FC2ブログ

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

「辺野古基地建設反対が7割超? 沖縄県の皆さんの気持ちに寄り添い・・重く受け止め、尊重し・・無視します」 安倍晋三

先日のこと・・。

グルメブログで度々・・
そうかに放つ!

そうかな山口

草の者・・
として、
ご登場戴いてる
中小企業の社長と
一杯やる機会がございました。

いろんな話題に
花が咲き。
このカルト集団の
跡目を巡る・・

そうか 学会

幹部同士の
足の引っ張り合いや (大笑)
連鎖反応のように
次々と勃発する
末端学会員の脱退。

いろんなネタを
ゲットしたのですが (笑)
こうした話題は・・
次の機会にして (苦笑)

アンタ 迷惑 笑 評判悪

本日、
掴みに使うのは
ふと、この社長がクチにした
この一言。

「ねぇ? 気弱な地上げ屋さん? アンタ?」
ふるさと納税でナニ貰ってるの?」
これで行きましょう! (笑)

この社長。
気弱な地上げ屋

ふるさと納税

ふるさと納税やってるって・・
決めてかかってます。
やるわけ・・
ないでしょ。 (笑)

「えっ? フール里納税?」
「あんなバカげた税制、反対なんでやってませんよ!」
「ナニ強がってんだよ? やんなきゃ・・損じゃない?」

その後は、
「ここでは、これ貰ってる・・」
「あそこじゃ・・今年は、あれを貰う」
延々と
自慢話が続きました。 (苦笑)

グルメブログのレギュラーの皆さんは
お金持ちが多いので・・(笑)
ふるさと納税
選択なさってるかたは
大勢いらっしゃるのではないでしょうか?

笑 冗談

高額納税者ほど
税額控除額は大きくなるのと
同時に
返礼品は沢山貰える・・この税制。

2008年に制度が始まった時には
利用者は3万人程度。
納税額は
81億円程度だった
この制度。

10年経った
昨年を見てみると?

納税額は?
3653億円!
利用者はと言いますと・・
全国で240万人に膨れ上がりました。

納税額で45倍!
利用者に至っては・・
80倍です。 (苦笑)

皆さん、納税が好きな人が
多いのでしょうか?

笑 NO

逆です。

少しでも
実質納税額を減らしたい人が
これだけ大勢いる・・
ということなのです。

ふるさと納税を選択することによって
自分が住む地方自治体への住民税は
減ります。

自分が住む街の
住環境改善に使われるべき税金
欲しい返礼品を
送ってくれる
地方自治体へ流出してる・・
ワケです。

気弱な地上げ屋から見ますと・・
自分さえ
返礼品で潤えば?
自分が住む街の住環境?
誰かが
何とかしてくれるでしょ?
と、こう見えるのです。

同じような思いを抱いてる人は
霞ヶ関にも
いるようです。

それでは、本日はまず!
霞ヶ関に放つ!
臭の者に
霞ヶ関は
フール里納税をどう見てるのか?
これを伝えてもらいましょう! (笑)

ふるさと納税? 総務省も全く酷い税制作ってくれたもんだよ」
「高額納税者ほど、返礼品という利益が大きくなるうえに、その納税者が住む自治体の歳入は減少する。 公平性に欠ける税制だよ」

「そもそも総務省で制度設計した段階では・・」
返礼品なんて発想は無かったんだ」

「メリット無きゃやる人なんていない。 返礼品を付けろ!」
「こんなコト言い出したのは・・誰だか知ってる?」

死神博士ガースー菅官房長官

「よく似てるねぇ? そう! この人だよ」

「寄付金額に対する返礼品の価値を上げれば・・」
「上げるほど寄付が増えるため、自治体が競って返礼品競争やってるのが現実でしょ」
「自治体同士が、寄付という名の税金奪い合う構図。 まさにチキンレースだよ」

「地方自治体の財源も増加し、返礼品購入のため地場産業にお金が回る」
「一見すると地方が活性化してるように映る」

「でもこれって? 地場産業の商品を税金で買い取ってるだけのことで、ふるさと納税という名の公共事業なんだよ」
「過去・・地方活性化に名を借りたこの手の支援で・・上手く行った例ある?」
「一つも無いよ」

「活性化どころか・・逆に衰退しちゃってるでしょ?」
「霞ヶ関じゃ、これが異常だってこと・・みんな気付いてる」

ダメだこりゃ 苦笑

「地域経済が返礼品の自治体買取りに依存しちゃってる?」
「泉佐野市が良い例だよ」
「あそこは10年前に実質破産してるでしょ。」
「今でも借金は・・1000億円以上残ってる」

「ふるさと納税が制度化される前は、市名の命名権まで売り出そうとしたんだよ」
「どうすんだよ?」
「ZOZO タウンになっちゃったら?」

zozo 前澤

「ふるさと納税で日本一になったけど・・あれじゃ反発食らうの当たり前」
「ナニあの返礼品は?」
「九州産黒毛和牛? 三陸カツオのたたき? 地場でも何でもないじゃない?」

「市内の魚屋が、なんちゃって返礼品仕入れ業者になって」
「和牛の仕入れやってんだよ?」
「なんで、魚屋が肉仕入れてんのよ?」

「こんな業者が140社あって・・今回の制度改正で、70社が倒産の危機だ?」
「倒産したって良いじゃない? 全部、自民支援者と、そうかだよ?」

「だから言ってるじゃない? 活性化じゃなくて、衰退なんだって」
「自分のとこだけ利益が出れば、他に悪影響出たって関係ねぇ?」
「まさに、本音はそこじゃない?」

「問題の本質は、国から地方への財源ごとの委譲ですよ」
「今回の制度改革だって不充分。 3割制限って言ったって・・」
「仕入価格なのか、実勢販売価格なのか? それすら決まってないでしょ?」

「こんな中途半端なことやってたら・・地方は活性化どころか衰退するだろうし、産業競争力が回復するまで10年単位で歳月かかる」
「地方財政だって、前にも増して悪化する可能性が高い」

笑 ヤバい

本日のエントリー。

これでようやく・・
ツカミが終わったワケで・・(苦笑)
「オマエ!いい加減にせんかいっ!」
毎度御馴染みの
こうしたお声も
聞こえてきそうですが・・(笑)
今後、近い将来
大問題となるふるさと納税。

このことを
しっかりと!
お伝えしたかったためですので
ご理解願います。

さて!
グルメブログ
レギュラーは・・
いろんな情報を
お寄せくださいます。

その中のお一人。
このかたは
お名前出されるのを
嫌がりますので・・
ある古株のレギュラー
としましょう。 (笑)

そのかたは・・

田中センセ

このオッサンが
「ああ言った・・」
「こう言った・・」
こうしたことを
詳細に
知らせて下さいます。

気弱な地上げ屋は、このオッサンとは
3回くらいでしょうかね?
一杯やった経験がございますが
昨今は、
酒癖が悪いので
少し敬遠しておりました。 (苦笑)

しかし! この数週間。
以前のキレを
取り戻したかの酔うな・・
素晴らしい言説を
展開してますので
皆さんにご紹介致します。

笑 うセールスマン もぐろふくぞう

因みに・・
以下にご紹介する
田中センセの言い分。
気弱な地上げ屋の考えと
全て一致します。 (笑)

ウラでも結構 (毒に、通りがけセンセ) ですので
皆さんのご感想を
お寄せくださいね!(笑)

笑 また

「今の予算委員会は、予算案の審議をせず、政府追及に多くの時間が割かれ、しかしそれが明確な結論を得ることなく、時間切れになって予算成立。 国民の心にもやもやが残る。 そうした国会が毎年繰り返されてきたのが昨今の政治」

「国民は、情報隠蔽や情報偽装が深刻な問題であることを・・頭では分かっているが、自分の生活に直結する問題でなければ、野党のパフォーマンスに共感することはない」

野党は
致命的なくらい
戦略を誤っています。

統計不正は
官僚の不祥事であり、
忖度があったのか、無かったのかなんて・・?
官邸の関与があったかどうか?
立証不可能な問題を
延々と国会で追及したって?

森友学園 籠池理事長

森友と
同じ結果になるのが
なぜ、判らないのでしょうかね。 (苦笑)

田中センセ。
こうも言ってます。

「パフォーマンスだけでは支持は拡がらないのに?」
「辻元国対はパフォーマンスを重視するだけで、政府与党を痛撃する戦術に目を拡げようとしていない」
「立憲民主党内から批判が出ないのが不思議」

不満を募らせる議員は大勢いますが・・
批判?
田中センセが判ってないのが

辻元

このオバチャンが
どういう婆かってこと。 (苦笑)

もう昨年のことですが・・
ある場所で、
このオバチャンと遭ったとき
「辻元センセ? 国対じゃなくて、選挙対策・・遊説指導のほうが、センセは向いてるんじゃないですか?」
言った途端!
「アンタ!? 素人がナニ言ってんねん?」
その後は・・
マシンガントークの
十字砲火を浴びました。 (苦笑)

枝野が決断しない限り
自分からは
絶対に
国対から降りません、このオバチャンは。

田中センセ。
とても良いヒントも
出してくれてました。

「統計不正問題は、15年前から基幹統計に不正のあることが明らかにされた。それを受け、安倍政権はいったん閣議決定した2019年度予算案を修正した。それなら? 15年前からの予算案は、全部修正されるべき予算だったことになる」
「全ての決算を・・遡って検証する必要がある」

そんなに古いのは・・
国民だって関心持てないでしょから
安倍の身クソの
この5年分。 (笑)

あれも偽装数値で作った予算なの?
あんなことに使っちゃって?
どう落とし前つけんのよ?

この戦術は・・
悪くありません。

笑 越後屋 2

そして、田中センセ。
こんなコトも言ってます。

辺野古基地建設を
念頭に置いたものですね。

「米国人が一目置くのは強く自己主張して挑戦する人間」
「その主張が米国と異なれば、米国も強く出て一触即発の危機になるが・・それでも後ろに引かない人間」
「こうした人物を米国人は好む。ガッツがあると分かったところで手を差し伸べ・・握手する」

金 ロケットマン

このオトコの交渉技術を
学ぶべきではありませんが
参考には・・
なります。

そして・・

「東条英機を調べていると、真面目で仲間思いの良い人ではあるが・・反対者には容赦なく厳しい性格であることが、誰かに似ている」
「そして自分に都合の悪い情報を受け付けない性格が・・やめるべき戦争をやめられないようにし、日本は焼け野原になった」

予言めいてますが・・
そろそろ辞めさせないと
手遅れになることは
間違いないでしょう。

最後に!(笑)
とても良いことをおっしゃてました。

笑 最高 11

暗示的ではありますが
まさに、正論です。

「野党は与党を批判するより与党の中にも手を伸ばす戦術を考える必要がある」
「選挙で、ガッツある人間をリーダーに選べば・・」
「0.6%の沖縄に70%の米軍基地などという、いびつな状態作り出した本土の原罪を償うことが出来る」

アメリカと
対等の関係を築ける政治家。

これは
命がけで取組むような
大仕事ですよ。

こうした
ガッツのある政治家。
やれるのなら
1回生でも?
場合によっちゃぁ・・
初当選でも良いじゃないですか?

魚は
頭から腐りますが
国の舵取りは
リーダーの資質と器量が
その行方を
左右するのです。

今回のエントリー。
とってもとっても・・
とても長くて・・

ありがとう 感謝 御礼 詫び 笑

ゴメンなさいね。 (苦笑)


政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 気弱な地上げ屋 グルメブログ ふるさと納税

| ホーム |


 ホーム