カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

マスコミには二種類ございまして・・・一つは・・まずゴミ。 そして・・彼のような社会の木鐸もございます

週末恒例の "秀逸なるコラム" 。
今週は・・レギュラーコメンテーターからご紹介された・・・北海道新聞東京編集局の高田昌幸氏のブログから・・。
このかた。
"ニュースの現場で考えること" と題するブログを更新していらっしゃるのですが・・・・こう言うマスコミ人がまだいらっしゃったのか・・・と言う思いです。

「気弱な地上げ屋」 の知ってる連中と来たら・・・・ネタの使いマワシやパクりは日常茶飯事。
記者クラブで恵んでもらったペーパーや・・・アイコンタクトで記事書いちゃう連中ばかりです。
なかには・・・本社の指示よりラングレーの指示で記事書いてるのまでいる始末。

高田さんには・・・北海道新聞・・、経営は厳しいでしょうが・・(苦笑)・・・、頑張って戴きたいものです。

では・・どうぞ



日本のメディアは、本当に「事件」が好きだな、と思う。
質的にも量的にも事件報道の過剰ぶりは、日頃から強い違和感を抱いている。
ほんとうに、分量多すぎ、である。
しかも移り身が速い。
次から次へと事件は消費されていくから、例えば、数カ月前はどんな事件が紙面に踊っていたか、すぐには定かに思い出せないほどだ。

たしか、昨年の秋頃は、埼玉や鳥取の「婚活詐欺」「婚活殺人」で非常に盛り上がっていた。
朝日か読売か忘れてしまったが、第一報は1面だった記憶がある。
1面掲載というくらいだから、たぶん社会を揺るがす大事件だと編集責任者は思ったのだろうけど、あれは、その後、いったいどうなったのか? 

このところ、新聞は「小沢疑惑」一色である。

小沢氏の資金問題に関する各紙の記事を読んでいて、「おんや?」と気付いたことがある。
たぶん、とっくに大勢の方が気付いていると思う。
それは「原稿の書き方」である。
裁判員制度の導入に際し、新聞各社は事件報道のあり方を見直します、犯人視報道はやめます、と誓った。
まあ、新聞社の誓いなどはある意味、いたずら盛りの子供が「もうしません」という程度のものでしかないが、それにしても、である。

事件報道に関しては、少し前のこのブログで「「容疑者=犯人」報道は、やっぱり続く。」というエントリを立て、言いたいことは書いたつもりだった。
それ以前にもこのブログや雑誌などで、事件報道の書き方については何度か書いた。
それでも今回の小沢氏関連の報道はひどすぎる。

新聞協会は2008年1月の「裁判員制度開始にあたっての取材・報道指針」の中で、「捜査段階の供述の報道にあたっては、供述とは、多くの場合、その一部が捜査当局や弁護士等を通じて間接的に伝えられるものであり、情報提供者の立場によって力点の置き方やニュアンスが異なること、時を追って変遷する例があることなどを念頭に、内容のすべてがそのまま真実であるとの印象を読者・視聴者に与えることのないよう記事の書き方等に十分配慮する」と明示している。それに沿って、多くの新聞社が独自にガイドラインなどを設けた。

例えば、産経新聞は「裁判員制度と事件報道ガイドライン」の中で、<ガイドラインは「事件・裁判報道の目的・意義」を示したうえで、被疑者、被告を「犯人視」しない報道を基本姿勢としている><供述内容をはじめとする捜査情報については、「できる限り出所を明示する」ことで、情報の位置づけを明確にしたうえで、供述の変遷などに配慮し「記事の書き方の工夫」を求めている>と記している。
この中では、捜査情報の「出所明示」がミソだ。

朝日新聞は「裁判員時代の事件報道へ・信頼される記事、積極的に」という記述の中で、以下のように記した。( )は筆者挿入。

 <(捜査情報の)出所明示の狙いは「情報は捜査側から伝え聞いたもので、確定した事実ではないと示すこと」だ。「報道の主体的な判断と責任で何をどこまで報じるかを自主的に決める」として、責任を警察側に押しつけるようなものではないことも、指針でうたった。時間の経過とともに、警察側にも出所明示への理解が浸透すると期待している。>
 <情報の出所明示に対する社会一般の意識は今後、変わっていくだろう。事件報道の取材現場には、様々な慣行が残されているが、これも時間とともに変化していく。裁判員制度も試行錯誤を繰り返しながら運用されていくはずだ。事件報道もこうした変化に合わせて絶えず見直し、よりよいものにしていく努力を続けることを指針で表明した。>

もちろん、この程度のことで、問題多き事件報道の根幹が変わるとは、筆者は全く考えていないが、それでも、やらないよりはマシである。
産経、朝日に限らず、他社も似たような指針・ガイドラインを設けている。
そして、実際には「……ということが捜査関係者への取材で分かった」というふうな記述が、最近は激増していたのである。例えば、こんな感じだ。

読売新聞・1月19日 <仙台市青葉区の風俗店経営者を殺害し現金を奪ったとして、強盗殺人罪で起訴された北海道旭川市、無職笹本智之被告(35)が「東京都内で暴力団組員を殺害した」などと供述していることが、(宮城)県警の捜査関係者らへの取材で分かった。>

毎日新聞・1月11日 <……静岡県警の捜査関係者によると、5人はネット大手「ヤフー」の会員に「登録情報の更新が必要」などという内容のメールを送信。ヤフーのサイトに似せた偽サイトに接続させたうえで、カード番号などを入力させ、盗み取っていたとみられる。>

曲がりなりにではあるが、「県警によると」「捜査関係者によると」といった表現を使い、各社は事件情報の明示を始めていた。
その矢先の「小沢疑惑」である。
すでに御承知の通り、一連の資金疑惑においては、検察の激しいリークが(たぶん)続き、その捜査情報が次々と紙面に掲載されている。
しかも、そこにあるのは「関係者の話で分かった」という記述のみであり、「地検」「検事」の文字がものの見事に抜け落ちている
裁判員制度の導入に際しての各社の「誓い」など、どっかに消えて無くなったも同然である。

小沢疑惑報道に関わっている記者は、夜回りの合間などに、魚住昭氏の「特捜検察の闇」(文春文庫)や、志布志事件を扱った「虚罪」(岩波書店)などを読むこと・読み直すことを、ぜひお薦めする。



この記者。
相当・・骨っぽいかたと・・・お見受けしました。
一度、お目にかかって・・・いっぱいやりたい・・そんな感じです (笑)。

このままで、いいのか日本">このままで、いいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

<< みんなで出よ~ぜ! 自民党! ・・・ムッ! 責任政党の自分党です・・ オレは変態じゃない!新党引退の・・山崎拓だ! | ホーム | 「ひきょうなことを言って・・罪に貶めることが出来なければ・・検事として失格です」 東京地検特捜部 >>


コメント

それは・・とても重要なご提案です

月輪さま
コメントありがとうございます。
>  反撃内容と正当性を誤りなく国民に伝える環境、体制の確立が必要と思います。
> 今のマスコミ体制では誤った内容で伝わるか全く伝えられないかのどちらかです。
>編集、捏造何でも有りの連中ですから。
I guess you're right
この対策も・・・詰めてるトコらしいのですが・・なんせ・・詰めが甘い連中揃いで・・(苦笑)

火曜サスペンス劇場なら・・・(笑)

junk_in_the_box様
コメントありがとうございます。
コレが・・・火曜サスペンス劇場での出来事なら・・・笑って済ませますが・・・
こういう事態です・・。
民主主義が勝つか・・・官僚支配国家が未来永劫続くのか・・・。
皆さんにとっても・・・国の行く末を左右する大変な事件です。

ネタ元は・・・

zenbouさま
コメントありがとうございます。
東京新聞は・・・今回の"伝家の宝刀"とは無関係です。
なんで・・豹変したのですかね(笑)

可視化法案・・・後回しです

em5467-2こと恵美様
コメントありがとうございます。
> さて、鳩山さん、松野さんが可視化法案はやらない、と発言しています。
政府案としては・・・今は・・・やらない・・・と言うことです。
ただ、今やったら、あまりにもミエミエでしょ(笑)?
> また、1月末には羽毛田のクビを獲る
今、後任を選任中だと聞いております。
内定寸前までいったのがいたそうですが・・・辞退されちゃった・・・とのこと。
ハゲの名誉ある左遷・・・は・・・既定方針です(笑)。
ただ・・ご承知のとおり・・・いろいろ・・忙しくて・・
あんなハゲ・・ではなく小者の相手は・・後回しになるでしょう。
何れにせよ・・・そう長いこと・・・もちません。
ご安心を。

狙い通りの調書・・・コッチのね(笑)

You様
コメントありがとうございます。
twitterのフォローも・・ありがとうございます。
フォロー返ししてますか?
アカウントが判らない人が多くて・・・(苦笑)。
もし・・・未だでしたら・・お知らせください。
twitでも結構です。
> 策魔「この調書を見ろ。「石川秘書が勝手にやったこと」と書いてあるだろ。
>ボスはお前を見捨てたぞ。いつまで冷たいボスをかばうんだ。一晩良く考えるんだな。」
これは・・・"夢"です(笑)。
あそこの結束ってのは・・・「気弱な地上げ屋」には堪えられない(笑)くらいのレベルです。
大丈夫ですよ(笑)

司法記者クラブ・・・ですか?

hirokiさま
コメントありがとうございます。
司法記者クラブってのは・・最も閉鎖的、封建的な記者クラブです。
>池田さんが「収支報告書の総収入や総支出の金額、残高などを小沢氏に報告していた」
>と供述
池田なんかが・・・オヤブンに・・そんなこと報告?・・するわけないじゃありませんか(笑)。
まったく・・・実体を知らない連中が・・・顔見て書くから(笑)
こんなことになるんです(笑)!

カスコミ・・・(笑)

ara様
コメントありがとうございます。
カスコミ・・とは・・面白いネーミングです(笑)。
>目下の出来事もリークじゃないし、国家公務員法違反じゃありません。
>リークというのは知りえた「事実」を漏らすことであって、
>デマを流してもリークではありません。
なるほど(笑)・・。
デマを流しても・・・ってことですね(笑)。
でも、守秘義務ってのは、demagogueかどうかは問題外なのでは?




なので、国家公務員法にも違反していません。
>
> 悪いのは、デマを流そうとする奴より、デマと分かっているのに増幅器を使って垂れ流してやる連中、つまりカスコミです。
>
> しかし、デマ記事を流しても、法律上のその責任は、デマを流した奴にあります。デマ、ではないデモ、責任のあるデマ元は、無責任なカスコミが固く守ってくれます。
>
> これが、奴らやりたい放題連合軍の構造癒着なんですよね。この連合軍の解体は政治の仕事でしょうが、言論への圧力とか検察への圧力とかの呪文を恐れない政治家が得られるか。民主党の中をみると、トホホ感しかありません。
>
> 党として、ネタで誘導して、アンチ検察の記者を地道に増やすしかないかも知れません。

彼はですね・・・(苦笑)

大泉退次郎さま
コメントありがとうございます。
細野さんは・・・図体が大きいせいもあるのかも知れませんが、
瞬発力に欠けます(苦笑)。
>鈴木宗男さん、田中康夫さんあたりが民主党に合流して情報発信
実質的には・・一つです。
> 民主党が勢いづかないと都議会で石原が息を吹き返しそう(怒)
それは・・・悪夢ですね・・・

KKK?(苦笑)

desperadoさま
コメントありがとうございます。
勇気あるジャーナリストは・・・数は少ないようですが・・いらっしゃるようですね。
しかし・・・・KKK新聞ってのは・・・ネーミングが・・・ちょっとアレ・・ですね(笑)

大拍手・・・ありがとうございます!

yamameさま
お久しぶりです・・。
コメントありがとうございます。
大拍手にも・・・感謝申し上げます。

twitter・・・フォローしましたが・・・使ってるのですか?

ぺっぷ様
コメントありがとうございます。
twitter。
フォローしましたよ(笑)。
でも・・・使ってます?

久々に意見が・・・(笑)

ストレンジャー様
コメントありがとうございます。
> 良い記事だな、と言わなくてはならないのは悲しいな。
久々に・・・意見が一致したようで・・(笑)、気持ち悪いですね(笑)。
それはそうと・・・ストレンジャーさんもビッグネームですね・・・。
ニセ・・ストレンジャーを名乗るかたがいらっしゃいます(苦笑)。
匂いで判るんですよ・・・(笑)

拍手コメントも・・拝見しております!

shirayukiさま
コメント・・・そして、毎度・・拍手コメントも・・ありがとうございます (笑)。
> 高田昌幸氏も大変ですね...
このかた。
現場ではないようですが・・・報道人として・・コレだけ書いちゃうってことは
なかなかの人物と拝察しました。

差し出がましいと思いますが

今晩は

私ごとき未熟者が差し出がましいと思いますけど、一つだけ

反撃開始を待ち望んでいますが、その前にこれだけは是非というより絶対?

 反撃内容と正当性を誤りなく国民に伝える環境、体制の確立が必要と思います。
今のマスコミ体制では誤った内容で伝わるか全く伝えられないかのどちらかです。編集、捏造何でも有りの連中ですから。

 いまだにバッシングを展開する様を見ていると、こいつらの感覚はどうなってるんだろうと、惨憺たる気持ちにさせられます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 映画やドラマの世界では検察とジャーナリズムは敵対関係で、記者が合法スレスレもしくは非合法な手段で真実を暴くという構図が多かったんですが、今回の小沢バッシングで実社会の検察とマスゴミはそこいらの業者も真っ青の談合体質であることがものの見事にバレてしまいました。
 情報操作が実に恐ろしいものであることは日本に限らず世界中でわかっていることで、連中に自浄作用など期待できないとなれば、それに対抗できるのは政治の力でオープン化させるか、受け取る側がそれは違うとカウンターで発信しなきゃいけない。

 一刻も早くオープン化に踏み切ってほしいです。

東京新聞の最近の豹変は検察を油断させる為の芝居?
それでもって録音?

可視化法案は?

気弱な地上げ屋さんこんにちは。
さて、鳩山さん、松野さんが可視化法案はやらない、と発言しています。
気弱な地上げ屋さんによると、予算が通った後に党主導でやります。なのですが、ここの所、民主党内の空気が検察は恐い、逆らわないとする議員も多数いるそうですから、本当に党主導でやるの?と正直、疑っています。
また、1月末には羽毛田のクビを獲るとの気弱な地上げ屋さんのお言葉を信じて、首を長くしてお待ちしていますが、もう、1月末です。
これ以上首が長くなったら、始末に負えなくなりそうです。民主党は本当にヘタレなんですかね?

狙い通りの調書

地上げ屋さん、
ツイッターフォローさせて戴きました。

また夢を見ました。

策魔「この調書を見ろ。「石川秘書が勝手にやったこと」と書いてあるだろ。ボスはお前を見捨てたぞ。いつまで冷たいボスをかばうんだ。一晩良く考えるんだな。」

策魔の独白。「土曜日の聴取は成功だったな。思った通り石川が勝手にやったと厳しい表現にサインさせたからな。弁護士の接見は土曜日午前中まで。ボスの聴取のニュースを独房で日曜日のNHKラジオニュースで聞いて裏切りを確認する。日曜日には落とせるな。」

月曜日に接見に行ったときは違ったシナリオが動いている可能性があるかもしれません。

やっぱり記者クラブ

記者会見をフルオープンになっていれば、ここまで露骨なリークはできなかったのでは?今回は、ヒラの癌細胞長官の責任も大きいと思います。

それにしても、東京痴犬のリークは相変わらずですね(苦笑)。今度は、池田さんが「収支報告書の総収入や総支出の金額、残高などを小沢氏に報告していた」と供述しているですって(苦笑)。幹事長が嘘をついてると思わせる工作でしょうが・・・。さすが痴犬、プライドが高いだけに往生際が悪い(苦笑)。

確かにいい記事ですね。

悪いのが、濡れ衣着付師というか冤罪製造機というか、検察・特捜であるのは疑いありませんが、それを幇助するカスコミも酷い。

よく、検察のリークが問題にされ、国家公務員法違反だと騒ぐ人がいます。でも、悔しいことに、目下の出来事もリークじゃないし、国家公務員法違反じゃありません。リークというのは知りえた「事実」を漏らすことであって、デマを流してもリークではありません。なので、国家公務員法にも違反していません。

悪いのは、デマを流そうとする奴より、デマと分かっているのに増幅器を使って垂れ流してやる連中、つまりカスコミです。

しかし、デマ記事を流しても、法律上のその責任は、デマを流した奴にあります。デマ、ではないデモ、責任のあるデマ元は、無責任なカスコミが固く守ってくれます。

これが、奴らやりたい放題連合軍の構造癒着なんですよね。この連合軍の解体は政治の仕事でしょうが、言論への圧力とか検察への圧力とかの呪文を恐れない政治家が得られるか。民主党の中をみると、トホホ感しかありません。

党として、ネタで誘導して、アンチ検察の記者を地道に増やすしかないかも知れません。

細野議員、バシッと言い返せないかな。自公体制で生き抜いて来た御用コメンテーターに言われっぱなしで情けない。

小沢アレルギーのマスゴミ上層部が消えないうちはメディア対策が最重要課題です。鈴木宗男さん、田中康夫さんあたりが民主党に合流して情報発信してくれればいいのに


民主党が勢いづかないと都議会で石原が息を吹き返しそう(怒)

「検察崩壊」を書かれたKKK新聞の石塚健司さんも、友人が逮捕されたことからとはいえ、勇気のある方だなと思いました。今も社会部次長の地位にいらっしゃるのかどうか・・・。

大拍手です

素晴らしい内容です。
筆者の高田昌幸氏に拍手を送ります。
そしてこれを紹介なさった「気弱な地上げ屋」様にも拍手を送ります。

マスコミ魂

私の個人的な印象では以前は、といっても私の生まれる前の話ですがもっと記者魂を持った方がいらっしゃったのではと思います
今のマスコミの様子を見ると何が何でも視聴者を獲得せんがために報道の質が疎かになっているように思います
マスコミは民主党の自浄作用どうこう言っていますが、まずはマスコミの自浄作用こそ急務だと思いますので、そのきっかけを作るはらぐっちゃんを民主党には全力でバックアップしていただきたい
 
ところで気弱な地上げ屋様をフォローさせてもらって随分経つんですけど笑

マス・・

良い記事だな、と言わなくてはならないのは悲しいな。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

「気弱な地上げ屋」さん
おはようございます。
>小沢疑惑報道に関わっている記者は、....などを読むこと・読み直すことを、ぜひお薦めする。
200%読まないと思います。(きっぱり)日本の大手ゴミはほとんどJALマインドでしょ?多分。だいたい、あの、報道ボキャを聞けば、普段からほとんど本なんて読んでいないんじゃないでしょうか。「恥」を知らない人間には「努力」という文字も「謙虚」という言葉も欠落しているように思います。 まして、自分を顧みるなどという事は夢にも無いと思います(苦笑)
高田昌幸氏も大変ですね...

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


潮目?

今日のサンデープロジェクトの小沢氏に対する捜査に関する特集には少々驚いた。 町村信孝(自民党 衆議院議員)、宗像紀夫(元東京地検特捜...


メディアという名の殺人者 (知事抹殺・12)

●きのうはある方の顔を思い出しました三十五年前のことですその方の名前を思い出せません針ヶ谷博さんだったろうかググッてみましたがでてきませんHさんとしましょう●1975年5月9日この日、東京では帝国ホテルから国立劇場まで二キロにわたってエリザベス女王のパ


メディアの惨状・小沢報道から見えるもの

駄目な閣僚の筆頭と思っていたこの男がようやく存在感を少しだけ示した。 政権交代後すでに4ヶ月を過ぎているのに、この男のホームページはいまだにこんな状態である。 (この画像は3度目の紹介です) 国家公安委員長「捜査当局からリーク記事」 (YOMIURI ONLINE ...


 ホーム