カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ランチリポート番外編 箱根 風祭 「うなぎ 友栄」

本日は久々に 「ランチリポート番外編」 です。
いつも、毒舌ばかりで (笑) 口の中が 「毒だらけ」 状態なので、たまには美味しいもの食べないといけません (苦笑)。

本日、ご紹介するのは箱根、と言っても最寄り駅は 小田急・箱根登山鉄道になりますが「風祭」 にあります 「うなぎの友栄」 です。

創業18年だそうです。
箱根は、リゾート開発を得意とする 「気弱な地上げ屋」 にとっては、第二の 「地元」 みたいなものです。
と申しましても今回の訪問は初訪問です。
ここに、鰻屋があることは、知っていたのですが、それほど気にかけていませんでした。

今回、昼時このあたりを通りかかるので、 「食べログ」で、お店の評判を調べてみたところ、ここがダントツなので初トライと相成った次第です。

グルメサイトは数あれど、 「気弱な地上げ屋」 のお勧めは、この 「食べログ」です。
グルナビ」 なるサイトもございますが、なんせ編集方針が 「お店どっぷり」 なもんで (苦笑)、「失敗した~!」って人も数多いのでは?
このサイトの良いところは、「気弱な地上げ屋」 のような ネガティブな意見を数多く発言する投稿者にも 「寛容」 なところです。
クチコミが 「ヨイショ (良い所) 」 ばかりのサイトは 「信用なりません」 。

早速、「友栄」 さんに潜入取材 (大げさだな(笑)) です。

12:00に予約したのですが、高速が順調なため、20分近く前に到着です。
11:40だと言うのに、駐車場はほぼ満車状態です!
しかも、「気弱な地上げ屋」 のダンプ、いや大型車は止め難い!
そこで、お隣の広大なローソン駐車場に車を滑り込ませます。
ここのオーナーは 「良く出来て」 います。
千円ほどの買物をしたあと、 「ちょっと、横で鰻食べて来るわ。 車、見といてヤ」 との「気弱な地上げ屋」 の 「お願い」 も快く引き受けてくれます(笑)。
こういう場合、「車、停めさせてください」 なんて 「弱気」 ではいけません。
駐車は 「当然」 で、さらに 「監視」 まで 「依頼」 するくらいでないと、地上げ屋とは名乗ってほしくないですね (笑)。

この店は必ず予約が必要です。
この 「数分間の手間」 を怠ると、余程運が良い場合は別として、一時間以上は待たされます。

「気弱な地上げ屋」一行は、キモ焼き、うな重、白焼き御膳、そして 「もずく」 を注文しました。
大きな反響を呼んでいる 「キモ焼き」 ですが、評判に偽りありません。
すばらしい 「鮮度」 です。
うな重などにも 「肝吸」 がついていることを考えれば、この 「キモ」 は別途仕入れだと推察出来ます。
それにしても、すばらしい鮮度です。
卵黄を絡めて食べるよう盛り付けられていますが、この卵。
「ただもの」 では無いことは、見れば判ります。
少し 「突付いた」 だけでは、黄身が破れません。
黄身を絡める、と言うアイデアも 「なかなかのもの」 ですが、「気弱な地上げ屋」 クラスのアル中になると、キモそのままでも、適度な苦味で、思わず 「ビールもう一杯」 って感じですね。

白焼きも含めて、鰻が出てくるまで、たっぷり45分はかかります。
多分、 「捌き」 からやっているのでしょう。
本物です、この店。

や~っと鰻が来ました!
ご飯の 「盛り」 については、意見が分かれるところでしょうね。
「盛り」 は少なめです。
「気弱な地上げ屋」 一行は、朝ご飯が遅かったので、これで 「良し」 でしたが、通常でしたら 「もっと盛れヤ!」 となったでしょう。
しかし、この鰻の 「照り」 。
炭は備長でしょうか。
外皮は 「パリッパリッ」 ですが、中はクリーミーなほどの柔らかさ。
「焼き番」 も見事な腕です。

「茶碗蒸し」 や 「もずく」 にも 「高評価」 のかたも多いようですが、こちらは 「並」 です。
ただ、この店。
店主が、相当 「食材」 への 「こだわり」 があるのでしょう。
どの材料も一級品です。

従業員の接客態度も良く、そのうえトイレまで、清潔なので、「ケチ」 のつけようがありません。

しかし、「気弱な地上げ屋」 が最も感心し、驚いたのは、テーブルにおいてある 「山椒」 でした。
ここの 「山椒」 は一級品です。
そこらのスーパーで入手出来る代物ではありません。
青々とした山椒がすりおろされて、竹筒に収まっています。
この山椒と同様の代物を、和歌山県の山椒栽培農家で振舞われたことがあります。
そのときと同じものがここにあります。

総理大臣 (8月12日現在) が 「矜持」 の意味も判らずに発言する時代。
店主の 「矜持」 が感じられる店を久々に訪問することが出来ました。

毒舌で鳴らす 「気弱な地上げ屋」 ですが、誠に不本意ながら (笑) 、ミシュラン風に言うと 「星三つ」 です。




こんなお店行きました">こんなお店行きました - ジャンル : グルメ

<< 赤城帝国?? 「すでに勝負はついてます」 バンソウコウ赤城 | ホーム | 負けっぷりよく やってもらいたい! 麻生太郎 >>


コメント

日銀総裁もお出でに

afriex様
コメントありがとうございます。
Journalの件は了解です。
高野さんや平野センセイなどにバレたのかと一瞬ギョッとしたので、お尋ねした次第です(苦笑)。
本人は、グルメブログのつもりで書いているのですが・・・・なかなかエントリーできずに
誠に申し訳ありません(笑)。
今後、こちらのほうを充実させてゆきたいと考えていますので、
どうかご贔屓に(笑)。
お店のなかには、「気弱な地上げ屋」の訪問時、日銀総裁もいらしていた店もあります。
帰り際に「総裁!多くの国民のために!早く、ゼロ金利解消してくださいね!」と声掛けて
お店のマネジャーにひんしゅく買った過去もございます(笑)。
また阿呆さん。
彼の行く店のマネジャーが言うには、彼はソファにドカッと座るタイプだそうです。
カウンターに座ることは普段から滅多にないと聞いております。







グルメ政策審議員・・

先日は有難う御座いました。舌足らずで失礼しましたが
The Journalから、
偶然見つけた地上げ屋様のブログへの気ままなアクセスです。
田舎者で恐縮のほどヨロシクお願いします。

過去ブログ、食のページ楽しく拝読しました。
辛口の政治論とは趣を変えて肩が軽快になる?庶民的な味覚が伝わってきます。
掲載の店には近場を通った時寄ってみたいです。ネ

政治・経済と飲食との関連は意外と面白く、日本の経済の舵取りの重責を担う
日銀政策審議員の一人がよく焼肉を食する場にいました。
妙にこの人が日銀の経済政策を動かしている人なの?と近場で不思議しておりました。
なんせ品がない、大衆飯屋で喰らいつくような食事模様に違和感がありました。
ある種の経済の専門馬鹿の体で逆説の納得でありました。
聞けばお住まいは一等地の億ションで当然でありますが、
単なるメタボなオッサンであります。天下の日銀の政策審議員といえばそうですが、
ウーンと唸ってしまいました。
頭のいい人・政治家は?大都市東京のグルメ三昧の印象がありますが、
知恵ある庶民目線を持つグルメ政治家の範疇ではおりますでしょうか?

元官僚走狗の福田のワインスキ、麻生のカウンターBarスキは他人事とはいえ
政治家ではなかったクワセモノの贅沢世襲グルメを垣間見ました。・・・・


折角の民主政権ですので改革の進行をセッカチニ求めてはいませんが、
鳩山氏・小沢氏・亀井氏の3者を足して2分割で誕生したような
司令塔が欲しい気がします。
亀井氏を除きお二方ともユーモア世界から遠い人間模様かいなと思います。

お褒めにあずかり光栄です

scotti様
コメントありがとうございます。
三ツ星ですので (笑)、わざわざお訪ねになられても宜しいかと存じます。
その際は、山椒のご賞味をお忘れ無く。

一票の格差の件。
恐れながら、「2倍以内なら良し」 とは、どの法律にも書かれておりません。
最高裁のアホ判事どもが体制を恐れるばかりに出した判例があるだけのことです。
法の下の平等を厳密に実行すれば、選挙区は劇的に変化し、体制にどっぷり浸かってきた政党は、壊滅することでしょう。
9月以降は、この運動をやろうかと目論んでいます。

ラ・ターシュは、馴染みのワイン屋の "棚卸" を狙い、卸値 (笑)で入手しました。
因みに、フランスでの卸値です (笑)。
また、飲みたいですね。皆さんのようなお仲間と。
でも、帰国して以来ヒマなもので (苦笑)、なかなか機会がございません。

ご縁が(笑)

udonenogure様
コメントありがとうございます。
道理で、何か 「虫の予感」 (笑) がしました。
ご縁があるようで(笑)。
I hope to see you pretty soon!

グルメりぽーとも一流ですね。

食通のりぽーとを堪能させて貰いました。
忘れてはいけないお店のようですね。
とくにローソンに監視を求めるところは流石です。
お尋ねの1票の格差ですが、法律的な答えは2倍を超えては基本的に違憲なのでしょうが、結果としての平等はそれで守れるのか?との疑問もあります。
それ以上の考えを持っていません。

昨日もわが国の首相は漢字を読めなかったようですね。
希求ぐらいちゃんと読めよと麻生首相に希求します。
それとも首相も不安で早く選挙区に帰郷キキョウしたかったのかな?

ラ・ターシュは1本5万円以上だそうですね。
政権交代したらラ・ターシュで乾杯ですか?
政権交代までカウントダウンあと15日。

あれま

隣の川の酒匂川・山北の鮎の囮屋さんで少しの時間いました。、カップめんのつまみで缶ビールを少々呑んでいたのに(笑

貧しい「あて」ですわ(笑

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


産経の意見を聞きたいものだ

2006年9月11日(日本記者クラブでの麻生発言) http://www.jnpc.or.jp/cgi-bin/pb/pdf.php?id=234 「私は、8月15日、 負けた日に行くのはあまり潔しとしません。 あそこは戊辰の役以来の方々がおまつりしてあるところなので、少なくとも4月、10月の春、秋の


一票の格差と最高裁国民審査

  8月4日に 「気弱な地上げ屋」さん が、ブログの中で 「一票の格差」 について説明をしてくださっていた。 その中で、升永英俊弁護士のコラムの紹介もしてくださっていた。 この升永英俊弁護士は、 青色発光ダイオード訴訟の原告側代理人で名を馳せているのだが、カルト...


 ホーム