カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

鹿児島2区 沖縄市長選 自民連勝! 「だから言ってるでしょ? 弱いのが集まったって・・痛くも痒くもありません」 安倍晋三

本日は・・
少々ネタが古くて申し訳ありません。
一昨日にはエントリーアップ スタンバイしてたのですが・・
更新催促が無かったので・・(汗・・)
本日に至ってしまいました。 (苦笑)
皆さんGWで・・
ネットから離れていたのでしょうかね。 (笑)

さて本日は、久々に・・
グルメブログらしいツカミで行きましょう! (笑)

銀座数寄屋橋交差点の近くに、そのお店はございます。
先日・・

President オバマ

このかたがご来店なさったことで
全世界に
その名が轟いたこのお店!
言わすと知れた寿司屋の迷店! (笑)
すきやばし次郎です。

迷店ともなると・・(笑)
店に入る時点から・・
そんじゃそこらの寿司屋とは異なります。
普通どの店でも・・
店に入ると・・
「ヘイ! らっしゃい~!」
威勢の良い声が返ってきます。
ところが、この店の場合・・
入った途端・・
ジロッ
睨まれます。 (笑)
「またカモが来た・・それどれ? ウチに相応しい客かな?」 (苦笑)
気の弱い一見さんなら怯む瞬間ですが・・
そこは世界を罠にかける地上げ屋です。
この程度のことでブルッちゃうワケ・・ありませんね? (笑)
ジロッと睨まれたら?
ジロジロと・・睨み返します。 (苦笑)
こんな感じで・・
ジャブの応酬から・・
次郎物語は始まります。 (笑)

因みに・・
ジロッと睨んだり・・
ジロジロと・・
眺めたりするから次郎・・なのではございません。 (苦笑)
主人が二郎・・。
だから次郎・・。
聞いたわけではございませんが・・
多分そうだと思います。 (苦笑)

気弱な地上げ屋がこの店に行ったのは1回だけ。 (笑)
もう・・
10年くらい前ですかね。
先日・・
先のかたの来日の際・・
コイツと連れ立って・・

安倍晋三 アベコベ 8

この店に行ったというので・・
あのときの・・
気弱な地上げ屋にとっての苦い思い出を・・
皆さんにお伝えしようと思い立ちました。 (笑)

当時はまだ、
タイヤ会社の害度本・・
その日本版が出る前でしたから
今ほどは・・
騒がれてはおりませんでした・・。 (苦笑)
同業者の社長が・・
「どうしても行ってみたい!」
こう言うものですから、仕方なく行ったのですが・・(苦笑)
お店に入った瞬間・・
「ありゃ失敗したぁ・・」
先のとおり・・感じたものです。 (苦笑)

なんと申しましょうか・・?
客層が・・
次郎物語と申しますか・・
次郎長とでも言えば良いのでしょうか・・?
次郎教の信者のような・・

カルト 教祖 宗教

皆さん、似たような顔つきです。 (苦笑)

気弱な地上げ屋が行った当時・・
70代後半だった店主・・。
とても堅気とは思えぬ (笑) ストイックな目つきしています。
普通飲食店というのは・・
"お客様は神さまです!"
こう来るもんですが、
この店の場合・・
"お客さん・・ナニ様です?"
堂々たるものです。 (笑)

カウンター席に座るなり・・
「お任せで・・宜しいですね?」
ちょっと打ち合わせもしたかった気弱な地上げ屋一行・・。
「握ってもらう前に・・少しつまみたいんだけど」
この店の作法を知らぬこととは言え・・
迂闊に放ったこの一言で・・
この日の趨勢が決まりました。 (苦笑)

「ウチはねぇ・・つまみは出さないんですよ。 つまみ食べたきゃ、この近所にゃ寿司屋はゴマンとありますんで・・そちらへどうぞ」

寿司屋

イヤミついでに、
こういうものが出て来たワケではございませんが・・
ホントにこう・・
言い放ったのですよ、あのジイサン。 (苦笑)

気弱な地上げ屋一行は・・
よっぽど・・
感じが悪かったのでしょう。 (苦笑)
もっとも・・
気弱な地上げ屋主導のアレンジなら・・
この一言で去りますので・・(笑)
このあとのトラブルもございません。 (苦笑)
でもこの日は・・
同行の社長のたっての願いで・・
仕方ありません。
もう少し・・我慢しましょう。 (苦笑)

次郎の鮨は20カンのおまかせコースのみ。
それは・・
半世紀以上鮨を握り続けてきた二郎が
試行錯誤の末にたどり着いた究極の20カン。
すべてのネタがおいしく食べられるよう・・
握る順番や・・
ネタの温度に細かな配慮がされている。
そのドラマは・・
あっさりとした白身で幕をあける・・。


「フーンそうなんだ?」
何の気なしに
白身をクチに運んだ瞬間!
事件が起きちゃいました。
気弱な地上げ屋の隣で・・
憧れの二郎さんに握ってもらった白身を
恐る恐るクチに運んだ不動産屋の社長。
普通ですとこの場面・・
「美味い!」 「最高!」 「セボーン!」 「アンタが大将!」
とこう来るもんですが・・
この社長。
食べた瞬間!
「ゴボッ! ゴボッ!」
なんと!?
吐き出しちゃいました!

笑 8

酢飯の酢が
効き過ぎてて・・
むせてしまったのです。 (笑)

まったく参っちゃいます。
それほど大量に吐いたワケではないので
大事には至りませんでしたが・・
ん?
ふと前を見ると・・?
ワナワナ手を震わせながら・・
鬼のような形相で板場に立ちはだかる二郎さん。 (笑)
その顔の・・
おでこの辺りを見ると・・?

米粒 顔 犬 次郎

吐き出した米粒が・・。 (笑)
気弱な地上げ屋は大笑しちゃったのですが・・
当の不動産屋のオヤジは冷や汗かいてます。 (笑)
「すっ!スンマセンッ!」

まあ・・
酢飯が酸っぱすぎることを除けば・・
かなりのレヴェルの寿司だと思います。 (笑)
ただ・・
気弱な地上げ屋たちのように、
カウンターに腰掛ながら・・
不動産の物件資料見て・・
地上げ話などしようものなら・・
「ウチは寿司屋なんですから、寿司食ってくだせ~!」
ドスの聞いた声でキッパリ言われちゃいます。 (苦笑)
「お客さんの食べるスピードに合わせて握ります・・」
最近では、こんなこと言ってるそうですが
当時は逆。
「オレの握るスピードに合わせて食べろよ、いいな?」
(苦笑)

客もいけません。
良い店と言うのは・・
常連客が・・育てるものです。

「次郎さんの握りは・・生きてるのよ! ほら見て! 動くから」

婆ールズ 2

カネが余ってしょうがないオバサンが・・
物知り顔で、のたまってます。

酢飯の中に微妙な手加減で空気を入れ
客に出した瞬間・・
握りから空気が抜け・・動いたように見えるのだそうです。
笑わせては・・いや、甘やかしてはいけません。 (笑)
なかには・・
「次郎さんの寿司には・・人生が詰まってる!」
こんなこと言い出すヤツまで出て来ます。 (苦笑)
ウニの軍艦巻き出された客が
ゴマすってたワケですが・・
「凄げぇな人生詰まってんの? コッチには・・酢飯しか詰まってないけど」
聞こえたら可哀相だから (笑)
いつもより小さな声で言ったつもりでしたが
気弱な地上げ屋の声は良く通るもんで・・。 (笑)
小さなお店は・・
すっかり雰囲気台無しです。 (笑)

スシローで、
凍ったままのイクラ出されたとき・・。
あのときも驚きましたが・・(これが意外と美味い!(笑)
この店で・・
「握りは直ぐに食べてください!」
食べ方まで指図されたことには・・
気分害する人も多いでしょう。
一応
「アタシらブロイラーと違いますからね・・」
言っときましたが、 (笑)
10年経った今でも・・
腹の虫が収まりません。 (苦笑)

まあ・・

麻生は阿呆 2

こういうオトコが常連で・・
ホントは、オークラの久兵衛でやる予定だったのを
無理矢理変えさせたのも、このオトコ。
常連だけを大切にするようなお店には・・
近づかないのが政界です。 (笑)

いつものように、厳しいこと書いてますが・・(苦笑)
このお店にも・・
褒め称えるところも・・ございます。

これは・・
公表されていないはずですので・・
この店行って、を気取りたい向きは・・
ネタに使ってみては?
いつものように・・
無断転載大歓迎です。(笑)

この店のこだわりに一つに・・
店の衛生管理があります。
今は知りませんが、その当時は・・
閉店後と開店前の清掃は・・
専門の人がいました。
この・・
清掃担当が・・
開店前と閉店後・・。
それぞれ2時間! (苦笑)
みっちりと・・清掃します。
ここまでは・・
ネットでも書いてる人はいます。
グルメブログの
グルめ! なネタはこの後。

この2時間ずつの清掃。
これだけでも相当凄い衛生管理ですが・・
二郎さんの凄いところはコレで終わらないところ。
ビルの地下と言うのは・・

ゴキブリ

害虫の格好の住処です。

特に定住してるのが・・
こんな小物ではございません。
大きなラット。 (苦笑)
高級食材を食べてるせいもあるのでしょう。
なかには・・
ネコより大きな・・
丸々太った立派なラットもいます。 (苦笑)
こうした害虫類は
清掃では排除出来ません。
ではどうするか?
なんと、この店では・・
毎晩閉店後・・
店内清掃が終わった後・・
夜中の数時間かけて、害虫駆除をしてるのです。
10年前の価格で
一回あたりの費用は、約7万!
毎晩7万かけて、店を清潔に保つ。
接客は零点ですが・・(苦笑)
この徹底的な衛生管理は・・
5スターです。 (笑)

いや今日は・・
久々にグルメなツカミでしたね。 (笑)

ツカミ・・と言えば、
グルメブログですが・・
やっと・・
じゃ~なくて、野党グルになった割には、
勝利を掴みそこなったのが・・

民主党 海江田 悔江田

このオトコ。 (苦笑)
歩けども、歩けども・・
勝利の道は険しく遠い。 (笑)

「2回も現地入って? これしか取れないの?」
「聴衆いなくて・・鳥に向かって演説してただろ? オマエ鳥語しゃべれるのか?」
鹿児島2区補選 惨敗に続き
勝てるはずだった沖縄市長選も・・
敗北です。 (苦笑)
これだけダメだと・・
普通辞めたくもなるものですが・・
一旦席を奪われたら・・
2度と取り返すことが出来ない。
それを判ってるのでしょう・・。
それにしても想定外の粘り腰です。
それもそのはず・・。

その理由は・・
この党の金庫にあります。 (苦笑)
まだこの政党には・・

カネ 金

100億近いキャッシュがございます。 (苦笑)

このカネの・・
使い道を決める権限は・・?
それはそれは魅力があるのでしょう。 (笑)

野党第一党として・・
政界再編を主導するため、
前に進むワケでもなく・・
そうかと言って・・
独自色を出し、再編からは距離を置く・・
そう言うワケでもない。
この・・
絶望的な中途半端さが・・この人のウリです。 (苦笑)

この状態のままでは
再び権力の座に返り咲ける可能性は・・
限りなくゼロに近いと言うのに・・
このザマです。
有権者ならみんな判ってるこの状況を・・
党の本人たちがまったく判っておりません。
何に失敗し・・
なぜ有権者の信を失ったのか?
信じられないかも知れませんが・・
いまだに検証も真摯な反省も・・
先送りされております。 (苦笑)

カネがあるうちは・・
この党に期待しても・・
八ッ場りダムでしょう。 (笑)

この党に主導権を期待してもムダだと言う事は
既にお判り戴けたと思います。
では、他の野党は?
野党の最大の利点はなんでしょうか?
それは・・
大胆に自己改革が出来るということです。
今まで言ってきたことと
まったく違うことを言い出しても良いのです。
有権者の反応を探るため
思い切った政策を打つ出すことが出来る。
これこそ、野にある野党の最大の利点です。

国民の生活が第一 2 一ちゃん

一人で500万票集められる・・オトコ」 の熱狂的な支持者のことを
小沢真理教・・。
或いは、小沢信者・・。
略して・オザシン
こう呼ぶそうです。 (苦笑)
気弱な地上げ屋も・・
オザシンなんて陰口叩かれてるのでしょうか?
光栄なことです。 (笑)
ただですね・・。
そこらのヘンな宗教の信者と
決定的に違うのは・・
教祖の言動に注文つけたり、意見したり・・
ときには批判すらしちゃうってこと。 (苦笑)

支援者のかたとオハナシしてると、
「オザワさんは間違ってないけど、周りの取り巻きが・・」
こうした意見を良く耳にします。
取り巻きが・・
適材適所でないことは・・
気弱な地上げ屋もまったく同感です。
しかし!
良く考えてみてください?
そんな・・使えない連中を配置したのは?
どこの誰ですかってことです。 (苦笑)
良い店は、常連客が作る・・。
これと同じことが政治の世界にも言えます。
良い政治家に良い仕事をしてほしいのなら・・
支援者がしっかりしなければいけません! (笑)

先週・・
久々に・・
一人で500万票集められる・・オトコ
のお姿を拝見してきました。
小沢一郎政経フォーラムも・・
数えること、もう
72回目なんですね。
気弱な地上げ屋は・・
だいたい半分くらいには出てますが・・
今回が・・
一番出席者が少ない気がしました。 (苦笑)
与党の幹事長時代を
一とすれば?
半分にも満たないのでは?
困ったことです。 (苦笑)

今回は・・
第1部の講演の冒頭、予定外だったのですが
「一人で500万票集められる・・オトコ」 が登壇し話し始めました。
そうしたこともあって・・
30分くらい時間が圧しちゃっての第2部だったのですが・・
司会進行を勤める秘書のU。
12:40に乾杯して・・
12:45になると・・
「この会場は13:00までの予定となっております。 ゆっくりご歓談のほどお願い申し上げます」
こんなこと言っちゃう。
・・・使えません。 (苦笑)
15分でどうやって?
食事に口つけ・・歓談しろっての? (笑)
こういう使えないのが・・
事務所で、デカいツラしてるところに・・
弱点があります。 (苦笑)

支援者の皆さんもいけません。
Uに文句つけたら・・
「そんなこと言ってくるのは気弱な地上げ屋さんだけですよ。 他の皆さんは・・満足してますよ」
こんなこと赦してるから・・
それでなくても使えないのが・・
益々使えなくなって行くワケです。 (苦笑)

まあ減ったとは言え、減った半分の・・
その大多数は・・
与党幹事長の資金パーティーだから来たって連中です。
ですから・・
そういう連中は・・

石破6

今はコッチに行ってるのでしょう。 (苦笑)
そのうち・・
しょげる結果となります。 (笑)

残った半分は・・?
とっても強い半分です。
槍でも鉄砲でも持って来い!
そういう人たちです。 (笑)
こうした・・
強い人たちが・・
チカラを合わせ、
一つとなって、事態を動かさなくてはいけません。

名店は・・
良い店と言うのは・・
常連客が・・育てるものです
政治家も同じです。
政治家が支援者や支持者を育てるのではなく
支援者や支持者が・・
政治家を育てるのです。

一ちゃん

一人で500万票集められる・・オトコ」 に・・
盲目的に付き従って行くのではなく・・
我々、支援者や支持者が・・
一人で500万票集められる・・オトコ」 を・・
正しい方向へ導く・・。
そんな努力が・・求められます。

一人で500万票集められる・・オトコ
だって神様ではないのですから・・
判断の間違いもあるでしょうし・・
迷いだってあります。
我々支援者も含めた周囲の人々が・・
一丸となって
正しい方向へ導くのです。
本日ツカミでご紹介した・・
すきやばし次郎
齢80を越すこの店の大将。
一見さんへの態度は
相当悪いこのジイサンですが・・ (苦笑)
とても良いことをおっしゃてます。

寿司をにぎるなんてことはね・・
仕込みを覚えることに比べたら・・
大したことはないんです。
仕事を覚え・・
一人前になって独立しても・・
教わったことをやっているだけでは・・
見習いと変わりません。
人から褒められたり、尊敬されたりするような
そんな職人になるためには・・
自分で創意工夫を重ねなきゃいけません。
日々努力・・
そして毎日が勉強ですよ。
情熱と精進を忘れたら・・?
そのときは、後進に道を譲るべきです。
ワタシは、情熱は失ってないし
精進も忘れていません。
だからワタシはね・・。
未だに道を
譲らないのですよ。



政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

<< 「自然エネルギー推進会議? 小泉さんはともかく、細川さんの後ろに、民主党のあの人がいちゃねぇ」 小沢一郎 | ホーム | 「細川さんと自然エネルギー推進会議作ります。 小沢さん? 彼も一緒にやりゃいいのにねぇ?」 小泉純一郎 >>


コメント

Re: また長くなりましたが

hiroki様;
コメントありがとうございます!

>F島さんですか?それともTさん?
F島サンは・・妄想とは縁の無い人ですよ。 (笑)
もうお一方の・・ほうです。 (苦笑)

>論文代行サービスをする専門の業者がある
ホントですか!?
って聞かれると思ったので? (苦笑)
> http://www.sotsuron-help.com/
ホントなわけ・・ですね。 (笑)

> 歴史にたらればはありませんが、
> 鳩山由紀夫内閣総理大臣兼民主党代表
> 小沢一郎副総理兼民主党幹事長
> 菅直人内閣官房長官兼国家戦略相兼民主党政策調査会長
> 峰崎直樹財務大臣
> 川端達夫外務大臣
> 原口一博総務大臣
> 中井洽拉致問題担当兼法務大臣
> 直嶋正行経済産業大臣
> 仙谷由人厚生労働大臣
> 平野博文科学技術担当兼文部科学大臣
> 北澤俊美農林水産大臣
> 赤松広隆国土交通大臣
> 岡田克也環境大臣
> 川内博史沖縄北方担当兼防衛大臣
> 前原誠司国家公安委員長兼防災担当大臣
> 福島瑞穂消費者兼男女共同参画担当大臣
> 亀井静香金融兼経済財政兼郵政民営化担当大臣
> 長妻昭行政刷新兼年金改革担当大臣
> 小沢鋭仁官房副長官兼民主党政策調査会長代理
> 松井孝治官房副長官兼民主党政策調査会長代理兼民主党参議院政策審議会長
> 柳沢恭二官房副長官
> 輿石東代表代行兼民主党参議院議員会長
> 山岡賢次民主党幹事長代理
> 高嶋良充民主党幹事長代理兼民主党参議院幹事長
> 松野頼久民主党国会対策委員長
> 三井辨雄民主党国会対策委員長代理
> 平田健二民主党国会対策委員長代理兼民主党参議院国会対策委員長
> という配置にしていれば、結構ましだったのではないかという気がして…(苦笑)。
概ね同意見ですが・・
多少異論が・・
あっ!
大臣就任は変えずに?
任務を変えた場合・・ということですね。 (苦笑)
なら・・
ベストかも? (笑)

>鹿児島2区の補選は徳洲会票が自民に行ったとすれば、あの票差は健闘したのでは?
あの自民のジイサン。
徳田のボンボンと・・
1期だけって
握りが出来てたらしいですね。 (苦笑)

>沖縄市長選は自公民相乗りだったのですから、民主党にとっては敗北ではなかったのでは?(苦笑)
コレは・・
仰せのとおりで・・
誤解を招く表現で・・
失礼致しました!(苦笑)


沖縄市長選・・(苦笑)

medemensen様;
コメントありがとうございます!

>あれ、沖縄市長選ではコイツラ裏切ったのでは?
民主党は・・
ご指摘のとおりでした。 (苦笑)
失礼致しました!

また長くなりましたが

>>これ、もしかしたら、小保方氏の妄想の中では真実なのかもしれません
>真実の妄想・・ですよ、きっと。
>まぁ、気弱な地上げ屋の近くにも
>少し前までいましたね・・こういう人。 (笑)
>あっ!hirokiさんもお会いしたこと・・ありましたね!? (苦笑)
F島さんですか?それともTさん?

>>例えばコピペなんで学生の間では日常的に行われていることですからね
>ネットならまだしも・・
>研究論文で?
>しかも!
>ネイチャーレヴェルでそれやっちゃ?
>不味いでしょ? (苦笑)
その通りですが、レポートを出す際に、さすがに友人のレポートをコピペしたのが見つかれば、コピペした本人はおろか渡した方も0点になりますが、ネットからコピペして作る学生は結構いると思いますよ。試験の直前になると、コピー機の前は、授業に出ていない学生が出ている友人のノートをコピーするための行列ができます。論文レベルでも当然やる学生はいると思います。なにせ、論文代行サービスをする専門の業者があるぐらいですから。
http://www.sotsuron-help.com/
そんな感覚を矯正されることなく社会人になれば、ネイチャーレヴェルでやっちまっても、驚きはありませんね。残念ながら。

>>鳩山内閣って同じ人選でも配置が違ければもっとましだったのではないかと思うところが結構あります
>結構と申しますか・・
>それに尽きるのでは? (苦笑)
歴史にたらればはありませんが、
鳩山由紀夫内閣総理大臣兼民主党代表
小沢一郎副総理兼民主党幹事長
菅直人内閣官房長官兼国家戦略相兼民主党政策調査会長
峰崎直樹財務大臣
川端達夫外務大臣
原口一博総務大臣
中井洽拉致問題担当兼法務大臣
直嶋正行経済産業大臣
仙谷由人厚生労働大臣
平野博文科学技術担当兼文部科学大臣
北澤俊美農林水産大臣
赤松広隆国土交通大臣
岡田克也環境大臣
川内博史沖縄北方担当兼防衛大臣
前原誠司国家公安委員長兼防災担当大臣
福島瑞穂消費者兼男女共同参画担当大臣
亀井静香金融兼経済財政兼郵政民営化担当大臣
長妻昭行政刷新兼年金改革担当大臣
小沢鋭仁官房副長官兼民主党政策調査会長代理
松井孝治官房副長官兼民主党政策調査会長代理兼民主党参議院政策審議会長
柳沢恭二官房副長官
輿石東代表代行兼民主党参議院議員会長
山岡賢次民主党幹事長代理
高嶋良充民主党幹事長代理兼民主党参議院幹事長
松野頼久民主党国会対策委員長
三井辨雄民主党国会対策委員長代理
平田健二民主党国会対策委員長代理兼民主党参議院国会対策委員長
という配置にしていれば、結構ましだったのではないかという気がして…(苦笑)。

>鹿児島2区補選 惨敗に続き
>勝てるはずだった沖縄市長選も・・
>敗北です。 (苦笑)
まあ、鹿児島2区の補選は徳洲会票が自民に行ったとすれば、あの票差は健闘したのでは?あの低投票率では組織票がものをいうわけで、むしろ本来なら自民が圧勝して当然だったのではないでしょうか?

沖縄市長選は自公民相乗りだったのですから、民主党にとっては敗北ではなかったのでは?(苦笑)

>鹿児島2区補選 惨敗に続き
>勝てるはずだった沖縄市長選も・・

あれ、沖縄市長選ではコイツラ裏切ったのでは?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム