FC2ブログ

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

「維新? 減税? みんなで太陽? これじゃ・・第3極じゃなくて、第3帝国じゃないですかね・・」 小沢一郎

ここに1枚の写真があります。

マズした政経塾

真ん中に写るお年寄りは・・
言わずと知れた松下幸之助さんです。
幸之助さんの右側に・・
体重は重そうに見えますが・・
その軽薄な笑顔同様、極めて軽いオトコが写っていますね。(苦笑)

松下政経塾
グルメブログ訛りで言うと・・
マズした政経塾。 (笑)
その第1期メンバーの記念写真です。

政治は国の基本。
次代を担う政治家を養成しようと・・
私財70億円以上をつぎ込んで作ったものの・・
出来ちゃったのが、この政治屋養成所・・です。 (苦笑)

今日の・・
この政治の状況をご覧になったら・・
松下翁はなんとおっしゃるでしょうか?
もう70億つぎ込んで別の学校作る?
そんなワケありません。 (笑)

このかたの・・
人となりを語るハナシに・・
熱海200人会議・・というのがございます。

販売現場の声を経営に活かそうと・・
全国に展開する・・
系列販売店の経営者200人を熱海に集め、会議を開きました。
200人全員の顔が見えるよう・・
座席の配置にまで細かく指示を出したそうです。
こうして開かれた200人会議。
様々な意見が出されました。

「ウチの店の周りは日立の系列店ばっかり。 松下はウチだけだから儲かるかと思ったが、全然客なんて来ない。 なんとかしてくれ!」
そんな場所で商売しなきゃいいのに・・
茨城県日立市に店出してる系列店経営者からは
こんな・・
意見と言いますか
自分勝手な悲鳴のような声も上がりますし・・
滋賀県彦根市出身の経営者からは・・
「ウチの近所には先祖伝来、水戸黄門が嫌いな客が多く・・店に来るたび苦情が寄せられる。 水戸黄門のスポンサー降りてくれ!」
こんなこと言い出す人まで出る始末。 (笑)

そんな・・
商品とはあまり関係ない
愚痴のような意見にも耳を傾け・・
1日で終わるはずの会議は、2日となり・・
2日でも終わらず、結局3日間続けられたそうです。
こうしたことを毎年続け・・
系列販売店の適正配置に心を砕き、
販売店が売りやすいよう環境整備に努めたそうです。

よく・・人の意見を聞く。
これは経営者の第一条件です。
松下翁は・・
それを身に沁みて分かってましたし
実践したのでしょう。

しかし・・
グルメブログが
的にかけることが多い人の特徴に
このマズした政経塾出身者・・というのがございます。 (苦笑)
松下翁も・・
少しばかりの懸念もあったのでしょうか。

インテリの弱さということがある。
これは・・
インテリには、なまじっかな知識があるために・・
それにとらわれてしまい、
それはできないとか・・
それはどう考えても無理・・
だと思い込んでしまって、
なかなか実行に移さないという一面を言った言葉だと思う・・。

これなどは・・

原口 腹クチ

この人のことを言い当てた言葉なのか・・
と思ってしまうほどですし・・

世間には・・
大志を抱きながら
大志に溺れて・・
何一つできない人がいる。
言うことは立派だが、
実行が伴わない。
世の失敗者には・・
とかくこういう人が多い・・。

口先 前原55

耳塞いで聞いてても・・
このオトコのことだと
誰しも理解できる・・
判りやすいご発言もございます。 (笑)

マズした政経塾
ここに集う人たちを表現する言葉で
よく言われるのが、コレ。
口先ばかりで社会経験が乏しく・・
組織を動かせない頭でっかちの集団・・。

玄葉

間違ってはいないのですが・・
もっと判りやすいエピソードがございます。

あまりに
口先三寸バカりなので・・
ディヴェートじゃ・・
いつまで経っても決着がつきません。
そこで・・
スポーツで勝負しようってことになりました。
ここでも・・
真夏だってのに
「オレの得意種目はスキーなんでスキーで決着つけよう!」
なんて言い出すのや・・
「種目はなんでもいいけど・・ルールは? ハウス? ローカル? オフィシャル?」
理屈っぽいヤツまで・・。 (苦笑)
でもって、決まったのは・・
サッカーです。
ボールを蹴ってゴールに入れるだけだから
コレなら揉めないだろうってことで始めたのですが・・
全員が全員・・ボールを持ったが最後、
パスなどするそぶりはこれっぽちも見せず、
ひたすらゴール目指しちゃう。 (笑)

樽床センセ

ボール持ってないときは
「シュートチャンスだ! オレにボール寄越せ!」
なんて言ってたヤツも・・
ボール持った瞬間、
周りを無視して、ゴールに向けて一直線。 (笑)
なかには・・
味方までフェイントでかわそうとするヤツまで・・。 (笑)
そのうえ、
誰もゴールキーパーなどやろうとしないものですから・・
ゴールは、がら空きです。 (苦笑)
サッカーにならないから・・
じゃあ野球にしたら? ってことで・・
9人ずつ分けたまではいいのですが・・
今度は打順で大喧嘩。 (笑)
みんながみんな・・
「オレが4番だ!」 (笑)
コレじゃ・・野球になりません。

野球やサッカーなら・・
笑って済ませることも出来ますが・・
国民生活がかかった政治の場でも・・
こんな調子でやってるのですから・・
もはや、ドジョウの余地 (苦笑)
ございません・・。

野田25

サッカー同様・・
周りの仲間が・・
次々と討ち死にしようが
自分の目的に向かってまっしぐら。 (笑)
周りの連中などには・・目もくれません。 (苦笑)
その目的はただ一つ・・。
選挙で残った30人で・・

安倍アベコベ

自公第3極右・・政権に食い込むこと。 (笑)

ただまあ・・
そう上手く行くでしょうか。 (苦笑)

オリーブの木構想は・・

意地悪慎太郎 4

この期に及んで・・
「オザワなんかと一緒にやるわけないだろ! バカヤロー!」
カメラの前で
こんなこと言ってる大ばか者・・。

このオトコのせいで・・
第3極右・・
略して、第3帝国と・・
我々と・・分かれての戦いとなります。
気弱な地上げ屋にとっては・・願ってもない展開です。 (笑)
あ~良かったぁ・・。
こんなヤツとは・・
どうやったって・・
一緒にやれません。 (笑)

スッキリしました。
コレで・・
比例900万票!
小選挙区含めて・・
50名当選に向け、全力で取り組めます。 (笑)

一人で500万票集めるオトコ」 は、
政権復帰に向け・・
300小選挙区で詳細に情勢分析をして・・
最適・最善の候補者を擁立します。
「エッ!? 擁立は100人じゃなかったの?」
いえ、残念ながら・・
我々の候補者は、100名に届きません・・。 (苦笑)
では、なぜ300小選挙区?
ここがミソです。 (笑)
一人で500万票集めるオトコ」 にとって
空白区はございません。 (笑)

例えば・・東京都第1区。

与謝野

このかたの地盤で知られる首都の選挙区。
気弱な地上げ屋が・・
草の者として、
このかたの後援会に交じっていたことは
古いレギュラーなら覚えていらっしゃるでしょう。
驚くことに・・
一人で500万票集めるオトコ」 は
このかたの後援会にも手を突っ込んでおります。 (苦笑)

上手く剥がすことが出来たとして・・
擁立を考えてるのは・・

ユキコタン

なんと、このかた! (笑)

ご本人もまったく知らない・・この大技。 (苦笑)
一人で500万票集めるオトコ」 は・・
な~んとしても!
このかたに再度バッジをつけさせるつもりです。
与謝野後援会を取り込み・・
勝てる! と見たら・・
躊躇なく国替えを薦めるでしょう。

「東京15区? どこにあるんですか? ワタシ・・行ったこともありません」

田中美絵子センセ

あるときは、カネのために一肌脱ぎ・・
またあるときは、国交省官僚のために一肌脱ぎ・・。
そして本日は・・
党公認のために
見苦しく一肌脱いだこの軽薄オンナ。
こんなのと・・
くれぐれも・・
お間違えのないよう・・
お願いしますね!(笑)

さて、実質的に
本日から・・
選挙戦の火蓋が切られました。
気弱な地上げ屋も大忙しですが・・
忙しさでは、気弱な地上げ屋に比ではないのが・・

国民の生活が第一 2

一人で500万票集めるオトコ」 です。

今回は・・
500万票じゃ足りません。 (苦笑)
900万集めなきゃならないのですから・・
そりゃ大変な忙しさです。
なんとしても・・
自公政権に戻してはいけません!

私は・・

一ちゃん

「政治とは生活である」と・・常日頃から思っています。

現代社会は複雑で
国際政治・・国際経済・・地球環境問題など
政治の対象となるテーマがたくさんあります。
しかし・・
それらの問題は枝葉であり
一生懸命考えなければいけないのは・・
どうやってみんなが豊かに幸せに・・
そして安全に暮らせるようにするか・・ということなのです。
私はこれこそが・・政治の原点と思っています。
このことが・・
私のエンジンであり・・
エネルギーなのだと思います。
目先の利益と妥協してしまっては・・
何のために政治家になったのかがわからなくなります

私はもう一度・・
やり直す意味を強く込めて
国民の生活が第一」という新党をつくりました。
マニフェストがあってもなくても・・
我々が目指しているものは
党名に表れており・・逃げも隠れもできません。

国民の皆さんには、
再度信じて頂き・・
我々に・・
挽回のチャンスを頂きたいと思っています・・。


これでいいのか日本">これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

| ホーム |


 ホーム