FC2ブログ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

野党統一会派 「今、必死に数合わせしてるのは? 少し前まで、永田町の数合わせに組しないと言っていた・・この私です」 枝野幸男

うだるような暑さが続く毎日・・。
皆様
いかがお過ごしでしょうか?

残暑お見舞い・・
申し上げます。

お詫び

超大型・・
と呼ばれた台風10号

関西中国地方を中心に
酷い天気となったようですが・・
ご当地にお住いの皆様?
お現金ですかぁ?

チベット高気圧太平洋高気圧
この・・
憎っくき暑さの原因を
超大型が吹き飛ばして・・
くれることを
少しばかり期待しておりましたが・・

笑 無理 そりゃ無理

やはり、期待するだけ・・
無駄でした。 (苦笑)

気が弱いだけでなく・・
暑さと寒さ。
更には・・
湿気と乾燥にも弱いことで知られる
気弱な地上げ屋

こうした
最悪の天候が続く日の仕事は・・
バスでの移動が
最適です。 (笑)

採算など度外視し、
都内を
網の目の如く張り巡らされた
都バスの路線。

紫外線たっぷりの路面をほとんど歩かず
冷房ガンガン効かせた
都バスを使い
目的地を
次から次へと移動出来るようになったら?
あなたも
不動産屋として一人前になった
ということでしょう。 (大笑)

笑 オイオイ 2

ということで・・
先日
都内某所・・。
都バスの
バス停での出来事。

近くのバス停から乗り継ぐため
ホンの数十メートルの距離を
歩いただけで
汗びっしょりの
気弱な地上げ屋。 (苦笑)

屋根付きのバス停の
日陰に入って
列に並び、ふと前を見ると?
ベビーカーに子供を乗せた母親。

これは・・
「乗車する時に、ベビーカー持つの手伝い・・」
「また良い人ぶることにしよう!」
「一日一善だぁ!」
こう思って・・
ベビーカー覗き込むと?

携帯扇風機

携帯扇風機が巻き起こす
熱風
モロに顔に浴び
「ハァハァ・・」
顔真っ赤にして
熱中症寸前の乳児が・・。

子供の危機を
スマァホいじってる母親は
まったく気付いておりません。

「オイ! お母さん? 子供の顔見てよ?」
「この暑さのなか、扇風機の熱風なんて顔に当てたら・・」
「顔に向けて、ドライヤーかけてるのと同じだよ!?」

気弱な地上げ屋
突然の指摘に
驚き、
ベビーカー覗き込む母親。
扇風機を止め、
子供の名前を連呼してます。

そして・・

笑い えらい

次の瞬間には
ニッコリ微笑み・・
「有難うございました・・」
こう言うのかと思ったら?
なんと、怒ったように
気弱な地上げ屋を睨みつけてます。 (苦笑)

スマァホなんかいじってて
子供の危機に
気付かぬ自分に
全責任があり
親切な紳士のおかげで・・(笑)
危うく危機を脱したと言うのに?
なんですか?
この態度は?

まったく
呆れて・・
怒る気にもなりません。

笑 江頭

そんなこと言いながらも・・
「アンタ? 気をつけたほうが良いよ!」
「世の中、気がつく人間ばかりじゃないんだ」
一応怒りましたけど・・。 (笑)

このように・・
自分が悪いくせに?
自分のミスを認めることが出来ず
自分以外の
誰かに
責任転嫁しようとする輩は
世の中に
大勢いるものです。 (苦笑)

少し前まで・・

立憲民主クン

この党を支持し
応援してきましたが・・
今回の参院選では
愛想つかした
300万人の有権者

風に乗って
支持してくれた
この皆さんたちは
期待してたメッキが剥がれかけた途端
「期待しただけ・・無駄だったな」
台風と同様・・
風と共に去りぬ・・。
なのでしょう。
当然です。 (苦笑)

野党勢力を
まとめる統率力も無く
第一、まとめる気が
あるのかどうかも
定かでない。

安倍一凶を許している
最大の原因は?
有権者の期待を
受け止めることが出来ない
自分達にあるってことを?
判ってはいるが・・
認めることが出来ない。
自分達の失敗を
認めることが出来ないのです。

笑 なに言ってんの

前回のエントリー。
書いてる最中に・・
立憲民主党 枝野代表 野党各会派に衆議院での統一会派打診」
こんなニュースが飛び込んできました。

いや、驚きました。
こうした手順で進めていくことは
耳にしてましたが・・
聞いてたタイミングは・・
秋の臨時国会前です。
つまり・・
1ヶ月も早い。

こうしたハナシは
オモテに出た時は
ハナシが全て出来上がっている。
プロレスよりも綿密に・・
練りに練られたシナリオ通りに
コトが運ぶ。

当然の如く、
こう考えてましたが・・
これまた、なんなんですか?
この展開は? (苦笑)

笑 やっちまった

それでは、本日は・・
立憲民主
党本部に放つ!
草の者に
ご登場戴きましょう! (笑)

「野党統一会派のハナシ?」
「問い合わせが来ると思ったよ」

「何で、枝野さんはあんなに焦ってるんだろ?」
「参院選直後なんて・・」
「見てて痛々しいほどだよ」

「少し前に・・休養したでしょ?」
「食あたり・・急性胃腸炎なんてコメント出してたけど」
「神経性胃炎だよ、ありゃ」
「トイレの音が・・」

笑 ウンコ

「事務室にまで聞こえて来たくらい」

「そりゃ堪えるだろ? 300万票も減ったんだよ?」
「支持失いつつあるということは・・」
「政治家にとっちゃ、階段転げ落ちるようなもの」
「恐怖そのものさ」

「そこへ来て、あの・・」
「見当違いの阿呆が・・」

2福山
(筆者注: 痩せていたころの金正恩ではございません)

「参議院は無理だから、衆議院だけ先行して統一会派作れば?」
「国民参議院のあの連中は下駄の雪と同じ」
「秋の臨時国会乗り切れば・・」

「何事もなかったかのようについて来るよ」

「まぁあんな・・」
「シロウトでもやらない与太話を?」

笑 24-3

「枝野さんが信じちゃうとは思わなかったけど・・」
「ホントにやっちゃったんだよねぇ?」

「案の定・・社民からは」
「衆議院ではなく、参議院で統一させましょう!」
「なんて逆提案されちゃうし・・」

「国民からは・・」
立憲民主の政策に協力することが条件?」
「ナニそれ?」
「統一会派結成するって・・提案じゃなかったの?」

「何で、こんな・・」
「野党共闘の入口で・・」
「躓いちゃうのかねぇ?」

笑 39 その通り

「それでなくたって・・」
「旧民主党勢力の再結集だって思われてるのに?」
「旧民主党の内ゲバ体質まで復活?」
「枝野さんも福山も・・」

「こうしたドタバタが、国民から見たら?」
「どう見えるか?」
「こうした視点がまったく無いんだよ」

「特に福山ってオトコは・・」
「自分のことを福ちゃんなんて呼ぶくらい・・」
「絶望的なほど感性が鈍い」

「安倍一凶の最大の要因はここだよ」
「マトモな人は・・こんな野党じゃ」
「まだ、自民党のほうがマシ」
「そう考えるんじゃないの?」

「今回、れいわが伸びたのも・・」
「既得権益持つ者への反発や・・」
「将来不安や今の社会への不満を抱えた層を掘り起こしたことだよ」

笑 なるほど

「そして、これが一番大事なことだけど・・」
「何かが変わるかも?」
「こうした期待や希望を感じさせたことでしょ?」

「これから野党がチカラを結集して取組むべきは・・」
「れいわのように、庶民の生活実感に・・」
「寄り添う公約だよ!」

「それが、枝野さんや玉木さんに?」
「出来ると思う?」

「近くに居る、オレだって疑問視してるのに?」
「遠くから見てる人たちが?」
「信頼寄せるとは・・到底思えないよ」

「じゃあどうするんだって?」
「大きな画を描くとしたら?」
「あとはグルメブログに・・任せるよ」

天気なら?

期待しながら?
当らなくても?
「まぁ仕方ないだろ・・」
で済ませられますが
政治の世界では?

期待しながら・・
その期待を裏切られると?
落胆は・・

笑い 怒り

怒りへと
変わってしまいます。

このたびの・・
野党陣営の
もう何回目になるのでしょうか?
数えるのが
馬鹿らしくなる失態。

高笑いしてるのは・・

菅 問題ない

この人であり・・
この・・
オトコです。 (苦笑)

安倍コベ 7

もういい加減・・
野党陣営の
幹部と呼ばれる連中は・・
政権奪取に向けた戦略。

世論を喚起し、
有権者を奮い立たせる・・
戦術。
これら・・
大きな画を描く能力が
欠如していること

自覚するべきです。

では?
能力が無い人間が?
希望を適え、
目的を達成するには?
どうしたら良いのでしょう?

答えは簡単です。
能力がある人間に
その知恵や
経験を活かし

一ちゃん

その能力を
十二分に発揮してもらえば
良いのです。

この期に及んで・・
「一人で500万票集められる・・オトコ」 に
頼ろうとする。
グルメブログの姿勢には
古株レギュラーを中心に
多くの
ご批判を頂戴しております。 (苦笑)

しかしですよ、皆さん!?

国の姿を
一変させるような
大事を為すのに?

設計図も
ロードマップも無しに?
成し遂げられるわけが・・
ないでしょ?

現役最古参国会議員の・・
経験や
知恵を
侮っては・・
いけません。

笑 その通り

夢をバカにする人間から・・
離れなさい
器の小さい人間ほど・・
ケチをつけたがる
真に
器量の大きな人間は・・
「必ず出来る!」
こう思わせてくれるものだ・・
マーク・トウェイン (アメリカの小説家。 トム・ソーヤの著者)

苦境を抜け出すための
最善の方法は?
笑われようが・・
チャチが入ろうが・・
どんな方法使ってでも!
最後の・・
最後まで・・
やり抜くこと!
です。

政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 気弱な地上げ屋 グルメブログ 立憲民主 国民民主党 枝野幸男

| ホーム |


 ホーム