カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

尖閣ビデオ流出! 官僚の自爆テロ? とんでもありません! 官僚によるクーデターですよ・・・sengoku38

どなたか偉いかたのお言葉だそうですが・・
政治とはあまりにも重大な事柄なので、政治家に任せておくことはできない・・・
そうです。

グルメブログ風に申しますと・・・

口先誠司2

誠司は・・
あまりにも無能で危険な存在なので・・・
政治をさせるわけにはいかない・・・
と、なるのですが・・ (笑)
このハナシは後回しにします。

先週末、とても楽しいイベントに参加しました。
権力とマスコミの横暴に抵抗する国民の会」 主催のデモ。
夜間開催なので、どのくらい集まるかな・・
と、ちょっぴり心配してましたが・・
行ってみてビックリ!
第1回をも凌ぐ・・
1200人もの・・有志が集いました。
主催者発表だと1200人なのですが・・・
参加者から見た感じでは、1500人以上はいたような気がします。
だって・・行進行列だけデモ、
1キロ近くあったのでは? (苦笑)

卵かけごはんサンとご一緒に出発地点にたどり着いたのが、
出発直前の6時20分。
「きっと・・レギュラーの皆さんも大勢いらっしゃってるのだろうな・・・」
なんて思ってキョロキョロしてたら、携帯が鳴り出しました。
地上げ婆ールズの重鎮・・ (笑)
ばーばサンからの電話です。
「あっ!地上げ屋さん? アタシ! そう! 地上げバールズのばーばヨ! 今、千駄ヶ谷駅着いたんだけど・・集合場所どこなのよ?」
集合場所も確認せず・・
出かけちゃうなんて・・・
無謀なオバサンです。 (笑)

デモ、そんなことはおくびにも出さず・・
優しく応えます。

ばーばサン・・。 集合場所は、明治公園と言って・・駅から数分歩いたとこです・・・」
「エー!? ここから・・また歩くの~? で・・? どう行きゃいいのよ? 右なの?左なの?」
歩くの?
って言ったって・・・
デモ行進しに来たのではないのでしょうか・・。(苦笑)
だいたい・・・
右なの? 左なの? って言ったって・・
テレビ電話じゃないのだし・・
どっち向いてるのか判らないんですから (笑)
答えようがございません。 (苦笑)

そうこうしてる間に・・出発時刻です。
行程は、約5キロ。
1時間チョットの行進です。
しかし・・
いつもは追い回されてる連中に守られて (苦笑)
車道を歩くってのは・・
想像してた以上に気持ち良いですね!?
表参道をターンしたときには・・坂の上まで、
1キロ以上の大渋滞が見えました。 (笑)
この次やるときは・・
規模をもう少し大きくして・・
自衛隊に守ってもらいましょう。
戦闘ヘリや戦車に守られ、デモするのも・・
悪くありません (笑)。

沿道から・・飛び入り参加してくれたおっさんや・・・
ベントレーの窓から顔出して・・
「なんだか良く判んね~けど・・ガンバレ~!」
などと声援送ってくれたそのスジの兄ちゃん。 (笑)
皆さんに感謝しなければいけません。

気弱な地上げ屋は、卵かけごはんサンのほか・・・
yukikofuサン・・うりこサンにご一緒してたのですが、
直ぐ後ろで行進してた人たちは元気でしたね。

最初のうちは・・・
新聞・TVは偏向報道をヤメロ~!
メディアは真実を報道しろ~!
などと叫んでたのですが・・。
次第に・・・
検察審査会を可視化しろ~!
オザワはシロだ~!
前原はハラグロだ~!
仙谷なんてハナクソだ~!
とエスカレートしてきます。 (笑)

朝非新聞で真実なのは・・テレビ欄だけだ~!
と、どなたかが叫ぶと・・
すかさず、
テレビ欄もたまに間違える~!
日付だけだぁ~合ってるのは!
には笑いました。
途中、通過したBS朝非にお勤めの皆さんも
作り笑いしてましたね。(笑)

終始楽しいイベントで・・・
久々に良い運動させてもらいました。
ご参加になったのに、お目にかかれなかった・・
しまなみサン・・珊瑚サン・・CAサン・・yokookiサン

挨拶くらいしか出来なかった・・
sukujuサン・・shinamonchanサン・・・。

そして、はるばる長野からご参加戴いたUさんご夫妻。
一杯付き合ってくれた・・一市民Tさんhanekiyoサン
そして・・
20年前には絶世の美女であった・・
であろうことが想像に難くない・・・
norikoサン・・・。 (笑)

ほかにも数人のかたと挨拶させて戴きましたが・・・
ゴメンナサイ・・・。
HNなら判るし・・
覚えてるのですが (苦笑)
本名で挨拶されちゃったので・・・
忘れちゃいました。
またコメント入れておいてください! (苦笑)

孔雀

さぁて!
今日もツカミで大半を割いちゃったので・・
あとチョット・・です。 (笑)
頑張ります!
なんのことありません。
あと数行です。 (苦笑)

今日も国会を少し見てましたが、
菅内閣も、その支持率同様みんな下向いて元気ありませんね。
外交では、中国・・ロシアに翻弄され・・・
国内では・・
警視庁の国際テロ情報流出に続き・・
尖閣ビデオまでも・・これまた流出。
気弱な地上げ屋も・・当初は、
官僚の自爆テロかと思ってましたが・・・
どうやらこれは・・
官僚の情報テロによる、一種のクーデターの様相を呈してきました。
今週中にも・・尖閣ビデオを流出させた犯人は特定されるでしょう。
まずゴミは、最初は
"守秘義務を放棄した恥ずべき犯罪"
と弾劾しますが・・
口先も乾かぬうちに・・・
"そもそも、政府が率先して公開してれば良いハナシ"
"隠すほどの価値のある情報なのか?"
"流出犯○○は・・本当の意味で、愛国者なのでは?"
と・・批判の矛先を

菅催眠術

このかたに向けてくるでしょう。

民主党は・・・。
ナニが・・
国民・・有権者をこれほどまでに怒らせ、
失望させたのか・・。

このことに、一刻も早く気がつかないと・・・
早晩・・
取り返しのつかないしっぺ返しを喰らうことになります。

アリは・・・
政治とはあまりにも重大な事柄なので・・・
政治家に任せておくことはできない・・・
このことに気付き始め・・
行動を起こし始めています・・・。


このままで、いいのか日本">このままで、いいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

<< 仙ダニせんせい! ベトナム原発利権の一兆円! キチッと山分けしてくれるんでしょうね? 凌雲会 前原害務大臣 | ホーム | 官僚諸君! 支持率もアップ!ワタシの地位も安泰にするには、どうすりゃいい? これを考えるのがキミたちの仕事でしょ? 菅ソーリー >>


コメント

すべてマスゴミのせい・・・

CAさま
コメントありがとうございます。

>2.大手マスコミのサジ加減で決まる日本の政治
これはそこそこ・・言い得てますね。

>3.大手マスコミは決して単なる親・自民でもなく、単なる反・民主でもない
官僚サマサマ・・デス。

>4.政権交代をもたらした主因は民主党ではなく自民党のポリシーにあった
これは半分は・・そうでしょう。

>5.政権交代は、大手マスコミの自民バッシングやり過ぎで起きたのが実態
ウーン・・・。

>5日のデモのスローガンは、マスゴミ批判でしたけど、どれも甘すぎるような気がしました
>この記事では、いかにもマスコミに騙された一般国民が悪いみたいですけど、私はそうは思いません。
>騙す方が百万倍悪いに決まってます
単純な詐欺とは異なりますので・・・・
騙すほうにも・・
少なからず罪を感じますが・・・。(苦笑)

締めの5行で・・武者震い

peco様
コメントありがとうございます。

>あたたかい手づくりの本当にいいデモでしたね。
>地上げ屋さまも皆さまもお疲れさまでした。
ありがとうございます!(笑)

>頭の上に猫ちゃんを乗せた参加者の方もいらして。
>沿道の若いカップルも手を振ってくれました。
>上品な老夫婦さんも身を乗り出してパチパチと拍手をくださったし。
>ジャージのお兄さんも「おう!」とか言ってくれましたし。
>それに、おまわりさんが優しいのにはビックリ! のデモでした。
お疲れさまでした!(笑)

>で、地上げ屋さまは本当に変装して・・?
>あの・・・例の・・・菅笠で・・・?
判りませんでした? (苦笑)
白装束ではなかったのですが・・・
ピンクのVersace着てデモ行進してるのなんて・・・
そうは居ないでしょ?(苦笑)

>ところで、今回の記事も締めの5行がとてもいいです。
>シャイな地上げ屋さまの静かで確かな覚悟が伝わってきます。
>軍隊アリ・レディース(注:シニアの部・・)所属のわたくしは
>「そうだ!『触れるな・危険!』の誠司家なんぞに任せちゃおけないっ!」と
>最後の5行で鳥肌がたつほど武者震い・・でございました。
鳥肌が立つほど大笑い・・でなくて安心しました。(苦笑)
軍隊アリレディーす・・・。
やはり地上げ婆ールズ・・は・・・
いまいちですね・・。(苦笑)

日本は平和・・・

おのま@カナダせんせい
毎度!
怒りの・・コメントありがとうございます。(笑)

>外務官僚諸君におかれては、あんなものを丸秘情報だとか
>外交上センシティブだとかもったいぶるv-16センスが
>ネット時代には通用しないことを肝に銘ずべし
今回のロシア大統領の北方領土訪問。
これは、害務官僚のサボタージュと言う情報もありますね。

まさか、あの場所でnorikoさんとお会いできるとは・・・(笑)

norikoさま
コメントありがとうございます。

>まさか、あの場所で地上げ屋さんとお会いできるとは・・・
>そして、デモ後のちょっと一皿(?)までご一緒できるとは・・・
楽しいひと時でしたね!?(笑)

>駅で偶然出会った、とってもステキな「ばーばさん」に、感謝です。
>それから地上げ屋さんは、やっぱり思ったとおりの(?)方でした(笑)
ありが・・・
ウン?
思った・・・とおり?(苦笑)
どう思ったとおりなのか・・・
今度教えてくださいね!(苦笑)

>是非、またやりたいです。
>約1200名のアリさんたち、良い日本に向かっての行進、本当にお疲れ様でした。
次回は是非ご一報を!
再会を楽しみにしております!(笑)
あと・・・
次回、コメントアップの際は・・
是非、twitter accountをリンクさせてください。

鳩山さんの方がまだマシ

ふみたけ・・サンですよね?(笑)
コメントありがとうございます。

>自民政権末期もそうでしたが、「政治家は官僚の落ち度を拭うボロ雑巾」
>「失政の批判は政治家という楯で受け止める」といった状況です。
>失敗もありましたが立ち向かっただけ鳩山さんの方がまだマシでしょう。
そうかもしれません。
いや・・そうでしょう。

>私的に怖いのは「だから政治家は駄目だ」的な発想が蔓延し、
>政治屋はともかくマトモな政治家まで疎んじられる状況が根付くことです。
>それこそ官・メディアといった既得権益で生きている連中を喜ばせるだけです。
政権の権威を貶めるのは・・・
そうした目的もあるのでしょうね・・・。(苦笑)


謙虚に、おしとやかに、電話をした・・・(笑)

ばーば様
コメントありがとうございます。
最近・・
若いオトコに・・ではなく (笑)
若い人が良くやるゲームに嵌ってる・・
って聞いてたので・・
こんなに早くリアクションがあるとは・・想定外です。 (笑)

>ずいぶん私、偉そうな物言いではありませんか~~~!
>もっと謙虚に、おしとやかに、電話をしたのに~。
グルメブログのエントリーを真に受ける人なんか・・・
おのま@カナダせんせいくらいなもんです。 (笑)

>重鎮??? 高齢だけには自信あります。。。
いや・・・
重い・・って書いたんですが・・・。(苦笑)

> 特に女性は、意志の強い「自立した個人」という雰囲気が感じられ、
> こういう人が増えれば、イジメは無くなるのに、と思った次第。
> それは小沢さんが望んだ世界でもありますよね。
> デモには初めての参加でしたが、とても楽しかったです。
楽しかったですね!?(笑)
またやりましょう!

地元でやって・・・

小夏さま
コメントありがとうございます。

>デモに行かれたのですね。ご苦労様でした
>私も参加してみたいです。思いっきり怒りをぶちまけたい!地元でやってくれないかな~。
どちらでしたっけ?(笑)

>流出ビデオの件ですが、これはどう解釈したらいいのでしょうか。
>前原を次期総理にするための布石じゃないかとかいろいろな憶測が乱れ飛んでおります。
なんでそうなるの!?(苦笑)

>支持率が大幅に下がりました。でも元々そんなに高かったのか疑問です。
>どうせこれからどんどん下げて菅氏を止めさせ前原を担ごうとしているのでしょうが
>それだけは絶対阻止したい。(そうなったら世も末です)
森キエロー先生の記録を更新しても・・・
政権にしがみつく・・
イエ・・石にしがみついてでも辞めないでしょう。
問題は・・誰が引き摺り下ろすか?
ですね。(苦笑)


よくデモをした?

小言コウ兵衛様
お久しぶりです!
コメントありがとうございます。

>私も『デモ』に参加したかったです。
パリからじゃ・・・(笑)。
チョット遠いですね・・・。

>特に『明治公園』等と聞くと、パブロフの犬状態(苦笑。
>明治公園から246を日比谷公園まで、よくデモをした物でした。
治安維持法制定反対か何かですか?(笑)
自由民権運動じゃ・・ないでしょうね? (苦笑)

>ご母堂の事も含めて、お忙しく大変でしょうが、是非『打倒民主党』の為に、ご尽力下さいませ。
打倒民主党・・・。 (苦笑)
立とう民主党!で行きます。
絶とう・・ではありませんので・・念のため。 (笑)

今回のクーデター・・・

hiroki様
コメントありがとうございます。

>大変なことになりましたね。
>このようなクーデターは、いくら狸政権と言えども、絶対に許せないですね。
タヌキ政権がダメだから・・・
クーデター起こそうって気になったのでしょ?(笑)

>僕は、この尖閣のビデオは、公開すべきではないと考えてました。
>公開したところで、国益上プラスになることはないと考えていたからです。
>ビデオで、日本の対応の正しさが証明されたとしても、一部中国人はそうは受け取らないでしょう。
>中国も国内を抑えるため、強硬な手段をとらざるを得ない。
>日中関係は悪化し、笑うのはアメリカだけ
そのとおりです。
公開したほうが国益に適う・・・
なんてほざいてるのは、害交に精通した人間のセリフです。(笑)

>今回のクーデターは、民主主義の否定とともに恐るべき売国行為だと思いました
売名行為かも?(笑)

>そして、これは、沖縄知事選の妨害行為にもなりかねない。
>中国脅威論が高まれば、仲井真氏にとっては、プラスに働くでしょう
これは深読みしすぎちゃってますね。(笑)
中国脅威論より・・
内閣無能論のほうが盛んになりますよ。(笑)

>それにしても、官僚は、ついに阿波狸も捨てることにしたんですかね?
not seem right・・・
金庫もいっぱい・・・
献金もわんさか・・・
我が世の春を謳歌してます。 (笑)
次回書きますね。

>そういえば、NHKも反中デモは報じるくせに、小沢デモは報じませんね(苦笑)。
NHKなんかに放映されたら・・・
困る人だっているんですよ!(笑)

>ところで、話は変わりますが、馬淵大臣は、八ッ場ダムをどうするつもりだと思います?
八ッ場ダムをどうするか・・・
より、身の振りかたをどうするか?
今月末までに決めなきゃなりません。 (笑)

ブロードウエイで大接待・・・

scottiさま
コメントありがとうございます。

>北朝鮮のミサイル発射映像が繰り返し繰り返し放送されて、
>日本は米国と数兆円もかかるMDシステムの契約しました。
火付け役が火を消し・・・
火消しが火をつけてまわる・・・。
判りにくいようで・・
案外判りやすい構図です。 (笑)

>北朝鮮の幹部は米国ブロードウエイで大接待を受けました。(笑)
見たかったらしいですね?(笑)
笑えます。

>日本は役に立たない米国の玩具に莫大な税金をつぎ込んでいます。
>今度は、中国漁船の衝突映像を繰り返し繰り返し放送して、米国は何を狙っているのでしょうか?(笑)
>これからも情報操作で、騙す朝日新聞の倒産か、気づく国民生活の破綻か、チキンレースかな。
今回名乗り出た海上保安官の背景に迫れる
ジャーナリストがいれば大したもんですが・・・
ヘタすりゃ起訴猶予ですよ。
3ヶ月くらい密着取材すれば・・・
判るようなもんですがね・・・。 (苦笑)

今日のは・・なかなか良い出来 (笑)

クーデタ対策本部様
コメントありがとうございます。
気弱な地上げ屋を甘く見てはいけません・・・(笑)
気付かないとでも・・?
HN変えましたね!?(笑)
クーデタ対策本部・・・。
クーデター対策本部・・からの鮮やかな変身!
見事です!(笑)
で?
芸風も変えてきましたね?最近・・・。

> 中国 「釣魚島はいずれ頂くあるよ。」
> 韓国 「遅いなあ、我が国はとっくの昔に独島を手に入れた。」
> 露国 「小さい小さい、うちはクリル諸島全部だよ。」
> 米国 「クスッ、大きな声では言えないが、残りの日本は全部こっちだ。毎年
>     何千億円もの揚がりがあるし、もうすぐ300兆も手に入るんだぞ。」
> 仙国 「……… 菅内閣は俺のものだ!」
良い出来です!(笑)
この芸風で行ったほうが・・
良いと思いますよ。
期待してます! (笑)

コチラこそ!(笑)

うりこ様
コメントありがとうございます。
先日は、お疲れさまでした!(笑)

>デモではご一緒出来て楽しかったです(笑)
コチラこそ!

>打ち上げは、趣味関係の友人から急な連絡が入り、
>ビールだけで失礼することになってしまい残念でした(泣)
>美味しいキーマカレーを食べ損ないました。
美味しいけど・・・
チョット辛かったですね。 (苦笑)

>ご一緒させて頂いた方が「卵かけごはん」さんだったとはびっくりです
彼は・・
アタシ同様・・真面目でしょ? (笑)
あのあと・・お仕事に戻ったそうです。

>仰る通りツィッターやブログのHNとなかなか一致しないです(ΘoΘ;)
柴ワンコマコ・・とか・・・
地下のもぐら・・ってのは?(笑)
会うと・・もっと一致しません。(苦笑)

>卵かけごはんさんには後でツィッターでご挨拶いたします。
軽く揉んでおいてくださいな!(笑)
ではまた・・・

デモ参加・・疲れました (苦笑)

ボス@和白組さま
コメントありがとうございます。

>それにしても空き管続投内閣にはTPP参加とか小沢排除とか言う前に
>TPOをわきまえる事こそ大事だと思います。
ウーン・・確かに・・
言われて見れば・・そう言う気もします。(笑)

>とはいえデモ参加お疲れ様でした。
恐れ入ります。
次回は・・
自衛隊に守られながら行進してみたいですね!(笑)

亡くなった方(殉死)もいるとかいないとか・・・(苦笑)

Vuvantom様
コメントありがとうございます。

>もっと凄い映像があるとかないとか。
>亡くなった方(殉死)もいるとかいないとか。
これはチョット・・・。(苦笑)
テレビ・・いやネットの見過ぎです。 (笑)

>恐ろしい展開になってきそうです。
政権にとっては・・・
まさにダッチロール状態に陥ることでしょう。
スッカラ菅になっちゃうかもしれません。



お~ニアミス・・・(笑)

PANDORAさま
コメントありがとうございます。

>ニアミスだったようですね。
ご挨拶も出来ず・・・
残念でした・・・。

> 私はビデオ事件の真相はこちらあたりではないかと睨んでおります。
> http://nobuyoyagi.blog16.fc2.com/blog-entry-537.html
> http://fusenmei.cocolog-nifty.com/top/2010/11/post-686c.html
拝見させて戴きました。
方向性は一致してるのではないでしょうか?
是非今度・・ジョイントしましょう!(笑)

すべてマスゴミのせいだからね!

「気弱。。。」さんをはじめ、このブログを見ている方たちは、長年の筋金入りの小沢支持者だと思うのですが、私は、つい最近まで典型的B層。だから、この記事↓の言っていることは、すごくピンときます。お暇があったら読んでね。

「小沢さんを追い落としている勢力は?」
http://rakusen.exblog.jp/13598341/

目ぼしい見出しは、以下の通り:

2.大手マスコミのサジ加減で決まる日本の政治
3.大手マスコミは決して単なる親・自民でもなく、単なる反・民主でもない
4.政権交代をもたらした主因は民主党ではなく自民党のポリシーにあった
5.政権交代は、大手マスコミの自民バッシングやり過ぎで起きたのが実態

5日のデモのスローガンは、マスゴミ批判でしたけど、どれも甘すぎるような気がしました。この記事では、いかにもマスコミに騙された一般国民が悪いみたいですけど、私はそうは思いません。騙す方が百万倍悪いに決まってます。すべてマスゴミのせいだからね!

締めの5行で武者震い

気弱な地上げ屋さま
あたたかい手づくりの本当にいいデモでしたね。
地上げ屋さまも皆さまもお疲れさまでした。

頭の上に猫ちゃんを乗せた参加者の方もいらして。
沿道の若いカップルも手を振ってくれました。
上品な老夫婦さんも身を乗り出してパチパチと拍手をくださったし。
ジャージのお兄さんも「おう!」とか言ってくれましたし。
それに、おまわりさんが優しいのにはビックリ! のデモでした。

で、地上げ屋さまは本当に変装して・・?
あの・・・例の・・・菅笠で・・・?
お目にかかりたかったなぁ・・・残念。

ところで、今回の記事も締めの5行がとてもいいです。
シャイな地上げ屋さまの静かで確かな覚悟が伝わってきます。
軍隊アリ・レディース(注:シニアの部・・)所属のわたくしは
「そうだ!『触れるな・危険!』の誠司家なんぞに任せちゃおけないっ!」と
最後の5行で鳥肌がたつほど武者震い・・でございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

日本は平和だねえ

隠すほどの価値のある情報なのか?


あるはずがない

情報後進国といわれる中国からでさえこういう映像(四年前らしい)が流れているのだよ

http://onomar.jugem.jp/?day=20101108

外務官僚諸君におかれては、あんなものを丸秘情報だとか外交上センシティブだとかもったいぶるv-16センスがネット時代には通用しないことを肝に銘ずべし

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

楽しかった

まさか、あの場所で地上げ屋さんとお会いできるとは・・・
そして、デモ後のちょっと一皿(?)までご一緒できるとは・・・
駅で偶然出会った、とってもステキな「ばーばさん」に、感謝です。
それから地上げ屋さんは、やっぱり思ったとおりの(?)方でした(笑)

デモ、本当に楽しいデモでしたね。
前のほうからの掛け声が途切れると、右隣の男性が「新聞は見るな~!」「ニュースも見るな~」
そして、左隣の人が道行く人に 「新聞はウソばかりですからね。マスコミ報道信じちゃいけませんよ~」なんて話しかけちゃってるし、前の女性は突然「日本を救うのは小沢一郎だ~!」「日本を救うのは鈴木ムネオだ~!」なんて美しい声を張り上げるし。
曲がり角で「よろしくお願いしますね」って言ったら、「頑張ってくださいね~」なんて思わぬあったかい声を返されちゃって、感激したり。
なんか、それぞれがそれぞれの形で、同じ思いを持った初対面の人たちが和気あいあいと笑顔で歩けた、健康的なデモでした。
是非、またやりたいです。

約1200名のアリさんたち、良い日本に向かっての行進、本当にお疲れ様でした。



"そもそも、政府が率先して公開してれば良いハナシ"
"隠すほどの価値のある情報なのか?"
"流出犯○○は・・本当の意味で、愛国者なのでは?"

お話の通りのシナリオとなってます、世間話を聞くとこうゆう方向に誘導されてるのが多くて萎えます。(苦笑)
自民政権末期もそうでしたが、「政治家は官僚の落ち度を拭うボロ雑巾」「失政の批判は政治家という楯で受け止める」といった状況です。失敗もありましたが立ち向かっただけ鳩山さんの方がまだマシでしょう。

私的に怖いのは「だから政治家は駄目だ」的な発想が蔓延し、政治屋はともかくマトモな政治家まで疎んじられる状況が根付くことです。
それこそ官・メディアといった既得権益で生きている連中を喜ばせるだけです。

もっとも、アリとしては民主党が自らの生活を営む上での下支えにすらならない事実を思い知らされています。
理想理想と頭デッカチなお歴々の方々は、自分たちが誰のおかげでその足元を得たのか?をもう一度認識して欲しい。それが出来なければ、地獄へまっさかさまでしょう。
人間としてはともかく、政治家は「落ちたら終わり」ですよ?先生方。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ええーっ?

ばーばですけど・・・
ずいぶん私、偉そうな物言いではありませんか~~~!
もっと謙虚に、おしとやかに、電話をしたのに~。
重鎮??? 高齢だけには自信あります。。。

「パトカーがたくさん居るところ」と教えていただいたおかげで
赤くキラキラ クルクルするパトカー目指して歩いて、
霞岳広場にたどり着くことができました。
日ごろ感じている鬱憤を大声で訴えることができて(笑)
かなり身も心も軽くなった気分。
千駄ヶ谷の駅で偶然出会った4人の女性と直ぐに意気投合して、
5人で仲良くデモに参加しました。
当日出会った人たち。
特に女性は、意志の強い「自立した個人」という雰囲気が感じられ、
こういう人が増えれば、イジメは無くなるのに、と思った次第。
それは小沢さんが望んだ世界でもありますよね。
デモには初めての参加でしたが、とても楽しかったです。

夜中に足が攣ってしまって「痛タタタタタ・・」だけが玉に傷でした。

デモに行かれたのですね。ご苦労様でした。私も参加してみたいです。思いっきり怒りをぶちまけたい!地元でやってくれないかな~。

さて、流出ビデオの件ですが、これはどう解釈したらいいのでしょうか。検審への疑惑や市民デモから目を逸らすためじゃないかとか、日中関係を悪化させて戦争するためじゃないかとか、そのために前原を次期総理にするための布石じゃないかとかいろいろな憶測が乱れ飛んでおります。

支持率が大幅に下がりました。でも元々そんなに高かったのか疑問です。どうせこれからどんどん下げて菅氏を止めさせ前原を担ごうとしているのでしょうがそれだけは絶対阻止したい。(そうなったら世も末です)

ニコニコ動画見ました。驚いたのは「一人で」さんがすごく落ち着いていたことです。政権に対してももっと辛辣に批判してもいいと思うのに、なんていうか親が子供を見守っているかのような感じでした。民主党を諦めてないとも言われてましたが、支持していた党じゃなくなった民主党とこのまま心中するつもりでしょうか。私としては、敵の思う壷だとしても別の党をつくってほしいと願っております。

お疲れさまでした。

私も『デモ』に参加したかったです。
特に『明治公園』等と聞くと、パブロフの犬状態(苦笑。
明治公園から246を日比谷公園まで、よくデモをした物でした。
ご母堂の事も含めて、お忙しく大変でしょうが、是非『打倒民主党』の為に、ご尽力下さいませ。

政党政治は風前の灯、国益より官益が優先される国

大変なことになりましたね。このようなクーデターは、いくら狸政権と言えども、絶対に許せないですね。

ラジオで毎日新聞の金子秀敏論説委員(特別編集委員)と国会王子(TBSラジオの武田一顕記者)の解説や
http://podcast.tbsradio.jp/dig/files/dig20101001.mp3
神保さんの孫崎享センセイへのインタビュー
http://www.videonews.com/interviews/001999/001559.php
を聞いた結果、僕は、この尖閣のビデオは、公開すべきではないと考えてました。公開したところで、国益上プラスになることはないと考えていたからです。ビデオで、日本の対応の正しさが証明されたとしても、一部中国人はそうは受け取らないでしょう。英雄視して真似をする輩が出てくるかもしれません。中国も国内を抑えるため、強硬な手段をとらざるを得ない。日中関係は悪化し、笑うのはアメリカだけでしょう。そもそも、尖閣は、竹島や北方領土と違い、日本は実効支配してるのですから、あまり騒がない方がいい。今回のクーデターは、民主主義の否定とともに恐るべき売国行為だと思いました。そして、これは、沖縄知事選の妨害行為にもなりかねない。中国脅威論が高まれば、仲井真氏にとっては、プラスに働くでしょう。そうなれば、普天間基地の問題まで影響が波及すると思います。それにしても、官僚は、ついに阿波狸も捨てることにしたんですかね?

そういえば、NHKも反中デモは報じるくせに、小沢デモは報じませんね(苦笑)。

ところで、話は変わりますが、馬淵大臣は、八ッ場ダムをどうするつもりだと思います?

北朝鮮のミサイル発射映像は・・・

北朝鮮のミサイル発射映像が繰り返し繰り返し放送されて、日本は米国と数兆円もかかるMDシステムの契約しました。
それで北朝鮮のミサイル発射映像はお役御免。
北朝鮮の幹部は米国ブロードウエイで大接待を受けました。(笑)
日本は役に立たない米国の玩具に莫大な税金をつぎ込んでいます。
今度は、中国漁船の衝突映像を繰り返し繰り返し放送して、米国は何を狙っているのでしょうか?(笑)
これからも情報操作で、騙す朝日新聞の倒産か、気づく国民生活の破綻か、チキンレースかな。

四者会談

中国 「釣魚島はいずれ頂くあるよ。」
韓国 「遅いなあ、我が国はとっくの昔に独島を手に入れた。」
露国 「小さい小さい、うちはクリル諸島全部だよ。」
米国 「クスッ、大きな声では言えないが、残りの日本は全部こっちだ。毎年
    何千億円もの揚がりがあるし、もうすぐ300兆も手に入るんだぞ。」

〈オ・マ・ケ〉
仙国 「……… 菅内閣は俺のものだ!」

ありがとうございました

「気弱な地上げ屋」さま

デモではご一緒出来て楽しかったです(笑)
打ち上げは、趣味関係の友人から急な連絡が入り、どうしても会わないといけないメンバーが来てたので行かなきゃならなくて、ビールだけで失礼することになってしまい残念でした(泣)美味しいキーマカレーを食べ損ないました。

ご一緒させて頂いた方が「卵かけごはん」さんだったとはびっくりです。仰る通りツィッターやブログのHNとなかなか一致しないです(ΘoΘ;)「卵かけごはん」さんには後でツィッターでご挨拶いたします。

それでは、又、機会があればご一緒させてくださいね。お元気で(^o^)/

デモ参加お疲れ様でした

それにしても空き管続投内閣にはTPP参加とか小沢排除とか言う前に

TPOをわきまえる事こそ大事だと思います。

それだけ救いないわけですから(苦笑)


とはいえデモ参加お疲れ様でした。

尖閣ビデオには・・・

もっと凄い映像があるとかないとか。
亡くなった方(殉死)もいるとかいないとか。
恐ろしい展開になってきそうです。

デモでは

ニアミスだったようですね。

私はビデオ事件の真相はこちらあたりではないかと睨んでおります。
http://nobuyoyagi.blog16.fc2.com/blog-entry-537.html
http://fusenmei.cocolog-nifty.com/top/2010/11/post-686c.html

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


再録紀行 42

小沢一郎政権奪取論 下記の本文でふれているように、これもまた学究的なオーラル・ヒストリーである。 この時、顔の表情、録音した生の声を一部でも聞けるならば、電子書籍化の値...


再録紀行 43

アジアに接近するロシア 本書は古書で元々手に入れたもので、手に入る文中の関連書籍を、興味のある方は読んでもらいたい。電子書籍化、そういう形は、こういう本に出会うたびに頭...


再録紀行 44

 この著者は再版をしないと聞き及んでいるが、それからして本書、品切れ・絶版である。 兵学を文献的にその後の過程で、軍事戦略、戦術から兵器全般がどのように変遷したか、それ...


再録瞑想曲 6

 そもそもこの再録のシリーズは、あまりのサーチエンジンの劣化に対する、対抗手段としてはじめました。ぼくはこの楽天ブログで閉鎖もしないし、例えそれが年に一度の更新(笑)に...


再録紀行 53

もし、日本が中国に勝っていたら この著者、よく取り上げる、NHK朝の連続ドラマ「てっぱん」の画家役の方と同姓同名である。偶然なのか、本人なのかはわからない。 電子書籍化...


再録紀行 54

 東アジア情勢の本が続き、食傷気味な方もいるだろう。ただ、これを読んだ頃は、北朝鮮の日本人拉致問題の関心が否が応でも高まっていた。その関連の本が矢継ぎ早に発刊されていた...


再録紀行 57

【送料無料】日本人の遺訓価格:767円(税込、送料別) 短い文芸論をこつこつ書き溜め、新書にしたのが本書である。御高齢で名前は存じ上げていたが、初めて読書対象になった。 参...


再録紀行 60

環境問題の杞憂 この紀行の30回目にも書いたが、これでおよそ2ヶ月分の分量になる。毎日、当然のようにブログで新規公開をしていた。もう、できない相談である。 多様な意見が...


再録紀行 67

【送料無料】激動する世界と日本再建の課題 評論家に脂がのっているというのは、失礼な言い方になるだろうか。この中西輝政は、保守主義の4番バッターであるか、そうなってほしい...


再録紀行 49

生物と無生物のあいだ 科学にも、あえて言えば経済学にもはやり、廃(すた)りがある。これはアメリカのアカデミーの影響が大きいからでもある。いまは地球温暖化とこの新書のよう...


再録紀行 61

いちばん大事なこと 目から鱗が落ちるような発想に出会うことがある。指向が固定化して、ルーフ状態になる、悪性のマンネリをわたしは嫌う。読書は多様さ、これがコンセプトである...


再録紀行 62

拡大ヨーロッパの挑戦 政治的な理想が必ずしも希望どおりの道のりをたどらないのは、国際政治のイロハかもしれない。 EUはその後、経済的にギリシャ国債の格下げ、信用の収縮で...


再録紀行 63

【送料無料】日朝関係の克服増補版 姜尚中の本はよく読まれている。わたしは氏の論旨にはほとんどといってよいほどついてはいけない。 しかし、読みもしないで批判だけする、そう...


再録紀行 64

【送料無料】日中戦争価格:1,470円(税込、送料別) この本は読み応えの点では格別なものがあり、いまも細部にわたり記憶している。読んでもらいたい、読んでいただけないと俗に「...


再録紀行 65

 是非とも読んでもらいたい、そう思うと何故か品切れ・絶版ということになる。ご存じPHP、と、揶揄(やゆ)したくなる。 対談集、活字化するときには、手直しが入るのは仕方が...


再録紀行 66

 一流出版社の有能な編集者の退社が相次いでいると、ブログで報告があった。話題のIP革命、電子書籍への流れのいっかんで、小資本でも可能なので、ベンチャー企業としてチャレン...


再録紀行 68

 本文に書いているとおり、聞き耳もたない膠着化した左派の論説である。が、しかし、いまは左右、中間、それぞれの論調も同じようになりつつある。なっているといいきってもよいほ...


再録紀行 69

【送料無料】実は悲惨な公務員 『限界芸術論』でカルタ思考といったのは鶴見俊輔である。こうといえば、こうと反応する思考のパターン化、これを日本のカルタ取りから分析した。そ...


再録紀行 71

 テレビを全く視ないわけではない。ほとんど録画した囲碁、将棋、そして「たかじんのどうでも委員会」だけは、日をおいて視る。「ゲゲゲの女房」や「てっぱん」などは例外である。...


再録紀行 72

【送料無料】散るぞ悲しき 出版には読者の関心の高まりなど、企業としての業績に直結すべく、時期というものがある。それ自体を否定はしない。その利益が、それを度外視した書籍が...


再録紀行 73

【送料無料】日本文明の謎を解く 普通の読書人ならば、未知のジャンルにあえて取り組もうとすると、どういう著者の本がよいのか、正直、迷うのではないか。信頼できる著者からの推...


再録紀行 74

【送料無料】首相官邸の決断 この時期の読書、このオーラル・ヒストリーといわれる、新しい学術研究にのめり込んでいた。 再三、再四、くどいようではあるが、これを電子書籍化す...


再録紀行 75

【送料無料】脱フリーター社会 国内政治における、政策課題は多くなっている。さまざまな利害が、問題の当事者だけではなく、国、地方との関係もある。愛知、大阪でもわかるように...


再録紀行 77

 品切れ・絶版である。決まり文句になるのがさびしい限りである。北朝鮮の核、拉致など、それがオピニオン誌上で大問題としてにぎわわせたのが、これを書いた当時の時流である。 ...


再録紀行 78

 この本は、本というよりはパンフレットという方が適切だろう。品切れ・絶版である。 IP革命という言葉をもちいるが、それはいま時の話題になっている、個人認証に関わるIPア...


再録紀行 45

【送料無料】ローマから日本が見える 著者は市井の史学者、専門がローマ、地中海の古代史である。広く読まれているので、そういう意味合いでは品切れ・絶版は少ない。 電子書籍化...


再録瞑想曲 5

 新規公開、それこそ意固地(笑)になってしていないのではないですよ。詳しくは、それこそ偉大な(笑)サーチエンジンで「フラフラ賢夫人の国際交流」という記事で書かれています...


再録紀行 46

【送料無料】狂気と王権 ネット検索のサーチエンジンの劣化は、その会社だけを責められないかもしれない。わたし自身の公開が減少しすぎたことも一因になるだろう。 ここで再録し...


再録瞑想曲 4

 アイパッド2の発売で、電子書籍の期待は否が応でも高まりますよね。水面下では着々と、その本、雑誌類のコンテンツが開発の余念がない、再三再四、指摘してきたとおりです。いよ...


再録紀行 50

福沢諭吉と中江兆民 中央公論社、その新書、余程のことがない限りは品切れ・絶版ということはない。岩波新書より徹底しているのではないか。 前回も書いたが、こちらも多数意見を...


再録瞑想曲 3

 新発売のアイパッド2、もちろん電子書籍のためだけにあるのではないですよね。多種多様な機能が網羅されていますが、ぼくの関心はその一点にあります。どのような使い勝手になっ...


再録紀行 51

 品切れ・絶版である。定番のPHPで、類書があるので今回は目くじらたてることもないと思う。 また両論併記のことになる。冷戦後も出版社により左右の色が残っている。いつまで...


再録瞑想曲 2

 ツイッターに押され気味のブログですが、電子書籍、これを読みながら、すぐにも感想というか、意見などを、その場で「ツイッター」で書き込めるようになるかもしれませんよ。「こ...


再録紀行 52

 品切れ・絶版である。こうことは、PHP新書と並ぶのではないか、この集英社新書も。あまり推薦はできかねるが、それでもそれは残念である。愚書にも価値はあるといったら、嫌み...


再録瞑想曲 1

 IP革命、期待の新商品アイパッド2の日米欧の同時発売から、日本だけが取り残された。最新機器だけでなく、その他の新製品も、日本の国家的な存亡に関わる、今回の東北関東大震...


再録瞑想曲 7

 教養は知性と感性のバランス感覚が大事ですよね。一方に偏る、それはぼくの読書経験で注意しなければならない、最重点のひとつですよ。まずは本を読まないことには、すべては始ま...


再録紀行 70

【送料無料】誰が日本の医療を殺すのか 不眠不休の医療の現場、それを分析した新書である。 名医の紹介をよくテレビがするようであるが、こうした実体を電子書籍で、動画をのせて...


再録紀行 80

 この「再録紀行」という題では最後になる。だが、過去ログを紐解くことは打ち切りとしない。 本書、品切れ・絶版である。このようなことをアフィリエイトとして、調べ、巻頭にバ...


再録瞑想曲 6

 そもそもこの再録のシリーズは、あまりのサーチエンジンの劣化に対する、対抗手段としてはじめました。ぼくはこの楽天ブログで閉鎖もしないし、例えそれが年に一度の更新(笑)に...


再録紀行 53

もし、日本が中国に勝っていたら この著者、よく取り上げる、NHK朝の連続ドラマ「てっぱん」の画家役の方と同姓同名である。偶然なのか、本人なのかはわからない。 電子書籍化...


再録紀行 54

 東アジア情勢の本が続き、食傷気味な方もいるだろう。ただ、これを読んだ頃は、北朝鮮の日本人拉致問題の関心が否が応でも高まっていた。その関連の本が矢継ぎ早に発刊されていた...


再録紀行 57

【送料無料】日本人の遺訓価格:767円(税込、送料別) 短い文芸論をこつこつ書き溜め、新書にしたのが本書である。御高齢で名前は存じ上げていたが、初めて読書対象になった。 参...


再録紀行 60

環境問題の杞憂 この紀行の30回目にも書いたが、これでおよそ2ヶ月分の分量になる。毎日、当然のようにブログで新規公開をしていた。もう、できない相談である。 多様な意見が...


再録紀行 61

いちばん大事なこと 目から鱗が落ちるような発想に出会うことがある。指向が固定化して、ルーフ状態になる、悪性のマンネリをわたしは嫌う。読書は多様さ、これがコンセプトである...


再録紀行 62

拡大ヨーロッパの挑戦 政治的な理想が必ずしも希望どおりの道のりをたどらないのは、国際政治のイロハかもしれない。 EUはその後、経済的にギリシャ国債の格下げ、信用の収縮で...


再録紀行 63

【送料無料】日朝関係の克服増補版 姜尚中の本はよく読まれている。わたしは氏の論旨にはほとんどといってよいほどついてはいけない。 しかし、読みもしないで批判だけする、そう...


再録紀行 64

【送料無料】日中戦争価格:1,470円(税込、送料別) この本は読み応えの点では格別なものがあり、いまも細部にわたり記憶している。読んでもらいたい、読んでいただけないと俗に「...


再録紀行 65

 是非とも読んでもらいたい、そう思うと何故か品切れ・絶版ということになる。ご存じPHP、と、揶揄(やゆ)したくなる。 対談集、活字化するときには、手直しが入るのは仕方が...


再録紀行 66

 一流出版社の有能な編集者の退社が相次いでいると、ブログで報告があった。話題のIP革命、電子書籍への流れのいっかんで、小資本でも可能なので、ベンチャー企業としてチャレン...


再録紀行 67

【送料無料】激動する世界と日本再建の課題 評論家に脂がのっているというのは、失礼な言い方になるだろうか。この中西輝政は、保守主義の4番バッターであるか、そうなってほしい...


再録紀行 68

 本文に書いているとおり、聞き耳もたない膠着化した左派の論説である。が、しかし、いまは左右、中間、それぞれの論調も同じようになりつつある。なっているといいきってもよいほ...


再録紀行 69

【送料無料】実は悲惨な公務員 『限界芸術論』でカルタ思考といったのは鶴見俊輔である。こうといえば、こうと反応する思考のパターン化、これを日本のカルタ取りから分析した。そ...


再録紀行 71

 テレビを全く視ないわけではない。ほとんど録画した囲碁、将棋、そして「たかじんのどうでも委員会」だけは、日をおいて視る。「ゲゲゲの女房」や「てっぱん」などは例外である。...


再録紀行 72

【送料無料】散るぞ悲しき 出版には読者の関心の高まりなど、企業としての業績に直結すべく、時期というものがある。それ自体を否定はしない。その利益が、それを度外視した書籍が...


再録紀行 73

【送料無料】日本文明の謎を解く 普通の読書人ならば、未知のジャンルにあえて取り組もうとすると、どういう著者の本がよいのか、正直、迷うのではないか。信頼できる著者からの推...


再録紀行 74

【送料無料】首相官邸の決断 この時期の読書、このオーラル・ヒストリーといわれる、新しい学術研究にのめり込んでいた。 再三、再四、くどいようではあるが、これを電子書籍化す...


再録紀行 75

【送料無料】脱フリーター社会 国内政治における、政策課題は多くなっている。さまざまな利害が、問題の当事者だけではなく、国、地方との関係もある。愛知、大阪でもわかるように...


再録紀行 77

 品切れ・絶版である。決まり文句になるのがさびしい限りである。北朝鮮の核、拉致など、それがオピニオン誌上で大問題としてにぎわわせたのが、これを書いた当時の時流である。 ...


再録紀行 78

 この本は、本というよりはパンフレットという方が適切だろう。品切れ・絶版である。 IP革命という言葉をもちいるが、それはいま時の話題になっている、個人認証に関わるIPア...


再録瞑想曲 5

 新規公開、それこそ意固地(笑)になってしていないのではないですよ。詳しくは、それこそ偉大な(笑)サーチエンジンで「フラフラ賢夫人の国際交流」という記事で書かれています...


再録瞑想曲 4

 アイパッド2の発売で、電子書籍の期待は否が応でも高まりますよね。水面下では着々と、その本、雑誌類のコンテンツが開発の余念がない、再三再四、指摘してきたとおりです。いよ...


再録瞑想曲 3

 新発売のアイパッド2、もちろん電子書籍のためだけにあるのではないですよね。多種多様な機能が網羅されていますが、ぼくの関心はその一点にあります。どのような使い勝手になっ...


再録瞑想曲 2

 ツイッターに押され気味のブログですが、電子書籍、これを読みながら、すぐにも感想というか、意見などを、その場で「ツイッター」で書き込めるようになるかもしれませんよ。「こ...


再録瞑想曲 1

 IP革命、期待の新商品アイパッド2の日米欧の同時発売から、日本だけが取り残された。最新機器だけでなく、その他の新製品も、日本の国家的な存亡に関わる、今回の東北関東大震...


再録紀行 45

【送料無料】ローマから日本が見える 著者は市井の史学者、専門がローマ、地中海の古代史である。広く読まれているので、そういう意味合いでは品切れ・絶版は少ない。 電子書籍化...


再録紀行 46

【送料無料】狂気と王権 ネット検索のサーチエンジンの劣化は、その会社だけを責められないかもしれない。わたし自身の公開が減少しすぎたことも一因になるだろう。 ここで再録し...


再録紀行 50

福沢諭吉と中江兆民 中央公論社、その新書、余程のことがない限りは品切れ・絶版ということはない。岩波新書より徹底しているのではないか。 前回も書いたが、こちらも多数意見を...


再録紀行 51

 品切れ・絶版である。定番のPHPで、類書があるので今回は目くじらたてることもないと思う。 また両論併記のことになる。冷戦後も出版社により左右の色が残っている。いつまで...


再録紀行 52

 品切れ・絶版である。こうことは、PHP新書と並ぶのではないか、この集英社新書も。あまり推薦はできかねるが、それでもそれは残念である。愚書にも価値はあるといったら、嫌み...


再録紀行 53

もし、日本が中国に勝っていたら この著者、よく取り上げる、NHK朝の連続ドラマ「てっぱん」の画家役の方と同姓同名である。偶然なのか、本人なのかはわからない。 電子書籍化...


再録紀行 54

 東アジア情勢の本が続き、食傷気味な方もいるだろう。ただ、これを読んだ頃は、北朝鮮の日本人拉致問題の関心が否が応でも高まっていた。その関連の本が矢継ぎ早に発刊されていた...


再録紀行 57

【送料無料】日本人の遺訓価格:767円(税込、送料別) 短い文芸論をこつこつ書き溜め、新書にしたのが本書である。御高齢で名前は存じ上げていたが、初めて読書対象になった。 参...


再録紀行 60

環境問題の杞憂 この紀行の30回目にも書いたが、これでおよそ2ヶ月分の分量になる。毎日、当然のようにブログで新規公開をしていた。もう、できない相談である。 多様な意見が...


再録紀行 61

いちばん大事なこと 目から鱗が落ちるような発想に出会うことがある。指向が固定化して、ルーフ状態になる、悪性のマンネリをわたしは嫌う。読書は多様さ、これがコンセプトである...


再録紀行 62

拡大ヨーロッパの挑戦 政治的な理想が必ずしも希望どおりの道のりをたどらないのは、国際政治のイロハかもしれない。 EUはその後、経済的にギリシャ国債の格下げ、信用の収縮で...


再録紀行 80

 この「再録紀行」という題では最後になる。だが、過去ログを紐解くことは打ち切りとしない。 本書、品切れ・絶版である。このようなことをアフィリエイトとして、調べ、巻頭にバ...


再録紀行 63

【送料無料】日朝関係の克服増補版 姜尚中の本はよく読まれている。わたしは氏の論旨にはほとんどといってよいほどついてはいけない。 しかし、読みもしないで批判だけする、そう...


再録紀行 64

【送料無料】日中戦争価格:1,470円(税込、送料別) この本は読み応えの点では格別なものがあり、いまも細部にわたり記憶している。読んでもらいたい、読んでいただけないと俗に「...


再録紀行 65

 是非とも読んでもらいたい、そう思うと何故か品切れ・絶版ということになる。ご存じPHP、と、揶揄(やゆ)したくなる。 対談集、活字化するときには、手直しが入るのは仕方が...


再録紀行 66

 一流出版社の有能な編集者の退社が相次いでいると、ブログで報告があった。話題のIP革命、電子書籍への流れのいっかんで、小資本でも可能なので、ベンチャー企業としてチャレン...


再録紀行 67

【送料無料】激動する世界と日本再建の課題 評論家に脂がのっているというのは、失礼な言い方になるだろうか。この中西輝政は、保守主義の4番バッターであるか、そうなってほしい...


再録紀行 68

 本文に書いているとおり、聞き耳もたない膠着化した左派の論説である。が、しかし、いまは左右、中間、それぞれの論調も同じようになりつつある。なっているといいきってもよいほ...


再録紀行 69

【送料無料】実は悲惨な公務員 『限界芸術論』でカルタ思考といったのは鶴見俊輔である。こうといえば、こうと反応する思考のパターン化、これを日本のカルタ取りから分析した。そ...


再録紀行 70

【送料無料】誰が日本の医療を殺すのか 不眠不休の医療の現場、それを分析した新書である。 名医の紹介をよくテレビがするようであるが、こうした実体を電子書籍で、動画をのせて...


再録紀行 72

【送料無料】散るぞ悲しき 出版には読者の関心の高まりなど、企業としての業績に直結すべく、時期というものがある。それ自体を否定はしない。その利益が、それを度外視した書籍が...


再録紀行 73

【送料無料】日本文明の謎を解く 普通の読書人ならば、未知のジャンルにあえて取り組もうとすると、どういう著者の本がよいのか、正直、迷うのではないか。信頼できる著者からの推...


再録紀行 75

【送料無料】脱フリーター社会 国内政治における、政策課題は多くなっている。さまざまな利害が、問題の当事者だけではなく、国、地方との関係もある。愛知、大阪でもわかるように...


再録紀行 78

 この本は、本というよりはパンフレットという方が適切だろう。品切れ・絶版である。 IP革命という言葉をもちいるが、それはいま時の話題になっている、個人認証に関わるIPア...


再録紀行 74

【送料無料】首相官邸の決断 この時期の読書、このオーラル・ヒストリーといわれる、新しい学術研究にのめり込んでいた。 再三、再四、くどいようではあるが、これを電子書籍化す...


再録紀行 77

 品切れ・絶版である。決まり文句になるのがさびしい限りである。北朝鮮の核、拉致など、それがオピニオン誌上で大問題としてにぎわわせたのが、これを書いた当時の時流である。 ...


再録紀行 61

いちばん大事なこと 目から鱗が落ちるような発想に出会うことがある。指向が固定化して、ルーフ状態になる、悪性のマンネリをわたしは嫌う。読書は多様さ、これがコンセプトである...


再録紀行 60

環境問題の杞憂 この紀行の30回目にも書いたが、これでおよそ2ヶ月分の分量になる。毎日、当然のようにブログで新規公開をしていた。もう、できない相談である。 多様な意見が...


再録紀行 57

【送料無料】日本人の遺訓価格:767円(税込、送料別) 短い文芸論をこつこつ書き溜め、新書にしたのが本書である。御高齢で名前は存じ上げていたが、初めて読書対象になった。 参...


再録紀行 54

 東アジア情勢の本が続き、食傷気味な方もいるだろう。ただ、これを読んだ頃は、北朝鮮の日本人拉致問題の関心が否が応でも高まっていた。その関連の本が矢継ぎ早に発刊されていた...


再録紀行 53

もし、日本が中国に勝っていたら この著者、よく取り上げる、NHK朝の連続ドラマ「てっぱん」の画家役の方と同姓同名である。偶然なのか、本人なのかはわからない。 電子書籍化...


再録紀行 52

 品切れ・絶版である。こうことは、PHP新書と並ぶのではないか、この集英社新書も。あまり推薦はできかねるが、それでもそれは残念である。愚書にも価値はあるといったら、嫌み...


再録紀行 51

 品切れ・絶版である。定番のPHPで、類書があるので今回は目くじらたてることもないと思う。 また両論併記のことになる。冷戦後も出版社により左右の色が残っている。いつまで...


再録紀行 50

福沢諭吉と中江兆民 中央公論社、その新書、余程のことがない限りは品切れ・絶版ということはない。岩波新書より徹底しているのではないか。 前回も書いたが、こちらも多数意見を...


再録紀行 45

【送料無料】ローマから日本が見える 著者は市井の史学者、専門がローマ、地中海の古代史である。広く読まれているので、そういう意味合いでは品切れ・絶版は少ない。 電子書籍化...


再録紀行 43

アジアに接近するロシア 本書は古書で元々手に入れたもので、手に入る文中の関連書籍を、興味のある方は読んでもらいたい。電子書籍化、そういう形は、こういう本に出会うたびに頭...


再録紀行 42

小沢一郎政権奪取論 下記の本文でふれているように、これもまた学究的なオーラル・ヒストリーである。 この時、顔の表情、録音した生の声を一部でも聞けるならば、電子書籍化の値...


再録紀行 40

【送料無料】コラムばか一代 以前に紹介した「産経抄」の名コラムニスト、石井英夫の続編で、切っ先のさばきが眼にもとまらぬ文章である。文庫化していて、息がながく続いている。...


再録紀行 39

【送料無料】日本国の原則 この本は文庫化した。めまぐるしい変化の多い経済書のなかで、いま読んでもその新鮮さは薄れない、と、自信をもっていえる。 文庫のような小さな本の電...


写真点描・裏摩周協奏曲 4

 お屠蘇気分も薄らいだ今日この頃ですね。 裏から見ても摩周湖は同じ摩周湖です。北海道観光で是非とも訪れたい、そういう湖ではないでしょうか。ここは協奏曲でも聴きながらとい...


再録紀行 30

 品切れ・絶版である。さもあらん、常習犯のPHPである。同社こそ、他社に先駆けて、書籍の電子化(IP革命)に積極的に取り組んでほしいものである。 これで30回、1月分、...


特別点描続編

 前回の特別点描の最後で、無我氏(笑)、実は「裏摩周」で登場する、そういうことで、過去との比較になればと、そう思い、再掲載しています。 味のある話を書きたいと思うと、ま...


写真点描・裏摩周協奏曲 3

 今回の写真はそう数が多くはありません。いちばん最後に、いまのやせ細った(笑)無我氏の写真が、これは横浜の兄のデジカメで撮影されたものですが、紹介しますね。楽しみにして...


再録紀行 27

日本人の忘れもの 再三再四、わたしのコラム好きは、拙ブログにアクセスされる方ならば、耳にタコができるほどではないか。飽きがこないと思えるので、一読してもらいたいものであ...


再録紀行 22

外交激変 いまの時流ほど、外交、国際政治への関心を高める必要が、そのブログの活性化を認めながら、感じている。これもナベツネの本と同様の研究手法、オーラル・ヒストリーであ...


再録紀行 21

 今回、取り上げる本も嫌になるほどの品切れ・絶版である。口が酸っぱくなるかもしれないが、電子書籍化、この流れを速めてほしいという思いが頭の中をいっぱいにする。本は売れる...


写真点描・裏摩周協奏曲 2

 清里(きよさと)町のホームページでは、中標津町と同町との町境にあり、この「裏摩周展望台」は表とはちがって、標高差がわずかに低く、585メートルの高さがあるようですね。...


再録紀行 20

情報と政治 この読書感想を公開時、本文の中で参考文献とした高瀬淳一『「不利益分配」社会』(ちくま新書)は品切れ・絶版である。これこそ電子書籍化すべきで、それだけの厚みの...


写真点描・裏摩周協奏曲 1

 今回からは、みなさんがよくみかける、神秘の湖「摩周湖」の表の展望台ではなく、その対岸にある、裏摩周を紹介しますね。 まだすっかり舗装されていないときから数え、何度も訪...


再録紀行 13

渡邉恒雄回顧録渡邉恒雄回顧録 生臭さもある、迫力のある本で、読売新聞の傘下に入った、中央公論、絶版の憂き目はない。 これを訊いている学者、その本当のところがわかるのか、...


写真点描・スイート十勝 11

 このシリーズ、これが最終回になります。残念ですか、名残惜しいですか。しっかり1から見直していただけると、公開冥利(笑)につきますね。 札幌の花物語よりはインパクト、弱...


再録紀行 8

ニュース一人旅 わたしの読書感想を読み慣れた方ならば、コラムというジャンルが好みだということをご存じだろう。前回同様、新刊発売日当時、これも感想を公開しているので、いつ...


写真点描・スイート十勝 10

 今回のデジカメ写真は、柳月製菓の「スイートピアガーデン」の甘味処でスイーツを、実に美味しそうに(笑)食べている、フラフラ賢夫人(笑)とふたりの娘のものが、上の2枚です...


ネトウヨが拡散に勤め薄まる「銛衝き事件」の真相

You Tubeでながれた映像はそれなりのインパクトがありマスコミはブースター(増幅装置)と検証(本物かどうかの)だけの役割であった。そこでマスコミ不要論はいいのだが、こんどはネット界のほうから自ら価値をさげ、相対的にマスコミを「信頼できる」という幻想を抱かせ...


HAU BLANCHE(ハウ ブランシュ・はう ぶらんしゅ)--2WAYピアス

モデル、芸能人が愛用、オンオフどちらも心地よく過ごす着替えが嬉しい2WAYピアス。ふたつの誕生石と想いを包みこむセミオーダージュエリー


その日暮らしの民主党だが、小沢追放だけは一貫している

◇ この連中には怒りを通り越して笑ってしまうばかりである。 野党時代には、揃いも揃って論客ともてはやされていたが最早その面影は微塵もない。 菅直人内閣総理大臣 党首選では小沢攻撃と「ころころ首相を替えるのはいかがなものか」というバカ国民のおかげで見事に勝...


これでアホ菅政権はジ・エンド

 漁船衝突の映像がYou Tubeを通じて世界中に流れた。もうこの映像を消去することは不可能。今回の「事件」はアホ菅政権にとっては致命的。アホ菅も仙谷も必死になって平静を装っている...


ビデオが流出・議論もどこかへ流出

ネット・ニュースで官邸詰めの事務官が逮捕…と流れたので、おっsengoku38がついに捕まったかと思いましたが、そうではなくて単純な刑事犯(恐喝?)のようでした(^_^;) sengoku38がもし捕まるのなら、そろ...


 ホーム