FC2ブログ

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

「尖閣諸島を15億で買います。 エエ、勿論都民の税金です。 で、ナニ? 文句ありますか?」 意地張る慎太郎

昔、先輩に言われたことがあります。
「いいか、気弱な地上げ屋!? 近代化センターある業界ってのは・・不動産業界とタクシー業界だけ! 言い換えりゃ、近代化してないことを世間に認めてるってこと。 お客さんもそういう目で俺達を見てるのだから・・決して、お客さんにはウソつくなよ!」
心に刻み、今日まで参りました。 (笑)

言われた当時は・・
インターネットなども普及しておらず・・
調べようも無かったのですが
実は、この近代化センター。
新聞の勧誘セールスにも・・ございます。
それだけ、顧客とのトラブルが頻発してるのでしょう。 (苦笑)

そういう意味では・・
近代化センターを設立すべきじゃないかと思うのが

菅11

政治の世界です。

ビジネス社会では・・
他人を騙して、財産などを奪うと
詐欺罪に問われるのに・・
政治家が有権者にウソ言って
財産 (消費税増税) 奪っても・・
マスゴミが賞賛するのですから・・
この国は、いったいどうなってるのでしょう。 (苦笑)

字に書くと、クリソツですが・・
意味はまったく違う言葉がございます。
二枚目と・・

「気弱な地上げ屋」

二枚舌。 (笑)

「二枚目だねぇ・・」 と言われると、褒め言葉ですが・・
「オマエは二枚舌だ!」
通常、褒めるときには使いません。

ホニャララ党には・・
巷で
言うだけ番長・・と呼ばれる

口先誠司2

口先誠司さん。
そして・・
言い訳番長と笑われる・・

枝野2

枝noサン・・と言うかたがいらっしゃいます。 (笑)
このかた。
従来から・・
エーだの、こ~だの・・言うことは、知られてましたが
大臣の椅子に馴染んできた頃から
新たな症状が出てきたようです。
今までは、言ったことに対し、屁理屈能書き垂れてたのですが
最近は・・
言ったことと・・
逆のことを言い出すようです。 (笑)

2009年総選挙当選直後のインタビューで・・
八つ場ダムですか? 民主党としては治水の必要性がない・・利水は効果がないと判断しています。 それでも必要と言うなら・・東京都や埼玉県など関係自治体でおやりになればいい。 中止を約束して選挙で勝ったんです。方針を変えるわけにはいきません」

今週は国会で・・
「原発依存度を最大限引き下げるのは、内閣の明確な方針です。 できるだけ早く原発依存から脱却し、近い将来原発依存をゼロに・・」
なんて言っときながら・・その翌日
「原発を今後とも重要な電源として活用していくことが必要です。 昨日の答弁と違う? 違いませんよ。 昨日は、原子力安全委員会の報告書などを全部精査しておらず、安全だと確認していない段階だったのです。 昨日と今日とでは・・理解の段階が違います」

「再起動の是非は、地元の理解が得られてから最終決断します! 地元の定義? 広い意味で日本の国土全部ですよ」

枝野18

この人には・・
広い意味での地元と
狭い意味での地元が混在してるようです。 (苦笑)

コレにも
腹抱えちゃいました。 (笑)
「大飯原発の再稼働を決めた後で、その判断がもとで大きな事故が起きた場合? そのときには政治が責任を負うことになります。 責任のとり方? それは・・これから考える問題です」

もう・・
言うだけダムです。 (笑)
政治家としての理念・哲学・・
つまり、芯が無いから
小枝のように、ユラユラ・・グラグラ
ブレまくるわけです。
こんなオトコに期待するかたは・・
見る目がないと言うことでしょう。 (苦笑)

一泊26万・・と言う、
痴呆自治体首長の出張旅費 世界レコードを持つこのオトコ。

意地悪慎太郎 4

何しろ・・
就任以来13年間で23回もの観光旅行を
都民の税金で行っております。
その額たるや、軽く5億を超えてます。 (苦笑)
そりゃそうでしょう。
飛行機乗ればファーストクラス。
ホテルは・・
ワンナイト10万以下の部屋はなど・・
泊まったことございません。 (苦笑)
"公費を使った旅行として高額すぎないか?"
こんな質問を受けると・・
「視察は、完全に事務局任せですからね。 どのホテルに泊まりたいとか・・どうこうしたいと言ったことはありません」
「私は別に公費でする旅行には注文つけたことはありません・・」
得意のウソ八百です。 (笑)
エレベータの音を
お化けと勘違いしちゃって、眠れないくらい (笑)
小心なことに気を使った事務局が
物音一つ聞こえない最上階のスィート用意してるってワケです。 (笑)

詳しくお知りになりたいかたは・・
もう、税金の無駄遣いは許さない!』 石原慎太郎企画・監修
と言う本がございます。 (笑)
数年前に発刊した書籍ですが・・
神田のボロ本屋あたりよく探せば
見つかるかも知れません。 (笑)

「日本が生きていく道は軍事政権を作ること。 そうでなければどこかの属国になる」
なんて言っときながら・・
その "どこかの国" へノコノコ出かけちゃう。
支離滅裂で欺瞞に満ちた人生を送る、このオトコですが・・
異国の地で、つい開放感から言っちゃったのですかね。

「魚釣島と北小島・・そして、南小島の3島を東京都が買います。 東京が尖閣諸島を守ります。 どこの国が嫌がろうと・・日本人が日本の国土を守るために島を取得するのに・・何か文句がありますか?」
安全地帯の国内にいるときには
シナだの、民度が低い国・・などと蔑むくせに
招待されて、中国に着いた途端
「13億人の底力感じますな! 流石は歴史ある国です!」
(笑)

「都の予算は・・都民のために使うのが大原則では?」
同行記者団から質問されると
「大原則は国のためだ!」
中国も反発するでしょうし・・
そうかな連中がまず賛成しないでしょうから、議会の承認取れません。
赤っ恥かくことになるでしょう。
いい気味です。 (笑)

人のことを笑ってると・・
自分も笑われる羽目に遭います。 (苦笑)

まったく参った情報が舞い込んで来ました。 (苦笑)
今週、打ち上げる予定だったデッカイ花火。

金正日

この人たちの花火だって・・
2分近くは楽しめたってのに・・(笑)
気弱な地上げ屋が予告した花火は・・
導火線が湿ってて・・
火すらつかないことが判明しました・・。(苦笑)

今度と言う今度は・・期待したのですがね。
上に跳ばなきゃ・・コッチに向かって飛んできてもイイヤ。
こうも思ってたのですが・・飛び上がりもしません。(苦笑)

いつものことながら・・まったく参ります。
で、その花火もどき。
いったいなんだったのか・・。

厳秘・・なんて言われてたのに・・
ネットに出ちゃってましたね。(苦笑)

気弱な地上げ屋が楽しみにしてた花火ってのは・・

大坪 佐賀

このオトコたち・・
特に、右のオトコのカミングアウトだったのです。

"オマエ! こんなオトコの言うこと信用してたのか!?"
野次の一つも聞こえてきそうなもんですが・・(苦笑)
「オレはこのまま野田れ死になんて絶対しない!古巣に一矢報いるぞ!」
こうした意気込みだって聞いたもんですから・・
甘かったです・・。 (苦笑)

小沢強制起訴を決めた東京第5検察審査会
2回の強制起訴議決をしたわけですが・・
検察の不起訴処分に落胆と不満を抱いた
最高裁事務総局が・・
検察審査会という闇のベールに包まれた組織を使い・・
====闇のベールに包まれた組織と書きましたが・・
組織の実態は無いに等しく・・
あるのは、闇のベールだけかも知れません====
検察審査会を意のままに操り・・
2回の議決は・・
2回とも11人の全会一致
通常、あり得ないハナシです。

この全てを・・
最高裁事務総局幹部の・・
「裁判をしない裁判官が・・全てを仕組んだ動かぬ証拠を・・オレが洗いざらいぶちまける!」
興奮しましたよ。 (笑)
で、あらゆるチャネル使って
大坪とのコンタクトを試みました。
で判ったこと。
「一部週刊誌が勇み足でその手のハナシを書いたのかも知れませんが、ワタシにその気はありません・・」
(苦笑)
著作のなかで・・
「何だと!やるならやってみろ、(...)。ただではおかないぞ!私が知っているすべての秘密をバラして検察をガタガタにしてやる。それによって自分も死ぬことになるが、覚悟の上だ。そのことを上に言っておけ!」

この文章には注目しましたし・・
もしかしたら・・
とも思いましたが、所詮そんなハラ無かったってことです。 (苦笑)

そもそも、この文章。

自分の妻を取り調べに呼ぼうと脅す
元同僚に対して発した言葉なのですが・・
そんなこと言った本人が・・
過去の取調べにおいて被疑者を落とすため、
被疑者の妻を呼びつけ・・
共犯容疑で取り調べ・・
強力な圧力をかけた実績があるのです。
石川さんの取調べでも・・
彼は当時独身でしたので・・
ガールフレンド呼ぶわけにはいかず (笑)
事務所の女性秘書が犠牲になったのは・・
皆さんご承知の通りです。 (苦笑)

つまり・・検察の常套手段なんですね。
こんなオトコに期待するほうが・・間違ってました。
当初、カミングアウトする・・と言われた期日まで
まだ数日ございますが・・
まあ不発・・いや、不発と言うより・・蒸発 (笑) となることは、
ほぼ間違いありません。 (苦笑)

しかしまあ・・
何でこんなことになっちゃったのでしょう。
それは・・
業界で言うところの・・
寄せが甘い・・コレに尽きます。 (苦笑)
こんな・・あくびが出るようなことしょっちゅうやってると
花火観に来た皆さんだって
見放したくなるでしょ?(苦笑)

コッチの弱点はハッキリしてます。
不適材不適所・・なんですよ。
策を練るのが苦手な人が策を練り・・
交渉下手な人が・・交渉する。
勿論・・
策を練る人は・・
自分じゃ得意だと思ってますし、最高の作戦だと思ってます。
交渉ヘタな人は・・
自分じゃ世界最強のネゴシエーターだ! と吹聴してます。(苦笑)
コレじゃ、何回やったって勝てるわけありません。

来週、26日の判決だってそうでしょ?
巷じゃ・・
「間違いない!無罪だ!」
「いや、推認有罪に決まってる!」
下手な舟券屋じゃあるまいし・・
肝心なのは、どちらにしても最適な対応をするってことです。

無罪が出たって、
指定弁護士側が控訴すりゃ裁判は延々と続くわけですし・・
有罪出してきたって・・即日控訴するだけのこと。
最高裁事務総局の、裁判しない裁判官たちってのは
世論の動向に敏感です。

「どういう判決出せば・・世論は、裁判所に拍手喝采送るか?」
彼らのメルクマークはこの一点に尽きるでしょう。
そういう観点からすると・・
ほぼ、五分五分と言われる判決の行方も
ほんの少し、有罪のほうに傾いてると言えます。
有罪出せば・・
独走部のメンツは丸つぶれとなりますが・・
もともと、当時の人間は今1人も残ってません。 (笑)
つまり、泥被る人間は1人もいないってこと。
そのうえ、マスゴミはこぞって・・
"第一審の重い審判が下る・・"
"小沢氏の影響力低下は明らか・・"
"政治的責任は免れない・・"
翌日の1面は・・今からでも想像に難くありません。 (苦笑)
霞ヶ関赤門倶楽部の目的達成の瞬間です。

第2東京弁護士会に放つ・・(笑)
草の者より・・
気になる情報も入ってまいりました。

3名の指定弁護士。
大室センセは
長年検察と対峙してきた反骨の弁護士です。
あと・・個性的な髪型で、一度見たら忘れられない
ヤクザのオヤブンのようなお名前のかたがいらっしゃいますが
このかたのことはまったく存じません。 (苦笑)
村本センセは・・
ホニャララ党にも人脈のあるかたです。
まあ、その人脈が問題なのですが・・(苦笑)

仙谷しなやか長官

まあそれはいいでしょう。
この関係は・・
それほど、深刻ではありません。

このなかのお1人がぼやいたそうです。

「この裁判はホント疲れる。 検察審査会が強制的に起訴しろって言ってきたから起訴しただけのことで・・有罪の証拠があるから起訴したわけじゃない。 こんなこと最初から言ってるのに・・マスゴミは報道しない。 求刑だって・・過去の検察の求刑に照らして出しただけ。 こんな裁判で実刑が出るわけないじゃない。 何しろ、検察の捜査はメチャクチャ。 デタラメやって集めた証拠でも起訴できなかったってのに・・オレたちのときは、その証拠すら採用されなかった。 まあ日本の裁判所のことだから・・有罪出すかも知れないけど・・問題は、無罪出してきたときだよ。 控訴しなきゃ・・マスゴミの集中攻撃受けるだろ? 一審で無罪になったら・・新たな証拠なんて出ないんだから、高裁でひっくり返るわけないじゃない。 オレたち3人の意思はまとまってるよ。 無罪が出ても・・控訴はしない」

気弱な地上げ屋の耳に入るくらいですから・・
最高裁事務総局がこの情報をキャッチしてないワケありません。
やつらは、自己保身と既得権の維持を目的に動いてます。
どちらが、この目的に適うのか・・。
こんなこと、いつまで考えてても意味ありません。
2種類しかないのですから、
対応したオプションを準備すれば良いだけのこと。
まあ・・
前の週に、大きな花火を打ち上げるってのは・・
相当インパクトのあるプレッシャーだったのですが・・
仕方ありません。
線香花火を無理やり打ち上げたって、笑われるだけです。

ホニャララ党の失政は目を覆うばかりです。
統治能力が無いことは明らかですが、
騙された我々にも反省すべき点がございます。
それは・・次は絶対に騙されないってこと。 (苦笑)

1度目は・・善良で賢明な人でも騙されることはございます
しかし・・2度目となり・・
しかも続けて・・となると・・。(苦笑)

年内に行われる総選挙では・・
4年以内に実現可能マニフェストを策定し、
政権の枠組みを選挙前に国民に示し、
政策と実現工程を必ず明示しなければいけません。

候補者には・・
マニフェスト国民との契約であること。
契約違反(離党・党議違反)には、
場合によっては議員辞職までの罰則があること・・
コレを約束した者だけがなるべきです。
次の選挙までに・・
消費税増税の是非・・
TPPへの早急な参加への是非・・
そして、脱原発依存・・原発再稼動。
明確な対立軸が出来ます。

二枚舌などもってのほかです。
お任せ民主主義では、今までの混乱が繰り返されるだけです。
あいまいな態度は許されません。
候補者を見極める・・
眼力が問われる選挙となります。


このままで、いいのか日本">このままで、いいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

| ホーム |


 ホーム