FC2ブログ

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

「都知事選? 髪頼みの舛添さんに大義ないでしょ? 最終盤には・・ボクも街宣車乗りますよ」 小泉進次郎

君主たらんとする者は・・
種々の良き性質をすべて持ち合わせる必要はない・・。
しかし・・
良き性質を持ち合わせていると・・
人々に思わせることは必要である・・。

グルメブログが多用する・・
マキャベリの言葉です。

東京都知事選・・。

細川 3

まったくこのかたと・・
その取り巻きの皆さんには・・
参っちゃいます。 (苦笑)

ホームページ立ち上げたって言うから見に行ったら・・
「これはニセモノです。 ホンモノではありません!」 細川事務所
なんだ? なんだ?
ずいぶん大胆なネガキャンやってくれるじゃないの!?
騒ぎが大きくなった翌日・・
今度は、
「このホームページは公式ホームページです」 細川選対幹部
レギュラーからも指摘を受けてますが・・
とんだドタバタです。 (苦笑)
ホンモノをニセモノと言い切っちゃう
細川事務所のスタッフにも
参っちゃいますが・・
それ以上に参っちゃうのが・・
ホンモノだってのに
ニセモノだと勘違いされちゃうほど
クオリティの低いネット戦略・・。

ダメだこりゃ 苦笑

まったく驚かされます。 (苦笑)

これは・・
相当苦戦しそうです。
対立候補が更に質が悪いのが・・
唯一の好材料ですが・・(笑)
この
質の悪い対立候補・・。
もがけばもがくほど・・
髪の毛が減り・・
いえ、支持者が減り・・続けております。 (苦笑)

よせば良いのに、
被災地 伊豆大島にまでノコノコ出かけ・・
被災者相手に逆ギレしちゃったそうです。 (笑)

「なぜ、被災地大島まで来たのに被災者に会わないんですか?」
「会いましたよ・・」
「被災者住宅に来てないでしょ?」
「そこには行ってませんが・・被災者にはお会いしました」
「被災者住宅の都民は被災者じゃないんですか?」
「そうは言ってないでしょ!? さっきからアナタ! 失礼ですよ!」
「被災者の声聞かないのですか?」
「じゃあ今言ってくださいよ!」
「もし都知事になったら・・大島の防災対策はどう考えていますか?」
「そりゃ公共事・・いや・・防砂ダムも作りますし、堤防も強化します! 道路も拡張し・・」
「それじゃ・・まるっきり公共事業じゃないですか!?」

マキゾエ 舛添 5

この・・
血も涙も・・
髪の毛も無い冷血漢・・。 (笑)

普段でしたら・・
もう少し煽らないと怒り出すことないのですが・・
焦りがそうさせるのでしょう。 (笑)
なんと申しましても・・
選挙の手足となるべき地方議員。
その中核をなす都議会自民党。
59人もの大勢力ですが・・
本気でこのオトコを勝たせようと
必死で動いてるのは・・
20人もいません。 (笑)
残りの30数名も・・
"言われたことだけをやる" のが約7割。
残りの10名前後の都議は・・
「なんでオレたちがあんなハゲ応援しなきゃならないんだよ!?」
「後援会の女性会員が・・気味悪いから地元に呼ばないで・・と言ってる」
明らかに反旗翻してます。 (笑)

連合東京が推薦決定したそうですが・・
強引に執行部一任を取り付け・・
「大野の野郎が勝手に決めやがった!」
各ブロックの幹部は怒り心頭です。 (笑)
「上が勝手に決めたって・・末端の運動員は・・ピクリとも動かんよ。 電機労連と電力総連だけだろ? JR東は細川支援を決めたし・・表面上はともかく、水面下で細川支援で動く労組が続出するだろうよ」
ボロボロです。 (笑)

対する宇都宮センセ。
昨年ですか?

姫井センセ

ぶって! 縛って!
悲鳴センセのパーティーで・・
大演説ぶってましたね。 (苦笑)
それもそのはず・・
一人で500万票集められる・・オトコ」 は
一昨年の都知事選。
宇都宮センセの支援に回りました。
気弱な地上げ屋も当然・・
ウツの身や・・。 (苦笑)
ご本人も・・
一人で500万票集められる・・オトコ」 には・・
さほどアレルギー無いようです。
しかし・・

小泉 子鼠 6

このオトコへの嫌悪は・・
隠そうとしません。

そういう個人的な感情もあるのでしょう。
立候補取り止め (一本化) は・・ありません。 (苦笑)
まぁもっとも・・
ご本人が立候補取り止めたいって言ったって・・
選対ガッチリ押さえてる
共産党系の皆さんが許さないでしょう。
共産党と言うのは・・
言ってることは確かに正しいのですが・・
やってることが正しくありません。
皆さん、誤解なさらないでくださいね!?
気弱な地上げ屋は共産党の関係者のかたと・・
今でも、結構親しく・・お付き合い戴いています。 (苦笑)

本日このあとの会合にも・・
某地方幹部がいらっしゃいますし、
個々の人たちは・・
魅力的な人が多いのです。
執行部を引退なさった・・
某幹部とは、以前・・
半年に一回は呑みに行ってました。
なぜ半年に一回なのか?
呑み行くとゴチになることが多かったのですが・・
勘定書きの代わりに渡されるのが
赤旗日曜版の半年分の契約書。 (苦笑)
2年くらい取ってましたね・・赤旗日曜版。 (笑)
気弱な地上げ屋が・・
共産党の資金源になっていた時期も・・あるってことです。 (苦笑)
でもまぁこの人は・・
大変マトモな人でしたよ・・。
当時の執行部の批判もバンバンやってましたし・・。 (笑)
この党の実態をご存じない人が大勢いらっしゃるでしょうから・・
赤い貴族の垢い実態の一端を・・。

代々木にあります共産党本部。
この本部から歩いて数分のところに・・

亀井 3

ある・・寿司屋がございます。
なぜこの人が?
怪訝に思われるレギュラーも多いと思いますが・・
疑問を解きたい向きは・・
共産党本部建物の周りを歩けば・・
その理由は判ります。 (苦笑)

取引先が近所にある関係で・・
気弱な地上げ屋も何回か利用したことがございます。
ある日のこと。
取引先の顧客とこの店に行くと・・
赤い貴族の最高幹部の顔が・・。

志位センセ

寿司屋でオロナミンC飲んでたってオチではございません。 (苦笑)

当時は不況の真っ只中です。
質素に飲み食いしてるのかと思いきや・・。
質素に注文してるのは、気弱な地上げ屋たちのほうで (苦笑)
4人ほどいる隣のテーブルでは
「書記局長! この店の赤貝はいけるでしょ!? お次はアカイカなんてどうですか? まっ赤っかな・・金目鯛もいいよね? でしょ? 板サン?」
コッチがコハダとか干瓢巻き食べてるってのに・・
向こうは高級魚ラッシュです。 (苦笑)
悔しいから一言ジャブ入れときます。
「流石は共産党幹部の皆さん? 垢いオンパレードですね? でも・・食通なら欠かせない・・マグロの赤身は?」
するとなんて言ったか?
「ああ○○サンのお知り合いなんですか? そりゃどうも・・。 でもナニ? マグロの赤身? ボクらそんな安い肴・・食べませんよ。 あっ! 板サン! 大トロ4人前!」 (苦笑)
お帰りの際・・
領収書宛名に、
"共産党本部書記局"
しっかりと書かれていた事は
申し上げるまでもございません。 (苦笑)

氷点下の寒い日も・・
猛暑の暑い日も・・
来る日も来る日も赤旗の配達と勧誘に駆けずり回ってる皆さん。
皆さんの努力は・・
赤貝やアカイカ・・、
金目鯛となって幹部の腹に収まっております。 (苦笑)
タマには文句言ったほうが・・
宜しいと思います。

コチラも
人のことばかり言ってられません。 (苦笑)

細川 殿 3

明日22日の夕方・・
ようやく公約発表を行います。
もう延期は・・無いはずです。 (笑)
この間のドタバタ・・。
殿も悪いが・・
その周りにいる魑魅魍魎は・・
なお悪い・・。 (苦笑)
ある日の
この連中の食事風景を・・ご紹介しましょう。
日本料理屋でのひとコマ・・。
先付けに出されたイイダコの煮付け。
あまりに美味しいので
あるスタッフがおかわりを所望しました。
「女将さん! コレとってもウマいね! もう少し食べたいので・・もっとイイダコちょーだい!」
すると殿・・
「これこれ! そんな大きな声出して・・お店に恥かかせてはいけません。 タコに良いタコ悪いタコもないのです。 みんな同じタコです。 それに・・他のお客さんだって同じもの召し上がってるのに・・自分だけ、良いタコを・・なんて虫が良すぎます。 普通のタコで我慢しなさいな・・」
一同・・ 「・・・・・」

ボケ ジイサン 笑

殿の・・
浮世離れを・・
直す薬は・・
まず見つからないでしょう。 (苦笑)

政治は・・
このかたもおっしゃるように・・
国民のためのものです。

国民の生活が第一 2 一ちゃん

国民1人1人が・・
良かったと思えるような人生と・・
暮らしやすい生活を送る。
これこそが政治の役割です。
政治とは・・
国民の意思・・
そのものです。
民意と・・
支払った税の使い道を・・
国民が決めるための手段なのです。
すべての人に
理解してもらうのは、簡単なことではありません。
しかし・・
理解してもらうための
努力は・・
続けねばなりません。
都知事選は・・
正念場です。


政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

| ホーム |


 ホーム