FC2ブログ

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

「大阪都構想? 最後に決めるのは・・住民投票です! 選挙なんかじゃありませんよ・・住民投票です!」 恥ジも通る

気弱な地上げ屋が
某国へ移住する少し前のハナシですから・・
数年前のことです。
気弱な地上げ屋の会社に
とても腕の良い社員がいました。
その会社の経営者の・・
あまりに横暴なピンハネに音を上げ・・(笑)
3年弱で独立しちゃったのですが・・
稼いだ年には・・
その会社の年間売り上げの半分近く!
を彼1人が稼いでくれたものでした。(苦笑)

笑 1

本日のツカミは・・
その・・独立した彼の・・会社のハナシです。

気弱な地上げ屋から独立した途端!
ツキまくり出した彼ですが・・
腕も一流なら・・
事務所も一流。 (笑)
都心の繁華街の・・
そのまた、ど真ん中にあるビルの・・
ある一室が・・
彼の会社の事務所です。
駅からも近く・・
申し分のないように見える
その事務所ですが・・
一つだけ・・
難点がございました。
事務所があるビルの中に・・

マル暴 ヤクザ 暴力団

この業界の皆さんの・・(苦笑)
事務所がたくさんあったってことです。

「警視庁の隠しカメラがいくつもあって・・都内で一番安全ですよ、ここは」
彼はこんなこと言って笑ってましたが・・
「最近、近所付き合いも大事になってきたもんで・・」
こんなこと言いながら・・
普段着てたYシャツが・・
アロハシャツになり・・
透明なネガネが、まっ黒なサングラスに変わり・・(笑)
そのうち、
カラダに画を描き始めるんじゃないかと・・
元上司としては・・
気が気じゃございませんでした。 (苦笑)
こんなこと言いながらも・・
2週間に一度くらいは、
彼の事務所に行くと出される・・
美味しいコーヒー飲みに行ってたのですが・・
そういうビルです。
エレベータに乗るたびに・・
しょっちゅう・・
業界の皆さんとご一緒したものでした。

彼らの業界の習慣で・・
ドジ踏むたびに・・
指を切断して
謝罪する風習があるのですが・・(苦笑)
エレベータ乗るたびに・・
「あぁ、コイツは1回ドジ踏んだんだな?」
「あのオッサンは・・2回、いや3回か?」
指見て推理する・・楽しみもございました。 (苦笑)
なかには・・
謝罪のし過ぎで・・(笑)
指が少なくなっちゃって・・
エレベータのボタン押し辛そうにしてるのなんかもいたりして・・(笑)
そういう時は、笑顔で・・
「何階ですか?」
代わりに押してあげたりもしましたね。
親切でしょ? (笑)

でも、たまに・・

麻生 阿呆 24

週間実話のグラビア飾るような大物と出くわすこともあって・・
少々うろたえたりもします。 (笑)

しかし、こうした大物は・・
オーラもございますが・・
礼儀にもうるさいものでした。
ある日の帰りがけ・・。
彼の事務所のゴミを
1階のゴミ捨て場まで持って行ってあげようと
エレベータに乗り込んだとき・・
ご一緒になっちゃっいました・・。 (苦笑)
「よぉニイサン! ゴミはちゃんと分別した? 今日は、燃えないゴミの日じゃないよ!」
親切に声掛けてくれたりもしますし・・
店屋モノのどんぶりを
ドアの外に出したときなど・・
バッタリ出くわし・・
「あぁダメダメ! ニイサン! どんぶりは洗って返さないと! 常識だよ常識!」

笑 3

笑っちゃうような・・
驚く指摘をされたりもしました。 (苦笑)

そんなある日・・
いつものように彼の事務所でコーヒー飲んで
さあ帰ろうと、エレベータホールへ行き・・
エレベータが来て・・
中を覗くと・・
ついさっき、
彼の事務所で見てた週間実話のグラビアで
特集されてたオヤブンが乗ってるじゃありませんか!? (苦笑)

「チェッ! 忘れモンしちゃったわ・・」
わざとらしい演技でその場を去ることも
一瞬、頭をよぎりましたが・・
あまりにわざとらしく・・
後ろに控える若衆にイチャモンつけられる恐れもございます。 (苦笑)
ここは・・
僅か十数秒のことです。
じっと耐えることにしました。
「ああ・・誰か、堅気の人・・乗って来てくれないかな・・」
彼らを背に、こんなこと考えてたら、突然!
「ようニイサン!」
彼ら以外に、このエレベータに乗ってるのは
気弱な地上げ屋だけですから・・
そのニイサンが・・気弱な地上げ屋を指すことは明らかです!
「なっ! なっ! なっ! なんですかっ!?」
裏返った声で・・
3回も噛んじゃっいました。 (苦笑)
こんな経験は・・
アメリカ出張で運転中・・
ハイウェイパトロールに停止命令出され・・
腰の拳銃に手を添えながら
近づいてくる警官に・・
「ビール飲んだのは、3時間前です! 酔ってませんよ、ボクは!」
しっかり話したつもりだったのですが・・
手を添えてる拳銃が気になって・・
緊張で・・いつも以上に発音が悪く (苦笑)
「ろれつが回ってないじゃないか!? オマエ・・飲酒運転してるな!?」
危うく・・・
しょっ引かれる経験して以来の事です。 (笑)

ダメだこりゃ 2

「ニイサン・・。 突然、声掛けちゃって悪いんだが・・」

悪いんだが?
なんか、悪いことするんじゃないでしょうね!? (苦笑)
少し引きつった顔で振り向くと・・
「ジャケットの背中に・・糸くず・・ついてるよ。 取ってあげようか?」
(苦笑)
何のことありません。
背中に糸くずが付いてたって
教えてくれたのですね。
安心のあまり・・満面の笑顔で (笑)
「あぁ・・ありがとうございますっ!」
すると、突然!
「えらいっ! アンタ、エライなぁ! オレもこのとおりおせっかいなんで・・何人かに声掛けたことあるんだけど・・ありがとうって言ったの・・アンタが初めてだよ! なかにはな・・ふざけんじゃね~ぞって顔して・・怒り出すヤツもいるんだ。 まあ、振り向いてオレの顔見りゃ・・たいてい黙り込むけど。 人が親切で言ってるってのに・・ありがとうの一言が言えない。 世の中狂ってるなって思うけど・・アンタみたいに、礼をキチンと言える人間もいると・・安心するよ」

笑い3

他人に親切にしてもらったら・・
礼を言うのは当然のことです。
そりゃ、なかには・・
下心があって・・
こんな不心得者もいるかも知れませんが・・
そういう場合でも・・
本心はともかく (笑)
表面上は・・
礼節を尽くすべきでしょう。

ところが・・
礼節どころか・・
たとえ、自分に非があろうとも・・
常に責任転嫁し、自己を正当化する。
決してお付き合いしたくない人間が・・
ここにいます。

恥もっと 橋下 3

先の・・堺市長選。

azumizokuさんから・・
「ゼッタイに! ゼッタイ! 選挙予想だけは・・よそうな!」
こんなこと言われちゃいましたから・・
大好きな選挙予想も出来ませんでしたが・・(笑)
大方の予想通り・・
維新惨敗です。 (笑)
そりゃ負けるでしょう?
所属する・・
全国会議員に・・
選挙期間中、最低3回の選挙区入りを指示し・・

そのまんま東

こんなのも選挙区入りしたのですが・・
応援ったって・・
選対からなんの指示もございません。
「あの~、応援に来た・・東国原ですが・・」
事務所のスタッフもみな・・
「あの人・・何しに来たの?」
こんな顔してます。 (苦笑)
気まずい沈黙が続くので、
あるスタッフが・・
気を利かせたつもりで・・
「ああ、ヒガシさん。 それじゃ・・そこのダンボールに入ってるペットボトル・・あっちの冷蔵庫に入れといてもらえますか?」
怒りをこらえ、 (笑)
黙々とペットボトルを冷蔵庫に詰め込む・・
そのまんま東。
やっと終わったと思ったら・・
今度は、別のスタッフが・・
なにやら、紙を持って近づいてきます。
「じゃあセンセ! この紙に書いてある有権者回って・・このチラシ配ってきてください!」
公職選挙法で、戸別訪問が禁止されてることなんて・・
なんとも思ってないようです。 (笑)
そのうえ・・
配られたチラシに証紙も貼ってなく・・
堂々たる違法頒布です。 (笑)

松井マズイイチロー

いくら・・
このオトコが、大阪府警を押さえてるからって・・
選挙違反にも限度があるでしょ? (苦笑)

まあ・・
やっと・・と言いますか、
ようやく・・と、申しますか、
維新大好きな有権者の皆さんも・・
そろそろ・・
「こりゃ、チョットおかしいぞ・・」
こうした機運が広まってまいりました。
喜ばしいことです。

マスゴミが報じる
政党支持率で・・
共産党が野党第一党になったそうです。
いよいよ・・
第2次世界大戦前夜の
ドイツとクリソツになってきました。 (苦笑)
国民の不満は・・
ますます・・高まってます。
このまま、何もせず
指くわえてると・・
戦後のドイツのような
焼け野原の荒廃した国土になりかねません。

そろそろ・・

国民の生活が第一 2

国民の生活を第一! に考える政治家と・・
自分の将来を第一!
ハラのなかでは、こう考える・・
政治屋を・・
見極めるべきです。
ホンモノを選ぶのと・・
ニセモノに騙されちゃうのでは・・
ご自身の将来・・
結果に天地の差が・・つくでしょう。

ようやくお気付きになった皆さんも・・
大勢いますが・・
まだ、気付いていない人たちも・・
相当いらっしゃいます。

本日のエンディングは・・
かのスティーブ・ジョブスさんによる
スタンフォード大学の卒業式での
あの有名なスピーチの一節を・・
お届け・・します。

自信を持ちましょう。
自分が情熱のもてることを・・
見つけるべきです。
もし、あなたがまだ見つけられないのなら・・
探し続けてください。
妥協してはいけません。
情熱のもてるものに出合ったときは・・
自然と心が反応するでしょう。
情熱を捧げることができるものを・・
探しましょう。
中途半端な妥協はやめましょう。

それでは、皆さん!
良い・・酔い週末を!(笑)

小沢一郎">小沢一郎 - ジャンル : 政治・経済

| ホーム |


 ホーム