FC2ブログ

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

「1000億円バレちゃいましたが・・補正でも500億引っ張ってるんです。 国民が知ったら? そりゃ怒るでしょうね」 財務省前事務次官 勝栄二郎

またまた・・間が開いちゃいました。
今回、間が開いたのには理由がございまして・・
多忙・・だけが理由ではございません。

実は・・
拍手ボタンが・・
400に届いたら・・
更新しようと目論んでました。 (苦笑)
しかし・・
待てど暮らせど・・
いつまで経っても、400に届きません。(笑)
自分でも・・
ボタンプッシュしてたのですが・・(笑)
拍手ボタンって・・
1日1回しか押せないのですね。 (苦笑)
落ち目と言うのは・・
まったく、辛いものです。 (苦笑)
一時は・・
1日で500を超える拍手ボタンを戴いたこともあるってのに・・
今では、2週間経っても・・。(汗・・)
ようやく15日目にして・・
400オーバーしました! (苦笑)


この国では・・
池に落ちた犬は叩け
こんなこと言う人もいますが・・
犬叩いてるヒマあったら・・

気弱な地上げ屋 2

グルメブログの拍手ボタン叩いてもらいたいものです。
1週間くらいかけて・・
400まで・・。 (苦笑)

ところで、皆さんは・・
仕事や生活するうえで
いさかいトラブルが生じたら?
どうしますか?

グルメブログのレギュラーは
お年寄りが多いので・・
「トラベルはいいけど・・トラブルはね」
こんな人もいらっしゃるでしょう。 (苦笑)
「いさかい? それを言うなら・・医者かい? だろ?」
切羽詰った人もいらっしゃるかも知れません。 (笑)
心静かに暮らしたい・・
そう願っているのに・・
自然とトラブルに巻き込まれちゃう。
気弱な地上げ屋のような人間もいます。 (苦笑)
気弱な地上げ屋がトラブルに巻き込まれたら?
ご承知のかたも多いと思いますが・・
迷わず、提訴し・・
裁判所に、シロクロ判断してもらうようにしてます。

以前も、このハナシをしたことがございますが・・
あの時は、5件の裁判経験がある・・とお伝えしました。
その後・・
2件やって (苦笑)
つい先日・・
判決が出ました。

5件の裁判経験を話したときは・・
全戦全勝・・

笑い3

こんなノリだったのですが・・(笑)
その後の2件・・。
そのうち、つい先日の1件は・・
裁判官に和解を勧められたのですが
断ったら・・
一部勝訴・・と申しますか、
一部敗訴・・の判決。 (苦笑)
そしてもう1件は・・
なんと、棄却・・。
全面敗訴しちゃいました。 (苦笑)
こんなことやってるから・・
グルメブログ書いてる時間もなくなっちゃうワケですが・・(笑)
どうしてこんなに裁判やってるか・・?
これには理由があるんですね。

もうだいぶ前のことです。
ピンポーン・・。
気弱な地上げ屋の会社を訪ねる人がいました。
「こちら○○会社ですか? 気弱な地上げ屋サンってかた・・こちらにいらっしゃいます?」
こういうところで商売してると・・
いろんな売込みがやってきます。

"健康志向の現代! 有機農業の担い手は・・実はミミズなんです! どうです? ミミズの養殖で・・ひと儲けしませんか!?"
ミミズで儲けるってのなら・・
ひと儲けってのもありませんが・・ (苦笑)

笑い2

"声に元気がありませんね? どうです? 30分1000円で・・アナタの悩みお聞きしますよ"
悩み聞きます?
解決しますってなら、まだハナシも判りますが・・
こんなふざけたヤツも来たりします。 (苦笑)
と言うことで・・
アポなしなのに、名指しで尋ねてくる輩には・・
大抵居留守使うようにしてました。
「気弱な地上げ屋? アイツ外出してて、今日は戻って来ません・・」
「コチラ、警視庁組織犯罪対策課のもんです! 気弱な地上げ屋サンが戻って来るまで待たせてもらっていいですか?」
こりゃ、マズいことになりました。 (苦笑)
ナニがバレたのでしょうか?(笑)
いっぱいあり過ぎて・・直ぐにアタマに浮かびません。
こうした場合・・
解決を先延ばしにするのは・・
得策ではありません。 (苦笑)

「エッ!? 地上げ屋・・ですか? なんだぁ・・仕立て屋って聞こえましたよ。 洋服屋はいませんが、地上げ屋なら居ます。 何を隠そう (笑) このアタシです。 で? どういったご用件で?」
「ちょっとここでは・・時間取らせませんので・・中でお話させてもらえませんか?」
デカがやってきて、
"時間取らせません・・" ってときは・・
大抵、2時間コースです。 (苦笑)
以前、公職選挙法がらみでやってきたときなんか・・(笑)
「ちょっと2~3分お話聞かせてください・・」
結局、半日居座りました。 (苦笑)
でも仕方ありません・・。
事務所に入れましたよ。

「ああ、アナタが地上げ屋さん? 実はですね・・。 欲張り建設さん・・ご存知ですよね? 取引ありますでしょ? 欲張り建設の総務部長さんから・・相談がありましてね。 なにやら、契約上のトラブルがあるそうで・・? アタシら警察は、民亊不介入の原則がありますから・・どんなトラブルがあろうと・・法に触れない限り・・関知しません。 しかしですよ! 法に触れることやられたら・・見て見ぬフリするわけにはいきません! 今回、欲張り建設さんから言われてるのは・・被害届受理して欲しいって言うんですよ。 地上げ屋に脅迫されてる・・向こうは、そう言ってます。 ただ・・トラブルの中身聞くと・・どう見たって向こうが悪い。 だからアタシらがこうして来たんです。 気弱な地上げ屋サン? いくら正しいこと言っても・・言い方ってもんがあるでしょ? 迫力あり過ぎなんですよ! アナタのほうが正しいってなら・・裁判で判決貰って・・堂々と強制執行すりゃいいじゃないですか? 今のやり方続けてくのであれば・・次、被害届が出されたら・・受理して、加害者として調書とらにゃなりませんよ!」

と言うことで・・
脅迫罪で被害届出されちゃかなわないので・・
裁判で決着するようにしたってワケです。 (笑)

気弱な地上げ屋の会社の代理人を務める弁護士は・・
ある・・元総理大臣の顧問弁護士も務める大物です。 (笑)
気弱な地上げ屋がグルメブログやってることも知らずに・・
某元総理のクセやエピソードを・・
ワイン3杯も飲ませりゃ、話してくれます。 (笑)
勿論、イラストはありますが・・
出しちゃうと・・
誰だか判っちゃうので・・
とてもじゃありませんが、出せません。 (苦笑)

こういう大物を使うと・・
必ず勝ちますが・・ (負ける案件は裁判にしない・・)
なんせ、代理手数料が高い。 (苦笑)
そこで・・
6桁の損害賠償
(民事裁判ってのは、ほぼ全ておカネを要求する裁判です)
の場合・・
自分でやることにしました。 (笑)

ナニ?
訴状なんて簡単に書けます。
相手の・・
どういう行為が不法行為で・・
その不法行為によって・・
どういう損害が生じ・・
その損害の賠償として・・
これだけ払え! って訴えれば良いだけです。
凄い手間がかかると思ってる人も多いかもしれませんが・・
裁判所まで足運ぶ手間・・
(これだって、郵便使えばどうってこと・・) がかかるくらいです。

ただ一つ!
注意点がございます。
少額訴訟・・という裁判制度がございます。

損害賠償として訴える額が、60万円まで・・
そして、裁判は原則1回で終わり。
80%以上が本人訴訟 (弁護士などの代理人を立てない裁判) なので
ご存知のかたも多いかも知れません。
しかし、この少額訴訟という裁判には
大きな欠点がございます。
1回で終わるってのは、とても良いように聞こえるのですが・・
これは・・
勝つほうにとっては良いのですが・・
負けるほうには・・
困りもんです。
なんせ、この少額訴訟
控訴が出来ないのです。
「控訴できないってのは、相手も同じだろ? なら、いいじゃないか?」
こんな声も聞こえてきそうですが・・
弁護士に委任しようとすると
大抵、まともな弁護士は・・
まず100%この裁判制度・・
少額訴訟は引き受けません。
なぜか?
それは・・
裁判する裁判官の質が・・著しく低いから・・なんです。 (苦笑)
まともに訴状読まない裁判官なんてザラ・・
中には・・
今回、気弱な地上げ屋が被害にあった裁判官のように・・
コッチは、立証根拠として
ほぼ同じ請求内容の高裁判例を出してるってのに・・
「それはその裁判官がそう判断したってだけのことでしょ?」
なんて言って、
原告の請求を棄却する請求には理由がない!」
ホントに、判決にこれだけしか書いてないのですよ。
もう驚いちゃいます。 (笑)
"理由がない"
その理由が知りたいってのに・・(苦笑)
何も書いてありません。
しかも・・
控訴できません。

気弱な地上げ屋の数少ない経験で申しますと・・
東京簡易裁判所の場合・・
3人中2人は・・アホです。 (笑)

ただ・・
同じ、東京簡易裁判所でも・・
少額訴訟でなく・・
通常裁判・・の場合、
東京地裁の判事と兼務してるような裁判官もいて・・
上の確率が逆転します。
つまり・・
アホなのは、3人中1人でしょう。 (笑)

阿呆だろう 麻生

因みに、これは・・
アホではなく阿呆です。(笑)

これだけ書くと・・
皆さんも・・
「オマエ! そんなに言うならどのくらいアホなのか言ってみろ!」
こんなお気持ちでしょう。
どのくらいアホなのでしょうか?
簡易裁判所 (少額訴訟担当) 判事
業界では・・
この連中のことを・・
乾パン・・と呼びます。
漢字としては、簡判・・が正しいのですが・・
ほかに選択肢が無い時にしか使いたくない・・。
緊急時にしか役に立たない。
緊急時でもそれほど役に立つわけではない・・。
そういう意味を込めて
彼らのことは乾パンと呼びます。 (苦笑)

彼ら乾パンの得意技は・・
そのものズバリ! 誤審です。 (苦笑)
先に気弱な地上げ屋が書いた・・
一部敗訴の判決。
アレなんか・・
"この部分は、賠償額から差し引いちゃダメよ"
キチンと書面で出してあるってのに・・
見てないのか、無視してんのか・・
判決額から差し引いちゃってます。 (苦笑)
こうした・・
明らかな計算間違えでも・・
手続きとしては、控訴して取り消してもらわなきゃなりません。
やってられません。 (苦笑)

乾パンの良いところは、
手軽で早い・・なんて思ってる人もいるかも知れませんが
少額訴訟簡判は・・
手間も、費用も、時間も・・余計かかっちゃいます。 (苦笑)

今日はもう・・
ツカミで終わりそうなので・・(笑)
ついでに話しておきましょう。

グルメブログのレギュラー
弁護士は二人しかいませんし・・
最近、全然連絡取り合ってませんので・・(苦笑)
この際書いちゃいましょう。

大抵の裁判は、本人訴訟・・
つまり、弁護士に手数料払って代理してもらわなくても
自分でやって勝訴することはそれほど難しいことではありません。
でも・・
勝敗が微妙な場合や・・
専門知識が必要な場合は・・
弁護士に委任しなければ、まず勝ち目はありません。
しかし!
ここで問題なのは・・
弁護士ってのは・・
10人いれば、10段階の・・
100人いれば・・
100段階レヴェルが違うってこと。

昨年春の時点で・・
我が国で弁護士登録してる人ってのは
約3万2000人います。
全員に会って確かめたわけではございませんが・・
気弱な地上げ屋は・・
このうち、約200人くらいの弁護士とコンタクトを取った経験がございます。
気弱な地上げ屋の仕事は・・
トラブルがとても多いので (苦笑)
取引の相手方は・・
ほぼ半数以上が弁護士に契約書をチェックさせるのですね。
でもって・・
この200人。
甘めに見ても・・
半分は・・
司法試験に合格したってだけのことで・・
紛争解決に・・ほとんど役に立ちません。 (苦笑)
残りの半分を見ても・・
6割くらいは・・
"法律知識があるだけね"
って感じの人たち。
ホントに、アタマも切れ・・
紛争解決を任せて安心なのは・・
全体の2割がいいトコでしょう。 (苦笑)

アメリカじゃあ・・
使えない弁護士は・・
弁護士じゃ食えないから
ガソリンスタンドで働いてたりしますが・・(笑)
日本の場合・・
一回司法試験に受かっちゃうと・・
それだけで・・
贅沢さえ言わなきゃ・・
一生ご飯が食べられます。 (苦笑)

弁護士のレヴェルってのは・・
ホントにピンからキリまであるってことと・・
ほとんどがキリキリまいしちゃうレヴェルだってこと。
このことは・・良く覚えておいてください。

しかしまあ・・
今日のツカミは・・
ホント長い・・。 (苦笑)

本日は・・

罪務省 勝 野田

ドジョウを操り、巨額の血税をほぼ手中にした・・
このオトコのハナシをしようと思ってたのですが・・
次回、400超えてから・・ね。 (笑)
まあ、日刊ゲンダイ愛読してる人は・・
少し前に、記事になってたので・・
ご存知のネタかも知れません。
なんせ、ネタ元が一緒ですから・・(笑)
ご勘弁願います。

1年後に迫った消費税増税に・・
TPP参加・・。
原発再稼動も明言してますし・・
国家による国民統制の第一歩・・
マイナンバーなんてのもあります。

安倍ダンス

まったく・・
調子に乗ってます。
少し前までは・・
スッテンころりん・・コケるのを待とうと思ってました。
しかしそれでは・・
国土の荒廃は目に見えてます。

この政権は・・
問題が多過ぎます。

レジスタンスは・・
深く地下に潜り・・
と思ってましたが・・
意外と早く・・
出て来る時期が・・来そうです。
「数が足りない!」
「少数だ!」
意気消沈してる場合ではございません。
改革ってのは・・
常に始めは・・少数なんですね。

あっ! という間に、
向こうに寝返った人も大勢います。 (苦笑)
今、コチラに残ってる人たちってのは・・
よっぽど逃げ足が遅いか・・(笑)

笑い1

ハラが据わってるか・・
そのどちらかです。
いいじゃないですか!?
ハラが座ってる皆さんと・・
逃げ足が遅い皆さんとで・・
手を携えて・・
一緒にやりましょう!(笑)


それでいいのか日本国民">それでいいのか日本国民 - ジャンル : 政治・経済

| ホーム |


 ホーム