カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

「15兆円」に群がるハイエナ 後始末をする国民

「この問題」についてのエントリーは4回目です。
「史上最悪の補正予算案」も衆議院優越の定めに従い成立し、残すは、予算執行に係る「関連法案」の参議院での否決、そして衆議院における2/3の再議決による成立を残すのみとなりました。

中川(女)や塩崎など「半端者」の反旗を期待していた人がいたとすれば、予定通りの「幻」となるでしょう。
ここまで選挙が近くなると、再議決で反対票や棄権をする、という選択肢はありません。
得るものより失うものが大きすぎます。
小泉チルドレン?もうこの期に及んでは、議案検討するより、履歴書書いてる人のほうが多いのでは。
同じく、問題になりません。

阿呆がアホーだという事は世界の常識ですが、このオトコ、「度胸」だけはあるのかも知れません。
いや失礼、やはり度胸はないでしょう。あるのは「無責任」だけです。

「1兆円」というお金の「大きさ」を実感できるかたはいらっしゃいますかね。
毎日1000万円ずつ使っていっても「273年間」無くなりません。

昔、バブルの頃、毎日のように帯封つきの札束を胸ポケットに入れて銀座・赤坂・六本木と遊び歩いていた不動産屋((筆者注:不動産ブローカー)の社長がいました。
この頃業界では、1000万円の束を「レンガ」。帯封つきの100万円札束を「タイル」と呼んでいました。
この社長は、毎晩「タイル」を2~3個持ち歩いていましたね。
悪評では札付きでしたので、「気弱な地上げ屋」はお付き合いは「仕事」だけにして、夜はいろんな口実をつけては避けてました。
でも、こう言うオトコは、誘いを断られると不機嫌になるのですよね。
で、仕方なく付き合ったことがあります。

酒の飲み方、カネの払い方をみると、その人の「仕事ぶり」ってのは、ある程度判るものです。
節操の無い「飲み方」してました。
着飾ったおねえちゃんが沢山いる飲み屋では、ヴィップルームでタイル一個使ってお姉ちゃんをハダカにしたり、一部「気弱な地上げ屋」と趣味が重なるものの(笑)、「観るに堪えない」とは、このことです。
しかし、驚いたのはこのあとでした。

店を出て、タクシーを拾おうとしたら、「おう!○○。送るよ」と言って強引に車に乗せられました。
彼には先程タイル1個を貰ったおねえちゃんが寄り添い、彼の腕を自分の胸にギューギュー押し付けていましたね(笑)。
で、タクシー後部座席に3人。「気弱な地上げ屋」が「運転手さん、○○経由で、○○までお願いします」と言った途端、「バカヤロー!これからラーメン食べに行こ。オイ運転手君。京都の○○まで2時間で行け」ときました。
驚きました。夜中に、銀座から京都まで、タクシー飛ばしてラーメンを食べ行くバカがいるのですよね。

ここで忘れられないシーンがあります。この運転手、一瞬驚きましたが、とても嬉しそうに返事をしていたのですよ。何が言いたいのかって?
日本では、「お金を貰えると喜ぶ人が多い」ってことです。

今回の「阿呆なバラマキ」
過去最大,史上最悪の15兆4000億円に上る財政支出(事業規模は56兆8000億円だそうです)が、砂糖に群がる蟻の如く、ハイエナどもを喜ばせております。
これまでなかなか予算がつかなかった学校現場でもバラマキの影響で「バブル」の様相を呈し始めているそうです。
私も知らなかったのですが、公立学校のテレビが2009年度中に、すべて地上デジタル放送を受信できるテレビに置き換えられることになったそうですね。
公民館も含めての設置台数は全国で44万台
しかも、バラマキで購入されるのは、ほとんどが50型以上の大型TVで、薄型テレビになるそうです。
なぜ、高額の大画面テレビにするのかって?
大きな画面でなければ、後ろの席に座る子供が見えにくいという、官僚が考えそうな単純な理由が第一。
もう1つは、「電子黒板」としての用途も考えてのことだそうです。
電子黒板ってナニかって?
教科書をソフト化して映し出し、英語ならネイティヴの発音が流れるといった機能を持つ。
まあ、それだけのことです。
しかも、電子黒板として使うにはパソコンも必要になります。

皆さん、驚かないで くださいね。この44万台。全てが「プラズマテレビ」となれば、液晶に押され気味の
大型プラズマテレビ市場が一気に3倍になる計算です。

そして、先程のパソコン。購入予定台数は、196万台だそうです。
これは、昨年の国内出荷台数の22%に当たる需要が阿呆のバラマキで生まれることになります。

さらに「気弱な地上げ屋」が驚いたのは、今回の阿呆のバラマキで文部科学省が得た2067億円。
2009年度の本予算において<これは8月の概算要求から数ヶ月かけて折衝するもの>「約70億円」を財務省に要求しましたが査定は「ゼロ回答」。
1円も予算がつかなかったのです。それが、10日で2067億円。
いかにデタラメかが判りますでしょ。

でもって、ハイエナと言えば株式市場。
3月からの2ヶ月間で、4割以上値上がりする銘柄が相次ぎました。
プラズマテレビ(電子黒板)のパイオニアに至っては、3倍です。
ハイエナ、いや失礼、株式市場は3月の底値から上昇を続けていますが、この上昇を支えたのは以前のエントリーでも触れました「年金資金」です。
約2ヶ月間の年金資金の買い越し額は2兆円以上だそうです。
当時の外国人の売り越し額がほぼ同額ですから、海外投資家の損失拡大防止を年金資金が賄ったと見るべきでしょう。

公共事業も「前倒し発注」が相次いでいるそうです。
「気弱な地上げ屋」の知り合いの建設屋((筆者注:一部上場)も「もー忙しくてしょーが無い」そうです。
でもこのゾンビ企業救済、株価対策の効果も9月まででしょう。

直ぐに効くクスリは、効かなくなるのも早いものです。
半年しか効かないカンフル剤のために、以後数十年にわたり「消費税増税」などの負担を強いられる。
あのときのタクシー運転手の顔を思い出したのは偶然ではありません。



みんなに知ってもらいたい">みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

<< 鈴木宗男を待たせる 「佐藤優」の不遜 | ホーム | 「年金解体、全サラリーマンに3000万返還せよ」は暴論か >>


コメント

バラマキ予算で地デジ付大画面TVを買うな!!

アメリカは、国家が地デジ対策で、「民間に不必要な負担をかけてはいけない」というポリシーが徹底しています。
政府が、チューナー購入用のクーポンを配っている。
TVの空いた700MHz帯の周波数を、民間へオークションでという形で電波使用許諾料して得られたお金、13億ドルで「地デジ購入用のクーポン」を希望者に配布している。
オバマが大統領になった時点で、100万人以上の人にクーポンが行き渡っていないことか判り、又、予算も不足していると、経済再建予算案に追加され、再度「国民に無駄な負担をかけない」ということが思考的に、徹底されている。また、アメリカはケーブルが発達していることと、そのケーブルTVによっては、地デジの周波数を、現在と同じ周波数にコンバートしてチューナーを新たに購入しなくとも、現状のままのブラウン管TVで見続けられる事を、もっと日本の国民は知るべきだが、TV、マスコミが、政府にくっついているので、大事な話を国民に知らせようとしない。
そんなアメリカと比べると、日本はお上(馬鹿官僚ども)のやりたい放題で目も当てられない。
大型液晶TVを購入するのもサイズの違う箱物なんだと気がついた。
全国の公官庁と学校に配るなら何故国民の負担を減らすためにも、国民に地デジチューナーを配らないのか?
天下りのためには4兆5千億ほどの予算を取った予算案が成立する馬鹿な国には、ほとほと嫌気がさしてくる。
馬鹿官僚どもと自民党に国そのものが壊されているのに、何で暴動すら起きないのか?
民主党もおとなしすぎるが、社民党も、共産党も、もっと過激にやって欲しい。

アナログTVが無くなると、日本もこの空き周波数のオークションをする姿勢は見せたものの、国民へのリターンは何もなく、そこで得られた金額は総務省の懐へ、それもアメリカのような開かれたオークションではなく、相変わらず内々でこそこそやっている。またもや「かんぽの宿」を彷彿させられる出来事だ。
ネット上にある不思議なブログサイト
http://geocities.yahoo.co.jp/gb/sign_view?member=bokunimowakaru
総務省・地デジ担当かB-CAS関係者の見え見えのサイトなので、先月、オチョクッてやったが、必死になって、言い訳をしている。それもマニュアルに従っているのだけなので、その嘘を突っついてやったが、慌てふためいている姿が、見えるようで面白かった。

「気弱な地上げ屋」さん、知ってますか?
今年の4月に東京のTVキー局の放送免許が、そっと更新されたのを。
TV利権の独占と引き替えに、地デジ・キャンペーンと、B-CASカードへの見返りで、審査もなくいつの間にか更新をしていた事を。
結局、東京キー全局が、総務省の子飼いになっていて、マスメディアでも何でもありません。

地デジキャンペーンで、彼らにとっては触れてはいけない大事なことを!
「時報が2秒遅れている」のを知っていますか?
時報だけでなく、全て2秒遅れてる「2秒遅れ問題」なのですが、話題にもなっていません、
これはとても大事なことで、地震などの緊急通報も、全て2秒遅れていることをひた隠しにして、地デジが良いとキャンペーンを張っている神経が理解できません。
昼の12時に外を歩いていると、時報が二つ聞こえてきているのです。アナログTVの時報(これは正解)その2秒後に地デジから時報(これは偽物)が聞こえてくるのです。
音はFM波で音質は全然良い音だし、TV4台とビデオ・レコーダー4台のアナログを捨てろというのか、2011年アナログTVゴミ問題は現実に起きます。(東南アジアに中古TVを売る業者だけ儲かるナー)
ecoエコ・キャンペーンも嘘ばかりだし、40インチ以上の液晶TVを買ったら電気代倍近くかかるのに、エコにも何にもなっていない。B-CAS付きの地デジを売りたいだけなのです。
今から逆キャンペーンでもやりましょう!「アナログTV継続キャンペーン」を!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


新聞は何処まで信じられるか?

虚偽の報道や偏向報道と言われるのだが、どの程度のものか実際に検証をし始めている。 実際には、調べ始めているというか、前から研究テーマとしているところさえある。 それは、それとしてこれは過去、某**から配信をされたものであるが、この記事をどのように判断をす...


NO.1187 「個人献金文化」がないわけではなく、右手に企業献金、左手に政党助成金で手がふさがっている。

 タイトルは内容のほんの一部ですが・・・、日本共産党の市田書記局長の記者会見(6月1日)の動画です。 政治の現局面での諸問題について...


 ホーム