カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

「統一地方選勝利? 当然です。 ワタシたちの票読みは・・誤差1%ですよ?」 公明党 創価学会

このGW・・。
皆さん、いかがお過ごしでしたでしょうか?
気弱な地上げ屋が昔から不思議に感じている
この国の風習の一つに・・
"多くの人間が同じ行動をする" というのがございます。 (苦笑)

「アタシは10連休よ!」 「 オレは11連休だぞ!」
ターミナル駅も道路も・・
空港までもが・・
どこ行っても混雑するこの時期。
気弱な地上げ屋は・・

パッションフルーツ 2

仕事が半分・・
そして、3年目を迎えた
パッションフルーツの木の手入れや・・
ハーブちゃんたちの苗木の手入れに
精出す日々でした。 (笑)

この時期は・・
「電車も空いてて良いですね!」
とこう言いたいところですが・・
帰りはともかく
朝は・・
思ったより人が乗ってます。 (苦笑)
「またぁ? 電車ネタ? もういい加減・・」
ヤジの一つも飛んできそうですが・・(笑)
毎度御馴染みの・・
起きてはいますが、電車ネタ・・です。 (苦笑)

数年前までは
電車で自分の世界に入り込む・・というと
本や新聞読んだり・・

電車内 2

居眠りしたり・・
と、こうした風景が
一般的だったのですが・・(笑)
最近は・・

電車 車内 マナー違反

いろんな人が・・
いらっしゃいますよね。 (苦笑)

でもやっぱり・・
一番多いのが・・
スマホに見入る人たち。
気弱な地上げ屋は、
隣に腰掛けた人がナニしてようが・・
ほとんど気にかけることございませんが・・
このスマホに見入る人たちは・・
ご本人たちは気付いてるのでしょうかね?
スマホに熱中して見入ると・・?
顔に近づける人が多いでしょ?
すると・・
こうなる人が多いのです。

電車 スマホ座り

ただ肘が当たるくらいならまだ我慢出来ますが・・
なかにはゲームに夢中になって (苦笑)
指動かす振動が肘に伝わり・・
低周波治療器が腕に当たってる?
そんな状態になってるわけです。

「そんなことされて・・? オマエが黙って見てるのか?」
流石はレギュラーの皆さん?
お目が高い! (笑)
確かにご想像の通り・・
黙って見過ごすことはほとんどありません。 (苦笑)

こういう場合、どうするか?
同じような思いをなさったかたが・・
もしいらしたら?
是非ご参考になさってください。
効果テキメンです!(笑)
低周波治療器が密着した状態のまま・・
おもむろに扇子を取り出し・・
凄い勢いで扇ぎ始めるのです。 (笑)

笑 なんじゃこりゃ

凄いですよ。
今までの経験上・・
2分以上耐えられた人間はいません。 (笑)
向こうが低周波治療器で来るならば・・?
コッチは掘削ドリルで対抗するってコト。 (苦笑)
まぁ無理に・・
お奨めは致しません。 (笑)

電車内では、
肘の張り合いですが・・(笑)
恥ずかしげもなく公然と
意地の張り合い続けてたのが・・

大塚家具

この親子。 (苦笑)

こういう素晴らしいCMコピー作れるのですから・・(笑)
いっそのこと社名も、大塚家具ではなく
大塚家訓にでもすりゃ良いのに・・(笑)
こう感じるのは、気弱な地上げ屋だけでしょうか。

4月末までの予定で開催されていた
大感謝祭フェアと称するお詫びセール。
予想以上の売れ行きに
10日間延長を決めたそうです。
創業者の長女でもある現社長。
なかなかの商売上手・・です。
フェア初日には、本社のある新宿店で
日頃、広告費で手懐けてるマスゴ各社を集め
開店にあわせ自ら来店客にブーケを手渡し・・
ん?
テレビニュースでこの光景見てたら・・?
どうも不自然です。
ブーケ受け取った "来店客" が・・
久美子社長にお辞儀してます。 (笑)
こりゃどう見ても逆でしょ?
この会社には
気弱な地上げ屋のワイン友達がいます。
早速尋ねてみましょう。 (笑)

「新宿店に開店前に行列作ってた来店客が仕込み臭い? あんたやっぱり悪どいね・・ではなく、鋭いね? その通りよ。 アレはほとんど仕込みなんじゃないの? アタシみたいな平社員でも最低5人のノルマ。 課長クラスで20人。 店長クラスになると・・? そう言えば、一連の騒動で会長側に付いちゃった幹部・・ある店長なんて・・20年も音信普通の親戚にまで交通費コッチ持ちで来てもらったりして、60人呼んだってウワサ。 それだけじゃないわ。 売上げ目標に達しないと即左遷・・ヘタすりゃクビだから彼らは必死。 売上げが足りない分は自分で買うのよ。 つい最近まで後ろ足で砂かけてたくせに、今度は千切れんばかりに尻尾振るんだから・・サラリーマンは大変ヨ。 ある店長なんて、この1週間でベッド10台買ったそうよ。 家には勿論あるから・・転売するしかないでしょ? 知り合いの地場の家具店に引き取ってもらうらしいけど・・半値以下。 ウチで売ってるセール品を更に安く買いたい人は・・地元の小規模家具店行くと? セールやってる大塚家具のさらに半値で買えるってワケ。」

笑 困った

新宿店は、
セール初日と翌日日曜日の2日間で・・
1万人もの親戚・・
いや、来店客が集まったそうです。 (笑)

1000人ほどの親戚に行列作らせ
それをメディアに流させる。
それ見た一般客が・・
「行って見ようか? 」 「行かなきゃ損!」
ベッド10台買った店長さんはともかく・・(笑)
見事なマーケティングミックス
シナジー効果です。

舞台裏はともかく
見た目は成功を収めたかに見えるのが・・

安倍晋三 アベコベ 8

このオトコのアメリカ訪問。
連邦議会での演説などは・・
見事と言うほかありません。 (笑)

ところで何語なんですか? あれ? (大笑)
議場の議員たちには・・
英文の演説原稿が配られましたが・・
目が不自由な人や
希望した人向けには
同時通訳も入ったのをご存知ですか? (笑)
どう聞こえるかはともかく、本人は英語しゃべってるつもりなんでしょ?
それを英語に訳すのを・・?
「同時通訳って言うのかね?」
某報道機関の知人に尋ねたら・・
「あれは・・どうじ通訳じゃ~なくて、同じ通訳って読むんだよ」
言われちゃいました。 (笑)

まぁこんな連中笑ってる間にも・・
大事な選挙がございました。
統一地方選です。

皆さんの地域の選挙はいかがでしたか?
気弱な地上げ屋は・・
6勝1敗でした。 (笑)

笑い2

地方選挙というのは・・
浮動票はほとんどございません。
つまり・・
誰に投票するか・・?
決めたうえで投票所へ向かう人が・・
ほとんど・・ということです。
まぁ・・
大抵は3000票から4000票。
少ない地域ですと、数百票でも当選しちゃうのですから・・
真面目に・・
間違ったことしない限りは・・
当選できるということです。
落ちちゃった人は・・?
真面目に政治活動してたか?
間違った動きをしなかったか?
胸に手を当ててよーく考えてみてください? (苦笑)

このたびの統一地方選
将来が楽しみな人も・・
結構いましたね。

松田公太 みんなNOT

この人も・・
良い候補者見つけてきます。

障害に挫けず、勇気を奮って立候補し
見事トップ当選果たした女性もいました。
政治の世界に入ると
どうしようもないオッサンなども大勢いますが・・(苦笑)
めげずに、地方自治にチカラを注いでもらいたいものです。

この人も・・

瑞穂ちゃん ミズホタン

クリーンヒット飛ばしました。 (笑)
組織も地盤もまったくない・・
更に言うと、
自公がメチャクチャ強い・・(苦笑)
八王子市で・・
無名の新人をこれまたトップ当選させちゃいました!
この女性は、しゃべりもキチンと出来るようですので・・
15年後に社民党がまだこの世に存在していたら?
党首の有力候補・・だそうです。 (苦笑)

社民党と言えば・・
忘れてはならないのが・・
2期目の世田谷区長に挑み・・
見事再選を果たした・・

保坂サン 世田谷区長 社民党

このかた。

グルメブログにおいて・・
憲政史上最も選挙に弱い候補・・(苦笑)
に認定されていた保坂センセ。
保坂さんの・・まさかのダブルスコアです。 (笑)
まぁあの大政翼賛体制なら・・
勝つだろうなとは思ってましたが・・
ダブルスコアとは・・? (苦笑)
利権のチカラって・・
凄いのですね。 (笑)

つい5年前までは・・
「下北沢再開発は、石原都政と小泉改革の醜悪なコミュニティ破壊。 高層ビルを建てるための条件がそろうが、実は道路はわずかな距離だけ。 短い帯のような幅広い道路は、高層ビル建設を可能にする仕掛け」
こんなこと言っときながら・・
「下北沢再開発については・・下北沢と2.2キロの線路跡地をデザインする」
に変わっちゃう。 (苦笑)

象徴的なのは・・
1期目の4年間。
区提案の議案はすべて・・
議会を通しております。 (苦笑)
保坂センセ。
まさかとは思いますが・・
政治力・・身につけちゃったのでしょうか? (笑)

ただ皆さん?
勘違いしないでくださいね?
グルメブログは・・
批判してるのではありませんよ。 (苦笑)
ギャグです!
いえ、逆です! 褒めてるのです。 (笑)
政治家は・・
政治力がなければ・・
政治家ではありません。

このたびの統一地方選
気弱な地上げ屋は、ほぼ目標達成したのですが
この目標達成に一役買ったのが・・
驚くなかれ・・

江田ランスセンセ 2

この人・・
江田ランスセンセ・・です。 (苦笑)

最終盤の週末の2日間・・。
首都圏400キロを走破したそうです。
地方議員は
国政選挙を支える屋台骨・・。
こうしたことを
キチンと理解しているのでしょう。 (苦笑)

気弱な地上げ屋も人のこと言えた義理じゃございませんが・・(笑)
江田ランスセンセのことを
江田字って人が・・
レギュラーには大勢居るでしょ?

枝毛嫌い・・してる人も大勢いらっしゃいます。 (苦笑)
この人の弱点は・・
人望が無いこと・・です。
しかし・・
最大限評価出来る点がございます。

それは・・
霞ヶ関官僚機構の効率化、
霞ヶ関の改革を進めることこそ!
国の行く末に資する・・。
こう考えてることなのです。
本心は・・
自分を追放した
霞ヶ関高級官僚機構への逆恨み・・なのですが (苦笑)
動機はともかく・・
目的が似てるなら?
同じ道を進むことに
躊躇してはなりません。 (苦笑)

この日・・。
ホンの数分間でしたが・・
立ち話することが出来ました。
顔色が変わるような質問したのですが・・
この件を書き始めると
長くなっちゃいますので・・
このときのことは・・

文句あんの 笑

また次のエントリーで。 (笑)

さて、気弱な地上げ屋も随分いろんな選挙やってきましたが・・
このたびの統一地方選
とても驚いた出来事がございました。

気弱な地上げ屋が
代々木の人たちや・・
信濃町の皆さんと・・
お付き合いしていることは
レギュラーの皆さんなら・・ご承知でしょう。
それぞれ・・
互いの立場は勿論、
互いの目的や思惑も
当然承知し合ってのお付き合いで・・
簡単に言えば
キツネとタヌキのバカ試合・・なのですが、今回
ウワサには聞いてはいましたが
実際に自分の目で見た
驚天動地な出来事が・・ございました。

統一地方選公示直前のある日のこと。

そうかな山口

信濃町系のある知人と・・
食事をご一緒する機会がございました。

この知人・・。
普段はそつなくウソつく・・
そういう人なのですが・・(笑)
本人は気付いていない
決定的な弱点があるのです。
それは・・
酒呑んで酔っ払うと・・
なんでもしゃべっちゃうこと。 (笑)

この日も・・
上手い按配に酔っ払ってきました。 (笑)

酔っ払い 笑

「ねぇ○○サン? 今度の統一地方選? オタク・・予定通り、○○人出すんでしょ? どう票割すんの?」
「ウチの票割の仕方? 気弱な地上げ屋? そんなこと・・言えるわけ無いだろ?」
「まぁまぁ○○サン? そこんとこを何とか・・。 新人だけでも教えてよ? 例えば・・○×サンとか・・××サン。 あと・・×××サンあたりは?」

こうして聞き出した・・予想得票。
○×は ・・・・票。
××は ・・・・票。
×××は ・・・・票。
最後の一桁まで票読みしちゃって・・
「新幹線の・・到着時刻じゃあるまいし? そんな正確に・・当たるわけね~だろ?」
そうは思いながらも、
聞いた数字を見えないようにメモし・・(笑)
投票日を迎えたら・・?

驚 驚愕 オイオイ 笑

こうなっちゃったワケです。 (苦笑)

ナント!
最大誤差でも1%弱!
なかには・・
5票しか!?
票読みが狂ってなかった候補者も・・。 (苦笑)
凄いですねぇ・・この人たちは。
皆さん?
新幹線通らないはずの信濃町の票読みは・・
新幹線並みに正確です。 (苦笑)

このたびの統一地方選
レギュラーの皆さんはしっかり投票に行かれたと信じてますが・・
全国では、5000万人を超える有権者が
棄権しております。 (苦笑)

選挙に行っても
行かなくても・・
自分の人生や生活に影響ないと信じてる人たちなのでしょうが・・
まったくニブい人たちです。 (苦笑)
投票に行こうが棄権しようが
今の平和な時代が続くと思ってるのでしょうが
そんな時代がいつまでも・・
続くとでも思ってるのでしょうか?
自分がやらなくても?
誰かがやってくれる・・。
誰かが?
何とかしてくれるだろう?
これほど脆い平和はありません。

社会の不平等や荒廃は・・
この先、益々進むでしょうし・・
そうなるとやがて・・
そういう人たちは、英雄の出現を期待したり
強権政治・・独裁を求め出します。

確固たる根拠をもって自分の意思で行動できる人と
人に言われて深く考えずに動く人。
後者が圧倒的に多くなったら?
どういう社会になるのでしょうか?
改革の旗を掲げ
改革者を名乗る独裁者が生まれる社会的基盤が広がるのは
今のような時代なのです。
歴史に目を向けてください?
ムッソリーニもヒットラーも・・
世に現れた当初・・
社会改革の旗手として登場したのですよ・・。


政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 気弱な地上げ屋 グルメブログ スマホ 電車ネタ

<< 「大阪都構想断念? 政界引退? カメラの前でボクが本当のこと・・言ったことあります? 来年、参院選で勝負します」 橋下徹 | ホーム | 「安倍談話? 遠慮なく言いますよ! 侵略を反省? 心からお詫び? そんな心にも無いこと書くわけないでしょ?」 ヤベェ晋三 >>


コメント

これも・・(苦笑)

通りがけ様;
お約束の3発目!
コメントありがとうございます!(苦笑)
でも・・
これも・・
長いですねぇ・・。(苦笑)
でも良く見ると・・
コピペなどではなく
全部・・
ご自分で?
書いてるのですよね?
凄い!
見習いはしませんが・・
凄い! です。 (笑)

ちょっとこれは・・(苦笑)

通りがけ様;
2発目!
と言いたいところですが・・
これって?
5回分を1回で撃ってません? (苦笑)
ちょっと・・
アレ過ぎ・・です。 (笑)




集票力は落ちているのでは? (苦笑)

hiroki様;
コメントありがとうございます!

>はい、ブログを見てドン引きしました
エッ~!?
ブログやってるのですか? あの人?
凄いですねぇ? hirokiさん・・。
あんなマイナーな・・(笑)
ブログまでチェックなさって・・?
で?
キチンと更新してます?

>保坂区長は、自社さ政権での経験が生きていると本に書いていた気がしますね
まぁそうとしか・・
言いようがないでしょ? (笑)

>いろいろ変えようとしてほとんどが元の木阿弥になってしまった民主党政権に比べれば
そりゃそうです。 (笑)

>保坂区長は95%継承し5%を変えるというスタンスでずいぶん成果が出たのでは?
コアな支援者ほど・・
離れてしまいましたね。
で、投票したのは・・
地元の業界団体・・。
自民党みたいですよ、あの人。 (苦笑)

>全然議会に基盤がないところからのスタートだったのを翼賛議会にしたのですから妥協も必要でしょう
そういう思考が出来ないのですよ・・
あの人のコアな元・・支援者たちは。 (苦笑)

>生活保護給付が妥当かを決める資力調査の事です
知ってますよ、そんなこと。 (苦笑)

>生活保護世帯は別途加算で対応するとなるとミーンズテストは必要
hirokiさん!?
最近・・
グルメブログ見てませんね?
マイナンバーのあのハナシ。
ほとんど・・
99%真実ですよ。
であれば?
行政はほぼ全ての情報を・・
握ります。 (苦笑)

>とはいえ、板橋区、江東区、松本市で取りこぼしたようでw 世田谷区もギリギリ
>集票力は落ちているのでは?
集票力は落ちてても・・
ほぼ確実な票読みが出来れば・・
地方選挙は圧勝です。 (苦笑)

>米議会で英語演説というなら、鳩山由紀夫総理がやったらどんな演説になったのかはすごい興味が
来週お目にかかるので・・
英会話力・・
試してみましょうかね? (笑)






生ゴミから食えそうなもの探せ・・(苦笑)

あり28号様;
コメントありがとうございます!
お久しぶり! ですねぇ!(笑)
最近・・
古株のレギュラーの皆さんが・・
コメント入れてくれたり・・
メールを送ってくれたりして・・
とても嬉しいですね。 (笑)

>下痢と同じように頭のイカレタ悪人は選挙で選ばれるのですね
グルメブログでは・・
選んだ人たちのことを・・
問題にしています。 (苦笑)

>棄権するのがエライとは言いませんが…捏造とカネのNHKみたいな事言われましてもねぇ
>ゴミステーションの生ゴミから食えそうなもの探せと言われてるみたい
ウーン・・
あまりに的確な表現に・・
返す言葉もございません!(苦笑)
でも・・
そうはおっしゃっても・・
食えそうなもん・・
探してください。 (笑)

確かにスゴイ・・(笑)

koyuri様;
コメントありがとうございます!

>何はともあれ、知っている人には必ず声を掛けたり、足がナイという方は自動車で投票所まで送迎したり
自動車送迎は・・
気弱な地上げ屋の選挙区ではやっていないと言い張ってましたが・・(笑)
声掛け作戦は・・
「もう投票しました」
こう答えるまで・・
最低でも・・
3回はやるそうです。
最高を聞いたら?
2週間で18回電話(証拠が残るメールはやらない)だそうです。 (笑)
因みにkoyuriさん?
Fは・・?
フレンドの略ですよね?
気弱な地上げ屋は・・?
彼らのコードネームで・・
「E」って呼ばれてるのだそうです。 (笑)
「それって?良い人って・・意味でしょ?」
尋ねたら・・
「enemyのEなんだけど・・」
言われちゃいました。
E人たちです。 (笑)

>野党に不足しているのは、そうしたパワーかもしれません
正確に言いますと・・
野党支援者に・・ですね。
確かに・・不足してます。 (苦笑)




外国語学力のまったく無い社会人失格人間・・(笑)

通りがけ様;
一発目!
コメントありがとうございます! (笑)

>安倍首相の演説、海外でカンペ画像が報じられる「顔を上げ拍手促す」
いえ・・
どこかのマイナーな
メディアが・・
報じてたはずです。

>こういう日本語外国語学力のまったく無い社会人失格人間
これには大笑してしまいました。 (大笑)
まぁしかし・・
そこまで激烈に書かなくても・・。 (苦笑)


天木直人センセ・・(苦笑)

剣山アーク様;
コメントありがとうございます!

>信濃町に忠誠を誓う人々の信心は恐ろしいですね
聞いてはいましたが・・
己の目と耳で・・
確かめちゃうと・・
恐ろしさもひとしおです。 (笑)

>天木直人さんが新党憲法9条を立ち上げてすごい反響を呼んでいます!
凄い?
反響が・・ですか? (苦笑)
頑張ってもらいたいところですが・・
あのネーミング・・
どうなんでしょうかね?
春先に・・
意見求められたので・・
「支援者が偏っちゃうじゃないですか? 違う党名にしたほうが・・」
申し上げたのですが・・
人に意見求めても・・
結局・・
活かすどころか、参考にもしません。 (苦笑)
インターネッ党のときもそうなのですが・・
熱しやすく・・
直ぐ冷めちゃうのですよね・・
甘きセンセって。 (苦笑)
「お不快」でご挨拶戴いたのに・・
こんなこと言うのもなんですが・・。(笑)

「安倍憲法違反内乱罪外患罪犯罪者政府」

(1)「閣議決定は違憲立法である」

「自転車運転講習は14歳未満は対象外、13歳未満の児童、幼児又は70歳以上の高齢者の場合、自転車が通行可能な歩道の標識が無い歩道でも通行することができるようです。」
さゆふらっとまうんどのブログsayuflatmound.com/?p=11910
>すいすい 2015年5月18日 8:34 PM に投稿
>こういった記事を書くのであれば、きちんと調べてから(ネットで検索したソースを使うのではなく、警察などに問い合わせをして正式な回答をもらって)書くべきだと思います。

この投稿をした「すいすい」とやらが、まさしくフリーメーソンスパイ田布施政府の工作員エージェントですね。

「警察などに問い合わせをして」という見え透いた誤誘導がその証拠です。施行された法律の内容を警察などに問い合わせる必要などまったくありません。「警察など」にではなく国会に問い合わせなければならないのです。

実は憲法によりすべての法律は行政府内の官僚が立法して施行することを禁じています。立法は国権の最高機関で唯一の立法機関である国会のみがこれを行い、内容を審議のうえ国会で承認制定された法律のみが国会の下部機関である行政府によって施行されます。

すなわち戦後政府が中曽根以来たびたび行ってきて現在の安倍政府にいたってさかんに乱発している官僚立法と閣議決定にのみ基づく新法の制定はすべて違憲立法そのものです。最高裁判所の違憲立法審査権発動は全く必要ありません。

そもそも唯一の立法機関である国会で立法審議制定されていないのだから、これら閣議決定での法律施行はすべて最初から憲法が規定する制定手続き違反の明々白々な違憲立法です。

これはまさに国権の最高機関国会の下部機関たる行政府公務員による憲法違反行政であり、かように国会審議抜きで施行して行政執行すれば直ちに最高裁審査不要で直接刑吏の手に下され、憲法99条違反刑法内乱罪現行犯有罪となります。


(2)@日本、「状況によっては北朝鮮に軍事攻撃を行う」

日本の中谷防衛大臣が、集団的自衛権を行使し、状況によっては北朝鮮のミサイル基地を攻撃することが可能だと語りました。

ロイター通信によりますと、中谷大臣は19日火曜、異例の表明として、北朝鮮がアメリカをミサイル攻撃した場合、日本は北朝鮮を攻撃することが可能だと述べています。
日本の報道各社が、中谷大臣の話として報じたところによりますと、このミサイル攻撃は大惨事になると思われる為、その結果を考慮し、日本は北朝鮮に対するあらゆる軍事作戦に入る用意があるということです。
日本政府は最近、戦後初めて日本の自衛隊を国外での戦闘に派遣する許可を与える法案を可決しました。
中国と韓国はこれ以前に、日本の自衛隊が近い将来、海外での戦闘行為に参加できるようになることについて警告を発しており、日本に対し、性急な決定により地域の平和と安全を危機に陥れないよう警告しています。
これ以前に、世界で物議を醸した日本とアメリカの軍事関係の拡大に注目し、この表明は中国や韓国を初めとする各国の懸念を引き起こしています。
両国は日本に対し、地域の不安定を誘う行動に注意するよう求めました。
国連のパン事務総長も19日、韓国・ソウルで「日本は、適切な措置により近隣諸国との関係改善を追求すべきだ」と警告しています。
韓国の英字新聞コリア・タイムズも19日、日本を批判し、「日本は、北朝鮮に関する問題について韓国やアメリカと連携すべきであり、利己的な行動をとったり、無断で北朝鮮に対する措置を講じることはできない」と報じました。
日本は、北朝鮮とは正式な国交がなく、今年の3月には、北朝鮮に対する制裁をさらに2年延長することを発表しています。
_________________

「閣議決定は違憲立法である」

先に閣議決定した集団的自衛権の行使を早速やろうという安倍憲法違反内乱罪外患罪犯罪者政府ですね。

実は憲法によりすべての法律は行政府内の官僚が立法して施行することを禁じています。立法は国権の最高機関で唯一の立法機関である国会のみがこれを行い、内容を審議のうえ国会で承認制定された法律のみが国会の下部機関である行政府によって施行されます。

「日本国憲法第41条 国会は、国権の最高機関であつて、国の唯一の立法機関である。」

すなわち戦後政府が中曽根以来たびたび行ってきて現在の安倍政府にいたってさかんに乱発している官僚立法と閣議決定にのみ基づく新法の制定はすべて違憲立法そのものです。最高裁判所の違憲立法審査権発動は全く必要ありません。

そもそも唯一の立法機関である国会で立法審議制定されていないのだから、これら閣議決定での法律施行はすべて最初から憲法が規定する制定手続き違反の明々白々な違憲立法です。

これはまさに国権の最高機関国会の下部機関たる行政府公務員による憲法違反行政であり、かように国会審議抜きで施行して行政執行すれば直ちに最高裁審査不要で直接刑吏の手に下され、憲法99条違反刑法内乱罪現行犯有罪となります。

佛のおしえ  (仏教聖典第237版本)

 第二節 心の構造

 一、迷いもさとりも心から現われ、すべてのものは心によって作られる。ちょうど手品師が、いろいろなものを自由に現わすようなものである。
 
 人の心の変化には限りがなく、その働きにも限りがない。汚れた心からは汚れた世界が現われ、清らかな心からは清らかな世界が現われるから、外界の変化にも限りがない。

 絵は絵師によって描かれ、外界は心によって作られる。仏の作る世界は、煩悩を離れて清らかであり、人の作る世界は煩悩によって汚れている。

 心はたくみな絵師のように、さまざまな世界を描き出す。この世の中で心のはたらきによって作り出されないものは何一つない。心のように仏もそうであり、仏のように人びともそうである。だから、すべてのものを描き出すということにおいて、心と仏と人びとと、この三つのものに区別はない。

 すべてのものは、心から起こると、仏は正しく知っている。だから、このように知る人は、真実の仏を見ることになる。


 二、ところが、この心は常に恐れ悲しみ悩んでいる。すでに起こったことを恐れ、まだ起こっていないことをも恐れている。なぜなら、この心の中に無明と病的な愛着とがあるからである。

 この貪りの心から迷いの世界が生まれ、迷いの世界のさまざまな因縁も、要約すれば、みな心そのものの中にある。

 生も死も、ただ心から起こるのであるから、迷いの生死(しょうじ)にかかわる心が滅びると、迷いの生死は尽きる。

 迷いの世界はこの心から起こり、迷いの心で見るので迷いの世界となる。心を離れて迷いの世界がないと知れば、汚れを離れてさとりを得るであろう。

 このように、この世界は心に導かれ、心に引きずられ、心の支配を受けている。迷いの心によって、悩みに満ちた世間が現れる。


 三、すべてのものは、みな心を先とし、心を主(あるじ)とし、心から成っている。汚れた心でものを言い、また身で行なうと、苦しみがその人に従うのは、ちょうど牽(ひ)く牛に車が従うようなものである。

 しかし、もし善い心でものを言い、または身で行なうと、楽しみがその人に従うのは、ちょうど影が形に添うようなものである。悪い行ないをする人は、この世では、悪いことをしたと苦しみ、後の世では、その悪い報いを受けてますます苦しむ。善い行ないをする人は、この世において、善いことをしたと楽しみ、後の世では、その報いを受けてますます楽しむ。(第966版本「悪い行いをする人は、その悪の報いを受けて苦しみ、善い行いをする人は、その善の報いを受けて楽しむ。」)

 この心が濁ると、その道は平らでなくなり、そのために倒れなければならない。また、心が清らかであるならば、その道は平らになり、安らかになる。 

 身と心の清らかさを楽しむものは、悪魔の網を破って仏の大地を歩むものである。心の静かな人は安らかさを得て、ますます努めて夜も昼も心を修めるであろう。


 第四章 煩悩

 第一節 心のけがれ

 一、仏性(ぶっしょう)を覆いつつむ煩悩に二種類ある。

 一つは知性の煩悩である。二つには感情の煩悩である(一つは道理に迷う理性の煩悩である。二つには実際に当たって迷う感情の煩悩である)。

 この二つの煩悩は、あらゆる煩悩の根本的な分類であるが、このあらゆる煩悩の根本となるものを求めれば、一つには無明(むみょう)、二つには愛欲となる(この二つの煩悩は、無明と愛欲となる)。

 この無明と愛欲とは、あらゆる煩悩を生み出す自在の力を持っている。そして、この二つこそ、すべての煩悩の源なのである。

 無明とは無知のことで、ものの道理をわきまえないことである。愛欲は激しい欲望で、生に対する執着が根本であり、見るもの聞くものすべてを欲しがる欲望ともなり、また転じて、死を願うような欲望ともなる。

 この無明と愛欲とをもとにして、貪(むさぼ)り、瞋(いか)り、愚かさ、邪見(じゃけん)、恨み、嫉(ねた)み、へつらい、たぶらかし、おごり、あなどり、ふまじめ、その他いろいろの煩悩が生まれてくる。


 二、貪りの起きるのは、気に入ったものを見て、正しくない考えを持つためである。瞋りの起きるのは、気に入らないものを見て、正しくない考えを持つためである。愚かさはその無知のために、なさなければならないことと、なしてはならないこととを知らないことである。邪見は正しくない教えを受けて、正しくない考えを持つことから起きる。

 この貪(むさぼ)りと瞋(いか)りと愚かさは、世の三つの火といわれる。貪りの火は、欲にふけって、真実心を失った人を焼き、瞋りの火は、腹を立てて、生けるものの命を害(そこ)なう人を焼き、愚かさの火は、心迷って仏の教えを知らない人を焼く。

 まことにこの世はさまざまの火に焼かれている。貪りの火、瞋りの火、愚かさの火、生・老・病・死の火、憂い・悲しみ・苦しみ・悶えの火、さまざまな火によって炎々と燃えあがっている。これらの煩悩の火はおのれを焼くばかりでなく、他をも苦しめ、人を身(しん)・口(く)・意(い)の三つの悪い行為に導くことになる。しかも、これらの火によってできた傷口のうみは触れたものを毒し、悪道に陥(おと)し入れる。


 三、貪(むさぼ)りは満足を得たい気持ちから、瞋(いか)りは満足を得られない気持ちから、愚かさは不浄な考えから生まれる。貪りは罪の汚れは少ないけれども、これを離れることは容易でなく、瞋りは罪の汚れが大きいけれども、これを離れることは早いものである。愚かさは罪の汚れも大きく、またこれを離れることも容易ではない。

 したがって、人びとは気に入ったものの姿を見聞きしては正しく思い、気に入らないものの姿を見ては慈しみの心を養い、常に正しく考えて、この三つの火を消さなければならない。もしも、人びとが正しく、清く、無私の心に満ちているならば、煩悩によって惑わされることはない。


 四、貪り、瞋り、愚かさは熱のようなものである。どんな人でも、この熱の一つでも持てば、いかに美しい広びろとした部屋に身を横たえても、その熱にうなされて、寝苦しい思いをしなければならない。

 この三つの煩悩のない人は、寒い冬の夜、木の葉を敷物とした薄い寝床でも、快く眠ることができ、むし暑い夏の夜、閉じこめられた狭苦しい部屋でも、安らかに眠ることができる。

 この三つは、この世の悲しみと苦しみのもとである。この悲しみと苦しみのもとを絶つものは、戒めと心の統一と智慧である。戒めは貪りの汚れを取り去り、正しい心の統一は瞋りの汚れを取り去り、智慧は愚かさの汚れを取り去る。


 五、人間の欲にははてしがない。それはちょうど塩水を飲むものが、いっこうに渇きが止まらないのに似ている。彼はいつまでたっても満足することがなく、渇きはますます強くなるばかりである。

 人はその欲を満足させようとするけれども、不満がつのっていらだつだけである。

 人は欲を決して満足させることができない。そこには求めて得られない苦しみがあり、満足できないときには、気も狂うばかりとなる。

 人は欲のために争い、欲のために戦う。王と王、臣と臣、親と子、兄と弟、姉と妹、友人同士、互いにこの欲のために狂わされて相争い、互いに殺し合う。

 また人は欲のために身をもちくずし、盗み、詐欺し、姦淫する。ときには捕らえられて、さまざまな刑を受け、苦しみ悩む。

 また、欲のために身・口・意の罪を重ね、この世で苦しみを受けるとともに、死んで後の世には、暗黒の世界に入ってさまざまな苦しみを受ける。


六、愛欲は煩悩の王、さまざまの煩悩がこれにつき従う。

 愛欲は煩悩の芽をふく湿地、さまざまな煩悩を生じる。愛欲は善を食う鬼女、あらゆる善を滅ぼす。

 愛欲は花に隠れ住む毒蛇、欲の花を貪るものに毒を刺して殺す。愛欲は木を枯らすつる草、人の心に巻きつき、人の心の中の善のしるを吸い尽くす。愛欲は悪魔の投げた餌(え)、人はこれにつられて悪魔の道に沈む。

 飢えた犬に血を塗った乾いた骨を与えると、犬はその骨にしゃぶりつき、ただ疲れと悩みを得るだけである。愛欲が人の心を養わないのは、まったくこれと同じである。

 一切れの肉を争って獣は互いに傷つく。たいまつを持って風に向かう愚かな人は、ついにおのれ自身を焼く。この獣のように、また、この愚かな人のように、人は欲のためにおのれの身を傷つけ、その身を焼く。


 七、外から飛んでくる毒矢は防ぐすべがあっても、内からくる毒矢は防ぐすべがない。貪りと瞋りと愚かさと高ぶりとは、四つの毒矢にもたとえられるさまざまな病を起こすものである。

 心に貪(むさぼ)りと瞋(いか)りと愚かさがあるときは、口には偽りと無駄口悪口と二枚舌を使い、身には殺生と盗みとよこしまな愛欲を犯すようになる。

 意の三つ、口の四つ、身の三つ、これらを十悪という。

 知りながらも偽りを言うようになれば、どんな悪事をも犯すようになる。悪いことをするから、偽りを言わなければならないようになり、偽りを言うようになるから、平気で悪いことをするようになる。
 
 人の貪(むさぼ)りも、愛欲も恐れも瞋(いか)りも、愚かさからくるし、人の不幸も難儀も、また愚かさからくる。愚かさは実に人の世の病毒にほかならない。
 

 八、人は煩悩によって業(ごう)を起こし、業によって苦しみを招く。煩悩と業と苦しみの三つの車輪はめぐりめぐってはてしがない。

 この車輪の回転には始まりもなければ終わりもない。しかも、人はこの輪廻(りんね)から逃れるすべを知らない。永遠に回帰する輪廻に従って、人はこの現在の生から、次の生へと永遠に生まれ変わってゆく。

 限りない輪廻の間に、ひとりの人が焼き捨てた骨を積み重ねるならば、山よりも高くなり、また、その間に飲んだ母の乳を集めるならば、海の水よりも多くなるであろう。

 だから、人には仏性があるとはいえ、煩悩の泥があまりに深いため、その芽生えは容易でない。芽生えない仏性はあってもあるとはいわれないので人びとの迷いははてしない。


第四節  迷いのすがた

 一、この世の人びとは、人情が薄く、親しみ愛することを知らない。しかも、つまらないことを争いあい、激しい悪と苦しみの中にあって、それぞれの仕事を勤めて、ようやく、その日を過ごしている。

 身分の高下にかかわらず、富の多少にかかわらず、すべてみな金銭のことだけに苦しむ。なければないで苦しみ、あればあるで苦しみ、ひたすらに欲のために心を使って、安らかなときがない。

 富める人は、田があれば田を憂え、家があれば家を憂え、すべて存在するものに執着して憂いを重ねる。あるいは災いにあい、困難に出会い、奪われ焼かれてなくなると、苦しみ悩んで命まで失うようになる。しかも死への道はひとりで歩み、だれもつき従う者はない。

 貧しいものは、常に足らないことに苦しみ、家を欲しがり、田を欲しがり、この欲しい欲しいの思いに焼かれて、心身ともに疲れ果ててしまう。このために命を全うすることができずに、中途で死ぬようなこともある。

 すべての世界が敵対するかのように見え、死出の旅路は、ただひとりだけで、はるか遠くに行かなければならない。


 二、また、この世には五つの悪がある。

 一つには、あらゆる人から地に這う虫に至るまで、すべてみな互いにいがみあい、強いものは弱いものを倒し、弱いものは強いものを欺き、互いに傷つけあい、いがみあっている。

 二つには、親子、強大、夫婦、親族など、すべて、それぞれおのれの道がなく、守るところもない。ただ、おのれを中心にして欲をほしいままにし、互いに欺きあい、心と口とが別々になっていて誠がない。

 三つには、だれも彼もみなよこしまな思いを抱き、みだらな思いに心をこがし、男女の間に道がなく、そのために、徒党を組んで争い戦い、常に非道を重ねている。

 四つには、互いに善い行為をすることを考えず、ともに教えあって悪い行為をし、偽り、むだ口、悪口、二枚舌を使って、互いに傷つけあっている。ともに尊敬しあうことを知らないで、自分だけが尊い偉いものであるかのように考え、他人を傷つけて省みるところがない。

 五つには、すべてのものは怠りなまけて、善い行為をすることさえ知らず、恩も知らず、義務も知らず、ただ欲のままに動いて、他人に迷惑をかけ、ついには恐ろしい罪を犯すようになる。


 三、人は互いに敬愛し、施しあわなければならないのに、わずかな利害のために互いに憎み争うことだけをしている。しかも、争う気持ちがほんのわずかでも、時の経過に従ってますます大きく激しくなり、大きな恨みになることを知らない。

 この世の争いは、互いに害(そこな)いあっても、すぐに破滅に至ることはないけれども、毒を含み、怒りが積み重なり、憤りを心にしっかり刻みつけてしまい、生をかえ、死をかえて、互いに傷つけあうようになる。

 人はこの愛欲の世界に、ひとり生まれ、ひとり死ぬ。未来の報いは代わって受けてくれるものがなく、おのれひとりでそれに当たらねばならない。

 善と悪とはそれぞれその報いを異にし、善は幸いを、悪は災いをもたらし、動かすことのできない道理によって定まっている。しかも、それぞれが、おのれの業を担い、報いの定まっているところへ、ひとり赴く。


 四、恩愛のきずなにつながれては憂いに閉ざされ、長い月日を経ても、いたましい思いを解くことができない。それとともに、激しい貪りにおぼれては、悪意に包まれ、でたらめに事を起こし、他人と争い、真実の道に親しむことができず、寿命も尽きないうちに、死に追いやられ、永劫に苦しまなければならない。

 このような人の仕業は、自然の道に逆らい、天地の道理にそむいているので、必ず災いを招くようになり、この世でも、後の世でも、ともに苦しみを重ねなければならない。

 まことに、世俗のことはあわただしく過ぎ去ってゆき、頼りとすべきものは何一つなく、力になるものも何一つない。この中にあって、こぞってみな快楽のとりことなっていることは、嘆かわしい限りといわなければならない。


 五、このような有様が、まことにこの世の姿であり、人びとは苦しみの中に生まれてただ悪だけを行ない、善を行なうことを少しも知らない。だから自然の道理によって、さらに苦しみの報いを受けることを避けられない。

 ただおのれにのみ何でも厚くして、他人に恵むことを知らない。そのうえ、欲に迫られてあらゆる煩悩を働かせ、そのために苦しみ、またその結果によって苦しむ。

 栄華の時勢は長続きせず、たちまちに過ぎ去る。この世の快楽も何一つ永続するものはない。
 

 六、だから、人は世俗のことを捨て、健全なときに道を求め、永遠の生を願わねばならない。道を求めることをほかにして、どんな頼み、どんな楽しみがあるというのか。

 ところが人びとは、善い行為をすれば善を得、道にかなった行為をすれば道を得るということを信じない。また、人が死んでまた生まれるということを知らず、施せば幸いを得るということを信じない。すべて善悪にかかわるすべてのことを信じない。

 ただ、誤った考えだけを持ち、道も知らず、善も知らず、心が暗くて、吉凶禍福が次々に起こってくる道理を知らず、ただ眼前に起こることだけについて泣き悲しむ。

 どんなものでも永久に変わらないものはないのであるから、すべてうつり変わる。ただ、これについて苦しみ悲しむことだけを知っていて、教えを聞くことがなく、心に深く思うことがなく、ただ眼前の快楽におぼれて、財貨や色欲を貪って飽きることを知らない。


 七、人びとが、遠い昔から迷いの世界を経めぐり、憂いと苦しみに沈んでいたことは、言葉では言い尽くすことができない。しかも、今日に至っても、なお迷いは絶えることがない。ところが、いま、仏の教えに会い、仏の名を聞いて信ずることができたのは、まことにうれしいことである。

 だから、よく思いを重ね、悪を遠ざけ、善を選び、努め行なわなければならない。

 いま、幸いにも仏の教えに会うことができたのであるから、どんな人も仏の教えを信じて、仏の国に生まれることを願わなければならない。仏の教えを知った以上は、人は他人に従って煩悩や罪悪のとりこになってはならない。また、仏の教えをおのれだけのものとすることなく、それを実践し、それを他人に教えなければならない。



はげみ

第1章 さとりへの道 

 第一節 心を清める

 一、人には、迷いと苦しみのもとである煩悩がある。この煩悩のきずなから逃れるには五つの方法がある。

 第一には、ものの見方を正しくして、その原因と結果とをよくわきまえる。すべての苦しみのもとは、心の中の煩悩であるから、その煩悩がなくなれば、苦しみのない境地が現われることを正しく知るのである。

 見方を誤るから、我(が)という考えや、原因・結果の法則を無視する考えが起こり、この間違った考えにとらわれて煩悩を起こし、迷い苦しむようになる。

 第二には、欲をおさえしずめることによって煩悩をしずめる。明らかな心によって、眼・耳・鼻・舌・身・意の六つに起こる欲をおさえしずめて、煩悩の起こる根元を断ち切る。

 第三には、物を用いるに当たって、考えを正しくする。着物や食物を用いるのは享楽のためとは考えない。着物は暑さや寒さを防ぎ羞恥を包むためであり、食物は道を修めるもととなる身体を養うためにあると考える。この正しい考えのために、煩悩は起こることができなくなる。

 第四には何ごとも耐え忍ぶことである。暑さ・寒さ・飢え・渇きを耐え忍び、ののしりや謗(そし)りを受けても耐え忍ぶことによって、自分の身を焼き滅ぼす煩悩の火は燃え立たなくなる。

 第五には、危険から遠ざかることである。賢い人が、荒馬や狂犬の危険に近づかないように、行ってはならない所、交わってはならない友は遠ざける。このようにすれば煩悩の炎は消え去るのである。


 二、世には五つの欲がある。

 眼に見るもの、耳に聞く声、鼻にかぐ香り、舌に味わう味、身に触れる感じ、この五つのものをここちよく好ましく感ずることである。

 多くの人は、その肉体の好ましさに心ひかれて、これにおぼれ、その結果として起こる災いを見ない。これはちょうど、森の鹿が猟師のわなにかかって捕えられるように、悪魔のしかけたわなにかかったのである。まことにこの五欲はわなであり、人びとはこれにかかって煩悩を起こし、苦しみを生む。だから、この五欲の災いを見て、そのわなから免れる道を知らなければならない。


 三、その方法は一つではない。例えば、蛇と鰐(わに)と鳥と犬と狐と猿と、その習性を別にする六種の生きものを捕えて強いなわで縛り、そのなわを結び合わせて放つとする。

 このとき、この六種の生きものは、それぞれの習性に従って、おのおのその住みかに帰ろうとする。蛇は塚に、鰐は水に、鳥は空に、犬は村に、狐は野に、猿は森に。このために互いに争い、力のまさったものの方へ、引きずられてゆく。

 ちょうどこのたとえのように、人びとは目に見たもの、耳に聞いた声、鼻にかいだ香り、舌に味わった味、身に触れた感じ、及び、意(こころ)に思ったもののために引きずられ、その中の誘惑のもっとも強いものの方に引きずられてその支配を受ける。

 またもし、この六種の生きものを、それぞれなわで縛り、それを丈夫な大きな柱に縛りつけておくとする。はじめの間は、生きものたちはそれぞれの住みかに帰ろうとするが、ついには力尽き、その柱のかたわらに疲れて横たわる。

 これと同じように、もし、人がその心を修め、その心を鍛練しておけば、他の五欲に引かれることはない。もし心が制御されているならば、人びとは、現在においても未来においても幸福を得るであろう。


 四、人びとは欲の火の燃えるままに、はなやかな名声を求める。それはちょうど香が薫りつつ自らを焼いて消えてゆくようなものである。いたずらに名声を求め、名誉を貪って、道を求めることを知らないならば、身はあやうく、心は悔いにさいなまれるであろう。

 名誉と財と色香とを貪り求めることは、ちょうど、子供が刃(やいば)に塗られた蜜をなめるようなものである。甘さを味わっているうちに、舌を切る危険をおかすこととなる。

 愛欲を貪り求めて満足を知らない者は、たいまつをかかげて風に逆らいゆくようなものである。手を焼き、身を焼くのは当然である。

 貪りと瞋(いか)りと愚かさという三つの毒に満ちている自分自身の心を信じてはならない。自分の心をほしいままにしてはならない。心をおさえ欲のままに走らないように努めなければならない。


 五、さとりを得ようと思うものは、欲の火を去らなければならない。干し草を背に負う者が野火を見て避けるように、さとりの道を求める者は、必ずこの欲の火から遠ざからなければならない。 
                                     
 美しい色を見、それに心を奪われることを恐れて眼をくり抜こうとする者は愚かである。心が主であるから、よこしまな心を断てば、従者である眼の思いは直ちにやむ。

 道を求めて進んでゆくことは苦しい。しかし、道を求める心のないことは、さらに苦しい。この世に生まれ、老い、病んで、死ぬ。その苦しみには限りがない。

 道を求めてゆくことは、牛が重荷を負って深い泥の中を行くときに、疲れてもわき目もふらずに進み、泥を離れてはじめて一息つくのと同じでなければならない。欲の泥はさらに深いが、心を正しくして道を求めてゆけば、泥を離れて苦しみはうせるであろう。


  六、道を求めてゆく人は、心の高ぶりを取り去って教えの光を身に加えなければならない。どんな金銀・財宝の飾りも、徳の飾りには及ばない。

 身を健やかにし、一家を栄えさせ、人びとを安らかにするには、まず、心をととのえなければならない。心をととのえて道を楽しむ思いがあれば、徳はおのずからその身にそなわる。

 宝石は地から生まれ、徳は善から現われ、智慧は静かな清い心から生まれる。広野のように広い迷いの人生を進むには、この智慧の光によって、進むべき道を照らし、徳の飾りによって身をいましめて進まなければならない。

 貪(むさぼ)りと瞋(いか)りと愚かさという三つの毒を捨てよ、と説く仏の教えは、よい教えであり、その教えに従う人は、よい生活と幸福とを得る人である。


 七、人の心は、ともすればその思い求める方へと傾く。貪(むさぼ)りを思えば貪りの心が起こる。瞋(いか)りを思えば瞋りの心が強くなる。損なうことを思えば損なう心が多くなる。

 牛飼いは、秋のとり入れ時になると、放してある牛を集めて牛小屋に閉じこめる。これは牛が穀物を荒して抗議を受けたり、また殺されたりすることを防ぐのである。

 人もそのように、よくないことから起こる災いを見て、心を閉じこめ、悪い思いを破り捨てなければならない。貪(むさぼ)りと瞋(いか)りと損なう心を砕いて、貪らず、瞋(いか)らず、損なわない心を育てなければならない。

 牛飼いは、春になって野原の草が芽をふき始めると牛を放す。しかし、その牛の群れの行方を見守り、その居所に注意を怠らない。

 人もまた、これと同じように、自分の心がどのように動いているか、その行方を見守り、行方を見失わないようにしなければならない。


 八、釈尊がコーサンビーの町に滞在していたとき、釈尊に怨みを抱く者が町の悪者を買収し、釈尊の悪口を言わせた。釈尊の弟子たちは、町に入って托鉢(たくはつ)しても一物も得られず、ただそしりの声を聞くだけであった。

 そのときアーナンダは釈尊にこう言った。「世尊よ、このような町に滞在することはありません。他にもっとよい町があると思います」「アーナンダよ、次の町もこのようであったらどうするのか」「世尊よ、また他の町へ移ります」

 「アーナンダよ、それではどこまで行ってもきりがない。わたしはそしりを受けたときには、じっとそれに耐え、そしりの終わるのを待って、他へ移るのがよいと思う。アーナンダよ。仏は、利益・害・中傷・ほまれ・たたえ・そしり・苦しみ・楽しみという、この世の八つのことによって動かされることがない。こういったことは、間もなく過ぎ去るであろう」



 第二節 善い行ない

 一、道を求めるものは、常に身と口と意の三つの行ないを清めることを心がけなければならない。身の行ないを清めるとは、生きものを殺さず、盗みをせず、よこしまな愛欲を犯さないことである。口の行ないを清めるとは、偽りを言わず、悪口を言わず、二枚舌を使わず、むだ口をたたかないことである。意の行ないを清めるとは、貪(むさぼ)らず、瞋(いか)らず、よこしまな見方をしないことである。

 心が濁れば行ないが汚れ、行ないが汚れると、苦しみを避けることができない。だから、心を清め、行ないを慎しむことが道のかなめである。


 二、昔、ある金持ちの未亡人がいた。親切で、しとやかで、謙遜であったため、まことに評判のよい人であった。その家にひとりの女中がいて、これも利口でよく働く女であった。

 あるとき、その女中がこう考えた。「うちの主人は、まことに評判のよい人であるが、腹からそういう人なのか、または、よい環境がそうさせているのか、一つ試してみよう」

 そこで、女中は、次の日、なかなか起きず、昼ごろにようやく顔を見せた。主人はきげんを悪くして、「なぜこんなに遅いのか。」ととがめた。

 「一日や二日遅くても、そうぶりぶり怒るものではありません」とことばを返すと、主人は怒った。

 女中はさらに次の日も遅く起きた。主人は怒り、棒で打った。このことが知れわたり、未亡人はそれまでのよい評判を失った。


 三、だれでもこの女主人と同じである。環境がすべて心にかなうと、親切で謙遜で、静かであることができる。しかし、環境が心に逆らってきても、なお、そのようにしていられるかどうかが問題なのである。

 自分にとって面白くないことばが耳に入ってくるとき、相手が明らかに自分に敵意を見せて迫ってくるとき、衣食住が容易に得られないとき、このようなときにも、なお静かな心と善い行ないとを持ち続けることができるであろうか。

 だから、環境がすべて心にかなうときだけ、静かな心を持ちよい行ないをしても、それはまことによい人とはいえない。仏の教えを喜び、教えに身も心も練り上げた人こそ、静かにして、謙遜な、よい人といえるのである。


 四、すべてことばには、時にかなったことばとかなわないことば、事実にかなったことばとかなわないことば、柔らかなことばと粗いことば、有益なことばと有害なことば、慈しみあることばと憎しみのあることば、この五対がある。

 この五対のいずれによって話しかけられても、

 「わたしの心は変わらない。粗いことばはわたしの口から漏れない。同情と哀れみとによって慈しみの思いを心にたくわえ、怒りや憎しみの心を起こさないように」と努めなければならない。

 たとえばここに人がおり、鋤と鍬を持って、この大地の土をなくそうと、土を掘ってはまき散らし、土よなくなれと言ったとしても、土をなくすことはできない。このようにすべてのことばをなくしてしまうことはのぞみ得ない。

 だから、どんなことばで語られても、心を鍛えて慈しみの心をもって満たし、心の変わらないようにしておかなければならない。

 また、絵の具によって、空に絵を描こうとしても、物の姿を現わすことはできないように、また、枯草のたいまつによって、大きな河の水を乾かそうとしてもできないように、また、よくなめした柔らかな皮を摩擦して、ざらざらした音を立てようとしてもできないように、どんなことばで話しかけられても、決して心の変わらないように、心を養わなければならない。

 人は、心を大地のように広く、大空のように限りなく、大河のように深く、なめした皮のように柔らかに養わなければならない。

 たとえ、かたきに捕らえられて、苦しめられるようなことがあっても、そのために心を暗くするのは、真に仏の教えを守った者とはいえない。どんな場合に当たっても、
 
 「私の心は動かない。憎しみ怒ることばは、わたしの口を漏れない。同情と哀れみのある慈しみの心をもって、その人を包むように。」と学ばなければならない。


 五、ある人が、「夜は煙って、昼は燃える蟻塚。」を見つけた。
ある賢者にそのことを語ると、「では、剣をとって深く掘り進め。」と命ぜられ、言われるままに、その蟻塚を掘ってみた。

 はじめにかんぬきが出、次は水泡、次には刺叉(さすまた)、それから箱、亀、牛殺しの刀、一片の肉が次々と出、最後に龍が出た。

 賢者にそのことを語ると、「それらのものをみな捨てよ。ただ龍のみをそのままにしておけ。龍を妨げるな。」と教えた。

 これはたとえである。ここに「蟻塚」というのはこの体のことである。「夜は煙って」というのは、昼間したことを夜になっていろいろ考え、喜んだり、悔やんだりすることをいう。「昼は燃える」というのは、夜考えたことを、昼になってから体や口で実行することをいう。

 「ある人」というのは道を求める人のこと、「賢者」とは仏のことである。「剣」とは清らかな智慧のこと、「深く掘り進む」とは努力のことである。

 「かんぬき」とは無明のこと、「水泡」とは怒りと悩み、「刺叉」とはためらいと不安、「箱」とは貪り・瞋り・怠り・浮わつき・悔い・惑いのこと、「亀」とは身と心のこと、「牛殺しの刀」とは五欲のこと、「一片の肉」とは楽しみを貪り求める欲のことである。これらは、いずれもこの身の毒となるものであるから、「みな捨てよ」というのである。

 最後の「龍」とは、煩悩の尽きた心のことである。わが身の足下を掘り進んでゆけば、ついにはこの龍を見ることになる。

 掘り進んでこの龍を見いだすことを、「龍のみをそのままにしておけ、龍を妨げるな。」というのである。


 六、釈尊の弟子ピンドーラは、さとりを得て後、故郷の恩に報いるために、コーサンビーの町に帰り、努力して仏の種をまく田地(でんち)の用意をしようとした。コーサンビーの郊外に、小公園があり、椰子の並木は果てもなく続き、ガンジスの洋々たる河波は、涼しい風を絶え間なく送っていた。

 夏のある日、昼の暑い日盛りを避けて、ピンドーラは、並木の木陰の涼しいところで座禅していた。ちょうどこの日、城主のウダヤナ王も、妃たちを連れて公園に入り、管弦の遊びに疲れて、涼しい木陰にしばしの眠りにおちいった。

 妃たちは、王の眠っている間、あちらこちらとさまよい歩き、ふと、木陰に端座するピンドーラを見た。彼女らはその姿に心うたれ、道を求める心を起こし、説法することを求めた。そして、彼の教えに耳を傾けた。

 目を覚ました王は、妃たちのいないのに不審をいだき、後を追って、木陰で妃たちにとりまかれているひとりの出家を見た。淫楽に荒んだ王は、前後の見境もなく、心中にむらむらと嫉妬の炎を燃やし、「わが女たちを近づけて雑談にふけるとはふらちな奴だ。」と悪口を浴びせた。ピンドーラは眼を閉じ、黙然として、一語も発しない。

 怒り狂った王は、剣を抜いて、ピンドーラの頭につきつけたが、彼はひとことも語らず、岩のように動かない。

 いよいよ怒った王は、蟻塚をこわして、無数の赤蟻を彼の体のまわりにまき散らしたが、それでもピンドーラは、端然と坐ったままそれに耐えていた。

 ここに至って、王ははじめて自分の狂暴を恥じ、その罪をわびて許しを請うた。これから仏の教えがこの王家に入り、その国に広まるいとぐちが開けた。


 八、人が心に思うところを動作に表すとき、常にそこには反作用が起こる。人はののしられると、言い返したり、仕返ししたくなるものである。人はこの反作用に用心しなくてはならない。それは風に向かって唾(つばき)するようなものである。それは他人を傷つけず、かえって自分を傷つける。それは風に向かってちりを掃くようなものである。それはちりを除くことにならず、自分を汚すことになる。仕返しの心には常に災いがつきまとうものである。

ミーンズテストとは

>>今の電車のドアって、何かが挟まってドアが閉まらないことをセンサーが検知すると自動で開く仕組み
>そうではないシステムのようです。
これは勘違いでした1~1.5㎝以上のものがドアに挟まっていると電車が動かないの間違いでしたね。

>>元保坂選対幹部の告白を・・次回。 (笑)
>>それって、まさか、木下泰之氏じゃないでしょうね?(苦笑)
>木下さんご存知で?
>あの人・・?
>少しおかしくありません? (苦笑)
はい、ブログを見てドン引きしました。保坂区長の公約違反について、区長に担いだ責任を取るため区議選に立候補しないという行動は、はっきり言って意味不明です。彼を惜しんでいるのなんて、世田谷行革110番の大庭氏ぐらいでは?

>まさかとは思いますが・・
>政治力・・身につけちゃったのでしょうか? (笑)
保坂区長は、自社さ政権での経験が生きていると本に書いていた気がしますね。まあ、いろいろ変えようとしてほとんどが元の木阿弥になってしまった民主党政権に比べれば、保坂区長は95%継承し5%を変えるというスタンスでずいぶん成果が出たのでは?しかも全然議会に基盤がないところからのスタートだったのを翼賛議会にしたのですから妥協も必要でしょう。

>>それだと、ミーンズテストはやらないといけない
>これは・・?
生活保護給付が妥当かを決める資力調査の事です。ベーシックインカムの売りの一つに全員一律給付であるゆえ、生活保護のミーンズテストは行う必要がなく、行政コストを削減できるというのがあります。しかし、生活保護世帯は別途加算で対応するとなるとミーンズテストは必要ですから、ベーシックインカムという形を取る意味がないのではないかということが言いたかったわけです。


>新幹線通らないはずの信濃町の票読みは・・
>新幹線並みに正確です。 (苦笑)
とはいえ、板橋区、江東区、松本市で取りこぼしたようでw 世田谷区もギリギリだったり、集票力は落ちているのでは?まあ、公明党はもともと絶妙な票割で地方議会では、比例換算で得られる議席を超える議席を有しているわけですが。

>ところで何語なんですか? あれ? (大笑)
まあ、米議会で英語演説というなら、鳩山由紀夫総理がやったらどんな演説になったのかはすごい興味がありますね。

お久しぶりです

ヒトラーもムッソリーニもアイゼンハワーもチャーチルも選挙で選ばれたんでしたっけ?下痢と同じように頭のイカレタ悪人は選挙で選ばれるのですね。
棄権するのがエライとは言いませんが…捏造とカネのNHKみたいな事言われましてもねぇゴミステーションの生ゴミから食えそうなもの探せと言われてるみたいです。

選挙の時だけの友達って

感じでイヤという方も居ますが、何はともあれ、知っている人には必ず声を掛けたり、足がナイという方は自動車で投票所まで送迎したりと、F作戦は確かにスゴイと思います。

野党に不足しているのは、そうしたパワーかもしれません。

「禁治産者憲法違反総理」

以下の記事は海外で広く報道されて世界中の人が事実だと知っていますが、テレビを視ている日本人だけが知らないのです。
日本のテレビでは絶対に報道しませんから。

>安倍首相の演説、海外でカンペ画像が報じられる「顔を上げ拍手促す」www.asyura2.com/15/senkyo184/msg/191.html

Huffingtonpost

安倍晋三首相が4月29日、アメリカ議会上下両院合同会議で演説した。この様子を報じた海外の記事が話題になっている。

この日、安倍首相は英語で演説を行ったが、ウォール・ストリート・ジャーナルは安倍首相が手に持った原稿を、大きな写真で紹介した。原稿には、「次を強く」など抑揚をつける位置や、息継ぎの箇所が赤ペンで書き込まれていた。

カナダ版のYahoo!ニュースに掲載されたロイターの記事には、「顔を上げ拍手促す」などの書き込みも見られる。
www.asyura.us/bigdata/up2/s/101000.jpg
www.asyura.us/bigdata/up2/s/101001.jpg
www.asyura.us/bigdata/up2/s/101002.jpg
www.asyura.us/bigdata/up2/s/101005.jpg
______

こういう日本語外国語学力のまったく無い社会人失格人間が、日本の法律条文によって規定された官権力の頂点である内閣総理大臣公職に就いていること自体、NHKと選管の総務省はじめすべての行政府公務員全員共犯による公職選挙破壊すなわち法治国家統治システム破壊叛逆クーデターであり、さらにこの禁治産者を国会総理指名選挙で投票選出した自民党公明党他党国会議員は、全員共犯の内乱罪クーデター実行犯である。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

天木直人さんが

信濃町に忠誠を誓う人々の信心は恐ろしいですね・・・・。盲目にもほどがあります・・・・不気味以外の何者でもありません・・・・。
あと天木直人さんが新党憲法9条を立ち上げてすごい反響を呼んでいます!
生活の党の支援者の中には新党憲法9条に流れた人もいるようです、生活の党以上の支持者を獲得するのも時間の問題かもしれません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム