FC2ブログ

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

「ナチスに習え? オレが言うと・・ナチスになーれ・・こう聞こえるらしいな」 某国副総理は・・阿呆だろう?

間違い・・と言うのは、どなたにでも起こり得ます。
特に・・
言い間違い・・聞き間違いは、
コトと次第によっては・・
その人の人生さえも左右することがございます。
聞き間違え・・
と言うのは、「あぁ・・そうだったの?」
こうした対応で大事に至らないことが多いのですが、
問題は、言い間違え
良い間違えなら・・(笑)
周囲を明るくすることもありますが・・
言い間違いは・・
早めに対応し、処理しないと・・
更に火の手を上げることとなりかねません。 (苦笑)

時には・・
コメントの延長が
本文エントリーの数倍に伸びちゃうことで知られるグルメブログ。 (苦笑)
このところ・・
数倍に伸び続けちゃってます。 (笑)
「本文は、3分で読めちゃうのに・・コメント全部読んでたら、夜が明けちゃった・・」
まあこんな人はいないでしょうが・・(苦笑)
Hn777さんに言わせれば・・
「まったく! 煮ても焼いても・・日干しにしても、冷凍したって食えないグルメブログ・・」
(笑)
火事と花火は江戸の華・・。
まあ季節感はございますが・・
これほど、お祭り好きなレギュラーが集うグルメブログもございません。
なかには・・
1年ぶりでコメントしに来たレギュラーまで・・。 (苦笑)

と言うことで!
誠に勝手ながら・・(笑)
以後、坦々麺ネタは・・募集停止とさせて戴きます。 (苦笑)

そのまんま東

なんでコイツが出て来るのかって?
何の捻りもない・・
そのまんまストレートだ!
と、こう言いたいワケです。 (笑)

かく言う気弱な地上げ屋も・・
手痛い言い間違いの連続です。 (苦笑)
つい最近も、大阪 「お不快」で・・。
ある地上げ婆ールズの・・

地上げ婆ールズ 1

お一人から・・
ん?
なんで、あの・・
関係者だけが最高に笑えるイラスト出さないのかって? (苦笑)
アレを出しますと・・
気弱な地上げ屋の身の回りで
良からぬことが頻発します。 (苦笑)
街を歩いていても、鳩の糞がアタマに落ちてきたり・・(笑)
上に気をつけてると、今度は石に躓いたり・・。 (苦笑)
「フフフ、いい度胸してるのね。 今度の日曜・・リンチでもどう? エエ、待ち合わせは体育館裏ね! あっ、言い間違えた! ランチ・・よ、い・ち・お・う・・ね!」
恐ろしい言い間違いを・・(笑)
聞かされる羽目になります・・。

ナニを言い間違えたのかと申しますと・・
「アタシさぁ・・随分前からカネボウの美白化粧品使ってるんだけど・・あんまり効果ないんだよねぇ・・。 ねえ見て? このシミ・・。 ねえ、どう見たって・・シミでしょ?」
こういう場合・・
正しい対応は・・頑として否定することです。 (笑)
ヘタに頷こうものなら・・
命の危険すらあるでしょう。 (笑)
心して・・対応しなければいけません。
「○○サン・・。 オンナは器量って言うじゃないですか!?」
ここまでは良かったのですが・・
この先でしくじりました。 (苦笑)
"○○サン、人間カオじゃありませんよ!"
こう言うつもりだったのが・・
「カネボウでは、そういうのを美白って言うんです! ○○サンの顔?・・
もちろん、人間じゃありませんよ!」
言う順番間違えちゃいました。 (苦笑)

お詫び

この国には・・
素直に本心言ったのに・・
批判を浴びると・・
「アレは言い間違え・・」

麻生は阿呆 2

子供じみた言い訳クチにするモノもいます。

"ドイツのワイマール憲法はだれも気づかないうちにナチス憲法に変わっていた。あの手口に学んだらどうか・・"
阿呆はこんなことをクチにしたわけですが・・
欧米諸国では・・
政治家がこんなことをクチにしようものなら・・
役職辞任はおろか・・
政治生命を失うことになります。
1週間もすれば・・
忘れてしまう・・
どこかの国とは大違いです。 (苦笑)

UPI通信でしたっけ?
"定期的に失言を繰り返す・・ニッポンの代表的政治家。 つい先頃も・・医療費増大を食い止める策として・・高齢者は早く死ね・・こんな趣旨の発言をして世界を驚かせた。 今回も、官邸の指示を受け・・翌日発言を事実上撤回したが、悪例として例示した・・などと釈明。 日本は悪い例を見習うのか?・・などと、かえって海外諸国に誤解と混乱を招いている。 また、ナチ憲法・・など歴史上存在しない・・事実を誤認。 日本の副総理は、ハイスクール学生レベルの歴史も知らないのか? 国内外知識層を失望させた。 しかし国内では・・これはいつものこと・・として、沈静化に向かっている。"

概ね好意的に報じていますね。 (笑)

まあ、こんなオトコが次期総理だって言うのですから・・
この国もすっかり終わりかけてます。
いや・・

アベコベ 安倍76

国家的大博打。
アベノリスクは・・
既に引き返すことの出来ない領域にまで
足を踏み入れてる・・。
こうした認識を持つ専門家は、日に日に増えつつあります。

「株も上がってるんでしょ? 世の中の景気が良くなれば自分の財布も・・」
こんなノリで自公へ投票したり・・
「どうせ結果は判りきってるし・・」
投票に行かなかった人も大勢いるのがこの国ですが・・
この人たちを後悔させるような
状況が
日に日に迫っている模様です。

気弱な地上げ屋の海外での仕事は
かなり大きなおカネを動かす仕事の・・そのまた一部です。 (笑)
大きなおカネを動かす仕事と言うのは・・
金主がいます。
海外で・・
金主と言えば、ヘッジファンド。(苦笑)
彼らにとってニッポンは・・
ねぎ背負った鴨に・・見えるようです。

「気弱な地上げ屋・・。 春先は、アメリカ出張ご苦労さんだったな。 カネないヘルプミーなど・・普通に暮らしてたら起こらない・・オマエらしいアクシデントもあったようだが・・まあまあの成果だろう。 今回の来日理由? これから狩りをするってのに・・狩場見とかないハンターなんていないだろ? 異次元の金融緩和? ミスったバズーカも・・上手い表現使うよな。 この国の国民も・・自分たちが異次元に連れてかれちゃうってのに・・はしゃいじゃって・・気の毒としか言いようがない。 新規国債発行額の7割を中央銀行が買い占めるってのは・・確かに、先進国では例がない異次元の行動だよ。 日銀が・・ "政府の借金を支えるための国債買取行為・・つまり、財政ファイナンスではありません!" わざわざ、こんなことプレスリリースするのも・・ホントは財政ファイナンスだからに他ならない。 もう引き返せないところまできちゃったから少しタネ明かすけど・・オレたち外国人投資家の国債保有比率は1割程度だから・・どんなに売り浴びせようが、影響ない・・マスゴミって言うのか? 連中が言ってるよな。 まったくのシロウトだよ。 国債市場ってのは・・現物市場とともに・・それ以上の規模を持つ先物市場ってのがあるんだよ。 現物じゃ・・確かにオレたちは1割しかシェア持ってない。 しかし、先物では? 3割は抑えられるんだよ、俺たちは。 オレたちが売れば、日銀が買い支える? そのとおり! だからオレたちは儲かるのだけど・・オレたちの利益目標は・・そんなチマチマした利益じゃないんだな、実は。 国債を大量保有する金融機関。 オレたちの売り浴びせで国際価格が下落したら? どうなる? 塩漬けにすりゃいい? もちろん、お上の言いなりの・・この国の金融機関は・・売ることも出来ず、買うこともせず・・身動き取れない。 で、大量の国債抱えたままどうなるか? オレたちの国の格付け会社の出番なんだよ。 大手格付け会社が・・一斉に日本の金融機関の格付けを引き下げる。 自己資本比率が下がったら海外で取引できないから・・金融機関は一斉に国債を投売りするってワケ。 でその結果は? 国債の大暴落・・金利の急上昇・・悪夢のハイパーインフレさ。日本経済は・・少なくとも10年。 ヘタすりゃ・・20年は立ち直れない。 戦後の廃墟からのやり直しさ。 防ぐには? 防げる時期はとうに過ぎた。 今やれることは・・どう対処するか・・このくらいじゃないかな? 」

驚くべきシナリオです。 (苦笑)

彼は、こうも言ってました・・。
「日本売りはいつから? キッカケは・・日本じゃない。 ヨーロッパでもいいし・・一番可能性があるのは・・中国の金融機関の不良債権問題だろうな。 コレが表面化すれば・・不動産バブルは一気に崩壊するし・・瞬時に世界を巻き込む大恐慌になるだろう。 ポイントは中国だよ。」

もう・・
避けられない現実のようです。 (苦笑)
でもこうなったら?
現実にはどうするか?
ゴハン食べる回数減らす・・とか、
ステーキ屋行く予定を牛丼屋に変える・・。
庶民の知恵があるのかも知れません。
しかし・・
最も効果的で・・
庶民の暮らしを守る方法は?

安倍15

そう!
そうした・・
国民を不幸に貶める政府には・・
退場して戴くわけです。 (笑)

来る大津波は・・
多くの自公支持者が大火傷します。
残念ながら・・
我々も・・
無傷ではいられないでしょう。
ここで思い出してもらいたいのは・・
戦後の混乱からの、大復興です。

国民の生活が第一 2

雑音が入ろうが・・
信じたものを見捨てては・・いけません。
我々の支援なしには・・
なにも出来ません。
シンプルに考えましょう!
最善の解決策は・・
常に・・
最もシンプルな方法・・です。
ネガティブな感情や情緒に流されてはいけません。
解決方法を考えるときは・・
シンプルに考え・・
最も単純な方法で対処すべきです。
そしてそれが・・
一番良い結果と・・なるはずです。
大きな流れ・・
大きな出来事が動くのには・・
時間がかかるものです。
焦っては・・いけません。


小沢一郎">小沢一郎 - ジャンル : 政治・経済

| ホーム |


 ホーム