FC2ブログ

カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

twitter

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

「前原は維新に色目使い、玉木は分党? ヤツら良い仕事してるよ。 細野や長島見習ってるんだね」 既得権好きは二階に集まります

何かが上手く行かないとき
突然の不幸が
我が身に降りかかったとき
自らが陥った環境に
嘆く人は
世に多いものです。

このとき
立ち直る人と
更に沈み込む人との違いとは?

立ち直る人というのは?
強い心で
自らが望む環境を
探し、それに近づこうとする・・
そうです。

そして
もし・・?
自らが
望む環境が見当たらなければ?
自らが望む環境を・・
自ら
作り出そうと努力する
そうです。

京セラ 稲盛和夫さん

もう随分前のことですが
このかたの講演で
ご教示戴いた言葉です。

国民民主党
立憲民主党との
合流協議が
ようやく決着しました。

この後、理由を書きますが・・
グルメブログとしては
このたびの合流協議。
さほど期待は
しておりませんでした。

一旦こじれた仲というのは・・
そう簡単に
元通りになるものでは
ございません。 (苦笑)

笑 そりゃ そうだ

ましてや・・
大義を前にして!
小異を残してでも
大同結集しよう!
こうした考えが出来ない人たちが
いくら
知恵を絞り
時間かけようが
上手くいくはずが・・
ないでしょう。

政権奪取のため!
などではなく
次の自分の選挙のため。
こうした思惑が
根底にある人達です。
選挙互助のために塊をつくることは
再び無駄な時間を費やす
無益な回り道

です。

この度の
合流協議の一部破談?
グルメブログにとりましても
皆様にとりましても
喜ばしい結果
と言えます。

かつては
ほんの数回ですが
グルメブログにも
コメントお寄せ戴いたことも・・
ある (笑)

玉木 雄一郎 香川2区

玉木センセですが・・
今は忙しくて
そんな暇無いでしょう。

なんせ、付いてくる議員が
5人確保出来るかどうか?
政党として
名乗ることが出来るかどうか?
瀬戸際です。 (笑)
まぁなんとか5人は確保出来るでしょうが
2ケタに乗るかどうかは?
微妙な情勢です。

参議院は
静岡の榛葉が確定してるくらいで
愛知の大塚や
福島の増子センセなど
自民党へ行ってもらったほうが
本人はもとより
有権者にとっても
判りやすい人たちも
次の
自分の選挙。
どっちが得か?
損得勘定で
立憲合流組に入り込もうとしてます。 (苦笑)

衆議院を見渡しても・・

ガソリーヌ 山尾

クチが裂けても
「もう一度・・戻りたい!」

こんなセリフはクチに出来ない
この人はともかく・・
合流するのしないの
ブツクサ言ってた
静岡の渡辺周や・・
7つの党を渡り歩くオトコ。
福島の小熊など・・
入るべき
党本部間違えて
自民党本部に入っちゃったとしても?
なんの違和感無い人達でさえ
玉木新党に行くかどうか?
決めかねてるようです。 (苦笑)

こりゃホントに・・
2ケタに乗せられるかどうか?
微妙なところですよ、玉木センセ!(笑)

ただですねぇ・・
皆さん?
野党に
ようやく一つの塊が出来て
浮かれてる人もいらっしゃるかも知れませんが・・
3年前の分裂の余震は
日本各地で
まったく収まってなど
いないのです。

どういうことかと申しますと
国民民主党の地方議員たちは
もうとっくに
地方議会の与党入り
つまり
自公と
しっかり握っちゃってる

のです。

笑 やっちまった

与党として?
美味しい・・美味しい
毒饅頭
食らっちゃった地方議員たちが?

今更・・
立憲とヨリ戻して?
再び野党に戻れるの?
こういうことなのです。

玉木センセ!
悪いことは・・言いません。
一旦、維新入りして・・
なんて、回りくどいことやらないで
一気に!

二階 苦い

自民党に入れてもらったほうが・・
お互いのためです。 (笑)

大丈夫!
玉木センセのことです。
ご自分の合った環境を
作り出すことが出来るでしょう。 (大笑)

しかし、なかには・・
エリーのように
選挙区事情で
自民党に入れて欲しくても
入れてもらえない人も
出て来るでしょうが・・
まぁそういう人は
一回選挙やれば解決します。
放っておきましょう。 (笑)

さて、こんなネタはどうでも良いので
本日は、皆さんに・・
極めて物騒な情報
お伝え致します。

安倍内閣 無能

このところ、この人の体調が
優れぬことは
テレビ画面通して見ても
誰の目にも明らかでしょう。

午前中だけで
20回もトイレに行ってる?
7月6日に吐血した?
挙げ句の果てには・・
歩くスピードが遅い?
ナニ言ってんですかねぇ。 (苦笑)

なかには
7月下旬、執務室で緊急手術が行われた・・
なんてのも。
どうやって・・
総理執務室で手術したのか?
まったくよく分からない
グルメブログも真っ青の・・(笑)
いい加減なハナシが飛び交ってます。 (苦笑)

そりゃこれだけ
新型コロナウィルスの感染が拡大するなか
体調が良いわけないのは
当たり前ですが
どれだけ体調が良くないのかは
安倍政権の終わり方にも
大きな影響及ぼすことになります。

政権幹部
特に総理大臣が
日中、衆人環視のなか
スケジュールを突然変更し
半日入院せねばならないということは
病状は
相当深刻だと
見るべきです。

笑 その通り そう思う 3

本日はまず・・
自民党本部に放つ!
臭の者に
総理の病状について・・
伝えてもらいましょう。 (笑)

「総理の体調?」
「そりゃ良くないことは・・誰の目にも明らかでしょ?」

「1日とはいえ・・」
「大ニュースになっちゃうような・・」
「慶応病院行かなきゃ治療出来ない」
「そうした病状ってことですよ」

「総理は、6月に定期検診受けたばかりですからね」
「今回は、定期検診だって言い訳出来ないわけですよ」

「持病の再発?」
「原因の一つであることは・・」
「間違いないですよ」

「秋から年末にかけての・・」
「衆議院の解散?」
「こんな状況の中」
「無理なんじゃないですかね?」

阿呆だろう 麻生

「麻生さんは」
「やりたくて仕方ない・・って感じですけど」

消費税減税掲げて選挙やれば?」
「今の野党の状況からみてもほぼ100%勝てる!」
「派閥の会合などで、広言してますよ」

「減税期間区切っての」
「時限減税にするってことで」
「財務省幹部の了解も取ったらしいです」

「でもまぁ解散権持つ」
「肝心の総理大臣が体調悪けりゃ?」
「選挙どころじゃないでしょうね」

「安倍さんは、コロナ対応でも支持率激減させてるし」
「自民党ならではの・・」
「自分から辞めさせるように持っていく」

「伝統的な自民党のやり方で」
「政権が終わる可能性も」
「相当高いんじゃないですか?」

笑 なに言ってんの

本日は、引き続きまして・・
菅官房長官の後援会
横浜政経懇話会に放つ!
臭の者に
今後の政局を
伝えてもらいましょう! (笑)

「官房長官の在職記録が」
「歴代最長になっても」
「菅さんって人は、偉いんだ。 オレたち地元の」
「5人の会合にも顔を出す」
「昔からのやり方を全く変えない人なんだよ」

「ついこの間も・・」
「コロナ対応で・・てんやわんやの最中」
「こんな格好はしてくれなかったけど・・」
「俺たちの会合に顔出してくれたよ」

菅 問題ない

「官房長官の歴代在職最長記録を塗り替えた」
「こんな話題になってね」
「お祝いしなきゃいけませんね?」
「メンバーの1人がそう言ったら・・」

「官房長官の在職最長記録なんて・・」
「お祝いするようなハナシじゃないよ」

「こんなふうに言うから、皆驚いてね」
「普段、こんなこと言う人じゃないからね」

「おめでたいことじゃないのですか?」
「誰かが重ねて尋ねたら・・」
「おめでたいこと・・祝ってもらうとすれば?」
「その上になったときじゃないですか」

笑 何だと

「一同、腰抜かしかけたよ」

「菅センセ! ついに? 総理の椅子を!?」
「ズバリ尋ねたよ」
「なんて答えたか?」
「笑って・・答えなかったけどね」

「その後、自然と話題は選挙のハナシになって・・」
「安倍さんの体調悪そうですけど?」
「選挙準備は? そろそろ始めたほうが良いですかね?」
「いつもの聞き方で尋ねたんだ」

「すると・・」
「安倍さんには、解散するチカラはもう無いかも知れない」
「ただあの人の政権に対する執念というのは」
「凄まじいものがあるんだ」
「最後は・・」
「最後のチカラふり絞って・・」
「選挙に打って出るかも知れない」

「ただ体調は・・」
「誰の目にも明らかなように」
「ハッキリ言ってかなり悪い」

「ただ自民党ってのは、冷たいようだけど」
「政権を担い続けることが宿命づけられた政党なんだ」
「人を生かすより・・」
「政権維持が最優先ってこと」

笑 越後屋 2

「小渕さんが亡くなった後」
「弔い選挙で」
「優子ちゃんが獲った票は?」
「今でも破られない・・群馬5区の最高得票記録だよ?」

「選挙中に急死した大平元総理のときの選挙は?」
「自民党の圧勝! だったでしょ?」
「自民党って政党は」
「選挙に勝つためなら・・」
「本当になんだってやる党なんですよ」

「安倍さんの身にも・・」
「小渕さんや大平さんと同じことが起きたら?」
「過労で倒れ、入院先から選挙を指揮!」
「これだけで、有権者のハートは戻って来るんじゃないですか?」

「この菅さんのハナシ・・聞いたときのみんなの様子?」
「息する音も聞こえないくらい」
「静まり返っっちゃったよ」

昨今の
報道各社の内閣支持率の落ち込みは
相当急激です。
「安倍政権にはうんざりだ!」
こうした声は
社会に鬱積しています。

こうした声を
追い風に変えることが出来るか?
いまある塊を
更に大きな塊にすることが出来るか?

山本太郎から中村喜四郎センセ。
そして、枝野幸男までを
一つに纏めることが出来るか?

これを成し遂げられる
可能性がある人・・
キーマンは、やはり・・

一ちゃん2

「一人で500万票集められる・・オトコ」
しかいません。

枝野さんと福山。
玉木が希望していた会談要請は
しっかり無視してるのに?
「一人で500万票集められる・・オトコ」 には
わざわざ出向き、
挨拶に来たということは
このことを
充分承知している
証拠でしょう。 (笑)

この先2ヶ月間の
「一人で500万票集められる・・オトコ」 の
最後の大仕事
私たちの
将来も
かかっている・・
とこういうことです。

小沢一郎 78歳!
最後の・・
最後の大仕事を
私達は・・
全力で支援しなければなりません!

政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 気弱な地上げ屋 グルメブログ 立憲民主党 国民民主党

「衆院解散すると安倍政権も終わり? 野党がグズグズしてるでしょ? こっちが先に消費税減税掲げ・・圧勝しますよ」 安倍晋三

またまた!
皆様に・・
お詫びしなければなりませんっ!

詫び 笑 34-1

HN 森野熊三サンからは・・
「おんどりゃぁ! 更新さぼっとんのかぁ? ワレェ?」
ネジ入れられるわ・・(笑)
HN 知らぬはほっとけサンからは
「アンタねぇ? 更新催促ボタン何回押したと思ってんのよ?」
どやされるわ・・
散々な日々でした。 (苦笑)

珍しく・・
多忙な日々を過ごしておりまして・・
ナニしてたかと申しますと?

引越しです。

しかも・・
2ヶ所同時。 (苦笑)
不動産をいくつも持ってると・・(笑)
ロクなことございません。

アンタ 迷惑 笑 評判悪

ロクなこと・・と申しますと
今回の2ヶ所同時引越し。

キッチリ細部に渡って段取り決めてる
気弱な地上げ屋の仕切りを
引越屋が・・
全然守りません。 (苦笑)

次から次へと
笑っちゃうようなトラブルが発生したのですが・・
この件については
別の機会に
皆様にお伝えします。

因みに?
どのくらい笑っちゃうかと申しますと?
この・・
我が国最大手の引越屋。
気弱な地上げ屋を最高に怒らせた営業マンは
ドジ踏んだ翌日
東京から300キロ離れた
遥か彼方へと
異動・・
自分自身を引越しさせられました。

大企業というのは
厳しい世界なのですね。 (笑)

笑 説教

さて!
このハナシは別の機会にするとして・・
長年ブログをやっていますと・・
身の回りに
いろんな事が起こります。 (笑)

字は体を語り・・
顔は・・
人を語る。

文章は
その人の考え方や人間性を
そして、顔には・・
その人が
それまで歩んできた人生の
生きざまや
過去の歴史が
刻まれています。

この言い伝えの通り・・
顔は見えないでしょうが・・
文章を読めば?
ある程度
書き手の人柄や
人間性は
滲み出てくるもので
これは、たとえ隠したくても?
隠し通せるものではありません。 (苦笑)

笑 なるほど

日の目を見ることは
滅多に無く
世間の評価は極めて低い (笑)
気弱な地上げ屋ですが・・
ごく一部のレギュラーの皆さんには
相当高く・・
過大評価
して戴いております。 (大笑)

その
数少ない皆さんの・・
そのまたごく僅か。
某レギュラーが先日・・
「オマエ修行が足りないよ! これでも読みな!」
仏教聖典という本を
送ってくださいました。

お釈迦様の教えの一部を
分かりやすく纏めた書籍なのですが・・
しか~し!
グルメブログ
良い書籍だと褒め称えたとしても?
この書籍
迂闊に手を出してはいけません (笑)
書いてある字は読めても・・
内容を理解するには
相当難渋します。

勿論、気弱な地上げ屋もその一人。 (苦笑)
この難解な書物の中から
誰もが一度は耳にしたことがある
お釈迦様の教えを
ご紹介します。

笑 ふーん

善い行いは
良い結果を生み
悪い行いは
不幸や災難など
悪い結果を引き起こす。

グルメブログ
何回も取り上げている
善因善果
悪因悪果
として知られる
お釈迦様の
代表的な教えの一つです。

自分がした行いの結果が・・
自分自身の
運命を形成する。

因果応報と呼ばれますが
この因果とは
原因と結果のことで
どのような結果にも
必ず
その結果を引き起こす原因があり
原因無しに起こる結果は
何一つ無い。

つまり・・
世に起こる結果は・・
全てが必然
であり
偶然起きたことは・・
無い
こうした教えです。

笑 それが どうした

また、お釈迦様は
善い行い
或いは、悪い行いの結果が
それぞれ逆の結果となること
は・・
無い。
こうも教えています。

悪い結果となった場合
自分のした行いの何かが
悪い行い
だったのです。

悪い行いに
気付かなかったり
気付いたとしても?
悪い行いだったと認めない人
似たような結果・・
似たような運命を・・
辿ります。

ここで重要なことは
この
良い結果、良い運命・・
悪い結果、悪い運命。
どちらなのか?
決めるのは・・
その人自身だということです。

自分自身が納得出来る運命
すなわち、善い結果を得たいと思ったら
自分自身の行いを
善い行いに変えれば良いのです。

自分自身の運命
身の回りに起きた出来事全て
ありのまま受け入れる。
こうした人は
悟りを開いた人
なのでしょう。

本日はまず・・

山本太郎 れいわ

この人。

先の都知事選で
破れたのは・・
申し上げるまでもなく
必然であり
運命でした。

ではこの先、この人には
どのような運命が
待ち受けているのでしょうか?

お釈迦様の教えに従うとすれば・・
良い結果が得られる可能性は
極めて低いと見ております。
しかし、先程書いた通り
本人は
どのような運命を辿るにせよ
満足するでしょう。

この
良い結果は得られない
というのは
私達にとって・・
という意味です。 (苦笑)

笑 ナニ言ってんの?

一例挙げましょう。
2009年に誕生した民主党政権。

政権発足当初、熱狂し
拍手喝采した人たちも・・
3年後には?
多くのみなさんが落胆し・・
なかには、敵視するまでになったでしょ?

期待が大きかった分
落胆も大きかった?
事実の分析としては
正しいのですが・・
では?
民主党政権を誕生せさたのは
誰なのか?
ここに視点を移せば
あの結果は
私たちの投票行動
私達の行いの結果
だということに気付きます。

この人に
過大な期待を寄せるのは
極めてリスクの高い行い
だと思いますよ。 (苦笑)

笑 ゴメン

ここで
勘違いなさらないで欲しいのは・・
太郎ちゃんを支持・・
或いは、応援するのを
「止めましょう」
こう申してるわけではありません。

まぁ・・
期待し過ぎなければ?
落胆することも無いわけで・・
「これならやれるだろう?」
やれそうなことを見極めて
応援することが
肝要です。

過大な期待を寄せるのは・・
危険ですよ。
こう申してるワケです。

こんなこと書きながらも・・
太郎ちゃん?
まだ遅くは・・ありません。
一刻も早く
ロクでもない取り巻き連中を一掃し
マトモな政治家として
歩みを進めて戴きたいものです。 (苦笑)

太郎ちゃんが人より優れている点
政治家として
期待出来る点は
その行動力と勇気です。
そして劣っているのは
先見性と洞察力でしょう。

この・・
太郎ちゃんに無い・・
先見性と洞察力。
政界広しと言えども・・
トップクラスと言えるのが

中村喜四郎センセ 2

このかたです。 (笑)

そしてこれまた政界随一と言えるのが・・
その気迫と気合。
覚悟と・・
信念です。

この人がその昔・・
「自民党のプリンス」
こう呼ばれていたことを
ご記憶されてる方は
あまりこの世にいらっしゃらないでしょう。 (苦笑)

40歳で初入閣。
そして、42歳で・・
建設大臣を務めました。

しかし
順風満帆に進むその先には・・
奈落の底が
待ち受けていました。

1994年。
ゼネコン汚職に係る
斡旋収賄容疑で突如逮捕。
自身にかけられた容疑に対し
潔白であるとの信念があったのでしょう。

100日を超す
独走部の厳しい取り調べに
終始一貫しての完全黙秘。 (笑)
気弱な地上げ屋好みの
気合です。 (大笑)

日頃、マスゴミに放つ草の者として登場する
元某新聞社政治部幹部によると
このとき喜四郎センセは

一ちゃん

「一人で500万票集められる・・オトコ」と
金丸センセを守るために
一切何も喋らなかった・・
そうです。 (苦笑)
これまた
気弱な地上げ屋好みの
仁義でしょ? (笑)

ところが皆さん?
ここからが
喜四郎センセの
凄いところなんです。

裁判で実刑が確定し、刑期を終えた後も
無所属で出馬し続け
現在に至る
14期連続当選! です。

カネも無く
利権も無く
コネも無い。
損な・・
喜四郎センセに
票を投じ続ける
多くの有権者。

鉄の結束を誇るのが
越山会なら
喜四郎センセの後援会。
喜友会
竹のしなやかさ。
こう表現する人もいます。

刑事被告人となり
日本中を敵に回しても?
嵐が来ようが
風が吹こうが
竹のしなやかさで組織を守る。

「僕はね。 1人で何百票持ってますよって人も大事にするけど、もっと大事にするのは、ウチは3人家族で3票しか無いけど、必ず投票するからね! こういう人たちなのです。 少なくても、小さくても、強い支持をしてくれる人たちに応援してもらっています」

まさに、選挙の鬼です。 (笑)

笑 その通り そう思う 3

その選挙の鬼が
野党共闘に向けた
具体的な運動を始めました。
投票率10%アップを目指す国民運動
です。

投票所から遠ざかった有権者に
民主主義を守る戦いの
共同戦線に
再び戻ってきてもらう


素晴らしいでしょ? (笑)

日頃、地道な地元活動を怠ってる
風にしか頼れない
風でしか票を集められない
野党議員たちに向けた
強い後援会組織を作るため
の活動です。

この運動には

志位センセ 共産枝野る2

枝野サンや・・
なんと!
共産党の志位センセまでが
参加なさっています。 (笑)

ところがです。
こんな素晴らしい
共同活動に
参加しない・・
どころか賛同もしない
野党指導者がいます。

この人です。

玉木 希望

参加しない理由が・・
奮ってます。
「署名した人が選挙に行くとは限らない」
だそうです。 (大笑)

どうやらここへ来て
誰がユダで?
どこに?
トロイの木馬があるのか?
見えてきましたねぇ。 (笑)

野党共闘が実現し
次の選挙で
与野党伯仲
或いは
与野党逆転など起こったら?
困る人が
野党陣営にも
いるってことです。 (苦笑)

笑 その通り

十中八九、年内に行われる総選挙。
グルメブログの主張は・・
切り込み隊長に
太郎ちゃん。

師団長には・・

中村喜四郎センセ

喜四郎センセを
強く推します。 (笑)

自民党に愛想つかした保守票を
かき集めるには
喜四郎センセの経験と経歴と・・
安定性と安心感が (笑)
とても重要です。

そして・・
師団参謀は誰か?
それは・・
書かなくても?
解るでしょ? (大笑)

本日のツカミ。
お釈迦様の教えをご紹介しましたが
グルメブログで多用するのは・・
孔子の教えを纏めた
論語です。

本日のエンディングに
相応しい一節を
ご紹介します。

笑 またかよ

ある時、孔子は
魯の君主に
こう尋ねられたそうです。
「民衆から信頼を得るには? どうしたら良いか?」
孔子は答えました。

大切なことは・・
ただ一つです。
政の最上位には・・
嘘をつかない者
を配することです。
そうすれば?
黙っていても・・
民衆は
政を信頼し
君主に従うようになるでしょう。

行政のトップに
嘘をついたり
誤魔化す習癖のある人間が

安倍 2-3

その地位に就いたりしたら?
困るのは国民です。

専制君主制の古代中国では
行政のトップは
君主の一存で決められましたが
現代日本では
行政のトップを誰にするか?
これを決められるのは?
幸いにも
私達です。

選挙を通じて
私達が決める

のです。

私達の役割は
こうした事に気付いていない
数千万人の人たちに
一秒でも早く
自分たちが持つ強大な権限に・・
気付いてもらうことです。

最近、話していないので・・
皆さんお忘れになってませんか?

蟻 アリ

一匹や二匹では
取るに足りない蟻でも
数万・・
数十万と固まれば?
すべての敵を
蹴散らします。

良いですか、皆さん?
全部・・
蹴散らしましょうね! (笑)

政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 気弱な地上げ屋 グルメブログ 新型コロナウィルス

「晋三ちゃん? 10月総選挙しかないよ!野党の準備が整わないうちにね。 勝利の方程式さ。 ところで方程式ってナニ?」 麻生太郎

本日の掴みネタのテーマは・・
「勘違い」

誤解や
勘違いに気付かぬままでいると・・
程度の差はあるにせよ
思わぬトラブルに巻き込まれたり
とんだ災難に遭うことは
避けられません。

しかし
勘違いの多くや
誤解は
ほんの少しの注意を
しさえすれば?
防げるケースが
ほとんどのはず・・
です。

笑 オイオイ 2

先日・・
近所の大型靴店に行ったときのこと。

その靴屋は
いつもサンダルの安売りセールをやっていて
重宝してます。 (笑)

この日もサンダル買いに行ったのですが
店舗入口脇に設置された
ワゴン一杯のサンダルを物色し始めたら?
店の中から
大声が聞こえてきました。
しかも、相当怒気を含んでいます。
これは・・
尋常ではありません。

様子を窺いに
店の中に入ると・・
近所の顔見知り
熊蔵さんが
店長相手に、
凄い剣幕で怒鳴りつけてます。

なぜ なんでだろう 笑

この店は
店長のSとも
顔見知りです。

こういうときは
揉めてる双方の顔見知りが
間に入るのが
最も早い解決法です。 (笑)

「まぁまぁお二人とも落ち着いて・・」
「どうしたっていうのよ? 熊蔵さん?」

「おぉ! 気弱な地上げ屋さんじゃねぇか?」
「聞いてくれよ!」
「この店ったら・・人をバカにしやがって!」

高血圧症の持病がある熊蔵さん。
気弱な地上げ屋の顔を見ても
気が収まりません。
血圧は多分・・
200をゆうに超えてるでしょう。
こんなところで倒れられたら?

葬式 葬儀 告別式 三角 白い布

こっちが困ります。 (笑)

「よぉよぉ熊蔵さん? そんなに興奮しちゃぁ?」
「体に悪いよ」
こうしたときは
あまり興奮してない方から
ハナシを聞いたほうが良いでしょう。
「で、Sさん? いったいどうしたって言うのよ?」

少々ふてくされた顔した
S店長。
「このお客さん・・気弱な地上げ屋さんのお知り合いですか?」
「このお客さんが勘違い・・」

「なんだと!?」
「まだオマエ! このオレが悪いって言うのか!?」
熊蔵さんが
横から声を荒げます。

「まぁまぁ熊蔵さん? 落ち着いて・・」
「まずは、ここに腰下ろしなよ」
「ここはアタシに任せなって」

「判ったよ・・」
ようやく熊蔵さんを落ち着かせ
店長にハナシを聞きました。

「ですからね? 気弱な地上げ屋さん」
「ウチが店先に出したこの・・のぼり旗」
「書いてあるでしょ?」
「靴 下取り放題! 超拡大してます!」

「これをね? このお客さんが・・」
「靴下はどこにあるんだ? 取り放題なんだろ?」

笑 オイオイ 2

「これじゃ・・」
「イチャモンですよ」

事の次第を悟った気弱な地上げ屋
固まってしまいました。 (苦笑)

「靴下取り放題! 超拡大してます」
こう書かれたのぼり旗を・・
熊蔵さん。
「靴下 取り放題! 超拡大してます」
勘違い・・
しちゃったようです。 (苦笑)

靴屋なんだから?
靴下なんか売ってるワケないだろ?
考えりゃ分かるようなもんですが・・
靴下買いに行こうとして
店の前通りかかった
熊蔵さんにとっては
「ラッキー!」
勘違いしちゃったようです。 (苦笑)

でも勘違いが明らかになった後の
熊蔵さんの態度は
「Sさん? このアタシが悪かった! このとおりだ!」
生粋の江戸っ子らしい
スジの通ったものでした。

笑 1

熊蔵さんのように・・
ご自身の間違いや
勘違いに気付いたら
直ぐに過ちを認め
迷惑かけた相手に謝罪する。

軽微な紛争における
自身への
被害を最小限に留めるコツです。

しかし
世の中には
これとは真逆の対応・・。
つまり、自身が
間違っていたことに
気付いても?
誤りを正すどころか
間違いを正当化し
言い訳ばかりを言い募る。
こうした人も
大勢います。

特に
こうした人が多いのが・・

安倍 2-3

この人を始めとする
この人の
周囲の人々ですが
我々野党の側にも
残念ながら
少なからず
こうした人達が
居ります。 (苦笑)

代表的な人たちに・・

前原 15 口先野田8菅99

この人達がいますよね。 (笑)

とっても罪深き
罪多き人たちですが
この人達の
最大の大罪は
消費税増税を主導した
ことです。

今回の
コロナ禍に於いても
罪務省は
良い仕事をしました。

ここで気を付けて戴きたいのは
この「良い仕事」というのは

笑 驚き ぎょっとする

罪務省や霞が関にとって良い仕事
であって
決して!
多くの国民にとっての
良い仕事ではございません。

今回のコロナ禍。
奴らの最大の成果は
消費税減税
議論を持って行かなかったこと
です。

自民党内でも
若手を中心に
消費税減税
生活支援の中心に据えるべし

こう唱える人たちも
ある程度いました。
しかし
暫くすると?
こうした声は
まったく聞こえなくなったでしょ?
全て・・
罪務省を中心とする霞が関に
鎮圧されたからです。

そして鎮圧された政治家のなかには

枝野 演説

この人もいました。

エッ?
小さ過ぎて・・
誰だか分かんない?
分からないままで・・
良いですよ。 (笑)

都知事選に於いても?
野党統一候補が実現しなかった
理由は
関係する人それぞれに
少しづつ
責任があるのですが
それはそれとして
なぜ?
この人が・・

山本太郎 れいわ

都知事選挙だと言うのに?
消費税減税での野党合意
拘ったのか?
このことに
注目すべきです。

それではここで!
れいわ新選組の内情をよく知る人物に
今回・・
なんで出ちゃったの?
について (苦笑)
語って戴きましょう。

「太郎が野党統一候補の条件として・・」
「消費税5%への減税公約を条件にした理由」
「衆院選を見据えてのものだよ、勿論」

都知事選に?」
「消費税は関係ないだろ?」
「確かに関係ないよ」

笑 ずっこける ズル

「だけどね。 野党統一候補として出馬したとしても?」
「2月以来、連日テレビのスポットライト浴びてる小池さんに?」
「勝てるわけないじゃない?」

「要するに・・負け戦に出陣してくれ?」
「特攻隊に志願してくれ!」
「そう言ってるのと・・同じことよ?」

「だったら・・都知事選の後に控える」
「総選挙でも? れいわの公約の一丁目一番地」
消費税減税で? 野党がしっかり連携出来るのか?」
「見極めるのは?」
「当然じゃない?」

笑 そりゃ そうだ

「ところが・・玉木は玉木で」
「実質小池支援だし・・」
「枝野は乗って来ると思ったけどね」

「枝野が乗れなかった理由」
「れいわの公約に乗っかるということは」
「野党の盟主の座も譲ることになる」
「そう思ったのだろう」
「小っちゃいヤツだよ、まったく」

「とてもじゃないけど、なんの見返りも無しに?」
「討ち死にしてくれ?」
「ハイ結構ですよ・・」
「そんなヤツいるわけないでしょ?」

「もう・・罪務省の洗脳が説けない人たちを相手にしたって」
「埒明かないってことですよ」

「宇都宮さんには敬意表してますよ、太郎は」
「選挙の邪魔する気もサラサラありません」
「だったらなぜ? 党内にも出馬断念を求める声が充満してるなか」
「敢えて出馬したのかって?」

「1つ目は・・」
「連合東京が、小池支援で表立って動くとなったから」
「2番手取れる可能性があるってこと」
「2番取ったからって? それがどうしたって?」
「どうもしないよ!」

真っ逆さま 笑

「出馬を決断した最大の理由は・・」
「党の金庫なんだよ」

「金庫の風通しが」
「良くなり過ぎてる」

「去年の参院選のときは・・」
「実質3ヶ月間にだよっ?」
「33000人ほどの支援者から」
「4億もの寄付が集まったんだ」

「党本部の賃料は・・諸経費入れて月300万弱」
「人件費なども入れると?」
「毎月、息しているだけでも500万は出て行くんです」
「参院選後、もう1年近く・・」
「収支の赤字が続いてる」

「顔と名前を・・」
「メディア通じて売り込んで」
「山本太郎ここにあり!」
「しっかりやるから寄付してね!」
「これを示す必要があったんですよ」

気弱な地上げ屋さん? アンタも言ってたじゃない?」
「本丸の衆院選のために・・都知事選に出るべき!って」
「結果的に・・そうしたってこと」
「実際、寄付も飛躍的に増えてるしね」

カネ 金

結局のところ・・
カネのためってとこが
イマイチですが (苦笑)
綺麗事言ってても
政治なんて出来ないことも事実ですし
選挙やるには?
カネがかかるってことも事実。

ここは・・
強い批判は
避けることと
致します。 (苦笑)

勘違いには
やむを得ない側面もございます。
ただ、政治家には
一秒でも早く
勘違いに気付いてもらわないと?
困るのは・・
そんな人物を支援してきた
支援者であり
多くの国民です。

笑 だろ そうだろ

勘違いを
勘違いだと気付かず
或いは
気付いていたとしても?
しらばっくれて?
勘違いしたまま
前に進もうとする。

こんな政治家には
いくら期待しても
時間を無駄にするだけ
です。

欠点は多くても・・
霞が関を
根本から作り変える。
この大事業をやり遂げられる
可能性が少しでもある政治家

山本 太郎ちゃん 3

グルメブログでは
全力で支援することと致します。

理想的な政治家など
この国には存在しないのですから・・
よりマシな政治家を
選ぶより他・・
ございません。 (苦笑)

因みに・・
気弱な地上げ屋は
仁義を固く守る
ことを
旨としております。 (笑)

今回の都知事選

宇都宮センセ

このかたの・・
陣営を代表し
開票立会人を務めることを
皆様に
報告申し上げます。 (笑)

スジを間違えることは
誰しも
あるかも知れません。
しかし
スジを曲げることは
決してしては
いけません。


政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

tag : 気弱な地上げ屋 グルメブログ 都知事選 消費税減税

「前田ハウスの家賃? 臀痛さん持ちです。 1日15万ですよ? 私が配るカネから見りゃ端金です」 血税にたかるシロアリはお前田

多少なりとも
アメリカ史を学んだかたなら・・
名前くらい聞いたことがあるでしょう。
セオドア・ルーズベルト

合衆国第25代副大統領にして
第26代の大統領です。

日本では
日露戦争終結の仲介者としてのほうが
有名かもしれません。
彼は、この功績により
アメリカ人としては初めて
ノーベル賞(平和賞)を受賞しております。

笑 ふーん

彼は
大統領を2期務めた後
当時からあった
3選禁止規定に従い
自身の後任に
当時、盟友で友人でもあった
タフトを推薦し
支援した結果
タフトは大統領の座を射止めました。

ところが、タフトは
大統領に就任した途端
ルーズベルトの政策や業績を
次々とないがしろにしたため
我慢の限界を超えたルーズベルトは
タフトを大統領の座から引き摺り下ろすため・・

笑 江頭

自ら
大統領選に立候補したのです。

これが世に言う
現職、元職大統領が並び立つ
1912年のアメリカ大統領選挙です。

この選挙戦の最中。
こんなことが
起きたそうです。

ルーズベルト選対では、
ルーズベルトの「写真付きビラ」を作ることを決め、
300万枚制作しました。
出来上がったビラを眺めていた選対責任者が
ハタと気が付きました。
「写真の使用許諾を取ってないっ!」

当時アメリカの著作権法では
写真の場合
撮影者は
写真使用者に対し
1枚につき
最大1ドルの著作権料を
請求出来ることになっていました。

1枚につき1ドルだとして?
300万枚ということは・・?

300万ドル!?
この金額の現在価値を
日本円で換算すると・・
約60億円です。
選対スタッフは皆・・青ざめました。

笑 寒い

連日連夜の選対会議の結果
ある知恵者の妙案を
試してみることになりました。

著作権持つ写真家に
次のような手紙を送ったのです。

「私達ルーズベルト陣営は、写真付ビラを300万部配布する計画がある。 掲載される写真家にとっては、格好の宣伝機会だと思われる。ついては、貴殿の写真を使用した場合、いくらなら払う用意があるか? 至急連絡されたし」

返ってきた手紙には
こう書かれていたそうです。
「有難い機会ですが・・私は250ドルまでしか払えません」

60億円近い損失が発生しかねない状況を
損失ゼロどころか
僅かとはいえプラスにする。
ハーバード流 交渉の達人で描かれた
交渉術の極意・・
だそうです。

まぁ気弱な地上げ屋にしてみれば・・
こんなこと当たり前過ぎて・・(笑)
なんでこれが交渉の達人なのか?
さっぱり理解出来ませんが・・
交渉の達人なんだ!
そうです。 (大笑)

ところで、本日エントリーのツカミに?
どうして
こんなハナシを持って来たのかと
申しますと・・
先日行われた

サービスデザイン推進協議会 電通

この連中の記者会見。

あれを見ていて
「ピンチをチャンスに変えちゃってるよ、コイツら・・」
強くこう
感じたからです。 (苦笑)

それでは、本日はまず・・
あの会見で
ヘラヘラと嘘八百並べてた
平川さんや
大久保さんの大先輩に当たる・・(笑)
電通に放つ!
草の者に・・
今回、日頃の悪行
ほんの一部
バレちゃったことについて・・
言い訳を
伝えてもらいましょう!

給付金

「この前の記者会見? 3人共良く知ってるよ」

「榑谷は、副社長にまでなったんだ?」
「昔から・・」
「デタラメ言わんでクレタニ
「こう呼ばれてたくらい」
「ナニ言ってんだか? さっぱり分からない」

「業務を円滑に遂行するために? 再委託行った?」
「それは、御社じゃ円滑に業務遂行出来ないって意味ですか?」
「誰一人として突っ込まないところが・・」
「臀痛主催の記者会見ならでは・・だよね」

「経理上の理由から? 巨額の公金を直接受けられなかった?」
「これに至っては・・」
「いったいどんな? 経理上の理由あんのよ?」

「大久保も・・」
「深く反省している?」
「努力をしていく?」
「相変わらず・・当たらず触らずの優等生答弁だよ」

「でも初めて聞いたよ」
「孫請けや・・ひ孫請けまでは知ってたけど」
「その下請けに再委託することを・・やしゃご請けって言うんだ?」

「平川とは一緒に仕事したこともある」
「昔から・・立て板に水だよ、あいつは」
「だけど、上手の手から水・・じゃないけど」
「不味いこと言っちゃってるよね」
「それについては後で・・」
「この後、経産省に放つ臭のモンも登場すんでしょ?」

前田ハウス

前田ハウス?」
「多分、電通の現地法人関係者が用意したんだよ」
「こういうノウハウは・・」
「賄賂や裏金飛び交うオリンピック誘致で培ったもの」
「やることなすこと抜かりが無いんだよ、電通って会社は」

「まぁだけど、誰が?」
「こんな情報、文春にリークしたんだろうね?」
「この後登場する、計算省に放つ臭のモンのネタが」
「楽しみだね」

「でもね、身内を庇うようだけど・・」
「今回の・・一種の公共事業費の中抜き」
「電通と霞が関は、数え切れないくらいやってきてるけど」
「電通の方から持ちかけた案件は」
「一つとして無いはず」

「全部・・霞が関の側から持ちかけられたもんだからね」
「間違いない!断言出来るわ」

笑 それが どうした

「給付金にしろ、補助金にせよ」
「原資は全部税金なんだよね」

「だから、霞が関の高級官僚たちは」
「消費税上げろ! 増税大賛成!叫び」
「庶民から税金毟り取ろうとするワケ」

「財政危機克服だとか、財政再建なんて」
「もっともらしいこと言ってるけど・・」
「全然関係ない」

「本音は・・」
「自分たちが良い生活したい」
「懐を豊かにしたい」
「ただそれだけなんじゃないの?」

笑 その通り

引き続きまして・・
経済産業省に放つ! 草の者に・・
省内の様子を
伝えてもらいましょう! (笑)

「あの記者会見に戻リますよ」
「言い訳上手なはずの平川さんが・・」
「唯一ドジ踏んだ場面があったことに?」
「気が付きましたか?」

サービスデザイン推進協議会の定款について」
「質問に答える場面です」

「定款のテンプレートのプロパティの」
「作成者が情報システム厚生課となってることと」
「法人名が補助金執行一般社団法人ってなってる部分についてです」

「情報システム厚生課ってのは・・」
「ウチの大臣官房の内局です」
「こんなヘンな名称の部局・・普通の組織は作りませんよ」

笑 その通り そう思う 3

「更に! 補助金執行一般社団法人?」
「補助金もらう社団法人は山ほどありますけど」
「補助金執行する? 社団法人なんて?」
「この国に1つもありません」

「平川さんは、このテンプレを・・」
ネットで拾ったって言っちゃったでしょ?」
「法人の登記記録ってのは・・ずーっと残るんです」
「こんな名称の社団法人が過去に存在しないことなんて」
「調べりゃ直ぐに明らかになっちゃいます」

「更に・・来週辺りの文春で出て来るでしょうけど」
「この当時の情報システム厚生課を管轄する審議官は」
「今をときめく・・」
「前田ハウスの前田さんなんです」

「そしてね、決定的なのは」
「この・・情報システム厚生課が作ったテンプレファイル」
「ウチの省内で・・」
「まだ保管されてんですよ!」
「これが世に出ちゃったら?」

「平川さんが言ってた・・」
サービスデザイン推進協議会の設立に」
「経産省の関与はなかった」
「このロジックが真っ赤な嘘だってことが」
「完全にバレちゃいますよね」

笑 オマエ 3

「そもそも前田さんはやり過ぎたんですよ」
「この電通のダミー法人に流した税金」
「4年間で・・1500億超えてんですよ?」

「そして私が一番気になるのが・・」
「誰がこのネタを? 文春にリークしたのかってことです」

「前田さんは、官邸の経産マフィアに連なってます」
「この経産マフィアのボスは?」
「言わずと知れた・・」
今井尚哉 総理秘書官ですよ」

「官邸の経産マフィアのチカラを削いで・・」
「利を得るのは?」

菅 作者 ハマープロさん <アイコラ提供; © ハマープロ>

「誰でしょうかね?」

無礼はオレだ?
誰だか・・
さっぱり分かりませんね? (大笑)

安倍政権内の
内ゲバなら
いくらやって戴いても
大歓迎です! (笑)

笑 ざまぁみろ

本日冒頭ご紹介した
セオドア・ルーズベルト
アメリカでの人気は今でも高く
最も偉大な大統領ランキングでは
常に
トップ5に名を連ねております。

100年以上に渡って
高い人気を維持しているのには
理由があります。

彼の代表的な政策に
スクエア・ディール・・というのがございます。

100年前。
当時の国内鉄道網を支配していた
モルガン・・.。
今のモルガン・スタンレーの始祖です。
この独占企業に対し、
反トラスト法を制定し、市場へのその支配力を弱めました。

この流れで
独占禁止法も制定し、
マーケットを支配し価格を思いのままにして
利益を貪る。
こうした企業への規制を増やしたのです。

この政策の目的は
企業が不当な利益を得ることを防ぎ
国民が
公平な政策のもとで
公正な利益を得られるようにする

こうしたものです。

今の日本にも・・
似たようなことを発言する政治家が
いますよね?

山本 太郎ちゃん 3

この人のことを
持ち上げたり
褒めたりすると?
お叱りのメールや
ウラコメが殺到するのですが・・(苦笑)
Nさん、Sさん、Tセンセ!
落ち着いて下さい?

まぁ今頃・・
都知事選への立候補模索する処なんざぁ?
この人の
イマイチなところではありますが・・. (苦笑)

しかしですよ!
皆さん?
好きや嫌い・・
グルメブログが、あぁ言ったから?
こんなことで政治家を選ぶと?
我が国のような
悲惨な政治状況になるのです。

政治家の本質は何ですか?
多くの国民のために
何をするか?
最大多数の幸福に向けて・・
どう国民を導くか?
でしょ?
ならば?

多くの国民のためになる政策を
真面目に訴える人を
押し上げていくべき
ではないですか?
1人でも多くの人々が
こうした考えでまとまり
集中してくれれば?
・・・今よりは
マトモな国になることは
間違いありません。


政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

「黒川の処分が甘い? 退職金5900万は口止め料です。 ベラベラ喋られたら・・困ることだらけですからね」 安倍晋三

気が弱いだけでなく
暑さと寒さ
湿気と乾燥にも弱い
気弱な地上げ屋にとって
最も過酷な季節が
もう直ぐやって参ります。

しかし、
この季節の移り変わり。

新型コロナウィルスに取りましても
過酷な環境・・
なのかもしれません。

ようやく・・
新型コロナウィルス蔓延の勢いに
陰りが見え始めました。

新規感染者激減の流れ
どうやら
本物のようです。

笑 ヤレヤレ

レギュラーの皆さんも
新型コロナウィルス感染に関しては
無事なご様子で
「ヤレヤレ・・一段落したな」
こうお感じの方も
大勢いらっしゃるでしょう。

しかしですね、皆さん!
一旦収束したように見えるのは
多分・・
季節のせいです。

空気が乾燥し
気温が下がり始める
秋から冬にかけて再び・・
ウィルスが猛威を振るう可能性。
第二波が我々を襲う可能性は
極めて高いと見ております。

気分を休め
安心するのは結構ですが
常に警戒を疎かにせず
気を緩めることだけは
決してせぬよう!
伏してお願い申し上げます。

笑 説教

気弱な地上げ屋がどのくらい?
警戒を緩めない人間かと申しますと・・
気弱な地上げ屋の事務所が入居する
ビルの管理人と
先ごろ雑談した時のこと。

当然のことながら
互いに距離を取り
マスク越しの会話だったのですが
気弱な地上げ屋の声が聞き取り難かったのでしょうか。
「えっ? ナニ?」
管理人が、近づく仕草を見せたので・・
とっさに!

「アタシが感染者かもしれないじゃない? 近づいちゃダメよ」
近づかないよう注意したら
その管理人が一言。

「気弱な地上げ屋さん? アンタは大丈夫! 感染しませんよ!」
こんなこと言うじゃないですか。

笑 なに言ってんの

「なぜよ? なんでそう思うの?」
当然、こう尋ねましたよ。

そしたら・・
「アンタほど気をつけてる人って? 見たことないよ」
「どうしてそう思ったの?」
更に尋ねると・・
「ウチの建物は死角ないでしょ?」
「エレベータホール、エレベータ内・・エントランスと」
「全部丸見えじゃない?」

「エレベータ待ってるときだって・・」
「不自然なほど・・人と距離取ってるし」
「エレベータのボタンだって・・」
「手で触れないようにしてんでしょ?」

「更に・・」
「この人、こんなことまでやるんだぁ?」
「感心したことがあってね」

「気弱な地上げ屋さん? アンタ? エレベータ内で・・」
「息してないでしょ? 呼吸止めてない?」

笑 キョロキョロ

なんで?
息してないこと
呼吸止めてることに気付いたのでしょうか?

このビルのエレベータ。
胸部エックス線カメラでも
ついてんの? (苦笑)

息してないことバレちゃったことに
少々・・
恥じらい感じながら (笑)
尋ねました。
「なんで、息してないって思ったのよ?」

「なんでって・・」
「カメラで見てると・・」
「アンタ・・エレベータ降りた途端」
「肩で息してんじゃない?」

口先 前原 蓮舫

「最初、ナニやってんだか分かんなかったけど」
「あぁこの人・・?」
「エレベータの中で息してないんだな?」
「気が付いたんだよ」

いやぁ・・
まったく・・
ヒマな管理人には
くれぐれも皆さんも
お気をつけくださいね。 (笑)

暇な・・
と言えば?
「徐々に経済活動を引き上げて行く・・」
「緊急事態宣言を解除・・」
こんなこと言っときながら・・

西村

「各地で気の緩みが見られる」
上から目線で言い放つ・・
このオトコ。

緊急事態を解除するってことは?
「緩める」ってことと
同じ意味でしょ?

「緩めますよ」
こう言っておきながら・・
緩んでるのをみるなり
「緩めちゃダメよ」
逆のことを言い出す。

この政権の
デタラメぶりを
象徴してますね、このオトコは。 (笑)

デタラメと言えば?
このオトコのデタラメぶり
国民を舐めきった行動には
少々驚きました。

笑 安倍大サーカス1 <アイコラ提供; ©ハマープロ>

3人共そうなんで?
誰のこと言ってるのか?
分からない?
黒川・・
元東京高検検事長・・
のことですよ! (笑)

ある者は・・
そのネジ曲がった人間性を評して
腹黒川・・と呼び、
またある者は・・
先程まで、陰口叩いてたくせに
面と向かって対峙した途端
千切れんばかりに
必死に尻尾振る姿を見て
変わり身・・と呼ぶ。 (笑)

花道飾る予定だった
今後の余生が・・
茨の道を歩むこととなった・・
このオトコ。

笑 参ったな

それでは、本日は・・
東京地検刑事部に放つ!
草の者に
東京地検時代からの
このオトコの
驚くべき行状について
伝えてもらいましょう。 (笑)

「黒川さん?」
「上手の手から・・水が漏れる、とはこのことですね」

「裏工作で事件をもみ消してきたり」
「火の気のないところに・・」
「火の手を上げたりする職人が・・」
「普段は、虫けらのように扱ってた人間の・・」
「一刺しに・・倒されたのですから」

「黒川さんの口癖で有名なのは・・」
「この案件は・・本省マタ-にしときますから」
「このセリフに尽きます」

「永田町で、黒川さんがこのセリフ言ったときは」
「この事案は、闇から闇へ葬り去りますから」
「と、こういう意味です」

小渕ワイン

「この人は・・」
「黒川さんに足向けて寝れないでしょうね」

「データの入ったハードディスクを」
「電動ドリルで破壊して証拠隠滅するなど」
「悪質のかぎりを尽くしたのに?」
「捜査は秘書止まり」

「刑事部が取り扱う」
「地方議員クラスの公職選挙法違反事件だったら?」
「議員本人の立件まで進んだでしょう」

「このもみ消し工作のご褒美なんでしょう」
「数カ月後・・」
「法務省事務次官への昇格人事が発表されました」

「その後の・・」
「この人の斡旋利得処罰法違反事件なんて・・」

甘利 関係ない

「更に露骨でしたね」

「家宅捜索すらせず・・」
「議員本人は勿論」
「容疑をほぼ認めてた・・2人の秘書までも」
「不起訴にしちゃいました」

「あれには・・」
「刑事部の検事たちは・・皆」
「クチあんぐりって感じ・・でしたよ」

「今回のリークだって」
「本人にしてみれば」
「マスゴミの連中が? オレを刺すわけがない」
「こう思ってたんじゃないですか?」

「3Kってのは・・」
「検察や警察に尻尾振るというより・・」
「反対に、歯向かう記者の方が」
「昔は多かったですよ」

笑 最高 11

「宮本さんとか石塚さんに代表される」
「尻尾振らない潔さ持った記者が・・」
「大勢いて、好感持てましたね」

「尻尾は振るわ・・ゴマは摺るわ」
「わざとマージャン負けるわ・・」
「ハイヤー呼ぶわ・・」
「こうした記者が多いのは・・」
「朝日とNHK・・」
「日経ですね」

「政界捜査で・・」
「世間じゃスクープなんて呼んでますけど」
「実際は、検察がわざとリークした情報を垂れ流してるだけ」
「こうした記事が多いのは」
「さっき挙げた3社がダントツでしょ?」

「あのときの・・」
「朝日の・・」

一ちゃん2

「小沢叩きは・・」
「忘れてませんよね?」

「西松事件は・・」
「黒川さんは絡んでませんでしたが」
「西松が事件化出来ず」
「特捜部が窮地に陥った時」

「陸山会の政治資金終始法違反で」
「小沢を潰せ」
「号令かけたのは」
「誰あろう、黒川さんです」

「ここで? 何かに気が付きませんか?」
「西松に着手したときは」
「黒川さんが取り入ってたのは」
「麻生さんです」

「でも、陸山会事件の本格捜査が始まったのは?」
「2009年の・・」

ユッキー41

「民主党への」
「政権交代後のことですよ?」

「民主党が飛ぶ鳥落とす勢いのなか・・」
「政権与党の大幹部相手に?」

「権力に尻尾降るのが趣味とまで言える」
「あの黒川さんが?」
「堂々と捜査出来たのには」
「理由があると思いませんか?」

「そうです」
「政権与党か政権の・・」
「小沢さんほどでないにせよ」
「実力者の誰かが?」
「黒川さんをバックアップした」

「その誰かって? いったい誰なのか?」
「もうこの世に居ないから言いますけど・・」
「この人です」

仙谷 7

「小沢さん?」
「勿論、知ってたでしょうね」

「今回の甘甘な処分?」
「ウチの幹部も」
「赤レンガの幹部も」
「今回は珍しく一致して」
「懲戒処分妥当」
「でした」

「でも結果は、いつも通り・・」
「官邸の差配ですよ」

「これは、ほとんど知られてませんが・・」
黒川の手帖って聞いたことあります?」
「黒革の手帖じゃありません!」

「私も現物は見たことありませんが・・」
「詳細に記録されてるそうですよ」

「どの政治家が・・」
「いつ、どういった案件のもみ消しを」
「依頼してきたか」

「あうんの呼吸で、上手くコトを収めますからね」
「黒川さんは」

笑 うセールスマン もぐろふくぞう

「10人くらい?」
「とんでもありません!」
「今政権にいる閣僚だけでも・・」
「2人や・・3人じゃききません」

「政権与党だけでも・・」
「軽く20人や30人はいるでしょう」
「野党にも?」
「勿論、野党にも大勢います」

「流石に、先程話した仙谷さんほど」
「付き合いが深い政治家はいませんが」
「黒川さんに、痛い処握られてる政治家は」
「野党にも10数人はいるでしょうね」

「だからね」
「退職金の5900万は・・」
「口止め料なんですよ」

「黒川の手帳は・・」
「墓場まで持って行ってくれって」
「こうしたメーッセージです」

笑 それは言えない

まったく・・
困ったもんです。 (苦笑)

さて!
本日最後に・・
皆さん、ご無事のようですので
申し上げますが・・
このたびの
新型コロナウィルス禍。

私達に
多くの教訓を与えてくれました。

いえ・・
「トイレットペーパーは買い置きしとけ!」
「マスクも多めに買わなくちゃ!」
「納豆やヨーグルトも忘れずにね!」
こんなことでは
ありません!

ごく少数の人が発した
真偽不明の事柄でも
触発され
慌てて行動する人を見て
自身もそれに倣う。
そして・・
その小さな流れが
すぐさま大きな流れとなる。

「一人で500万票集められる・・オトコ」
から昔・・
聞いたことがございます。
「選挙はね。 有権者の5%が同じ方向に動くだけで・・」
「結果が真逆になるんだよ」

であるならば?
この5%に動いてもらうための
運動をしましょうよ!(笑)

良いですか皆さん?
5%がこっちに来てくれれば・・
自公政権を
ふっ飛ばすことだって
可能なのです。

具体的にお伝えしましょう。 (笑)
選挙に行く気がない人を
5人引っ張ってくれば?
自公支持者の場合は・・
5人ではなくて
3人を
こっちに寝返ってもらえば?
この方程式は成立します。 (笑)

この方程式を早速・・
7月の
都知事選に
活かしてください!

宇都宮センセ

「もう・・選挙には出ない!」
こう言っていた
この方が・・
君子豹変!
してくれました。 (笑)

グルメブログも以前
このかたのことを・・
ウツの身や・・
などと書いてしまったことを
深く深く!

詫び 笑 34

反省しております!

今度書きますが
某通信社の調査では・・
小池300万票!
との数字も出てきております。

勿論、宇都宮センセもこの数字は
ご存知でしょう。
損ななかでの・・
このたびのご出馬です。

大義の前に
過去は水に流し
野党を挙げて・・
一致団結して!
200万票獲得を目指すべきです!

もう・・
こんなどうしようもない政権は
こりごりです。

動かなければ?
何も変わりませんが
皆さんが一斉に動いてくれれば・・

安倍 28-1

大きな地殻変動が
起きますよ。

新型コロナウィルス禍に引き続き
地震の多発も心配ですが
今年必ずあるのが・・
選挙です。
頼りにしてますよ!
皆さん! (大笑)


政治・経済・社会問題なんでも">政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ