FC2ブログ

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

大阪の橋下さん? 政治家として大事な資質をお持ちのかたですね・・ 小沢一郎

人と言うのは・・
自分自身の目で見たものは、
真実であると、信じ込みやすいものです。

気弱な地上げ屋は・・
サンタクロースの存在を・・
そうですね、中学2年の頃まででしたか・・
信じ込んでいました・・。 (苦笑)
そんな大きくなるまで信じ込むには理由がありました。

このハナシ・・
以前にもしましたっけ? (苦笑)
もう3年近く・・
こんなことやってると
以前書いたかどうかも分からなくなってしまいます。(苦笑)
書いてたとしても・・
どうせ随分前のことですから・・
まあ良いでしょう。 (笑)

気弱な地上げ屋の父親は、
とても芸の細かい人間でした。
あれは小学生・・中学年の頃の出来事です。

その日はクリスマスイヴ・・。
その晩届くであろう
クリスマスプレゼントに胸躍らせる気持ちと・・
去年は、剥がし忘れてた・・ (苦笑)
近所のおもちゃ屋の値札が (笑)
今年のプレゼントには付いていないことを願う気持ちが
入り混じった、複雑な心境でした。 (笑)

ワクワクすると、なかなか寝付けないものです。
しかしそこは、まだ子供。
床に入って30分もすれば・・熟睡です。
ガタッという物音で目が覚めたのは、夜中のこと。
まだ子供ですので・・
完全には目が覚めません。
しかし・・
薄っすらと目を明けた気弱な地上げ屋が見たのは!?
真っ赤な服を着た人が去ってゆく後姿です。 (笑)
その場は、あまりの眠さに・・
そのまま寝入ってしまいました。
翌朝目を覚ますと・・
枕元には、お約束のプレゼントが・・。(笑)
「やったぁ! コレ欲しかったんだ! やっぱり・・欲しい! 欲しいって言ってると・・ホントにくれるんだなぁ!」
無邪気なもんです。 (笑)
喜びが一段落したあたりで、ふと思い出します。
「ねぇお母さん? 昨日の夜、赤い服着てなかった?」
「赤い服? 着てないわよ・・どうして?」
「いや・・ちょっと目を覚ましたとき・・赤い服着た人が部屋から出て行ったんだ・・」
「じゃあ、お父さん? 赤い服着てた?」
「いや、お父さんのパジャマは黄色だから・・ね。 誰だろ? あっ! もしかして・・赤い服というと・・オイ! その赤い服着てたのは・・もしかすると、あの・・サンタクロースじゃないのか?」
「エッ!? サンタクロース・・? そう言えば・・」
完全に騙されました。 (笑)
中学生になっても、クリスマスが近づくと
友達にプレゼントのハナシするもんですから・・
よく小馬鹿にされたものです。
「気弱な地上げ屋、オマエまだ・・ホントにサンタがいるって信じてるの?」
静かに笑って答えませんでした。
「フフフ・・。 おまえ等は・・本物見たことないからな」

そろそろ、サンタの存在を疑いだす
小学生中学年くらいの
お子さんをお持ちのレギュラーがいらしたら・・
この方法をお試しになってはいかがでしょう。
ツボに嵌れば・・ですが、その場合
その後数年は・・完全に信じ込む期間が続きます。 (笑)
勿論・・
翌朝・・
「お父さん・・昨日はお疲れさま!」
慰労されちゃったり・・(苦笑)
「昨晩は、着替え・・手伝えなくてゴメンネ!」
慰められたりすることもあるかも知れませんが・・
そんなことで怯んではいけません。 (笑)
失敗を恐れず、チャレンジする姿が・・
大事です。 (笑)

お詫び

皆さんもご承知でしょうが
昨日、「一人で500万票集めるオトコ」 が
自由報道協会の記者会見に参加しました。
気弱な地上げ屋は拝見しませんでしたが・・
1時間くらい、いろいろな質問に答えたようです。

そのなかで・・

橋下2

このオトコのことを訊かれ・・
その答えが波紋を呼んでいるようです。

グルメブログにも・・
"恥モノと組むのか!?"
と言ったご心配や・・
"恥もっとにまで尻尾振ってるじゃない?"
非難めいた皮肉も・・。 (苦笑)

しかし皆さん。
発言の一部だけを報道してるまずゴミや・・
全部見てたけど、一部しか覚えてない
ご自身の記憶力をもって
全てを判断してはいけません。 (苦笑)
ニコニコニュースが発言全文を書き起こしてますので
ご紹介します。

「僕は橋下さんと御会いしたことはもちろんあるけれども、具体的に詳しく政策論を交わしたということはありません。 ですからまだ、今のご質問で一緒に連携できるかどうかということは、それはもし会う機会があればお話した上でできればいいし、そうでなければ駄目だし。
ただ私は、彼は政治家としての大事な資質を身につけておる人だと思いますし、それから、遠くから聞いているだけだから具体的なことは言えませんが、今までずーっと続いてきた旧体制をぶち壊さなければ新しい本当の市民、国民のためのものは生まれないという趣旨の話をしておられると思います。その点は私自身の年来の主張と同じですし、またそういう同じような類のことを言っているにも関わらず、私みたいに「壊し屋」とかなんとかいわれない所が偉いと思います」

一人で500万票集めるオトコ」 がおっしゃってるのは・・
恥もっとは、こちらの昔からの主張と同じことを言ってる・・
ってことでしょ?(苦笑)
いきり立つハナシでもありませんし・・
うろたえるハナシでもございません。 (笑)

一部を見て、全てを判断すると・・
サンタクロースを信じる羽目になります。 (笑)

消費税増税論議が盛んです。

野田佳彦2

このかたも・・
最近は、何かに取り付かれたような目をなさってますね。 (笑)

年々増え続ける高齢者。
超高齢化社会は現実のものとなっているのに・・
勤労世代は年々減り続ける。
このままでは・・
国の財政赤字という風船は目一杯まで膨らみ続け
ついには破裂する。
破裂したあとに起こるのは、
急激なハイパーインフレと・・大増税。
そうなる前に・・
皆さんで負担を分かち合う消費税が一番良いでしょ?

彼はそう言いたいのかも知れません。
しかし、何も語らないので・・
真意はまったく分かりません。 (苦笑)

日本は財政再建を急ぐ必要があり、増税が不可欠。
だが、単なる増税では景気を冷やしてしまう。
政府が集めたお金を社会保障の充実に回せば、
人々が安心して消費に向かう。
医療や介護といった高齢化で需要が見込まれる分野を支援することで、
経済成長にもつなげられる・・。

前回ご紹介した・・
神野センセイの経済理論です。
しかしですね。
今でも、政府は集めた税金を年間29兆円も社会保障に使ってます。
税金だけでは足りず、赤字国債発行して・・
借金して使ってるのです。
需要が見込まれる分野につぎ込んでるのに・・
一向に経済成長に繋がってません。 (苦笑)
さすがに苦しかったのでしょう。
神野センセイ。
先日は、このご自身の経済理論を
一言も主張なさいませんでしたね。 (苦笑)
うるさそうなのが会場の最前列に腰掛けてるのに
気付いたのかも知れません。 (笑)

この国の財政悪化の最大の原因は・・
15年以上にわたって続くデフレです。
従って・・
デフレを脱却できなければ・・
いくら消費税増税しようとも・・
景気回復どころか、
かえって悪化します。

そして・・
デフレとともに大きな原因の一つが・・
政府支出・・歳出の増加です。
先にあげた社会保障関連だって
今でも年間29兆円も支出してるのに
これから毎年1兆円づつ増え続けるってんですから
コレを放置してる連中は、
正気の沙汰とは思えません。

グルメブログのレギュラーには・・
ドクターが大勢いらっしゃるので
言い難いことではありますが・・(苦笑)
開業医は無条件に50%の必要経費が認められています。
なかには・・
70%近い必要経費を
税務当局に認めさせてる猛者もいます。 (苦笑)
判りやすく言いましょう。
1億円の売り上げがあったとしても・・
いざ納税となると、瞬間的に収入が5000万になっちゃいます。(笑)
残りの5000万は?
無税でお財布に行きます。
コレはなんら違法なことではございません。

薬屋さんも同様です。
第一・・
日本はクスリを出しすぎです。
患者のほうも・・
沢山のクスリを有難がる人が大勢います。

ナニを言いたいのか・・と、申しますと・・
この国には無駄な支出が多過ぎるってことと・・
税金は公平に徴収されてるわけではない・・ということです。

復興でも・・
25年間の臨時増税。 (苦笑)
コレは決まりました。
このうえ・・
社会保障でも消費税増税・・
なんてことになると・・
それでなくても、経済格差に苦しんでいる人々を
さらに苦しめる結果となります。

財政再建にバカり目を向けた
財政再建至上主義では・・
財政再建は達成できません。

増税などと叫んでいる人たちが、まずやるべきことは・・
徹底した無駄の根絶!
例外なき各種歳出の削減!
そして、いまや特権階級と見間違う・・
公務員人件費の即時1割以上の削減と・
公務員共済年金の優遇措置の撤廃です。

ポタポタと滴り落ちる雑巾を
絞る努力もせず、知らん振りして・・
口先だけで・・
"乾いた雑巾" がどうのこうの言ったって
もう誰も信用しません。

政治が解決できないとき・・。
民衆は民主主義に見切りをつけるかも知れません。
過去には、いまと同じ社会情勢のとき・・
ドイツではヒットラー率いるナチスが台頭し・・
我が国でも軍が政治と権力を掌握しました。
いわゆる独裁政治です。
もうこうなるとブレーキは効かず・・
行き着くとこまで行くことになります。

いま・・
世の中には・・
苛立ちが充満しています。


政治・経済・時事問題">政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

| ホーム |


 ホーム