FC2ブログ

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

清水サン! あんたナニしに来たの? 避難所来て・・カスタマーセンターと同じことしか言えないんじゃ・・来た意味ないでしょ?

皆様、GWはいかがお過ごしでしたでしょうか・・。
気弱な地上げ屋は、ガラクタ整理・・
いや、敗戦処理の残務整理に・・
追い回されておりました・・。 (苦笑)

残務整理に追い回されるのも・・
億劫なものですが・・
罵詈雑言に追い回されるのは・・
尚更・・
精神衛生上好ましいことではございません。

好ましくないとはいえ・・
全然、同情されないのが・・このかた。

逃電 清水

「ワタシの信条は公平無私! そして逃げないことデス!」
このかたの言動見てると、
正直で誠実な人間ってのは・・
大企業の役員になれないってことが良く分かります。

「私は以前から・・看脚下という禅の言葉が好きで・・社員にも折に触れ話してきました。 暗闇でも足元をしっかり見ろ、ジタバタするな。 初心を見失うなという意味です・・」
他人には、初心を見失うな! なんて言っておいて・・
自分は、炉心を見失ってるのですから、
世間の同情など、
かうべくもございません。

先日は・・
ノコノコ避難所まで出向き・・
「誠意を持って対応したい・・。 皆様のお話は・・良くわかりました」
なんて・・
誠意の感じられない、ありきたりの回答したもんですから、
その場に居合わせた被災者から・・
本日のタイトルとなる・・罵声を浴びせられました。 (苦笑)

そもそもですね。
この会社の危機管理ってのは、
電柱に雷が落ちて、電線が切れちゃった・・。
この程度の処理が限界なんです。
チェルノブイリ事故を遥かに凌ぐ・・
史上最悪の放射能漏出事故への対応など・・
出来るわけがありません。
時間稼ぎの工程表・・なんてのを、先日出してきましたが
出した本人が・・
「キチンと出来るか・・自信がありません」
なんて言ってるとおり・・
恵に欠いた工程表です。 (苦笑)

以前・・
この会社は、社員の3人に1人はコネ入社・・とお伝えしましたが、
満更、グルメブログな表現 (笑) ってワケでもございません。

ある部署なんか・・
チームの8割が、親類縁者で占められ (苦笑)
オマエも親戚課・・などと陰口叩かれる始末です。 (笑)

このバカ太郎

このかたの場合・・、
陰口ではなく・・
大口ですね? (笑)

まあ、こんな人の言ってるハナシですので・・
ホントかどうかは、グルメブログですが (笑)
逃電の幹部が手分けして・・
「逃電国有化なんてもってのほかです! 金融危機が起こりますよ! 賠償額は上限設けてもらわないと・・電気料金5割アップ・・なんて、ことにもなり・・センセイのとこの有権者の不満も高まっちゃいます」
共産党を除く、与野党議員のもとへ・・
"ご説明" に日参してるそうです。

まあ、気弱な地上げ屋も先日・・
あるレギュラーと・・
長時間、永田町の議員会館へ出かけてましたので・・
そういうことが起こってるなら、
目撃談の一つもご紹介できそうなもんですが
まったく拝見しませんでしたね。

でも・・
代わりに拝見したのが・・このかた。

ダメ垣

ちょっと、お訊ねしたいこともございましたので・・
声かけたかったのですが・・
あいにくと・・
入り口のセキュリティチェックで引っかかっちゃって (苦笑)
警備陣にあれこれ説明してる間に、
クルマの乗っかっちゃいました。

あんなに、自転車がお好きなのですから・・
狭い、永田町界隈をウロウロするなら・・
自転車でも良さそうなもんですが (笑)
先見性と計画性が無いのが、このかたの特徴。
ご趣味のサイクリングにしたって・・
「ここまで行こう」 と、計画して行くでもなく・・
行けるとこまで行っちゃうものですから・・
帰りはタクシーってのも
このかたの場合、しょっちゅうです。 (笑)

谷垣禎一

そう言えば・・
先日は・・
帰りは救急車ってときもございましたね? (笑)

気弱な地上げ屋とは、趣味がご一緒な・・このかた。
以前、
あるワインパーティーでの一コマをご紹介しましたが・・
やはりご縁があるのでしょう。
あるレギュラーとの、
議員会館での秘密工作 (笑) が終ったあと・・
会館玄関で別れ、駅へと向かったその途中。
自民党本部前を通り過ぎようとしたその瞬間。
またまた、このかたのおクルマと遭遇致しました。
玄関前で待ち構え・・突撃インタビューです。 (笑)

「総裁! ○○会でご一緒させて戴いたことのある・・気弱な地上げ屋です。 本日は・・執行部の××センセイに陳情がございまして参りました。」
この程度のデマカセをしゃあしゃあと言えなくては・・
地上げ屋なんて務まるもんじゃございません。 (笑)
身内だと思って、気を許したダメ垣センセ。
誰だか分かんないくせに (笑)
「お~! どうも! ご苦労サマです!」 なんて、言ってます。

「総裁! 不信任案なんて・・民主党の内部分裂待ってたら・・いつになっても、勝負の主導権なんて握れませんよ! ここは、腹決めて! 参議院で問責ぶつけましょう!国民の7割以上が・・菅政権の震災対応に不満なんですよ! 代わってもらうのが民意です! どうなんですか!?」
「エエ・・まあ・・その・・」
ハッキリしません。
こんな調子で・・
ふらついてるから・・

ダメ垣2

ぶつかっちゃうのですね? (笑)

「王道を歩まねばなりません! 菅政権が行き詰まるのは、時間の問題でしょ? 国民が安心する震災対応をするのが、政治の役割じゃぁ・・ありませんか? 菅さんが退陣しても、しなくても・・遅かれ早かれ民主は割れます。 そうなったら、首相指名で誰も過半数取れませんよ。 決戦投票となったら・・最有力なのは、総裁! アナタじゃありませんか? この国難に! 総理として責任を負う覚悟はおありなんですか?」

気弱な地上げ屋ってのは・・
ストレートでしょ?(笑)
当たり前ですが・・(苦笑)
明確なご回答は戴けませんでした。
「フフフ・・・」
笑ってるんだか・・
泣いてるんだか・・

加藤の乱

わけの分からない含み笑いを残して・・
総裁室へと向かいました・・。

まあ・・
倒すべき相手に対して・・
「こういう時、大変ですからお体に気をつけてがんばってください!」
なんて、声かけちゃうのですから・・
このかたのお人好しは・・
転職を考えるべきレヴェルに達してるかも知れません。 (苦笑)

さて政局です。
民主だけが割れちゃって、
自公がそのままですと・・
首班指名で、このかたが決戦で選出される可能性が高まります。
その後、1年半後の総選挙で・・
民主党Aも・・
民主党Bも・・壊滅するのは、目に見えてます。

肛門

お見苦しいものを・・
お見せして・・心苦しいバカりですが・・ (笑)
こんなジイサンでも・・
そのことは充分判ってるようです。
この2月に、
一人で500万票集めるオトコ」 への党員資格停止を相当とする答申を出したジイサン。
異議申し立てが出されておりましたが、
いままでまったく審査もされず・・たな晒しにされてました。
この審査を来週開始するそうです。
党員資格停止停止する答申を行う可能性が出てきました。
まあ・・このジイサンのことですので (苦笑)
期待はしておりませんが・・
異議申し立てをどう取り扱うのかについては、
注視する必要がございます。

菅1818

他人に何か言われると・・
必ず自分の正当性を主張する・・このかた。
自分の非を認めると、自らの責任論につながると思っているのでしょう。

今頃になって、
「この機会に、全体として何が進んでいるかの共通認識を持って、これからの対応に当たってほしい!」
なんて訓示たれたそうです。
震災翌週ってならまだ分かりますが・・
60日近くたって、まだこんなこと言ってます。 (苦笑)

「刑事被告人のオザワにどれだけ付いていくんだ? 内閣不信任案など・・可決するわけがない!」
などとほざいてるそうですが・・
このかたには、
退陣してもらったほうが国益に適う
・・
ことは、識者の一致した意見です。

首相を1年誤・・とに代えてはいけない・・
というまずゴミの野次もございますが・・
今後、政府の行うべき災害復興は、
ただ以前の状態に戻す・・というだけではございません。
農業・・水産業だけでなく・・
工場や生産拠点が破壊され、
我が国が誇る、もの造りの・・重要な供給ラインが破壊されました。
次期政権は・・
今後、10年から20年後のの日本がどうなっているのかという・・
壮大な設計図を描く重大な任務がございます。

そのためには・・
アタマでっかちが官邸の机で描いた・・
魂のこもらない設計図ではなく・・
国全体の将来見通しと・・
地方自治体とを調整しないといけません。

これには高度な政治経験と能力が必要です。

コレを成し得る政治家・・?
政界広しと言えども・・
そう多くはいらっしゃらないことは・・
レギュラーの皆さんなら、ご承知のはずです。

それでは、皆さん! 残り少ないGW・・。
大いに満喫してください!
また・・来週! (笑)

政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

| ホーム |


 ホーム