カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

「相判った! ではソチが腹を切れ」 阿呆タロー

先週末は、内閣で 「ひと揉め」 あり、こりゃ面白くなるぞ!と思っていたのですが、ズルっときました。
鳩山前総務相、自民離党「まったくそういう頭はない」そうです。
少~し期待しちゃった「気弱な地上げ屋」ですが、いつもの如く、期待を裏切られました。

誰が言ったか忘れましたが、
筆頭老中が殿様に 「殿!出入御用商人の "越後屋" の不正を見つけました!」と言ったところ、
「でかしたぞ!コトの次第は相判った。 では "そち" がハラを切れ」 と言われたようなもののようです。
用意してあった 「辞職届」 にサインさせられたそうですね。

このあたりは、日頃お世話になっている卵かけごはんさんと珍しく(笑)、意見を異にするところですが、今回ばかりは、いつもと 「顔つき」 が違うので、勘違いしちゃいました。
選挙後の政界再編は意味がない。環境新党を作りたい」と公言してきたくせにこのザマですから、この人、やはり体型同様 「愚鈍」 なのでしょう。

「人望」 とか 「人徳」 ってのは、政治の世界に限らず、どこの世界でも、リーダーの必須要件ですが、その両方欠けるのでは仕方がありません。

この人の秘書を務めたことがある民主党議員は、地方議員も含めるとかなりいますが、どの人に聞いても 「あまり良いこと」 言う人がいませんものね。
もっとも多い意見は、 「面倒見が悪い」 というものです。
これは 「致命的」 です。

今回、間髪置かず 「離党」 。
3週間以内に 「新党」 立上げ、とくれば、政局のキャスティングボートを握れたと思いますけど、いかがなものでしょうか。
ある 「政界スジ」 から最近、結構 「大箱」 (筆者注:規模の大きいオフィス) の 「空室照会」 があったので、 てっきり 「ポッポ新党」 の本部事務所かな?と思ったのですが、でっかい空振り(笑)でした。

そこいくと、兄上の 「ゆっきー鳩山」 は、意外と(笑) 面倒見が良いです。
「人望」 も 「人徳」 もあると思いますよ。
何しろ 「明るい」 ってところが良いですね!
少々 「鋭すぎる」 ジョークが結構 「きつい」 ときもありますが....。
何しろ、この人。
「気弱な地上げ屋」が 「チョット、がり(筆者注:寿司の 「がり」 です) くださ~い」 と店員さんに言ったとき、
「しょうが (生姜) 無いか。 (ginger) ジンジャー 狩り (がり)ですか」 なんて言っちゃって、一瞬、何語を話しているのか、皆理解出来ず、「場を静かにさせた」経歴の持ち主です(笑)。

阿呆とは話しをした事がありませんので、どの程度だか存じませんが、性格は 「明るい」 と聞いております。
しかし、同じ 「明るさ」 でも、中身のある 「明るさ」 と、 空っぽな明るさでは、同じ言葉でも雲泥の差がありますね。

この14日には、千葉市長選挙において、31歳ですか、民主党が全面支援した熊谷俊人氏が自公候補に予想以上の大差をつけて初当選しましたね。
確実に、 「山は動いている」 ようです。

「気弱な地上げ屋」は、これから 「官僚」 とのビジネスミーティングに出かけます。
結構 「荒れる」 予定なので(笑)、面白いネタを掴んで (作って(笑)) ご報告しますね。
本日は、この辺で。


思ったこと・感じたこと">思ったこと・感じたこと - ジャンル : 日記

<< へ~「こんなに支持されてるんだ」 阿呆なタロー | ホーム | 自公議員は、支持者の要望を官僚に陳情する「ロビイスト」 >>


コメント

クサイゾ 臭い

鳩山氏の 手紙の件の 最後っ屁  
かなり臭う  
臭い 臭い  
家出するかも・・・   面白そう・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


霞が関のキャリア制度とリーダー育成

厚生労働省の村木厚子局長が逮捕された。この種の官僚の不祥事が起きると、容疑者がキャリア(国家I種試験をパスして入省した幹部職員)であるか、ノンキャリア(国家?種、?種組)であるかが大きくクローズアップされる。 組織の末端の人間による犯行なのか、あるいは更


裁判所にたしなめられた大阪地検特捜部・郵便不正事件・第二の西松事件狙いか?

ちょっと気にかかる記事があった。 郵便不正事件に関するものであるが、見過ごし難いので、その背景を考えてみたい。 事件そのものは単純な詐欺事件であるが、厄介な ことに逮捕された容疑者の数が多く、しかも彼等が何度も繰り返し逮捕されているので、経過がたどりにく


 ホーム