・・awadanceサン
「気弱な地上げ屋! オレは、オマエが言うほど・・年寄りじゃ~ね~ぞ!人に向かって・・さ・・気が短い・・なんて言うんじゃね~ヨ!」 (笑)
などと・・管巻いてますが・・なかなか・・胸にこみ上げるご寄稿を頂戴したので、ご紹介します。

みなさまへ・・・
昨年以来、政権交代がこんなに神経にさわり、仕事を停滞させ、ふだんの機嫌をわるくさせるものかと実感しています。いま、私たちが学ぶべきは、「自民」の支持者の態度ではないでしょうか。
私が日々経験しているような日々を60年もすごし、その間、新聞の購読をやめたり、スポンサーに抗議したりということをいっさいせず、ひたすら「党」を信じてきたのです。その忍耐たるや、すさまじいと思わざるをえません。私の場合、信じるのは「人」ですが、とにかく奥歯をかみしめ、しばらくは忍耐をつづけようと考えています。    


普段は・・ウラコメ専門で・・「ワイン飲みに行こうぜ!」 など、ロクなことおっしゃらないawadanceサンですが・・(笑)・・タマには良いことおっしゃいます。(笑)

良いこと・・と言えば・・先の・・サルのエントリーを探しに・・過去ログ見てたら・・・
気弱な地上げ屋」 も・・昔は・・(笑)・・良いこと言ってました・・。(苦笑)

これからの季節・・・
大事なことなので・・再掲・・します。

ビジネスの場面だけでなく、実生活においても 「人を見る目」・・
眼力 ってのは、とても重要な判断能力です。
「気弱な地上げ屋」 の回りには、離婚してしまった男女が数多く (笑) いますが、
必ず出てくるのが 「相手が悪かった」 というセリフです。
自分に "見る目" が無かった」 と反省する人は、ほとんどいません。
つまり、 「眼力」 がない人ほど、自分に眼力が無いことを理解していないのですね・・・


ご感想は・・retweetで・・(笑)


どげんかせんといかん~地方自治・宮崎の場合~">どげんかせんといかん~地方自治・宮崎の場合~ - ジャンル : 政治・経済

| ホーム |


 ホーム