カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

世の中 「負けたほうが良い」 という場合もあります

週末恒例の 「秀逸なるコラム」。
久々に尊敬する 宋文洲さんのコラムをご紹介します。
題して 「負けたほうがいい」。
宋さんは、このコラムの寄稿と合わせて、最近の国連総会でのゆっきーの演説に大変感慨を覚えたそうです。
合わせてご紹介致します。

鳩山総理が国連で行なった演説を拝見しました。
正直言って感動しました。
日本に長く居た人間として、初めて日本外交を誇りに思えました。
理想論者と言われるかもしれませんが、理想はつまり夢です。
世界の夢を率先して語る日本外交は初めてだと思います。
本当の力は人々の心を動かす力です。




同期より少しでも早く昇進しようと、あれこれ上司に媚を売るサラリーマン達。
子供が塾や学校などで近所に負けないために、懸命に頑張る母親達。
少しでも他人を出し抜こうと、頻繁に車線を変更するドライバー達。
毎日、ほとんどの人々は知らないうちに他人との勝負に参加しています。

しかし、社長まで昇進できた人は同級生の中ではただ一人、しかも実力でもなく努力でもなく運が決め手。
塾や学校で負けなかったが、子供は親と同様に人生の意味に気付かない。
何台も追い抜いたドライバーは、結局同じところで信号を待っている・・・・・・。

決して「成功者」への嫉妬ではないのですが、勝負に執着する人の多くは、勝っても負けても人生が負けてしまうのです。
株式投資を見れば分かるのですが、必ず株が上がる時に市場に資金がどんどん集まり、下がる時に市場から資金が一気に逃げ出します。

長年他人のお金を預かって運用してきたファンドマネージャーの友人が、私に密かに言いました。
「宋さん、株は儲からないようになっているよ」と。
少しでも他人に勝とうと「機敏」に売買したところで、ほとんどの投資家が損してしまうのです。

「勝ちたい」、「他人に遅れるまい」。そんな勝負の心が、残念ながらどんな人間にも本能として潜んでいます。
しかも目の前にある相当くだらないことでむきになり、自分が見えなくなるのです。
その先に何があるか、何のためにこんな勝負に参加しているかはまったく考えないのです。

なぜ走るか、走る人がいるからだ。なぜ行列に並ぶか、並ぶ人がいるからです。
なぜ良い学校に入りたいか、できる人が皆良い学校にいくからです。
残念ながら、この程度の理由で多くの人は人生を浪費してしまうのです。

趣味に没頭する時間、家族と一緒に居る時間。
そんな刺激のない静かな時間に幸せを感じられるようになれば、人は本当に幸せだと思います。
我々人間がなかなか幸せになれないのは、些細なことで他人と比較し、勝負する癖があるからです。

無意味な勝負に人生を浪費している間に、公園ではきれいな花が咲き乱れ、海では真っ赤な夕日が海面に落ち、家では巣立ち前の子供が親の帰りを待っているのです。
この瞬間にも多くの幸せが我々を待ち侘び、それを掴まないと二度と我々に属さないのです。
我々には他人との勝負に参加する暇はないのです。

幸せの尺度は幸せに生きる時間の多さです。勝負に勝ったとしてもその幸せは一瞬ですが、一輪の蒲公英のように静かに春を楽しみ、自然に風に自分を託す生き方こそ最後の一瞬まで幸せなのです。

私が嫌いな日本語に「勝ち組」と「負け組」 (筆者注:子鼠・タケナカの造語です) があります。
人生は自分に属す幸せを自分の心で感じ取る過程であり、決して他人との勝負ではないと切に思う
からです。

経営とコンサルティングを通じて多くの方々と出会ってきましたが、仕事ができる人も幸せになる人も、決して勝負にこだわる人ではなく、むしろ自らうまく負けている人なのです。




宋さんと "一杯" やりたい、と思い、コンタクトを取ろうとしたのですが、
ご本人は既にご家族と中国に "移住" してしまったそうです。
この人は "大人" ですよ (笑)。
年に1-2回は "来日" するそうですので、機会があったら、お目にかかってお話してみてください。

「気弱な地上げ屋」 も自らうまく負けている人を目指そうと思います。

みんなに知ってもらいたい">みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

<< 「天下り」 で優雅な余生? あ~まぁ下り・・・坂な余生です・・・。 石原慎太郎 | ホーム | IOC総会は 「あ~おいし~」 モリキエロー & 石原しんだロー >>


コメント

心に染み入る言葉

jeanvaljean様
連続コメントありがとうございます。
> 心に染み入る言葉
とは、タブン宋さんの「秀逸なるコラム」のことだと推察いたします。
彼は大人(たいじん)です!

心に染み入る言葉です。人生はこうありたい。ありがとうございます。

今後とも、宜しくご厚誼の程、お願い申し上げます。

yamameさま
久々の(笑)コメントありがとうございます。
タイトル変更は、思いのほか簡単だったので、もう済ませました。
心機一転、切れ味鋭い "批評"を期待しております!

Re: さすが亀井先生、でも民主党は?

ぶちぶち様
コメントありがとうございます。
「結果の平等」は支持しませんが、「機会の平等」は国家の果たすべき役割だと考えております。
建前として、不公正を肯定する人は一人もいないと思いますが、
現実は歴然たる不公正が存在します。
あまりにも傷が大き過ぎ、速やかな解決が果たせないかもしれませんが、
しっかりやるはずですので、寛大なお心で見守って戴けますよう、お願い申し上げます。

カメちゃんの件。
彼は30年以上もの芸歴・・・いや政治歴がある芸人・・・いや、政治家です。
最終的には、正しい政治的判断をするはずです。
金融庁へは、簡単名事前手続きで大臣室に入れますので、
機会がありましたら、直接本人を激励してください。
そういう事をすると、とても喜ぶ人です、彼は。

こんにちは

相変わらず楽しませていただいてます。

さてこのたびわたしのブログ名を変更しました。
「狐と狸とカラスどもに怒りを」→「政治の季節」
今後ともよろしくお願いします。

さすが亀井先生、でも民主党は?

亀井先生の発言が物議を醸しております。大企業が、殺人を呼ぶ的な発言。結構、真理を突いているような気が。
民主党が最近、経団連の御手洗氏と接触していることに危惧しております。偽装請負。
自民党の変な政治で、格差が広がり、貧困が蔓延しました。でも、貧しさで人の精神は荒廃しません。不公正が憎悪とモラルハザードを引き起こしたことを意外に気づいている人は少ないですね。安倍総理のお友達擁護。偽装請負と諮問会議での御手洗の発言で、一気に格差問題が表面化し、噴出しました。それまでも貧困は大きく社会に存在していたのに。偽装請負の問題がなければ、政策の失敗と言うだけの話だったのに。この事件のおかげで、政策云々の話ではすまなくなってしまいました。
実は貧困問題の解決の鍵は御手洗氏をどうするか、ということが鍵になるのですが、亀井先生はちゃんとわかっておられます。
ただ、民主党はどうなのだろう?かなり不安です。

良い政治家はグッド・ルーザーである

ふみたけ様
お久しぶりです。コメントありがとうございます。
また、急な出張のため、返信が遅れ、大変失礼いたしました!

前原氏は、反射神経は良くありませんね(苦笑)。
バンソウコウのハナシが出ましたが、彼も "アブナイ" ですよ、マジで・・・。
何も死ぬことはありません。
世田谷の家は、ウチの激辛の査定でも1億以上は出ます。
あとは、郷里に帰って静かに野菜や花を育てて暮らせば宜しいのでは?

岡田さんは幹事長やってから「変わり」ました。
5年後には彼が閣議の真ん中に座っていることでしょう。
まさに、ご指摘のgood loserです。

騙しにかかる官僚を・・・・(笑)

うめ様
コメントありがとうございます。
また、急な出張のため、返信が遅れ、大変失礼いたしました!
アイツと森消えろ!センセイが肩を寄せて泣きはらす姿ほど醜いものはありません。
なぜ、あれほど無関心だったオリンピックに、これほどご執心なのか?
誘致活動費の全容公開とともに都民に説明すべきです。

官僚ども。
この件、今日このあと書きます。

ホント!お久しぶりです┏○ペコ

卵かけごはん様
コメントありがとうございます。
また、急な出張のため、返信が遅れ、大変失礼いたしました!
お時間が出来ましたか?
時期を見てご連絡します。
都議会を傍聴して、ヤジ飛ばしてから「ミーティング」に入るアレンジで(笑)
宜しいでしょうかね。
軽く「悪酔い」するには、このコースがお奨め(笑)です。

鋭い分析です

shirayukiさま
コメントありがとうございます。
また、急な出張のため、返信が遅れ、大変失礼いたしました!

>日本で自殺が多いのはこんな事も起因しているように思います。
>「自らうまく負ける」って、誹りも、嫉妬もものともしない強靭な神経が必要かもしれませんよ。
同感です。
上手く負けるには、強靭な精神力が必要でしょう。

> こういう感覚って、本気で国際社会の一員になりたいなら、修正した方が良いと思うんですけれど。
これまた同感(笑)。
一度、外へ出て感じましたが、外からこの国を見ると、良~く見えます(苦笑)。



偶然です

udonenogureさま
コメントありがとうございます。
また、急な出張のため、返信が遅れ、大変失礼いたしました!
宋さんから、中川(酒)の印象を聞いたことがあります。
「あまり政治家には向いていないと思う」と言ったことが印象に残っています。
息子?彼は無理でしょう。
奥さんのほうが向いてるかもしれません。

中川昭一さん

負け組さま
コメントありがとうございます。
また、急な出張のため、返信が遅れ、大変失礼いたしました!
本当にそう思います。
保守派って、ナニを守ろうとしているのでしょうか。

趣旨をご理解戴いた証左

scottiさま
お久しぶりです。コメントありがとうございます。
また、急な出張のため、返信が遅れ、大変失礼いたしました!
親密ブログでのコメントを
何回か拝見しておりましたので、お元気なことは承知しておりました。
趣旨をご理解戴き、また心温まるご感想を賜り恐縮です。
まずゴミの件。
ご指摘のとおりだと思います。
記者クラブ解体で嫌がらせを繰り返す"まずゴミ"。
彼らがネガティブなこと書いてるうちは、「民主党は頑張っている」とご理解ください。


これは!座布団一枚!(笑)

ストレンジャー様
コメントありがとうございます。
また、急な出張のため、返信が遅れ、大変失礼いたしました!
ウーム・・・、今日は一本取られましたな(笑)。

Rothschild

一国民さま
コメントありがとうございます。
また、急な出張のため、返信が遅れ、大変失礼いたしました!
3回ほど拝読したのですが、ご趣旨が理解出来ません。
またお暇な時にでも再投稿して頂ければ幸いです。
因みに、ワイン好きにとってRothschildは、大ブランドです (笑)。

良い政治家はグッド・ルーザーである

>世の中 「負けたほうが良い」 という場合もあります
いきなり鮎の真空パック渡されて微妙な表情で撮影されてしまった御仁がこの辺体得出来ると政治家として一つステップアップできるんでしょうけどね。
亡くなった中川氏はついにこの境地に至らずに終わってしまいまいましたね。
某TV局のくど過ぎるキャッチフレーズに「絶対に負けられない戦いがある」というのがありますが、特に二世議員と呼ばれる人は悪い意味でグッドルーザーを志向出来ない面が強いと感じます。例のバンソウコウ王子しかり安倍氏しかり。
生まれた時から出来すぎる父を支えた人達の失望が恐怖に感じている人達ですので、政治的敗北=自身の存在喪失という呪縛になってるんでしょうが、だからこそ良しも悪しくも自身の政治経歴は敗北とそこからの復活だらけの岩手の誰かさんに見劣りするのかなとも思います。
思えば最近はバス・ライトイヤーに劇似と言われる岡田外相は小泉に完膚なまでに敗北を味わった経験が生きたのか、会見開放の先鞭をつけたあたりは政治家としての進化を感じました。人生どう頑張ってもどうにもならない時期があるんですが、だからこそ良い負けを志向してもそれが「当たり前」という日本になってくれればと思うし、その実現のために亀さんなりが尽力してるのを私は心から感謝している次第です。
後は鉄オタさんがJALなり某ダム問題で国として如何に「良い負け」を描けるかを興味深く見たいと思います。
…まぁ出来なきゃ政治家として終りなんでしょうが。(ぉい)

涙目な一日

都知事の涙目、キエロー先生がいるから「落ちる」んでしょうか?スミトモ不動尊と、カジマさんが、任期中にモトとるために、無茶するのでは?と、心配です。原口さん、書かれちゃいました。アブナイと思ってました。官僚が、罠を仕掛けてるそうですが、その官僚をさらに騙す罠を用意しているみたいで、「あのかた」は、総理より、忙しいのでは?

お久しぶりです┏○ペコ

本当に共感できるコラムです。
せちがない世の中にしてるのは結局「本人」なんですよね。「中酒」にも読んで欲しかったです。

お暇な時 "軽く一杯"お願いします。

結構、精神力のいることかも

うまく負けようと思っても、周りに居る「勝ち組マニア」はほっといてくれないという事も、多々有るんじゃないでしょうか...
案外、日本人でありながら、私なんか、「この国って窮屈だなぁ」と感じたりします。誰がどう見ても物質的に不足の状態で、幸福そうにしていたり、マイペースで居ると、変人扱いされたり、本当は隠し財産が有るんじゃないかとか、妙な勘ぐりを受けるというか(笑い)
かなりバカバカしいんですけれどね。
何でしょうね、これって。日本人の(隠れ)負けず嫌いは”国民性”というと、寂しくなっちゃうから、言いたくないのですが、もしかしたら、こんな雰囲気が窮屈だから宋さんは、中国に脱出したのではないかと、勘ぐる私は、やはり生粋の日本人です。
もしかしたら、日本で自殺が多いのはこんな事も起因しているように思います。案外この国で「自らうまく負ける」って、誹りも、嫉妬もものともしない強靭な神経が必要かもしれませんよ。
自分がハッピーでも、変わり種が身近に居ると、近所総動員、一族郎党にまで、批判の触手を、伸ばすなーんてこともあるでしょ。やられた自分をかえりみて思うのですが。
小学校の運動会でリレーに順位をつけないとか、白雪姫が11人居るって言う珍現象は、日本人の平等主義なんかではなく、「単に自分の子供が、競争に負けるのが嫌だから、それなら誰が一番か解らないように、同じにしてしまえ!」という、歪んだ嫉妬心に私は思えてならないんですが。
こういう感覚って、本気で国際社会の一員になりたいなら、修正した方が良いと思うんですけれど。

konnnitiha

宋文洲さん、中川昭一と共著「21世紀への座標軸」を書いていましたね。
中川昭一の息子もこれで選挙に出やすくなったのかな?

宋文洲さんの記事を書いたのは、その前兆をつかんでいたのかな?

負け組と思わなければ中川昭一も死ななかっただろうに

一人の国民でも幸せにしてあげれば政治家冥利でしょう。いったい、保守派と言われる輩は何がやりたいのか

褒められた気がして

趣味に没頭する時間、家族と一緒に居る時間。
そんな刺激のない静かな時間に幸せを感じられるようになれば、人は本当に幸せだと思います。
 
私もそう思って生きています。

無意味な勝負に人生を浪費している間に、公園ではきれいな花が咲き乱れ、海では真っ赤な夕日が海面に落ち、家では巣立ち前の子供が親の帰りを待っているのです。
この瞬間にも多くの幸せが我々を待ち侘び、それを掴まないと二度と我々に属さないのです。
 
本当にそう思います。

PS 法案出す前から、批判ばかりくり返す資本の手先マスゴミ&子飼いのコメンテーターなど、日本を悪くしているのはテレビ&新聞ですね。

世・・

>>自らうまく負ける
成程、
だからDRCロマネコンティではなく、ラ・ターシュを飲んでいるのか・・・

株それは誰が勝つか胴元ヤクザの親分ロスチャイルドだけだろう人殺しだろう世界政府樹立の為かエリザベス筆頭に EUヨーロッパ共同体次はAU東アジア共同体馬鹿の鳩ぽっぽと汚水が友愛で日本沈没後は中国の支配下奴隷ですかオリンピックデキレース日本は何処に戦争恐怖を煽り自作自演のテロサイバーテロに 人工地震にマイクロ波プラズマELFこの先未来はあるのだろうか 日本今民主党政権売国奴では景気も回復なし経済がたがた失業自殺者若しくは犯罪が増えるだけ大元の元凶を叩かないマスゴミはユダヤフリーメーソンの手先統一教会の下朴 糞だらけ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


自民党は再生しない方がいい

新総裁に谷垣禎一を選んだ自民党。 「みんなでやろうぜ」の谷垣と「腐ったリンゴを取り除け」という河野太郎、そして若いというだけの西村康稔という、不毛の選択肢のなかからの選択であった。 そして新総裁谷垣の選んだ新三役は、 幹事長  大島理森国会対策委員長(6


祝!植草さん帰還!お約束したTBも成功し、植草さんがご不在中に皆で心を一つにし闘いぬいた事をお知らせすることが出来ました

 雑談日記で設定したカウントダウンが0日になった昨日10月4日に拘留地より帰還されたことを、植草さん自身が報告されています。  土曜には、今迄の日にち表示がなくなり刻一刻と時間が少なくなって行きました。夜中に日曜日に切り替わると同時に完全にゼロ日表示に


できるからやるで良いのか・ コメコメ

tomtomさんからのコメントに対してどうコメントしたら良いか考えがまとまりませんでした。いろいろ考えさせられました。そういう個所を赤くします。赤くしたところ全部についてコメントするにはかなりの腕力が要りそうです。ひとつだけ選んで書くことにしました。賢明な...


巨大税金投入事業は、官主導の税金収奪大作戦。

 昨日は、中川昭一元財務相が、急死されびっくりした。ベットでうつぶせになって死亡


負けるが負け

 勝ち癖・負け癖、いろいろあるようなのだが、「気弱な地上げ屋」さんが 《世の中 「負けたほうが良い」 という場合もあります》という記事を書いていた。 読みながら、思った。 嫁には、負けたくないと思い、教育をしてきたつもりである。 自分より早く起きろ。...


「新型」インフルエンザ、ヤップと日本とアメリカと

今回は、7月3日の記事に掲載したポスターに再び登場してもらうことにして... はじめは豚インフルエンザ(Swine Flu)という名前で登場したのに、いつのまにか「新型」インフルエンザ(Novel H1N1)となり、いまは米国疾病予防管理センター(CDC)では2009 H1N1 Fluと呼...


たんぽぽ[備忘録]

 春しか咲かないものだと思っていたタンポポが最近では、一年中見かける。 別に不思議だと思わない方は、気にもとめないようである。しかし自分としてはやはり「タンポポは春に咲くもの」との想いが強い中で、アカミタンポポだけは秋が見つけやすい。 そもそも、蒲公英とい


 ホーム