FC2ブログ

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

解散総選挙! 「不満もありますが・・大義のため、大同団結することにしました」 民主 維新 みんな 生活 社民・・次世代も?

本日は・・少々シリアスなツカミを。
人生で・・
一つだけ確実なことがあります。

それは・・

葬式 葬儀 告別式 三角 白い布

死です。

どの人にも、共通して・・
そして公平に起こる・・死。
どうやって自身の死を迎えるか?
とても重要なことなのですが・・
その道筋まで計画する人というのは
ごく僅かです。

アメリカ西部・・
オレゴン州に住む、メイナードさん。
29歳の彼女は・・今月1日。
主治医から処方された薬を使って・・
29年という短い生涯に
自ら幕を降ろしました。
ネットやニュースでも
随分話題になりましたので
ご存知のかたも
大勢いらっしゃるでしょう。

今年1月・・。
悪性脳腫瘍との診断を受け
直ぐに切除手術を受けたのですが・・
春先に再発したときは
既に手の施しようがなく・・
余命6ヶ月・・。
残酷な宣告を受けたのでした。

生きるため・・
新たな治療を見つけるため
何軒も何軒も・・
医療施設を回ったそうです。
しかし・・
どのドクターにも治療を拒まれ・・
更には・・
日を追うごとに、激しい頭痛とひきつけの発作に見舞われ・・
意識も朦朧とする日々。
このままだと・・
楽しかった家族との時間や
愛する家族を・・
認識することさえおぼつかなくなることを恐れた彼女は・・
自ら死を選択することを決意しました。
そして・・
その決意をインターネットに公開したのです。
そうして迎えた・・
11月1日・・。
友人や家族に見守られ・・
それは実行に移されました・・。

お詫び

ご冥福を祈らずにはいられない・・
痛ましい出来事ですが・・
この出来事を目にしたとき・・
以前見た・・
ある映画の事を思い出しました。

邦題は・・
みなさん、さようなら・・。
難解な原題を邦訳するのに苦労したのでしょう。 (苦笑)
一見・・
なんともすっとぼけたタイトルで・・(苦笑)
とても観る気になれないかも知れませんが・・
しかし!
この映画を表現するのに・・
これほど最適な表現は・・ございません。
そう・・観たあとに感じる
秀逸なタイトルです。

オスカーも取りましたし
カンヌ映画祭でも・・
何かのアワード取ったので・・
ご覧になったかたもいらっしゃるかも知れません。

近い将来、確実に死を迎える主人公が・・
残された僅かな時間を
どう過ごすか?
重くシンプルなテーマを
明るいタッチで描きます。

主人公のレミは、
大学の歴史学のドクター。
首から上・・
思想のほうは・・
筋金入りの社会主義者で一本スジが通ってますが・・
腰から下・・
下半身のほうは・・?
イスラム教徒でもないのに
一夫多妻制を地で行く節操のないオトコ。 (苦笑)

笑い3

こうした節操の無い行状が祟ったのでしょうか?
前立腺がんに罹り・・
気付いたときは、余命6ヶ月・・。

子供は2人いますが・・
娘のほうは冒険家として、ヨットで大西洋を横断中。
連絡すら取れません。
息子のセバスチャンは・・
ロンドンで証券ディーラーとして成功を収めていたのですが・・
「いま取組んでるプロジェクトが終わってから向かうよ・・」
父の病状聞いても・・
こんな調子で・・(苦笑)
"急を聞いて駆けつける!"
こうした一般的な対応とは大違いです。
それもそのはず・・
セバスチャンと父レミとは・・
もう10年近くに亘って、顔も合わせないくらい
遠くの存在になっていたのです。
しかし、母親は・・
このセバスチャンを
会社のあるロンドンから
レミが療養しているカナダへ呼び寄せます。

数年ぶりの
父との再会を果たした途端!
以前から確執のあった・・
父と・・
衝突してしまうセバスチャン。

「もうオマエの顔なんて見たくもない! 出てけ!」
レミに怒鳴られ、
病室をあとにするセバスチャンですが・・
「お父さんはあんなこと言っても・・オマエのことを愛してるのよ。 オマエが幼い頃・・病気で高熱出して意識が朦朧としていたとき・・三日三晩・・お父さんは・・オマエを付きっきりで看病したのよ。 その気持ちは・・オマエも父親になれば、きっと判るはず・・」

詫び 3

母親の言葉に
深く反省し・・
残された父の時間を
最大限幸福に過ごせるよう
チカラを尽くす! と決心したセバスチャン。
ここから・・
セバスチャンの・・
最後の親孝行が始まります。 (笑)

お見舞いに誰も来ないと嘆く父を見て・・
海外にまで足を運び・・
旧友たちに父の病状を伝え
会いに来てくれるよう頼み込みます。
"余命6ヶ月? こりゃ一大事! 直ぐに行くぜ!"
レミとの友情を
直ぐさま行動に移す友人もいれば・・
ファーストクラスの往復チケットだけでなく
滞在費も全て負担するという条件で・・
観光ついでにやってくる人も・・。 (苦笑)

また・・
長年、大学で教鞭とってたのに・・
誰一人として学生が見舞いに来ないことを
レミが嘆くと・・
セバスチャンは、またもや行動を起こします。
学生たちに破格の交通費を支払い
アルバイトとして見舞いに来させ・・
「ホントは先生のことが好きだった・・」

笑 9

心にも無いことまで言わせ、
日増しに病状が悪化するレミを喜ばせます。

こうして3名の学生が・・
アルバイト代わりにレミの見舞いにやってくるのですが・・
病室を出た後
謝礼を渡すセバスチャンに・・
「このくらいのことで、こんなに貰えるなら・・またいつでも声かけてよ?」
こんなこと言う学生の横で・・
「ワタシは謝礼なんて要らない! 受け取れない!」
良心に目覚め、謝礼を拒否する女子学生。

名監督であり・・
優れた脚本家としても知られるドゥニ・アルカンさん。
カネで動く下劣な心を持った人間と・・
心の奥底に・・
本当はあるはずの・・
良心に目覚める人間。
双方を見事に対比して描きます。

病気が更に進行し・・
最大限増量したモルヒネも効かなくなり、
苦しみ出すレミを見かね・・
セバスチャンは、先端医療に取組んでる友人に相談します。
「何とか苦しみから救う方法はないか?」
友人は・・
躊躇しながらも・・教えます。
「とても奨められないが、一つだけ・・効果が期待できる方法がある」
こうして・・セバスチャンは、
法的には認められていない
ヘロイン療法を実行することを決意します。
しかし、禁制品・・麻薬であるヘロインを
どう入手するのか・・?
見当もつきません。
困り果て・・
頼った先が・・
NYPD・・ (笑)
この監督・・。
凄い展開にもって来ます。 (苦笑)

ニューヨーク市警 麻薬課にやってきたセバスチャン。 (苦笑)
「末期癌の父がこれこれ・・こういう状態で・・ヘロイン療法を試したいのです。 どこへ行けば入手できるか? 教えて欲しい!」
当初・・
「コイツ、アタマがおかしいのか?」
こう思われ、警戒されたセバスチャン。
「アンタねぇ・・。 オレたち警察は、麻薬を入手することを取り締まるのが仕事。 麻薬を入手させないことが仕事ないんだよ。 帰りなさい!」
冷たく追い返そうとする刑事。
しかし、粘る・・セバスチャン。
ようやく、麻薬入手の動機が
ホンモノの・・
父親への愛情であることを理解した刑事・・。
直後に・・
独り言のように・・呟きます。
「○○ってバーで聞くと・・入手方法知ってるヤツがいるかも?」
早速バーへと向かうセバスチャン。
バーでそれらしき密売人とコンタクトし・・
なんとか入手方法を聞き出します。
そして・・
無事入手したところで!?
件の刑事が現れ!
逮捕か!? と思ったその瞬間!

驚 笑 オイオイ

「この取引方法は・・長くは続けるな」
静かに諭すNYPDの刑事。 (苦笑)
本当にこんな刑事が
ニューヨーク市警の麻薬課にいたら?
ちょっと問題な気もしますが・・(苦笑)
父親のために法をも犯すセバスチャンを
側面支援しちゃいます。

この辺りの描写は・・
ホンモノの善者と・・
本当の俗悪を・
見事に対比させる・・。
高度な脚本技術です。
あっ! そう言えば因みに・・
カンヌで獲ったアワードは・・
脚本賞・・だそうです。 (笑)

気弱な地上げ屋が感極まったシーンはここ。
物語のエンディング付近・・。
昔過ごした別荘で・・
セバスチャンと・・
息子と二人きりで・・
レミが語りかけるシーン。
生まれて初めて・・息子に言った言葉。
ありがとう・・

笑 9

レミは・・
見舞いに来るのを迷ってた旧友たちを・・
セバスチャンが大金投じて呼び寄せたことも・・
学生たちに・・
カネ払って、見舞いに来させたことも・・
モルヒネより良く効くクスリ。
セバスチャン言うところの・・
「新しいクスリ」 がヘロインであることも・・。
そして、それを入手するために・・
逮捕され、社会的地位を失うことになるかも知れないのに
必死になって入手したことも・・
すべて知っていたのです。

そして息子に向かって・・こう叫び、抱き寄せます。
「おまえのような・・息子を作れ!
父親から言われる言葉で・・
これほどの褒め言葉を・・
気弱な地上げ屋は知りません。

数日後・・。
夕暮れの湖畔で・・
安楽死薬の点滴スウィッチを
レミは自らONにします。
カナダの雄大な自然と美しい風景をバックに・・
愛する家族や友人たちに見守られ・・
眠るように息を引き取るレミ・・。

ありがとう 感謝 御礼 詫び 笑

先日ご紹介したフェアゲーム
心を揺さぶる感動を与えてくれましたが・・
この映画は・・
心がとっても温かくなります。 (笑)

本日のツカミは・・
どの人にとっても確実にやってくる
死・・について、描きました。
人にとっての死は・・
避けようのない・・
確実なものですが・・
永田町にとって・・
確実なのは・・

安倍アベコベ

念のため・・解散です。 (苦笑)

700億円近い血税注ぎ込もうが・・
政権延命のためなら躊躇いません。
しかし国民も・・
舐められたものです。
上げることが決まってる消費税なのに
"消費税増税を延期します!"
1年やそこら延ばしたからって・・
いったいどうなるって言うのでしょうか? (苦笑)

ここへきて・・

翁長さん 沖縄

沖縄知事選での
このかたの圧勝で
"ブルい始めてる・・" との観測もございますが (笑)
ズルズルやって、阿呆の二の前だけは避けたい・・
こうした考えを周囲に伝えてるそうですので・・
十中八九やってくるでしょう。 (苦笑)

そうそう・・。
沖縄知事選は
大変良い結果となりましたが・・
「思いもよらない結果・・」
で負けちゃった

仲井真 沖縄

この人たち。 (苦笑)

今年の正月は・・
「いい正月」 だった右のかた。
来年のお正月は・・?
誰か記者に聞いてもらいたいものです。 (笑)

来月知事に就任する翁長さんも・・
直ぐに試金石はやってきます。
それは・・衆院選です。

ここで掌返したかのように・・
辺野古問題には触れないようにするが
本心では辺野古移転に大賛成の自民候補。
この人たちを応援するようなことが、もしあれば?
沖縄の人たちは・・
またもや騙されることと・・なります。 (苦笑)
間違えを犯さぬように・・
周囲の人たちの責任は重大です。

何しろ選挙ってのは
勝つか負けるかしかないのですから・・
勝って良かったですね。 (笑)

かく言う気弱な地上げ屋も・・

山羊

勝つか負けるかしかない裁判の判決
本日ございましたが・・(苦笑)
勝訴致しました。 (笑)

まぁ当然と言えば当然の
東京地裁の判決ですが・・
これについては、
次回エントリーで・・特集で! (笑)
"なぜ仲間割れのような諍い" が起こるのか?
誤解が多いようですので・・(苦笑)
これについて、
勘違いしようがないくらいキッチリ! (笑)
考察します。

さて、解散総選挙!
もうここまで来ると・・
九分九厘・・確実です。
この猛烈な・・解散風。
出所は・・

ダメ垣 44

なんとこのかた。 (苦笑)

一番・・
秘密を守らなきゃいけない幹事長が・・
真っ先に・・
秘密をバラしちゃってます。 (苦笑)
10月下旬のこと。
大手マスゴミ7社の政治部長が・・
定期的に集い
情報交換・・
世論誘導・・(苦笑)
などを話し合う場・・。
メンバーの間で・・
"七社会"と呼ばれる非公式会合が開かれ・・
このかたが招かれました。

オフレコでの情報交換を申し合わせているので
ダメ垣センセも安心しちゃったのでしょう。
「アベさんが年内解散やりたがってて・・困ってんだよ。 年内解散なんて打たれたら・・三党合意が流れちゃんだろ? 困った・・ホント困った」
クチを滑らせました。 (苦笑)
大手マスゴミ政治部長の面々・・
最初はキョトンとして聞いてましたが・・
共同とゴミ売の政治部長が突っ込んだそうです。
「幹事長! いまのそれ? ONしちゃ不味いですか?」
その場は、オフレコ扱いを確認して分かれたのですが
各社早速裏取りに走ります。
これに反応しちゃったのが・・

飯島勲

弱者に対しては滅法強いが
権力と利権にゃ・・
トンと弱い・・このオトコ。 (笑)

「谷垣が流しちゃったのならオレも・・。 今言ったって、責任問われないし・・第一目立つにゃ最高のタイミング!」
テレビで得意げに
講釈垂れたのは、
皆さんご承知のとおりです。 (苦笑)

でも、この2件だけでは
疑い深い気弱な地上げ屋が信じるわけありません。 (苦笑)
気弱な地上げ屋
解散総選挙近し! を確信したのは・・

菅すがしくない

この人・・。

気弱な地上げ屋の取引先に・・
この人の後援会の幹部がいらっしゃいます。
気弱な地上げ屋の身元も良く承知してるので (苦笑)
クチは堅く・・
普段、あまり詳しい与党の状況は教えてくれないのですが・・
酒飲むとベラベラしゃべり出すのが、この人の特徴。 (笑)
先週一杯やったとき・・
ついクチを滑らせました。
「昨晩、先生から電話があって・・何かと思ったら、驚いたよ。 年内選挙になりそうなので宜しくお願いします・・だって。 官房長官が言うんだから間違いないだろ?」

まぁいつ選挙やるかは・・向こうの勝手。
コッチは受けて・・ん?
大丈夫でしょうか? (苦笑)

野党陣営には・・
驚くほど楽観的な計画が
まことしやかに囁かれてます。 (苦笑)

295小選挙区のうち、
なんと113選挙区で候補者調整を行い・・
実質的な野党統一候補を立てる?
ホントですかね? (苦笑)
それだけじゃありません。
100名前後の比例統一名簿を作る・・
こんな構想までございます。
「そりゃ夢物語だろう?」
「時間ないから無理無理!」
こうした声が圧倒的でしょうけど・・
時間の話をすると・・
こと政治に関しては
時間があるより
時間に追われたほうが・・
結果的には、まとまりやすいものです。 (苦笑)

今度の選挙では、政権交代は起こりません。
しかし・・
113選挙区は無理にしても、その半分でも?
そして、その勝率が・・8割を超えれば?
どんなに鈍い人でも、気がつくでしょう。 (笑)

このたびの選挙。
党利党略で動いてはいけません! (苦笑)
与党を減らす選挙です。
自公で・・
過半数ギリギリにまで追い込めば・・
もう1年ちょっとに迫った参院選。
そして、その先の衆院選で・・
またひっくり返すことが現実的になります。

いつもながらの見識に
感心するのですが・・

国民の生活が第一 2 一ちゃん

「一人で500万票集められる・・オトコ

民主党で失敗したけど・・
今度はちゃんと頑張ります。
・・ですから、
もう一度政権を与えてください・・という熱意と意欲!
そしてこれが大事ですが・・
国民への呼びかけがないといけません。
一強多弱だからもうだめだ・・
もしこうなったら・・日本の政治は堕落してしまうでしょう。

皆さん?
今度の選挙は・・
与党を減らす選挙です・・。
「投票したい候補者がいない」
こんな人が近くにいたら?
声をかけましょう。
「自公以外で・・票を集めそうな人に・・批判票を集中させましょうよ!」
今こそ・・
ピンチをチャンスに・・
変えるときです!

政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 気弱な地上げ屋 グルメブログ

| ホーム |


 ホーム