FC2ブログ

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

橋下圧勝! オレの言うことが民意だ! オレの考えが天意だ!大阪はオレの意のままにするぜ! 大阪不振の戎

憂鬱な月曜日です。
なぜ憂鬱なのか?
皆さん、良くご存知でしょう。 (苦笑)
こういう・・
憂鬱な日は・・
まずは、どうでも良い小噺をツカミにいきましょう!(笑)

昔、あるところで・・
医者と大工と・・政治家が議論していました。

医者が言いました。
「神はアダムのあばら骨からイブをつくった。 外科手術を施す医者こそ・・世界最古の職業だ!」
大工が言い返します。
「いや・・神はカオスからこの世界を建設した。 だから・・大工が世界最古の職業さ!」
2人のやり取りを聞いていた政治家が静かに言いました。
「そのカオス・・つまり、この世の混沌を作り出すものは誰かね?」

どうやら・・
政治家は、世界最古の職業のようです。 (苦笑)
では政治家になるにはどうしたら良いのでしょうか?
松下政経塾に入る・・
という選択もございますが・・
資質・・が無ければ、選挙で選ばれるわけありません。

選挙で選んでもらうためには・・
票を投じてもらわねばなりません。
票を投じてもらうためには・・?
買収する?
これは直ぐにチクられ、手が後ろに回ってしまいます。 (苦笑)
効率良く票を投じてもらうため・・
宣伝が必要です。

こう考える人たちのバイブルとなっているのが
次の一節。
一時期、ある国でベストセラーになった本の一節です。

宣伝とは・・。
鈍感な人々に
間断無く興味のある変化を供給してやる事ではなく・・
大衆を確信させるため、
最も単純な概念を何千回と繰り返し憶えさせる事である。
いかなる宣伝も大衆の好まれるものでなければならず、
その知的水準は宣伝の対象相手となる大衆のうちの・・
最低レベルの人々が理解できるように調整されねばならない

石原ヒットラー

もうご承知ですね!?
ハシモトさん・・いや、ヒットラーの残した言葉です。

しかし、今の世は・・
こんなにイロイロと手の込んだ脚本用意する必要はございません。
テレビに出続ければ・・
大衆は覚えてくれます。 (苦笑)
我が国の有権者のうち・・
3000万人近くが、
テレビに出てた人・・
テレビで見たことある人に投票する癖があります。 (苦笑)

ヒットラー橋下

このたびの、大阪ダブル選挙
圧勝です。

こんなふざけた格好した人が・・

ヒラの官房長官

選挙戦最終盤に・・
「3ポイントまで差を詰めたぞ! もう一息だ!」
なんて騒いでも・・
誰も動きません。 (苦笑)
そりゃそうです。
皆・・
数日前まであった10ポイントの差が・・
さらに拡げられてることを知ってるからです。

これでもうやりたい放題です。
大阪都構想に反対する職員は降格させる!」
「今回の選挙で動いた職員。 政治に足を踏み込みすぎた職員は潔く市役所を去ってもらいたい!」
戦ですから、負けは潔く認めてもらわなきゃいけない・・
なんて言ってるそうですが、
選挙に負けて仕事辞めなきゃならないなんて・・
コイツの大好きな法律のどこ探しても書いてありません。
だいたい・・
「大阪を変えるのか? 変えないのか? 今度の選挙で決めてください!」
なんて言ったって・・
ナニをどう変えるのか、制度設計も何も無くて世に問うのですから・・
言うほうも言うほうですが・・
入れるほうも入れるほうです。 (苦笑)

投票した・・
20歳台、30歳台の過半数。
40歳台、50歳代の半数近くが・・
このオトコに投票したとのデータがございますが・・

子鼠純一郎

郵政選挙と同じことが、また起きましたね。

失業率、倒産件数も全国最高水準の街での選挙です。
出口調査の映像が印象的でした。
「何かを変えてくれそうなのは恥もとサン」
「行動力も・・リーダーシップもある!」
判ってません。 (苦笑)

コイツが変えるのは・・
自身に投票した皆さんの生活ですし・・
大阪市民の未来に苦難をもたらすための行動だってことが・・
まあ今更言っても始まりません。(苦笑)
1~2年後・・。
更なる生活悪化や
経済の地盤沈下を目の当たりにして・・
自らの選択が誤っていたことを
悟ることでしょう。

子鼠99

そう言えば・・
このオトコの絶頂期の支持率は87%もありました。

勿論、気弱な地上げ屋は一貫して13%のほうでしたが (笑)
あまりにも周囲に・・
この87%がいたのを・・
魚が魚屋を支持してる・・
ブタが肉屋を支持してる・・。
絶望的な視線で見ていた記憶がございます。
大阪のかたは・・
これから大変ですよ。 (苦笑)

どなたか存じませんが・・
こんなことおっしゃったそうですね。
「ハシモトなる者は怖くない。 ハシモトを作り出す民衆こそ・・怖い」
やはり・・
教育は国家の礎です。 (苦笑)
最近の若者の知性の劣化・・と申しますか、学力の低下は
多分・・ゆとり教育の成果ではないですかね。
以前、ある大学の講師と飲んでたときおっしゃってました。
「最近の学生は、勉強が出来ないだけ無く・・勉強の仕方自体も分からないんだ」
こういうハナシを聞くと絶望的な気分になります。 (苦笑)

今回の大阪ダブル選挙

意地悪慎太郎 4

なんで、こんなオトコまでが・・
わざわざ大阪まで応援に駆けつけるのか?
不思議に思ったかたも多いのではないでしょうか。
こんな腰の重いオトコがわざわざ駆けつけたのにはワケがございます。
大阪不信の会が進める大阪と抗争
これには・・
東京の名だたるゼネコンが、出番が無いかと手薬煉引いてます。 (笑)

それとコチラが一番大きな理由。
年末の恒例行事となってるこのかたの・・

亀井静香3

新党構想です。

このかたの新党構想は、
毎年年末になると吹き始める季節風のようなもので (笑)
時期が来れば、自然に止むものですが・・
今回の季節風は・・
もしかしたら・・
台風に変わる可能性もございます。

「とにかく政治を大きく変えていこうと思うんだったらね、何をするかっていうことを問わなかったら国民ついてこない」
「みんな今のあほみたいな内閣にうんざりしているの分かるよ。 だけどさ、それをぶっ壊して何やるかってこと具体的に掲げない限り、選挙で何を訴えるんですか?」
都知爺は・・
立ち上がれん失敗に相当懲りてる様子で
「この国もそろそろ変えなくちゃいけないが、亀井静香がバカなことを言って大迷惑・・」
自身が先頭に立っても・・
また世間の物笑いのタネになると悟ってます。
そこで持ってきたのが・・
「発想力のある人間がトップダウンでやらないと物事は動かない」

つまり・・

橋下徹

コレ・・。 (苦笑)

このオトコは・・
亀に乗ることはありませんが・・
意地悪に乗ることは・・
充分あり得ます。

このオトコ。
もっとも効果的な時機を見て上京し・・
テレビカメラを引き連れ、首相官邸か総務省に乗り込み・・
地方自治法改正を迫るでしょう。
その時期が・・
解散時期と重なれば・・。(苦笑)

経済格差の拡大
貧困の増加
増え続ける・・国家財政の赤字
失業率の増大
世界中が・・
共通する課題に直面しています。

本日、冒頭にご紹介したかたの国では・・
政治の混乱・・
第1次大戦の戦争賠償の負担による財政の破綻・・
そして、不況の長期化で社会不安が増大し、治安も悪化・・。
そうした時期に、ヒットラーが登場し・・
政府や行政に不満を募らせる国民を
持ち前の饒舌と詭弁で洗脳し・・
ナチスとともに権力を握ったわけです。

そんな彼の残した言葉に・・
「偉大な理論家が偉大な指導者であることは稀で・・むしろ扇動者の方が指導者に向いているだろう」
「指導者であるということは・・大衆を動かしうるということだからである」

今回の選挙結果が、
一部の人には利益をもたらしますが・・
その他大勢の・・
多くの人々にとっては・・
結果的に不利益となることは・・
いずれ明らかになるでしょう。

本日は・・
まったく不愉快な日です。 (苦笑)


このままで、いいのか日本">このままで、いいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

| ホーム |


 ホーム