FC2ブログ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

「晋三ちゃん? 10月総選挙しかないよ!野党の準備が整わないうちにね。 勝利の方程式さ。 ところで方程式ってナニ?」 麻生太郎

本日の掴みネタのテーマは・・
「勘違い」

誤解や
勘違いに気付かぬままでいると・・
程度の差はあるにせよ
思わぬトラブルに巻き込まれたり
とんだ災難に遭うことは
避けられません。

しかし
勘違いの多くや
誤解は
ほんの少しの注意を
しさえすれば?
防げるケースが
ほとんどのはず・・
です。

笑 オイオイ 2

先日・・
近所の大型靴店に行ったときのこと。

その靴屋は
いつもサンダルの安売りセールをやっていて
重宝してます。 (笑)

この日もサンダル買いに行ったのですが
店舗入口脇に設置された
ワゴン一杯のサンダルを物色し始めたら?
店の中から
大声が聞こえてきました。
しかも、相当怒気を含んでいます。
これは・・
尋常ではありません。

様子を窺いに
店の中に入ると・・
近所の顔見知り
熊蔵さんが
店長相手に、
凄い剣幕で怒鳴りつけてます。

なぜ なんでだろう 笑

この店は
店長のSとも
顔見知りです。

こういうときは
揉めてる双方の顔見知りが
間に入るのが
最も早い解決法です。 (笑)

「まぁまぁお二人とも落ち着いて・・」
「どうしたっていうのよ? 熊蔵さん?」

「おぉ! 気弱な地上げ屋さんじゃねぇか?」
「聞いてくれよ!」
「この店ったら・・人をバカにしやがって!」

高血圧症の持病がある熊蔵さん。
気弱な地上げ屋の顔を見ても
気が収まりません。
血圧は多分・・
200をゆうに超えてるでしょう。
こんなところで倒れられたら?

葬式 葬儀 告別式 三角 白い布

こっちが困ります。 (笑)

「よぉよぉ熊蔵さん? そんなに興奮しちゃぁ?」
「体に悪いよ」
こうしたときは
あまり興奮してない方から
ハナシを聞いたほうが良いでしょう。
「で、Sさん? いったいどうしたって言うのよ?」

少々ふてくされた顔した
S店長。
「このお客さん・・気弱な地上げ屋さんのお知り合いですか?」
「このお客さんが勘違い・・」

「なんだと!?」
「まだオマエ! このオレが悪いって言うのか!?」
熊蔵さんが
横から声を荒げます。

「まぁまぁ熊蔵さん? 落ち着いて・・」
「まずは、ここに腰下ろしなよ」
「ここはアタシに任せなって」

「判ったよ・・」
ようやく熊蔵さんを落ち着かせ
店長にハナシを聞きました。

「ですからね? 気弱な地上げ屋さん」
「ウチが店先に出したこの・・のぼり旗」
「書いてあるでしょ?」
「靴 下取り放題! 超拡大してます!」

「これをね? このお客さんが・・」
「靴下はどこにあるんだ? 取り放題なんだろ?」

笑 オイオイ 2

「これじゃ・・」
「イチャモンですよ」

事の次第を悟った気弱な地上げ屋
固まってしまいました。 (苦笑)

「靴下取り放題! 超拡大してます」
こう書かれたのぼり旗を・・
熊蔵さん。
「靴下 取り放題! 超拡大してます」
勘違い・・
しちゃったようです。 (苦笑)

靴屋なんだから?
靴下なんか売ってるワケないだろ?
考えりゃ分かるようなもんですが・・
靴下買いに行こうとして
店の前通りかかった
熊蔵さんにとっては
「ラッキー!」
勘違いしちゃったようです。 (苦笑)

でも勘違いが明らかになった後の
熊蔵さんの態度は
「Sさん? このアタシが悪かった! このとおりだ!」
生粋の江戸っ子らしい
スジの通ったものでした。

笑 1

熊蔵さんのように・・
ご自身の間違いや
勘違いに気付いたら
直ぐに過ちを認め
迷惑かけた相手に謝罪する。

軽微な紛争における
自身への
被害を最小限に留めるコツです。

しかし
世の中には
これとは真逆の対応・・。
つまり、自身が
間違っていたことに
気付いても?
誤りを正すどころか
間違いを正当化し
言い訳ばかりを言い募る。
こうした人も
大勢います。

特に
こうした人が多いのが・・

安倍 2-3

この人を始めとする
この人の
周囲の人々ですが
我々野党の側にも
残念ながら
少なからず
こうした人達が
居ります。 (苦笑)

代表的な人たちに・・

前原 15 口先野田8菅99

この人達がいますよね。 (笑)

とっても罪深き
罪多き人たちですが
この人達の
最大の大罪は
消費税増税を主導した
ことです。

今回の
コロナ禍に於いても
罪務省は
良い仕事をしました。

ここで気を付けて戴きたいのは
この「良い仕事」というのは

笑 驚き ぎょっとする

罪務省や霞が関にとって良い仕事
であって
決して!
多くの国民にとっての
良い仕事ではございません。

今回のコロナ禍。
奴らの最大の成果は
消費税減税
議論を持って行かなかったこと
です。

自民党内でも
若手を中心に
消費税減税
生活支援の中心に据えるべし

こう唱える人たちも
ある程度いました。
しかし
暫くすると?
こうした声は
まったく聞こえなくなったでしょ?
全て・・
罪務省を中心とする霞が関に
鎮圧されたからです。

そして鎮圧された政治家のなかには

枝野 演説

この人もいました。

エッ?
小さ過ぎて・・
誰だか分かんない?
分からないままで・・
良いですよ。 (笑)

都知事選に於いても?
野党統一候補が実現しなかった
理由は
関係する人それぞれに
少しづつ
責任があるのですが
それはそれとして
なぜ?
この人が・・

山本太郎 れいわ

都知事選挙だと言うのに?
消費税減税での野党合意
拘ったのか?
このことに
注目すべきです。

それではここで!
れいわ新選組の内情をよく知る人物に
今回・・
なんで出ちゃったの?
について (苦笑)
語って戴きましょう。

「太郎が野党統一候補の条件として・・」
「消費税5%への減税公約を条件にした理由」
「衆院選を見据えてのものだよ、勿論」

都知事選に?」
「消費税は関係ないだろ?」
「確かに関係ないよ」

笑 ずっこける ズル

「だけどね。 野党統一候補として出馬したとしても?」
「2月以来、連日テレビのスポットライト浴びてる小池さんに?」
「勝てるわけないじゃない?」

「要するに・・負け戦に出陣してくれ?」
「特攻隊に志願してくれ!」
「そう言ってるのと・・同じことよ?」

「だったら・・都知事選の後に控える」
「総選挙でも? れいわの公約の一丁目一番地」
消費税減税で? 野党がしっかり連携出来るのか?」
「見極めるのは?」
「当然じゃない?」

笑 そりゃ そうだ

「ところが・・玉木は玉木で」
「実質小池支援だし・・」
「枝野は乗って来ると思ったけどね」

「枝野が乗れなかった理由」
「れいわの公約に乗っかるということは」
「野党の盟主の座も譲ることになる」
「そう思ったのだろう」
「小っちゃいヤツだよ、まったく」

「とてもじゃないけど、なんの見返りも無しに?」
「討ち死にしてくれ?」
「ハイ結構ですよ・・」
「そんなヤツいるわけないでしょ?」

「もう・・罪務省の洗脳が説けない人たちを相手にしたって」
「埒明かないってことですよ」

「宇都宮さんには敬意表してますよ、太郎は」
「選挙の邪魔する気もサラサラありません」
「だったらなぜ? 党内にも出馬断念を求める声が充満してるなか」
「敢えて出馬したのかって?」

「1つ目は・・」
「連合東京が、小池支援で表立って動くとなったから」
「2番手取れる可能性があるってこと」
「2番取ったからって? それがどうしたって?」
「どうもしないよ!」

真っ逆さま 笑

「出馬を決断した最大の理由は・・」
「党の金庫なんだよ」

「金庫の風通しが」
「良くなり過ぎてる」

「去年の参院選のときは・・」
「実質3ヶ月間にだよっ?」
「33000人ほどの支援者から」
「4億もの寄付が集まったんだ」

「党本部の賃料は・・諸経費入れて月300万弱」
「人件費なども入れると?」
「毎月、息しているだけでも500万は出て行くんです」
「参院選後、もう1年近く・・」
「収支の赤字が続いてる」

「顔と名前を・・」
「メディア通じて売り込んで」
「山本太郎ここにあり!」
「しっかりやるから寄付してね!」
「これを示す必要があったんですよ」

気弱な地上げ屋さん? アンタも言ってたじゃない?」
「本丸の衆院選のために・・都知事選に出るべき!って」
「結果的に・・そうしたってこと」
「実際、寄付も飛躍的に増えてるしね」

カネ 金

結局のところ・・
カネのためってとこが
イマイチですが (苦笑)
綺麗事言ってても
政治なんて出来ないことも事実ですし
選挙やるには?
カネがかかるってことも事実。

ここは・・
強い批判は
避けることと
致します。 (苦笑)

勘違いには
やむを得ない側面もございます。
ただ、政治家には
一秒でも早く
勘違いに気付いてもらわないと?
困るのは・・
そんな人物を支援してきた
支援者であり
多くの国民です。

笑 だろ そうだろ

勘違いを
勘違いだと気付かず
或いは
気付いていたとしても?
しらばっくれて?
勘違いしたまま
前に進もうとする。

こんな政治家には
いくら期待しても
時間を無駄にするだけ
です。

欠点は多くても・・
霞が関を
根本から作り変える。
この大事業をやり遂げられる
可能性が少しでもある政治家

山本 太郎ちゃん 3

グルメブログでは
全力で支援することと致します。

理想的な政治家など
この国には存在しないのですから・・
よりマシな政治家を
選ぶより他・・
ございません。 (苦笑)

因みに・・
気弱な地上げ屋は
仁義を固く守る
ことを
旨としております。 (笑)

今回の都知事選

宇都宮センセ

このかたの・・
陣営を代表し
開票立会人を務めることを
皆様に
報告申し上げます。 (笑)

スジを間違えることは
誰しも
あるかも知れません。
しかし
スジを曲げることは
決してしては
いけません。


政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 気弱な地上げ屋 グルメブログ 都知事選 消費税減税

| ホーム |


 ホーム