カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

築地市場・・豊洲移転撤回? 「直にバレるから言うけど、盛り土なんていいから地下室造れって言ったの・・俺なのよ 」 石原慎太郎

夏の暑い最中は・・
水槽から出された金魚のように・・
クチをパクパクさせてた
気弱な地上げ屋ですが・・(笑)

松岡修三さん

このところ、ようやく・・
しのぎ易くなってきました。
良い傾向です。 (笑)

子供の頃・・
「夏が大好き!」
こういう人は多いでしょう。

ところが、
気弱な地上げ屋の場合・・
子供の頃から・・
夏が大嫌い。
なぜかって?
夏休みには
宿題が沢山出るからです。 (笑)

この・・
夏休みお宿題には
本当に良い思い出が
一つもありません。 (苦笑)
特に・・
悪い思い出もございます。

どなたにも・・

笑 17 苦笑

ご経験あるでしょう?
自由研究です。 (苦笑)

なんですか?
この・・自由研究って?
自由だって言うなら・・?
やらない自由だって・・
あったって良いでしょ? (笑)
こんな屁理屈こねて・・
宿題やらずに
遊びまくってた年がございました。

もう明日は登校日・・にまで迫っていた
夏休み最終日。
「1日で自由研究なんて無理無理。 自由にやらない研究してました・・」
コレで行くわ。
夕食の時、
ついに
親に白状すると・・
気弱な地上げ屋の父親は・・

泣き 笑い

優しい
人間だったのですね。

絵が上手だった
気弱な地上げ屋の父。
「ちょっとここに座りなさい・・」
気弱な地上げ屋
椅子に座らせ・・
スラスラと
鉛筆で、
顔を描き始めました。

それはそれは・・
素晴らしい
出来でしたね。 (苦笑)

一ちゃん

「こりゃ上手に描けたわ!」
自分で描いたわけでも
ないくせに・・
翌日、上機嫌で先生に提出しました。 (笑)

でもこれが・・
大きな間違いの始まり・・。 (苦笑)

教師のほうは・・
「オマエ、鏡見て描いたんだろ? なんで、顔の右にあるニキビ・・左に描いてるんだよ?」
ほぼバレバレ状態でしたが (苦笑)
生徒のほうは・・?
気弱な地上げ屋は・・画が上手」
「しかも鉛筆で? 生きてるように描ける!」
評判に・・
なっちゃいまして・・。 (苦笑)

「オレの自画像も描いてくれよ!」
「アタシのもお願い!」
その都度・・
「ちょっといま・・腕・・怪我しちゃっててさ」
「腕の怪我は治ったんだけど・・今度は腱鞘炎で」

笑 オイオイ 2

最後は・・
「アレ描いて以来・・鉛筆アレルギーになっちゃったんだ」
もうどうにも・・
誤魔化しようがありませんでした。
やっぱり悪いことは・・
してはいけません。 (苦笑)

悪いこと・・と言えば?
築地市場の豊洲移転問題。
土は盛らないくせに・・
予算は・・盛り盛り。
お手盛り上手な・・
都庁の役人連中。

食べ物を扱う市場で
こんなことやってるのですから・・
救いようのない
極悪ぶりです。

小池百合子1

このかたが・・
激怒してますが・・
あれは勿論・・
演技です。 (笑)

都議会に放つ!
草のモノの知らせによると
この問題は・・
このあとかなり・・
大きな問題に発展します。

出るわ出るわ・・
次々とスキャンダルが・・
噴出してくる・・とのこと。
楽しみですねぇ・・。 (笑)
ということで・・
もう少し・・
ネタ集めてから。
でも・・
なるべく早く更新したいので・・(苦笑)

笑 拍手 パチパチパチ

次のエントリーで
お伝えしたいと思います。 (笑)

都庁の腐敗は・・
次回ご紹介しますが・・
本日、このあとご紹介するのは・・
都庁の更に上に君臨する
霞ヶ関の腐敗と・・
都庁の下にひれ伏す・・
基礎自治体の腐敗の
ほんの一部。 (苦笑)

まずは・・
東京23区・・。
ある特別区でのオハナシです。

その地域には・・
近隣に住む住民有志が作る・・
任意の地域団体がございます。
NPOでも、
法人でもありませんよ。
ただの・・
住民団体です。
でもこの・・
ただの住民団体が・・
ただのものでは・・ないんです。 (苦笑)

なぜかというと・・?
組織の役員のほとんどが・・

そうか 学会

この宗教団体の信者で
占められてるのです。

「だったら? その宗教団体の下部組織ってことだろ?」
こうしたご指摘も出てきそうですが・・
そうは簡単にいかせないところが・・
この宗教団体の
狡賢いところ。

役員全員を
信者で占めるようなことはせず・・
2割程度は・・
カタギを混ぜます。 (笑)

さて、この住民団体に入ってると?
どんな良いことが ?
あるのでしょうか?

まずは・・
その特別区がやる
様々なイベント・・
行事に、声がかかります。
声がかかると言ったって・・
動員やサクラとしてでは
ございません。
れっきとした有給スタッフです。
つまり・・
報酬を伴う仕事として・・
声がかかるのです。

仕事するって言ったって・・
この団体の主なメンバーは・・
いい歳した

ボケ ジイサン 笑

ジイサンや
バアサンですよ。 (苦笑)

このジイサンや
バアサンが・・です。
あるときは・・
イベント会場の整理スタッフとして
またあるときは・・
イベント会場設営の管理補助として・・
イベント会場をウロウロしてます。
その区がやる行事に顔出すと
必ず、
この組織の人間がどこかにいます。 (苦笑)

「まぁ一応・・仕事らしいことはしてるし、このくらい・・まぁいいか」
当初、気弱な地上げ屋も
こう思ってました。
ところが最近!
驚くような利権に係ってることをキャッチしました。 (笑)

この・・
都内特別区には
かなり大規模な都立公園がございます。

この都立公園。
いくつかのマトモな企業が
この公園の清掃などの管理・・
施設利用の運営・・
などをやっているのですが・・
その受託企業に交じって
この住民団体が
管理業務を部分受託してるのです。

驚 笑

「管理ったって? そんなジイサン・バアサンばかりで? ナニすんの?」
よくぞ! 聞いてくれました! (笑)
聞いてクリビツです。

彼らが受託している管理業務。
ナニやってるのかと
調べてみると?
週に2~3回、
公園内数ヶ所に設置されたトイレの床に
ホースで水ジャージャー掛けて
水遊び・・、
いや、お掃除のようなこと。 (笑)

あとは・・
春先と年末・・
半年に一度
2時間くらい草むしりです。 (苦笑)

年末なんて・・
雑草だって
すっかり枯れちゃってますし・・
春先に至っては・・
雑草ですら、まだ芽も出てやしません。
草むしりをすべき本来の時期・・
最盛期の夏の前後は
専門業者が機械使って
除草します。 (苦笑)

まぁこういうことも
ボランティアでやってるなら?
まだ・・
理解出来ますよ。
問題は・・
彼らには、業務委託費として
血税が支払われてるということです。

でもって・・
コレで?
彼ら、いくら貰ってると思います?
なんと!
年間3500万円で~す! (笑)
しかも!
20年以上に亘って支払われてきたそうです。
総額7億円・・。
笑っちゃうでしょ?

そうかな山口

ここの人たちが・・
都議会議員の議席維持・・。
そして、
国土交通大臣の椅子を・・
死守する理由?
その理由の一端を
ご理解戴けたと・・思います。 (苦笑)

因みに、この3500万もの血税。
区の予算書見ても?
どこにもこの支出は見当たりません
どうやって?
支払ってるのかと言いますと・・
土木部管轄の予備費のなかから
毎年支出してます。
これじゃ?
議会だってチェックしようがありません。 (苦笑)

この住民団体の会長・・。
この地域のガッカイのボス・・。
彼とは・・
挨拶交わす仲なのですが
消費税増税するのしないのと
世の中大騒ぎしてた時
"社会保障の充実のために! 消費税増税はやむを得ない!"

笑 3

駅前で、
こんなチラシ配ってましたね。 (苦笑)

気弱な地上げ屋が
この宗教団体を
忌み嫌う最大の理由。
それは・・
ヤツらは、
自分たちさえ良ければ・・
それで良い。
自分たちのことしか・・
考えてないからです。

次にご紹介するのは・・

日銀 黒田 3

このオトコのせいで
新たに発生した利権。
これをご紹介します。

このハナシには・・
日頃、
腰など抜かすことなど、ほとんどない・・
気弱な地上げ屋も・・
腰抜かました。 (苦笑)

だいぶ前のエントリーでご紹介したことがございます。
覚えてますかね?
仕事のために
大嫌いだったガッカイに入会した
建設業者の社長がいたでしょ?

東京で公共工事の仕事ゲットするには
ガッカイ入るのが得策・・
ということで
大嫌いだったガッカイ入りしたこの社長。

ガッカイの会合に出るときは
ニコニコしてる
そうですが・・
ガッカイへの忠誠の標として
毎日配達される
聖凶新聞。

「この紙質が・・掴むのにちょうど良いんだよ」
配達された途端・・
犬の糞の始末に使うなど・・
本音の部分は
入会以前と変わりありません。 (笑)

笑 1

先日、
久々に一杯やったときのこと。

「オマエはアベのリスクなんて言うし、オレも・・本音の部分じゃ、アベのミクソなんだけど・・アイツのおかげで仕事のほうは随分と助かってる。 今日なんて、政府系金融機関の○○の担当者がウチに来たんだ。 何しに? 融資だよ、融資。 信濃町通してハナシしてたんだけど、今日が初めての来訪だって言うのに・・契約書作って持って来たよ。 それがさ・・凄いんだよ、融資条件が。 契約書持ってきたから・・見てみる?」

ガッカイ入りして以来・・
業績は安定してきたと言っても・・
純利益は・・
7桁にやっと乗るくらいの会社です。

「社長? 信濃町通じて与信枠確保したからと言ったって・・借りたものは、必ず返さなきゃならないんですから・・あまり大きく借りないほうが・・良いですよ」

そう言いながら・・
手渡された契約書に目を通し始めました。
「えっ? 10億? 社長! 10億も? 借りちゃうの?」
契約書の融資額の欄には・・
燦々と輝く10億円の文字が・・。 (笑)

笑 驚き ぎょっとする

「社長? 利払いどうすんのよ?」
「それがさ・・」
ガッカイに放つ!
草のモノが・・(笑)
語り始めました。

「オレもさ、目を疑ったんだけどね。 融資額は10億だろ? 直ぐに支払利息に目が行ったさ。 ところが・・利率は書いてるけど、毎月の支払額のところがブランクになってる。 手書きで書き入れるの? って聞いたら・・? "借入れ後、10年間は元利金据え置きです" って言うんだ。 一瞬言ってる意味が判らなくてね・・。 おカネを・・どこかに据付て置いてけって意味ですか? 聞いちゃったよ。 そしたら・・"いえ、据え置きというのは、支払猶予という意味です。 10年間は、利息含めて返済しなくて良い・・と言う意味です。」

文句あんの 笑

いいですか? 皆さん?
念のため、書いときますが・・
このオハナシは・・
グルメブログの・・
グルめ! な・・オハナシでは
ありませんよ。
ホントのハナシです。 (苦笑)

資金需要なんてロクにない
この会社に
10億円もの
血税が原資の資金を
「借りてください!」
もって来る。
この・・
政府系金融機関のホームページ。
融資条件見ると・・?

融資金額についての上限はありませんが、
ご相談の上、決めさせていただきます
必要に応じて据置期間を設けることができます
国・地方自治体の各種利子補給金制度等を活用したご融資についても
ご一緒に検討させて頂きます
担保・保証などについては、ご相談の上、決めさせていただきます


堂々と書いてあります。 (苦笑)

これはどういう意味かと申しますと・・
融資金額は・・上限なし、相談。
元利返済期間も・・相談。
利子補給なんて・・勿論OK!
更に・・
担保? 保証?
えーい! どいつもコイツも全部相談だぁ!
どうだ! ? 文句あるかぁ!?

笑 22

です。 (苦笑)

でも・・?
10億円借りて?
10年間? 元利合計支払猶予?
年利2%としても・・
利息だけで2億円
この2億円は・・?
くれたも同然です。 (苦笑)
しかも・・
個人保証もなし
こんなオイシイ利権・・
いえ、
美味しいハナシに囲まれて生活してるのです
ヤツらは・・。

そういう気弱な地上げ屋も・・
人のこと
言えません。

「社長? 10億借りたって直ぐには使い道無いんでしょ? だったら・・1億廻してもらえませんか? 金利は1%払います! 何に使うか? いえねぇ・・低利貸しでも始めようかと思って・・グラミン銀行日本支店です」

こんなこと
懇願しちゃうのですから・・
カネのチカラとは
恐ろしいものです。 (笑)

しかしです!
いくら・・
銀行はカネを貸せ!
貸して貸して・・貸しまくり
景気を良くするんだ!

日銀 黒田 4

愚策を
続けてると言ったって・・
いくらなんでも、これは・・
やり過ぎです。

第一・・
カネを借りたくても
借りられない
真面目な企業だって沢山あるのに
不公平です。

この国は、
あまりにも不公平ですし、不公正です。

一部の者が持つ既得権・・
利権を断ち切らねば、
いくら増税しようが・・
カネなんていくらあったって足りやしません

自公政権には
何一つ期待出来ません。

笑い 怒り

少しでも早く
マトモな政権を樹立して
まずやるべきは・・
異次元金融緩和などという・・
極めて危険な・・
愚策を止めることです。

次にやるべきは・・
不公平な税制を正すこと。

そして最後にやるべきは・・
最大の大仕事。
霞ヶ関を頂点とする
権力構造を淘汰することです。

ここからすべてが始まります。

淘汰というのは・・
トップダウンでは起こり得ません。
岩盤のような
霞ヶ関の権力構造ですが、
この部分に・・
少しでも・・
亀裂を入れることが出来れば?
この国の風景は・・
劇的に一変します。

繰り返しますが・・
この国の
不公平の根本原因は
霞ヶ関を頂点とする
役人連中の利権構造にあります。
霞ヶ関の
官僚機構を
淘汰することから・・
この国の再生は・・
始まるのです。

政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 気弱な地上げ屋 グルメブログ 築地 豊洲

<< 「野田さん、民進党幹事長就任おめでとう! また一緒に仕事出来ますね? 今度は、憲法改正で・・国民騙しましょ!」 安倍晋三 | ホーム | 原発マフィアの闇! 「僕は自殺しません。もし遺書が残っていたとしても・・絶対に違うので調べてください」 泉田新潟県知事 >>


コメント

通りがけサン・・でしょ?(笑)

名無し・・様
ではなく・・
通りがけサン・・でしょ? (笑)
書き忘れですか?
それとも?
バレやしないとでも?
判らない・・
ワケ・・
ないでしょ!(大笑)

竹田恒徳
関東軍参謀。731部隊の活動を知りうる立場にして皇族のため、満州に侵攻したソ連軍の標的とされることから周囲の助けにより真っ先に満州から逃亡。     
関東軍の放棄した満州に残された民間人犠牲者は推計8万人。
戦後はJOC会長を務める。

高橋治之 元電通専務
JOC会長を務めた竹田恒徳を父に持つ大学の後輩竹田恒和の威光を背景に電通のスポーツ界進出に辣腕をふるう。
竹田の推挙によりJOC理事に就任。
ご意見ご要望はこちらにお寄せください<<03 6872 6005 Pasona Group Inc ,早乙女,武藤祐輔 ,南部>>

竹田恒和
恒徳の三男。自動車事故で女性を轢殺。周囲の助けによりわずか2年で五輪代表に復帰。
親のコネでJOC会長に就任。
生活困窮すると、元電通専務である大学の先輩高橋治之の力で、名誉職で無給だったJOC会長を月130万円の有給にしてもらう。
見返りに高橋を招致委員にする。
ご意見ご要望はこちらにお寄せください<<03 6872 6005 Pasona Group Inc ,早乙女,武藤祐輔 ,南部>>

竹田恒昭 元電通社員。恒和の甥。
電通に差し出された竹田一族の人質。
大麻所持により電通を解雇されてしまい、
竹田家と電通のパイプを果たせなかった無能。

竹田恒泰
恒和の長男。ネトウヨ芸人。

年末年始に総選挙があるとの噂・・(苦笑)

どついたるねん様;
コメントありがとうございます!

>もうすぐワインの美味しい季節になりますね
同感・・です!(笑)

>当然のように、「使い勝手ヨシヒコ君」を幹事長に据えましたね。なんでっか、この人事は
スイマセン・・
まったく心配してませんでした。
本人がゼッタイ受けないって
情報でした。 (苦笑)

>ほんまに、これで、民進党は完全に終わり
ウーン・・
もうダメかも?
知れませんね、ホント。 (苦笑)

>何人いるか分かりませんが、一刻も早く、「国民の生活が第一」と考える「非自民」の方々で新党を作って貰いたい
これまた・・
同感・・です。 (苦笑)

>信濃町教団の話は、いまさらながら、「現世利益追求」宗派の面目躍如という感じ
ホント・・
利権のことしかアタマにない
のです、ヤツらは。 (苦笑)

>年末年始に総選挙があるとの噂が駆け巡っているようですが、確立65%
まぁ・・
誰が考えたって・・
早いうちにやれば?
大勝ですよね。
混迷にとっては、
来年6月の都議選が最重要ですので
もしかしたら?
年末に撃ってくるかも?
知れません。
一番可能性が高いのが・・
ダブルにするってこと・・でしょうね。 (苦笑)








族議員て今でもいるのですか・・(苦笑)

Hirofumi様;
コメントありがとうございます!

>起業の優遇税制などもそうだと思いますが、やたらとある控除をなくして税制を単純化すべき
>複雑にすればするはど役人の介入が増えるだけ。
大賛成! です。 (笑)

>とにかくもう一度政権をとらないとどうしようもない
基本・・ですね。 (苦笑)

>一昔前にいた族議員て今でもいるのですか
ナニ言ってんですか? (苦笑)

>役人だけが諸悪の根源なら問題は半分易しくなるのだけど
突破するには?
どこを突けば良いか?
これを考えると・・
やはり霞ヶ関・・と言うのが、
グルメブログの結論です。

>今の官邸は人事権をちらつかして、役人を黙らせている
仰せの通り・・だと思います。

>今回の記事とは関係ないからコメントとはいえないんだけど、野田氏ついに復帰
コレは・・
次・・書きます。 (苦笑)

>野党とは言え幹事長
驚きました・・。 (苦笑)

>だれがこのシナリオ書いたの
またこういうイヤミ・・
言っちゃって? (笑)

>蓮舫さんを代表にすれば野田が出てくるなんて分かってる
いえ・・
判ってませんでした。
蓮舫さんに投票した議員たちだって・・
判ってませんでしたよ。 (苦笑)
だって・・
出てくるわけない・・。
普通、こう考えるでしょ。


皆様御体大切に・・

通りがけ様;
連続攻撃・・
いや、連続コメント・・
ありがとうございます。 (笑)

> 18:16 18.09.2016 | 編集する | カットする
どうでもいいのですが・・
なんですか?
↑ コレ? (笑)

>「とかなんとか言いやがって、みろ!出て行く者出て行く者、予備士官ばっかりじゃないか!」
コレ・・
ヒストリーチャンネンルで
見ましたよ?
まったく・・
ふざけたハナシ・・ですわ。

若い頃に観た6時間超大作・・(笑)

通りがけ様;
1発目! コメントありがとうございます!
今回は・・
随分、おとなしい・・じゃないですか? (笑)

>多重連続投稿しようとしたら、ホスト規制がかけられた(笑)ので、こっちへ投稿。
オイオイ・・? (笑)

>互いをよく思っているのはそれぞれ11%および14%しかいない。
この件・・。
(一応・・読んでるでしょ?(笑))
そのうち、
ツカミで使おうと思ってた・・
ネタですよ?
今度・・
使わせてもらいますね? (笑)

民主主義をほんとうに実現するなら・・(苦笑)

CA様;
コメントありがとうございます!
久しぶりにオモテに出て・・
いらしたと思ったら・・
随分「画期的」なご提案! (笑)

>それは、最初から権力ピラミッドを作らせないことですね!
まぁ本質的・・
根本的には、おっしゃるとおりですわ。

>つまり、「選挙」による間接民主主義を廃止してしまうこと
毒・・
いや、劇薬ですね、コレ。 (笑)

>代議制を限りなく縮小して、直接民主主義に移行する
驚かないでくださいね?
CAさんとほとんど同じご趣旨の提案を
ある飲み仲間がしてます。
(勿論、グルメブログなど見てませんよ(笑))
某大手出版社の・・
さる有名雑誌の元編集長です。(笑)

>たしかに、選良なんて過重な期待に応えられる人なんて普通ならいませんよね。泉田さん、どうもすいませんでした
あの人は・・
間違ってはいませんが、
相当の変わりモンなんですよ。
思い込んだら・・
というヤツです。

>ATMでお金を引き出すときの領収書のようなものを電子ファイル化して、投票ごとに発行すれば、不正選挙も防止
ウーンこれは・・
デジタル化した時点で
どうにでもやれるような気もしますが・・。(苦笑)
今度詳しく教えてください。

>必要なのは「提案力」だけになりますから、今みたいな低レベルな議員もいなくなるし、官僚もいらなくなる。
(苦笑)

>あんまり詰めていませんけど、民主主義をほんとうに実現するなら、これしかないのでは?
もしかすると・・?
このくらいやらないと
どうにもならなくなっちゃうくらい・・
ダメになるかも?
知れませんね。
やれやれ・・です。 (苦笑)

雑魚からは毟り取る・・(苦笑)

koyuri様;
コメントありがとうございます!

>奨学金の大半を無利子にしてあげればイイのに‥‥
ホントおっしゃるとおりです!
こんな不公平がまかり通ってるということを
多くの学生たちは知るべきです。

>雑魚からは毟り取るというコト
表現はともかく・・(苦笑)
残念ながら、
おっしゃる・・通りです。





アニーよ、銃を向ける相手を間違えるな!

気丈な地上げ屋様。こんばんは。ようやく朝晩涼しくなってきました。もうすぐワインの美味しい季節になりますね。
さて、民進党代表、「使い勝手ヨシヒコ君」の子分、しかして、国会をファッション雑誌のグラビア撮影会場と勘違いしている方が選ばれましたね。そして、当然のように、「使い勝手ヨシヒコ君」を幹事長に据えましたね。なんでっか、この人事は。ほんまに、これで、民進党は完全に終わりですわ。植草センセは、「使い勝手ヨシヒコ君」の登場を、「焼け野原に現れた放火犯!」と言うたはりまっせ。
私が期待していたアニーさんは、地上げ屋様が「アニーさんは、“後ろから前腹”氏の子分でっせ」と仰ったように、代表選では「後ろから前腹」氏を支持されましたね。まったくアーアでした。
何人いるか分かりませんが、一刻も早く、「国民の生活が第一」と考える「非自民」の方々で新党を作って貰いたいものです。
信濃町教団の話は、いまさらながら、「現世利益追求」宗派の面目躍如という感じですね。真面目に働くのがアホくさくなります。
年末年始に総選挙があるとの噂が駆け巡っているようですが、確立65%くらいでしょうか?それでは失礼します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

複雑さは蜜の味

>不公平な税制を正すこと。
起業の優遇税制などもそうだと思いますが、やたらとある控除をなくして税制を単純化すべきだと思います。複雑にすればするはど役人の介入が増えるだけ。

>霞ヶ関を頂点とする
権力構造を淘汰することです。

とにかくもう一度政権をとらないとどうしようもない。それでもって例えば猟官制にしみても、分け前に預かれる人のグループが増えるだけで権力構造は変わらない。一昔前にいた族議員て今でもいるのですか、役人に睨みをきかすより役人共々利権に預かろうという人々ですから族議員をふやしてもだめ。ムツカシイ。役人だけが諸悪の根源なら問題は半分易しくなるのだけど。

>淘汰というのは・・
トップダウンでは起こり得ません。

どうなんですかね?今の官邸は人事権をちらつかして、役人を黙らせているのでは。彼らはサボタージュで抵抗してるようには見えないけど。むしろ尻尾を振ってる。

それから、今回の記事とは関係ないからコメントとはいえないんだけど、野田氏ついに復帰しましたね。野党とは言え幹事長ですから、民進党の片隅でひたすら財務省の票をあてにしてくすぶってるよりましでょう。蓮舫1位当選→余勢をかって民進党代表→蓮舫に懇請されて幹事長就任。だれがこのシナリオ書いたの。蓮舫さんを代表にすれば野田が出てくるなんて分かってるのに両院議員総会に議員の半数も出席しないとはどうなってんですかね。代表人事と幹事長人事は全く別と思ってるのかな。信じ難いけど。まあ、山尾代表管幹事長よりはましか。哀しいなあ。

関行男と神風特別攻撃隊 ”KAのために死ぬ”

プーチン大統領の広島・長崎訪問は可能か? © AFP 2016/ JIJI Press
オピニオン
2016年09月18日 20:39(アップデート 2016年09月19日 03:37)

 http://sptnkne.ws/ckTS


9月15日に明らかになったところでは、広島及び長崎の市当局は、プーチン大統領に対し、両市を訪れるよう要請した。

米国による原爆投下により大きな被害を受けた場所への大統領の訪問は、どのような場合でも、画期的な出来事となり、ロ日関係にとってのみならず、ロ米関係にとっても大きな政治的意味合いを持つものになるだろう。

プーチン大統領と安倍首相
© SPUTNIK/ MICHAEL KLIMENTYEV
長崎市長「プーチン大統領訪問、実現すれば歓迎」


ロシア科学アカデミー極東研究所日本調査センターのヴィクトル・パヴリャテンコ主任研究員は、情報通信社「エコノミカ・セヴォードニャ」の取材に応じ「今回の招待は、1945年に米国人達がどれだけ野蛮な行為をしたかを強調しようとする日本政府の試みだ」と指摘した。
パヴリャテンコ主任研究員は「このプランにより、プーチン大統領は、今年のG7伊勢志摩サミットの際、広島だけを訪れた米国のオバマ大統領を『凌ぐ』ことになるに違いない」と見ている。

主任研究員は、次のように述べた-「ロシアにとってプーチン大統領の広島・長崎訪問には、何らかの特別な意味がないことは明らかだ。なぜなら我が国は、これまで70年間ずっと、これら米国の原爆投下を非難してきたからだ。この問題に関するロシアの立場は、首尾一貫しており、皆が良く知っている。ここではロシアは常に、日本の側に立ってきた。ゆえに、プーチン大統領がそうした訪問をしても、何も新しいものはないだろう。」

パヴリャテンコ主任研究員によれば、この歴史の中に、裏に隠された一定の意味を見つけることができるというのは、また別の問題である。あの戦争で同盟国だった米国を、ロシアが非難し、当時戦っていた日本の側に立つことになるからだ。研究員は、次のように続けた-

核大国になるため憲法をどう解釈すべきか
© AFP 2016/ TOSHIFUMI KITAMURA
「核兵器は大分前から少なくとも沖縄に存在している」―日本学者


「これは、日本と政治的に接近しているというデモンストレーションだ。モスクワの側からではなく、むしろ日本側からの一歩である。ここで日本人達は、自分達の路線を続けている。それは、彼らがウラジオストクでの第2回東方経済フォーラムで示したもので、その時、日本政府は、ロシア政府との関係発展を目指す意向を示した。そもそも日本のロシア政策の中には、大変多くの様々なデモンストレーションがあったが、今のところ、それは、何らかの実際的成果をもたらしてはいない。」
それゆえ、パヴリャテンコ主任研究員によれば、今日、大変深刻な疑いが存在している。プーチン大統領は、議論の余地ある措置に踏み出すだろうか、まして訪問は、オバマ氏の行動に似ているとの類推をすぐに呼び起こすのではないのかというものだ。

最後に、ペスコフ大統領報道官の発言に注意を促したいと思う。彼は、日本側からプーチン大統領あてに送られた広島・長崎両市訪問の招待状は、現在、外交ルートで調整がなされていると述べている。

なお記事の中で述べられている見解は、必ずしも編集部の立場とは一致していません。

__________________________________


豊岳正彦
18:16 18.09.2016 | 編集する | カットする


我々日本人仏教徒庶民のご先祖様関行男(せきつらお)大尉敷島隊隊長が身を捨てて護ろうとした「母なる大地KA」が住む日本国本土防衛の最前線沖縄県、

平和を愛する多くの老若男女善男善女仏教徒沖縄県民の我々のご先祖様が戦争で命を落とした沖縄県へも、

プーチン大統領には是非訪れて頂きたい。




豊岳正彦
00:08 19.09.2016 | 編集する | カットする


「決定版 昭和史」第11巻(毎日新聞社1983年発行)p176,177に、関行男せきゆきお大尉(愛媛県生まれ)と同い年のシナリオライター須崎勝彌氏(鹿児島県生まれ)が綴った文章が掲載されている。全文タイプする。

関行男と神風特攻隊 ”KAのために死ぬ”

”軍神”にされた特攻第一号

 私が神風しんぷう特別攻撃隊の最初の指揮官であった海軍大尉関行男せきゆきおの名を知ったのは、大分県の宇佐海軍航空隊にいたときである。そのころ、私はいわゆる学徒出陣組の第一四期海軍飛行予備学生の一員として、艦上攻撃機の操縦訓練を受けていた。

 特攻第一号として軍神になった関行男の名は、そのつど戦意高揚の場に引き出された。軍神とは、初めからそのためにつくられるものである。彼にも人間くさい愛すべき欠陥があったであろうに、彼本来の人となりはすべて覆いかくされて、全身全霊これ闘魂、至誠至忠の武人の鑑とされてしまった。それに加えて、わが宇佐航空隊では飛行隊長のY大尉が私たちの前で言葉を荒立てた。

「関は兵学校で俺の後輩だ。特攻に出て行けるのは兵学校を出た士官だけである。先日士官室で貴様たちの先輩(宇佐にいた一〇期から一三期までの予備士官のこと)に特攻志願の有無を問うたところ一瞬躊躇した野郎がいる!」

 これで私たちが関大尉へ寄せていた敬愛の情もぷっつり切れてしまった。しかしこっちには生きているという弱みがある。関行男の名はその後も私たちに、のしかかるような重圧を加え続けた。

 明けて昭和二十年、桜の開花に時を合わせて宇佐航空隊が保有する艦攻艦爆の全機が特攻機となって沖縄海域へ投入されることになった。そのとき私たちの仲間の某少尉が士官室にどなり込んだ。

「とかなんとか言いやがって、みろ!出て行く者出て行く者、予備士官ばっかりじゃないか!」

 彼の、死地におもむく学徒出陣の仲間への痛惜の想いが、司令以下の全士官を沈黙させた。このときかぎり私たちにのしかかっていた関行男の重圧は消えた。



人間としての関行男

 戦後二〇年ほどしてから、学徒出陣の同期のT君が語ってくれたことがある。昭和一九年の九月に彼は要務士(情報将校)として単身フィリピンに赴任するので、追浜(おっぱま)の大日本航空の待合室で飛行艇の出発便を待っていた。

 そのときT君は海軍大尉の襟章をつけた士官と向かい合って座った。士官の隣には若く美しい婦人が慎ましげに座っていた。二人はまったく口をきかないし、二人の間の距離からしても、T君は彼等はお互いに他人であると判断した。

やがて拡声器から、天候不良のため出発を明日に延期するという情報が伝達されると、大尉が立ち上がった。一瞬遅れて婦人も立ち上がった。そして二人は抱擁せんばかりに手を取り合い、大尉のほうが先に声をかけた。

「よかったね」

「ええ」

 大尉を見上げる婦人の顔はたくまずして美しかった。二人は夫婦だったのだ。思いがけず拾った一日という時間をさも大事そうに、二人はゆっくりと待合室を出て行った。

 翌日飛行艇の中で、T君が台南航空隊に赴任するというその大尉と交換した名刺には、関行男の名が印刷されていた。


 T君が語ってくれた一場面を加えることで関行男のイメージはがらりと変わる。変わって私はほっとした。戦時中の軍神のまま凍り付いていた関行男に体温を感じたからである。

 神風特別攻撃隊とは、善くも悪くも日本が君主国から民主国へ脱皮するための痛みであった。これを抹消することは昭和史の落丁を意味する。だから特攻第一号の関行男の生と死の態様をおろそかにはできない。




最愛の者のために死ぬんだ

 神風特別攻撃隊の最初の指揮官は志願ではない。指名であったことは当時のすべての記録が一致している。指名する立場からすると技量の優れたパイロットを一回こっきりの特攻で殺すのはもったいない。そこには明確な用兵上の論理がある。

 では指名された関はどういうパイロットだったのか。彼はもともと戦闘機乗りではない。艦爆の操縦員である。それがなぜ特攻作戦が始まるわずか一ヶ月前に台南航空隊を経て、フィリピンに展開中の二〇一航空隊に転勤してきたのか。それも戦闘機隊の分隊長として。それまでに彼は零戦の操縦訓練を受けたことがあるのだろうか。戦闘機乗りとしてみるかぎり、関は殺すには惜しいベテランパイロットではない。


 深夜突然に指名を受けたとき、関は両肘を机の上について、オールバックにした長髪の頭を両手で抱えて沈黙した。それはだれが見ても激しい迷いの姿である。やがて関は答えたという。そのときの関の言葉は語る者によってまちまちだ。ある者は、

「ぜひ私にやらせてください」と言ったといい、ある者は、

「承知しました」と言ったという。


 すでに追浜の待合室の場面を知っている読者なら、どちらが関の真実の言葉であったか判断してくださると思う。

 関は新聞記者の報道班員に言い残している。

「僕には体当たりしなくても敵空母に五〇番(五〇〇キロ爆弾)を命中させる自信がある。日本もおしまいだよ。ぼくのような優秀なパイロットを殺すなんてね」

 特攻隊に先入観を持つ人は奇異に感じるかもしれないが、かつての日本海軍にはこの程度のことを言う言論の自由は最後まであったように思う。そしてこれらの言葉は関の迷いやぐちを述べたものではない。死の決意を固めるための逆噴射として聞くべきであろう。さらに関は言っている。

「僕は天皇陛下のためとか、日本帝国のためとかで行くんじゃない。

KA(海軍の隠語で女房のこと)を護るために行くんだ。

最愛の者のために死ぬ。

どうだ、すばらしいだろう」


 この言葉を宇佐航空隊のY大尉が聞いていたら、彼はわれわれ予備士官の前で、関は兵学校の俺の後輩だと力むこともしなかっただろう。逆にわれわれが聞いていたとしたら、関に海軍士官としてのマイナスイメージを抱くことは絶対になかっただろうし、かえって敬愛の情を深めたと思う。

 関は霞ヶ浦で練習機の教官をしていた頃、異様な激しさで飛行学生を修正(鉄拳制裁)したという。内向的な男が外向的であることを求められる軍隊という組織の中で自己改革を試みるとき、そういう態度に出る例を私もいくつか見てきた。関はあえて他人から嫌われることで自分を鍛えようとしたふしがある。戦時中の軍人には許されるとしても、それは人間としてまっとうな生き方ではない。

 そんな時期に関は熱烈な恋愛をした。関は夫人となった満里子さんによって救われたといっていい。だから関は満里子さんへの感謝をこめて言ったのだ。

「最愛の者のために死ぬ。

どうだ、すばらしいだろう」




死に追いたてられた四度目の出撃

 神風特別攻撃隊の任務は、戦艦大和以下の艦隊がフィリピン群島を西から東に抜けてレイテへ突入するのを助けることだった。艦隊の突入は十月二十五日、関たちはそれまでに敵空母群を撃滅しなければならなかった。しかし関の率いる爆装零戦五機は出撃するたびに目標を発見できず、三度出て三度帰った。これでは艦隊との連携作戦がかみ合わない。

 司令部はいら立った。関への不信と疑惑が深まらないはずはない。最初の出撃の時は期せずして見送る隊員たちの間から”海征(ゆ)かば”の大合唱が起こったという。二度目はどうだったろう。そして三度目は。連携作戦ぎりぎりの十月二十五日、関は四度目の出撃にあたって言われた。

「もう帰ってくるな」

 たとえ攻撃目標を発見できなくても死んでこいということだ。体当たりと死は不可分のものと信じたからこそ関は恥をしのんで再起三起をはかった。しかし死は戦果とは無関係に独立して関を縛った。


 関は四度マバラカット基地を離陸した。そして護送空母セント・ローの甲板に二五〇キロ爆弾もろともその若い肉体を砕いた。文字どおり一機一艦を葬ったとなると、これにかぎるとばかりその後の日本海軍は特攻に明け暮れた。それはもはや関の関知するところではない。





 昭和三年四月一日にさかのぼる。関は愛媛県西条の小学校に入学した。同じ日に私も鹿児島の田舎の小学校に入学した。その年の日本の一年生の男の子たちは、後に戦争で大きな被害を受ける殉難の世代となった。神風特別攻撃隊の魁(さきがけ)となった関はその象徴といえよう。生き残った者は同世代の死者に対して鎮魂の言葉を持たなくてはなるまい。

「君たちの命が若くして失われたためにできたわが世代の陥没は、永久に埋まることはない。

わが世代が迫力を欠くとしたら、そのゆえである」

              (了)




遺書
検閲のため表向きに書いたと思われる箇所を()内に収めた。身内への遺書に教え子宛があるのは不自然ゆえ。



父上様、母上様  西条の母上には幼時より御苦労ばかりおかけし、不孝の段、お許し下さいませ。

(今回帝国勝敗の岐路に立ち、身を以て君恩に報ずる覚悟です。武人の本懐此れにすぐることはありません。)  

鎌倉の御両親に於かれましては、本当に心から可愛がっていただき、その御恩に報いる事も出来ず征く事を、御許し下さいませ。
 (本日、帝国の為、身を以て母艦に体当たりを行ひ、君恩に報ずる覚悟です。)
皆様御体大切に

満里子殿  何もしてやる事も出来ず散り行く事はお前に対して誠にすまぬと思って居る  何も言はずとも 武人の妻の覚悟は十分出来ている事と思ふ 

御両親様に孝養を専一と心掛け生活して行く様  色々と思出をたどりながら出発前に記す  

恵美ちゃん坊主も元気でやれ

(教へ子へ  教へ子よ散れ山桜此の如くに)

注釈
^ 戸籍と親族の証言によれば、名前の読みは「ゆきお」である。
一方、小沢孝公は関から「おれの名前のツラオというのは、おれの親爺さんが、楠正行(まさつら)の一字をとって、おれがりっぱに国に御奉公できるようにと考えてつけてくれたんだ」と聞いたという


___________________________________

「モサドさまのNHK悪魔王と森永電通鬼畜」

★阿修羅♪
≪醜態≫稲田防衛相が会見で側近にブチ切れる!質問に答えらず30秒間の沈黙も!沖縄・高江の自衛隊ヘリ使用問題で
www.asyura2.com/16/senkyo212/msg/773.html#c19

多重連続投稿しようとしたら、ホスト規制がかけられた(笑)ので、こっちへ投稿。

___________________________________________________________

日本対中国:経済と安全保障の対立 © AFP 2016/ Kazuhiro Nogi
オピニオン
2016年09月17日 23:55(アップデート 2016年09月18日 00:02)

sptnkne.ws/ckz9

リュドミラ サーキャン2989310


この10年間で世代の変化に伴い日本と中国、互いの認識が変わりつつある。それでも今のところ、どちらも互いを信頼しようとせず、第二次世界大戦に関して意見が食い違い、将来の軍事的衝突を危惧している。


これがこの春、米ピューリサーチセンターが日本と中国で行った調査の結果だ。

調査結果とその考察が13日に同組織のウェブサイトで発表された。

それによると、日本人の42%、中国人の53%が互いを信頼していない。

互いをよく思っているのはそれぞれ11%および14%しかいない。



中国人の77%が1930年代と1940年代における日本の戦争犯罪に対する日本の悔悟は十分ではないとし、十分だとするのはわずか10%だった。

一方の日本では、回答者の約半数が日本は十分に謝罪していると述べ、23%が不十分とし、17%はそもそも謝罪など必要ないとしている。




極東研究所日本研究センター上級研究員ヴィクトル・パヴリャチェンコ氏は次のように述べた。

「多くのアジア諸国の人々が互いに対して恨みを持っている。

理由は過去の歴史にあり、それが紛争や相互不信を頻発させている。

もちろん、戦争はすべての大陸で発生したが、ロシア人とヨーロッパ人の歴史的恨みはそれほどでもないのに対し、東洋では過去の恨みの記憶をいつまでも覚えているという心理的特性がものを言う。

戦後数十年、日本の政治家は繰り返し、アジアの多くの国に対する帝国軍の行動を謝罪したが、東京と北京が関係悪化するたびに、中国は、過去のことを日本に思い出させる」



共有する歴史の認識が大きく異なるのに対し、将来への期待はより均等だ。

日本人の約80%と中国人の約60%が中国と近隣諸国との間の領土紛争が軍事衝突につながる可能性を危惧している。

注目すべきは、この危惧を抱いている日本人はほとんどが50歳以上であり、18〜34歳はほとんど心配していない。



日本と中国の指導部は繰り返し、反目を克服し、強固な友好関係を構築する意向を表明している。

しかし、これらの声明、強い経済関係、強烈な文化、観光客や学生の交流にもかかわらず、両国の国民は互いについて主に否定的な固定観念を再生産し続けている。


ヴィクトル・パヴリャチェンコ氏は次のように述べた。

「今日アジアの主要な危険因子は経済と安全保障の間の対立だ。

日本と中国間の貿易高は3000億ドルを超えている。

これはかなりの量であり、両国は、係争諸島は軍事キャンペーンを起こすに値するものではなく、損失は、取得よりもはるかに大きいであろうと十分認識していると思う」



中国と近隣諸国間の領土紛争に関与しているのは日本だけではない。

そのため、2015年にピューリサーチセンターが行った調査の結果と現在のデータを比較することも興味深い。


当時フィリピン人の91%、ベトナム人の83%が、南シナ海における中国の領有権主張が軍事衝突につながる可能性に懸念を表明していた。

韓国でも中国の領土的野心が回答者の78%に懸念を呼んでいた。


...

関連:
稲田防衛大臣、中国の活動活発化で米国との協力強化を呼びかけ
日本、史上最大規模の軍事予算:要因は中国以外にも
タグ
日本, 中国
_______________________________

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメント


豊岳正彦
06:55 18.09.2016

なんといってもモサドさまのNHKが病原体だけど。

率先して中国の悪口を煽ってるでしょ。

日本中の家庭内や公共の場所でw



豊岳正彦
07:01 18.09.2016

私はテレビないから知らないが、NHKモサドと森永電通が露国大統領や中国主席の会見を放送したことなどないんじゃないのかな。



豊岳正彦
07:10 18.09.2016

今度のウラジオストクと中国G20でロシアのプーチンさんの談話とか中国習近平さんの談話とか日本国内でまとまった放送があったのかな?



豊岳正彦
07:14 18.09.2016

15年以上常連投稿の森永電通東大話法(NHKと同じw)掲示板「阿修羅」でも、そんなタイトルにはとんとお目にかからないけどね(笑)



豊岳正彦
07:27 18.09.2016

私が今度のウラジオストクで一番期待したのは、ロシアのテレビ局の日本語放送が日本国内の全国放送網に参入することだったが、どうなったことやら(笑)



豊岳正彦
07:32 18.09.2016

フジテレビとか、どうせつぶれそうなんだから(笑)、ロシアのテレビ局に身売りして、円ルーブル決済で買い取ってもらったらいいんでないかい(笑)



豊岳正彦
07:37 18.09.2016

若い頃に観た6時間超大作「カラマーゾフの兄弟」を日本語字幕付きでノーカットでテレビで見たいものだ(笑)



コメント

究極の権力構造淘汰法

それは、最初から権力ピラミッドを作らせないことですね!
つまり、「選挙」による間接民主主義を廃止してしまうことです。廃止というと過激ですけど、代議制を限りなく縮小して、直接民主主義に移行するということなら、実現可能ですよね。ネットで投票なんて、もうすでにやってるし。

たしかに、選良なんて過重な期待に応えられる人なんて普通ならいませんよね。泉田さん、どうもすいませんでした。選ぶ方も、そこまで他人に期待するなんて、あまりにも無責任だし。

前にも書いたような気がするけど、ATMでお金を引き出すときの領収書のようなものを電子ファイル化して、投票ごとに発行すれば、不正選挙も防止できます。後で疑惑が生じたとき検証が簡単だし、ときどきやってるような選挙関係のもたもたした裁判さえ不要。

必要なのは「提案力」だけになりますから、今みたいな低レベルな議員もいなくなるし、官僚もいらなくなる。

以上、いま思いついただけなので、あんまり詰めていませんけど、民主主義をほんとうに実現するなら、これしかないのでは?




そんなコトなら

奨学金の大半を無利子にしてあげればイイのに‥‥と思ってしまいますが、雑魚からは毟り取るというコトなんでしょうね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム