FC2ブログ

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

「川内原発? 任せてください、秋にも再稼動させます。 それより・・選挙も近いのでアレ・・お願いしますよ」 ヤベェ晋三

"仕事に関係ない能力を学ぶと・・
創造性が刺激され、本業の仕事にも良い影響がある・・"
こんな説があるそうです。

頭の中を常にフレッシュな状態に保つには・・?
仕事に必要なスキルだけでなく・・
まったく別の・・
一見無関係に見える、
ほかの新しいことを学んだ方が・・
フレッシュな状態になり、効率が良くなる・・。

この説を唱えるかたは・・
一見、本業に関係のないことでも・・
創造力を刺激するような機会を見つけ
経験すると・・
本業の・・
仕事の効率や質も間違いなく向上する・・
こう力説なさっています。

脳というのは気まぐれなもので・・
仕事に関係ないように思えたスキルでも
脳を鍛えることで
頭が柔らかくなるそうです。
いつもと・・
違う道を通ったり・・
違うところに行くことで・・
予想もしなかったような場面で
仕事のヒントが見つかることが・・
あるかも・・?
知れません。

素晴らしい説ですね! (笑)

その昔・・
気弱な地上げ屋がサラリーマンしてた頃。
就業時間中だってのに床屋に行き・・
パーマまでかけちゃって (笑)
3時間以上会社に戻らず・・

アンタ 迷惑 笑 評判悪

帰ってきたら・・?
出てった時とまったく違う髪形で
しかもシャンプーのいい匂いがプンプン。 (笑)

Hn 元上司に、こっぴどく絞られたワケですが・・(苦笑)
あの時・・
こうした言い訳を用意しとけば良かった・・。
今頃後悔しております。 (笑)

あるときなどは・・
違う髪形で、
シャンプーの良い匂いプンプンさせてくるだけでなく・・
クチからは・・
酒臭い息 (苦笑) 吐きながら戻ってくるのですから・・
元上司の苦労も・・
窺い知れると言うものです。 (笑)

参ったな ゴメン ダメだこりゃ 笑

もっとも・・
気弱な地上げ屋が単に・・
扱い難い部下だった・・?
こうしたワケでもございませんでした。

元上司宛にかかってくる苦情電話。
苦情電話を受けたときこそ・・
気弱な地上げ屋が、その真価を発揮します。 (笑)

「エッ!? あのお客さんから電話? 苦情だろ? 怒ってる? 苦手なんだよな・・オイ、気弱な地上げ屋? ちょっと外出してるって言っといて!」
「ハイ、××不動産です! ハイ? 元上司ですか? ちょっとお待ちください?・・・、いま目の前にいますけど・・お客さんのこと苦手だから・・外出してるって言っといて・・本人こう言ってますが、どうなさいますか?」
(苦笑)

ボケ ジイサン 笑

そう言えば・・
こんなこともありました。

血の気が多いせいでしょう。 (笑)
蚊に刺されやすい元上司
気弱な地上げ屋はエリートでしたので (笑)
勤務地は丸の内です。
でも皆さん? 丸の内にも、蚊はいるのですよ。 (苦笑)
でもって元上司。
今頃のような季節・・。
机の上には常に虫除けスプレーが常備されていました。
虫除けスプレーってのは・・?
その名の通り、自分に吹きかけ・・
蚊などを寄せ付けない・・
そういう仕組みです。
しかし、そんな・・
弱気な・・
守りの姿勢に・・
気弱な地上げ屋が納得するはずありません。 (笑)

守って蚊を寄せ付けない?
攻めて蚊を退治すべきだ!
親切な気弱な地上げ屋。
虫除けスプレーの代わりに・・
虫取りスプレーをプレゼントしました。

今では・・
細部に亘る気配りで知られる気弱な地上げ屋ですが・・
当時はまだ・・
若気の至りもあったのでしょう。
虫取りスプレープレゼントしたこと・・。
虫除けスプレーの代わりに・・
机に置いたってこと・・
元上司に言うのを忘れちゃいました。 (苦笑)
しかも・・
良く似てるんですよね、アレが・・。 (笑)

ゲロ ダメ あ 笑

プレゼントした翌日から
3日間も欠勤するから・・(苦笑)
なにサボってんだと思ったら・・?
虫取りスプレーが・・
・・・半分くらい無くなってました。 (笑)
目撃談によると・・元上司。
「ちょっと匂いが違う感じがするな・・。 でもコレ・・効きそうだな?」
こんなこと言いながら、顔を中心に
体中に殺虫剤振り撒いたそうです。 (苦笑)

死んじゃうだろって?
そんなに簡単にくたばるような人ではありません、元上司は。 (笑)
今では・・
中央線沿線の駅前で手広くご商売なさってる・・
I社長。 (笑)

地上げ爺ールズ

スイマセン・・。
救急車呼ぶ寸前まで行ったそうですが・・
あの時・・
虫除けスプレーに良く似た・・
虫取りスプレー机に置いたの・・
気弱な地上げ屋なんです。 (苦笑)

まぁこんな調子です。
やっぱり
扱い難かったですかね?
近々お目にかかりますので・・
直接伺ってみましょう。 (笑)

さて・・
先の、滋賀県知事選・・。

嘉田さん 未来

辛うじて、勝ちはしましたたが・・
あれは敵失によるものです。

そうかな人たちのサボタージュでしょ・・?
こんな分析もありますが、
あれはサボタージュなどではなく・・
ホントに票を集められなかったのです。 (苦笑)
あれだけ票が出なかったことには・・
信濃町も・・
心底肝を冷やしたことでしょう。 (笑)

そうかな山口

そうかのフレンド票集め・・と言うのは、
少ない人でも20人。
多い人ですと・・
100人ものフレンドと (笑)
期日前投票にご一緒しなきゃならないノルマがございます。 (苦笑)
期日前最終日近くになると・・
エレベータで一緒になった気弱な地上げ屋にまで
「地上げ屋さん? 選挙まだ投票先決まってないようでしたら○○に!」
目にクマこしらえながら・・
うつろな声で話しかけて来るのですから・・
その過酷さは
想像できるでしょう? (苦笑)

10票増やせば天国に行ける・・。
20票増やせば? 家族全員で天国に・・。
ただ、10票や20票では・・
天国に行けても、直ぐに追い出されます。 (苦笑)
天国にそのまま住み続けたい人は?
「少なくとも50票は必要です・・」
こう洗脳されます。 (笑)

まぁコッチとしても、少しは見習わなきゃいけないところも
少なからずあるのですが・・ (苦笑)
こうした人たちが必死に票集めしても
あれしか出せなかった。
この衝撃は・・

アベコベ 安倍76

この人の
解散戦略にも・・
影響を与えそうです。 (苦笑)

このオトコの貢献が大なのは・・
申し上げるまでもございませんが・・
今の日本は・・
今までとは相当質が違う・・
危うい橋を渡ろうとしています。

暴走を止めるべき野党は?
責任野党だなんて煽てられ・・
ゆ党気取りの政党。

渡辺喜美 9

自民党が・・
左翼に見えちゃうほどの・・
極右政党。

意地悪慎太郎1

この人たちには
野党の責任なんて自覚など・・
まったくありません。 (苦笑)

野党の責任とはなんでしょうか?

議会で少数であろうとも・・
一定の有権者の支持を得て
政府与党や
霞ヶ関を頂点とする・・
行政への
権力を厳しく批判し・・
問い質すことです。

かつては・・
今でもごく少数ですが・・(苦笑)
自民党にも

村上誠一郎センセ 村上水軍

良識ある
リベラル保守・・勢力がありました。
でも今は?
絶滅危惧種です。 (苦笑)

しかし・・
日本人の国民性と申しますか・・(苦笑)
もっとも多くの支持を集めるのが・・
このリベラル保守の層なのです。
少数派が
多数派形成を狙うには・・
このもっとも分厚いど真ん中の
ストライクを狙うのがもっとも効率的です。

この・・
もっとも厚い層の
受け皿となりうる政党が
無いというのが・・
今の我が国の現状です。
目指すべき戦略は・・?
攻めるべきは、まさにここです。

有権者全体の・・
もっとも厚い層の支持を得られる政党。
ど真ん中のストライクを狙い取りに行く戦略こそ
最も重要なポイントです!

リベラル保守を旗印に・・

孫正義 ソフトバンク

自公政権に立ち向かうのです。
なんでこの人が登場したのかについては・・
またの機会にオイオイと・・。 (笑)

いま・・
数が少ないことは、さほど問題ではございません。
大事なことは・・
前回、カメちゃんもおっしゃってた・・
理念の方向性です。
しっかりとした方向性を
具体的な政策でブレずに訴え続れば
必ずや理解してくれる人は増えてくるでしょう。

右往左往して
主義主張、理念に関係なく
単なる数あわせをするのは
愚の骨頂です。
そんなことをすれば・・
ますます、有権者から見放されるでしょう。

1回や2回・・
いや、もっと多い? (苦笑)
その通りでしょう、きっと・・。 (笑)

詫び 3

3回や4回の敗北で
諦めてはいけません!

先が見えない道でも・・
皆で手を携えて歩めば・・
道は拓けていきます。
何度も言いますが・・
大事なことは・・
数は少なくても
ブレずに・・
歩き続けてゆくことです。

政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 気弱な地上げ屋

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ